徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
05月22日(土)

考えて喋れないルーピー 

20日付けの時事ドットコムの記事から

対北圧力、米韓と連携=哨戒艦事件で首相-中国にも協力要請へ
 鳩山由紀夫首相は20日夕、韓国哨戒艦沈没事件の対応について、「韓国が国連安全保障理事会に(北朝鮮に対する制裁などの)決議を求めるならば、日本として先頭を切って走るべきだ。強くその方向で努力したい」と記者団に語り、韓国と連携し、北朝鮮への圧力強化を図る考えを表明した。政府は北朝鮮と関係の深い中国にも協力を働き掛けていく方針だ。

 日本としては、米国とともに韓国を支え、国連安保理で北朝鮮に対する包囲網の構築を目指す。岡田克也外相は20日午後、「まず国際社会の一致した対応が求められている」と記者団に強調。今後、21日のクリントン米国務長官の訪日や月末の日中韓首脳会談などを通じ、関係国との足並みをそろえたい考え。

 政府は制裁決議採択などの実現に向け、北朝鮮の友好国で常任理事国として拒否権を握る中国の動向を注視。中国は核問題をめぐる6カ国協議再開を優先させる立場を変えておらず、「直ちに協議再開ということにならない」(岡田外相)との日米韓とは温度差がある。

 政府内では、「北朝鮮が自ら事件の関与を認めない限り、中国は北朝鮮をかばい続ける」(外務省筋)との見方が根強い。ただ、哨戒艦事件の調査で当初の予想以上に具体的な証拠が示されたことから、「中国も韓国の主張を無視できない」(外務省幹部)との期待も出ている。

 岡田外相は20日、記者団に「中国もなるべく共同歩調を取ってもらいたい。意見交換を今週末にも中国と行いたい」と述べ、中国との調整を急ぐ考えを強調した。
(2010/05/20-20:24)

 この20日、日本は北朝鮮の貨物船検査法案が漸く衆院で可決され、参院へ送られました。

 その為、日本では検査がまだまだ当面できやしないわけですが、そんな状況で先頭に立って制裁を加えて行くとか、このバカな黒鳩は言っている訳です。

 ましてや、今回衆院で可決されたのは与党及び公明が賛成した事からも分かるように、「海上保安官、または税関職員に任務に当たらせる」というだけで、自民党などのようにそれで対処できない、つまりは敵対行動を向こうが取ってきた場合にどうするのかという点を無視した人命軽視甚だしいものであり、国民を、命を守りたいと繰り返しほざいていたどこぞのバカは、国民の命が危機に瀕する可能性を平然と切り捨てたのです。

 ただ、流石に何度もこの点を突かれた為、「万が一、激しい抵抗にあった場合、自衛隊に海上警備行動を発令するという判断は否定していない」と、社民党を反発させない玉虫色の言い訳を国交大臣が述べて逃げました。

 判断がどうのと言っている時点で、実際に事が起こって被害が出た後になってから、「これからどうしましょ?」と社民党との内輪揉めを始めますと言っているのも同義であり、その事件に対しては何ら対処できませんので諦めて無駄死にしてくださいと宣言しているんですね。

 引き上げられた北の工作船は、それ自体が漁船を装った高速艇であっただけでなく、内部には小銃からロケットや迫撃砲などの重火器、果ては対空機銃座までありました。

 万景峰号は、この工作船に対する支援活動や、果ては直接日本人拉致にも関与していたと元工作員による証言があり、貨物船や貨客船とは言えど、北の船を舐めて掛かるのは非常に危険です。

 実際、工作船の時は逃走しながら銃撃、更にはロケット弾まで撃っているのですから。

 しかし、民主党ら与党と公明党はそういう危険性を無視し、それでいて未だに法案すら通せていないのに、「日本として先頭を切って走るべきだ」ですよ?

 韓国政府としては北との戦争再開を阻止しつつ、それでいて国民の怒り、不満を抑える為にも当然ながら実行力のある強力な制裁を求めるでしょう

 その際に未だ法案の可決すら出来ておらず、しかも施行したところで実行力に乏しい日本が先頭切って掻き回したりしても、傍迷惑なだけです。

 何せ、実行しようとしているのは普天間の迷走振りを見てみれば分かるように、考えて喋るという事すら満足に出来ない日本の盧武鉉にして東大卒の63歳児であるルーピーですからね。

 この問題、先頭に立って動くべきは当事者である韓国であり米国であって、日本はそれをバックアップする形で十分です。

 この状況でも尚総理の椅子にしがみ付き続けて辞めないのならば、せめて自分が何故今国民からも世界からも顰蹙を買っているのか位、理解する知能はそろそろ持って欲しいものですが、アレに何かを欠片でも期待するのはそれ自体が間違いってものでしょうねぇ…
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果