徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
11月19日(木)

無価値な訪日と軽薄な黒鳩 

18日付けのNIKKEI NETの記事から

首相への信頼感を失わせる発言の軽さ
(11/18)
 鳩山由紀夫首相の発言の軽さが目立つ。とくに沖縄の米軍普天間基地の移設問題をめぐる発言のぶれは重大で、日米関係に大きな影を落としている。この状態を放置すれば、国内外で首相への信頼感が失われかねない。首相は事態の深刻さを直視し、襟を正すときである。

 首相とオバマ米大統領は13日の首脳会談で、普天間基地移設問題の早期解決に努力することで一致。閣僚級の作業グループを設けることになった。首相は記者会見で、これまでの日米合意を重く受け止めていると大統領に伝えたことを明らかにし「時間がたてばより問題の解決が難しいと理解している」と述べた。

 翌14日に東京で演説したオバマ大統領は「沖縄の米軍再編で両国政府が達した合意を履行すべく合同の作業グループを通じて迅速に行動することで合意した」と語った。

 しかし首相は大統領の演説の後に、外遊先のシンガポールで、2006年に日米間で合意したキャンプ・シュワブ沿岸部(沖縄県名護市)に移設する現行計画を前提にしない考えを表明した。結論を出す時期に関しても「(来年1月の)名護市長選の結果に従って方向性を見定めることだってある」と指摘した。

 普天間基地の県外移設という民主党の従来の主張に縛られ、結論を先送りしたいという首相の思いがにじむ発言だが、首脳会談からたった1日で大統領の認識との食い違いを自ら明かした形だ。日本政府関係者も驚きを隠せないひょう変ぶりで、その後も発言のたびにニュアンスが変わる。米側は当然、不信感を強める。

 首相と岡田克也外相との発言のずれも見過ごせない。外相は16日に日米合意について「ある程度前提にせざるを得ない」と表明した。結論を出す時期についても外相や北沢俊美防衛相は繰り返し、年内に解決すべきだとの考えを示している。

 日米の作業グループは17日に初会合を開いたものの、閣内がばらばらの状態で成果が出るはずがない。時間がたてば解決が難しくなるのは首相が指摘した通りだ。首相は自ら方針を示し、基地移設の実現に向けて閣内をまとめる重い責任を負う。

 首相の言葉遣いはていねいだが、真剣さが伝わってこないことがままある。「恵まれた家庭に育ったものだから、自身の資産管理が極めてずさんだった」。株などの記載漏れで資産報告書を訂正した際の釈明はその典型だろう。指導者の言葉は取り消すことができない意の「綸言(りんげん)汗のごとし」という格言を首相にかみしめてもらいたい。

 この黒鳩が二枚舌を平然と使う卑劣漢である事は、民主党の幹事長時代を思い起こしてみても簡単に分かります。

 小沢の不正に関する擁護の為に口にした暴言の数々とそれに対する現在の態度の差や、横峰@変態議員を当選させた事やその後に次々と暴露された不祥事に対する対応などなど、敵対する他人への態度と自分達の場合の態度とは当時からまったく異なっていましたよねぇ?

 ましてや指導力や経済・経営能力、外交・安保能力と言った国家運営に必須のスキルが著しく欠乏している事もマスメディア自身理解していたにも関わらず、右左の別なく民主党を支持した結果、衆愚と化している大多数の国民が票を投じて今の悪夢を作り出したんじゃありませんか

 私はこのブログ開設当初より民主党の無能さについては事ある毎に記し、非難してきました。

 唯一今の民主党幹部でマトモだと思えた前原国交相に関してだけは相応の評価もしてきました(もっとも、あの愚かな偽装メール事件や現在の公共工事に対する態度などに関しては呆れ果てて徹底批判しましたが)が、他の幹部連中、中でも党首経験者らの不正で不実な振る舞いの数々については、連中が政権を奪った場合の危険性から特に強く主張してきました。

 しかし、現実はこの通り。

 犯罪者が平然と、それも次々に不正が暴露されているにも関わらず総理大臣の地位について同じく犯罪者仲間や天下り官僚らと手を組んで国を好き放題に食い荒らしています。

 閣僚らは一様に好き勝手放言を繰り返し、誰も発言に責任を負わず、抽象論や責任の擦り付け合いで現実から逃避し、権力の簒奪と集中に無心するばかり

 ましてや予算が足りないならば無駄遣いの権化であるばら撒きと、無能な自分達の給与引き下げ及び頭数の削減を行えばいいだろうがと思いませんか?

 アメリカ大統領との約束ですらこのザマですから、米国がグアム移転費を7割も削減した予算法案を上院で可決させるのも当然でしょう。

 もはや黒鳩偽装政権は信頼に値しないと行動で感想を述べたと言えるでしょう。

 折角の訪日による会談すら40年も先の抽象論や持ってもいない核の話など、まったく実の無い、ハッキリ言って首脳会談でする必要の無いどうでもいい話ばかりで、両者が揃ったからこそせねばならない話から逆に逃げているんですから、時間と金のムダもいいところです。

 あんな訪日の為に東京駅などに警官を何日も前から集中配備するなど、それこそ仕分けるべき税金の無駄遣いの権化ですよ。

 今回も大統領の訪日中はどの警官も警棒構えて威圧的にウロウロしており、むしろ目障りなだけでしたからね。

 あんな意味の無い訪日ならさせずにそのまま中国へ素通りさせた方がどれ程経済的だった事か。

 黒鳩らと害無省の見栄と欲というクダラナイ理由で行われた税金の無駄遣い

 訪中が4日に対して訪日は僅か2日、これを見ても日本と中国に対するオバマの比重の置き方の差が良く分かりますし、双方の溝を埋める方策も無しにあったところであのように時間のムダとしか言いようの無いものになる事は素人にも分かりきっていましたからね。

 何かを本気で反省し、改善しようなどと殊勝な心根を持たぬ愚者を頂に登らせた罪はこうやって自らの首を真綿で絞める事によって償わされると今更ながら気付くなど、何とも馬鹿げた話ですよね…
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果