徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
04月07日(水)

海賊の跋扈未だ止まず 

5日付けの毎日jpの記事から

海賊:東アフリカ沖で日本関係船に発砲 航行には支障なし
 東アフリカ・アデン湾の東方沖で5日午後9時ごろ(日本時間)、川崎汽船(東京都港区)のコンテナ船「HAMBURG BRIDGE」(パナマ船籍、9万8747トン)が不審船に襲われ、発砲を受けた。同社と国土交通省によると、乗組員28人は全員フィリピン人でけが人はなく、航行に支障はないという。今年に入って日本関係船舶が海賊とみられる船に襲撃されたのは初めて。

 アデン湾は海賊対策のため海上自衛隊の護衛艦が民間船舶を護衛しているが、現場は護衛海域外。同社は「船脚が速いため」として国交省に護衛申請をしていなかったという。

 同社によると、小型ボートが20ノット超の速度で接近。ジグザグ航行して振り切ろうとしたが、最接近された際に迫撃砲と見られる重火器を発射され、船尾とデッキを1発ずつがかすめた。航行に支障はなく、エジプトに向けて航行中という。【石原聖】
(2010年4月5日21時49分 読売新聞)

 川崎汽船のHPに掲載されたニュースによると…

 場所はアデン湾東方250マイル(約450km)の海上であり、襲ってきたのは高速艇に乗った海賊、損傷は軽微で油の流出や航行への支障等は無く、スピードを上げジグザグに走るなど約45分の回避行動により海賊の襲撃を振り切りって現在はスエズ運河ポートサイド(エジプト)港に向けて航行中との事です。

 10万トン近い船がジグザグの回避行動を取りながら45分で20ノット超で接近する高速艇を振り切ったと言うのですから、川崎汽船が言うとおり結構船脚が速いようで、まずは昨年竣工したばかりのコンテナ船が乗員共々無事で良かったです。

 最近は記事にもあるように日本船に被害が出ていなかった事もあって余り状況が報じられないのですが、この事件の僅か2日前にアフリカ東方のセーシェル沖で海賊にタンカーが襲われており、海賊の活動は治まる気配が無いままのようですね。

 この事件の際には救援に駆けつけた米軍の駆逐艦が海賊を捕縛し、母船を撃沈しているそうなんですが、この際にもタンカーを襲撃した海賊は携行式ロケット弾を発射していたそうで、かなり重火器による武装が当たり前になってきているようですね。

 45分で高速艇を振り切れるような快速なコンテナ船であっても接近され、迫撃砲を撃ち込まれるんですから、脚が速いからなどと言うことだけでは安心すべきではありません。

 幸いにもかすめただけで済んでいますけど、船尾に命中していれば浸水や舵、スクリューなどの損傷によって脚が鈍ったり止まったりして捕まっていた可能性もあるんですし。

 やはり米軍のように海賊そのものの捕縛や、活動の脚となる海賊船の撃沈などを行って元を断たねば何時までもイタチゴッコが続くんでしょうね…

 川崎汽船HP『コンテナ船“HAMBURG BRIDGE”海賊による襲撃の件』
 http://www.kline.co.jp/news/2010/100406.htm

 MSN産経ニュース『米駆逐艦が海賊船撃沈 インド洋』
 http://sankei.jp.msn.com/world/america/
100403/amr1004031319001-n1.htm
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果