徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
02月01日(火)

朝日の言う事にゃ眉に唾をつけて… 

31日付けのasahi.comの記事から

ダボス出席―首相が「開国」の先頭に
2011年1月31日(月)付
 毎年1月、世界の政治家、企業経営者、学者らがスイスのリゾートに集まり、その年の世界の課題について話し合う世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)に菅直人首相が出席した。

 1971年に始まった歴史のある国際会議だが、日本の首相の参加は森喜朗、福田康夫、麻生太郎各氏に続く4回目。政権交代後は初めてである。

 国会日程の合間を縫い、現地滞在わずか6時間という駆け足ではあったが、日本の政治指導者が国際社会に向けて直接、メッセージを発信できる数少ない機会を生かさぬ手はない。

 菅首相は「開国と絆」と題した講演で、自由貿易を推進し、各国と経済連携を深めることで、「第3の開国」を目指す決意を表明した。同時に、改革に伴う格差拡大を防ぐため、孤立する個人を社会全体で包み込む「新しい絆」の創造が必要だと訴えた。

 日本に住む私たちからすれば、聞き慣れた首相の持論ではある。「新味に乏しい」「抽象論に終始」との批判はあろう。しかし、「顔の見えない国」というありがたくない国際的評価が定着するなか、日本のトップリーダーが、どのような理念・目標の下で諸政策を遂行しようとしているのか、まとまったかたちで世界にアピールすることの意義は決して小さくない。

 ダボス会議の真骨頂は、公式・非公式の会合を通じ、世界の知的リーダーたちが交流を深める点にある。今回、首相も不十分ながら、その輪に加わったのはよかった。

 アナン・前国連事務総長、ノーベル経済学賞受賞者のスティグリッツ・米コロンビア大学教授、オバマ政権の経済運営の司令塔を務めたサマーズ・前米国家経済会議議長ら10人程度の有識者を招いて懇談したほか、米国人投資家のジョージ・ソロス氏とは個別に会談し、インドネシアの森林保全事業で協力を確認した。

 政治家同士の会談ももちろん重要だが、こうした世界の有識者との意見交換は、国内にいては実感しにくい国際社会の問題意識に触れると共に、日本の閉塞(へいそく)状況を打破するヒントを得る機会になるかもしれない。

 学生が海外留学をしたがらないなど、グローバル化の進展にもかかわらず、日本社会は内向き傾向を強めている。首相は外交は不得手と言われ続けてきたが、「開国」を訴える指導者として、率先して国際社会と切り結ぶ先頭に立たねばなるまい。

 首相に限らず、外相をはじめとする閣僚や与野党の指導者が、国際社会への発信と交流を強化することは、日本全体の外交力を高める。そのためにも、首相や閣僚が外国訪問をしやすくなるよう、国会への出席義務を緩和する新たなルールづくりを、与野党はもうそろそろ真剣に検討すべきだ。

 あんな稚拙な演説を前にして出てくるのが実質上の褒め言葉だけしかないって…さすがは偏向報道の申し子、朝日新聞ですね。

 「第三の開国」だの「平成維新」だの「奇兵隊」だの、明治維新前後を意識して繰り返しダサいパフォーマンスを繰り返していますが、そこに何の実も伴っていない事は今更言うまでもありません

 自由党時代に「日本一新」とCMで吼えていた小沢と丸っきり程度が一緒です。

 朝日自身この社説中で「「新味に乏しい」「抽象論に終始」との批判はあろう」と、その事実を認めてしまっていますから。

 そもそも参加する事に意義があると言うのなら、これまでの自民党政権時代だって参加した総理大臣は麻生さんを始めとして何人もいますよねぇ?

 開国宣言を各国の代表が集まる会議でしてしまったわけですが、さて、ではTPPはどうするのでしょう?

 参加についての結論が出るのは6月と半年近く先だって国会で宣言していましたよねぇ?

 これでもしも参加はしませんなんて結論になった時、ダボスでの宣言は何だったのかと世界から問い詰められたらどうするつもりでしょうか?

 国会での言い訳みたいに言語能力に乏しいから起きた言葉の綾です、信念を語っただけです、何て弁明して通じるわけがありませんし、大風呂敷を広げただけですなどと言えば世界中から信頼を失い、非難されるのは想像に難くありません。

 もうひとつの絆とやらにしても、抽象的で全く中身が無く、何をどうするのかがサッパリで、ルーピーの友愛論とどう違うのかと。

 孤立化を防ぐも何も、就職状況は最悪、孤独な老人との接点なども政府にどうこうする術も知識も無いのは言わずもがなであり、どう見たってルーピー同様に何の考えも無くサヨクお得意の理想論をただただ並べたてただけにしか見えません。

 何より、最も喫緊の課題であるはずの国債ランク低下や、その原因である財政状況の改善、政情不安は一切無視ですからね。

 「外国に資金が流出し始めれば一挙に国債は暴落する恐れがある。能天気な総理や財務大臣には分かっているのだろうか」

 かつて管自身が国債ランクが引き下げられた時に総理大臣と財務大臣に向かって吐いた言葉ですが、自らを疎い人間だと評し、折角のアピールの場も活かせない戯けであるコイツの方が、余程能天気で何も分かっていませんよねぇ?

 今の日本に求められているのは明確な今後のヴィジョンであり、政治の安定、財政の健全化です。

 このような場で抽象論を展開し、空手形を乱発するだけのバカはむしろ害悪なだけです。

 今回のダボス会議については、どのような立場の人間が「国際社会への発信と交流」を行うか、よりも、どのような人間が行うかの方が遥かに大事だろうと思わせてくれる一件としか思えなかったのですがねぇ?

 所詮、パフォーマンス技能しかない芸人レベルのバカが首相を勤めたところで役に立たない、むしろ信用を貶めるだけだとの結論しか導き出せませんよ。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果