徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
10月17日(土)

真っ先に騙された人の台詞ですか? 

16日付けのMSN産経ニュースの記事から

【橋下日記】(16日)「民主のやり方に騙されてはいけない」
2009.10.16 21:56
 午前10時40分 登庁。報道陣の取材に応じる。「民主党政権のやり方にだまされてはいけない。赤字国債の発行や公約の断念には断固反対。まずは人件費の削減を徹底してほしい」

 11時 知事室で報告を受けるなどする。

 午後0時50分 民主党府連の樽床伸二代表らのあいさつを受ける。

 午後1時 のぞみ信用組合(大阪市中央区)の細谷善正理事長らと大阪ミュージアム構想について意見交換会。「僕自身も知事になってから千早赤阪村の棚田などを知った。府民のみなさんにも大阪の良いところをもっと知ってほしい」

 1時15分 知事室で執務。

 6時50分 退庁。

 橋下知事…あんたが今更それを言いますか…

 「国が変わる可能性にかけたい」

 こんな戯言を述べ、選挙寸前の8月11日に民主に媚を売ることを首長連合で宣言したのは一体何処のどなたでしたっけ?

 自民・公明・民主の三大政党に対する評価で民主党に最も低い点数を付けながら、それでも期待していますと愚にもつかないこと言っておいて、今更何を阿呆な事をと言わざるを得ません。

 私からしてみたら、民主党の欺瞞に満ちた遣り口など最初から分かりきっていた事であり、それすらも理解出来ずに支持を表明していたと言うのなら正直、余りの浅薄な思慮に失望したと言うほかありません。

 今回の発言は、言ってる事自体は正しいのですが、現在の状況ではハブ空港の件での対立などが口調を強くさせているのじゃないかと言う気がしてなりませんし。

 90兆円台前半どころか95兆円にも膨らんだ、馬鹿げた来年度国家予算…そこには公務員や自分達政治家の給料と人員の削減といった自らが痛みを伴う改革は完全に無視されたままでしたし、税収の落ち込みがほぼ確実視されている状況で前年度よりも6兆円以上という莫大な増額を補うにはどう考えたって赤字国債の乱発しかありえません。

 前年度46兆円程だった税収が落ち込めば、当然ながらその分も加えて赤字国債が必要になるのですから、民主党は、これ以上増やせば国が持たないと言っていた言をまず間違いなく、それも平然と翻すでしょう。

 子育て応援特別手当など、国民が必要としている予算まで奪っておきながら今更公約が実施できませんじゃ、ただでさえ不祥事が暴露され続けている現政権が年も越せずに崩壊するのは目に見えていますからね。

 もっとも、現政権の財務大臣が予め出来なきゃ謝ればそれでいいとの主張を野党時代に既にしていましたので、かつてのチンパン宜しく、全てを放り出して後は知りませんと言う真似をしないとも限らないでしょう。

 何せ現政権は無責任さでは負けず劣らずのロクデナシが群れを成していますから。

 橋下知事は民主を批判する前に、まずは真っ先にこんなペテン師集団に騙されて国民を間違いへと導いた罪を自ら詫びるのが先じゃないですかね?

 asahi.com『首長連合、民主を支持 総選挙、橋下知事ら表明』
 http://www.asahi.com/politics/update/
0811/OSK200908110099.html
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果