徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
11月02日(火)

間抜けな自爆主張 

1日付けの朝鮮日報の記事から

独島:韓国領と裏付ける海流の動き確認
2010/11/01 11:42:35
いかだなどの原始的な船舶では韓国からの接近が優位

 国立海洋調査院は先月31日、1993-2008年の人工衛星からの資料を基に作成した東海(日本海)の海流図を分析した結果、独島(日本名:竹島)が古代から韓国の領土だったことを裏付ける海流の動きが確認された、と発表した。

 東海岸に沿って北上する「東韓暖流」は、鬱陵島の北側の海域を通過して東に流れ込み、独島の海域へと南下した後、日本の隠岐諸島付近から北東方向に向かう。また、鬱陵島や独島付近の海域では、半径およそ100キロの時計回りの渦が頻繁に発生する。このため、いかだや丸木舟などの原始的な船で慶州・浦項付近から東韓暖流を利用して鬱陵島に接近したり、鬱陵島の渦状の流れを利用して鬱陵島と独島を往復することが可能だったというわけだ。

 新羅の智証王の時代、将軍・異斯夫(イサブ)が于山国を征伐したときも、新羅軍は風向きや海流を利用して于山国にたどり着いた、と海洋調査院は分析している。

 海洋調査院によると、この海流を利用して韓半島(朝鮮半島)から鬱陵島・独島を経て隠岐諸島に向かう航海は可能だったが、隠岐諸島から独島方向への航海は、海流に逆らわなければならず、容易ではなかったはずだとしている。

 このような海流の動きは、紀元前から韓国が独島に接近し、影響力を保持していたことを強力に裏付けるもので、古代から独島が韓国の領土だったことを合理的に示している、と海洋調査院は説明している。

 証拠が海流の流れが優位な事って…何処まで幸せな脳内構造をしているんでしょうね、コイツらは。

 連中の言う「東韓暖流」とは、「対馬海流」の事であり、その変則的な流れは昔から日本人の知るところです。

 わざわざ隠岐諸島からだと流れに逆らうからどうのと言ってますけど、対馬からならそのまま流れに乗って辿り着けると言う事ですし、同海峡の先にあった任那が日本の同盟国または属国に近い立場だったとされている点も忘れてはなりません

 ましてや韓国の言う于山国の征伐、つまりは侵略による併呑なんてのは512年という三国時代の終わり頃の話ですし、竹島は小さ過ぎて農作物も水も入手は難しく、人の生活自体が困難な事からも于山国に該当しない事は明白です。

 そして、今記したように于山国、鬱陵島の侵略を朝鮮(新羅)が行ったのは紀元前どころか西暦が500年以上経ってからであり、それまで他国が間に存在しているという状況でありながら、紀元前から影響力を保持していたなどと言うのが如何に出鱈目な主張か分かるでしょう

 しかし、連中にはこれが合理的な証拠になるのです。

 単に幾許か渡り易かったと言うだけで、実際に渡っていた事が立証されてもおらず、それどころか自ら新羅の時代に于山国を征伐したと、紀元前には何の影響力も行使できていなかった事を認める記述までしていながら。

 そりゃあ中国人にだって主張を馬鹿にされるわけですよ。

 韓国最大の新聞社が、大真面目にこんなぱっと見ただけでなんだそりゃと首を傾げる話を書いているんですから。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果