徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
09月19日(月)

何度挿げ替えようと根本の腐敗は変わらない 

17日付けのasahi.comの記事から

民主の処分議員、次々要職復帰 謹慎のはず…有名無実化
2011年9月17日19時30分
 今年6月の菅内閣不信任決議案の採決を欠席するなどして党員資格停止処分を受けた民主党の衆院議員が、党や国会の要職に続々と復帰している。処分期間満了前も多く、処分は有名無実化している。

 6月に資格停止3カ月の処分を受けたのは小沢一郎元代表ら8人。小沢氏は土地取引事件をめぐる強制起訴で、それ以前に判決確定までの資格停止処分を受けている。田中真紀子元外相ら残る7人は、今月23日まで謹慎のはずだった。

 このうち田中氏は衆院外務委員長に就任。太田和美氏は本会議場で独特の抑揚で動議などを提出する議事進行係になり、各委員会で審議日程を決める立場の理事にも4人が就いた。党規約上、国会での役職は党員資格の有無に縛られないというのが理由だ。

 また、三輪信昭氏は処分の解除を待って幹事長補佐に起用されることが決まっている。今年度当初予算の採決を欠席し、処分が8日に解けたばかりの渡辺浩一郎氏も安全保障委員会理事のほか党総務委員長代理になった。

 なーにを今更。

 民主党ってのがチート大好きの詐欺集団だなんてのは、私は昔から事ある毎に述べてきましたよ。

 党内融和だのの一環と位置づけ、その為に愚にもつかない言い訳を弄し、不適在不適所を平然とやってのける。

 既に大臣一人が辞任し、残った連中も暴言やらマルチとの繋がりやらとその不適正を野党に叩かれている最中ですし、加えてあの小泉政権からさえも放逐された犯罪者、田中真紀子をよもやの外務委員長に就けるんですから。

 まぁもっとも、事件が表沙汰になった当時、あれだけ党を挙げて散々罵倒をしていた鈴木宗男という犯罪者を、与党としての力を維持する為だけに態度をひっくり返して味方に引き入れ、その地位に着けさせたのが民主でしたから、やっぱり首相の首を何度挿げ替えたところで根本的な腐敗は変わっていないってことですよねぇ?

 因みにその野田はかつての野党時代、夕刊フジでコラムを連載していたんだそうですが、呆れ返ることにそこで「マニフェストに載せたことは命懸けで実現する、載せなかったことには基本的に手をつけない。この意義がわかっていない自民党には、そもそもマニフェストを語る資格がない」などと書いていたんだそうです。

 まさにブーメランバカ。

 民主党のマニフェストなんて達成できた、今後達成見込みのあるものは一体何パーセントでしょうかねぇ?

 口先だけは達者で、方便ばかり口の端に乗せ、そのことに対して責任を取るどころか謝罪すら満足にしないクズどもの自分達はマニフェストどころか政治を語る資格自体が無いだろうがと。

 本気で書いていたのなら、野田がやることは自らの政党が行ってきたこの2年間の詐欺に対してケジメを付ける事だと思いません?

 しかし実際には最初から逃げの姿勢に入り、都合が悪くなると国会はやっぱり延長しますだのと引っくり返したり、国交省が八ツ場ダムで自らのマニフェストに都合の悪い事実を公表すると政府の仕組みそのものを無視する態度を示し、それで叩かれれば中途半端かつあやふやな物言いで逃げようとする卑劣っぷりと無能さばかり晒しています。

 この様子では、またも新たな無能の総理就任に対して愚かな期待を抱いた6割超のバカどもが三度失望して反対票を投じるようになる日も近いでしょうね。

 MSN産経ニュース『ブーメランから逃げるな』
 http://sankei.jp.msn.com/politics/
news/110918/stt11091808240001-n1.htm
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果