徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
06月20日(日)

省みない連中への苦言 

20日付けのMSN産経ニュースの記事から

民主党の政権公約「検証と反映が不十分」 桜井経済同友会代表幹事が苦言
2010.6.20 18:55
 桜井正光経済同友会代表幹事は20日、都内のホテルで開かれた「政権実績・参院選公約検証大会」(主催・21世紀臨調)に出席し、参院選に向けた民主党のマニフェスト(政権公約)について、「前回の衆院選で公表した公約がどれだけ実行できたのか不明だし、今回の公約でも目標値が不明だ」と指摘。「マニフェストは国民との約束事。政策の検証と反映をしっかりやってもらいたい」と苦言を呈した。

 桜井氏は「計画があればそれに対する実績が検証できる。いつまでにどのレベルに達することが可能なのかをはっきりさせないといけない」と語り、「計画が目標通り遂行できたか、達成できなかったのであればその要因は何かを検証して計画を修正していくPDCA(プランニング・ドウ・チェック・アクション)は、モノづくり企業ではあたり前のことだ」と強調した。

 また政策の執行にあたり「司令塔になる組織が必要だ。国家戦略局の位置づけをはっきりさせて担当大臣を決め、自民党時代の財政諮問会議のような国民の代表が集まって議論できる会議形もつくるべきだ」と語った。

 大雑把に言えば先日記した『守らない、責任を取らない公約に何の意味があるのか?』と、苦言の内容は同じような感じですね。

 これまでの公約の達成率がどうだったか、達成できなかったものは何が原因かをハッキリさせる、PDCAをせねば一般企業であれば更なる損失を重ねるだけであり、それは自身の破滅へと繋がります。

 しかし、元より国の金、国民の金を食い物にする事しか頭に無い民主党にはそんな発想は存在しません

 穂の抜け道を潜り抜け、いかに自分達が権力を握り、金を得るかが第一なので、そもそものプラン自体が虚偽のものですし、実行するのはあくまでも人気を維持して悪事をし続ける為の方法でしかないので強行するし、反省なんて絶対にしません。

 独裁者は間違わないのですから。

 事実、黒鳩が辞めたのはあくまでも自分の声を国民が聞かなくなったからだと、つまりは悪いのは分別の無い国民だといってましたよね?

 民主党そのものも、結局評判の悪い人間を裏に隠すだけで何の責任も取らず、説明すらもせずに問題を終わったこととしています。

 このような状態の連中に、自らの出鱈目に対する検証など不可能であり、修正そのものもぼかした言い逃れが出来るつくりのものばかりになるのは当然でしょう。

 まぁ、世論調査をすると参加した半数以上の国民がこんな詐欺師集団を支持し続ける姿勢を見せていると言うのですから、マルチや新興宗教に嵌った人間宜しく、身の破産に追い込まれるまで洗脳が解けることはないでしょう。

 そして、いざ自分が破滅するや悪いのはマルチだ宗教だと、喚いて被害者面をし始めるわけです。

 のめり込む前に一歩踏み止まり、周りを客観視する事が出来れば、自分が立っているのが戻る事の適わぬ地獄への一本道だと理解できるのに

 桜井正光経済同友会代表幹事のような人物の声をメディアがもっと大きく報じてくれればまだ、踏み止まれる人間が出てくるかもしれませんが、今の状態で来月の参院選を迎える事になると、本当にこの国は終わるでしょうね…
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果