徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
11月30日(火)

幾らなんでもそりゃ誇張しすぎ 

28日付けのMSN産経ニュースの記事から

「一瞬で焼け野原に」 韓国メディアは米空母に関心集中
2010.11.28 15:41
 黄海で28日始まった米韓合同軍事演習に参加している米海軍の原子力空母ジョージ・ワシントンに関し、韓国メディアは「たいていの国は焦土化できる」「一瞬で一地域を焼け野原にする」などと大々的に報道している。

 韓国各紙は24日に米海軍横須賀基地(神奈川県)を出港する際の写真や図解を付け、空母を詳細に紹介。イージス艦と合わせ、黄海に展開すれば北朝鮮全域を攻撃範囲に収めるとしている。東亜日報は27日付朝刊で「米イージス艦には平壌の労働党庁舎も攻撃可能な巡航ミサイルが約100発搭載されている」と報じた。

 演習は、砲撃戦の現場から南方に百数十キロ離れた黄海上で実施されており、ハンギョレ新聞は「北からの(演習への)攻撃は難しい」との軍関係者の見方も紹介した。(共同)

 共同通信の訳が悪いのかと思いましたが、どうも間違えにくい内容ですから、元の韓国メディアが悪戯に誇張して煽っているんでしょうね。

 空母GWが現在何機を搭載しているのかは分かりませんが、ソフトバンクパブリッシングから出版されているscience-i新書SIS-181『知られざる空母の秘密』によれば現在アメリカの空母は凡そ72機を搭載しているそうで、戦闘攻撃機であるF/A-18、ホーネットやスーパーホーネット以外にも早期警戒機や電子戦機、各種ヘリなども搭載している事を考えれば、戦闘攻撃機の搭載数は精々50~60機程度がいいところでしょう。

 ましてやスーパーホーネットですら搭載量は8t程なのですから、爆弾投射量は爆装のみで全力出撃をしたところでたかが知れていますし、普通は戦闘機を敵が保有している以上、爆撃よりも戦闘機の排除による味方の援護、ファイタースイープをメインにする部隊だって必要であり、空母一隻の搭載機で北を相手では、国の焦土化どころか一瞬で一地域を焼け野原と言うのも大仰に過ぎますね。

 爆弾ではなく焼夷弾の使用と言う違いはありますが、東京大空襲の際にはスーパーホーネット並みの搭載量を持つB-29が300機程投入された事、それでも攻撃が下町と言う範囲限定だった事を考えれば、50~60機の戦闘攻撃機で防空網の存在する国へ対して一度に出来る事などどの程度か分かるでしょう

 イージス艦にしても、巡航ミサイルが約100発ってねぇ?

 確かにアーレイ・バーク級はVLSセルが90、後期の改良型に至っては96セルありますけど、普通は巡航ミサイルだけじゃなく、対潜用のアスロックや対空用のスタンダードなども必要なのだから、全部トマホークですなんて有り得ない話ですよ。

 ハンギョレの北からの攻撃が難しいと言うのは唯一確かにそうと言えるでしょうけど、哨戒艦沈没事件などを鑑みるに、絶対に不可能というわけでも、北がやらないというわけでもないのだと考えて動くべきでしょう。

 何ともまぁ、韓国の新聞もお粗末ですし、そこに単なる事実の報道だからって突っ込みも入れずに流す日本の通信社やそれを引用する新聞社もどうなんですかねぇ?

 (2010年11月30日23:50 誤字修正)
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果