徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
10月11日(日)

国民の声を聞かず、それでいて国民のための政治とはこれ如何に? 

10日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

外国人参政権 地方に限っても禍根を残す
 地方選挙に限るとしても、外国人に参政権を認めることは、憲法の規定や国のあり方という観点から、問題が大きい。

 鳩山首相が、ソウルでの日韓首脳共同会見で、永住外国人への地方選挙権付与について、「私個人の意見としては、前向きに結論を出したい」と述べた。

 韓国側の記者の質問に答えたもので、首相は「国民感情は必ずしも統一されていない」とも付け加えた。日本国内の議論が割れていることを意識したのだろう。

 民主党は、1998年の結党時の基本政策に、永住外国人への地方選挙権付与の実現を掲げた。首相のほか、小沢幹事長や岡田外相など推進派が少なくない。

 選挙権付与に積極的な論者が根拠とするのは、在日韓国人が地方選挙権を求めた訴訟での95年最高裁判決だ。傍論部分で、憲法上は禁止されておらず、国の立法政策にかかわる問題としている。

 だが、判決の本論は、国民主権の原理に立って、憲法15条の公務員を選定・罷免する権利は、日本国籍を持つ「日本国民」にあると明示した。93条の地方自治体の首長・議員を選出する「住民」も日本国民を指すとしている。

 法的拘束力のない傍論だけを根拠にするのは強引過ぎる。

 外国人に地方選挙権を与えて、地域住民への公共サービスに外国人の意見を反映できるようにしてよいのではないか、という主張にも無理がある。地方自治体は、国の基本政策に関する問題にも密接にかかわるからだ。

 武力攻撃事態法や国民保護法は有事における国と自治体の協力を定めている。日本に敵対する国の国籍を持つ永住外国人が選挙を通じて、自治体の国への協力を妨げることもありえよう。

 韓国は2005年に在韓永住外国人に地方選挙権を付与した。だが、在韓日本人で選挙権を付与されたのはごくわずかだ。日本の永住外国人は約42万人に上る。韓国が認めたのだから、という議論は成り立たない。

 韓国は今年2月、在外韓国人に国政選挙権を与えた。

 日本が地方選挙権を認めれば、在日韓国人は、韓国で大統領や国会議員に投票できるうえ、日本でも知事や市町村長、地方議員に投票できるようになる。そのような二重選挙権を認めてよいのか、という議論も出てくるだろう。

 外国人が参政権を望むなら、やはり、日本国籍を取得するのが筋だ。拙速な判断で、将来に禍根を残してはならない。
(2009年10月10日01時19分 読売新聞)

 外国人参政権に関して、読売はこれで明確な反対を示しました。

 その反対理由は当ブログでも散々述べてきたように、付与せねばならない理由が何処にも無い一方で、付与することが日本人を害する恐れが十二分に有り得る事など、危険性を非常に孕んだものであるからと明確に述べていますね。

 読売は遠慮がちに国内の議論が割れているとしていますが、そう表現できるのは売国奴で溢れかえる国会議員間のみの話であり、一般国民の間では到底割れているなどと形容出来ぬほどに見解が定まっています。

 愚劣な黒鳩などは日本は日本人だけのものじゃないからなどと、意味不明な理屈を捏ね回していましたが、日本国憲法を読めばわかるように日本国の立法は日本人が日本国で生きる為の法律であり、日本人の為の国家である事がわかります。

 その代表が、この社説でも取り上げられている憲法15条や93条です。

 公職者の選定・罷免権を何故日本国民に限定しているか?

 日本国の今だけでなく、将来に対する責任をも背負っているのが日本人であるのに対し、何ら責任を負わないのが外国人です。

 以前から何度も記しているように、権利は相応の義務を果たす人間に対して付与されるものであって、権利だけを享受しようなどというのは言語道断です。

 特に在日韓国人に対しては読売も指摘しているように、既に自国において国籍を理由に参政権を得ている以上、日本で外国人だから選挙権を得られないのは云々などと言う理屈は通じません。

 結局、地方であっても他国の政治に関与したいのであれば、まずはその国の人間と同様に責任を背負う立場になれという事です。

 しかし、幹部連中のみならず党そのものが特定の在日外国人集団に人脈・資金の双方で支援を受けてきた民主党は自らの違法な裏工作に対する見返りとして付与をしようと目論んでいるのですから…

 国民のための政治を謳い文句にしながら、その実国民を無視し、特定の外国や外国人へ尻尾を振って代価を得る犯罪者の群れが権力を握ってしまったこの国では、もはやゴリ押しの無理が通って、道理は引っ込んで出てこれなくなってしまう事でしょうね。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果