徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
03月10日(木)

扇動者朝日新聞に御用心 

9日付けのasahi.comの記事から

米高官発言-沖縄への許し難い偏見
2011年3月9日(水)付
 このようなあられもない偏見の持ち主が、米国政府の対日政策の責任者だとは。驚きと怒りを禁じ得ない。

 米国務省のケビン・メア日本部長が、大学生を相手にしたオフレコの講義で、沖縄の人々は「ゆすりの名人」「怠惰でゴーヤーも育てられない」などと発言していたことがわかった。

 メア氏は職業外交官であり、日本での勤務が長い。2006年から3年間、在沖縄総領事も務めた。その間、これほど差別的な沖縄理解しか持ち得なかったとするなら、氏はいったい何を見、何を経験していたのだろうか。

 メア氏は共同通信の取材に対し、学生の記録は「正確でも完全でもない」と語った。しかし、米軍普天間飛行場は「特別に危険ではない」との見方は、沖縄在勤当時も公言し、物議を醸したものだ。一連の発言は氏の本音に違いあるまい。

 講義では、学生に対し日本人の「建前と本音」の使い分けに注意を促しつつ、「沖縄の人々は普天間が世界で最も危険な基地だと主張するが、彼らはそれが真実でないことを知っている」とも語っている。どのような根拠があって、ここまで断言するのだろう。

 そもそも、日米の首脳が96年に普天間返還で合意したのは、住宅地の真ん中にある危険な基地で万が一、住民を巻き込む事故が起きれば、沖縄の反基地感情に火がつき、日米安保体制を揺るがしかねないという強い危機感からではなかったのか。

 03年に上空から視察したラムズフェルド米国防長官も「事故が起きないほうが不思議だ」と語り、移設促進を指示したほどだ。

 沖縄県議会はきのう、発言の撤回と謝罪を求める決議を可決した。那覇市議会の抗議決議には、発言は沖縄を「植民地扱い」しているという文言が盛り込まれた。当然の反発である。

 メア氏は、辺野古移設の日米合意を実現するため、日本政府は沖縄県知事に対し「お金が欲しいならサインしろ」と迫るべきだとも語っている。

 もはや振興策と引き換えに、過重な基地負担を引き受けることはしない--。政権交代を実現した一昨年の総選挙以降、すっかり定着した沖縄の民意を見誤っているだけではない。

 これでは「県民のみならず日本国民の感情を傷つける」(枝野幸男官房長官)ことを避けられない。

 米国政府には真摯(しんし)な対応を求めたい。発言が助長するだろう対米不信をぬぐい去ることなしに、ただでさえ暗礁に乗り上げている移設問題の出口を見いだすのは一層困難となろう。

 それにしても、これまでメア氏と接してきた日本政府の担当者に、氏の認識を正す機会はなかったのだろうか。沖縄や日本への的確な理解を米国側に促すのは、政府の責任でもある。

 墓穴堀りの名人、朝日新聞によるバカな自爆社説の時間です。

 いやはや、この手の話題になると毎回張り切って墓穴を掘るんですから、朝日の社説はネタとして本当に事欠きません。

 発言に対して差別だと、沖縄の新聞みたいに気勢を上げてバッシングをしていますが、読んで分かるように内容は現総理大臣の頭並にスッカラ管です。

 発言は批判するのに丁度良い単語や主語と述語程度で区切って、その理由や前後の文脈を一切省略している上に、明確な事実に基く反論も一切無く、感情論だけで非難をしているんですと認めているのも同然なんですよね。

 まさに墓穴掘りの名人です。

 例えば、「ゆすりの名人」という発言にしても、振興などの名目で金を政府にせびる一方、基地施設の移転などには反対を続けており、ギブアンドテイクではなく、テイクアンドテイクを望んでいる姿はまさにその通りですが、その事実を朝日は記した事がありません。

 ゴーヤの話にしても…

 「沖縄の主産業は観光だ。農業もあるが、主産業は観光だ。沖縄ではゴーヤー(ニガウリ)も栽培しているが、他県の栽培量の方が多い。沖縄の人は怠惰で栽培できないからだ」

 このように沖縄と言えばゴーヤだけど、生産量では実は一番じゃないんだよって話が、見事にその部分が都合が悪いからと朝日は隠蔽しています。

 「焼き肉屋のおばちゃんのいきさつは消し飛び、まるで国家間の諜報(ちょうほう)を論じるようだ。その間に互いに本音で話しあえる大切なものが落っこちていないか」

 これは、この社説の前日、8日の社説で前原及び、奴に献金をしていた在日韓国人を庇うために朝日が記した社説の一文です。

 このように朝日は、単なる違法献金という事実だけでなく、その全体像がどうだったのかを捉える事が大切だと主張していたのに、翌日にはこうやって都合の悪い事実を自ら隠蔽し、記事にするのに都合の良い部分だけを摘み出して他者へ差別だ偏見だとレッテル張りを展開しているのですから、その二枚舌ぶりは実に呆れ果てますね。

 これで相手をレイシスト呼ばわりですから、朝日の方が遥かに差別主義者だと思いませんか?

 「沖縄の人々は普天間が世界で最も危険な基地だと主張するが、彼らはそれが真実でないことを知っている」とその発言を取り上げた後に、「どのような根拠があって、ここまで断言するのだろう」と疑問を呈していますが、そもそも講義の発言記録、或いは沖縄タイムスなど他紙の報道を見ていれば知っていると述べた理由として、メア部長が続けて「福岡空港や伊丹空港だって同じように危険だ」と述べていた事が簡単に分かります。

 では、何故朝日がその根拠の部分を知らないのか?

 答えは簡単で、福岡空港や伊丹空港がどんな状態にあるかを知られると、これまでの朝日の主張が崩壊する上に、偏見の持ち主呼ばわりする相手の発言を認めねばならなくなるからです。

 福岡、そして大阪の伊丹はどちらも普天間同様に周辺が市街地で囲まれており、おまけに離着陸時の航空事故が過去に起きている為、普天間だけが特別、普天間だけが危険という朝日らサヨクの大好きな逆差別の論理が破綻するからなんですね。

 だからわざと発言を肝心な部分を切り捨てて掲載し、罵倒を浴びせているわけです。

 今回の発言は軍民の別を考えずに単なる空港施設として見た上で行ったものであるという点を考慮すべきですし、朝日のように都合の悪い事実一切を隠蔽して相手を偏見や差別の持ち主だなどと罵倒するのは議論以前の問題であり、世間から排斥されるべきは朝日の如きレイシストにして国を惑わす扇動者こそです。

 沖縄県知事にしても、幾つか金にまつわる黒い噂がありますけど、そういう事も朝日は隠蔽してます。

 私は別段メア部長を真っ当な人間だとか、正しい事を言っているとか言うつもりは毛頭ありませんし、発言の意図がどうであれ「ゆすり」や「怠惰」などの表現をオフレコを条件にしていたとしても、一国の政府の高官として同盟国への説明で用いて許されるようなものでないのは当然だと思っていますが、発言が単なる差別思想に基いただけのものだとは思えない、つまりは少なからず論拠を挙げて説明しているのであり、その主張には、ここまで記したように一理あるとも考えています。

 社説で触れていない沖縄県の出産率や離婚率、高アルコールの摂取などの説明も事実であり、沖縄の説明としていい加減なデマを吹聴したとは言えません。

 一方で朝日は今回の社説を見て分かるように、その発言の真意、目的などは見ようともせず、関係ないとばかりに感情論だけを吐き出し、国をまだまだ惑わそうと画策するマスゴミそのものであり、主張に一片の正当性もなければ証拠に基いた論拠すらもなく、事実の隠蔽さえ当たり前にやっています

 少なくとも、朝日の振る舞いは米国との友好を破壊する事を望む人間のやる事ではあっても、望んでいる人間のやる事ではないですし、このような真似を公然と出来る朝日にこそ私は「驚きと怒りを禁じ得ない」ですよ。

 沖縄タイムス『メア日本部長発言録全文(日本語)』
 http://www.okinawatimes.co.jp/
article/2011-03-08_15192/
 呆れた事に、私が記事を時間指定で書き上げた後の、2011年3月9日22時25分。

 何と朝日のHPには『「沖縄は怠惰すぎてゴーヤーも作れない」メア氏発言概要』という記事が掲載され、その中にはゴーヤの話や、普天間が世界一危険と言うわけではない理由がしっかりと載っているのです。

 やはり、朝日は意図して社説から都合の悪い部分を黙殺する事にしたのか、或いは部分的な話を見聞しただけで概要をしっかりと把握もせずに書いていたわけであり、何れであっても他者へ偏見と差別意識を持っていたのは朝日の社説を書いている主筆の方であった事がハッキリとしました

 何処までも卑劣な嘘吐きであり、国際問題を引き起こすのが大好きなクズメディアですね。

 asahi.com『「沖縄は怠惰すぎてゴーヤーも作れない」メア氏発言概要』
 http://www.asahi.com/politics/update/
0309/TKY201103090612_01.html
スポンサーサイト
>米国務省のメア日本部長の発言要旨は次の通り。

>海兵隊8千人をグアムに移すが、軍事的プレゼンス(存在)は維持し、地域の安全を保障、抑止力を提供する。
>(米軍再編の)ロードマップのもとで日本は移転費を払う。
>日本の民主党政権は実施を遅らせているが、私は現行案が実施されると確信している。
>日本政府は沖縄の知事に対して「もしお金が欲しいならサインしろ」と言う必要がある。
>ほかに海兵隊を持っていく場所はない。

意思のあるところに方法はある。(Where there’s a will, there’s a way).
意思の内容は、未来時制である。
日本語には時制がない。日本人には意思がない。だから、指導力がない。

>日本の文化は合意に基づく和の文化だ。
>合意形成は日本文化において重要だ。
>しかし、彼らは合意と言うが、ここで言う合意とはゆすりで、日本人は合意文化をゆすりの手段に使う+。
>合意を追い求めるふりをし、できるだけ多くの金を得ようとする。
>沖縄の人は日本政府に対するごまかしとゆすりの名人だ。

日本人は、合意形成を得るために議論をしないが談合をする。議論の仕方は心得ていない。
談合は、私意の摺合せで行う。実のところ、ゆすりでもある。

>沖縄の主産業は観光だ。

そうですね。

>農業もあり、ゴーヤー(ニガウリ)も栽培しているが、他県の栽培量の方が多い。

そうかもしれませんね。

>沖縄の人は怠惰で栽培できないからだ。

怠惰とは、失礼ですね。中間の農作業は高温で大変だ。栽培できないのには、諸般の事情があるからでしょう。

>日本に行ったら本音と建前について気を付けるように。

そうですね。

>言葉と本当の考えが違うということだ。

言葉は建て前で、本当の考えは恣意ですね。
恣意は辻褄が合わないから、実のところ本当の考えにもならない。

>私が沖縄にいたとき、「普天間飛行場は特別に危険ではない」と言ったところ、沖縄の人は私のオフィスの前で抗議をした。
>沖縄の人はいつも普天間飛行場は世界で最も危険な基地だと言うが、彼らは、それが本当でないと知っている。(住宅地に近い)福岡空港や伊丹空港だって同じように危険だ。

「普天間飛行場は世界で最も危険な基地だ」というのが、沖縄の人の建前でしょう。

>日本の政治家はいつも本音と建前を使う。
>沖縄の政治家は日本政府との交渉では合意しても沖縄に帰ると合意していないと言う。
>日本文化はあまりにも本音と建前を重視するので、駐日米国大使や担当者は真実を言うことによって批判され続けている。

日本人は、「本音と建前」が詭弁であることを知らない。我々は、そのように教育されてはいない。
「沖縄の政治家は日本政府との交渉では合意しても沖縄に帰ると合意していないと言う。」は、当人たちは嘘をついているということである。
このような態度では、我々は統一ある世界に近づくことはできない。

日本人の判断基準は、「世の中は、、、、」(現実の内容) ということ。
英米人の判断基準は、自分の考えの内容 (非現実の内容) である。
本音も建前も現実の中にある。だが、理想は現実の外にある。
だから、日米間では話は合わない。不信感は募るばかりである。

日本人には、問題を解決する能力がない。だが、事態を台無しにする力を持っている。だから、厄介である。
これが閉塞感の原因になっているのかもしれない。


http://d.hatena.ne.jp/takashi1982/20110307/1299426703


[ 2011/03/10 17:12 ] noga [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果