徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
06月11日(土)

ブサヨの目は汚濁した目 

10日付けの毎日jpの記事から

記者の目:唐突な大阪府「君が代起立条例」成立=田中博子
 大阪府議会で3日、教職員に君が代斉唱時の起立を義務付ける条例が成立した。橋下徹知事が代表を務める首長政党「大阪維新の会」が他党の抵抗を押し切り、わずか2日の審議で可決させた。個人の思想や歴史観にもかかわる問題なのに、あまりにも性急で乱暴な経緯をたどったと感じる人も少なくない。この問題を取材し、時間をかけた丁寧な議論が必要だと感じた。

 ◇知事が突然発案

 条例制定のきっかけは、橋下知事が5月初め、今春の入学式で起立しなかった教諭に関する新聞記事を読んだことだった。府立高校で38人いたことを知って激怒し、維新の会の幹部に条例案の作成を促した。条例案は同会府議団の議員提案として提出されたが、事実上は知事の発案によるものだった。

 知事は府議会で、学校の組織マネジメントの必要性を訴え、起立しない教員を「自由横暴きわまりない」と厳しく批判。条例によって「組織の命令に従わない教員をたたき直す」と主張した。

 条例案は6月2日の委員会、3日の本会議で審議され、他党からは「条例案は拙速に出てきた。反対の意見もしっかり聞くべきだ」と丁寧な議論を求める意見が相次いだ。しかし、維新側は「政治のスピード感の違い。十分丁寧に説明している」と採決を主張し、条例を成立させた。その強引なやり方に、私は驚きを通り越して恐れすら感じた。

 99年に国旗・国歌法が成立した後も、起立しない教師の処分は慎重にされてきた歴史がある。大阪府教委は02年に日の丸掲揚と起立斉唱を文書で指示した。しかし、09年度卒業式で初めて職務命令違反による戒告処分を出すまでは、厳重注意にとどめていた。思想・良心の自由にかかわる問題だからこそ、慎重な対応が取られてきたのだ。府教委内でも「条例で従わせるより、粘り強く指導すべきだ」という意見が強い。

 条例案提出の動きを受けて私は5月下旬、ある府立高校の男性教諭を取材した。学校の君が代斉唱では、一度も起立したことがないという。教諭は「私も人間なんです。内心はいつも揺れ動いています」と心情を語った。理想に凝り固まった人物を想像していただけに、意外な感じがした。

 ◇悩みながら拒否

 教職30年のベテラン。小柄で表情は柔らかく、丁寧に言葉を選ぶ話し方が誠実な人柄を感じさせる。99年以降、君が代斉唱が学校行事で一律実施されるようになったのを機に、君が代について学び直した。日の丸・君が代が国民を戦争に駆り立てる役割も果たした歴史を再認識し、学校で起立斉唱することへの抵抗感を拭えなかったという。

 校長は「仕方ないから立って」と促すばかり。職員会議で起立斉唱が議題に上がると、黙っていた方が楽だと思いながらも「起立の押し付けはおかしい」とあえて発言してきた。それを聞き、君が代に関する歴史を勉強した後輩教師もいる。「僕も直接には戦争を知らないが、若い人はもっと知らない。だからこそこの問題を知ってほしいし、知るべきだ」と教諭は言葉に力を込めた。

 だが条例成立を受け、次の卒業式でどうするかは決めかねている。「私にも家族がいて生活がある。でも簡単に捨てられるほど軽い信念ではない」。教諭はそう言ったまま無言でうつむいた。

 66年前の戦争の記憶はどんどん遠ざかる。五輪やサッカー・ワールドカップでも君が代が流れ、若い世代には国歌として自然に受け入れられているのかもしれない。私も学生時代は抵抗なく起立斉唱してきた。だが歴史観は人によって大きく異なる。

 ◇選挙公約になし

 4月の統一地方選で大勝した維新の会は「府民の意思」を盾に、起立しない教員の排除をもくろむ。だが君が代関連の条例は、選挙公約になく、選挙の争点にもなっていなかった。同会は「条例は(公約に掲げた)公務員改革」と説明するが、府民が真っ先に期待する改革がこの問題だとは到底思えない。

 橋下知事は9月議会で、公務員の処分基準を定める条例案を提出し、不起立を繰り返す教員には免職処分まで盛り込む方針を示している。個人の思想にかかわる問題を、知事の強い指揮の下、条例や厳しい処分で片付けることが本当に民主的なのだろうか。

 大阪は在日韓国・朝鮮人らマイノリティーの人々が多く暮らす地域性もあり、雑多で自由な空気が魅力の一つだと私は思ってきた。その大阪で、さまざまな考えを学び合うはずの学校が、一つの型にはめ込まれようとしている。子どもの将来を思うと、取り返しのつかない道を進んでいる気がしてならない。
2011年6月10日 2時34分

 「記者の目」じゃなく、「ブサヨの目」だろと。

 公正さや中立・中庸が求められる新聞記者というジャーナリストの視点であるかのようなタイトルをしていながら、反日を掲げる教師や在日の視点でしか記事が書かれていませんもの。

 教職30年のベテランだかが、「簡単に捨てられるほど軽い信念ではない」などと嘯いて公務員として、教師としての職務を放棄する姿に違和感一つ覚えぬ時点で、そっちの方が余程異常です。

 このベテランのバカは、「日の丸・君が代が国民を戦争に駆り立てる役割も果たした歴史を再認識」したから反発をしているのだと語っていますが、本当にそう思っているのならばそもそも教職に、それも公立学校の教師としての地位にしがみ付いているのは明らかな矛盾じゃないですか。

 だって、子ども達に日の丸と君が代の大切さを、滅私奉公の大切さを、そして何よりも大日本帝国の聖戦の正当性を説いて戦争へと誘った大人こそ、教師と言う人間ですよ?

 メディアと一緒で、軍への保身と盲従を行って戦線拡大と大敗へと導いた教師と言う職業に就き続ける事には何の違和感も感じないくせに、日の丸と君が代は認められませんなんて、明らかな偏向思想じゃありませんか。

 もしも過去の過ちから教育のあり方を変えたから教師の職は良いんだとかって言うのであれば、逆に日本国と大日本帝国を同一視し、違いを認めぬという狭隘な精神に根差した価値観を触れ回っている頭のイカれた人間であり、それはそれで教員たる資格なんてありませんよねぇ?

 戦後、それまでと言ってる事が180度引っくり返ったと教師の態度に呆れを示す人間はいても、過ちを認めて反省や謝罪を述べたなんていわれる教師の話、私は寡聞にして知りません

 また、職務命令を拒絶する公務員を改革するというのは何ら公約と矛盾していると思えません。

 先月、そして今月出されたこの問題を巡る最高裁判決でも職務命令に従うのは当然のことであることが証明され、愚かな原告教師たちは見事にその主張を退けられています。

 それにしてもまぁ、この教師らのエゴに過ぎない身勝手を「雑多で自由な空気」魅力だなどと言う辺り、毎日の程度の低さが良く分かります。

 じゃあお前は上司から指示された取材内容が自らの思想・信条に合わないと感じたら拒否するのかよと、問いたいですね。

 加えて、「さまざまな考えを学び合うはずの学校」などと形容していますが、学び、そして個性を育んで行くのは子ども達であり、その場に反面教師にしかならぬならず者が存在している必要性など微塵もありません

 先に記したように自らの保身主義に基いた偏った価値観の決め付け、そしてそれによる職務放棄をして、それを思想だ信条だ自由だと履き違えるようなクズの存在は

 自らの職業が戦前・戦中に果たした役割には耳目を閉じ、日の丸と君が代に敵意を示して上からの命令に反発する事が正しい事だと偏向思想の旗を掲げてきたバカどもが最高裁で相次いで無様な完敗を喫した事実からもやはり目を背けて府の条例を批判する事だけに邁進。

 「時間をかけた丁寧な議論が必要だと感じた」と書き始め、「府教委内でも「条例で従わせるより、粘り強く指導すべきだ」という意見が強い」と主張していますが、そもそもこの問題は自ら記すように99年に国旗・国歌法が成立した後も、起立しない教師の処分は慎重にされてきた歴史がある。大阪府教委は02年に日の丸掲揚と起立斉唱を文書で指示した。しかし、09年度卒業式で初めて職務命令違反による戒告処分を出すまでは、厳重注意にとどめていた」と何年どころか、国旗・国歌法成立から見ると既に12年も経っていて、その間に改善の為何度も段階を踏む形で指導が為されてきたのに、それでもまだ38名も反発を続ける連中がいるのだという点は問題視をしていませんよね?

 12年というのは時間を掛けたと言わないのでしょうか?

 大学卒業後60歳の定年までとすると約38年、実に職務期間の1/3もの時間を掛けているんですよ?

 これだけの時間を掛けても自らのエゴを貫く事しか頭に無い教師が38人もい続け、それを支援する反日新聞が会社として存続できている…私にはこの事実の方が余程「子どもの将来を思うと、取り返しのつかない道を進んでいる気がしてならない」んですがねぇ?
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果