徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
09月23日(木)

卑劣な二枚舌政党は今日も変わらず 

22日付けのMSN産経ニュースの記事から

衆院、鈴木宗男氏の失職を発表
2010.9.22 19:44
 衆議院は22日、あっせん収賄罪などに問われた新党大地の鈴木宗男代表(62)が、国会法と公選法の規定に基づき、最高裁の上告棄却が確定した16日付で衆院議員を失職したと発表した。

 漸く失職と収監が決定しましたが、ふざけた事に管の大バカたれは「裁判所の判断に対して、私の立場でコメントするのは適切ではないと思う」と、鈴木宗男を衆院の外務委員長に起用し続けた自分の判断について責任を負うどころか国民に対する説明すら拒絶しています

 数の論理を翳す為だと犯罪者さえも平然と身内に引き込み、国家運営の要職に据えた以上は責任を取るのが当然ですが、この態度では自分達の行為を悪いとすら思っていないのでしょう。

 因みに、黒鳩を代表に据え、自らが幹事長だった2002年当時にこの阿呆はこんな談話を次々と発表しています。

 「鈴木宗男議員が、多くの疑惑を指摘されていながら、いまだに議員の職に居座り続けていることは、断じて許し難い。」(加藤紘一議員の議員辞職について)

 「鈴木議員を庇って二度にわたり議員辞職勧告決議案の本会議上程を拒んできた与党三党は、自らの非を認め国民に謝罪すると共に、鈴木議員の辞職勧告決議案の本会議上程とその可決を図るべきだ。」「国会自らが疑惑解明に全力を挙げるのか、それとも臭いものにフタをして、国会の責務を果たさず司法当局に解明を委ねるのか、国民の前に明確に示すべきだ。民主党は、国会の開会、閉会にかかわらず、疑惑の徹底糾明をめざす。」(鈴木宗男議員の逮捕許諾請求を受けて)

 「鈴木氏がいまだに議員の職にとどまり続けていることは国会の権威を著しく汚しており、断じて許し難いが、これを容認しているのは政治倫理確立に向けたリーダーシップを発揮しようとしない、小泉総理・自民党総裁の責任でもある。」(鈴木宗男議員の再逮捕を受けて)


 管直人が自ら吐いた唾を自らの顔に浴び続けるバカな真似を黒鳩と2代に渡って続けてきた真性の屑野郎である事がよくわかりますし、これで責任を取らないどころか説明すら拒絶しているのですから、アメリカのルーズヴェルト宜しくジャグラー気取りなのか、はたまた黒鳩宜しく自分の発言ですら3歩進めば全て綺麗に忘れて無かった事に出来る間抜けなのか?

 10月より国会が開かれるそうですから、野党各党にはこの二枚舌野郎を徹底的に追求し、言った事への責任としてキチンと腹を切らせて欲しいものです。

 何せ、鈴木宗男を議員にさせ続ける事は国会の権威を著しく汚す行為で断じて許しがたく、これを容認するのは政治倫理が確立されず、リーダーシップも発揮していない証拠であり、総理大臣の責任なんだそうですから、鈴木宗男の率いる政党と結託して与党を形成し、更には衆議院外務委員長の要職を与えていた黒鳩及び管直人の責任は総理大臣の辞任や議員辞職程度で免れるものではありませんものねぇ?

 MSN産経ニュース『【宗男被告収監へ】首相は「コメントしない」』
 http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/
100908/plc1009081901013-n1.htm

 民主党HP『加藤紘一議員の議員辞職について(談話)』
 http://www.dpj.or.jp/news/?num=11346

 同『鈴木宗男議員の逮捕許諾請求を受けて(談話)』
 http://www.dpj.or.jp/news/?num=11327

 同『鈴木宗男議員の再逮捕を受けて(談話)』
 http://www.dpj.or.jp/news/?num=11310
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果