徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
10月01日(土)

むしろそれは味を無視した単なるごった煮だろうと 

30日付けの中央日報の記事から

韓日中の味を調和した「東亜ラーメン」を作ろう
2011年09月30日16時13分
 ある大学のセミナー室。さまざまな国籍の学生が受講する多国籍講義が終わり、中国人留学生の劉臣さん、日本人留学生のツモリ・サユリさん、韓国人学生のビョン・ウンゴルさんの3人だけが残っている。ちょうど昼休み、お腹がすいた3人は一緒にラーメンをつくって食べようと意気投合し、ビョンさんの下宿部屋へ向かった。

 テーブルの上には各自が持ってきた韓国・日本・中国のラーメン。まずは日本のラーメンから。サユリさんはおいしそうに食べているが、他の2人は「それほどおいしくない」と話す。次は中国のラーメン。同じく劉臣さんだけがおいしそうに食べ、他の2人は何とも言えない表情だ。韓国のラーメンは中国・日本の学生にはあまりにも辛い。

 3カ国のラーメンを順に食べてみたが、何か物足りない。 この時、3カ国の学生がお互いを目を合わせて「一度やってみよう」と叫ぶ。3人は準備したスープにゆがいた麺と韓国のキムチ、中国式のハム、そして日本式のチャーシューを入れ、韓日中の味が一つに調和した「東亜ラーメン」を完成する。 味を見た3人はみんな満足した表情だ。

 29日に開催された第1回「韓日中キャンパスハーモニー」のUCC部門で優勝した慶煕(キョンヒ)大「心フォニー」チームの作品「私たちの夢、一つなら…」の内容だ。この作品は最近流行しているラーメン作りからヒントを得て韓日中の調和をうまく映像化し、審査委員の好評を受けた。

 この日の行事は、各大学に在学中の韓国人学生と日本人・中国人留学生がチームを組んで、韓日中3カ国の共同繁栄と和合をテーマに、UCCとプレゼンテーションを競う形で進行した。韓中友好協会(理事長・朴三求錦湖アシアナ会長)が主催し、韓日中協力事務局と中央日報中国研究所が後援した本行事に参加した協力事務局の申鳳吉(シン・ボンギル)初代事務総長は祝辞で、「今後10年間、国際外交舞台で韓日中協力は最も重要なトピックになるだろう」とし「ここに集まった大学生の斬新なアイデアを展開する機会が大きく広がるはずだ」と学生を激励した。

 プレゼンテーション部分では「北東アジア眺め合い」というテーマで、「お互い反目しながらも多くの観光客が交流し、似た言語を共有する韓日中3カ国の未来のために、3カ国の留学生の拡大と大学生交流ネットワークを強化しよう」を主張した延世(ヨンセ)大のチョ・ギュドンさん、王洽洽さん、キムラ・アイリさんチームが優勝した。

 韓国外大のチームは「2+3+3学期制で運営される3カ国連合大学を設立し、隣国で自国の歴史と文化、政治を学び、バランスある視点を持った人材を養成しよう」と主張して銀賞を受賞した。

 そのほか「3カ国で各オーディションを通過した歌手で北東アジア音楽グループを結成しよう」「過去の朝鮮通信使を拡大発展させた北東アジア通信使をつくろう」など斬新なアイデアがあふれた。

 単に執筆した記者の腕が悪いのか、元々の作品が電波過ぎるのか…丸っきり理解不能な内容ですね。

 この記事を読む限りでは、まるでラーメンの美味しい美味しくないがトッピングだけで決まっているようですし、加えて韓国のラーメンを食べて日中の学生があまりに辛いとなっていたはずなのに、その原因であるキムチを東亜ラーメンとやらに入れているにも関わらず今度は満足??

 実に意味不明です。

 おまけに、麺とスープは共用が準備できるとか…ラーメンの良し悪しはそっちが本命だろうと。

 ラーメンって麺の太さや形と茹で具合、スープの出汁と味付け、8割はそこで美味いかどうかが決まると思うんですけど、そこを無視して具材に3カ国のものを入れたから美味いとなりましたって、何処まで朝鮮人ってのは味音痴なんでしょう?

 美味くないとそれぞれが感じているものが入ったままなんですから、実質的には同じテーブルに座りながら互いに顔を背けているようなもので、その場に全員がいる意味って丸っきり無いですよね?

 まぁ、兎に角何でもかんでもキムチか唐辛子を入れていればいいって連中に繊細な味の機微を理解しろなんてのは絶望的な要求なのは分かりますけどね。

 以前にも紹介した、来日した韓国の子ども達がラーメンを食べて、キムチが入っていないから美味しくないと述べていた件があるように、連中にとっての美味いかどうかの基準ってその程度のレベルですからねぇ?

 チゲだのキムチ○○だのって日本では女性を中心に好きな連中がいますけど、私に言わせれば単なる味覚障害の阿呆どもが代償行為に刺激を求めているだけとしか感じられません。

 どれもこれも似たり寄ったりどころかただ辛いだけで変化の程度も無いんですもの。

 無論、本場韓国産のものの中には渡り蟹のキムチなど一風変わっており、これはと唸らされる一品もありますけど、基本の製法が一緒だから大抵の場合工夫と言うほどのものは無く、味も大同小異のレベルですし、日本で料理に使われるものとなれば尚の事、大量増産の、はっきり言って粗製乱造品レベルですから。

 話がキムチに流れましたけど、別にラーメン同様、無理に中国や韓国なんぞと連携する必要性は日本側には少なくともありません。

 実際、日本式のラーメンが中国や韓国でうけるかどうかなど瑣末な問題であり、日本のラーメン屋の海外出店は東南アジアに向けて既に開始されており、大成功を収めているところもあるんですから。

 好みの合わぬものを無理に食して気分を害したり、口をひりつかせて苦しんだりするのではなく、好きなものを好きな人と楽しんで食することこそが食事の醍醐味であり、政治や経済だとてそっちの方がお互いに有益だと思いません?

 気の合わない相手とも腹を割って話し合う努力をするのも時には必要でしょうけど、折角の食事なんですから、他人への理解を示す気が無い相手独自の判断基準しか認めない相手なんぞとしかめ面で美味くもない飯を食らうより、気の合う仲間と談笑しながらお互いの好きな料理に舌鼓を打つ方がずっといいですよね。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://folke.blog41.fc2.com/tb.php/2395-b81656ce

最近の韓日関係は悪化の一路だ。日本の安倍政権は正常国家化というスローガンを掲げて平和憲法を直し正式に軍隊を保有して海外に派兵できる集団的自衛権を行使するという意図を見せ...
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果