徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
05月17日(火)

HDDがご臨終?3 

 結局、Linuxもダメだった事から再度検索をし直し、フリーソフトで何か無いかと。

 そこで、今度は『TestDisk』というソフトを発見。

 認識しなくなったパーティションを復元するソフトだそうで、早速DLし、圧縮を解凍。

 『testdisk_win.exe』ファイルを使うのですが、ここで一つポイント。

 XPの場合ならダブルクリックでの起動でいいんでしょうが、7の場合はこの手のソフトは管理者権限を持たせて起動をさせないと、面倒な事に使えないんですよね。

 この『TestDisk』の場合だと、管理者権限なしの通常起動だと確認しようにもHDD自体をチェックできず、表示がされないため、そのまま「HardDisk not found」ってな感じの警告文が出て、『Quit』しか選択できず、そのまま終了してしまいます。

 なので、まずは右クリックをして『管理者として実行』を選択し、起動をさせます。

 最初にログを記録するかという質問が出ますので、面倒な場合は一番下の『No Log』を。

 選択すると、HDDをチェックして現在あるものを表示してくれますが、ここで私の見れない、開けない状態のHDDも存在を確認できましたので、そちらを選択(『Proceed』を選ぶ)。

 次にパーティションテーブルのタイプを質問されますのでPCのWindows系ですから、一番上の『Intel』を選び、状態を確認する為に『Analyse』『Quick Search』を押すと、Vistaかそれ以降のOSで作られたかの確認をされることがありますので、YかNキーで答えるとパーティションのタイプなど状態が表示されます。

 ここで、左右を押す事でパーティションのタイプを選べますし、Pボタンを押せばそのパーティションの中に何が入っているかを確認でき、私はこの際にやはり中身がちゃんと存在している事を確認できましたが、そこでCボタンを押す事で可能なはずのデータコピーは、エラーが表示されて出来ない…

 『Deeper Search』を選んでも他には出てこず、パーティションの書き換えも失敗し、意味がありませんでした。

 ここでは中身が確認できただけで終わりとなり、次いで解凍した『TestDisk』のフォルダ内に一緒にある『photorec_win.exe』を同じく管理者として起動させます。

 同様の手順を踏んでHDDを選択すると、『Search』『Options』『File Opt』『Quit』という選択肢が出てきましたので、『Flie Opt』を選択して、取り出したいファイルの形式を選択し、『Search』『Other』『Free』(または『Whloe』)と選ぶと、保存場所を選ぶ画面になるので、初期の『TestDisk』フォルダ内か、または自分で場所を選び、『C』キーを押すと該当データをコピーします。

 ただ、該当する形式の中身を全部引き出す上に、データがバラバラになっていたり、変な圧縮で一まとめにされていたりという状態になっている上にリネームまでされており、私が実際にこの方法で救出できたのは総データの1/5程度でした。

 そこで、友人に教えてもらったセクタの不良を直せる『HDD Regenerator』を使ってみることに。

 これまたLinuxの時同様、インストールをして起動ディスクを作らねばならない上に、シェアウェアです。

 お値段約60$と、ファイナルデータの何倍よと嘆きたくなる金額だったので、無料のトライアル版を落とし、DVDイメージとして焼いて、早速ドライブから再起動。

 起動した『HDD Regenerator』を使ってスキャンをしてみるとあるわ、あるわ。

 あっちっこっちに不良セクタがあって、総数は二桁にも上りました。

 トライアル版は一回のチェックで一つの不良セクタしか直してくれないので面倒なのですが、待っていても始まらないので『Scan and repair』を選択し、兎に角修復作業開始。

 一つを修復すると結果画面へと移行しますので、ESCキーを押し、一旦終了。

 Dosコマンド画面になりますのでそこで「hddreg」と入力し、エンターキー

 『HDD Regenerator』が再び最初の画面に戻ってくれますので、再び『Scan and repair』という形で、完全に無くなるまで延々、根気との勝負です。

 漸く完全にBadの表示が消え、不良セクタが無くなったので、Windowsを立ち上げますが、やはり管理画面を開いてみるとフォーマットをしろの警告が出る状態のままで認識してくれない

 ですが、なんとここで一つ大きな変化が。

 不良セクタが消えた事で、『TestDisk』でのコピーが可能になり、纏めてというのは出来ず、ファイル(場合によってはフォルダ)を一つずつという形ではありましたけど、データのサルベージに成功しました。

 結局、日曜日を丸一日費やしてしまいましたが、殆ど諦めかけていただけに、非常に助かりました。

 HDDそのものは使い物にならないままなので、取り外してしまい、月曜日の夕方に2TBの新しいものを秋葉原で購入し、現在はそちらを取り付け、フォーマットした上で再度データを移し変えました。

 お陰で予定外の大きな出費となりましたけどね…

 そんなこんなで、一週間も掛かりましたし、結局HDDそのものは復旧出来ませんでしたが、データだけは何とか救出に成功しましたので、ここにその顛末を記して、久しぶりの日々の徒然としたいとおもいます。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果