徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
08月14日(日)

おぞましき民主とサヨク集団 

13日付けのasahi.comの記事から

総連系歌劇団が政治色もみ消し パンフレットの訳文から日本非難と北礼賛を抹消
2011.8.13 20:32
 民主党北海道総支部連合会(北海道連)が在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)傘下の金剛山歌劇団公演に税金が原資の政党交付金を使って広告を出していた問題に絡み、6月に別の地域であった公演のパンフレットに朝鮮総連側が日本を非難し、北朝鮮を礼賛する文章をハングルで記しながら日本語訳からは削除していたことが13日、分かった。歌劇団の政治性の強さに対する批判を受け、日本人向けにだけ政治色をもみ消そうとした可能性が高い。

 パンフレットに日本の批判や北朝鮮礼賛が記されていたのは、6月14日に名古屋市であった「金剛山歌劇団愛知公演」。産経新聞が入手したパンフレットには、公演実行委員長となっている朝鮮総連愛知県本部委員長名で主催者あいさつが記されていた。

 ハングルのあいさつでは、東日本大震災の被災者を見舞う言葉の後に《震災で甚大な人的、物的被害に遭った同胞に対して日本政府は共和国(北朝鮮)への経済制裁を延長し、高校無償化から朝鮮学校を除外している》と日本の政策を非難。続けて《しかし、いつもわれわれを勝利に導いてくださる領導者と栄光の祖国がある》と金正日総書記と北朝鮮をたたえている。

 併記した日本語文では、被災者へのお見舞いや公演協力への感謝だけが訳され、日本非難や北朝鮮礼賛は抜け落ちていた。

 金剛山歌劇団公演をめぐっては、舞台での政治的発言が問題視され、北朝鮮による日本人拉致事件やミサイル発射をきっかけに後援を辞退する自治体が相次いだ。愛知公演でも愛知県が平成19年から後援をとりやめている。こうした流れの中、朝鮮総連関係者向けには政治的メッセージを発信する一方、日本人向けには政治色がないことをアピールする“二枚舌”が使われたとみられる。

 北海道連の広告問題では、政治性を巧みに隠しながら維持し続けている公演を、民主党側が税金で支援していたことになり、改めて批判を集めそうだ。

 金剛山歌劇団は「担当者が不在でよく分からない」としている。

 いやはや、こんなところにも北が潜り込んでいる。

 そして、そこともやはり繋がりを持っていた民主党

 それも国税を投じて支援活動をやっていたというのですから、日本の解体を目指すテロ集団は伊達じゃありませんね。

 加えて名を連ねるのが民主党の支持母体、連合北海道や北海道教職員組合とくる。

 サヨクという生物の恐ろしさとおぞましさを、まざまざと見せ付けてくれます。

 日本の有権者は、こんな愚か者どもの群れを政府・与党に仕立てたのです。

 民主主義というシステム自体が日本人には合わないんじゃないのかと私は過去にも書いてきましたけど、「やらせて見なければわからない」…自らどんな相手なのか、思想を持つ集団なのかも勘案することなく、まるで壊れた電化製品の部品を別のものに換えるが如き軽率極まりないノリで、こんな連中に自分達の属する国家と言う枠組みの命運を握らせたのですから、私が言ってきたこと、理解してもらえると思います。

 民主主義を続けていくのなら、少なくとも先の衆院選で民主党やその立候補者に票を投じたような衆愚を二度と出さないような教育を義務教育期間に設けるなど、政治への関心を持たせるだけでなく、自己で調べ、考える知性を身に付けさせ、自らの行動に責任を持てるようにすることが必須だと思います。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果