徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
02月22日(月)

いい加減に自らを仕分けろ 

21日付けのMSN産経ニュースの記事から

事業仕分け第2弾「議員は倍に」野田副大臣
 野田佳彦財務副大臣は21日放送されたフジテレビの報道番組で、政府が今春に行う予定の「事業仕分け」第2弾に参加する国会議員の数について、「前回は少な過ぎたような気がする。倍くらいは必要だと思う」と語り、15人程度が参加することが望ましいとの見方を示した。

 昨年秋の事業仕分けではいったん、32人の国会議員を「仕分け人」にすることが決まったが、人選をめぐって民主党側との調整がつかず、最終的に8人に減った経緯がある。野田氏は「ある人が現場に行き、別の人が議論する(という役割分担をした)方がいい」と語った。

 古川元久内閣府副大臣は同じ番組で、今春の事業仕分けについて「事業の数は減ると思うが、もう少し深く入る」と述べ、対象を戦略的に絞り込んで議論を深める考えを強調した。
(2010年2月21日17時59分 読売新聞)

 「世界一を目指す理由は何か。2位ではダメなのですか」

 昨年世間を騒がせた、とある「政治家として非常に勉強家」と噂の民主党議員が事業仕分けと言う名の人民裁判で吐いた暴言です。

 国民や専門家から大顰蹙を買ったわけですが、この暴言に対して本人は責任を取るどころか謝罪一つせず、論点をずらした言い訳でお茶を濁しただけでした。

 このようなロクデナシが倍に増えたところで、人民裁判である事に変化があるわけがありません。

 むしろ思慮も良識も足りないバカな素人議員があれこれ口を出し、より出鱈目な結果を招くだけでしょうね。

 そんなに仕分けがしたいんだったら、まずは自分達無能者の人数や給与の削減と言う仕分けをしろよと

 結局支持母体へも手を出せずですし、自分達はたった1日椅子に踏ん反り返っていただけで法外な給与をせしめて平然としているし、本当に役立たずの給料泥棒ですよね。

 挙句はこの財政逼迫の折に幾つもばら撒きを断行して経済破綻への坂道を転げ落ちさせているし、郵政の再国営化とも言うべき暴虐な法案を実行して国民の負担を更に肥大化させようとしていますし。

 民営化による分化とスリム化を目指していたのに、それを再統合し、国が支配した上で事業を拡大、それによって生じる損失は税金で賄うというのですから、もはや現与党はこの国を一日でも早く破滅させようと画策しているとしか思えません。

 そもそも事業仕分け自体やったところでその結果が実行されるわけでもなし、税金と時間、手間を投じてそこにどれ程の価値があると言うのか?

 こんな事に人が必死に汗水垂らして稼いだ金を浪費されるんですから、バカらしくて堪りませんね。

 MSN産経ニュース『【日曜経済講座】論説委員・岩崎慶市 「公社」よりひどい郵政見直し案』
 http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100221/plc1002210731002-n1.htm
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果