徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
01月31日(日)

引退勧告ではなく、永久追放を 

29日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

姿見せない朝青龍、師匠の高砂親方の報告なし
 朝青龍が知人男性にけがを負わせた問題で、日本相撲協会の武蔵川理事長(元横綱三重ノ海)は29日、師匠の高砂親方(元大関朝潮)から報告がなく、進展がないことを明かした。

 朝青龍は25日に理事長に厳重注意を受けてから公の場に姿を見せていない。30、31日の両日は、両国国技館で元幕内皇司と元幕内潮丸の引退相撲が行われるが、横綱が予定通り出席するかどうか、注目されている。
(2010年1月29日22時39分 読売新聞)

 いやはや、産経が第一報を報じた時からこの件は追っていましたが、21日に産経が最初に報じた際、朝青龍は「ないない、いつものこと」事件を否定し、デマであるとの態度を示していました

 しかし、翌日の産経の報道では追記があり、麻布署への取材で「トラブルがあったのは事実。被害届は出ていないので、捜査はしていない」との説明を受けた事を報じており、故に敢えてその段階では情報の増加を待ってエントリを書かずにいました。

 そして時間が経つにつれ、段々と事件が報じられるようになって来ると数々のデマが明らかになりました。

 事件自体を無いとマスメディアには言っておきながら、日本相撲協会に対しては事件があった事を認め、「被害者は個人マネージャー」であり、既に示談で解決済みと説明していましたが、実はそれもデマで、実際には相手はクラブの男性であり、殴って鼻骨骨折に頭部打撲の重傷を負わせた上に「川へ行け。殺してやる!」とまで恫喝しており、被害者は車を飛び降りて警察に助けを求めてたと。

 そしてその後、朝青龍側から謝罪すら無かったとの事で、警察に被害相談をしており、場合によっては今後それが被害届けとして出され、刑事事件に発展する可能性があると。

 朝青龍自身が横綱の地位に相応しくないロクデナシである事は前々から明々白々であり、こんなのを人気維持の為に横綱にし、今尚その地位に就け続けている相撲協会そのものもロクデナシですし、これだけ幾つも問題を起こしておきながら全く管理・指導が出来ず、それどころかロクデナシを庇って一緒に嘘をつく親方もまた救いようの無いロクデナシですね。

 28日の理事会で報告をさせた時も25日に言った「示談済み」との発言を「示談書を見たのか」と問われて「見ていない。それに向けて一生懸命やっている」と嘘をついていた事を認め、挙句は29日には報告そのものをしない

 肝心の朝青龍本人は28、29日と雲隠れ

 結局、相撲協会が自分達の保身第一で朝青龍に甘い態度を繰り返し取ってきたが為に、ここまで前代未聞の大騒動に発展させてしまったわけです。

 反省すべきは当人以上に、相撲協会そのものです。

 正直、国技の看板はもうこんな自らも律せぬ堕落しきったモノに与える価値は無いと思いますよ。

 MSN産経ニュース『【大相撲】朝青龍、単独首位も私生活でまた「お騒がせ」』
 http://sankei.jp.msn.com/sports/martialarts/
100121/mrt1001212021007-n1.htm

 同『【大相撲】朝青、知人殴って警察沙汰!騒動否定も品格問う声』
 http://sankei.jp.msn.com/sports/martialarts/
100122/mrt1001220623000-n1.htm

 同『被害者はマネージャーではなかった 虚偽報告も発覚 「朝青龍に殴られた」知人が警視庁に被害相談』
 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/
100128/crm1001280815006-n1.htm

 同『【大相撲】朝青龍暴行問題、示談もうそ…被害男性「絶対許さない」』
 http://sankei.jp.msn.com/sports/martialarts/
100129/mrt1001290605000-n1.htm
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果