徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
12月03日(金)

確認が先じゃないのかと 

2日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

中国人大量保護申請、実の娘らは任意調べに
 中国人残留邦人の姉妹らの親族として来日した中国人53人の大半が入国直後、生活保護を申請した問題で、大阪府警は2日朝から、外国人登録法違反(虚偽申請)容疑などで事情聴取していた残留邦人の実の娘(51)と、その子どもを名乗る女性(23)について、容疑が固まらなかったとして同日夜、帰宅させた。

 今後は任意で調べる。
(2010年12月2日22時03分 読売新聞)

 なんて言うか、先にそれを調べるものじゃないのかよと。

 本人確認が取れてすらいないのに、親族として入国させて生活保護を給付していましたってねぇ?

 中国の発行した証明書を所持していたからなんて、そんなものが何の信用保証になるんだと。

 実際、DNAが一致しない人間が複数人紛れ込んでいたわけですから、確認が杜撰だったわけです。

 前にも記しましたけど、たかだか2人の介護に53人も必要だなんて話が何処にあるんだと

 相手が王侯貴族で53人が小間使いだとでも言うのならまだ分からなくもありませんが、それならそもそも生活保護の申請など必要ありませんもの。

 本当に何を考えて仕事をしているのやら…そんな無駄遣いできる税金があるなら国民に還付しろといいたいですよねぇ、ホント。

 それにしても、この母子は容疑が固まらなかったって釈放されたみたいですけど、血縁関係に無い人間を一緒になって入国させたのだから、そちらの容疑で捕まえられないのですかねぇ?

 記事が短く詳細が分かりませんが、出来る事ならきっちりと纏めて強制送還して欲しいものですね。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果