徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
08月01日(日)

手前勝手な素人判断の結果 

30日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

【日テレ取材班遭難】「まさに自殺行為だ」 軽装の入山にベテランガイド絶句
2010.8.1 17:05
 「素人だけで行くような場所ではない。まさに自殺行為だ」。埼玉県秩父市の山中で発生した県防災ヘリコプターの墜落事故現場を取材中の日本テレビ記者、北優路さん(30)=さいたま市浦和区=と、同カメラマン、川上順さん(43)=東京都江東区=の2人が遭難し死亡した事故で、周辺などで約20年にわたり山岳ガイドを続ける男性(44)は、軽装で山に挑む危険を指摘した。

 男性によると、2人が見つかった場所の周辺は、この時期でも川の水温は5~6度程度だという。「長時間水に漬かると低体温症になり、体が動かなくなる。防水加工をほどこした装備が必要になる」

 Tシャツとジャージー姿だった2人の発見現場は、墜落現場まで4~5キロ離れた川の岩場地帯で、近くの登山道からも約500メートル離れている。男性は、上流の墜落現場へ向かうためには、ロープなど沢登り用の十分な装備が必要だと指摘。「2人はとにかく軽装だ」と絶句する。

 県警によると、死亡した2人と日本山岳協会の男性ガイド(33)の3人は7月31日午前6時半ごろ、ヘリ墜落現場から直線距離で約5キロ離れた駐車場に車を止め、林道を約1.5キロ歩いて現場へと向かった。林道近くの川の様子を見た男性ガイドは「危険だから引き返そう」と2人に入山の自粛を求め、一度は3人で駐車場付近まで下山したが、2人は「写真を撮ってくる」などと言い残して再び入山したという。

 山岳ガイドの男性は「同行してたガイドも危険は熟知していたはず。なのになぜ2人から離れてしまったのか」と首をかしげる。

 自殺しにいったとしか思えない愚かさですね。

 カメラマンの方はチベットやアラスカを登山した経験があると日テレは主張しているのですが、正直その経歴からして胡散臭く感じる程に、この二人の行動は愚かでした。

 「それほど不適切な服装とは考えていない」と日テレ側が主張した二人の格好とは、記事にあるように靴こそ登山用のものだったものの、上はTシャツ、下はジャージと言う登山には上下とも不向きというよりも有り得ないレベルのもの

 しかも、事件があった墜落現場は登山道から離れた山中の沢ですよ?

 そして、今回の遺体発見現場は事件現場からは何キロも離れ、登山道からすら500mも離れた岩場で、遺体の一部が水に浸かり、リュックは50m下流に流れていたと言うのですから、恐らく遭難して彷徨った挙句に水場へ出て、そこで体が冷え切って低体温症になって死亡したのでしょうね。

 そもそもガイドに危険性を指摘されて引き返したのに、その後にガイド抜きで再び挑むなど、何度も高山への登山経験がある人間の行動とはとても思えません。

 取材自粛要請を無視して軽装で、しかもガイドもつけずに突き進んで二次遭難。

 その理由が「適正な装備、十分な準備をすれば、取材は可能ではないかと判断した」という愚劣なメディアの勝手な思い込み、思い上がりなんですから、つくづく傍迷惑です。

 同行したガイドがわざわざ途中で引き返した後で再び行くなどと言い出した二人をダメだと制止しなかったのかどうなのか、こういう部分がまだ詳細は不明ですが、日テレの取材に対する姿勢が余りにも現実を舐めたものであったことが事件を起こしたのは間違いありません。

 朝日の記事では、ガイドが日テレの二人は「装備的にも技術的にも不安があったので、早くやめようと思った」と語った事が記されており、やはり登山プロが見ても十分な登山経験や知識がある(記者の方は素人だそうです)とは思えなかったのが分かります。

 カメラマンの方は一応、世界的に著名な高山への登山経験だけでなく、大学時代から山岳部に所属していたというのですから経歴で行けば20年超となるはずですが、今回の顛末やガイドの見解、そのどちらを見ても俄かには信じがたいものです。

 はてさて、他メディアはこれをキチンと社説などで批判し、加えて自省することが出来るでしょうか?

 何時ものお仲間意識で適当にお茶を濁して終わりって事にならないか、何とも不安ですね。

 YOMIURI ONLINE『県警は取材自粛要請…日テレ「判断甘かった」』
 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/
20100801-OYT1T00520.htm?from=top

 asahi.com『「機体の場所探す」ガイドと別れ再入山 日テレ記者遭難』
 http://www.asahi.com/national/update/
0801/TKY201008010272.html
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果