徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
01月29日(金)

中身の無い玉虫色の発言ばかり 

28日付けのasahi.comの記事から

鳩山首相「普天間には戻さない」 移転問題で答弁
2010年1月28日14時8分
 鳩山由紀夫首相は28日の参院予算委員会で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について、「覚悟を持って5月末までに(移設先を)決める。(普天間に)戻ることはしない決意だ」と述べ、必ず移設先を決め、普天間の継続使用を容認することはないとの考えを示した。

 自民党の山本一太参院議員の質問に答えた。5月末までに移設先を決められなかった場合の責任の取り方は「そのとき考える話だ。もしできなかったらということは毛頭考えてない。必ず5月末までに結論を出す覚悟を持って臨むということに尽きる。米国にも沖縄県民にも理解される結論を必ず出す。それが私にとってすべてだ」と語った。

 日米合意に基づく沖縄県名護市辺野古への移設は、24日の名護市長選で移設に反対する候補が当選し、辺野古移設は極めて困難な情勢だ。有力な候補地は見つかっておらず、普天間の継続使用を容認する案も浮上している。

 流石は民主党クオリティで、玉虫色の返事を四方に繰り返すけど、失敗した場合の責任の取り方なんて考えない

 ま、元より無責任で鳴らしたこの連中が責任なんてものを取った例(ためし)はありゃしないんですがね。

 この普天間の問題、民意が大事だのと吹聴して市長選の後だと、同盟国の大統領に「トラストミー」とまで言った言葉を翻し、年内決着を見送りましたが、新市長に自らが推薦した反対派が当選するや、今度は官房長官がこの結果を「斟酌しない」とのたまい、黒鳩自身も「ゼロベースだ」と喚きだし、では一体何の為に反対派を送り込んで、選挙結果が出るのを待ったのかと誰もが呆れましたよね?

 しかも出てくる代替案はどれも代替になどなり得ぬ妄想染みたものばかりだし、それでいて今度は5月末までに普天間は無しにして、でも誰にも理解をされる結論を必ず出す??

 当然ながら沖縄はこれまで自分達の主張を丸呑みにしてきた民主党が、県外・国外移転以外の結論を出す事など容認するわけがありませんし、一方の米国が沖縄以外への移転を容認するわけがありません

 無論、他県への移転を出したところで今まで話の出たところのように何処も皆拒否するでしょう。

 アイツらの意見は聞くのに、俺の意見は無視かよと猛反発が起きるのは想像に難くありませんし、ましてやそこで官房長官が言うような法を盾にした強攻策を打ち出せば、理解されての移転など論外です。

 それにしてもまぁ、ホント、やることなすこと出鱈目ですよねぇ。

 外国人に参政権を付与した場合、今後はこういう問題に特定国の思惑が絡む可能性があるのですが、この対応を見てるともしかして民主党は独裁なので民意に影響されず、関係ないので問題無いって考えなのかとすら思えてきますよ。

 民意、民意と二言目には騒いでいたくせに、地方議会から付与に反対する決議や声明が相次ぐや、そんなものは知らないし、地方への参政権付与なのに地方の主権に影響ないから意見を聞く必要は無いとか言い出すし、いや~独裁政治って本当に恐ろしいですよねぇ?

 実際、市川市議会では先日、地方参政権付与に反対する意見書の採択決議が民潭の介入及び圧力によって妨害されると言う事態が起きており、既に外国人による政治への不当な介入で地方政治が歪められています。

 民主党政権下で、この国の民主主義は崩壊へと向かっています。

 自民党から自由を取ったのが(或いは、自由の無いのが)民主党との話、もはや駄洒落では済まなくなって来ていますね。

 MSN産経ニュース『「地方の意見は関係ない」 官房長官が外国人参政権問題で』
 http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/
100127/plc1001271901014-n1.htm

 民潭HP『永住外国人への地方参政権付与「憲法違反」は誤り』
 http://www.mindan.org/sibu/sibu_view.php?
newsid=12311&page=2&subpage=3118&sselect=&skey=
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果