徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
11月07日(月)

発情した国 

6日付けの朝鮮日報の記事から

【コラム】性犯罪者に寛大すぎる韓国
2011/11/06 11:13
 子どもを持つ親たちは最近、法務部(省に相当)から各家庭に郵送されてきた「私たちの町の性犯罪者」リストを見て、背筋に寒気が走った。性犯罪者の顔写真と共に、犯行の手口が詳しく記載されていたからだ。郵便を受け取ったある保護者は「性犯罪者が自分の町をうろついているという事実を知り、夜も眠れなかった」と話した。

 性犯罪者のリストは、「性犯罪者のお知らせ」サイトでも閲覧できる。市民は「自分の子どもの周りに性犯罪者がいたら」と震えながら画面をクリックする。家の近所に性犯罪者が住んでいることを知った保護者たちは、子どもの通学路を変更するなど対応に苦慮している。学校まで遠回りになっても、性犯罪者の居住地域を通るのは避けたいからだ。

 保護者たちのこうした反応はデリケートすぎるだろうか。韓国の現実を見れば、保護者たちの不安には根拠があるということが分かる。大検察庁(最高検察庁に相当)が今月16日に公表した「2011年犯罪分析統計」によると、韓国では13歳未満の子どもに対する性犯罪(痴漢などのわいせつ行為や性的暴行)が、1日当たり平均3.2件も発生していることが分かった。被害者が13歳以上の未成年や成人のケースも含めると、全件数は1日当たり平均54.6件に達する。韓国のどこかで、1時間に2.3件の割合で性犯罪が発生しているのだ。性犯罪の場合、司法当局が把握して統計上に表れるのは10分の1にすぎないともいわれており、実際には、韓国では1日に500件以上の性犯罪が発生しているとみていいだろう。1年に換算すると18万2500件、5年間では累積件数が90万件以上に達することになる。

 こうした実情にもかかわらず、性犯罪に対する韓国社会の態度は、不思議なほどに寛大だ。むしろ責任を被害女性に転嫁するような風潮もある。多くの国民の怒りを呼んだ映画『るつぼ』もそうだ。映画のモデルとなった光州の聴覚障害者向け特殊学校「インファ学校」の関係者たちは、5年にわたり罪の意識もなく障害を持つ児童・生徒に性的暴行を加え、加害者の一部は再び同校に戻っていたという。こうした事実も、性犯罪を軽視する社会のムードと無関係ではないはずだ。

 蔚州郡では最近、性的暴行未遂容疑で逮捕された公務員をめぐり、同僚たちが寛大な処分を求める嘆願書を裁判所に提出するという騒動があったが、これには開いた口がふさがらない。問題の公務員は同郡で障害者支援を担当していたが、今年6月に自分の担当する、知的障害のある少女(14)に対し、性的暴行を加えようとした疑いで逮捕され、一審で懲役5年を言い渡された。職務上自分が保護すべきか弱い少女に対し、性的暴行を加えようとした上、犯行に及ぶ際には少女の家で下着1枚になってナイフを振りかざして脅し、手に傷を負わせるなど、犯行の手口も悪質だった。だが、同僚たちは、その公務員が「勤務態度が誠実で、家族を背負う世帯主」だと主張し、裁判所に善処を訴える嘆願書を提出したというのだ。ここまでくれば、集団利己主義というレベルを超え、常識が通用しないレベルに達している。この公務員たちの態度は、韓国社会が性暴力をいかに軽く考えているかをはっきりと物語っている。蔚州郡庁のホームページには、激怒した市民から「嘆願書を提出した公務員の名前を公表せよ」との訴えが相次いでいるが、同郡は、市民の怒りの声に何の反応も示していない。

 こんなことで本当にいいのだろうか。映画『るつぼ』のヒロインは「この発情した国で、この先ずっと娘を育てていかなければならないのか」と絶叫した。「発情した国」でなければ起こり得ないようなことが、実際に今、蔚州郡で起こっている。

キム・ドンソク社会部次長

 氏名の公表のみならず、写真を付け、更には居住地や手口まで公開しと、アメリカに勝るとも劣らず、これでもかと言う位に性犯罪者への対応を強化している韓国ですが、それでも性犯罪はこの通り、日本人の想像を絶する数字が平然と出てきます。

 1日500件、年間18万2500件…これがどれほど異常な数字か、もはや理解出来ないでしょうから、警察庁が発表している日本の数字を比較に出してみましょう。

 平成22年、つまり昨年の日本における性犯罪は強姦と強制猥褻に分けられて発表されていますが、強姦が1289件、強制猥褻が7027件と、合計は8316件であり、韓国の約1/22です。

 しかも、韓国の人口は約4800万と日本の半分以下であり、それを勘案すると実際には日本の50倍以上の性犯罪発生率になるということです。

 まぁ、流石に潜在と認知の比較だと不公平ですから、記事にある認知件数の1日当たり平均54.6件で計算すると年間19929件、ほぼ2万件と、それでも日本の約2.4倍であり、先程記したように人口差を勘案すれば6倍以上になる

 日本での性犯罪の場合、朝鮮人によるものがあるってことも勘案しないといけないんですけど、それにしても日本では考えられない位に徹底した性犯罪者への厳罰を行っているのに、それでもコレほど多いいって、本当に異常ですよね?

 ただ、無能大統領時代に売春が違法化されてしまったことが影響しているのかもしれませんけど、それ以前の数字が分からない為に比較は出来ません。

 ただハッキリしているのは日本とは比較にならない位の性犯罪者シフトを敷いていながら、それでも日本人からは理解しかねるほど性犯罪が横行しているのが韓国、ここまでしても性犯罪が大好きで抑えられない朝鮮人という民族の性根だという事です。

 で、一番怖いのはそういう蛮族の本質を日本のマスメディアが隠してブームだ何だと捏造に勤しんでいることです。

 9月だかにも女子大生が韓国へ一人で旅行に行って、朝鮮人の男とホテルを出てそのまま行方不明になるという事件がおきていますけど、やっぱり日本では殆ど報道されていません。

 googleのニュースで検索してみると、大手で報道しているのは読売と産経の2社で、媚韓派の朝日や毎日は見事にスルー

 あとは地方新聞が共同の配信記事を掲載していたり、スポーツ新聞が取り上げているんですけど、テレビでは全然報じられず、先程記したように新聞にしても媚び売りが大好きな売国新聞社は無視を決め込むと。

 整形手術で作られた偽者の顔と体、自国では披露も出来ない扇情的なだけの質の無いダンスなど、そんな稚拙で唾棄すべきものに幻惑されて浮かれられる衆愚がいる事も大きな問題なんですけどね。

 記事の最後の方にある蔚州郡の公務員による犯罪と同僚の嘆願、これが連中の本質を最も端的に現している事件ではないでしょうか?

 更にここに相手が日本人であるとなれば、連中の逆恨みまで加わるのですから、残虐性は増すし、警察はまともに対応してくれないと、もはやお手上げなんですけど、乗せられて韓流だなんだと浮かれるバカどもには馬耳東風ですからねぇ…

 実際には自国内だけでは治まらず、東南アジアに売春ツアーへ出かけたり、日本へ強姦に訪れたりと連中の危険性は納まるところを知らないというのに。

 いやはや、化粧品だブランドだと、そんな下らぬもののために己の貞操や命を捧げられる愚劣な思考って本当に理解しかねますね

 警察庁HP『平成22年の犯罪情勢』
 http://www.npa.go.jp/archive/toukei/
seianki/h22/h22hanzaizyousei.pdf

 YOMIURI ONLINE『日本人女子大生、ソウルで9月下旬から行方不明』
 http://www.yomiuri.co.jp/national/
news/20111101-OYT1T00601.htm
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果