徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
12月12日(土)

天皇陛下に対してすら権力を振りかざしての政治利用 

12日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

中国副主席との陛下会見、小沢氏訪中のお返し?
 鳩山首相が、天皇陛下と中国の習近平国家副主席との会見実現を指示していたことについて、福山哲郎外務副大臣は12日朝のTBS番組で「中国側から本当に強い要請があった。日中関係は、これからの日本外交の中でも重要だという判断で、お願いをしたというのが実態だ」と述べた。

 社民党党首の福島消費者相は同番組で、陛下と外国要人との会見は1か月前までに申請を受け付けるという政府内の慣行は「知らなかった」とした上で、「会見することは決まったので、いい結果になるようにと思う」と語った。

 これに対し、公明党の高木陽介幹事長代理は同番組で「日中関係は大切だが、国の大小にかかわらず(扱いに差をつけない)というルールだから、守るべきだった。小沢幹事長が中国に行って胡錦濤主席と会った。お返しなのかなという、うがった見方をする流れも出てくる」と批判した。
(2009年12月12日11時51分 読売新聞)

 自らは天皇という存在を政治利用する事さえも正当化出来る…奢りきった民主党ならではの暴挙ですね。

 常人などよりずっと忙しい公務(例えば、宮内庁HPで先月11月の『天皇皇后両陛下のご日程』を見ると、記載の無い日は8日しかない)を70を超えたご高齢で今尚続けられる天皇陛下を、俺達民主党が中国様に阿る為に必要なんだから動けよと言う態度だけでも十二分に傲岸不遜な不敬行為だと言うのに、それを都合もルールも何もかもを無視して押し付けるなど、何処まで民主党は腐っているのか?

 そもそも各国家との対等な付き合いを主張しながら、米国には約束さえ守らぬ不誠実な対応を繰り返しておいて、その裏で中国や韓国には媚び諂って厚遇した特別な配慮、ですもんねぇ?

 宮内庁がルールを説明して拒否しても執拗に粘着し、最後には総理の命令だからと立場を利用して強要したと言うのですから、口から出る言葉とは裏腹に、連中が天皇の政治利用を平然とやり、更には差別主義に根ざした外交政策を推進している事が良く分かります

 外相による陛下のお言葉騒動が少し前にあったばかりだと言うのにこういう事を平気でやってのける、独裁者ならではの傲慢な思考回路です。

 天皇陛下といえば、近年癌を患うなど体調が思わしく無い事から公務を減らしているはずなのに、それでも一般人より多忙な日程を消化し続けているところだと言うのに、政治利用をしようと黒鳩らが触手を伸ばしてきたのですから、実に言語道断な話です。

 しかもお役所仕事の杓子定規だからダメなんだ、俺の言う事を聞けなどとほざく黒鳩のバカっぷりは論外ですよ。

 諸外国との親善の為と言いながら、そこへ差別を求める事が諸外国との親善として正しい事かすら判断できる知能が無いのですから、この鳥頭はつくづく国益を著しく損なう害悪な寄生虫の如き存在ですね。

 宮内庁HP『天皇皇后両陛下のご日程』
 http://www.kunaicho.go.jp/activity/
gonittei/01/gonittei01.html

 (2009年12月13日 15:53 一部文章修正)
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果