徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
11月26日(木)

自分達は特別だから、責任の取り方も他人と違って良いと? 

25日付けのMSN産経ニュースの記事から

首相偽装献金「責任は国民の期待に応えた政治することで果たす」 官房長官
2009.11.25 12:28
 平野博文官房長官は25日午前の記者会見で、鳩山由紀夫首相の資金管理団体の偽装献金問題をめぐり、首相の実母が団体に資金を提供していたとの一部報道について「報道は承知しているが、検察が捜査中で、捜査への協力を前提に見守っているという立場と理解している」と述べるにとどめた。

 平野氏は、秘書が刑事責任を問われて政治家が辞職したケースもあるとの指摘に対し、「政治資金の問題は問題として、首相はおわびした。(首相は)首相としての責任ある対応とは国民の期待に応える政治をすることだと発言しており、わたしもその通りと認識している」と述べ、政治問題には発展しないとの考えを示した。

 自分達は特別。

 黒鳩ら民主党の独裁者に根ざす腐った思想ですね。

 自公政権時代、あれだけ与党及びその所属政治家の責任追及に躍起となり、責任の取り方として辞任を要求していた連中のこれが今の姿なのですから。

 安倍元総理らに対しては任命責任があるとして大臣だけでなく首相の辞任も要求していたというのに、自分達の時には政治を行うことが責任の取り方だ、つまりは今のまま好き勝手やることが正しいから過去の自分の発言は、自分達には適用されないのだとほざいているわけです。

 秘書の逮捕前から辞めろと他人には言ってきたが、自分はどれだけ不正・不法行為を重ねてきた事が暴露されようとも辞める必要など微塵も無いと。

 もっとも、その言っていた相手を(現在も公判中だというのに)今は仲間だと要職につけて平然としてますしね。

 万事、二枚舌である連中にとってはもはやこれまでの犯罪歴が披瀝される程度、権力を握った今となってはどうでもいい事なのでしょう

 都合が悪いから国会を早々に打ち切り、党首討論から逃げ回り、平然と数の暴力と自ら嫌悪していた強行採決を振りかざしと勝手三昧ですから。

 法律を無視する法相、外務を蔑ろにする外相、国民の声を無視する国交相、天下りに躍起な金融相などなど、閣僚もエゴイスティックに振舞うし、同じ事を問うと皆バラバラの答えを返してきて組織としての有機的機能もしていない。

 例えば25日の話題では、配備が急がれるPAC3について亀井が賛意を示す一方、福島は反対を示し、また、亀井は子ども手当ての所得制限を要求していますが、民主党の側は揃って反対といった具合ですね。

 第一、黒鳩の不正は今も連日のように新たなものが明らかになっています。

 25日には母や姉からの献金を別の政治団体が隠蔽していた事実が明らかになっており、脱税の為に組織だった大掛かりな不正を行ってきていた事はもはや間違いないでしょう。

 一件の、それも明らかになっていない疑惑レベルの問題であっても、辞めろと他人に要求してきた輩が自分はこれだけ不正をしていた事が明らかになっても踏ん反り返っているんですから、黒いなんてものじゃありませんね。

 ま、ヤクザと違法賭博をやり、何人もの不倫相手を囲っていたバカを議員にさせた上にそれらが明らかになっても処分一つしなかった連中ですから、そのトップの悪事なんて幾らあったって無いのと一緒なのでしょうね、何せ独裁政党ですから。

 しかし、その独裁政治による被害は既にデフレと言う形で明確に出てきています。

 麻生政権がリーマンショックから必死で建て直し、9月には1万円台を再び超えるまでに回復していた株価は黒鳩によるこの2ヶ月の出鱈目政治によってまたも下落に転じており、既に600円以上も落ち込んでいるというのです。

 株価がただ高ければそれでいいとは言いませんが、回復傾向にあったものがこの短期間で急激に落ち込んでいるという点は非常に問題です。

 国民の生活が第一と言いながら実際には経済を逼塞させ、税や国債という負担を増加させるばかりの黒鳩政権、そろそろ国民は目を覚まして現実を見据えるべき時じゃないんですかねぇ?
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果