徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
12月13日(月)

国民の命より自分達の安全が第一な社民党 

12日付けのMSN産経ニュースの記事から

「戦争に突入も」と批判 邦人救出への自衛隊派遣で福島党首
2010.12.12 18:42
 社民党の福島瑞穂党首は12日、金沢市で講演し、菅直人首相が、自衛隊派遣を念頭に朝鮮半島有事の日本人救出計画を策定する意向を示したことについて「これはひどい。自衛隊を派遣すれば、戦争に突入するかもしれない」と批判した。

 「民主党の一部の人たちが、自民党のやらなかったことをやるんだと意気込んでいる。大変な危惧を抱いている」と述べた。

 これはひどい。戦争に関わるのが嫌だから邦人を見捨てろということかもしれない。

 まぁ、バカの代名詞みたいな女の台詞だから一々取り上げるのバカらしいんですけどね。

 自衛隊が出なければ何処が邦人を救出するのか?

 普通ならじゃあ自国の民間航空会社がとなりますが、日本の場合は過去に民間航空会社が社会党や労組が妨害して、イラクで民間人を見捨てた事があるんですからね。

 トルコが動いてくれなければ民間人が政府と日本の民間航空会社のせいで戦場に取り残され、犠牲となっていた可能性があった事を忘れてはいけません。

 ま、福島のバカ女にとって大事なのは自分達が戦争に関わらない事、ただそれだけでしょうから、自国民であってすらその為なら犠牲となろうが知った事じゃないんでしょう。

 第一、単に輸送機を送り込んで民間人を逃がそうとするだけで何で戦争になるんでしょう?

 先程記したイランとイラクの戦争の折、自国民救助の為に民間航空会社でなく軍を動かした国もありましたが、それでイラクと戦争になった国が一体何処にあるでしょう?

 先日の北朝鮮による砲撃事件を思い出して見れば分かるように、民間人への攻撃は今の時代激しい国際非難を浴びますし、相手によっては何倍にもなる報復を招く事になります。

 実際、現在の北朝鮮はそのせいで中国からの食料支援を満足に得られない可能性に陥っており、来年には深刻な食糧難に陥る可能性があります

 もしこんな状況で第三国の民間人の乗った避難機を撃墜するような真似に出たらどうなるか?

 その後戦争に発展するような事があれば米軍が参戦する格好の口実になる一方、中国の参戦は期待し辛くなります。

 イラクが、そしてその支配者だったサダム・フセインが第二次湾岸戦争でどうなったかを思えば、単純に戦争をするしない以上に金一族にとって悪夢となるのは分かるでしょう。

 無論、暴走を繰り返す相手に楽観は禁物であり、だからこそ当てにもならない民間会社ではなく、いざとなれば護衛に戦闘機を出したり、輸送艦による船団を組んでの大規模輸送なども可能な自衛隊の派遣を可能にせねばなりません

 asahi.com『北朝鮮「トウモロコシでなくコメを」祝賀用?中国は一蹴』
 http://www.asahi.com/international/
update/1211/TKY201012110331.html
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果