徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
03月09日(火)

だから、おかしいのは朝日の頭だと… 

8日付けのasahi.comの記事から

朝鮮学校-除外はやはりおかしい
2010年3月8日(月)付
 高校無償化法案の審議が国会で始まった。対象に朝鮮学校の生徒を含めるかどうかについて、川端達夫文部科学相は「排除の立場では検討していない」と述べ、北朝鮮との外交上の問題は判断基準にはしないとした。

 発端は中井洽・拉致問題担当相が、北朝鮮制裁を理由に除外を提起したことだった。鳩山由紀夫首相も先月末、「国交のない国だから、教科内容を調べようがない」と語った。

 だが朝鮮学校の教育の大半は日本の学校に準じており、内容も公開されている。「調べようがない学校」ではない。先週は、衆院文科委員会の約20人が東京朝鮮高級学校を視察した。

 朝鮮学校が北朝鮮とつながりがあることは事実だ。北からの援助金に運営の一部を支えられる。高校の教室には金日成、正日父子の肖像画があり、修学旅行は中国経由で平壌に出かける。独裁体制維持の手段である主体(チュチェ)思想も朝鮮史などの授業で触れられる。

 そうであっても、朝鮮学校で学ぶ生徒への支援の問題と、北朝鮮の異様な体制への対応を同一線上でとらえるのは、やはりおかしい。

 子どもの学ぶ権利は、基本的に差別なく保障されるべきだ。核開発や拉致問題で制裁を続けていることを理由に朝鮮学校を支援から外すことは、そうした問題とは関係のない子どもたちにも、制裁を加えることになる。それはあまりにも不当なことだ。

 日本の朝鮮半島併合から100年。日本で暮らすコリアンが植民地支配以来の歴史を背負わされた存在だということも、忘れてはならない。

 第2次大戦後も日本に残った人は、その後の祖国の分断という状況に苦悩した。北を支持する人、南を支持する人、どちらにも距離を置く人。差別に囲まれ本名すら名乗りづらい日本社会の中で、北朝鮮政府に支援された朝鮮学校が、在日朝鮮人社会のひとつのよりどころになってきた。

 現在は、朝鮮学校生の半数程度が韓国籍だ。父母の姿勢も北朝鮮の支持者から反発する人まで様々である。それでも、民族の文化や言葉を大事にしたいという気持ちは共通している。

 この問題は、あくまで子どもに必要な学びの保障という観点から判断すべきだ。拉致や核と学校とをことさら結びつけるような発言に、子どもたちは動揺し、傷つく。政治家は想像力を働かせてほしい。

 大阪府の橋下徹知事は「北朝鮮という国は暴力団と一緒。暴力団とお付き合いのある学校に助成がいくのがいいのか」と、疑問を呈した。

 だが、今冬の全国高校ラグビー大会で、大阪代表として4強入りを果たしたのは、大阪朝鮮高級学校だった。地域に深く根を下ろした学校の子どもたちを、差別する理由はない。

 今日も北に金をばら撒きたいと、頭の悪い筋違いの論理をダラダラと書き連ねていますが、北の(金で)、北(の出先機関支配)による(教育実施の)、北の(思想根付かせる)為の学校に、日本政府が金を出してやる理由とは何ぞやと。

 で、朝日が出した見解を一言で述べるなら、日本にいるから、と言う実に馬鹿げた下らぬものです。

 何せ記事を見れば分かるように、普段なら必ず持ち出すアンケート結果や法律論が何処にも無い事からも、朝日の寄るすべが他に何にも無い事が分かりますし、一方で何時もの出鱈目矛盾論は掲載しているのですから、本当にバカでも出来る仕事ですよねぇ、朝日の記者って。

 「朝鮮学校で学ぶ生徒への支援の問題と、北朝鮮の異様な体制への対応を同一線上でとらえるのは、やはりおかしい」

 記事にあるこの文、つまりは教育の問題と政治・外交の問題は切り離して考えろと言っているわけですが、そも、朝日自身が最初に述べているように朝鮮学校は金銭面でも教育方針面でも北の体制と非常に密接に繋がっているのに、それを別個のものとして捉えろという

 更には同一に扱うなと言いながら、直後に「日本の朝鮮半島併合から100年。日本で暮らすコリアンが植民地支配以来の歴史を背負わされた存在だということも、忘れてはならない」と、歴史問題という政治を自らは持ち出して教育支援してやれよと論理矛盾を平気で述べる

 「第2次大戦後も日本に残った人は、その後の祖国の分断という状況に苦悩した」なんてのは朝鮮人自身の問題(朝日がここで強制連行が云々とハッキリ言えなくなっている事からもそれは明白です)であって、日本人が勘案して特権を加味してやらねばならぬ理由には何らなり得ませんし、「差別に囲まれ本名すら名乗りづらい日本社会」とやらにしたってその通名というのは犯罪やそれがばれた時の実名を隠す事に使えるむしろ在日だけの特権だろうがと

 日本の敗戦後に戦勝国を名乗って暴力三昧に明け暮れ、バカ高い犯罪率を今尚維持する在日、ましてやその祖国はどちらも日本の領土を奪ったり国民を拉致する犯罪国家とくれば民族として忌避されたり、嫌悪を情を抱かれるのは至極当然ですが、具体的に彼らが自らのこのような現状を変える為に何をしたでしょう?

 特定政党と姑息な連携を取って政治介入したり、権利だけを主張するデモ活動をして迷惑を掛けたり、余計に日本人から嫌われるような真似ばかりを散々しておいて差別だ、本名を名乗れないだも無いものですし、第一犯罪を犯しても自社の社員と朝鮮人については本名を隠匿する逆差別大好きな新聞社が日本社会は差別があるだのとかって、どんなブラックジョークだよと思いませんか?

 因みに、「朝鮮学校生の半数程度が韓国籍」と言うのも印象操作で、凡そ北が5割、韓国籍は4割、残りは日本人などだそうで、朝日はわざとこういう書き方をすることで北じゃなく、韓国の人の為にやるべきなんだよと意識を摩り替えようとしているわけですね。

 「あくまで子どもに必要な学びの保障という観点から判断すべきだ」とも述べていますが、そもそも北から金を貰い、更には地方自治体からも金を貰いやっている、各種学校に対して、政府までが金を出してやらねば保障されない学びとは何だと言うのですかねぇ?

 例えば朝日が話題に出した大阪府の場合、日朝友好を唱える朝日と同じ思想を持った『サロン吉山田』というHPによれば外国人学校に約2.16億円も年に支出しているそうで、一人当たりに換算すると7.7万円もの補助金が府として出されていますし、更には大阪市としても別途に補助金があるのですが、この上更に国民の税金を投じ、核を拡散し、日本人を拉致するような独裁者による先軍政治正しい事だとマインドコントロールされる子どもを育ててやる必要が一体何処にあるというのか?

 サロン吉山田のHPで書かれる主張の陳腐さは別として、95年から02年までの間に大阪は助成金対象学校が2校減っているのに、額は5000万円もの増加ですから、これで北、府、市、そして日本国と4重で金を出すのが正しい事なのかと。

 そもそも朝鮮学校の生徒数は減少の一途なのに金だけ次々積み増すってねぇ?

 もしも子どもの教育を本気で朝日が考えて言っているのならばまずは、そのような教育システムを行っている朝鮮学校を非難して状況を改善させるか、或いは朝鮮人の子どもを朝鮮学校などではなくマトモな学校に通うようにさせるべきだと思いませんか?

 少なくとも民主党は、日本人と同じ学校に通っているのであれば北の人間だろうと金を払うのを躊躇しませんし、反対論も北という国家に問題があるから、それの下部組織である朝鮮学校に出すのは…という理由なんですから

 しかしそういった事はしないで、マインドコントロールをして子どもの成育を歪めているところと理解しながら朝鮮学校に金を出してそんな狂った教育を続けさせろと主張しているわけですから、朝日の本音が見て取れますよね

 目論みは日本の破壊であり、その為ならどのように卑劣な手段でも用いると。

 まったく、この犯罪結社は本当に質が悪いですね。

 サロン吉山田『都道府県・政令都市の外国人学校に対する教育費助成 2002(平成14年)度』
 http://www5d.biglobe.ne.jp/
~mingakko/zyoseikin02.html
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果