徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
04月27日(水)

無責任の権化が述べる「己を捨てる覚悟」 

26日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

鳩山・山岡氏ら「菅降ろし」勉強会、60人出席
 民主党の鳩山前首相、山岡賢次副代表ら菅政権に批判的な同党議員が26日午前、東日本大震災への政権の対応を検証することなどを目的とした勉強会「震災に対応できる連立政権に向けた総調和の会」を発足させ、国会内で初会合を開いた。

 党内では「倒閣目的の会」(幹部)との見方が強く、党内の「菅降ろし」がいよいよ公然化した。

 初会合には、原口一博前総務相、松野頼久元官房副長官、松木謙公前農林水産政務官ら小沢一郎元代表に近い議員を中心に約60人が出席。鳩山氏も出席し、顧問に就任した。

 会を主導する山岡氏は冒頭あいさつで、統一地方選での敗北に関し、「両院議員総会を開き、議員による真摯(しんし)な総括を行い、党を立て直していくべきだ」と述べ、執行部の責任を追及する両院議員総会の開催を求める考えを強調。会合では、開催に必要な党所属議員の3分の1以上の署名集めを急ぐ方針を確認した。鳩山氏は「己を捨てる覚悟を持った集団をつくりたい」とあいさつし、まとまって行動するよう呼びかけた。
(2011年4月26日11時59分 読売新聞)

 この状況でも醜い権力闘争による内部分裂にご執心なんですから、ホント、クズの寄せ集め集団は伊達じゃありませんね。

 このご時勢に小沢シンパの嘘吐きの寄り合いとは、よくやるものです。

 嘘吐きの代表格である原口や小沢の腰巾着である山岡、脱税の黒鳩らが中核というのですから、見事に民主党というクズ集団の中でも特に最低最悪な部類の掃き溜めが集まっているようですね。

 にしてもまぁ、「己を捨てる覚悟を持った集団をつくりたい」って…

 己可愛さに脱税の罪を全て秘書に押し付けて自分は一切責任を取らず、それどころか還付された金は全てそのまま己のポケットへと仕舞い込み、総理大臣としての職責も僅か8ヶ月で放り捨てて責任と自らが拗らせた種々の問題を後任に押し付けて知らぬ存ぜぬを貫いているクズが今更何をほざいているんでしょ?

 別に今の時代に宇垣纏や大西瀧治郎、阿南惟幾らを真似ろ(終戦前後にその責任を取って自殺や特攻をして死亡している)とまではいいませんけど、黒鳩の場合は富永恭次と同類(特攻隊の指揮官でありながら、米軍がフィリピンに迫ると軍命を無視して台湾に逃亡した)ですからね。

 因みにこの富永恭次は、「東條英機の腰巾着」と呼ばれており、まさにその虎の威を借る小物っぷりは山岡のクズも似ていると言えるでしょう。

 何れにせよ、万事に嘘をつき続けたルーピーが今更述べる「己を捨てる覚悟」

 これほど薄っぺらで信憑性絶無な言葉もありませんね。

 マスメディアには集まったバカどもがこれをどんな気持ちで聞いていたのか、是非とも確認して欲しかったですね。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果