徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
07月10日(土)

変質的性向の日刊ゲンダイ 

6日付けのMSN産経ニュースの記事から

自民、日刊ゲンダイの記事で中央選管に質問状
2010.7.6 22:54
 自民党は6日、参院選公示後の夕刊紙「日刊ゲンダイ」(日刊現代発行)の記事や見出しが公職選挙法(法定外、脱法文書の領布禁止)違反の恐れがあるとして、大島理森幹事長名で中央選挙管理会の伊藤忠治委員長あてに質問状を提出した。

 日刊ゲンダイは公示後、「民主党への投票が最良の選択」(6月29日付)や「迷わずに民主党へ投票しよう」(7月3日付)などの見出しを付けて記事を掲載した。

 公選法では国民が選挙で適正な判断をするための『報道と評論』を認めている。これを踏まえ、自民党の質問状は日刊ゲンダイの見出しや記事について「民主党や同党公認候補者への投票を、端的に、直接的に、あからさまに求める表現で埋め尽くされている」と指摘。

 また「根拠薄弱で抽象的な他党批判をした上で、民主党礼賛の一方的な記事に終始している」として、「報道や評論」には該当せず、公選法に抵触するのではないかとしている。

 幾ら五流のゴシップ紙とは言え、メディアがこんな事を書くのは違反行為だと思いますが、流石はゲンダイ。

 程度の低さがスポーツ紙の中でも相変わらず群を抜いているようですね。

 最良の選択だと、迷わずに3割もの愚かな有権者が民主党へ票を投じた結果、今どうなっているか?

 それによって総理大臣になった男は、国政を内政・外交問わずに引っ掻き回して滅茶苦茶にした挙句、僅か8ヶ月と言う超短期であっさりと逃亡しました

 普天間問題や口蹄疫問題など、自らが傷口をより広げた問題全てを放り捨て、故人献金から露呈した莫大な不正贈与問題へのすると言っていた説明も拒否するなど、自らした約束さえも違えておきながら反省一つせず、悪いのは自らの声を聞かなくなった国民だと、まるで落ちぶれた独裁者のような弁を吐き捨てて逃げました

 しかし、これだけの醜態を晒した民主党は、野党時代と打って変わって誰も責任を取らず、解散総選挙もせず、そ知らぬ顔で総理大臣の顔を挿げ替えてリニューアルしたから僕らはもう清廉潔白ですと厚顔無恥な態度を平然と晒しました。

 ですが、本質が何ら変わっていないのは当たり前で、僅か一ヶ月の間にボロが次々に出、支持率は瞬く間に急落し、現在の世論調査では支持と不支持が逆転してしまったところも出てきています。

 まぁ、それもそのはずで、守れなかったんだから辞めろと政府・与党に詰め寄っていた野党時代を忘れたかのように、自らが守れなかった事についてマニフェストは生き物だとほざいて平然と中身を書き換え、更には曖昧表現で幾らでも言い逃れできるようにこれまで以上の姑息さを見せているのですから。

 例えば、日米同盟に皹を入れている最大の原因である普天間問題について民主党は新たなマニフェストで「普天間基地移設問題に関しては、日米合意に基づいて、沖縄の負担軽減に全力を尽くします。」としか書いていません。

 既に大幅な遅滞を来たしている上に、バカなどこぞの市長が裁判だと息巻いて妨害に乗り出し、民主党自身も合意案を再度見直して滑走路の数や位置を変更しようとするなどしていてまだまだ迷走が続くのは確実ですし、そもそも「負担軽減に全力を尽くす」などと言うのは一々文書化するまでも無い当たり前の事に過ぎず、過程で頑張ったところで結果が伴わなければ何の価値もありません

 同様に、国債発行にしても「2011年度の国債発行額は、2010年度発行額を上回らないよう、全力をあげます」と、確約ではなく単なる努力目標の宣言であり、守れなくても責任を取る必要が無いんだ、マニフェスト破りじゃないんだと言い逃れで切るようにしています。

 他にクリーンな政治も相変わらず謳っていますが、官房長官や政務官の大臣規範違反について何の処罰もせず、大臣らの事務所費問題でもしない、大臣秘書が性犯罪を犯しながら当の大臣がその問題を隠匿していた事についてもやはり何もしない…一体何処がクリーンなのか?

 この僅か1ヶ月を見ても、到底連中が信頼に足る生き物でない事は明々白々であり、そんな自身を自賛して「自分で100点と言うと言い過ぎだが、十分合格点をいただけるところまでやれた」などと言っている奴にこれ以上政権を預ける事の一体何処が最良の選択なんでしょうね、ホント。

 行けば分かるさとばかりに迷わず突き進んだ結果のこの9ヶ月。

 折角持ち直しかけた経済は再び沈殿し、外交も安保も滅茶苦茶。

 しかも、連中には裏マニフェストが存在する事を忘れてはいけません

 外国人参政権付与、夫婦別姓など、都合の悪いものは全て表のマニフェストから削除し、裏で支持者である外国人やサヨク集団と公約であると約束を交わしています。

 こんな連中への投票が迷う必要の無い最良の選択と思えるのは、日本人でありながら日本が嫌いでしょうがない人間か、独裁者や他国民の奴隷になりたいという変質的性向の持ち主位でしょうね。

 それこそ日刊ゲンダイ編集部の面々の如き。

 民主党HP『マニフェスト2010』(pdf)
 http://www.dpj.or.jp/special/
manifesto2010/data/manifesto2010.pdf

 YOMIURI ONLINE『「100点は言い過ぎだが…合格点」胸張る首相』
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/
news/20100708-OYT1T01031.htm
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果