徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
05月20日(木)

北の犯行を裏付けるスクリュー 

19日付けの朝鮮日報の記事から

哨戒艦沈没:魚雷の製造番号、字体・刻印が北朝鮮式
2010/05/19 09:00:31
米・豪の専門家らも同意

 韓国政府の関係者は18日、「哨戒艦『天安』が魚雷によって沈没し、その魚雷が北朝鮮製だということを立証する決定的物証を、軍・民合同調査団が集中調査の末に確保した」と語った。

 軍・民合同調査団が最近、天安の沈没していた海底から、完全な形に近い魚雷のスクリュー(推進装置)を引き揚げ、そのスクリューに刻まれている製造番号を判読した結果、その字体と刻印スタイルが北朝鮮のものだということが立証されたという。韓国政府の関係者は、「調査団に参加している米国やオーストラリアなど他国の専門家らも、スクリューの製造番号を分析した結果、天安を沈めた魚雷そのものが北朝鮮製だという事実に同意している。これまでに引き揚げられた幾つもの魚雷の破片や火薬痕に続く、決定的な証拠」と語った。

 韓国政府の別の関係者は、「先週末、二艘引き網の漁船を動員して作業を行ったところ、ほぼ原形のままで泥の中に埋まっていた魚雷のスクリューを発見した。このスクリューは二つ一組で、誰が見ても魚雷のスクリューだと分かるほど」と語った。合同調査団は、このスクリューを、7年前に引き揚げた北朝鮮の訓練用軽魚雷のスクリューと比較、材質が類似していることを確認したという。魚雷の推進装置は、それぞれ反対の向きに回転する二つのスクリューで構成されている。また合同調査団は、コンピューターを用いたシュレーション(模擬実験)の結果、弾頭重量250キロ内外の音響追尾型重魚雷が、天安のガスタービン室のおよそ3メートル下の水中で爆発した可能性が大きい、という暫定的結論を下したという。

 さらに、合同調査団が、天安から検出した火薬成分を分析した結果、7年前に引き揚げた魚雷の推進剤の一部と成分が類似していることを突き止めたことも分かった。

 韓国軍当局は最近、天安爆発当時に脱落したディーゼル機関を海底から引き揚げ、平沢の第2艦隊司令部に移し、火薬成分の検出作業を行っているほか、海底に沈んでいるガスタービンの位置も確認、引き揚げを準備しているという。

朱庸中(チュ・ヨンジュン)記者

ユ・ヨンウォン記者

 何とまぁ、よりにもよって魚雷のスクリューがそっくりそのまま残ってて、しかもそれが引き上げに成功って…

 大勢の兵士が行方不明のままなのに、僅か数十センチの部品が引き上げられるとは何とも。

 それと、日本の新聞では分からなかったのですが、過去に北の訓練用魚雷を入手してたから製造番号などだけでなく、材質などの比較も出来たんですね。

 因みに、反対に回転するスクリューが二つ一組で見つかったから魚雷のだって話、普通の人には分かりにくいと思いますので簡単に説明すると、プロペラとかスクリューとかって、右か左かの一定方向にだけ回りますよね?

 その為、進行時に回転と反対方向へのトルクが掛かるわけです。

 例えば、零戦が左捻り込みを得意とし、零戦を調べた米軍がパイロットに零戦から逃げる際は右旋回をするように言っていたのはこの回転トルク故に生まれた得手不得手からです。

 しかし航空機と違って魚雷の場合は操縦者がいませんので、そのままだと直進せずに弧を描いて逸れてしまいます。

 そこで二重の反転するスクリューを備える事でトルクが同じように両方向に掛かり、打ち消せるわけです。

 無論、発射管と言う制約(飛行機のプロペラのように大型スクリューを備えられない)の中で推進力を増大させる為などの理由もあります。

 実際、潜水艦の水中速力が数ノット(ドイツのワルター機関を使った高速艦でも20ノット程度)が当たり前だった第二次世界大戦時には既に魚雷は40ノットを超えており、日本の九三式魚雷(酸素魚雷)に至っては最大で52ノットも出ました。

 まぁ、魚雷の説明はこの位にして、爆発を直接受けたと言うガスタービン室の部分も既に見つかっていると言うのですから、引き上げて火薬成分の検出作業をすれば北の犯行であるとより確実になるんでしょうね。

 まったく、アメリカもテロ支援国家の認定解除などと早まった真似をしてくれたものです。

 もっとも、どちらかと言うと支援と言うより北朝鮮そのものがテロ国家と言う方がより正確ですがねぇ?
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果