徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
12月27日(日)

自らこそ国策捜査との非難を浴びるべき 

27日付けのMSN産経ニュースの記事から

鳩山首相「6億円を納税」 実母からの資金提供で
2009.12.27 12:01
 鳩山由紀夫首相は27日午前、自身の資金管理団体の偽装献金事件で、実母から多額の資金提供を受けていたことを受け、約6億円の贈与税を納税したと明らかにした。官邸前で記者団の質問に答えた。

 同時に「(25日に)手続きした。修正ではなく申告して納税した」と述べた。納税額は6億円かと問われ「だいたいそのくらいだ」と答えた。

 関係者によると、鳩山首相側は25日午後、納税地を所管する室蘭税務署に申告書を送付。2002年からの7年間で約12億円の贈与を受けたとして、延滞税などを除く本税分の約6億円を納める手続きを取ったという。

 控除期間の問題で納税義務が発生するのは過去5年分とかって話でしたが、それはどうなったんでしょうかね?

 また、実際には7年以上前から偽装献金が行われていた事も判明しています(秘書の弁として偽装は父親の代からやっていた事が明らかになっています)が、そちらにはこの脱税は絡んでいないのでしょうか?

 もしあれば、それはもはや時効だからと踏み倒したと言う事ですよね?

 それに私腹を肥やす為ではないから辞任はしないと弁明を黒鳩はしていましたが、この事件、もし表ざたにならなければ6億円は申告されること無く丸々黒鳩の懐に納まり消えていたわけですし(上記の問題が絡んでいれば既に相当額を違法に懐に納めてもいるはずですね)、到底信じられると思える人間性だとは言えません。

 また、読売の報道によると新党さきがけ時代の黒鳩は政党関係者の話として「政治資金パーティーの際、何人が来たのかはもちろん、誰が何枚のパーティー券を買ってくれたのかなど、細かいところまで聞く。政治活動の支出についても同様だった」と報じており、それが民主党結成後突然、金銭感覚が正反対の人間に転向してしまい、現在に至ったなんてのも余りにも胡散臭いですよねぇ?

 何よりそこまで徹底した金の管理をやっていたと言うのなら、今度は先に記したように当選した当時より秘書が行っていた偽装を何で気付かなかったのかと言う話も出てきますし、実際、金の出し入れに関して黒鳩自身がサインをしているものなどもあるのに、丸っきり与り知らず、偽装に関わっていませんでしたから不起訴処分ですという検察の対応。

 これこそ現職総理大臣を庇う為の国策捜査じゃないのかと、批判の声が上がって然るべきではないのか

 小沢の違法な献金や不動産売買への遅々として進まぬ手ぬるい対応(水谷の幹部は既に裁判が結審しているのに未だこっちは始まってすらいません)といい、これでは本当に一般人に対応するのと同じように違法行為への取り締まりを本気でやっているのかと疑念を抱かざるを得ません。

 脱税をやった政治家本人が、バレて、違法だと認定されてから支払えばそれで終わり、何の咎も他には負わない…そりゃ国民から「まともに税金を支払うのがバカらしい」と言う声が噴出するのは当たり前じゃありませんか……

 MSN産経ニュース『「威一郎氏の代から」虚偽献金 鳩山首相元秘書』
 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/
091018/crm0910180140003-n1.htm
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果