徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
06月08日(水)

相応しい態度を示せ 

7日付けのasahi.comの記事から

君が代起立命令、別の小法廷も「合憲」 最高裁判断
2011年6月7日3時1分
 公立学校の卒業式などで「君が代」斉唱時に教諭を起立させる校長の職務命令をめぐる訴訟の上告審判決で、最高裁第一小法廷(白木勇裁判長)は6日、命令は「思想・良心の自由」を保障した憲法19条には違反しないとの判断を示した。第二小法廷が5月30日の判決で示した考え方を踏襲したが、5人の裁判官のうち1人は反対意見を述べた。

 同種の訴訟は複数起こされており、最高裁で判決が出されたのは2例目。

 第一小法廷の5人の裁判官のうち4人が一致した多数意見は、1例目となった第二小法廷の判決とほぼ同じ内容。職務命令が個人の思想・良心の自由を「間接的に制約する面は否定しがたい」と認める一方、教育上の行事にふさわしい秩序を確保し、式典の円滑な進行を図るという命令の目的などを踏まえれば「制約には必要性、合理性がある」と結論づけ、原告の元教職員らの敗訴を確定させた。

 ま、最高裁までいけば常識的な判断に終わるのは当然の結果ですよね。

 教え、導く側として相応しい態度を示せよと、それだけの話ですもの。

 先日の書籍で紹介したように、国旗や国歌に敵意を示す連中は、それならば式典そのものをやらなければいいんだとかって本気で言い出すような連中なので、従えないならお前らが辞めれば、出て行けばいいんだよと大阪みたいに条例でも作ってやれば分かり易くなるでしょうね。

 優先すべきは狂った反日サヨク教師どもではなく、日本人としての品格と世間一般の常識なのですし。

 しかしまぁ、今頃朝日は発狂してそうですよねぇ?

 先月結審した裁判では原告の元教師が「日の丸」や「君が代」が戦前の軍国主義との関係で一定の役割を果たしたと主張していましたが、これって、謂わば高校生の頃にグレて周りに迷惑掛けたけど、その後は真面目に生きて社会貢献を沢山し、大勢の人から感謝されている人に対して、何時までも執拗にその極々一時の事を取り上げて非難罵倒をするようなものです。

 それも直接関わった当事者ですら無い単なる部下が。

 そして、それを理由に上司を嫌い、その命令を拒否する…普通はクビになると思いません?

 十二分に甘いお目こぼしをしてもらっているのに、感謝するどころか逆に付け上がって裁判だのと喚く…こんな異常者どもは纏めて職責追放でいいですよ。

 そして、その分を職につけない若者へ回せば、若者の失業率改善にも繋がって有為な若者を育成出来るし、税金納付状況なども改善できると余程いい事だらけだと思いません?
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果