徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
02月19日(金)

もう3ヶ月しかないのに不協和音を奏でる与党 

18日付けのMSN産経ニュースの記事から

「社民と協議したくない」 普天間移設で国民新・下地氏
2010.2.18 17:47
 国民新党の下地幹郎政調会長は18日、米軍普天間飛行場の移設問題で、同党独自の2案を、社民党の重野安正幹事長が批判したことについて「不愉快だ。社民党と基地問題の協議をしないという気持ちにもなりかねない」と語った。

 下地氏は、米軍嘉手納基地に統合するか、キャンプ・シュワブ陸上部に滑走路を建設する国民新党案について「沖縄県民に新たな民有地の提供を求める必要もなく、県民のためにも日米安保のためにもなる案だ」と強調した。

 北沢俊美防衛相と基地問題について協議後、防衛省内で記者団に語った。

 国民新党の独自案ってなってますけど、民主党がいざと言う時の保険として国民新党案として出してくれと要請したなんて話もあり、真相がハッキリしませんが、まぁ、現状の移設するけど、それまでの自公案は蹴るという事を前提とした話の中で考えると、陸上案などは一番現実的なものと言えるんじゃないでしょうか?

 それだけに夢想としか言いようの無い非現実的な案をただ党利党略で並べただけの社民党に非難されれば、このように両党間で大きなヒビが入るってものでしょう。

 何せ党首が「なぜ沖縄の中でたらいまわしをするのか」と罵倒すれば、幹事長が呼応して「果たしてそれが沖縄県民の思いと叫びに応える方策か。いかがなものかと言わざるを得ない」と嘲るんですもの。

 しかも、それでいて社民党が掲げている案なんてマリアナ諸島への移設や、短期間だけの九州移設と言う、金は掛かるわ、誰も納得しないわな文字通りの妄想レベルのモノばかりですものね。

 逆に、九州が同意していない移設案を勝手に掲示するのはいかがなものかと言わざるを得ないってものじゃないのかと、内心言いたくなってるかもしれませんね。

 元より国防なんて概念を持たず、過去には大震災発生を大げさだと笑い飛ばして後手にまわり、大勢の国民を死傷させておきながら初めてのことだから仕方ないんだと平然とのたまったのも、あの政党出身の総理大臣でしたし、後にその責任を自衛隊に転嫁させて罵倒をし、逆に非難の雨を浴びた愚か者もあの政党の議員でしたから、そんな連中に現実を見ながら安保の話し合いをしましょうなんて求めたってそりゃ無理ってモノでしょう。

 さてさて、5月末までで、かつ、自分があそこがいい、ここがいいと直接選定するわけではなく、3党の合意で新しい場所を決めますと強調してきた黒鳩はこの事態にどう対処するのでしょうかねぇ?
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果