徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
05月17日(火)

HDDがご臨終?2 

 というわけで、中身が見れなくなったHDDをどうしましょ?の第2回です。

 リアルではここまでの確認で既に2日以上掛かっているんですよね…

 取り敢えずHDDを繋ぎ直したり、通電状態を絶って少し時間を置いてから繋ぐなども試したのですが、状況は前回最後に記したように、PC上でHDDそのものは認識されているけど、ローカルディスクとしては認識されず、開く事どころか中に何が入っているかの確認も出来ないままと、まるで絶対に開けられないし動かせない宝箱を目の前に突きつけられたような状態です。

 中身が何かは知っているけど、それが今もちゃんと残っているのかすら分からないのですから、シュレディンガーの猫みたいでもありますね。

 まぁ、そんな状態だったので、もはやネットを使って兎に角、検索。

 真っ先に見つけたのは『ファイナルデータ』というデータ救出ソフトと、専門業者。

 どちらも確認したのですが、まず後者はバカ高い!

 140~150GBのデータだと、調査だけで数万円が飛び、いざ救出となると何百万円という有り得ない金額を請求される為、即座に却下。

 で、ソフトの方ですが、試供版を取り敢えずDLしてインストールをし、動かしてみると、おぉ!中身は無事に残っているようだと確認できましたが、サルベージは製品版を買えよとなっていて、お値段1万円弱。

 業者に頼むよりは遥かに安いですが、確実性には疑問があるので、取り敢えず保留。

 万札叩いて、やっぱ出来ませんでしたじゃ洒落になりませんからね。

 そんなわけでフリーソフトで何か無いかと捜索を続行すると、Linuxならば、Windowsで認識しなくなったHDDが認識できるという話を見つけ、日本語版で使える『Ubuntu』『KNOPPIX』というソフトを発見。

 どちらも落としたisoデータをCD或いはDVDに焼いて起動ディスクにさせるという事だったので早速DLをしようとしたのですが、何故か『KNOPPIX』がDLページへアクセスしようとするとエラーで蹴られてしまい、入れない。

 已む無くそちらは置いておいて、DL出来た『Ubuntu』をイメージファイルとしてDVDに焼付け、ドライブに入れた状態でPCを再起動。

 画面が点いたらDELキーを押してBIOS画面を開きます

 直接起動ディスクの選択画面を開いても良かったのですが、この後、『KNOPPIX』を使う可能性も考えて、BIOSで起動の優先順位をCD/DVDドライブに変更し、保存して終了。

 ドライブを読み込んで『Ubuntu』が…………………………………………遅い!!!

 昨年夏に買ったばかりのモデル、AMDの6コアで、メモリも4GBと32bitの上限越え状態なのに起動までに凡そ30分以上、下手すると小一時間位は掛かったでしょうか…兎に角起動が遅いんです。

 Linuxを仮想で動かすか、インストールをするかの画面が出てきましたので、インストールは却下し、兎に角画面を表示させます。

 最新のLinuxは手動でドライブをマウントしなくても見れるので、まずはメニューを開き、コンピュータの中にあるドライブを一覧表示させましたが…無い!

 CドライブにしているHDDと外付けはちゃんと認識しているのに、肝心の見れなくなっているHDDだけは影も形もありません。

 結局、重くて遅い上に肝心のHDDも見れなかったので『Ubuntu』は終了させ、『KNOPPIX』を使ってみようと。

 しかし、先程書いたようにDLページへ行けないというトラブルがあったのですが、それを回避する方法としてWEBブラウザを変えるという手段を使うことに。

 私のPCには通常使うIE9以外に何と『Google Chrome』『Mozilla Firefox』が入っているのです。

 使いもしないのに無駄な事をというのは百も承知ですが、PHPの携帯サイトチェックやら、IEの動作が悪い時のサブやらとで入れてあったのであり、実際にこの時は『Mozilla Firefox』で問題のページにアクセスしてDLする事が出来たのですから結果オッケーです。

 兎に角、『Ubuntu』と同じ様に『KNOPPIX』をインストールして起動ディスクを作成し、Linuxを起動させます。

 こちらも遅いのですが、『Ubuntu』に比べればDVDで作成した事もあるのか、遥かにスムーズな起動をしてくれました。

 しかし、やはりこちらも肝心のHDDだけ認識してくれていません…

 WindowsのMSプロンプトでコマンドを使い、調べたHDDの名前(『sdb1』などが割り振られており、かなり確認作業が面倒なので省きますが、知りたい人は『コマンドプロンプト 使い方』などでググると使い方の解説ページが幾つも出ますので、そっちで調べてください)を入れて検索しても見つからず、結局Linuxでサルベージという方法もダメでした。

 この後、週末に友人の家に行ってWindowsXPを使っての確認作業をやってみたのですがやはりダメで、中に何らかの故障を抱えている為、どのようなOSでも開ける環境にないという事が分かりました。

 次回は「頼れるのはフリーソフト!」という感じで、最終的にどうなったのかを書こうと思います。

 そんなわけで、朝なのに「今宵はここまでにいたしとうございます」と、20年以上前の某大河ドラマの台詞で終わりにします。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果