徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
01月20日(木)

人の道に悖る振る舞い 

19日付けのMSN産経ニュースの記事から

与謝野氏 公認時に誓約書 自民・大島氏「会派入りは完全に違背」
2011.1.19 19:49
 自民党の大島理森副総裁は19日夕、与謝野馨経済財政担当相が前回衆院選で自民党から公認を受ける際に誓約書を提出したことを明らかにした上で「反党行為をしたときは政治家を辞めると誓約している。(民主党)会派入りは完全に誓約に違背するものだ」と述べ、通常国会で与謝野氏を追及する考えを示した。党本部で記者団の質問に答えた。

 また、政府が呼びかける税制と社会保障の一体改革の与野党協議について「政府・与党が考え方を確立することなしに協議といっても、それは詭弁(きべん)であり、邪道であり、信頼に足る態度ではない」と批判した。

 これは…完全にダウトですね。

 たちあがれに移った時に自民党がこの誓約書の話を出さなかったのは、まだ同じ保守系の野党として打倒民主を掲げていたからでしょうが、自ら日本を壊す政党だと名指ししていた相手と手を組むどころか完全にその一派へ寝返ったわけですから、復権・打倒民主を掲げる自民と明確に敵対関係に入ったわけであり、反党行為と言われるのは当然です。

 おまけに、子ども手当ては自民党のやっていた児童手当と本質的に同じだから問題ないという態度まで示しているんですから…

 そもそも民主党批判をしていた自著において、子ども手当てがその名の通り使われるわけではないなどと指摘しており、マスメディアの調査で事実、親の遊興費やローンなどに少なくない割合が消えていると判明しています

 しかも、子ども手当ては現状ですら財源確保が困難で半額給付などと国民に嘘を付いている代物であり、それなのに実施額を一部の年齢層には跳ね上げるという馬鹿な決断を加えた結果、数年後には維持出来なくなっている可能性すらあるほどお先真っ暗な始末なのですが、それを容認へと変え、その理由がコレでは、人格のみならず政治家としての手腕の面でもレッドカードを突きつけられても仕方がありませんね。

 増税にしたって、埋蔵金だの特別会計の組み換えだのでばら撒き分も含めて捻出できるから一切問題ないとリーマンショック後の状況で吹聴していたのが民主党であり、実際にはそんなものが丸っきり確保できないから今年度予算案も国債を大量にばら撒くと謳っている連中の一員になったのですから、つまりは自分が一緒になって日本を壊す為に民主党に加わりましたよと宣言しているも同然ですよね?

 民主党の無能のツケを増税など国民の負担で賄うなど論外です。

 まぁ、類は友を呼ぶと言うだけあって権力の為に自説を180度捻じ曲げ、誓約書すら反故にして平然としている人間と言うのはある意味最も民主党に相応しい人材なのでしょうけど、自殺願望は人に迷惑の掛からないところで勝手に果たして欲しいものですね。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果