徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
12月02日(金)

躾すら不可能なケダモノ 

1日付けの中央日報の記事から

【コラム】‘馬鹿’な 韓国人を教えなければいけないだと?
2011年12月01日15時22分
今年5月、韓米両国の核専門家が小数精鋭討論のためにソウル市内のある大学に集まった。 ある米国人専門家Aが特別に目立った。 驚くほどの識見や誠実な態度で視線を引くのならいいが、それとは正反対だった。

 韓国人出席者が熱弁する間、何度もあくびをしたり、退屈そうに遠くの山を眺めたりした。 有名な米シンクタンク所属の研究員Aはついに隣の米国人同僚にメモを書いて渡した。 その内容を隠そうという最小限のマナーもなかったため、一部の出席者にそのメモが見えた。内容はこうだ。「韓国の専門家たち、やはり馬鹿だ(clueless)」。当時現場にいた複数の出席者が証言した内容だ。

 百歩譲って「clueless」について違う解釈をしようとしたが、英韓辞典に出ている意味は2つしかない。「とても馬鹿な」または「…できない」。どちらも聞く人間にとってうれしいものではない。当時、会議には韓国側から最高レベルの専門家が出席していた。この日の討論テーマは「核安保」だったが、韓国の専門家であるため自然に北朝鮮の核脅威に話が流れた。これを問題のAが「核安保について無知」と感じたのだ。

 研究員のこうした態度は今回が初めてではないという。米国で‘韓国通’といわれるAの口癖は「われわれは韓国人を教えなければいけない」(We have to educate Koreans)」だ。時々「韓国はわれわれ(米国人)が知っている方式の民主主義でない(Korea is not a democracy of the way we know democracy)」という発言もするというのが、ワシントンDC関係者の話だ。

もちろんA研究員1人が米シンクタンク関係者を代表するわけではない。実際にAは中身がなく騒がしいだけの人間に近い。

 核心はこの騒がしい人間を‘米国人専門家’として迎えている韓国内の一部の現実だ。米国の学界関係者は「韓国人はいつも米国人専門家を招請してこそ形になると思っているようだ」と指摘した。米国人専門家が必要ないフォーラムやセミナーにも米国人研究員を呼んでこそ箔が付くと考える傾向がある、という指摘だ。

問題はこうした認識をAのような人たちが悪用するという点だ。外国人の前では東方礼儀之国でなければならないという思い込みまでが重なり、韓国がカモにされるような状況が演出されるという声もある。

 今はもう米国現地専門家の玉石も分ける時代になった。米国人専門家だからといって無条件にもてなすべきではない。 同時通訳がいるフォーラムでも、不便を感じながら英語で話す韓国人をよく見る。しかしバターの発音で天気の話をするよりも、キムチの発音で核心問題を討論するほうがはるかに意味がある。

 少なくともAのような人たちが‘知りもせず’に韓国を見下すような状況をつくるのは避けなければいけない。 お金をかけてまでカモにされる必要はないではないか。

 Aの言動に過ちがあるとしたら、それは韓国人を教えてやれると思っている点でしょう。

 日本は100年前にそれをやって失敗していますし、北朝鮮よりも日本や米国を敵視する国民が多いという現状からも朝鮮人という民族そのものが教育だの躾だのでどうこう出来るレベルにすら至らぬ程度のケダモノである点を見誤っています。

 また、中央日報は韓国を知りもせずに見下しているとAを非難していますが、例えばアメリカ人のデモクラシーと何が違うと言われているのかという確認作業をしてもいない事は文面から簡単に推察できますよね?

 この時点で既に知りもせずに他人を見下しているのがどっちなのかってお話になりますけど、無能な中央日報に変わってアメリカと韓国のデモクラシー、民主主義がどう違うのか見てみましょう。

 まずはデモ。

 民主主義で許される国民の意思表明手段の一つですが、基本的にアメリカは日本同様平和裏に行われ、時折暴力的になって警官隊とぶつかる事があるという程度。

 一方で韓国はと言えば、デモとは暴力を持って暴れまわると言う意味に最初から変換されており、デモが行われると外国人はノイローゼになり、デモの過ぎた後はまるで竜巻にでもあったかのように周辺に甚大な被害が出ます。

 入り口のガラスが割られた、ゴミをぶちまけられたなんてのは当たり前ですし、それに反日が絡めば動物虐殺や日の丸への放火など、より悪質な犯罪行為を当たり前にやり、しかもバッチリやった犯人の顔が新聞に掲載されているのに警察は動かず、法律が形骸化する

 また、韓国の国会では与野党が対立すると直ぐに暴力沙汰へ発展し、それを飛び越えて凶器を持ち出すなんてことも珍しくありません。

 この間もFTAの件で催涙弾が投擲されましたし。

 加えて先日も書きましたように、テロリストを英雄と崇めてもいる。

 こんな有様なんですから、アメリカに限らず、マトモな民主主義国家であればあの蛮族のソレは同名の全く別物だと口を揃えて述べると思いますけどねぇ?

 しかも、暴力、差別が大好き、性犯罪も大好きで海外から嫌われまくっているのに、自分たちのことを「東方礼儀之国」だなんて言っているんですから(爆

 礼儀の国の人が外国人、特に黒人や東南アジアの人間を蔑視して問題化し、自国の新聞に幾度も態度を改めようなんて記事が載ることは普通、有り得ないと思うんですけどねぇ?

 インド人から人種差別で訴えられたりとかも無いでしょうしねぇ?

 連合ニュースの該当記事(ハングル)アドレスを載せるので是非とも見て欲しいのですが、呆れる事に「臭いがする」と韓国人から侮蔑を頻繁に受けていたというのです。

 全身からニンニク臭を漂わせ、それを他人に言われると文字通り火病を起こして大騒ぎする自分達を棚に上げてこういうことを他民族にやっている連中の一体何処が礼儀の国だと言うのか、どの口が言うのかと本当に呆れ果てますよね。

 こんな韓国如きが礼儀の国だって言うのなら、猿の惑星だって礼儀の星と言えるでしょう。

 ま、先程のように終始朝鮮人というケダモノは自らの愚劣振りが理解できず、むしろ自分達こそスタンダードであり、それを認めない人間は愚かだという狂った認識を持っているわけです。

 己を知らず、世界も知らぬ矮小な愚か者に、付ける薬はありません。

 聨合ニュース『<사람들> 인종차별 공론화한 후세인 씨』
 http://www.yonhapnews.co.kr/
bulletin/2009/07/28/0200000000
AKR20090728112100069.HTML
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果