徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
10月06日(木)

犯罪者の流れ着く先、民主党 

5日付けのasahi.comの記事から

平岡法相の政務秘書官、過去に詐欺罪で有罪
2011年10月5日16時50分
 平岡秀夫法相の男性政務秘書官が、過去に詐欺罪で執行猶予付きの有罪判決を受けていたことが分かった。平岡法相は5日、報道陣の取材に事実関係を認め、採用段階では「前科について知らなかった」と話した。執行猶予期間はすでに過ぎており「(政務秘書官の職務につくことが)問題があるかどうか、今後調査したい」と語った。

 平岡氏の事務所によると、秘書官は9月1日付で公設第1秘書として採用。法相就任に伴い秘書官になった。

 判決などによると、秘書官は長崎県内の児童養護施設の寮長だった2004年、知人の無職男性を家庭支援専門相談員として配置したように見せかけ、児童保護措置費の加算支給を県に申請。県から支給された約582万円をだまし取ったとして、06年2月に長崎地裁で懲役1年6カ月執行猶予3年(求刑1年6カ月)の有罪判決を受けた。

 凄いですよねぇ、執行猶予が切れたからなんだというのでしょう?

 公的機関相手にその持てる専門知識を悪用して犯罪を働いた輩が僅か数年後に政務秘書官で問題ないと感じられるその感覚が、まさに詐欺師政党なればこそですね。

 しかもよりによって法務省の、ですよ?

 加えて、先日、知らなかったで朝鮮人からの違法献金をバ菅が逃れました

 説明責任すら果たしていないのに、魔法の言葉とでも言いたくなるようなその一言で、簡単に不起訴処分となるんじゃ、政治資金規制法は本当に存在価値のザル法ですよね。

 おまけにこうして犯罪者が平然と政府の要職に就ける審査・管理体制の甘さ。

 まぁ、元々犯罪者崩れの集合体だからそれ位は当たり前ですかね。

 何せ自らの利益第一で散々罵倒していた鈴木宗男へ掌返して共闘体制を結んだり、田中真紀子や辻元清美など政治家の立場を利用して犯罪を犯し、有罪判決を受けた人間を平然と取り込んだりするクズ集団ですものね。

 モラルや倫理観なんて求めるだけ無駄ってものでしょう。

 先程記した外国人献金にしても、献金相手に外国人か確認するのは失礼だのと、愚にもつかぬ言い訳をして自らの違法行為を正当化しているようなクズどもですし。

 普通、総理大臣を筆頭にコレだけ幹部が外国人、それも朝鮮人から揃って献金を受けていたらその洗い出しと再発防止対策を講じるものですけど、一切そういう事を党としても一政治家としても連中はしていませんよね?

 で、相変わらず朝鮮人への投票権付与を画策し続けている。

 まさに類は友を呼ぶの原理で、次々と余所をドロップアウトした犯罪者が流れ着く、ロアナプラみたいな犯罪者集団、民主党こそ本当に解体すべき存在ですよね。

 MSN産経ニュース『菅氏不起訴 外国人献金お咎めなしか』
 http://sankei.jp.msn.com/politics/
news/111005/stt11100502580000-n1.htm
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果