徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
02月03日(水)

バカより質の悪い連中 

3日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

国交省、無料化実験の高速道37路線を発表
 国土交通省は2日、6月から全国の高速道路37路線の50区間、計1626キロで無料化の社会実験を開始すると発表した。

 首都高速と阪神高速を除く全路線の18%に相当する規模で、全車種を対象に、時間帯や曜日に関係なく自由に通行できるようにする。

 無料化されるのは地方の高速道路が中心で、首都高や阪神高速など、3大都市圏内や札幌、仙台、広島、福岡の各都市圏内と、これらを相互に結ぶ路線など、利用者が多い路線は、混雑を招くとして除外された。実験に伴い、2010年度は1000億円の国費が、高速道路会社の収入を穴埋めするために予算措置される。

 一方、昨年3月に始まった地方の高速道路全体を対象とした「上限1000円」の割引制度は廃止する方針だ。新たに乗用車を上限2000円、トラックを同5000円などとする、走行距離に関係ない料金制度を、無料化対象外の路線で実施する方向だが、割引条件などは検討中だ。

 民主党は、昨年の衆院選で掲げたマニフェスト(政権公約)で「高速道路の原則無料化」を盛り込んでおり、社会実験は、11年度からの本格的な無料化実施に向け、経済効果や渋滞の影響などを調べるのが目的。
(2010年2月3日02時17分 読売新聞)

 出来る訳の無い大風呂敷を広げられるだけ広げた民主党、そして愚かにも自らの頭でそんな簡単な事実すら考える事も無く飛びついた衆愚。

 その結果が、この偽装工作です。

 子ども手当てを1人につき2万6000円あげますとの主張は、半額だけの実施であり、しかも現行の保障制度に噛ませる形で実はちっとも増えていないし、来年以降の完全実施の可能性も未定。

 普天間を県外、それも国外に移転させますとの主張は、ゼロベースなので県内も有り得るし、最悪普天間のままも有り得ると言う意味不明な話に拗れきっています。

 暫定税率の廃止にしても、廃止する代わりに別の税を作るという完全な偽装。

 政治とカネの問題は、クリーンを謳っていた党代表を始め、幹事長や文科大臣など、次々と汚職が不正や疑惑が判明し、遂には党の議員に逮捕者まで出しながら、自浄作用は一切働かず。


 そして、高速道路の無料化も蓋を開けてみれば誰も使わないような田舎道ばかり、それも北九州などのように細切れに行い、主要な幹線路は逆に1000円の割引制度は廃止して、実質の値上げですからね。

 見てみると分かるように、関東では東水戸や八王子、新湘南、西湘など、まさに地元の人間でもなきゃ誰も使わないようなところだけであり、間違いなく高速の利用者は大幅に減ります。

 往復2000円だったものが片道で下手をすればそれ以上どころか、何倍も取られるような状況になっても今までどおり使いたいなんて、どれだけの人が思うでしょうか?

 それもこのデフレで、二番底がどうのと騒いでいるこの時代に。

 一応言い訳のように代替案として乗用車が2000円だの、トラックが5000円だのと言う話を検討していますよとまたもや曖昧模糊とした態度を見せていますが、近距離移動でも適用されるとなると大損なんですけどね?

 東名を使っても2000円あれば、確か50~60km位の距離は余裕で走れた気がしますよ。

 それに、これが実施された場合、東北や九州のような無料化が細切れに実施される地域はどうなるんでしょうかねぇ?

 まさか、区間走るのに2000円払って、無料の僅かな区間を過ぎたらもう一度2000円支払うとか?

 無能集団ってのは本当に空恐ろしい。

 「バカの考え休むに似たり」どころか、逆にこの国の文化や歴史、経済を破壊する方法を思いついて、それを平気で次々実行に移そうって言うんですから。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果