徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
07月10日(日)

数はいても無能しかいない 

8日付けのMSN産経ニュースの記事から

資質問われる江田法相 死刑執行に否定的、廃止に前向き
2011.7.8 11:33
 江田五月法相は8日の記者会見で、法相に就任してから死刑を執行していないことについて「最近少し死刑判決が目立つようになっている感じはしている。ただ、いっぱいたまったから急いでやらなきゃという話ではなく、しっかり考えていくべき課題だ」と述べ、任期中の死刑執行に否定的な考えを重ねて示した。

 その上で「国民の意見もあると同時に世界の流れもある。死刑廃止をしている国がだんだん増えてきていることもあり、国際世界に開かれた日本としてどうしていくべきかしっかり考えたい」とも述べ、死刑廃止に前向きに取り組む考えも示した。

 刑事訴訟法では、死刑執行は法相の命令で行われ、判決確定の日から6カ月以内にしなければならないとしている。しかし、未執行者は戦後最多の119人にのぼっている。

 江田氏が死刑執行をしないことで未執行者の数はさらに増えることが予想される上に、裁判を国民に身近なものにするとの理由に創設された裁判員制度の趣旨に照らしても、法相としての資質が問われそうだ。

 まるでバランス論をかざして職務遂行を拒絶しているようにしか見えませんね。

 法務大臣が法律を無視し、職務を無視して法治国家が成り立つと思っているのでしょうか?

 まぁ、独裁政治をやっている連中にそもそも常識なんて通じるわけがありませんか。

 国際世界に開かれた日本だのと下種な口上垂れ流して、要は自らの死刑廃止という欲望を果たしたいだけですからね。

 だからこそ国民のためを謳い、民主を名乗りながら国民の声を無視する。

 支持率が2割を切ろうが無視して政権を続け、死刑賛成の声が多数を占めようとも無視する。

 そして戦後のワースト記録を更新し続けると。

 因みに、裁判員制度設立について民主党で動いていた中心人物って、司法改革WT座長の江田五月と、次の法務大臣の千葉景子だったんですから、本当にブーメランの名は伊達じゃありません。

 自ら国民の声を反映させるんだと作った制度の結果すら、自らの思想と違えば平然と否定する…これがこの俗物どもの正体であり、国民なんてものをどう見て、どう扱っているかが良く分かるでしょう。

 バ管及び民主党の人選能力の無さ、能力の欠如、職務意欲の欠落、これまでに辞めたり首を切られたりした大臣に限らず、現在も残る大臣連中を見ても民主党政権というのが如何に無能な詐欺集団であるか分かるのですから、いい加減本当に総解散をさせるべきです。

 何処まで行っても人あるところに人は無しの民主党じゃ、誰が上に立とうが、誰が大臣になろうが行き着く先が破滅であることに変わりが無いといい加減に気付けと。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果