徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
05月29日(土)

鯨教国家の暴走 

28日付けのasahi.comの記事から

日本の調査捕鯨、週明けにも豪提訴 国際司法裁判所へ
2010年5月28日15時1分
 【バンコク=塚本和人】オーストラリア政府は28日、日本が南極海で行っている調査捕鯨をやめさせるため、国際司法裁判所(ICJ)に提訴すると発表した。週明けにも正式提訴するとしている。

 豪政府のスミス外相、ギャレット環境相、マクレランド法相の3閣僚が共同声明を発表した。声明は、国際捕鯨委員会(IWC、本部・英ケンブリッジ)や日本との二国間交渉の場で外交的解決に向けた努力を続けてきたが、IWCで豪側の主張するクジラ保護が合意に達する可能性が小さくなったと判断し、提訴に踏み切る、と説明した。ただ、今後もIWCでの議論にはかかわり、外交的解決に向けた努力は続けると付け加えた。

 一方、声明は対日関係にも触れ、両国が安全保障や経済の面で重要な戦略的パートナーであることを強調。「捕鯨をめぐって意見の相違があったとしても、両国は、この問題により両国関係の強化と成長を危険にさらすべきではない点では合意している」とした。

 南極海での日本の調査捕鯨をめぐっては、今年に入ってラッド首相が「次の調査捕鯨シーズンが始まる今年11月までに提訴する」と具体的な期限に言及するなど強硬姿勢を強めていた。

 IWCでの話し合いを無視し、日本だけを敵視して国債テロ組織と結託して策動を繰り返し、挙句に国際司法裁判所へ提訴しようとしておきながら他では仲良くし続けようねとか、どんだけ厚かましいのかと。

 日本では現在、逮捕したベスーン容疑者に対して傷害罪を始めとした5つの罪で起訴し、裁判を始めており、代表であるポール・ワトソンに対しても国際指名手配を行いました

 このような国際テロリストが、これまで母港として活動拠点に使っていたのがオーストラリアであり、日本からしてみれば人的被害まで引き起こしたテロリストを匿ってきたオーストラリアこそ司法に訴えたい犯罪者ですよね。

 そもそも相手の意見に耳を一切傾けずに国際司法裁判所へ一方的に訴えると主張しておきながら、意見の相違があっても両国関係を悪くしちゃいけないとか言えるって、本当に白人の図々しさ、傲慢さが滲み出てますよね。

 まぁ、関係が悪化した場合、日本よりオーストラリアの方が大きい痛手を負いますから当然でしょうけど。

 それにしても、牛や羊、カンガルーなど世界でも屈指の規模で哺乳類の屠殺を行っている国が、まるで宗教のように鯨だけを神聖視し、他の哺乳類と正反対の扱いをしているのですから、滑稽千万ですね。

 白人特有の偏見と、その偏った価値観の押し付けには本当にウンザリです。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果