徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
07月31日(月)

火力バカ状態の化石燃料依存に危機感を 

30日付けの産経ニュースの記事から

火力依存8割超のリスク 危うい日本のエネルギー
2017.7.30 07:00
 私たちの暮らしや産業に欠かせない電気。その供給をめぐる実情は、2011年の東日本大震災以降、アンバランスで危うい状況が続いています。原子力発電の比率が大きく低下した結果、火力発電に過度に依存しているのです。

 普段よりも電気を多く使う夏を迎え、この現状について考えてみました。

Q 火力発電の比率が高いと、何が問題なのですか?

A 日本の電源構成をみると、2016年度は火力発電が約81%を占めました。震災前の10年度は約62%だったので大幅に上昇しています。この比率は、私たちの生活や経済が大混乱に陥った、オイルショック当時を上回っています。

 自国内でどれだけエネルギー源を確保できるかを示す「エネルギー自給率」も、10年の約20%から14年は約6%にまで下がってしまいました。これは、エネルギーを大量に消費する先進国の中でも極めて低い水準です。

 これらは、いったん燃料を入れると1年以上発電でき、また、使い終わった燃料を再処理することで再び燃料として使用することができることから、「準国産エネルギー」とされる原子力発電の比率が、約2%まで大幅に低下したことが一番の原因です。

 この自給率の低下は、中東で紛争などが起こった場合、火力で使用する化石燃料の輸入に支障が出たり、原油価格が高騰したりするリスクへの対応力が弱まっていることを意味します。火力比率がオイルショック時を上回っているため、より深刻な影響が出る可能性も否定できません。

 そのため、多様な発電方法をバランス良く組み合わせた「エネルギーミックス」を実現することが重要になっています。国は30年度の電源構成について、火力の比率を56%程度とする一方で、再生可能エネルギーを22~24%程度、原子力を20~22%程度とすることを目指しています。

 天候に左右される再生可能エネルギーは安定供給の面で不安があるほか、コストが高いといった問題があります。エネルギーミックスの実現には、安定的に電気を供給できる原子力が、欠かすことのできない電源であるといえます。

緊迫化する世界 危うい日本のエネルギー

専門家に聞く 作家・元外務省主任分析官 佐藤優氏

 化石燃料を使う火力発電の比率が8割を超える現状は、エネルギー安全保障の上で極めてリスクが高いと考えています。世界情勢は緊迫化しています。中東では、イスラム国(IS)によるテロのほか、イランとサウジアラビアの対立といった不安要素もあります。さらにIS勢力が中東からインドネシアやマレーシアにまで展開し、エネルギー資源を日本に運ぶ重要な海上交通路であるシーレーンが、脅かされる恐れもあります。

 現在は原油価格が比較的安定していますが、有事でいつ高騰してもおかしくありません。その結果、電気料金が大幅に上昇することもあり得ます。そうなれば、日本経済には致命的な打撃となります。

 化石燃料だけに依存するのではなく、原子力や再生可能エネルギーを組み合わせたエネルギーミックスの重要性が一段と高まっています。国益を守る観点から、日本は原子力の活用を含め、エネルギーミックスの実現を目指すべきです。

 先日、オーストリアは国民投票で原発を否定して、憲法にも禁止って書かれてるんだぜ、と、悪質極まりない世論誘導をバカヒが社説で目論んでいた事について記しましたが、今回のこの産経記事を読めば、日本でバカヒの戯言を実現する事が如何に国民の命を危機に晒す犯罪的主張なのかよく分ると思います。

 図まで載せられないため文章になりますが、現在(2016)の日本では天然ガス43.8%、石炭30.6%、石油ほか6.6%の合計81%が火力発電となっているそうです。

 帝国書院の統計資料で確認(こちらは2015年のもの)すると、それぞれの国内生産割合は天然ガス2.2%、石炭0.6%、石油ほか0.3%しかなく、ほぼ全てを海外からの輸入に頼っている状況です。

 因みに、それぞれの主要な輸入先を上位順に記すと次の通りになります。

 天然ガス オーストラリア、マレーシア、カタール、ロシア、インドネシア

 石炭    オーストラリア、インドネシア、ロシア、カナダ、アメリカ

 原油粗油 サウジアラビア、UAE、ロシア、カタール、クウェート


 では、バカヒがわざと隠蔽していたオーストリアの主要な電力源である水力(6割超)が、日本ではどうなのかと言うと…

 一般水力と揚水発電を合わせても10%未満しかなく、むしろ日本は自然破壊や田舎を水没させるダムは地方で脱ダム宣言なんてものが16年も前にされるほどの状況(因みに欧州では決壊や地滑りで数百から数千人規模の死者が出る事故も起きており、日本でも放流による事故や事件は過去に幾度も起きています)で、ダムによる水害抑止よりも事故が最近では目立つ状況です。

 ※例えば6/17日に加治川で県がダムの放流を事前通知していなかった事により、母子が流される事故がおきています。

 また、バカヒ一押しの再エネはと言えば、太陽光や風力等全て一括りにしてさえ水力の半分である5%未満しかありません。

 この状況で化石燃料の輸入が止まる、或いはそこまで行かなくても、大幅な値上げになる状況がおきればどうなるか?

 まず、電力料金が大幅に値上がりしますし、工場機能も落さねばならなくなるので、製造業を始め諸々で従業員やその労働時間の削減が必要になる反面、製造コスト上昇を理由に販売価格はドンドン跳ね上がります

 当然ソレは工業製品だけでなく、食料品や日用品の生産にも影響しますので、賃金が下がる一方で物価だけ跳ね上がり、貧乏人程その生活が一気に困窮するわけです。

 夏場や冬場のエアコン等の使用にも支障を来たし、熱中症や凍傷で倒れる人も増えるでしょうが、救急車だって数やガソリンの影響を受けて稼動が追いつかなくなるので、死者は増える…

 バカヒの語るお気楽極楽未来なんて、実際には北の楽園みたいな虚飾に塗れた地獄でしかありません

 最後に佐藤がちらりと戦争やテロについて記していますが、実際、天然ガスや原油の輸出で名を連ねるカタールに対して、サウジやUAEが国交断絶をしたのは2ヶ月弱前の話であり、フィリピンでは5月頃の報道段階でISのテロや掃討作戦で100人以上が死傷したとありましたし、先月には海上でも暴れるISに対抗する為、フィリピン、マレーシア、インドネシアの3カ国が海上の合同パトロールを実施していますし、詳細は不明ながら昨日、オーストラリアでも航空機の撃墜を目論むテロを未然に防止したなんて話があり、中東だけでなく東南アジア、オセアニアもかなりキナ臭い状況なんですよね。

 で、上記したように火力バカといえる状況の日本は、その輸出の大半をそれらの国、或いはその国近くを通るルートで仕入れているわけですし、それ以外で全ての輸入先に名前のあるロシアなんてこれまで日本に対しても天然ガスを巡って詐欺行為を働いたり、関係の悪化した国へのエネルギー輸出を一方的に止めたりとトラブルメーカーの筆頭ですから、化石燃料に頼る事の環境汚染以前に化石燃料依存によるリスクを日本は考えねばなりません。

 例えば、マラッカ海峡でISが大規模なテロ活動をしたとか、南シナ海や東シナ海で中国が覇権を主張して海上封鎖を始めたとなったら、日本はアメリカやカナダ、ロシアから以外の化石燃料が殆ど入らなくなるわけです。

 また、オーストラリアでのテロが港湾を破壊するようなものであった場合は特に深刻で、輸入していた石炭の約2/3と、天然ガスの2割超が手に入らない状況になります

 愚劣なバ菅の政策で火力に依存せざるをえなくなった結果、オーストラリアとの貿易が止まるだけでこれほど深刻な状況に陥ってしまっているわけで、これは安全保障だけでなく、両国のパワーバランス的にも極めて不健全と言えます。

 何せかつての日本は7割超の石油輸入先であったアメリカが敵となった事で戦争か餓死かなんて状況に追い込まれたわけですから。

 無論、今の日本の状況であれば別にオーストラリアと断交するような事態になっても、対処のしようなんて幾らでもあるので戦争になど、なりえませんし、オーストラリアにも日本を侵略するような能力はそもそもありませんが、両国の発言力として考えれば確実に依存している側より、させている側の方が強まりますよね?

 そういった国際情勢や関係、自国の状況等を総合的に判断した上で、明確な打開策や代替策を示しての反原発ならまだ理解できますが、バカヒのように反原発だからそのためならどんな誇張も歪曲も隠蔽も許されるなんて思想はただの国家転覆目的の詐欺行為であり、絶対に許してはなりません。
スポンサーサイト
07月27日(木)

フェイクニュースと言えばバカヒ・変態・犬HK 

25日付けの産経ニュースの記事から

改憲阻止の意図が見え隠れ 一部メディアの「印象操作」で安倍内閣支持率下げ止まらず 八木秀次
2017.7.25 06:00
 安倍晋三内閣の支持率が、東京都議選で自民党が惨敗した後も下がり続けていると、一部メディアが騒いでいる。朝日新聞は7月10日付の1面トップで、第二次安倍政権発足以降、最低の33%となったと伝えている。不支持率は47%だ。安倍首相のいう「印象操作」が功を奏し始めた格好だ。(夕刊フジ)

 都議選で自民党が惨敗した原因は複合的だ。「THIS IS 敗因」と総括される、「豊田真由子衆院議員の暴言・暴行」「萩生田光一官房副長官が『加計学園問題』で文科省へ圧力をかけた疑惑」「稲田朋美防衛相の『自衛隊の政治利用』失言」「下村博文元文科相の『加計献金』疑惑」-にとどまるものではない。

 国政では、「森友・加計学園」問題での処理の不透明さ、テロ等準備罪を含む組織犯罪処罰法改正案の参院での審議の性急さが、政権の傲慢さを印象付けた。

 都政では、「都議会のドン」に代表される自民党のベテラン都議の振る舞いが、時代劇の「悪代官」をイメージさせた。そこに小池百合子都知事の率いる「都民ファーストの会」が、自民党批判票の受け皿として登場した。決定的な失政はないものの、往年のテレビドラマ『水戸黄門』ではないが、「助さん、格さん、懲らしめてやりなさい」とばかりに自民党が懲らしめられたということではなかったか。

 安倍内閣や自民党に反省すべきことは多い。権力を持つ者は謙虚でなければならない。政権担当時、無能であるにも関わらず、傲慢に振る舞った民主党が、民進党と名前を変えた今も国民から愛想を尽かされているのはそのためだ。だが、功を奏し始めた安倍内閣への悪の印象操作は次第に自転し、安倍首相自体を対象とし始めている。

 都議選の最終日、東京・秋葉原で応援演説を行った安倍首相は、「安倍やめろ」と叫ぶ陣営による演説妨害に、「こんな人たちに、皆さん、私たちは負けるわけにはいかない」と応じた。反対陣営には、極左暴力集団「中核派」のメンバーなどが加わっていたことが明らかになっている。だが、一部メディアは、安倍首相が一般の有権者を「こんな人」呼ばわりしたと批判している。

 朝日新聞の松下秀雄編集委員は10日朝刊「政治断簡」で、「自身に抗議する人たちを指さし、(中略)叫ぶ安倍晋三首相の姿にため息がでた」と嘆いてみせる。誰への発言であるかを隠した「フェイク・ニュース」に思うが、この種の言説が影響力を持ち始めている。そこには改憲阻止の意図があるとしか思えない。

 何というか、実際にはしていたのに、自民都連の議長が小池と握手しなかったと、TBSが捏造報道をしていた事も明らかになっていましたし、ここ最近騒いでいる森友だの加計だのも何ら犯罪性を実証されぬままに、ロクでもないクズの戯言を実しやかに垂れ流しての印象操作とかそんなのばかりですからね。

 まぁ、テレビなんてものをこのご時勢にも未だ見て喜んでいるような人間は、そういうので簡単に乗せられ、投票先を変えたりするんでしょうから、支持率だって具体的な問題の有無に限らず乱高下もするのでしょう。

 実際、都議選の際なんてかつてのミンスショックばりに、都民ファなんて胡散臭い連中に平然と多くの都民が票を捨てていますからねぇ…

 犯罪者や直前まで民珍所属だった連中がそれで当選し、挙句に小池から交代した代表は極右思考を公然と議会でぶちまけるような頭の螺子がぶっ飛んだ輩とくる。

 そりゃあ前回の参院選挙では蓮舫なんてパチモノが300万票も獲得できるわけだと、つくづく呆れさせられます。

 ホント、自分の頭で考える程度の知能すら無いような風見鶏どもに投票権を与える価値って何処にあるんでしょうかねぇ?

 あぁ、無論ながら私は都議会自民なんて心底嫌悪していますので、どっちにも票は投じていません。

 内田のゴミクズなんぞ、裏でやっていた事は悪代官どころかヤクザ紛いのゴロツキ同然なのに、逮捕どころか処罰すらされないのですから、何が哀しくてあんな下郎の利になる真似をしてやるものかって話ですし、都知事選で増田なんて害悪無能な輩を押してボロ負けした事や、引退による後継として都議選に出馬したバカもこれまた無様に惨敗した姿、しかもその後の自民への恨み節をまくしたてる内ゲバの見っとも無い姿を晒してくれた事に、多少溜飲が下がるおもいでしたよ。

 自民党は少し支持率が良くなるとすぐにロクでもない人事や候補者を立てるというバカをやり、それが問題を起こしてまた支持率を落すという本当に懲りるとか、反省するって知能を持たない阿呆の集まりですし、利権絡みのクズも非常に多い。

 ただ、その一方で経験の蓄積や他の政党に比べればマシな議員が多いのも事実なのが、悩みどころなんですよね。

 記事にもあるように民珍並に無能であれば、とっくの昔に同じような泡沫へとなっているところなんですが、何せ政治を回せるだけの実力も一方である程度は持っているし、他が悪すぎて任せられないから、最終的に自民と今の日本の政治ってなっちゃうんですよねぇ…

 もっとも、民珍が国民から愛想を付かされているのは、無能な傲慢者であるだけでなく、無責任かつ虚言癖持ちという救いがたいレベルの阿呆だからなんですがね。

 例えば、ルーピーは最低でも県外移設をすると断言した普天間移設について、知れば知るほど等とほざいて最終的に辺野古に戻しておきながら、総理の職を放り出した後は辺野古反対、県外移設だとまたも出来るという論拠すら示さず騒いでいますし、オバマへのトラストミー発言も、辺野古についてだったのに、都合が悪くなったら食事を食べる食べないの話だなどと意味不明の嘘をついて言い逃れようとしましたし、そもそも自民の総理大臣が1年で交代するのが許せんとほざいていたのに、自らはたった7ヶ月で放り出します宣言をしたり、国債発行30兆円以上は国が持たないと言いながら、政権を詐取した途端にその1.5倍もの国債を平然と発行するなど、徹頭徹尾その口からは嘘しか出ていませんでした。

 続くバ菅も、震災及び原発事故で散々嘘を繰り返し、責任逃れをやった挙句、安倍総理を原発事故がらみで訴えて逆に無様に裁判でボロ負けしたというのに、反省の弁すら述べませんからね。

 最後の野豚はやらないといった増税を持ち出して、ただでさえ負け戦確定だった選挙をボロ負けし、現在の蓮舫は国籍法、公職選挙法違反でありながら何ら罪を問われず、責任も取らず、口を開けば嘘しか出てこない有様。

 特に蓮舫の場合、党首討論をやれば他党の党首の話を捏造するなど実に7つも嘘を並べたてながら、平然と総理大臣を嘘つき呼ばわりするわ、記事にもある都議選で演説妨害と言う犯罪行為を行った民珍の有田が率いる極左暴力集団やそれに共鳴する中核派などの者達を総理大臣が「こんな人達」と述べた事を批判しながら、自分は国籍詐欺を問う国民を排外主義者・差別主義者呼ばわりするなど、ブーメランを自らの頭に突き刺す絵がネットで流行する程に二枚舌が実に酷く、ルーピーや空管といった最低・最悪の二枚看板さえ超える可能性を十二分に秘めたゲスです。

 これで信託できるって人間がいるなら、そいつ等はもはや異常というものですが、何処にも狂信的な輩や自分にとって都合のいい情報だけを取得し、それを確認もせず乗っかる阿呆も消えないですからね。

 それらをどうにかするためにも、マスゴミのカウンター組織とか、監視組織、罰する法ってのは絶対に必要だと思いますよ。

 そういえば、ミヤネ屋でかつて都知事選にミンスらの支持で出馬してボロ負けした事を、都民のせいにした借金王の浅野史郎が、裁判に提訴された民珍のバカ議員を庇う目的でスポンサーの高須クリニックを悪徳企業呼ばわりして騒動になっていましたけど、26日の番組どうしたんでしょうかねぇ?
07月25日(火)

自発的だろうが、親に売られようが、拉致被害者という左派大統領の愚劣っぷり 

23日付けの産経ニュースの記事から

元慰安婦死去で文在寅氏「16歳で拉致され、ひどい苦難を経験」
2017.7.23 21:20
 韓国の元慰安婦の女性らが共同生活するソウル郊外の施設「ナヌムの家」によると、同施設で生活していた元慰安婦の金君子さんが23日、老衰のため亡くなった。韓国メディアによると91歳。

 金さんは2015年末の慰安婦問題での日韓合意について、被害者の声を聞き入れておらず受け入れられないと批判していた。金さんの死亡で、韓国政府が元慰安婦と認めている存命の女性は37人になった。

 文在寅大統領は23日、自身のフェイスブックに「(金さんは)16歳で拉致され、慰安婦として中国に連行され、ひどい苦難を経験した」と書き込み、遺体が安置された病院に弔花を送った。

 ナヌムの家によれば、金さんは今の中国吉林省琿春の慰安所に連れて行かれた。1998年からナヌムの家で暮らし、07年には米国議会で証言した。(共同)

 拉致(爆

 銃を突きつけられるでもなく、無理矢理引きづられるでもなく、反抗する意思も見せずに自分で汽車に乗ったのが拉致(笑

 そりゃあ、みんな日帝の被害者になるし、20万拉致されたのに200そこいらしか見つけられず、残りは現地で死んだから何処の誰かも分りませんなんて話になるし、日本兵がジープやヘリで登場するわ、クリスマスや土曜日だからと大勢で押し掛けるわけですよねぇ?

 金君子に関しては、年齢が証言の際に数えだったり、満だったりするようで17歳にずれる事はありますが、基本的な部分は凡そブレがなく、経緯については割りと信憑性があるのですが…

 両親を相次ぎ無くした金は、16歳の時に養父となった朝鮮人巡査のチョイに金を稼いでくるよう命じられ、これまた朝鮮人の軍人に引き渡されたと述べています

 その行った先が中国の慰安所だったというお話なのですが、朝日での証言時に朝鮮人が2人に増えたとか、「お使いに行って来い」と言われて汽車に乗ったとかその程度の差で、何れであっても日本人が関与していないどころか拉致ですらない、朝鮮人同士、それも片方や養父による人身売買が真実ですし、警官である養父が同族の軍人に己の娘を売るって時点で官憲によるものとは言えず、職業がどうであれ売り手買い手ともに不正な犯罪行為をしていただけなのは確実です。

 結局、死ぬまで日本へ恨み言を喚いていたわけですけど、悪いのは売った朝鮮人養父と違法な人身売買をしていた朝鮮人女衒であり、そして何より、当事そこに連れて来られたことが自分の意思でないと表明出来なかった己自身じゃないんでしょうかね?

 スマラン事件のように違法性が確認できれば施設の閉鎖して被害者の解放を行ったという例が当事の日本軍にはありましたし、詐欺や拉致についても実行犯らを逮捕している新聞記事や軍から政府への摘発強化要求もされていたわけですから、本人が動いていれば状況が変わっていた可能性は十二分にありますし、現物が手に入らなかった為実際の中身は確認できなかったのですが、『遥かなる山河茫々と』という書籍の中に琿春で憲兵をしていた人の証言があり、「琿春は国境の特殊地帯であるために住民は居住証明書を所持せねばならず、初めて入琿する慰安婦たちは憲兵隊に出頭し、慎重な身上調査を受けた後、身分証明書の交付を受けていた。私も何度か彼女たちの面接を受持ったが、必要書類に本籍、住所、氏名、年齢、学歴、家族構成等が書きこまれ、写真が貼付されてあった」とあるそうです。

 つまり、連中の言う通りに拉致や連行が事実であったなら、身上調査に加えて面接まであるのだからそこで憲兵に拉致されてきました、連行されましたと伝えて事前に助かるチャンスもあったわけで、その後になって脱出を試み毎回失敗しては暴力を振られ、片耳が聞こえなくなるなんて事もなかったはずなんですがねぇ…?

 もっとも慰安所を管理していたのが誰なのか、殴ったのが誰なのか、見事にボカして聨合ニュースなどが報じているところからも、経緯や真相は見えてきます(因みに、上記書籍では続き部分で、慰安婦は女衒から貰った前借金を受け取って本人だけでなく家族承知の上で渡満しており、誰もが例外なく借金の返済と家族への送金を語ったとあるそうです)けど。

 いずれにしても、拉致でも何でもないどころか、朝鮮人の悪辣非道さを証明する事実を握り潰し、反日に使うなど言語道断の所業であり、流石は合意破棄を唱える左派思想だと言えるでしょう。

 日本政府は今回の暴言について、キチンと反論した上で、大統領自らによる虚偽の事実流布と合意違反への制裁を課すべきです。

 ビザの全面停止、各種経済協力の完全破棄とかね。

 聨合ニュース『慰安婦被害者が死去 生存者37人に=韓国』
 http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2017/07/23
/0400000000AJP20170723000500882.HTML
07月24日(月)

都合の悪い事実は常に隠匿し、ケンポーだ、ジンケンだと壊れたラジカセの真似しか出来ないバカヒ 

23日付けの朝日新聞デジタルの記事から

憲法70年 「原発と人権」問い直す
2017年7月23日05時00分
 東京電力福島第一原発の20キロ圏に入る福島県南相馬市小高(おだか)区。大半の地域で避難指示が解除されて12日で1年がたった。

 商店や学校は徐々に再開され、登下校時は高校生たちの声が響く。一方で、シャッターを下ろしたままの店や、庭に草が生い茂った家も目立つ。

 市によると、12日現在の小高の居住者は2046人。11年の原発事故当時の6分の1弱だ。

 憲法が保障していたはずの「ふつうの暮らし」を、原発事故は多くの人から奪い去った。(中略)

 ■主権者が選ぶ針路

 福島の事故より前、原発が憲法と関連づけて問題視されたことはなかったといっていい。

 日本の原子力開発は、憲法施行8年後の1955年に制定された原子力基本法に基づいて進められてきた。同法は「人類社会の福祉と国民生活の水準向上」を目的とし、「平和利用」を明記している。

 澤野義一・大阪経済法科大教授(憲法学)は「原発は当然のように合憲視され、学界でもほとんど論議されたことがなかった」と指摘する。

 資源が乏しい日本で、大量の電力を供給できる原発が経済発展に貢献したのは確かだろう。

 ただ、ひとたび事故が起きれば、無数の人権がただちに脅かされる。そのリスクは「安全神話」のもとで隠され、国民も十分に認識してこなかった。

 多くの国民が被災者となった福島第一原発事故の後も、国や電力事業者は原発を推進する方針を変えようとしない。

 全国の原発の周辺には、事故で避難を迫られる可能性がある30キロ圏だけで400万人以上が暮らす。憲法が目指す社会は守りうるのか。そんな観点から、この国の進む道を見直す必要はないだろうか。

 中欧のオーストリアは78年、国民投票で原発の稼働が否決されたのをきっかけに、原発の建設を禁じる法律を制定した。86年の旧ソ連・チェルノブイリ原発事故を経て、「脱原発」を求める世論は強まり、99年に原発禁止が憲法に明記された。

 日本の針路を選ぶ権利は、主権者である国民一人ひとりにある。この6年超の現実を見据え、議論を広げていきたい。

 中略部分はバカヒの支援する、「ケンポウガー」「ジンケンガー」と喚く市民(笑)らの憲法に絡めた金の話ですので、特に読むような価値はありませんが、気になる人はオリジナルを参照してください。

 いやはや、それにしても自主避難者にも手厚い保障をとかほざくんなら、かつて原発礼賛をやっていた朝日が同じく礼賛していた大江健三郎らと一緒になって原発政策を言論で支えてきた責任、まずは取ったらどうなんでしょうかねぇ?

 具体的には全財産をそういう金をくれって言ってる連中に寄付し、自己破産とか倒産手続きに入る(笑

 吉田調書の件を見ても分るようにお得意の捏造・歪曲報道を繰り返し散々大暴れしてきたのですから、過去の自分達についてもその罪を問わず、罰も負わないで、全部国が悪いじゃ話が通りませんよ。

 とは言え、そこで頷いて実行できるような良心なんぞあるわけが無いのが、バカヒのバカヒたる所以です。

 そんなものがあるならまずは戦争責任とか、戦後の戦争関連の捏造・歪曲報道に関する責任をとっくに取っていますからね。

 「ひとたび事故が起きれば、無数の人権がただちに脅かされる。そのリスクは「安全神話」のもとで隠され、国民も十分に認識してこなかった」

 こんな事を平然とほざいているのが、その最たる証拠でしょう。

 戦線を拡大しろ、暴支膺懲だ、鬼畜米英だ、一億総火の玉だ…かつて戦争をする事、それを拡大させる事の齎す結果なぞ一切鑑みる事もなく、国民を、国を扇動してきたのがバカヒですが、自国民だけで300万人も戦死させた責任、このゴミクズどもが何か取ったでしょうか?

 慰安婦、靖国、戦争犯罪などで散々やった捏造や歪曲、国際問題化の責任はどうでしょう?

 そう、常に嘘や出鱈目な論理で国民を騙し、国家を危機へ追いやろうと目論む言論テロリストだから、連中が国民に対して責任を取ったり謝罪をする事は有り得ないわけです。

 その証拠に、吉田調書と慰安婦の捏造報道を認めた時でさえ、連中は民族を貶める記事を乗せようが、国際問題を引き起こそうが、その事を追求され二進も三進もいかないところまで追い込まれても、読者に対しての謝罪しかしませんし、その後も自己弁護や都合の悪い記事の掲載拒否や戦時中のような黒墨塗り潰しなど、普段あれほど批判する検閲も自分達はやりたい放題でした。

 今回の記事でも、事故が起きたからと批判をただ重ねるだけで、何故女川では起きなかったのかという都合の悪い事実は一切を隠蔽しています。

 そう反対している以上、女川のように東電がキチンと原発の管理・運営をしていれば爆発事故は避けられる事態であったなんて事実は、存在する事が自分達の主張・思想にとって邪魔だから黙殺してただただ、事故を憲法に絡めて罵っているだけなのです。

 挙句、最後に出してきたのがオーストリアですからね…比較対象にもならないものを出して禁止できるんだぞーですから、本当にやる事なす事、悉くゲスい。

 オーストリアは、日本と違って地震が殆ど無い欧州の、それも海から遥かに離れた内陸国であり、おまけに国土の実に2/3がアルプスって国ですよ?

 なので当然ながら人口は日本の比較にならないどころか、隣国ドイツと比較したって1/10程度の830~840万人程度しかおらず、日本の都道府県で言えば大阪府の人口より少ない

 内訳で見ても最も多いウィーンやその次に多いニーダーエスターライヒ州で150万人程ですので、東京で言えば練馬と世田谷を併せた程度であり、少ないブルゲンラント州なんて30万人にも満たないので、州といっても豊島区と同程度の人口しかありません。

 つまり、そもそもの人口が少ない為必要電力量も少ないし、アルプスからの水源を利用した水力発電で6割以上が賄えている上、陸続きなので必要なら隣国から融通してもらう事も出来るので、わざわざ1基で100万kwも発電する原発なんぞ造らなくてもどうとでもなるわけです。

 必要性が無いから無くてもどうとでもなる状況の180度逆と言える位立場の異なる内陸の国を、そういった事情についてわざと一切触れずに例として出し、国民を原発廃止へ扇動しようとするバカヒ…本当にこのゴミ団体はやり口が毎度悪質極まりない。

 それとどうせオーストリアを真似しろって言うなら、軍事も含めて真似しろって言ったらどうですかねぇ?

 お友達だらけの内陸国なのに、オーストリアはバカヒの大嫌いな徴兵制を未だに維持していますから、原発無くなる代わりに徴兵制採用とかってなったら、お友達のブサヨ共々バカヒの構成員どもは発狂死するんじゃないかと(笑
07月22日(土)

バカヒの語る虚飾にまみれた共生のお寒い事 

17日付けの朝日新聞デジタルの記事から

憲法70年 多様な人々の共生社会を
2017年7月17日05時00分
 観光地で、飲食店で、そして学校や職場でも。海外からやってきた人びとの姿は今や、日常に溶け込む光景になった。

 日本に暮らす外国人は昨年末の時点で238万人と過去最多となった。登録された国籍・地域は196にのぼる。

 欧米の国々と同様、日本も多様な社会への道を確実に歩み始めている。

 では日本国憲法は、外国人の権利を守っているのだろうか。答えはイエスだ。70年前に施行された憲法は、外国人の基本的人権の尊重も求めている。

 ■外国人の人権等しく

 すべて国民は法の下に平等で、人種、信条、性別、社会的身分などで差別されない--。憲法14条はそう定めている。

 「国民」とは誰か。最高裁は1978年の判決で「権利の性質上、日本国民のみが対象と解されるものを除けば、基本的人権の保障は外国人にも等しく及ぶ」との見解を示した。

 むろん「入国の自由」などの権利は原則、外国人には及ばない。また、この判決は人権保障の対象を、日本政府が在留を認めた外国人に限っている。

 そうした留保はあっても、原則として人間の平等をめざす趣旨は忘れてはなるまい。

 外国人の人権を保障しているのは、憲法だけではない。79年の国際人権規約批准、95年の人種差別撤廃条約加入によって、日本も「人種や民族による差別は認めない」との普遍的な規範を国際社会と共有してきた。

 憲法が、条約や国際法規の順守を求めていることも留意しておくべきだろう。

 ただ、実際に外国人は平等な生活を営んでいるだろうか。

 法務省が昨年、日本に長期滞在する18歳以上に尋ねたところ、差別が日常化している実態が浮かんだ。

 外国人であることを理由に入居を断られた--。過去5年間に家を探した人のうち39%がそんな体験をしていた。「『外国人お断り』と書かれた物件を見てあきらめた」人も27%いた。

 就職や職場でも、壁がある。 就職を断られた(25%)▽同じ仕事なのに日本人より賃金が低かった(20%)▽昇進できない不利益を受けた(17%)。

 ■生かされぬ理念

 人種や民族、国籍の違いが理由で、当然の権利が阻まれているとすれば、外国人と共に暮らす社会は成り立たない。

 なぜ憲法や条約の理念が生かされないのか。外国人が置かれてきた状況を振り返る。

 戦後しばらく、外国人は明確に「管理」の対象とされた。

 憲法が施行される前日の47年5月2日、日本国籍を持つ朝鮮や台湾の旧植民地出身者を「外国人」とする勅令が出された。52年に日本が主権を回復すると、この人たちは日本国籍を失い、外国人登録法で登録時の指紋押捺(おうなつ)が義務づけられた。

 あたかも犯罪の容疑者のように指紋押捺を強いる制度は人権侵害とする批判が80年代に高まり、在日コリアンら特別永住者について93年に廃止された。

 その後も日本の入国管理政策は厳しさで知られたが、それでも経済成長により就労や留学で来日する人が増えた。日本人との国際結婚も珍しくなくなった。外国人は今では日本社会の不動の一員といえる。

 だが、その現実に意識や制度が追いついていない。

 確かに、外国人の入居や入店を断る行為を、違法とする司法判断は積み上がっている。

 だが、今回の調査は、裁判に至るのは一握りで、被害者の大半が「泣き寝入り」していると見るべきことを示している。

 人種や民族を標的にした差別的言動については1年前、ヘイトスピーチ対策法が成立した。一歩前進ではあったが、差別をなくすにはさらなる方策を考える必要がある。

 国内法の不備を再三、問題視した国連の人種差別撤廃委員会に対して、日本政府は「立法が必要とされる人種差別行為はない」と苦しい反論をしてきた。

 政府も国会も現実を直視し、事態の改善へ向けた真剣な論議を始めるべきである。

 ■心の垣根なくす試み

 「外国人お断り」などの露骨な排斥や、低賃金・長時間労働といった人権侵害は当然、なくしていかねばならない。

 一方、「マナーが悪い」「言葉が通じないから面倒」といった誤解や偏見から外国人の入居を断る事例も後を絶たない。

 日本の賃貸制度や居住マナーを外国語で説明した冊子を配ったり、外国人と日本人双方の相談に乗る窓口を設けたりして、差別を防ぐこともできる。

 日本人と外国人をつなぐ試みは、日本語の学びの場の開設や防犯活動など、各地に広がっている。自治体や市民団体の努力をもっと支援していきたい。

 心の垣根を取り払い、外国人に「この社会の一員」との自覚をもってもらえる方策こそ、憲法を生かし、日本の繁栄と安定をもたらす道だろう。

 いやはや、呆れ果てる言い掛かりでまた日本人を貶していますね、流石は反日のバカヒ。

 「ヘイトダー」「ジンケンガー」「シャベチュガー」と人権屋気取りで本当の人権や共存と言うものを汚し続けてきた自分達の存在こそ、一番の害悪でしかないって理解出来ないこの低脳っぷりは本当に、流石はバカヒとしか言えませんよ。

 何せ、「「マナーが悪い」「言葉が通じないから面倒」といった誤解や偏見から外国人の入居を断る事例も後を絶たない」とか平然とほざいていますからね。

 だったらいっそ国から不正に格安で売って貰った無駄にだだっ広い朝日本社の敷地に外国人専用マンションでも建てて好きなだけ住まわせ、実態を自分達の身で味わってみてから本当に誤解や偏見なのか確認してほざけっての。

 例えば、サーチナに、欧州で日本人は差別されないのに、中国人はされるというような中国のメディア報道を元にした記事が掲載され、フランスやドイツ、イタリアに宿泊し、ホテルで食事をした際に、中国人だけ別室へ案内される上、料理も簡素なものだけだという話がありました。

 ですが、バカヒと違ってその原因についても「中国人は食べきれないのにブッフェで大量に料理を取り、他の人に料理を残そうとしないなど、他の人のことなどお構いなしの行動を取ってきたため、止むを得ず中国人だけ別の部屋になったという経緯があった」事を現地ガイドの話として伝え、だから同じ東洋系でもマナーの良い日本人は差別されない事や「なぜこのような対応をされることになったのか、中国人は反省しなければならない」として、差別する必要性という本当の問題点をキチンと報じていたそうです。

 中国人以外にしてみれば無駄に食べ物を盛り付けるため場所を延々占拠し続け、挙句どいた後には食べ物が残っていない上、持っていった中国人はろくに食べずそのまま残飯にして廃棄となるわけですから、ハッキリ言って他の客にしてみれば気分が悪いどころではありませんし、料理が無駄になり、おまけに廃棄の手間と費用も嵩むホテルも大打撃ですし、その上中国人客が増えれば一層悪化して他国の客は離れていってしまう事になるわけですから、もはや営業妨害レベルの話になるわけで、別室隔離は当然の処置だと思いません?

 実際、中国でサラダバイキングが食べもしないのにケーキのように飾る形で山盛りにして遊ぶ輩が続出し、大赤字で廃止になったのは有名ですし、タイでもエビばかり食べ散らかし、大量に残して問題となりましたし、日本でも制限時間を守らなかった上に時間切れだと注文に応じなかった店員に暴行を働いて逮捕されるなど、自国内も含めた世界各地でやらかしています。

 結果、日本でも関西などでは席の隔離やメニューの制限を中国人ツアー客に行っているという話がありますし、欧米のクルーズ船でも欧米や日本の観光客から中国人のマナーの悪さに対するクレームが後を絶たないため、中国人専用ともいえる中華レストランを作るなどの隔離対応をしているケースもあるそうです。

 同じように、レストランに入って自家製のキムチを持ち出す南朝鮮のケダモノどもにしても、やっている事は営業妨害レベルですから、ただでさえ騒がしいのにそんな真似までされれば入店禁止って店が欧州で増えるのも当然ですよね?

 でも、差別だ人権だと騒げばこれがひっくり返る世の中になったらどうでしょう?

 待っているのはホテルやレストランの倒産だけです。


 そしてそれは、ホテルやレストランのような数日や数時間で住まない住居の話ならより深刻かつ慎重な話になるのも当然です。

 実際、アメリカではコリアタウンというものが常識欠落・法令違反の代名詞ともいえる状況で、悪臭や売春、騒音など様々なトラブルを起こす厄介者の集落と認知され、問題になっている事を朝鮮日報も過去に取り上げていますが、その本質は自民族の良識の無さであることも記していました。

 何より、日本でも特アである中国、朝鮮系は南米系、東南アジア系以上に問題を起こすので嫌われ者です。

 まず何よりも、犯罪発生率が高すぎる

 来日外国人としては現在中国が逮捕者数を伸ばし続けて1位の座を不動のものとしていますが、在日外国人としても2位の座にありますので、オーナーや不動産会社が知らない内に賃貸先が犯罪者の巣窟となっている危険性があります。

 これは在日外国人検挙数1位の朝鮮系にしても同じ事で、総数が減っている分検挙も減っているとはいえ、それでも未だに中国に対してダブルビハインドの3000超え、約100分の1の確率ですから、貸す側だったらそんな高確率な博打なんて打ちたくないと思っても当然です。

 また、マナーの点にしても、アパートやマンションといった集合住宅で上記のキムチや干物などを作って悪臭を撒き散らす、夜中でも平然と騒音を撒き散らす、家族や友人などを契約内容を無視して大勢住まわせる、痰や小便を平然とそこらでする、共有部分の敷地を占拠する、etc…

 そういったトラブルで隣室が埋まらないとか、隣室と喧嘩になるなんて話、幾らでもありますので、わざわざリスクを取ってまで部屋を埋める必要性があるかという話にもなりますし、外国人の場合は連帯保証人という問題もありますし、契約書を読めないのに、サインしちゃう方がよっぽど問題ではないんですかね?

 私自身、かつてアパートに住んでいた時に隣の部屋に越してきたフィリピン系の一家の常識、良識の無さや騒音に悩まされ、大家に苦情を幾度も述べたけど、外国人なので「ジンケンガー」と騒ぐクズどもと揉めるのを恐れた大家に何も対応してもらえませんでした

 ま、最近では外国人や留学生専用なんて貸し出しの仕方をしている賃貸物件やそういったものを纏めて扱う不動産もありますので、わざわざ社説でこんな寝言を書かなくても、そちらを使うよう案内すればいいだけの話なんですけどねぇ?

 特に多民族国家でさえ他の民族と馴染めず、群れを形成して法秩序を乱す朝鮮のケダモノなんて、そもそも共存の意思自体持っていないわけですし、加えて日本にとって見れば南も北も侵略や拉致をして日本人に害を為すだけの敵性国家でしかないのですからそんな連中と共存とかできるわけが無いし、そもそも自分と異なる思想・信条を認めず、捏造や歪曲してまで相手に罵声を浴びせるバカヒがほざいたって寝言にすらなりませんよ。

 因みに、戦争に負けるまではそもそも朝鮮も台湾も日本の領土であったのですから、そこに住んでいるのは当然、日本人となります。

 だから日本の法律が適用されて国籍は日本となり、選挙権や被選挙権も法に従って与えられたし、地方公務員どころか中将になれたり、知事や議員にだってなれたし、日本人としてオリンピックに出場してメダルを取る事だって出来た

 でも、戦後それらの領土は放棄させられたわけですから、日本の領土でない以上、そこの出身者も出身地の国籍が優先される事になるし、だから帰国の為の支援事業もやっていて、最終的に残った終戦前からの在日朝鮮系は200ちょっとにまでなった。

 52年に指紋押捺が必要となった正確な理由までは分りませんが、ハッキリしているのはその時期、南北戦争もあって朝鮮系の不法入国が増加の一途を辿っており、また、日本共産党に加わった4桁の朝鮮のケダモノ達が日本各地で暴力犯罪等凶悪事件を繰り返し、竹島を南朝鮮が略奪した挙句、日本人漁民を人質にして殺人等重犯罪を犯して収監されている同族の釈放を解放条件とするテロ行為も行っており、外国人、特に朝鮮のケダモノどもが日本の安全と発展にとって極めて有害であると証明されていた時代です。

 証拠に1949年時点で吉田茂が台湾人とは異なり、朝鮮のケダモノどもは有害無益で日本の邪魔にしかならないから、費用は日本が全額払うので全て送還させてくれとマッカーサーに頼み込んでいますからね。

 就職にしたって、外国人故の言語能力の不足とか、読み書きが十全に出来ないなど、そもそも希望した職務と能力が合っていないのが原因って可能性だって十二分にあるでしょうに、断られたというだけで十把一絡げに差別とか、思考が愚昧すぎです。

 例えば、コンビニやファーストフードの店員じゃあるまいし、営業や販売をさせるのにわざわざ日本語に不自由な人間を企業が雇うと思いますか?

 本当にそう思っているなら朝日は募集要項で日本語が出来ない外国人でもOK、宗教の祈りの時間も場所も何も全て希望するまま配慮しますとでも、今後の要項で必ず記して見せろって話ですよね?

 郷に入らば郷に従えという言葉が日本には昔からあります。

 その地毎の文化や習俗、歴史や風習があるのに、自分達の都合だけ主張して馴染もうとしないものを受け入れるのは軋轢の元にしかならないわけで、法に触れるようなモノや公序良俗に反するモノだというのなら兎も角、多様性だの多文化だのとクダラヌ戯言に何故先住民族であり国民である日本人側が一方的に譲歩せねばならないのやら?

 特に朝鮮のケダモノなんぞ70年も前ですら有害無益と看做される存在であり、今尚生活保護の不正受給や犯罪行為を多数引き起こし続ける危険な特定外来種に対でしかないのに、問題視したり懸念を示すだけで「シャベチュダー」ですもの。

 それにしても、普段は自国の総理大臣を思想が異なるからという理由で罵り、同類どもがぶったぎってやるだのと害意を示そうが、ヒットラーに準えて人権や人格を汚す犯罪行為のプラカードや写真を掲げても平気な顔をして差別や人権侵害から顔を背けるくせに、こういう時は人権の守り手みたいな顔をしてバカの一つ覚えを喚きだすんですから、本当にキモチワルイ生き物ですよね、ブサヨどもって。
07月20日(木)

ダブスタゴキブリ男の醜悪な言い訳 

19日付けの産経ニュースの記事から

橋下徹氏が有田芳生参院議員に激怒 有田氏、蓮舫氏の二重国籍問題は「人権侵害」 橋下氏の出自暴露は「面白い」 「ダブルスタンダードだ」「有田、早く辞職しろ」
2017.7.19 20:32
 民進党の有田芳生(ありた・よしふ)参院議員(65)に日本維新の会の橋下徹法律顧問(48)=前大阪市長=がインターネット上などでかみついている。

 民進党の蓮舫代表(49)が自身の戸籍謄本の一部など関係書類を公開した件で、有田氏が蓮舫氏に公開を求めた人々を「差別だ」として非難したことを、橋下氏は自分の出自が週刊朝日に報じられた際には有田氏が「面白い」と言っていたと指摘し、「自分の嫌いな相手なら面白く、自分の所属する党の代表なら人権問題にするのか」として、有田氏の姿勢を「ダブルスタンダード」と激しく批判した。

 有田氏は14日、言論ニュースサイト「リテラ」に緊急寄稿。「複数の議員がツイッターで(蓮舫氏の)戸籍提出に賛同する意見を表明した」ことを「蓮舫代表に個人情報の開示を求めるのは、出自による差別を禁止している憲法第14条や人種差別撤廃条約の趣旨に反する差別そのものである」と指摘。

 さらに昭和50年に起きた「部落地名総鑑事件」を引き合いに、「(この)教訓から、企業が採用選考のとき、応募者に戸籍の提出や本籍地の確認を求めることが禁止されるようになった。蓮舫代表に戸籍の開示を求めることは、こうした人権擁護の歴史に真っ向から反するものだ」として、蓮舫氏に戸籍の開示を求めることと、部落差別を同質のものと指摘した。

 これに対し、橋下氏は19日に「プレジデントオンライン」(プレジデント社)に「有田芳生の人権派面は偽物だ!」と題して寄稿し、有田氏を「こいつだけはほんと許せないね」と罵倒。

 理由として、橋下氏の出自問題が週刊朝日に掲載された平成24年10月、有田氏が「これは面白い」とツイートし、橋下氏が猛反撃した際、「よく分からん言い訳」をしたと指摘。一方で蓮舫氏の戸籍開示について、人権を盾に開示を許すな、と主張したことを「典型的なダブルスタンダード」とかみついた。

 「有田は自分が嫌いな相手(僕)の出自が公になることは面白く、自分の所属する党の代表の、ちょっとした戸籍情報が開示されることはプライバシー侵害になり、人権問題にもなるから許されないと言うんだ」(原文ママ、橋下氏の寄稿から)とまで指摘した。

 それでも怒りが収まらないのか、自身のツイッターで「戸籍の開示は差別助長に繋がる!だって? 自称人権派は恥ずかしげもなくよく言うよな。俺は出自について散々報じられたけど、自称人権派は誰もその報道を批判しなかった。あの報道に比べれば蓮舫さんの戸籍開示なんてどうってことないこと」と投稿した。

 このツイートには、有田氏の24年10月の「佐野眞一『ハシシタ 救世主か衆愚の王か』(週刊朝日)がすこぶる面白い。(中略)橋下市長は朝日新聞の取材をさっそく拒否。佐野さんの戦術にまんまとはまってしまったのは、その性格を知らない無謀反応だ」などというツイートを添えて、「参議院議員有田芳生が僕の出自を面白がっている証拠。それが今、蓮舫さんの戸籍開示が差別に繋がるだって。有田、早く辞職しろ。自称人権派は有田を責めないのか?」と怒りのこもったツイートを立て続けに投稿した。

 週刊朝日の当該記事に橋下氏は「遺伝子で性格が決まるとする内容」だと激しく反発し、週刊朝日を発行する朝日新聞出版と佐野氏を提訴。27年2月、橋下氏の主張を認める形で和解が成立した。(WEB編集チーム)

 呆れ返るのはレイシスト有田ゴキフの言い訳ですね。

 「橋下さんと産経記事は何を面白いと書いたのかをあえて隠した文脈無視の言いがかり。」「「ザ・ワイド」に1回だけ出演して降板させられた腹いせではないかと思えてしまう。」

 言い訳にすらなっていない戯言を垂れ流し、挙句に相手を侮辱しての自己弁護…流石は人種差別法案を提出し、可決させた世紀のレイシストですよね。

 そも、差別記事を書いた佐野ってレイシストも掲載した朝日も結局自分達の行為が差別であったと認め、謝罪する事で和解したのが同事件(当事の朝日新聞出版社長は引責辞任している)であり、その問題となった記事を上記のように「すこぶる面白い」と嘲笑ったのがゴキフです。

 中略されている部分も、レイアウトも斬新だとか、取材コンビが最強だとか、記事そのもの以外の部分も付け足しで褒めているだけなので、掲載されていてもいなくても、文脈に影響なんてありませんので、誰がどう読んでも佐野の差別記事を評価しいている以外の結論にはなり得ません。

 ましてや差別に対して激怒し、取材拒否した事についても戦術にまんまとはまっただの、無謀反応だのと嘲笑っていた

 無論、自民党議員が戸籍謄本及びアメリカの国籍離脱証明書を公開した時も黙殺していた

 それが自分のところのペテン師の話になった途端、詐欺行為を重ねている事などを全て無視して、国民が政治家としてその見っとも無くおっ立てている襟を正せと声を挙げて求めるのは差別だ、ですからね。

 自らを二重国籍である、中国籍である、台湾籍であると、過去に繰り返し多重国籍者である事を宣言しているにも関わらず、国籍離脱をしていると嘘をついて選挙に出馬し、国会議員になり、責任も取らず未だのうのうとしているのが蓮舫って最低最悪のゲス婆です。

 この時点で既に国籍法と公職選挙法に反しているのは明らかですし、昨年末には告発した団体もあります。

 18日の会見にしても、呆れ返る詭弁の連発で、更に嘘に嘘を重ねただけでしたし、他ならぬ台湾人から蓮舫の出した台湾国籍喪失許可証は偽造では無いかと疑義が示されています。

 透かしが無い、押印が矢鱈と濃くて掠れも無い、写真が選挙ポスターのもので認められていない構図、失効していると言っていたパスポートで申請という有り得ない手続きなどが指摘されており、もしこの偽造が事実なら更に蓮舫は台湾まで巻き込んだ公文書偽造事件も起こした事になります。

 やらないと宣言した戸籍謄本の開示をした事以外、「適当な偽造資料や追加の虚言でお茶を濁そうとしている」という私の予想はマンマ大当たりと、ちっとも嬉しくない、政治家として以前に人として最低な会見でしたね。

 国民の代表であり、国民の範たる国会議員が虚偽の記載・発言を繰り返し、しかも複数の法律に違反し、更に公文書偽造まで疑惑が出ているのに、それを証明しなくてもいい、求めるのは差別だとか、本当に頭のデキが悪すぎますよねぇ、ゴキフらって。

 そういう輩の日本国籍は剥奪してもいいって、十数年前に辻本が言っていたってのもネットでは取り上げられているんですけど、その辻元も自分のところの外国人にはそれを求めない…いやはや、何処まで行っても自分達が正義であり法律だっていう独裁気質なんですよね…

 まぁ、伊達に日本国民をゴキブリ呼ばわりしながら、日本国民に対してのみ差別する法案を作ってゴキブリ呼ばわりはヘイトだなどとはしゃぐイカレ頭ではない、というところでしょうか?

 これでよく安倍総理や自民党を独裁だなんだと言えた物ですよ。
07月19日(水)

結局自国生産できなかった戦車のパワーパック 

18日付けの産経ニュースの記事から

韓国の新型K2戦車、泥沼の裁判沙汰へ 性能不足で軍とメーカーが対立
2017.7.18 05:30
 韓国の新型戦車「K2(黒豹=フクピョ)」の開発が失敗に終わろうとしている。開発開始(1995年)から20年以上たつものの、エンジンの大出力を駆動系に伝える変速機の開発がうまくいかず、試作品は国(防衛事業庁)の試験に落第また落第。ついに変速機の生産メーカーS&T重工業が「試験方法や性能要求が厳しすぎる」として防衛事業庁を訴えたのだ。現地メディアによるとS&T社は本訴も予告しているといい、国産戦車開発は“泥沼”にはまり込んだ格好だ。(岡田敏彦)

 赤点は誰のせい?

 訴訟トラブルは6月末に明らかとなった。韓国通信社の聯合ニュースなどによると、K2戦車の変速機を開発していたS&T社が変速機の耐久試験に“ギブアップ”したのだ。

 S&Tの主張は「韓国の国防規格は、走行距離が9600キロに達するまで欠陥があってはならないことを意味している。この耐久試験中に欠陥が発生した場合、最初から試験をやり直さなければならない」というもの。同社では試験に時間がかかるとし「このままでは試験を無限ループするしかない」とし、国防規格や試験方法の変更を求めたが受け入れられなかったとして、再試験中断を求めソウル中央地裁に仮処分申請を出したことを6月30日に明らかにした。

 国の定めた規格が厳しすぎるという主張だが、これは「私が試験で赤点なのは、試験問題が難しすぎるからだ。もっと簡単な問題に変えるべきだ」というに等しい。というのも“他の生徒”は試験に合格しているのだ。

 現地メディアによると、かつてK2の変速機は、いつまでたっても国産化できず、車体だけが多数完成して倉庫で埃をかぶる状態になっていたとされる。そこで韓国政府はドイツ製のパワーパック(変速機とエンジンが一体化されたもの)を約100台分購入し、なんとか完成させ、軍に納入した。一方で「これでは当初予定していた国産化とはいえない」として、その後も変速機(とエンジンを一体化したパワーパック)の国産化にこだわってきた。

 ところが韓国製の変速機は試作したものの試験のたびに欠陥が明らかになり、ドイツ製との「質の差」が明らかになるばかり。既にドイツ製を搭載したK2戦車は実戦配備され、何の問題も起していないのだ。

 これほど差がつく背景には、歴史的な技術力の蓄積の違いがある。

外国頼み

 韓国では冷戦時代、M48など米軍の中古戦車を大量に使用してきたが、1970年代には北朝鮮軍も強力な戦車を配備したことが明らかになり、相対的に旧式化が進んだ。

 このため韓国政府と軍は80年代に独自の戦車開発を模索したが、ノウハウが全くなかったため、米クライスラー社に設計を依頼した。同社は当時、米軍の主力戦車M-1エイブラムスの開発・製造に携わっていたことも考慮された。

 開発、試作は全て米国側の手で進み、生産は韓国という形で初の「韓国産」戦車のK-1量産車が84年に誕生した。とはいえ、韓国での生産は、全て米国の指示通りに作るだけのもので、部品や機構の形状や強度の必然性について理解する必要はなかった。

 後に韓国軍はK-1の主砲を105ミリ砲から120ミリ砲に強化したK1A1を独自開発したが、重量増加でやはり変速機に故障が続発するなど、トラブルに見舞われている。単純な「組み立て作業」から脱却できていなかったのだ。

 しかし変速機といえば乗用車やトラック、ブルドーザーにもバイクにも、つまりエンジンがついているものには漏れなく付随する機械だ。韓国でも乗用車を生産しており、未知の機械ではない。このあたりで韓国の“戦車業界”は勘違いしたようだ。自動車の変速機が国産できるのだから、戦車の変速機も国産できるはずだと-。(後略)

 まぁ、連中特有の病気ですからね、出来もしない国産化をやって無駄な鐘と時間を浪費するのと、技術も技量も無いのに高性能高価格な兵器を買って駄目にするのは。

 流木や荒天にあっさり負ける似非イージスとか、自爆でエンジン全損して漂流する強襲揚陸艦とか、真っ直ぐ走る事もできない上に強風で沈没するミサイル艇とか、常に騒音を撒き散らして居場所を誇示する潜水艦とか、真後ろに向かって飛んでいくミサイルとか、明後日の方向に進んで行方不明になる魚雷とか、氷点下になると着氷して壊れるヘリとか、デカくて重くて暴発する小銃とか、肝心な時には壊れて使えないレーダーと自走砲とか、マンホールに撃墜されたり機体に問題が無くても海へ突入自爆するF-15とか、もはや飛行可能な機体が残っているのかも怪しい空中警戒機とか…

 他にも着ていると熱中症になれるサウナスーツとか、防弾能力のない防弾チョッキとか、他国に嘲笑われるためにわざとやっているんじゃないのかってレベルの真似をこれでもかと税金でやりますからねぇ…

 分不相応な比率で軍事費を投入し、それを片っ端からどぶに捨てる姿は、キ印ならではとしか評せません。

 今回のK2にしても当初の発表では9割を国産、残り1割の外国産はどうでもいい部品だというような事をほざいていたのに、実際には国産部品のせいでそもそも動かす事さえ出来ないという体たらくで、最後には要求値が高いから下げればいいという呆れ果てる結論ですからね。

 自分達が分不相応なものを求めた結果だと、きっとこの状況ですら理解出来ないのでしょう。

 というか、K1の105mm砲を120mmに強化したK1A1が「重量増加でやはり変速機に故障が続発」という時点で中学レベルの物理とすら呼べないような基本的な力学さえ、あのケダモノどもには理解できていない事が分りますよねぇ…

 105mm→120mmという事は約15%程口径が大きくなっているので、重さも相応に増えているはずであり、車体そのものの重量も増すし、砲身という前に突き出す形での重量増加は車体バランスも変わるわけです。

 そうやって発生した重量増及び移動や停止、発砲での反動強化は変速機に大きな負荷を掛ける事になりますので、元々それすら吸収できるくらい十二分に余裕のある設計でもなければ、吸収しきれずに壊れるのは当然です。

 例えるなら、20kgの米袋を担いでフラフラする人間に、30kgの米袋を担がせたようなものであり、そのせいで立っていられなくなってもむしろ当然の結果だと思いませんか?

 そも、自動車だって南朝鮮製と言えば海外で値段以外価値が無い欠陥品と嘲笑われていたような代物ですよ?

 結局、他国のものをデッドコピーするしか能の無い連中に、戦車の自主開発なんぞ夢のまた夢だったってことです。
07月17日(月)

違反者を特権者として扱えとのたまう阿呆ども 

14日付けの毎日新聞の記事から

<妊娠中退>子供のためにも卒業支援を…NPO世話人ら発信
2017/7/14(金)21:07/td>
 「高校生が妊娠したら即退学、でいいのか」。シングルマザー支援や貧困問題に取り組む関係者らから、そんな声が出始めている。妊娠した生徒の多くは自主退学の扱いで高校を去るが、国や自治体は実態を把握していない。専門家は「そのまま放り出されれば生活に行き詰まる可能性が高く、生まれる子にも貧困が連鎖する」と対応の改善を訴える。【黒田阿紗子】

 昨年春、NPOの立場で政策提言に取り組む「全国子どもの貧困イニシアチブ」の世話人3人は、議論するうち、日々の活動で同じ問題意識を持っていることに気付いた。

 「昔から妊娠した高校生は中退するのが当たり前になっているけれど、中卒と高卒では収入に差が出る。むしろ中退させないよう自立に向けて支えるべきでは?」と1人親を支援する「しんぐるまざあず・ふぉーらむ」の赤石千衣子理事長。子どもの学習支援に取り組む「キッズドア」の渡辺由美子理事長、保育事業などを手掛ける「フローレンス」の駒崎弘樹代表理事も賛同し、ブログなどで発信を始めた。

 妊娠を機に高校をやめ、パートナーとの新生活や子育てに夢を膨らませる生徒もいるが、現実は厳しい。夫婦が離婚する割合は10代後半が最も高く、シングルマザーになれば多くは生活に困窮する。改めて高卒の資格を取るにも、サポート校に通うのはお金がかかる。中卒でも働き口があった時代とは違い、生活保護に頼るか、性風俗業を選ばざるをえないケースも珍しくない。

 だが、高校側は通学の継続に抵抗感が強い。全国の産院でつくる「あんしん母と子の産婦人科連絡協議会」の鮫島かをる事務局長は、妊娠した生徒が担任教諭に「高校を続けたい」と相談したところ「他の生徒に悪影響が及ぶ。誰にも言わないでおいてあげるから自主退学しなさい」と言われたケースに直面した。「内緒で中絶すれば続けられ、産むと退学に追い込まれるのはおかしい」と憤る。

 「私、夢とかないんだよね。他に夢が見つけられてたら、子どもを産むのは今じゃなかった」。生活困窮者支援に取り組む一般社団法人「インクルージョンネットかながわ」の鈴木晶子代表理事は、女子高校生のこんな言葉が忘れられない。

 彼女は「大学に行くお金はないから、18歳で自立しなさい」と言われて育ち、中退後も親を頼れなかった。「貧困で選択肢を狭められ目標が持てないと『家庭』に憧れやすい。これが若年妊娠の背景にある」と鈴木さん。「生まれてくる子のために高校を卒業しよう、と思わせる支援が必要。国は実態を把握して服装や出席日数など配慮すべき例を示し、本人の退学の意思が強いなら、生活相談や資格取得の支援につなげるべきだ」と訴える。

 ◇自治体、実態調査なく「学ぶ権利を奪わないで」

 文部科学省によると2015年度の高校中退者は全体の1.4%の約4万9000人。「妊娠」は理由を調べる項目にないため、どの程度含まれるかは不明だ。人口動態統計では、16年に10代の母が産んだ子は1万1095人に上る。

 在学中に妊娠しても高校をやめなければならない規則はない。文科省は「学業継続の意思がある場合は、母体保護を優先して教育上必要な配慮を行う」との立場だが、15年には岩手の県立高が「妊娠は退学処分」との内規を設けていたことが発覚した。妊娠を「問題行動」と捉える風潮は学校現場で根強い。

 三重県内の高校の養護教諭(53)によると、保護者が「娘を好奇の目にさらしたくない」と退学を申し出ることもあるという。教諭は生徒に通信制などへの転学を勧めるが「妊娠したら学校を続けるべきでない、という社会の雰囲気がある」と指摘する。

 子どもの権利に詳しい山下敏雅弁護士(東京弁護士会)は「生徒や保護者には、退学を促されても断れるという認識が薄い。学習権は全ての子に等しく保障されていることを社会が理解すべきだ」と話す。

 なーんか、何処までも的外れで頓珍漢な事を書いているなぁと思ったら、安定の変態新聞でしたね。

 さっすが、未成年の学生による性交問題を捏造してまで世界中に流布する新聞社、それによる妊娠への感心もとってもお高いようで。

 特に頭の足りないバカガキが淫行を働いて自分の首を絞める結果になりましたというだけのどうでもいい、実にクダラナイ話になんで人様の税金を投じてやらなければならないのか、その根本的な理由がなーんにも書いていないってのが実に変態らしい。

 こんなものは人道でも人権でも何でもない、パチスロにのめりこんで借金作って破産するバカどもと同列の、相手にする価値さえない話なのにねぇ?

 だってそもそも、中学だろうが高校だろうが、不純異性交遊は禁止であり、逆にそれを認めている学校なんて何処にもありませんよ?

 そして、妊娠するには学校の禁止する不純異性交遊をした結果であり、その時点で停学なり、退学なり、処分を受けるのは違反者として当然にすぎません。

 それに妊娠後の身重の体でどうやって修学するのかって話ですよねぇ?

 つわりどころか、妊娠悪阻になって学校へ通う事も出来ないケースだってあるでしょうし、学校に来て保健室で休むようでは本来の病気や怪我で使用する必要がある生徒が使えないなんて事にもなるでしょう。

 体育の授業なんて特に自己都合で当然受けられなくなるわけですが、単位を落すのは当たり前と甘受できるのかって話です。

 実際、十代の半ばから後半に入る多感な時期の学生らに対して、法令や学校が禁止する性行為をして妊娠していますなんてのが混じっていれば、悪影響を与えないわけもないし、それ以前の問題として秩序を破り、乱す輩を学校が歓迎する道理なんて一切無いのは当たり前過ぎる話だと思うのですがねぇ…まぁ、自分達の主張を捻じ込む事しか考えないバカどもには法律やルール、道理なんて通じるわけもありませんけど。

 「生まれてくる子のために高校を卒業しよう、と思わせる支援が必要。国は実態を把握して服装や出席日数など配慮すべき例を示し、本人の退学の意思が強いなら、生活相談や資格取得の支援につなげるべきだ」

 ホント、何で国がそんな馬鹿げた行為に金と時間と労力を割かねばならないのか、最低限ソレ位は教えて欲しいものです。

 ルールを守れないし、それが自分にとって致命的な事態を招くと理解した上で好き勝手やっているんですから、責任も当然己が全うすべき話に過ぎませんし、違反者へ特例の優遇措置を設けねばならない特段の理由だって一体何処に存在するんだっての。

 何より呆れ果てるのが、このNPOってアホどもはルールを守れないクズを優遇しろ、特権者様にしろと喚くだけな事です。

 本心からコレが問題だと思っているのなら、むしろそういうクズが出てこない教育を学生らに徹底する方が余程重要だと思いませんか?

 避妊具程度、コンビニやドラッグストアで簡単に買えますし、学生で妊娠する事のリスクだってそういう阿呆どもと面談を繰り返してきたなら幾らでも学生に教える事が出来るはずなのに、未然に防ぐ努力は一切語らず、むしろそういうクズの量産を後押しするような事を国がしろなんてほざくんですから、本当に救いようが無い

 十代で自立して生計を立てられ、子育てもキチンと出来る…ハッキリ言ってそんな輩は殆どいませんよ。

 大抵は誰かしら、何がしかのサポートが必要になりますし、十代の遊びたい盛りに仕事と子育てで忙殺されるとなれば、そりゃあ離婚となるケースが多いのも当然です。

 「貧困で選択肢を狭められ目標が持てないと『家庭』に憧れやすい。これが若年妊娠の背景にある」なんてのも体のいい言い訳に過ぎません。

 金が無い中で努力や工面で成功した人間なんて幾らでもいますし、親が金も無いのに妊娠して生まれた結果が己だって事を理解も出来ず同じ事を繰り返して自分も子供も貧困に喘ぐとか、考える知能を持たないバカだから以外にどう評しろっていうのやら?

 本来学生ってのは、そういう人生や社会について色々吸収する為の期間であり、学校と言う入れ物の中で不特定多数の他人と関わっていく事によって自身と他人との違い、家庭の違い、できる事とできない事、向いているものと向かないもの、そういってものを学んでいく立場であり、就学しながらバイト等と通じて社会を学べるのも学生ならではです。

 なのに、自らその環境を放棄して淫行に耽り、身篭ってそれを台無しにするなんて、正直何のために生きているのかさえ、私には理解しかねます。

 何せ自分がした苦労を残りの人生でも続けようとするだけでなく、子供にも負わせようって話なわけですから。

 それこそ、相手がどこぞの金持ちのボンボンで将来の心配が何も無いし、キチンと責任を取ってくれると確証があるとかって言うなら別ですけどねぇ?
07月15日(土)

反原発を掲げれば国民から信頼してもらえると勘違いするバカヒの滑稽さ 

13日付けの朝日新聞デジタルの記事から

民進党 勘違いしていませんか
2017年7月13日05時00分/td>
 民進党は大きな勘違いをしているのではないか。

 東京都議選の敗因分析に向けた党内議論を見ていると、そんな疑問を抱かざるをえない。

 国会議員の会合では「解党的出直し」を求める声に加え、蓮舫代表の「二重国籍問題」に矛先が向いた。蓮舫氏は「いつでも戸籍開示の用意がある」と、戸籍謄本を公開する意向を示したという。

 民進党の議員たちに問う。

 蓮舫氏が戸籍を公開すれば、党勢は上向く。そう本気で思っているのか。

 旧民主党政権の挫折から4年半。民進党が民意を受け止められない大きな原因は、そうした的外れな議員たちの言動にこそあると思えてならない。

 今回の都議選で民進党は、前回の15議席から5議席に獲得議席を大幅に減らした。国政での野党第1党の存在意義が問われる危機的な敗北である。

 さらに安倍内閣の支持率が急落する中、民進党の支持率は本紙の世論調査では5%にとどまっている。

 「共謀罪」法や加計、森友学園の問題などで、民進党が安倍政権を問いただす役割を担ってきたのは確かだ。

 なのになぜ、野党第1党の民進党が、政権の受け皿として認知されないのか。

 都議選では小池百合子知事率いる都民ファーストの会の躍進があった。しかしそれだけではない。政党にとって何よりも大事な政策の軸が、定まらないことが大きい。

 象徴的なのは原発政策だ。

 なし崩しの原発回帰を進める安倍政権に対し、民進党が脱原発依存の旗を高く掲げれば、鮮明な対立軸を示せるはずだ。

 そのことが分かっていながら、電力会社労組などへの配慮を優先し、政策をあいまいにする。大きな民意を見失っていることが、党勢低迷の根本的な要因である。

 「二重国籍」問題で、蓮舫氏の説明が二転三転したことは、公党のリーダーとして不適切だった。

 だが、主な敗因とは思えない「二重国籍」問題に議員たちがこだわるようなら、国民はどう受け止めるだろう。

 もう一つ懸念されるのは、蓮舫氏が戸籍謄本を公開することが社会に及ぼす影響だ。

 本人の政治判断とはいえ、プライバシーである戸籍を迫られて公開すれば、例えば外国籍の親を持つ人々らにとって、あしき前例にならないか。

 民進党と蓮舫氏はいま一度、慎重に考えるべきだ。

 流石にバカヒでも山口らトンデモな似非識者どものように「シャベチュガー」とバカ丸出しの喚きを直接は上げられなかったようで、方向性を変えてきましたね。

 そも、都議選での大敗北だって、「国政での野党第1党の存在意義が問われる危機的な敗北である」と記していますが、もはや都民ファや自民、公明どころか共産党にすら議席数で負けており、かつての社民党と何ら遜色が無い状態であるにも関わらず、自民党が負けたのが嬉しくて酒を飲んでいると、酒の画像をツイッターにアップする有田とか、危機感なんてものを抱いてすらいない脳無しが普通にいるのが民珍ですからねぇ…

 政権詐取をした2009年なんて54議席だったわけですから、実に11分の1程度まで10年掛からずに議席を減らしたわけですし、世論調査の数字もバカヒの記すように自民から離れたものが民珍に流入せず5%とという末期的な状態のままとなっており、自民党云々以前の問題として民珍に対する国民の嫌悪感と不信感が尋常じゃなくなっている結果でしょう。

 もっとも、バカヒとて反原発政策を掲げろとかバカ丸出しの事をほざいているんですから、理解力なんて所詮上辺程度しかないのに違いはありませんけど。

 そんなもので支持が上向きになるなら、何でミンス政権は大敗して消滅したんだ、空き管は内部崩壊で総理大臣の席を失ったんだって話ですよねぇ?

 独裁による強権発動で原発を無理矢理全て停止させたのに、国民どころか身内のミンス内からも大顰蹙を浴びたことの説明が全くつきません。

 民珍が評価されない理由なんて、そも評価出来る政策や実績が何も無く、おまけに議員個々で見ても票を投じよう、こいつなら任せられる、信用できるという輩が存在しないからに決まっているのにねぇ?

 かつての社民に準えられるように、ただただ反対の為の反対をし、自分達の不正や違法行為には砂糖菓子よりも甘く、言動に対する責任も持たないし、己を省みもしないで放言三昧…一体何処に魅力を感じろというのか?

 二重国籍の話だけ見ても、自らを在日外国人であると複数の新聞や雑誌で公言しているにも関わらず、生まれた時から日本人だの、17歳で台湾籍を抜いただのと大嘘を垂れ流してその後二転三転と虚偽のストーリーを展開して嘘に嘘を重ね、最後にはプライバシーがどうの、子供がこうのと、人権や子供を盾に違法行為に対して一切責任を取らず逃げることにしたわけです。

 その後も、首相との党首討論で首相を嘘つき呼ばわりしながら実に7回も嘘を垂れ流すという呆れ果てる真似をし、更にその事実についても黙殺して被害者らに謝罪もしないという人間性に大いに欠落を抱えた輩である事を自ら披瀝しているわけです。

 こんな最低最悪のペテン師を、それも国籍法に違反しているのが明白の状態で党首に祭り上げたのが民珍であり、憲法守れだのと総理大臣に噛み付く一方で自分達は相変わらず法律なんて守ろうと思ってすらいないのを行動で知らしめているんですから、山口だの香山だのって異常者でもなければ評価などするわけがありません。

 それに「主な敗因とは思えない「二重国籍」問題に議員たちがこだわるようなら」なんて書いていますけど、そもそも都議会運営に何の関係もない国政の、それも関西や四国の学校の話を持ち出して、明確な犯罪の証拠さえ掲示しないで都議選での自民叩きに利用してきたバカヒがどの面下げてほざいているのって感じですよねぇ?

 それも天下りと売春をやっていたようなクソ野郎を、かつて散々貶していた事を忘れ、英雄のように祭り上げながら。

 それこそ民珍に高説垂れる前に、こういうご都合主義や都合の悪い事実を隠蔽する差別主義を繰り返してきた結果、発行部数減少に歯止めの掛からなくなった自社の言動を見直す方が余程急務じゃないのかと。

 実際、先のエントリでも記していますが、自民党議員が自ら二重国籍で無くなった事を公表したときにはそれを諌めたり、苦言を呈したりなど一切していないのに、蓮舫の話になった途端に「本人の政治判断とはいえ、プライバシーである戸籍を迫られて公開すれば、例えば外国籍の親を持つ人々らにとって、あしき前例にならないか」と意味不明な事を騒ぎ出すんですから、本当にコイツらって墓穴を掘るのが大好きですよね。

 あしき前例だそうですが、そもそも「外国籍の親を持つ人々ら」に対して、誰が、一体何の目的で、戸籍の公開を要求するのでしょう?

 蓮舫は一般人ではなく、国会議員です。

 国会議員になる資格は日本国籍の保有であり、国籍法で二重国籍を日本は明確に拒絶している以上、外国籍を持った国会議員の存在というのは認めていないという事です。

 にも関わらず、二重国籍状態を意図的に続けたまま国会議員で居続け、解消の努力もしないできたのですから、蓮舫の証明は国会議員としての義務です。

 他方、蓮舫のように公職選挙法や国家公務員法等に関わらない、一般職の人々が二重国籍であったところで国籍法の義務を果たしていないという以上の問題は無く、国と当人の問題でしかないので、他人に開示する義務もなければ、他人が請求する権利もありません。

 公開したところで前例にも何もなり得ないわけで、結局バカどもの幼稚な言い訳以上の何物でもないですし、虚偽の言動を重ねて違法行為を隠蔽しようとし続け、更に解消した事実の公表も拒否してきた事は「不適切」なんて言葉で片付けてよいものでは絶対にありません。
07月14日(金)

ペテンの二重国籍婆と必死にそれを擁護するレイシスト達 

13日付けの産経ニュースの記事から

民進・蓮舫代表 18日に「二重国籍」解消の証明書類を開示 記者会見で表明
2017.7.13 15:32
 民進党の蓮舫代表は13日の記者会見で、台湾籍と日本国籍の「二重国籍」問題について「一私人でなく一公人でなく、野党第一党の党首として安倍晋三首相に強く説明責任を求めている立場から、台湾籍を有していないことが分かる部分を伝える準備がある」と述べた。蓮舫氏は18日に公的書類を開示し、記者会見を開く方針だ。

 蓮舫氏は書類開示の理由について「共生社会を作る民進党の理念に一点の曇りもないが、私自身の二転三転した説明に疑念が残っているのであれば、それを明確にしたい」と強調した。

 日本国籍の選択宣言をした日付の証明となる戸籍謄本の開示は「戸籍は個人のプライバシーに属するもので、差別主義者、排外主義者に言われて公開するようなことが絶対にあってはいけない」と述べた。謄本の全面開示は否定したが、「何を資料として示すかについて弁護士も含め整理している」と語り、部分開示に含みを持たせた。

 蓮舫氏は昨年10月、台湾籍の除籍手続きを進めた上で戸籍法に基づき日本国籍の選択宣言をしたと表明した。ただ、戸籍謄本の公開は家族のプライバシーを理由に拒否していた。

 ペテン師が新たな嘘を吐いたところでそんなもの誰も信じるわけがないのに、それで解決すると思っているんですから…本当に頭が足りませんよねぇ?

 ここまで一年近く、虚言による言い訳と言い逃れを続けて国民に背を向けてきたこの下劣なペテン師が、今更本当のことを明らかにするか甚だ疑問でしたが…

 やっぱりというか案の定というか、戸籍謄本は公開せず、適当な偽造資料や追加の虚言でお茶を濁そうとしているようですね。

 或いは、台湾籍を抜いたけど、まだ自身や子供の中国籍がありますとかで、公開出来ないのかもしれませんねぇ?

 何せわざわざ出産のため、医療技術や環境衛生等で日本に遥かに劣る中国入りするような異常者ですから。

 また、この民珍内の内ゲバ騒動について、パヨクは自民党の陰謀説を喚きだしたり、敵に塩を送る行為だとか喚いたり、毎度の意味不明な戯言を並べ立て騒いでいますが、特に笑えるのが民珍信徒の山口二郎って蛮人です。

 あの香山リカらと一緒になって差別がどうの、基本的人権がどうのともう半狂乱で喚きだしているんです。

 「民進党は基本的人権の観念を理解しない政党なのか。日本の法律に則って選挙に立候補し、国会議員になっているという説明で十分ではないか。」「蓮舫が今、「真正な日本人たれ」という同調圧力に屈したら、それは選挙の敗北なんかよりはるかに大きな害悪を後世の日本に残すことになる。公職に就く人が自分の戸籍謄本を公開して自分は神聖な日本人だと言わさ得るような社会を想像してみよう。それは悪夢だ。」「一政党の消長よりも、日本における基本的人権にかかわる重要な問題。私も明日香山さんと一緒にこの点について話をしたいと思う。これは絶対に譲ってはならない一線だ。公的な活動、発言をするときに、自分は真正な日本人であることをいちいち挙証しなければならないなんて、全体主義国家だ。」「そもそも真正な日本人などという言葉自体が妄想である。」

 とまぁ、ここまで連続で国籍法違反の犯罪者ババア擁護を喚き散らしているわけですが…もはや半分どころか完全に狂乱・錯乱状態と言えますね。

 国籍法は日本と他国の二重国籍所持を認めていません。

 同十四条で、「いずれかの国籍を選択しなければならない」と、二重国籍状態にある場合は取捨選択を命じており、同十五条では法務大臣が選択しないものに選択を催告することができ、されても一月以上しなかった場合には日本国籍を自動的に喪失すると規定しています。

 また、同十六条では外国籍の離脱に努める義務を記し、日本国籍を有したまま外国の公務員となった場合には、それが日本国籍選択の趣旨に反していると認められるなら法務大臣は日本国籍の喪失の宣告をすることができるとしています。

 そして二十歳未満で二重国籍となった場合は二十歳までに日本国籍か外国籍かを選択をせねばならないと規定しており、二重国籍を認めていないことと合わせて考えれば、被選挙権どころか選挙権も二重国籍者を含む外国籍のものに与えるものではないのがハッキリ分るでしょう。

 ここまで国籍法でキッチリと否定している以上、憲法に定められた国民固有の権利である参政権及び公職選挙法で定められた日本国籍所持が二重国籍者を許容していないのは明らかです。

 よって、山口って阿呆のほざく、「日本の法律に則って選挙に立候補し、国会議員になっている」という主張は成立しません。

 そもそも国籍法違反での立候補である上、それについて虚偽の事実を自ら流布して当選している以上、むしろそれは無効とせねばならず、これまでに受け取っていた議員報酬等も全額弁済して然るべきです。

 挙句、「真正な日本人」だの「神聖な日本人」だのと意味不明な単語を生み出して錯乱具合を一層深刻にしてみせていますが、国民が求めているのは国民の代表者として相応しい潔白さだけなのに、証明できないからってこうやってすぐ差別だナンだと幼稚且つ意味不明な話のすり替えをするのって、余りに醜悪ですよね。

 というか、自分で意味不明な単語を持ち出した挙句、それが妄想だと言い出すんですからもはや完全に病んでます

 何より自民党議員が公の場で二重国籍のままであったことを謝罪した際も、戸籍謄本の必要外の項目を隠して公表した際にもこのクズどもは今回同様に差別がどうのどころか、完全に黙殺していましたけど、そういう身内とそうでないもので差を設けるゲスい振る舞いこそ、世間一般では差別っていうんじゃないんでしょうかねぇ?

 加えて言うなら山口は、かつて国会前で安倍総理に対して、お前は人間じゃないだの、叩き斬ってやるだのと平然と基本的人権なんてものどころか相手の名誉も尊厳も否定した暴言を吐いて害意を示した真性の差別主義者であり、自らの意に沿わないというだけで相手の基本的人権どころか生物としての枠すら否定するような差別主義者が、今度はやはり己の意思沿わない他者を差別主義者呼ばわりしながら違法状態を数十年も意図的に放置してきた犯罪者の擁護を必死にしているわけで、パヨクって言葉がトコトン似合いますよね、コイツら。

 いやはや、だからブサヨを通り越してパヨクなんて呼ばれるわけですけど、余りに頭がパー過ぎて自分の言動の異常さすら理解出来ないんですから、ホント救いようの無い生き物ですよねぇ、コイツらって。
07月09日(日)

有田ゴキフという民主主義と法治を否定するテロリストとその親玉蓮舫の言い訳 

6日付けの産経ニュースの記事から

安倍晋三首相の「こんな人に負けるわけには」発言 民進党・蓮舫代表「レッテル貼り」と批判
2017.7.6 20:38
 民進党の蓮舫代表は6日の記者会見で、安倍晋三首相が東京都議選の街頭演説でヤジを飛ばされ「こんな人たちに負けるわけにはいかない」と発言したことについて「自分にいい人は味方、悪い人は敵とレッテル貼りする行為だ」と批判し、安倍首相に発言の訂正と謝罪を求める考えを示した。

 蓮舫氏は議員生活を振り返り「私もチラシを目の前で捨てられ、暴言を浴びたことがある」と述べた。その上で「自分に対していろいろな意見を持っている人に向き合うのは政治家の仕事だ」と強調した。

 一方で、聴衆の一部が安倍首相に「辞めろ」「帰れ」などとシュプレヒコールをあげて、演説が聞き取りづらくなったことに関しては「妨害行為はあってはならない」と指摘した。

 はてさて、悪質な選挙妨害と言う犯罪行為を行う民珍党なんぞに負けるわけにはいかないって与党党首である総理大臣が述べることの一体何が問題なんでしょうかねぇ?

 秋葉原で犯罪活動に従事していたのはやっぱり、極左暴力集団であるしばき隊連中(現在ではネームロンダリングした民珍宜しく、名前を偽装していますけど、やっている事は民珍と一緒で何も変わっていません)でした。

 そして、連中の代表であり、演説前も後もツイッターで明らかな選挙妨害を行っていた者こそ、民珍党の有田ゴキフです。

 ですが、蓮舫は「妨害行為はあってはならない」なんぞとほざくくせに、主犯を処罰どころか嗜めもしないのですから、つまり民珍党として公職選挙法違反行為を繰り返す有田の犯罪を容認したと言う事になります。

 民珍党公認の妨害…やっぱり与党であろうが野党であろうが、連中には順法精神なんて欠片も無いわけで、こんなのが憲法守れと喚いている姿はまさに滑稽千万。

 ましてや蓮舫の言い訳が「私もチラシを目の前で捨てられ、暴言を浴びたことがある」ですから、本当にこのバカは偽装日本人なんだなぁって、言語や状況理解能力の低さから納得させられます。

 街中でゴミを捨てるのはモラルに反する行為ですし、産業廃棄物でなくても地域のポイ捨て禁止条例などに引っかかる可能性はありますが、ゴミを散布している張本人がいる以上、普通その場で捨てたからと即犯罪行為扱いにはなりませんし、選挙妨害でも何でもありませんので、引き合いに出す話でもなんでもなく、これでもかって言うくらいに論点がズレていますね。

 暴言とやらだって、ペテン師の在日を単に批判しただけってのが真実で、犠牲者気取りで蓮舫がそう言っているだけじゃないんですかねぇ?

 何より、このペテン在日が国会で撒き散らす虚言に基いた罵声を超える暴言なんて、そうあるのか疑問です。

 第一、「自分に対していろいろな意見を持っている人に向き合うのは政治家の仕事だ」なんてほざいていますけど、未だ国籍偽装で国民から強い不信感と怒りを向けられている事に一切向き合わず、逃げ回っている詐欺師がどの面下げてほざくのやら?

 少なくとも過去3回、雑誌や新聞等メディアの前で自らを在日であると自己紹介しており、二重国籍がバレた際も当初は17歳で離脱しており日本国籍のみであると繰り返し嘘を付いていました。

 その後も二転三転させ、最終的には証明もせずやったと言い張り、プライベートがどうのと、違法状態でなくなった事の証明もしないまま現在に至っています。

 つまり、国民にとってはヤツの二重国籍は未だシュレーディンガーの猫状態なわけで、普段連中が与党に求めるような悪魔の証明ではなく、簡単に出来るにも関わらず証明を拒否している以上、未だ蓮舫は二重国籍の外国人といって何ら問題は無いわけであり、こういう点について批判したとしてもそれは暴言とは到底言えませんし、それ以前の問題として国民の信に何ら答えてもいない輩がほざいていい台詞でもありません。

 また、批判したのが気に食わないと自衛隊法を濫用して民間人の言論を弾圧し、自らを特権者として扱わないのが気に食わないと自衛隊員へ暴力を振るいながら恫喝し、自らの推薦する候補者を当選させなければ相応の目にあわせてやると恫喝する…こんな連中の群れが民珍党なのに、何処をどうしたらこんな台詞を吐けるのか、非常に謎ですよね。

 ホント、これだから何時まで経ってもブーメランバカって呼ばれるんですよ。

 ましてや今回は自らが党首を務める組織の構成員が、与党へ仕掛けた犯罪事件のひとつ(他にもツイッターで民珍有利にするための不正行為をしており、有田は現在告発されているそうです)だというのに、被害者側を罵倒するって極めて悪質だと思いません?

 多くの人が当事の状況を写真に納めてネットにアップしており、それを見れば分りますが、ざっと見でも二百や三百では利かない大勢の聴衆がいる中で極々一部の犯罪者集団が演説の始まる前からずっと、帰れだの辞めろだのとただ只管に暴言を浴びせて演説者と聴衆の妨害をしているだけで、これは政治や選挙に対する意見でも何でもない、ただの嫌がらせ、悪質な犯罪です。

 公職選挙法違反として、ポスターを剥がしたり、落書きしたりって話題になることがありますけど、アレって公職選挙法第225条2項でこう書かれているためなんですよね。

公職選挙法第二二五条 選挙に関し、次の各号に掲げる行為をした者は、四年以下の懲役若しくは禁錮又は百万円以下の罰金に処する。
二  交通若しくは集会の便を妨げ、演説を妨害し、又は文書図画を毀棄し、その他偽計詐術等不正の方法をもつて選挙の自由を妨害したとき


 連中は終始一貫として暴言を浴びせるだけで総理大臣の話など一切聞いていなかった事は既に知られている通りであり、聴衆の一部がシュプレヒコールを挙げていたのではなく、演説妨害の為に集まり、目的に沿って活動したのですから、聴衆という表現自体間違っており、ただの暴徒であり、極左暴力集団による立派な言論テロと言えるでしょう。

 実際、有田は自らのツイッターで「「手を汚してでも、極右阻止を優先させる」。この精神が貴重だ」などとほざいており、違法行為や暴力行為、テロを己の愚劣な目的達成手段として是とすることを宣言しています

 であるなら、一国の総理がテロを行っている者達に負けないと宣言するのは何処の国でも当然のことだと思うのですがねぇ?
07月03日(月)

不都合な事実は排除し、捏造・歪曲やりたい放題のパヨク似非ジャーナリスト 

2日付けのBLOGOSの記事から

【都議選】アキバに響いた「安倍辞めろ」 王様は裸だった
田中龍作2017年07月02日 10:36
 不都合な人物は排除し、自分に批判的な言辞は受け入れない・・・安倍政治の本質を凝縮した光景が繰り広げられた。

 東京都議選はきょうが最終日。夕方、安倍晋三首相が秋葉原で自民党候補の応援演説に入った。街頭での演説はこれが初めてだ。場所はAKBカフェ前。首相が愛して止まないアイドルグループのグッズ販売などでおなじみだ。

 首相は加計疑惑や強引な国会運営をめぐって、ヤジが飛ぶことを恐れていたと伝えられている。このため警察の警備は厳重を極めた。

 森友学園の籠池前理事長が会場にいたところを、私服警察官に見つかり、力づくで排除された。籠池氏は安倍首相から寄付された100万円を懐に入れていた。

 カネを返そうとすると、この国では予防拘禁されるのだろうか? 

 午後4時過ぎ。街宣車の正面に位置する場所に「安倍辞めろ」の横断幕がひるがえった。タテ4m、ヨコ5mくらいの大横断幕だ。自民党スタッフたちが党のノボリ旗を連ねて隠そうとした。

 上に政策あれば下に対策あり。市民グループは横断幕を右に移動させた。「安倍辞めろ」コール、「帰れ」コールが交互に繰り返された。

 安倍首相の到着が近づくにつれコールの声は大きくなる一方だった。制服警察官と自民党職員は抑えようと前に立ちはだかった。

 タイミングを合わせるように、日の丸の小旗を持った青年数人が横断幕の下に乱入してきた。青年たちは「安倍辞めろ」の横断幕を引きずり降ろそうとした。市民グループが横断幕をしっかりと握りしめて手放さなかったため、最後まで横断幕はひるがえったままだった。

 自民党のノボリ旗を立てた青年らが、街宣車の後ろからゾロゾロと湧くように出てきた。ヒットラーユーゲントかと見紛うほどだ。

 「帰れ、帰れ」「安倍辞めろ、安倍辞めろ」のコールは最後まで途切れることはなかった。記者クラブメディアにチヤホヤされてきた安倍首相にとっては衝撃だったことだろう。「王様は裸だ」と知らされたのだから。

 「マスコミはちゃんと報道しろよ」。ある聴衆が報道陣に向かって声をかけた。きょうの事件をメディアがありのままに伝えれば、あす投票の選挙に少なからぬ影響を与えるだろう。

 どうでしょう?

 自称ジャーナリストのパヨクの腐った脳味噌に掛かると、パヨクら異常者による演説妨害騒動がここまで真実からかけ離れたものへと歪曲されてしまうのです。

 そも、総理大臣がアイドルグループを愛してやまないなんて話自体、私は聞いたことが無いのですが、仕事で場を同じくする以外、それこそ小林よしのりみたいな変態中年の真似をしていたことなんてありましたっけ?

 その次のヤジに備えて厳重な警備ってのも意味不明ですし。

 総理大臣の演説に対して厳重な警備をするなんてのは昔から当たり前の話ですよねぇ?

 しかもAKBカフェ前と言う事は、そこ自体が開けた場所であるだけでなく、JRのホームやUDXの通路等の開けた上層部もあるし、周囲も近くに複数のビルがあるので、それこそガスガンですら狙撃できるポイントだらけです。

 そんなところでの演説に、しかも何かあると平和を謳いながら暴力に訴える頭のイカレたパヨクが襲来する危険があったなら、それに対して備えるのはSPとして当然の仕事に過ぎませんよねぇ?

 実際、産経の記事には中指をおったてて叫ぶ輩や「悪いのは全部あいつ」等と幼稚園児のような戯言を述べて己を正当化する輩などの存在が記されており、パヨクは頭のイカレ具合が凄いですからね。

 また、詐欺師の籠池が排除された事を「カネを返そうとすると、この国では予防拘禁される」だの、「この国は表現の自由どころか、演説を聞く自由も奪うのだろうか」だのとまるで犯罪者を被害者のように持ち上げて安倍批判に利用していますが、間抜けな事にこのタコ助が出鱈目な記事を挙げるよりも速く、産経新聞が真相を写真つきで報じちゃっているんですよね。

 そこには「自民党候補者の応援演説に来ていた安倍晋三首相にヤジを飛ばす籠池泰典氏」というキャプション付きで、実際に口元へ手を当てて罵声を浴びせている籠池の写真があり、自らの幼稚な被害者アピール目的で露骨な演説妨害をしていたため、排除されたに過ぎません。

 因みにこの間抜け、先日も本人がいないのを承知でマスゴミを引き連れて店や家に押し掛け、しかも受け取らないのを知っているから上下だけ本物で中は白紙なんてニセの100万円を用意してテレビ出演者らにまで失笑されており、常に嘘をつき続けなければ生きていけない、何処までも救いようの無い恥知らずのようで、この日はその反省から本物を用意してわざわざ捲って見せており、逆に全開との色の違いの不自然差が明らかですよね。

 と言うか、朝日の記事で「安倍首相の演説後、報道陣に囲まれた籠池氏は「国政の責任者がきちんと説明責任を果たしていないと思ったので、お邪魔した」と訪れた理由を説明」とあり、この間抜けな自称ジャーナリストのデマとは裏腹に演説妨害で一時的に現場から排除されただけなんですよね。

 と言うか日本には予防拘禁なんてものはありませんので、法に関する基礎知識も無いままいい加減な記事を書いているのが丸わかりですし、パヨク集団といい、詐欺師籠池といい聞いてもいないどころか妨害行為をしていながら「演説を聞く自由も奪う」とか、よくもそんなデマをほざけるものです。

 むしろ喚き散らし続けて演説を聴きにきた人々の演説を聞く自由を奪ったのは自分達パヨクのくせに。

 旗のサイズも産経の記述より大きいですが、まぁそれは目測の差としても、このパヨクどもは他人の演説中にずっと数十匹単位で喚き散らして妨害をし続けたわけです。

 おかしな話ですよねぇ?

 パヨク連中のいうような独裁者なら、何故そんなのが最後までこうも幼稚で悪質な妨害行為を続けられたのでしょう?

 北のブタ孫みたいな本物の独裁者ならそれこそ演説前に一匹残らず捕縛して、そのまま拘置所で射殺処分だと思いません?

 しかも何百人もいる聴衆の中に紛れ込んだたった数十匹の頭がイカレているパヨク風情の異常行動を見て、「「王様は裸だ」と知らされた」とか、お笑いですよねぇ?

 実際、産経の記事によると総理は演説後半に「あのように演説を邪魔する行為を私たち自民党は絶対にしません。相手を誹謗(ひぼう)中傷しても何も生まれない。こんな人たちに私たちは負けるわけにいかない!」と宣言しており、パヨクどもの悪意になどまるで屈していない姿を見せており、この田中って間抜けの思惑は丸っきり実際には達成されていない事が分るでしょう。

 その場で取材をしていたのなら当然、この宣言も知らないわけはなく、歪んだ記事を書くために無かった事にしたのでしょうね。

 にしても、ヒトラーユーゲントがどうとか、相変わらずヒトラーが大好きですよねぇ、パヨクって。

 それならいっそ、『萬歳ヒットラー・ユウゲント:獨逸青少年團歡迎の歌』でも自分達の組織歌にでもしたらいいんじゃないでしょうかねぇ?

 何せ、歌を作ったのも彼らの同士であり、愛読する朝日新聞なのですから。

 いずれにしても「きょうの事件をメディアがありのままに伝えれば、あす投票の選挙に少なからぬ影響を与えるだろう」なんてほざいていますが、周りの人間が迷惑に思っているのも気にせず(産経記事「シュプレヒコールの声量があまりに大きいため、その周辺では演説がよく聞こえず、迷惑そうな表情でその場から移動する聴衆の姿もあった」)、他人の言論の自由を奪っておきながら独裁だナンだと頓珍漢なことばかりほざくイカレサヨクどもを見て、応援してもらえるとか思えるバカさ…連中の知能の低さには毎度驚嘆させられますね。

 産経ニュース『週末のアキバ騒然…安倍晋三首相の演説中、反対派が「やめろ」と絶叫 首相は「こんな人たちに負けるわけにいかない!」 「森友学園」の籠池泰典前理事長の姿も』
 http://www.sankei.com/politics/news/
170701/plt1707010048-n1.html

 朝日新聞デジタル『首相街頭演説に籠池氏現る 「100万円返金したい」』
 http://www.asahi.com/articles/
ASK715W3LK71UTIL02H.html?iref=pc_extlink
07月02日(日)

バカヒの本音、国民の命など興味が無い 

1日付けの朝日新聞デジタルの記事から

集団的自衛権 議論は終わっていない
2017年7月1日05時00分
 歴代内閣が「憲法上許されない」としてきた集団的自衛権の行使を「許される」に一変させる。安倍内閣の閣議決定から、きょうで丸3年になる。

 閣議決定を読み直すと、その強引さに改めて驚かされる。

 行使容認の根拠は1972年の政府見解だ。憲法は自国の平和と安全を維持し、その存立を全うするための自衛の措置を禁じていない。ただ、武力行使が許されるのは、外国の武力攻撃から国民の生命や権利を守るため、必要最小限度の範囲内にとどまるべきもので、他国への武力攻撃を阻止する集団的自衛権の行使は「憲法上許されない」と結論づけている。

 だが閣議決定は「基本的な論理」は維持するとしながら、他国への攻撃でも「許容される」と結論をひっくり返したのだ。

 閣議決定が反映された安全保障関連法の国会審議でも、ずさんな議論がまかり通った。

 典型は中東ホルムズ海峡での機雷掃海だ。安倍首相は「(原油が)途絶えれば救急車などのガソリンはどうなるのか。寒冷地で命にかかわる問題となりかねない」と述べ、集団的自衛権行使の必要性を強調した。

 だが、それが「国家存立の危機」だと納得する国民がどれほどいたか。案の定、首相は法成立直前に一転、掃海の実施について「現実問題として想定していない」と発言を覆した。

 それでも政府与党は、さらなる議論を望む国民の声を押し切って強行成立させた。

 安保法運用にあたっても、手前勝手ぶりは変わらない。

 南スーダンでの国連平和維持活動。「戦闘」を「衝突」と言い換えて部隊派遣を継続し、駆けつけ警護の新任務を付与して安保法の実績をつくった。

 象徴的なのは、稲田防衛相の「憲法9条上の問題になる言葉は使うべきではない」との発言だ。憲法に従うのではなく、現実をねじ曲げる。政権の憲法軽視の体質が見て取れる。

 米軍艦船を海上自衛隊が守る「米艦防護」も実施されたが、政府は今もその事実を公表していない。首相自身が国会で明言した「最大限の情報を開示し、丁寧に説明する」との約束は、あっさり反故(ほご)にされた。

 集団的自衛権の行使容認ありきで結論を急ぎ、憲法と安全保障をめぐる本質的な議論は置き去りにされた。議論の基盤を築き直すには、ごまかしの上に立った閣議決定と「違憲」の法制を正さなければならない。

 それをしない首相に、憲法改正を語る資格はない。

 議論はまだ終わっていない。

 普段は国民主権を謳い、自分達の側であるならマイノリティの声も聞けだの差別するなだのと大声で喚き散らすバカヒですが、呆れ果てた事に、「それが「国家存立の危機」だと納得する国民がどれほどいたか」と、救急車が使えなくなったり、寒冷地で暖をとることができ無くなる事で国民がどれだけ死んでも大したことじゃないと放言してしまいましたね。

 つまるところ、連中にとっては東北や北海道でどれだけ凍死する国民が出ようが、緊急搬送出来なかったために救えたはずの命が失われる事になったとしても、他国や他の武装組織と日本が交戦状態になることに比べれば、気にする必要も無い、どうでもいい話、というわけです。

 バカヒらが普段叫ぶ国民主権は読んで字の如く、国の主権者は国民であり、その生活安定・維持が国家の基盤であるはずなのに、その国民を切り捨ててでも似非平和に縋りつきたいというのですから、もうこのゴミどもに何かを語る資格は一切無いと断言できますね。

 まして、3年前と言えばバ菅らミンスのクズどもの暴挙によって原発がどれも停止していた時期であり、発電の割合で火力がなんと85%程にも達していました。

 元々の比率の高さに加えて原発の分もほぼ全てを代替したのだから当然ですが、その中でもLNGの割合が大きく増加しており、その大半はオーストラリアを筆頭に東南アジアや中東からのため、海賊の出没する地域や政情の安定しない地域を通ります。

 そして、それらを通り抜けても最後に南シナ海という、近年中国が暴れまわっている地域を通過する。

 そういった問題はむしろ単独の国家で解決しようとすると、結局は武力行使がメインになるもので、むしろ他国と共同歩調で望む方が平和的に解決できるんですよね。

 まして日本はアメリカのような他国への侵攻能力なんぞなく、それどころか目と鼻の先にある自国領土が侵略されても取り返す事さえ出来ないほど情けない国なんですから、他国との協力なんてのは必須の話です。

 それと、機雷掃海にしても、単なる話の例えと、実行を今するしないが全然別の問題なのは当たり前ですよねぇ?

 そもそも機雷処分なんてとどのつまりは爆弾の解体作業なんですから、作業中は無防備かつ危険極まりないものであり、やらねばならない程喫緊の状況になっていない状況でやりだす方が意味不明ですし、勝手に平時にそんな事をしたらそれこそむしろ戦争行為ととられかねないんですがねぇ…

 国家存立の危機だからやる、そうでない状況だからやらない。

 まさにバカヒが自ら記している事ですが、相変わらず頭が悪すぎてその程度すら理解出来る知能が無いようですけど、必要性も無いのにやるなんて、それこそ米艦の死亡事故を嘲って自らがほざいた「戦場でもないところでなにやってんの」って話じゃないんですかねぇ?

 しかもアレだけ普段は他人に任命責任だの説明責任だのと辞めろだのと喚くくせに、自社の役職持ちが死者を冒涜する真似をしたことについてバカヒが責任も取らず勝手に話を終わりにしている事からも、自衛官や米軍人が死ぬ事ってバカヒにとって本音ではこの上ない喜悦であるということを教えてくれています。

 何せ投稿をした編集委員の小滝については、半月経っても一切の処分が発表されておらず、無論上司の処分も無しで、おまけに社として会見を開いての謝罪すら無いのですから、小滝の下劣さ=バカヒの素性なわけです。

 また、南スーダンでの国連平和維持活動がどうのなんてのも、ミンス時代にも戦闘があったことや、そしてミンスがそもそも派遣を決定した事を一切無視してジミンガーですから、本当にバカヒを読んでいると歪曲されたり偏向された情報しか入らず、歪んだ人間に育つってのがよく分りますし、だからこそ大学教授等の学校教員といったロクデナシばかりが好んで愛読しているってのも分りますね。

 ま、稲田のバカ発言については今更で、もう少し考えて口を開けるようになれないなら、さっさと分不相応な地位から降りろと思いますがね。

 先の選挙に関する自衛隊を私物化しているかの如き暴言は論外ですし。

 とは言え、議論の基盤も何も脊髄反射で反対を喚くしか能の無い野党やバカヒ自身を棚に上げて議論が足りないだの何だのと戯言をほざかれてもねぇ?

 何せ憲法改正にしたって、9条に自衛隊の存在を明文化させることを総理が提案したのにさえ反対と喚くだけで、問題と向き合おうともせず逃げ回るのが正しいと意味不明な喚きを挙げるだけなのがバカヒです。

 あれだけ、法を守れだのルールを守れだのと喚くくせに、自らはそれを一切やらないどころか、進んで違反するのがバカヒスタイルですからね。

 まして胡散臭いネタどころか嘘だった事が判明した後でも情報源に関して平然と隠蔽し、言い訳だけで真相解明に協力さえしないのがお約束の卑劣なバカヒが情報公開がどうのとかほざいてもねぇ?

 偉そうにいうのならまずは、これまでのバカヒによる捏造報道に関してキチンと責任者の名前と顔を出して責任を取らせてみろって話ですよ。

 かつての煙幕を日本軍による毒ガス攻撃だと偽った事件の情報源とかねぇ?

 議論もしない、責任も取らない、説明もしないとやらない尽くしはどっちだか?

 分際も弁えぬ大言壮語をする前に、まずはお前らがやるべきことをやれっての。
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果