徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
05月28日(日)

妄想狂の暴走はどれだけ国民に突っ込まれても止まらない 

27日付けの産経ニュースの記事から

民進・小西洋之氏「丸2日間ぐらい考え続け…安倍晋三首相を完全に粉砕する理論の立論に成功した!」 ツイッターに書き込み
2017.5.27 10:36
 民進党の小西洋之参院議員は26日、安倍晋三首相(自民党総裁)が憲法9条改正と2020(平成32)年施行への意欲を表明したことに絡み、自身の公式ツイッターに「いろんな仕事の合間に丸2日間ぐらい考え続けて、安倍総理の9条3項改憲(9条の2改憲)を完全に粉砕する理論の立論に成功しました」と書き込んだ。

 「安倍総理の改憲は、自らパンドラの箱を開け、違憲の安保法制と内閣そのものが崩壊することになる」とも指摘した。

 コイツは自分が愚者であるっていう事実を理解する知能さえ持たず、逆に優秀な人間だと妄信しているから尚の事が性質が悪いし、平気で出しゃばって、その度にバカを晒すんですから、本当に手に負えません。

 例えば、記事の書き込みの次にはこんな書き込みを続けてしています。

 「<政府要人>「個人の見解」なら、何を言っても許されるのかhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170526-00000066-mai-pol … そのうち個人の意思で人権弾圧や戦争を始めることになる。」

 「<民進党>「OB・OG会」発足、初会合に30人出席https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170526-00000110-mai-pol …大先輩の見識は重要。しかし、安倍総理という世界の政治史上にも異常な独裁者を打倒するためには、民進党内の信念と実行力のある中堅、若手を徹底的に登用し、実力を発揮させる以外にない。」


 お分かりになるでしょうか?

 個人の見解かどうかって話が飛躍して、個人の意思で人権弾圧や戦争が始められるとか、憲法クイズをやっている癖に法知識の欠片も無いまま全く意味不明な誇大妄想を展開し、無知蒙昧だけでなく極度の精神異常でもあることを自ら世界に対して発信したかと思えば、その次には安倍総理を「世界の政治史上にも異常な独裁者」と、個人の見解、というか妄想で罵倒しており、三歩どころか次のコメントで既に自分が何を書いたかも忘れて無責任な放言を、個人の意思でしている。

 そもそも、この小西ってムシケラ野郎は以前海外亡命が必要になるだのと個人の妄想を世界中へ垂れ流した結果、野豚からよく指導をする必要があると先月言われたばかりなのに、それすらももう忘れているわけです。

 ましてや一般的に近現代の独裁者として最も日本人に馴染みの深い、ヒトラー、スターリン、毛沢東、そして金正日とで比較してみると…

 安倍総理は民族浄化や虐殺を行っていない、自分の地位を脅かしそうな者や従わぬ者、気に食わぬ者等を逮捕して拷問にかけたり処刑したりしていない、選挙を実施していて不正や脅迫での数字操作もしていない、言論の自由を認めて小西のような害虫の暴言も野放しにしている、他国へ侵略戦争も仕掛けていない等々…また、ヒトラーのように自身の権力基盤を確立する為の規制や法改正もしていないのに、そういった連中と同じ独裁者というレッテルを安倍総理に無理矢理貼り付ければ、そりゃあ明らかに異常な独裁者となるでしょうよ…世の中でこれを独裁者なんて呼ぶのは民珍みたいな異常者位なんですから。

 何せ憲法改正を2020年までになんて先日言い出した時には党内の幹部からさえ普通に異論が出されており、本当に安倍総理が独裁者であるなら上記のように読売のインタビュー記事や改正論を批判した石破氏が平然としていられるなんて、実におかしな話ですよねぇ?

 先日も記したように、スターリンなんて自身との政争敗れて地球の裏側にまで逃げたトロツキーに尚も刺客を放って暗殺している位ですし、また、ドイツの英雄エルヴィン・ロンメルに服毒自殺をヒトラーが迫った理由も、暗殺未遂事件への関与を疑っただけでなく、戦況の悪化する中でナチ党員ですら無いのに国民から圧倒的な人気を得ていたことに立場的な危機感を抱いたからとも言われています。

 少なくとも、独裁の具体例として民珍またはその変名前のミンスが挙げていたもので該当しそうなのは強行採決というワード程度でしょうけど、それとて政権詐取時代に詐取から僅か7~8ヶ月の短期間で、ミンスはやらないと宣言していた強行採決を実に10本以上行っておいて言える台詞ではありませんし、党幹部による知事選での地元民への恫喝や党員による自衛隊員への暴行・脅迫・恫喝事件、自衛隊法歪曲による民間人への言論弾圧事件、大臣によるマスメディアへの言論弾圧事件等々、ミンス政権時代には独裁政党として数々の犯罪行為を多々行っていますから、自分達の悪逆非道の数々を棚に上げて何をほざいているんだって話ですよねぇ?

 また、大韓航空機爆破事件を起こして100名以上を虐殺した金賢姫死刑囚を入管難民法を破って、それもチャーター機を使用してVIP待遇で招き入れ、折角の機会なのに事件を起こすのに用いた偽造旅券について聴取もしないどころか、ヘリを使った遊覧飛行までさせて、まるで英雄でも招き入れるかの如き扱いをしましたし、尖閣での巡視船体当たり事件を起こした漁船船長に対しても超法規的措置だ等とほざいてあっさり釈放し、チャーター機で英雄を送り出すかのような真似をし、一方で国民には真相を知られないように記録映像の隠蔽工作も行い、それを暴いた職員を憎んで追放処分するなど、他国の重犯罪者へまるで尊崇の念を抱いているとしか思えない違法行為をバ菅時代に散々繰り返しており、東日本大震災が起きた時も震災対応を放り出して東電施設に乗り込み妨害工作を繰り返して状況を悪化させておきながら、その事実について国会で繰り返し嘘を述べた責任も、取るどころか謝罪すらしておらず、まさに自ら述べたとおりの独裁政治をバ菅は1年以上もやっていたわけです。

 しかも、原発事故の件では愚かにも安倍総理に言い掛かりの裁判まで起こしておきながら無様に敗訴していますしね。

 自分とこの典型的な独裁政治を棚に挙げて、違法性の欠片も無い話で総理大臣を侮辱し、独裁だとか、本当にこの小西ってムシケラ野郎は救いがありません。

 また、「産経新聞は民進党幹部や私など所属議員の記事を配信する際に、記事に直接関係のない「品位を貶め人柄が悪く見えるように故意にある瞬間を切り取った写真」を添付している。こんな下劣なことは産経と(たまにやる)読売ぐらいだ。党の顧問弁護士と相談し、法的措置を取る用意があることを警告しておく」なんて事もほざいています。

 単に国会で振り返った時の顔写真が「品位を貶め人柄が悪く見える」と言うのなら、それは元からそういう顔ってだけの話ですよねぇ?

 実際、記憶力というものを持たないムシケラ頭だから覚えていないようですけど、自らはほんの数ヶ月前に安倍総理とトランプ大統領が仲良く笑顔で映っている写真に対して「品格のない顔。よく似た二人」と、下劣な罵声を浴びせており、他人が友人と肩を寄せあって仲良く笑顔を見せている写真を指して、品格が無い顔だなんてほざく輩の一体何処に品位があるのか、人柄が悪くないと思えるのか、その根拠を挙げてみて欲しい限りです。

 まぁ、2年前だかの外交防衛委員会で日本のタンカーを守るために米兵3名が戦死したという話を自民党の佐藤議員が涙ながらにした際(尚、テロリストの本当の攻撃目標は別で、タンカーは巻き込まれた形で被害を受けたので、タンカーを守るためと言うのは正確ではないようです)に、命がけで職務を遂行して死んだ人の話に対して後ろで満面の笑みを浮かべている品位を著しく欠き、人柄の悪さを自らの顔で証明する小西の写真も産経に取られていますから、民珍お得意の法的措置という名の言論の自由弾圧をしたくなったのでしょう。

 言論や表現の自由を守れなんて騒ぐくせに、自分達のことになるとこうやって脅迫や弾圧を平然とやるのはもはや民珍のお家芸で、2月の森友騒動の際も国会をサボって学園へ遊びに行った辻元が、虚偽の報告をしていた際にも、マスメディアに対して忖度しろと恫喝をし、それを無視して報じた産経には法的措置がどうのと脅迫をしていますからね。

 因みに小西については他にも、「この日本の風前の灯火の平和を政治生命を懸け守り抜く」などと意気軒昂に宣言しておきながらその後に国外逃亡宣言、総理の読み間違えを嘲笑いながら自分は「店員」の発音が出来ずに「定員」と書く等、支離滅裂な自爆行為を頻繁にしており、記憶能力が欠落しているのは間違いないと断定できるレベルなんですよね。

 更にその次には「「よく帰ってきた」空港で涙ぬぐう母親 PKO部隊帰国 http://www.asahi.com/articles/ASK5W3D34K5WUTIL006.html …野党の追及を無視する安倍総理によって「戦闘」止まない海外に派遣され、本当に無事で何よりだった。
しかし集団的自衛権を発動すれば必ず自衛隊員に戦死者がでる。違憲立法の廃止を。」
なんて、ひっきりなしに記憶力絶無の蒙昧振りを晒す。

 当然ながらリツイートで、「派遣したのは民主党政権でしょ」「送り出したのは民主党。しかも憲法が足枷になり、武装もさせないで送ったんですよ。丸裸で行かなければならない事を推し進めるのが、民進党や共産党であり、違憲だと叫ぶあなた自身です。」「派遣を決めたのはお前らじゃねーか民主党と民進党は違うとか詐欺みたいなこと言ってねえでとっとと亡命しろ」といった具合。

 派遣を決めて武装もさせず送り込んだのがミンスで、終わらせる決定をして実行したのが自民党なんですから、当然この悪意ある情報操作には罵声の嵐です。

 で、肝心の丸2日掛かった理論とやらですが…ハッキリ入ってゴミです。

 まぁ、ゴミ虫が作ったものなんだから当然ですけど、ダラダラ無駄に罵詈雑言が並べ立てられているだけで中身が空っぽ

 そもそも9条に3項目を追加しての自衛隊の合憲化すらイカンと言うのなら、自分達が共闘している共産や社民の憲法解釈、自衛隊は存在そのものが違憲だ、解散させろだってのをどうするんだって話ですよねぇ?

 共闘相手との論理矛盾解釈矛盾、安全保障対策・認識相違の解決も出来ず、現実への対応も思い浮かばない程度の軽薄な頭で何が粉砕だか。

 ケンポー、ケンポー騒ぐなら、多くの憲法学者や共闘中の共産、社民らの主張に対する解決策位は最低限示して、憲法における自衛隊の扱いをどうするのか民珍の見解をハッキリさせてからが筋ですよねぇ?

 まぁ、鶏にも劣る記憶力の愚劣なクイズ王君には荷が勝ちすぎるでしょうけど。
スポンサーサイト
05月25日(木)

生協という名のテロ支援組織 

23日付けの産経ニュースの記事から

「共謀罪」の立法化に反対します 生活クラブ生協連合会が声明を発表
2017.5.23 20:12
生活クラブ事業連合生活協同組合連合会
共謀罪の立法化のための法律改定案が5月23日に衆議院本会議で可決されました。生活クラブ連合会は、同法の可決成立に反対する立場から声明を発表します。

共謀罪の立法化に反対する声明

生活クラブ事業連合生活協同組合連合会
2017年5月23日

政府批判の言説が封じられ、罪なき多くの市民が弾圧された戦前の治安維持法の再来と警戒され、国会で過去に三度も廃案となった「共謀罪」の立法化をめざす動きが再燃しました。「組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律等の一部を改正する法律案」が国会へ上程され、審議が尽くされないまま5月23日に衆議院本会議で可決されました。政府は、この第193回国会での成立をめざしています。

今回の法改定でめざされているのは、「共謀罪」の立法化です。「共謀」とは、犯行の計画・準備のさらに前の段階で、複数の人間が犯行の意思を相談・確認する会話・通信などの行為のことです。現在の法律では、実際の犯行まで個人を処罰できないのが原則ですが、例外的に一部の重大犯罪(殺人や国の統治を揺るがす諸犯罪など)については、テロ準備行為も含め、計画・準備行為の段階で処罰できます。これが今回の法改定によって、計画・準備のさらに前段階での共謀について、捜査・取り締まりの対象にでき、処罰できるようになります。しかも、一部の重大犯罪に限らず、テロとは関係のない懲役4年以上の一般犯罪(法案では277種類)へと対象を広げます。上記のとおりテロ準備行為は既存の法律で取り締まり可能であり、この法律案でテロ準備に関する新たな罪状が新設されるわけではありません。

ところが、政府とマスメディアの一部は、この法案の呼称を「テロ準備罪」・「テロ等準備罪」の立法化だと説明し、世論の誘導を図っています。「テロ準備罪」・「テロ等準備罪」との呼称を用いた世論調査では、法改定への賛成が反対を上回る結果となっていますが、「共謀罪」という言葉を明示した世論調査では、賛否が拮抗する結果となっています。また、政府は、共謀罪適用の対象は「テロリズム集団その他の組織的犯罪集団」に限るので、一般市民が対象となる可能性はないと説明しています。しかし、法案では「組織的犯罪集団」の明確な定義は示されておらず、判断の裁量が捜査機関に委ねられるため、さまざまな冤罪の温床となる恐れが否めません。すでに国民の知らないところで通信や携帯端末の位置情報などの監視・傍受などが広く行なわれているとしたら、今回の立法化はそれを容認することとなり、そこに拡大解釈による集団認定が加われば、一般の企業・労働組合・各種団体などが監視・捜査の対象とされてしまう恐れが否めません。生協など、多様な市民が集う協同組合組織およびその組合員(構成員)のコミュニケーションもその例外ではありません。

憂慮の一例を挙げます。
2014年、イスラエルとパレスチナ軍事組織の双方が無差別軍事攻撃を続け、戦場となったパレスチナのガザ地区は壊滅的破壊に遭い、住民の死傷者は1万人を超え、人口の15%にあたる約28万人が避難民となりました。生活クラブ連合会は、人道的立場から現地の市民団体をつうじて食料など100万円相当の緊急支援物資をガザ地区の住民へ届けることを理事会で決定し、実施しました。もし当時、共謀罪が成立しており、「支援金・物資の一部が現地のテロ組織に流される恐れは排除できない」と捜査機関が判断すれば、理事会決定以前の検討段階で、当生協ならびに組合員が監視・捜査対象にされてしまうことは論理的に否定し得ません。

私たちは、そのような一億総監視社会化を望みません。上記の憂慮を排除し得ない「共謀罪」の立法化に反対します。

 ま、生協と言えば、のりこえねっとというテロ組織に資金提供をして連中の無法で違法な沖縄でのテロ活動を支援している上、日本共産党という犯罪組織ともとっても仲良しですものねぇ?

 準備罪が成立すれば自分達のテロ支援活動が処罰対象になるからと、戦々恐々としているのがよーくわかります。

 くらしの助け合いだの、あいぷらすだのと詭弁をほざきながら、裏では沖縄の道路を封鎖して住民の生活を脅かし、更に住民に襲い掛かったり悪意あるデマを垂れ流す等の悪質な犯罪行為を繰り返すテロ組織の活動に助成金を出して支援しているんですから、実に薄汚い二枚舌です。

 こんな卑劣で下劣な犯罪支援団体がパレスチナでやる人道支援とやらも、果たして本当にソレが目的なのか、そして本当にそのために資金や物資を消費しているのか疑われたって、それはもう仕方がないというより当然のことですよねぇ?

 組織としてのテロ支援の実績が現在進行形であるんだから。

 震災支援などもしているって言うのもいるかもしれませんけど、そんなものソフトバンクのペテン師孫だってやっている事なんですから、寄付や支援活動をしているイコール善人であるなんて理論は成り立ちません。

 「「支援金・物資の一部が現地のテロ組織に流される恐れは排除できない」と捜査機関が判断すれば、理事会決定以前の検討段階で、当生協ならびに組合員が監視・捜査対象にされてしまうことは論理的に否定し得ません」

 こんな事をほざいていますけど、生協が真っ当な組織なら、明らかに矛盾だらけの論理破綻をしていますよねぇ?

 まず第一に、捜査機関が監視・捜査対象とするためには生協が「テロリズム集団その他の組織的犯罪集団」と認定されていることが前提条件として必須ですし、加えて、生協が現地のテロ組織に救援物資と偽って支援金や支援物資を意図して送ろうとしている事が明白でなければなりません

 何故なら、「団体の活動として犯罪実行のための組織により行うことを共謀した場合」である事が必要だからで、現地に送った後、受け取った側が自分達の与り知らないところでテロ組織に流したのであれば当然、関係ありません。

 にも関わらず、本当に論理的に否定できないと言うのであれば、それは他ならぬ生協が自ら監視・捜査対象となるようなテロ支援活動をやっていると認めているという事ですし、尚且つ過去にテロ組織へ支援活動を行った或いは避難民支援を隠れ蓑にテロ支援を行う計画があったという事になります。

 よーするに、やっぱり生協は意図してテロ支援活動をやっている犯罪組織だって事ですね。

 また、277が多すぎるだの何だのってのもよく聞くブサヨの論法ですが、それなら過去に300以上で同様の法案を提出した民珍に対しては何でコイツら何も言わなかったんでしょうかねぇ?

 第一、「一億総監視社会化を望みません」などとほざきながら、「上記のとおりテロ準備行為は既存の法律で取り締まり可能であり、この法律案でテロ準備に関する新たな罪状が新設されるわけではありません」と、既に自らの望まぬ一億総監視社会化とやらが出来上がっていると、明らかに矛盾した事をほざいているってのはどういう事なんでしょうかねぇ?

 今はまだ監視・捜査がされないというのが正なら、そもそも予兆を得る為の手段がないのですからテロ準備行為を既存法で取り締まり可能と言うのは嘘ですし、されているから可能と言うのなら、連中にとっての一億総監視社会化なんて既にされていると言う事になりますもの。

 「すでに国民の知らないところで通信や携帯端末の位置情報などの監視・傍受などが広く行なわれているとしたら、今回の立法化はそれを容認することとなり、そこに拡大解釈による集団認定が加われば、一般の企業・労働組合・各種団体などが監視・捜査の対象とされてしまう恐れが否めません」

 この部分に至っては論拠も示さぬ勝手な過程を更に妄想で拡大させているだけで、実証するものが何一つない。

 最後のパレスチナの件は上記した通り、生協がテロ支援組織として活動している事を自ら認めることが前提の話ですので、真っ当な一般人及び一般の企業・団体には丸っきり当て嵌まらない話です。

 大体、意図せぬ横流し等でどうだなんて話になるのなら、北朝鮮への食糧援助などをやってきた日本政府とか米国等諸外国政府、はては国連さえもテロ支援組織として監視対象にしなければとかって、意味不明な話になりますよねぇ?

 それと、治安維持法をよく引き合いに出して罵るのもブサヨの常套句ですけど、そもそもコレって元々の目的は赤化の阻止だったんですよね。

 ソ連や中国等の実態を学べば分るように、共産主義って平等を謳いながらも実際には独裁と弾圧による特定層の支配社会構築・維持が目的となっており、だからこそ日本共産党も醜悪極まりない権力争いや内ゲバ、暴動等を繰り返しています

 何よりも帝政国家であった当事の日本にとって、コミンテルンの手先であった共産主義者は大日本帝国を否定し、国を内から破壊しようとする敵であったわけで、だからこそ徹底的に叩かねばならなかった。

 何せロシア帝国が実際にソレで崩壊しており、皇室に連なる者達は子供さえも機関銃で皆殺しにされている上、権力争いで破れたトロッキーなんて逃げた地球の裏側にまで刺客を送り込まれ、暗殺されているんですから。

 実績として有名なゾルゲ事件があるわけです。

 ただし、運用されていく中で幾度かの法改正によって拡大され、裁判所抜きで動けるようになった事や尋問と言う名の拷問等が許されていた事が問題でした。

 実際、戦後の日本でも警察による取調べが極めて悪質である為、可視化が今も更に進めろと求められているように、権力側の腐敗や不正ってのはソレを監視して糺す側がいなければどうしても起こるものですし、密室ともなれば尚の事。

 何時の世の中にも己を特権者と勘違いしたバカってのは湧いて出てきますからね。

 話がやや逸れましたが、20年の運用の過程で変質していった事が治安維持法の問題点なのであって、ゾルゲ事件以外にも、美人局や銀行強盗など凶悪犯罪を繰り返して国家転覆を目論む犯罪組織日本共産党の解体など実績もちゃんとあるわけで、単純に善悪二元論で語ることそのものが偏った思想故のものです。

 もっともそういう狂った組織だからこそ矛盾だらけの話を平然と列記出来るし、都合の悪い事実からは顔を背けて自分達に都合よく歪曲した事実だけを流布するわけですが。

 ま、所詮はテロ支援組織の戯言。

 速く同法案が施行され、壊滅させられることを望みますよ。
05月23日(火)

知る権利を常に害するバカヒ 

22日付けの朝日新聞デジタルの記事から

安倍政権 知る権利に応えよ
2017年5月22日05時00分
 疑惑がもたれれば、必要な文書を公開し、国民に丁寧に説明する。政府として当然の責務を果たす気があるのだろうか。

 安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設計画に関する文書について、松野博一・文部科学相は「存在を確認できなかった」との調査結果を発表した。職員への聞き取りや、担当課の共有フォルダーなどを調べた結論だという。

 調査は実質半日で終了した。個人のパソコンは確認せず、「必要もないと考えている」とし、追加調査もしないという。あまりにも不十分で、問題の沈静化を図ったとしか見えない。

 焦点の一つは、学部新設で「総理の意向」があったかどうかだ。意思決定までの過程を文書で残すことが、文科省の行政文書管理規則で定められている。しかし同省は報道等で出た該当文書を探しただけという。これで調査といえるのか。再調査をすると同時に、事実関係の確認も徹底すべきだ。

 今回の政府の対応に、多くの国民が「またか」と感じているのではないか。学校法人・森友学園問題でも、情報公開への後ろ向きな姿勢が際立った。

 NPO法人「情報公開クリアリングハウス」は19日、学園との交渉記録を公開するよう国に求め、東京地裁に提訴した。財務省に残っているはずの電子データの証拠保全も申し立てた。

 三木由希子理事長は「国の姿勢を見過ごせば、これからも国民に必要な情報が次々と廃棄され、情報公開制度は成り立たなくなる。私たちの権利に対する重大な挑戦だ」と指摘する。

 別の市民団体も、財務省が面会記録などを廃棄したのは公用文書等毀棄(きき)罪にあたるとして幹部らを刑事告発した。

 多くの人が怒り、疑問を抱き、もどかしく感じている。

 そもそも森友問題が浮上した発端は、地元の大阪府豊中市議が、国有地の売却価格の公開を求めたのに、国が黒塗りにして隠したことだ。市議が公開を求めた裁判で、国は今も「開示すれば不当に低廉な金額で取得したような印象を与え、学園の信用、名誉を失墜させる」と主張する。国有地は「国民共有の財産」であることを忘れたのか。

 国民主権は、政府が国民に情報を公開し、施策を検証できてこそ実のあるものになる。情報公開に対する国の後ろ向きな態度は、国民主権を支える「知る権利」を脅かすものだ。

 「公正で民主的な行政の推進」を掲げた情報公開法の理念に、政府は立ち戻るべきだ。

 自らは捏造・歪曲・隠蔽と何でもゴザレで国民の知る権利を常に害しているアジビラの分際で、正義の味方面して大上段からの威張り腐った物言い…本当にこのゴミ虫どもに付ける薬はありません。

 慰安婦騒動で散々捏造したデマを30年にも渡って吹聴し続け、捏造を認めた後も謝罪は読者のみに限定し、更に往生際の悪い言い訳や隠蔽を重ねて一切の反省をせず、逆に自称第三者という実質タダの擁護団体を立ち上げての自己弁護をし、結局捏造報道を行った者の処分どころか正体すら隠蔽したまま終わりにしたのは何処の朝日でしたっけねぇ?

 秘密保護法を政府による戦前戦中の情報塗り潰し社会になるぞと国民を脅迫しておきながら、自らはそんなものが無いにも関わらず、自社批判をしている雑誌に対して金欲しさに広告そのものは掲載させ続けるが、掲載前に情報検閲を入れて自社名等の不都合な文言を黒丸で塗り潰しまくるという、呆れ果てる二枚舌をやっているのは何処の朝日でしょう?

 こんなのが公器を名乗って、築地の一等地にある国有地を本来価格の数分の一という破格の値段で譲り受けるという癒着による不正もやっておきながら、森友の土地売却がどうのとほざき、自らの犯罪的不正行為は隠蔽して知らぬ顔。

 国有地ってバカヒが自ら記すように「国民共有の財産」ですよ?

 それを一私企業が私服を肥やす為に不正取得して国民の財産に被害を与えておきながら、その事実には口を噤んだまま、恥じらいすらしないで他人への誹謗中傷をこうやって繰り返すのですから、つくづく、自ら必死に擁護するテロリストどもからのテロの標的にでもなってビルごと壊滅すればいいのにと思いますし、自分達大新聞はみんな同じ事をやっていて、しかも産経と読売なんてその土地の奪い合いで政府を恫喝するなんて真似までしているし、バカヒなんてその中でも一番広大な面積を格安でも買えないからと国に借金までするという呆れ果てる所業で不正取得(読売や産経のざっと3倍)しているくせに、知る権利がどうの、森友の情報公開で後ろ向きな姿勢だの、本当に恥知らずな連中は好き勝手ほざきますよね?

 偉そうな事をほざくのだったらまずは自らの不正取得について全ての経緯を国民に公表した上で、国民共有の財産を不正取得して与えた損害を即座に返納するのが筋だと思いません?

 そも、このあやしからん情報のリーク元、当然ながらバカヒはスクープした当事者なんですから知っているわけです。

 ネットで調べた限りでは、名前が出ているのは処分を受けて放逐された元役人であり、その内容のお粗末さから公式文章ではなく、単なる個人メモであろうと。

 実際、ネットではそのお粗末な公正や記述に添削されて真っ赤になったものも見受けられ、確かに「てにをは」の使い方や略語の使い方と順番など、素人の個人が見ても極めて公式文書とするには有り得ない部分が多々見受けられました。

 いずれにせよ、そうであるなら共有フォルダなど幾ら探したって個人メモなんて普通はアップされませんし、聞き取りでもわかるわけが無いし、ましてや当事者が既にいないのだから個人のパソコンなんて幾ら調べたって該当文書は出てくるわけがない

 ざっと調べて見つからないで結論に至るのも、官邸が本当に犯人を元役人だと確定させているなら当然でしょう。

 と言うか、気に食わないなら情報源を明らかにして全ての事実を公表すれば言いだけの話ですよねぇ?

 そもそも、出所さえ明らかに出来ない怪文にある総理の意向=癒着だの不正だのってのは証拠にも証明にもなりませんし、この特区を進めたい政府の思惑に対して、民珍党のサル集団が内輪揉めしているだけってのが実態ですよねぇ?

 方や四国への獣医学部設置を進めたい派は大臣に設置を国会で執拗に求める。

 一方、これを問題だなんだと騒ぎ立てる玉木ってクズは、親父と弟が獣医で、しかも親父は香川県獣医師会の副会長

 加えて過去に日本獣医師会の政治団体「日本獣医師連盟」から100万円の献金を受け取っていて、更に2年前には日本獣医師会の第72回通常総会へ来賓として出席し、特区に獣医学部設置を妨害すると宣言している

 完全に単なる利権屋であり、民珍の内ゲバ以外の何ものでもない。

 でも、バカヒの紙面にはこういう都合の悪い裏側は一切出てこない。

 悪いのは政府、悪いのは安倍。

 こういう結論ありきの狂ったストーリーを続ける為だけに捏造も歪曲も隠蔽も平気で繰り返す。

 そもNPOだのと出している情報うんたらって連中にしても、これまで散々政府のやる事に反対活動を繰り返してきた典型的なサヨク団体ですけど、そういう都合の悪い活動実績は記載しないんですから、知らない人が見たらまるで中立・公正な組織が反対しているかのように見えますよねぇ?

 本当に真っ当な組織なら、そもこのように情報を歪めたり隠したりを常にしているバカヒや民珍に対しても公開請求をしていておかしくないはずですが、調べて出てくるのは南朝鮮と繋がっている事とか、政権詐取したミンスと繋がっていたこととか、そういうろくでもない所業ばっかり

 都合の悪い一切を隠蔽したまま、情報公開の理念がどうたらとか、本当に恥って概念を持たないクズはどうしようもないですね。
05月20日(土)

ボウフラ頭の群れ、民珍 

19日付けの産経ニュースの記事から

喧噪演出の民進党 採決直前もピント外れな発言連発
2017.5.19 21:25
 「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案が19日、衆院法務委員会で可決された。委員長席を取り囲み、怒鳴り、なじれば、立場が異なる政党には「自民党に入れてもらえ」と罵声を浴びせる-。民進党が演出した採決の喧噪(けんそう)は、不毛で荒涼としていた。(松本学)

 「やめろ!」「何を言っているんだ!」

 野党筆頭理事でもある逢坂誠二氏ら複数の民進党議員は、採決が始まった途端、鈴木淳司委員長(自民)の席に詰め寄り、マイクも奪って議事を妨げた。

 民進党は今回、緊迫した採決で議員がメッセージを掲げる「プラカード戦術」を見送った。世論の評判が悪かったからだ。しかし、この日の質疑でも相変わらずのピント外れな発言を連発した。

 逢坂氏は「質疑の終局には首相入りでしっかり議論するという話になっていたが、ほごにされた」と与党を批判した。

 しかし、同委では17日に安倍晋三首相入りの質疑が予定されていたにもかかわらず、民進党などが金田勝年法相への不信任決議案を提出したことで、質疑は流れた。これでは「建設的な議論をする気など最初からなかった」(日本維新の会の椎木保氏)との批判は免れない。

 階猛氏は、民主党政権の平岡秀夫法相時代と現在の方針の違いを説明した官僚の答弁に異論を唱えた。

 「皆さんの仕事のやり方は信頼できない。大臣が代わったから元に戻る。役人としての矜持(きょうじ)があるのか」

 政権が代われば施策が変わるのは当然だ。「政権交代」を最大眼目に掲げる野党第一党が、その意義を公然と否定したに等しい。

 採決が近づくと、委員以外の民進党議員も続々と姿を見せ、不規則発言を繰り返した。丸山穂高氏(維新)が「詰め寄ってプラカードを掲げるわけではないだろうが…」と苦言を述べると、山尾志桜里前政調会長が声を張り上げた。

 「自民党に入れてもらえ!」

 与党との修正協議に合意した維新を苦々しく思う気持ちは理解できなくはない。とはいえ、立場の異なる者には罵倒も辞さないという姿勢は、「多様な価値観」(民進党綱領)を掲げる政党像とは程遠い。

 廃案路線で突き進み、行き詰まると院外のデモ隊に飛び込んでアジる-。4月に民進党に離党届を出した長島昭久元防衛副大臣は、平成27年の「安保国会」での当時の民主党への失望をこう語った。

 蓮舫代表は19日夕、市民団体が主催する国会前での抗議集会に繰り出した。

 「皆さんの声をなかったものにしている政権に、心の底から『おかしい』と言おうじゃないか」

 「院外のデモ隊」と手を携えこそすれ、国会での熟議にはくみしない姿勢が、1桁台の低空飛行から脱しない民進党の政党支持率に表れている。

 何というかまぁ…このサルどもに知性が身につく事は永遠に無いってことだけは確かですね。

 「マイクも奪って議事を妨げた」

 半島南のケダモノどもじゃあるまいしと言いたいところですが、それと昵懇なだけに9条改正を批判しながら自らは随所でこうやって武力行使を平気で行うんですよねぇ、ブサヨって。

 記事にもあるように逢坂ってゴミ虫が総理大臣が悪いかのような偽証をしていますが、実際は17日の午後に予定されていた総理大臣への質疑をわざわざ午前中に大臣への不信任案を出して自ら潰したのであり、バカ丸出しの所業を自分達でやっておきながらその責任を平気な顔で相手に転嫁しており、本当に考えるって事が出来ないサルであり、記憶力も鶏未満なのだから、こんな連中が国会議員、いやそれ以前に我々と同じ日本人を名乗っている事に呆れ果てます。

 大臣が変われば方針が変わるのだからやり方だってそれに合わせて変えるのは当然ですし、まして政権交代となればひっくり返るのが当然ですよねぇ?

 民珍がミンスを名乗っていた頃、そもそもそうしますと出来もしない放言をして愚民を謀って政権を詐取し、かき回すだけかき回して放り投げたのすらもう覚えていないで、再びの政権交代を掲げているとか、本当に生きている必要性すらないですね、このボウフラ頭どもには。

 高速道路の無料、子供手当て1人につき26,000円を毎月支給、高校の完全無償化、ガソリン税等の値下げ…こういったものを掲げていた事事態、自分達は信用の置けないクズですよとアピールしていたって事だと言いたいんでしょうかねぇ?

 まぁ、そもそも算数が出来れば簡単に暴ける小学生低学年レベルの嘘を信じて票を投じた愚民が多数いて政権交代が実現したってのが私には未だ信じられない限りですけど。

 「自民党に入れてもらえ!」

 犯罪者ガソリーヌに至っては、何時まで場違いも弁えずいるんだって話ですよね?

 いい加減、下劣で下等な犯罪者である自らの本来の居場所である檻の中に入れ、と。

 秘書の行為は政治家の責任、自分も含めてミンス議員は報告書を精査して押印しているとほざいておきながら、ガソリンプリカによる不正を全て元秘書の責任にして議員辞職すらせず、それでいて返金したから元秘書を刑事告訴もしないと、明らかに嘘と分る言い訳をして真実を闇に葬る元検察官とか、存在そのものが恥であり、罪だといえます。

 そも、賛成したから自民党に入れなんて理屈が通るなら、共同歩調を年単位で取り続けている民珍や共産、社民らはなんで未だに別組織を名乗っているんでしょうかねぇ?

 同一の組織になって共産党の方針に従い、政党助成金は一切受け取らないを実行しろ、そして仲良く金欠共倒れになれ、と。

 もっとも、長島の離党だって異なる価値観を認めず、画一的にあれと、丸っきり共産主義的思想を押し付けたのが理由の一つだったと暴露されているんですから、民珍の掲げる多様性なんて嘘八百であるのは明々白々であり、そういう点でも共産党との相性は実に良いでしょうけど。

 しかも止めに、「皆さんの声をなかったものにしている政権に、心の底から『おかしい』と言おうじゃないか」と、国籍偽装事件で国民の声を無視して説明責任から逃げ回る党首がほざくに至ってはもう一種のお笑い団体なのかと言いたくなります。

 そういえば森友の件で国会をサボった挙句、現場に行ってきたと言いながら、不法侵入疑惑が出た途端に実際には行ってなかったと嘘を付いていた事が明らかになったのに、その事を問う国民の声から説明責任を放棄して逃げ隠れしていた辻元も最近また騒ぎ出していますよねぇ?

 蓮舫、辻元、山尾とブサイクで無責任、得意技は説明拒否で逃げ回りな馬鹿トリオの結成ですかね?

 それに「声を無かったものにしている」と言うのなら、私はむしろミスッタ年金こと長妻がその三馬鹿を含む民珍の犯罪追求を未だに国会でしていないことが浮かぶんですけど、自ら国民に国会で追求して欲しいことを求めておきながら、集まった大多数の声を月単位で無視していることについて、上記のような発言をするのならば党首として為すべき事、取るべき責任があるんじゃないんでしょうかねぇ?

 所属の国会議員がこんな真似をしているのに、そして自らが説明責任を一切果たしてもいないのにそんな台詞を吐かれたって、お前がほざくなという突っ込みしか出てきませんもの。
05月18日(木)

媚中派の薄汚い性根 

16日付けの産経ニュースの記事から

二階氏 AIIBへの日本参加「早期決断を」
2017年5月16日 01時26分(最終更新 5月16日 01時26分)
 【北京・水脇友輔】中国を訪問している自民党の二階俊博幹事長は15日、中国主導の国際金融機関アジアインフラ投資銀行(AIIB)への日本の参加について「どれだけ早い段階に決断をするかということになってくる」と述べ、早期参加に期待を示した。北京で同行記者団に語った。

 二階氏は、中国主導に対する懸念が日本国内にあることについて「心配する意見は何をやる場合にもある」としたうえで、「あまり大きく後れをとらないうちに、この問題に対応するというぐらいの心構え、腹構えが必要だ」と強調した。

 AIIBを巡っては、創設メンバーの参加表明期限を前にした2015年春、日本政府は米国政府と歩調を合わせ、組織運営が不透明なことなどを理由に不参加を決めた。しかし、AIIBのメンバー数は既に、日米主導のアジア開発銀行(ADB、67カ国・地域)を上回る77カ国・地域に拡大。今年1月に発足した米国のトランプ政権の出方も見えにくいことから、参加を検討すべきだとの意見が日本政府内にもある。

 そりゃあ、自民党の媚中派といえば真っ先に名前が出てくる売国二階ですよ?

 しかも北京に行っての記者会見なんですから、ご主人様への媚売りなんてするに決まっているじゃないですか。

 今回だって記者のいないところでどれだけたっぷり媚薬を嗅がせてもらっているのやら、知れたものじゃありません。

 汚職や不正献金、便宜供与といった自民党の悪いイメージは汚沢と一緒に片っ端からやってきたクズですからね。

 例えば、汚沢と一緒にやった西松からの不正献金授受とか、香港のペーパーカンパニーへのグリーンピア跡地の無料譲渡という便宜供与とか、実在すら疑われる売国奴の碑を地元に立てて喜ぶとか、凡そトチ狂っていると評するに相応しい、良識や常識、モラルといったものを著しく欠いた異常者としての武勇伝に事欠きません。

 しかも、一度は自民党に後ろ足で砂をかけておきながら平気な顔で戻ってきた恥知らずでもあり、その軽薄で金に薄汚く、良心の欠片も持たない姿は、本来なら到底人前に出していいようなものではありません。

 あんなのを幹事長にしているんですから、本当に自民党と言うか安倍政権は過去の自民党の失敗、敗因から何も学んでいないんじゃないのかと、ホトホト呆れさせてくれますよね。

 自分が病に倒れて交代するまでの1年間でどれだけ閣僚らの問題に直面したか、また、今も散々国会が停滞しているのが何故なのか、少しは考えて対策を練る位の知恵は無いのか、と。

 習金平に会えて握手までしてもらえた売国奴が舞い上がってどんな行動に出るか、直接見たことの無い私ですら過去のこのクズの言動からこうなるって簡単に推測できましたから、本来自民党の連中なら私以上にリアルにその場面を想像できたでしょうに。

 バカ発言がされた後に不快感をもらしたってどうしようもないし、野党が新しい攻撃材料にするってことも簡単に想像できるでしょうに、ホント、バカですよねぇ?
05月17日(水)

間抜けどものバカ騒ぎ 

16日付けの産経ニュースの記事から

「共謀罪、必ず廃案を」=東京・銀座でデモ行進
2017/5/16(火)21:41
 「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案に反対する市民団体が16日、東京都内で集会を開き、銀座でデモ行進を行った。与党は18日にも衆院通過させる構えだが、参加者は「必ず廃案を!」と声を張り上げた。

 日比谷野外音楽堂(東京都千代田区)の集会には4200人(主催者発表)が参加。登壇した団体代表や野党議員らが「法案は憲法違反で、成立すれば監視社会になる。強行採決させてはいけない」と訴えると、会場から大きな拍手が起きた。

 集会後、参加者は「共謀罪NO」などと書かれたプラカードを手に行進。埼玉県鶴ケ島市の主婦小田美智子さん(78)は「市民運動のチラシ配りも監視の対象になるのではないか」と危惧し、「政治に意見できなくさせてはいけない」と強調した。

 北海道から来た40代の女性教員は、国会で法務大臣が十分な答弁をしていないと指摘し、「説明が足りず、ほとんどの国民が共謀罪について分かっていない。廃案にすべきだ」と訴えた。

 国会前でも座り込みのデモが行われた。東京都大田区のアルバイト渡辺高志さん(65)は「かつての治安維持法のように市民が弾圧されてはならない」と述べた。同町田市の主婦佐藤美登里さん(68)は「教育問題など他に優先して考えるべきことがあるはず」と憤った。

 何故必要なのかという根本を無視している事と、何より言論弾圧をやっている当事者がほざいている事が根本的に狂っていますよねぇ?

 例えば先日、民珍党のサルどもは国会真相ニュースという公式生放送をニコニコ動画の生放送とyutubeで行いましたが、この際、一切のコメント、チャット機能を禁止し、それぞれのサービスが本来認めていた放送に対する国民の言論の自由を弾圧しました

 また、ニコ生では放送終了後に番組評価のアンケートが「とても良かった」「まぁまぁ良かった」「あまり良くなかった」「良くなかった」の4段階乃至、「ふつうだった」を入れた5段階で行われるのが通例ですが、そちらも無しだったそうで、国民の意見を聞かない、一方的な戯言の垂れ流しに終始しており、連中が如何に言論の自由と言うものを本音では敵視しているかがよく分る事件だったと言えるでしょう。

 もっとも、こういう馬鹿どもと一緒に騒ぐ連中だからこそ、都知事選の時の様に何かあれば簡単に右往左往し、挙句は醜い内ゲバを起こすんですけどね。

 加えてその立候補した変態ボケ老害を平然とブサヨどもが支持していた事からも分るように、連中って他人を罵倒する為なら手段を選ばないから、それが跳ね返ってきた時にはあぁいう内ゲバになるか、揃って無視したり、支離滅裂な対応に終始するってのもお約束です。

 実際、「政治に意見できなくさせてはいけない」なんぞとほざいている老害が記事に出ていますが、民珍党がミンスを名乗っていた時代に自衛隊法を捻じ曲げて民間人の言論を弾圧していた事や上記のように現在も国民の声を拒絶している事実の一切を無視して連中と一緒に活動している間抜けっぷりなどその際たるものですよね?

 挙句、「市民運動のチラシ配りも監視の対象になるのではないか」等と意味不明なこともほざく始末ですし。

 この78歳の主婦とやらは、チラシ配りで監視されるような危惧をしなければならないなんて、一時期アメリカで起きていたテロのように炭素菌でもチラシに付けて配る予定なんでしょうかねぇ…?

 その次には40代の教師とやらが「説明が足りず、ほとんどの国民が共謀罪について分かっていない。廃案にすべきだ」なんてほざいていますけど、むしろ上の老害なんて、だからこそ共謀罪の中身を理解せず、調べようともしないでブサヨとして活動に従事しているんでしょうにねぇ?

 民珍を始めとした野党のブサヨどものように理解した上でわざとデマを垂れ流しているというのなら別ですけど、そうでなく、一度でも適法となる要件を確認していたのならチラシ配りが監視対象になるなんて意味不明な戯言は出てくるわけがないんですから。

 第一、国会答弁をマトモに聞いて、理解した上で参加しているなんてのが何匹いるのやら?

 まぁ、北教祖の構成員なんて平気で職務を放り出してテレビに齧りつくとかやってそうではありますけど。

 治安維持法がどうのと、毎度の戯言も並べていますが、こういう連中ほどかつての自衛隊法歪曲や尖閣事件、原発事故の際の情報統制と法無視の暴走の数々を行って言論の自由や知る権利を弾圧・迫害し、売国に勤しんでいた時には何にも言わなかったんですよねぇ。

 それどころか、逆にヘイト法案を野党主導で作って国民の言論のみを弾圧した時にはむしろ歓迎している始末ですしね。

 まして主導したのは国民をゴキブリ呼ばわりしていたヘイト野郎、有田ゴキフだというのに。

 ホント、二枚舌って最低ですね。

 また、教育が先というのも意味不明ですね。

 現在のテロとの戦争、その始まりと言えるのはやはり、アメリカ同時多発テロであり、あれが起こされたのは2001年。

 今から16年も前の話であり、それ以来欧州を中心に頻繁にテロが起きて民間人が散々犠牲になっているし、日本もその標的であるとテロリスト達から宣言され、自ら渡航が禁止されている紛争地帯に行ったバカどもの中には惨殺されているのすらいる状況で、何故教育より後回しにすべきなのかが全く意味不明です。

 結局の所、ブサヨだから反対しているという以上の意味なんて、このバカどもには存在しないんですよね。
05月12日(金)

子供と犯罪を犯して責任も取らない国会議員がベストマザーという滑稽さ 

11日付けの産経ニュースの記事から

民進・蓮舫代表「『ありがとう』と『ごめんなさい』ちゃんと言えるように」 ベストマザー賞授賞式で
2017.5.11 16:37
 民進党の蓮舫代表は11日、東京都内で開かれた「ベストマザー賞」(NPO法人日本マザーズ協会主催)の授賞式にプレゼンターとして出席した。20歳になる双子の男女を育てた蓮舫氏は式後、「(子育てで)一番こだわったのはあいさつ。『ありがとう』『ごめんなさい』をちゃんと言えるように教えてきた」と記者団に振り返った。

 新米ママへのアドバイスを求められると、「特に初めてのお子さんは大変だと思う。自分だけじゃなくて、しっかりパートナー(夫)にも育児をしてもらうよう働きかけてほしい」と述べた。

 こういう胡散臭い団体の開催する式典って、箔付け及び話題性アピールのために必ず著名人を選ぶものですけど、よりにもよってこんな最低のバカをベストマザーって、人間を侮辱するにも程がありますよねぇ?

 家庭内ヒエラルキーで夫を家畜以下の最下層に置いて、全国放送で晒し者にして嘲笑うようなクズが最高の母親像ですか?

 しかも、早稲田の非常勤講師を務める夫がいて、自らは国会議員、親も金持ちという身でありながら、子供と一緒になってマジコンという犯罪行為を平然とやる

 この時付いた仇名が、マジコン由来の「R4」です。

 そう言えば先日、妻と子が宝だと喧伝しながら20代の女性を無理矢理ホテルへ連れ込んで不倫をしようとした初鹿ってクズでゲスな男が、批判するなら党首の名前を正しく呼べとか異常者らしい意味不明な寝言をほざいていましたけど、蓮舫を批判する人間なら普通はこのマジコン事件を知っていますから、上記の仇名も当然知っており、名前を間違えての批判なんて有り得ないんですけどねぇ?

 蓮舫が圧力を掛けて放送中止に追い込んだと言われるアニメ版銀魂でも、散々正しい名前を連呼して笑いのネタにしていましたから、ジャンプファンとかアニメファンが間違えて覚えるってことは無いでしょうし(笑

 また、子育てのこだわりが挨拶だなどと、戯言をほざいていますが、蓮舫自身が誰よりも礼節を弁えず、嘘を恒常的につき、バレても言い訳か黙殺かで謝罪などした事も無いのは周知の通りであり、反面教師にこそなれても到底ベストどころか、ベターなマザーすら、一万歩譲ろうとも言える様な生き方をしてきていないのは明々白々の事実ですよね?

 実際、マジコン騒動の時も犯罪行為をしていたのに言い訳だけで自らも子供も何ら法的責任どころか道義的責任も取っても取らせてもいませんし、ヤク中オヤジと旅行に行くわ、国会において総理大臣を嘘つき呼ばわりしながらその最中に自らが繰り返し繰り返し幾度も嘘を付いて後に虚偽の事実をばら撒かれ利用された公明党党首が批判しても無視する、国籍偽装問題でも口を開く度に嘘をついて話を二転三転させながら、最期は言い訳をしただけで責任を取るどころか謝罪もせず逆に野党党首として出世するような呆れ果てる振る舞いを見せており、母親以前に人間として失格の最低な輩です。

 こんなのに与えるのに相応しい賞なんてものはありませんし、どうしてもと言うのなら、それこそワーストマザー賞とか、ワーストチャイニーズ賞とかを作ればピッタリですけどねぇ?

 道義、良識、分別、礼節…そういった人が備えていなければならないものの悉くを持てないクズの血肉で生まれ、育てられた子供に、それも自らが丸っきり言えもしない事をやれと言ったところで、本当に出来るように育ったんでしょうかねぇ?

 独裁政党の党首だけに、自らの恥部は情報統制して見せず、聞かせずで育てましたとかって言い訳なら笑えますけど。
05月10日(水)

猿知恵で知ったか、ブサヨは存在そのものが恥かしい 

6日付けの産経ニュースの記事から

百田尚樹氏は「もはや危険人物」…新潟・米山隆一知事のSNSが止まらない 投稿は「娯楽」 執務中?の書き込みも
2017.5.6 09:00
 短文投稿サイト「ツイッター」上での発言が波紋を呼び、記者会見で反省の言葉も口にした新潟県の米山隆一知事(49)が、相変わらずソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)への投稿に励んでいる。“反省”後も、埼玉大の長谷川三千子名誉教授が産経新聞の「正論」欄で展開した憲法改正論を批判。民進党を離党した長島昭久衆院議員や作家の百田尚樹さんの言動にも注文をつけるなど、県政以外の話題への突っ込みはとどまるところを知らない。

 「この方独自の悪意に満ちた解釈をして現憲法をやたらと貶(おとし)め、ひいては現憲法下の日本全体をひどく侮辱しているのです」

 米山知事は4月21日、フェイスブック上で長谷川名誉教授をこう痛烈に批判し、続けて「一体この方のどこが愛国なのでしょう」とこき下ろした。

 長谷川氏は産経ニュースにも配信された正論の欄で、日本国憲法第9条第2項について「条文通りに守ると、国家の力はゼロになりますから、事実上わが国の主権は消失する。つまりわが国の憲法原理『国民主権』を不可能にしてしまう」として、欠陥条項だと指摘していた。

 第2項は「前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない」としている。

 米山知事は「2項の標準的解釈は、自衛権を全く否定していません。主権も全く否定していません」と主張した上で「つまりこの方は、憲法の授業に出席している法学部の1年生ならほぼ全員知っているような事実を平然と無視」したと、皮肉たっぷりに揶揄した。

 さらに、金曜日で知事としての職務中の時間帯と思われる同日午前10時47分には「『憲法9条の改正が必要!!!なければ防衛できない!!!』と言う議論は、実は何の根拠も無く、むしろよほど宗教的思い込みによるものだと思います」という米山知事の書き込みが投稿された。

 「立場わきまえ」続行宣言

 米山知事は3月中旬、森友学園問題をめぐる前大阪市長の橋下徹氏のツイート(つぶやき)に異論をはさみ、橋下氏から「頭の悪い知事」「最低な奴」と罵詈雑言を浴びせられた。同月末には中学校の新学習指導要領に銃剣道が明記されたことに「戦前精神論への郷愁でしかない」と投稿し、千葉市の熊谷俊人市長とやり合うとともに、銃剣道関係者らを戸惑わせた。(後略)

 反安保、TPP、原発再稼動…支持は民珍に共産…しかも医師で弁護士…

 やだ、もう、まっかっかじゃないですか。

 流石はあの田中真紀子を当選させ続けた新潟ですね、こんな異常者を知事に出来てしまうなんて、県民は余程強い自滅願望者が溢れているんじゃないのかと。

 記事を読んでもいても、その頭のイカレっぷりはとても救いがあるとは思えないほど哀れなレベルですし。

 日本国憲法第9条第2項について、「条文通りに守ると、国家の力はゼロになりますから、事実上わが国の主権は消失する」とまぁ、国民主権を謳いながら国民を守らないと宣言する矛盾した、有名な日本国憲法最大の欠陥について正論で指摘されていたのが、ブサヨとして余程気に入らなかったのでしょうが、ソレに対する言い掛かりのつけ方が「憲法の授業に出席している法学部の1年生ならほぼ全員知っているような事実を平然と無視」って言うのは、やっぱり頭の足りないブサヨならではの間抜けっぷりですよねぇ?

 日本政府の使う憲法解釈って言葉は実に不思議で便利なもので、これを使うと憲法の記載内容が180度ひっくり返っても違反にならず、許されてしまうのです。

 9条に限った話ではなく、先日も記したように禁止された私学助成もこの憲法解釈によって今では当たり前にやっていますし、他にも環境権やプライバシー権といった憲法制定後に出来た概念さえも憲法解釈によって、「ある」ことにされてしまっています。

 後で生まれた概念をその誕生前から内包している法律なんて、本来ありえるわけが無い話で、だからこそ何処の国もそういうものを追加する為に小まめに憲法改正を行っている。

 結果、他国で当たり前のことすら出来ない日本では、憲法解釈で自衛は認められているだの、自衛隊は合憲だのって学校でも教えるしかなくなる。

 でも、その肝心の教えている憲法学者は実に7割以上が自衛隊は違憲だって解釈をしているのですから、滑稽極まりない話ですし、むしろその程度の事実すら知らずに生徒に教えているからどうだとかほざく、この米山って間抜けの無知無能は失笑ものの醜態です。

 「『憲法9条の改正が必要!!!なければ防衛できない!!!』と言う議論は、実は何の根拠も無く、むしろよほど宗教的思い込みによるもの」なんて戯言が事実なら、まずは自衛隊違憲説を唱える7割超の学者先生様にほざけって話ですよねぇ?

 お偉い専門学者様より、ド田舎の真っ赤な知事様の方が権威があるんだから、その戯言に従って違憲主張を翻せって、本来は同類の左巻きが多数いるはずの憲法学者に喧嘩を売る方が、真っ赤な連中らしい内ゲバでよく似合うと思うんですがね。

 まぁもっとも、所詮は阿呆のサル知恵ですから、そんな戯言に耳を貸すバカはいないでしょうし、9条唱えれば平和でいられると、領土が侵略されても、国民が国内から拉致されても盲目的に唱える9条信徒こそ、宗教的思い込みで活動しているキ印でなければなんなのかって話なんですけど、頭の出来が悪すぎて現実が理解できないのでしょう。

 もう少し突っ込んだ話をすると、自衛隊は自らの英語表記名を「Japan self-Defense Force」と記しています。

 ここに、空だったらAir、陸だったらGround、海だったらNavyと、一単語がそれぞれ加わるわけですが、逆にこれをどう訳すか?

 単純にExciteなどで翻訳にぶち込むと、「日本自身防衛軍」となりますので、軍という時点で戦力だからアウトですよねぇ?

 また、国連憲章2条4項の原文では、武力行使のことを「use of force」と記しています。

 その証拠に日本語訳だと同項は「すべての加盟国は、その国際関係において、武力による威嚇又は武力の行使を、いかなる国の領土保全又は政治的独立に対するものも、また、国際連合の目的と両立しない他のいかなる方法によるものも慎まなければならない」となっており、「Force」を名乗っている時点で自衛隊が本来の役割を果たす、イコール違憲にならないと、整合性が取れません。

 なにせ、日本国憲法も9条1項で「国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」と謳っており、「use of force」を禁じているのですから、「force」を名乗る自衛隊に国の自衛を担わせる、「use of force」は、明らかな違憲行動となります。

 ましてや2項において「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない」とまで断言している以上、武力行使可能な戦力である「Force」の保持はこれまた明らかな矛盾ですし、交戦権そのものを禁じている以上、そこに侵略か自衛か、それ以外の何かなのか、なんて戦闘の性質がどうかは関係ありません

 結局の所、憲法解釈という出鱈目で無理矢理押し通しているだけであり、だからこそ自衛隊にはマトモな交戦権すら認められていない、故に交戦規定もないなんて、出鱈目が今まで罷り通ってきた。

 だからこそ、こんな馬鹿げた状態は一刻も早くキチンと改善すべきだと言う話なんですけど、頭の足りない真っ赤なブサヨにはどうもその程度すら理解できないようで。

 いやはや、こんなノータリンが国会議員になれなかったのは、せめてもの救いだと思うべきなのでしょうかねぇ?

 実際他にも、銃剣道イコール戦前回帰なんてバカに相応しい言い掛かりをしながら、でも軍服からの派生であるブレザーやセーラー服等の学生服を学校が指定服にしていて、学生が当たり前に着ていることは気にも留めないとか、こういう連中ってバカだから言い掛かりのつけ方も本当に幼稚で間抜けですよねぇ?
05月07日(日)

子供の次は猫を政治利用する下劣なブサヨども 

6日付けの東京新聞の記事から

猫好き結集「肉球新党」 吾輩は戦争法制反対である 共謀罪いらにゃい
2017年5月6日 朝刊
 「肉球新党 猫の生活が第一」という変わった名前で、安倍政権の安全保障政策、改憲、原発再稼働への反対を訴える市民団体がある。「猫が幸せに暮らせる社会は、人にも優しい」という考えの下、全国の猫好きが集まって声を上げている。(北條香子)

 きっかけは二〇一一年の東京電力福島第一原発事故。猫をはじめ多くの動物が被災地に取り残されたことを、川崎市に住む愛猫家の男性団体職員(55)が知り、「肉球新党」と名乗って反原発集会に参加し始めた。男性は、太平洋戦争で兵隊の防寒着などをつくるため飼い猫や犬を供出させられたことも知っており、安保関連法や自民党改憲草案にも反対する。

 宮沢賢治の「雨ニモマケズ」を基にした「東ニ解釈改憲ガアレバ/行ッテ猫パンチ/西ニ集団的自衛権容認アレバ/行ッテ爪ヲトギ」という横断幕を掲げたところ、ネット上で話題に。参加希望者が相次ぎ、一五年十月から組織的に活動するようになった。

 男性が飼っていた雑種のオス猫「チビ」が党首に就任したが、昨年末亡くなり、今は名誉党首。ツイッターで相互フォローしたアカウント約三千八百人を党員と認定している。

 全国に支部があり、街頭活動に参加。毎週金曜日の国会周辺デモでは、十人ほどが猫のイラストや写真入りのプラカード、横断幕を掲げ「吾輩(わがはい)は戦争法制に反対である」「共謀罪はいらにゃい」と訴える。

 改憲で生活がどう変わるのか、猫イラストを交えて解説したリーフレットも約十万部作製。全国の希望者に無料で発送し、駅頭などで配ってもらっている。主な資金源は猫イラスト入りのバッグや缶バッジの売り上げ、カンパ。「集会やデモには参加できないが、グッズを買って協力したい」という地方在住のメンバーも多いという。ホームページは「肉球新党」で検索。

 なんというか、男性団体職員(55)って時点で胡散臭さがハンパないですが、子供だの小動物だのを悪辣な政治利用するのって本当にブサヨは大好きですよねぇ。

 まぁ、中身が頭のイカレた醜悪な犯罪者どもだから、そうでもしなければ耳を傾けてもらうどころか、近寄る事もできず逃げ出られてしまうからなんでしょうけどねぇ?

 9条を崇め、無防備都市宣言がどうだとほざきながら刃を車に携帯し、気に食わない相手だからとイキナリ滅多刺しにして殺人未遂で逮捕されたり、女性の人権や名誉がどうのだのとほざきながら、強盗と強姦事件を起こして逮捕されたり、仲良くしようぜだのとほざきながら意見の異なる相手のデモに自転車で突っ込んで傷害で逮捕されたり、集団リンチをしたり、自然を守れと叫びながら自然を踏み荒らし、切り裂いたり、憲法を守れと喚きながら他人の土地や道路にテントを不法設置して勝手な検問を敷いたり、俗にパヨクとかブサヨとかって呼ばれる連中は言動が常に支離滅裂な異常者で構成されており、イコール犯罪者と言っても何ら過言ではありません。

 実際、取材をして記事にしているのもまたイカレブサヨとして最近では毎日以上とも言える異常性を示す東京新聞ですからね。

 大体、無理矢理飼い主がペットを被災地に残した事と原発事故を結び付けていますが、これ、別に原発事故が無くたって当たり前に起こりえる事態である事を東京新聞はわざと隠していますよね?

 災害時の避難ではペットの同行避難が認められているものの、規模の大小に関わらず、震災や津波の際は当然ながら人命救助が最優先であり、東日本大震災のような状況では置き去りにせざるを得ない状況等幾らでも出てきて当然です。

 また、東日本大震災の際には躾けが出来ていなかったり、匂いや鳴き声、アレルギー、ノミ等の問題から避難先でペット絡みのトラブルは多数起きていますし、食料や水、トイレ等ペットのための救援物資も必要となるので、災害による避難時にペットは飼い主以外の人にとっては基本的に迷惑でしかない事をキチンと認識しているのか、と言いたいですし、そもそもソレが結党の理由ならバ菅の時に起きた騒動で何故ミンスを批判せず、安倍政権にだけ声高に罵り声を上げるんだか?

 安易に原発が、安倍が悪いという短絡思考を示し、それを平然と紙面に載せられる浅慮は流石、ブサヨとしか言い様がありませんね。

 「太平洋戦争で兵隊の防寒着などをつくるため飼い猫や犬を供出させられたことも知っており、安保関連法や自民党改憲草案にも反対する」

 何より、この一文の前後の脈絡のなさを見ても、連中の支離滅裂ぶりがよく分るでしょう。

 アレだけ異常者どもが騒いだ安保改正を原因とする戦争が未だ起きる気配すら見せていない状況で、70年以上前の戦時中、それも物資不足の中での犬猫の供出と安保関連法がどう関係するのか、改憲草案にどう繋がるのか丸っきり脈絡がなく、その説明もないのですから、頓珍漢すぎて意味不明です。

 取りあえず、書いた北條とかって阿呆も掲載許可をした上司らも揃いも揃って文盲でマトモに日本語の読み書きが出来ない愚者であることだけはハッキリと伝わりましたが。

 いやはや、生みの親である徳富蘇峰に聞いてみたいものですね、今の東京新聞をどう思うのかって(笑

 因みに、東京新聞は戦時中の1942年に都新聞と国民新聞が合併して今の名前になったもので、その国民新聞の創設者が軍や政府に強いコネと影響力を持ち、極右と呼べる過激思想の持ち主だった徳富蘇峰です。

 蘇峰自身は1929年に社長を辞めて、その後は毎日に移って筆を取っていましたが、当事の他紙と変わらず国民新聞、そして東京新聞も極めて右翼的思想で軍賛美と反米を唱えるだけの御用新聞となって自社の売り上げを伸ばす事だけに邁進し、そのくせ戦後は朝日のように180度転身して左巻きになった真性のクズ組織です。

 話が掲載紙の方にずれましたが、そのようなイカレた新聞社だけに、戦後の反省がどうの、教訓がこうのとほざきながらも、戦前戦中と何ら変わらずに都合の悪い事実を一切隠蔽し、アピールするビラのような記事を書いているだけで、このブサヨの実態が分りませんね。

 では、真相はどうなのかと言えば、先述した違法テントに関し、沖縄で犯罪活動をやっている写真がネットで上げられており、また、この犯罪組織の構成員がツイッターで口論相手の娘を標的にする脅迫行為を2ヶ月前にしており、まさに犯罪者集団と呼べる危険な思想活動を行っている事がわかりますが、そんな犯罪者をまるでヒーローのように持ち上げているわけですから、何ら反省せず、教訓にもしないままに国民を騙す行為を今も東京新聞がやっているのだと言う事もわかるでしょう。

 素人がネットでちょっと検索するだけで分る事を、調べもしないでヨイショする記事を書いているなら、そもそも新聞社を名乗るような資格が無いのですから、新聞気取りの紛い物、とでも名乗るべきですし、承知の上でやっているのなら、ペテン塗れのアジビラと実態に相応しい名を名乗るべきですよねぇ?

 頭狂新聞さんよ。

 実態を正確に報じた上で、果たして脅迫事件の話までキチンと伝えても思想に共鳴します、メンバーを続けますっていう異常者がどれ位いるのか、むしろそっちを脅迫した構成員らの写真付きで取材でもしてくれれば秀逸、ブンヤだと評してもやれるんですがねぇ?

 いずれにせよ、言動は丸っきり同じで反安倍、反原発、反米、反改憲…と、一事が万事、半島のケダモノ及びそれと結託する犯罪者として受け入れられないってお約束な内容ですから、異なるガワを被っているだけで一皮向けば出てくるのは同じ共産党の薄汚い犯罪者面になるのは当然です。

 思想に基いてと言うより、犯罪者思考として自分達にマイナスになるから許せないってのがブサヨの根源ですからねぇ…

 だから自分達は常に正義であり、正義だから自分達はどのような不法行為をしても許される、というぶっ飛んだ論理展開を初めて犯罪行為に走るわけで、平和が好きだの話し合いによる解決だのと言いながら、その戯言を押し通す為に武力行使が許されるって異常思考を異常と理解出来ないんですから、矯正など出来るわけがありませんし、そんな犯罪者どもとの共生社会なんて、本当に冗談じゃありませんね。
05月04日(木)

拉致被害者らの人権も平和も自由も無視する最低最悪の下種組織、日弁連 

3日付けの弁護士ドットコムの記事から

憲法施行70年、日弁連会長「安保法制で立憲主義の危機」「平和と自由を守る」
2017/5/3(水)9:39
 日本弁護士連合会の中本和洋会長は5月3日、1947年の日本国憲法の施行から、70年目を迎えたことを受けて、「平和と自由を守るために、たゆまぬ努力を続けることを誓う」とする憲法記念日の談話を発表した。

 中本会長は談話で、日本国憲法の施行からこの間、「確実に国民の間に定着し、国民はこの憲法の下で不断の努力によって権利と自由を拡充させ、民主主義社会を実現・発展させるとともに、平和な国家を築き上げてきた」と強調している。

 一方で、集団的自衛権の行使を可能とする「安保法制」施行に憲法違反との批判を加えながら、「安保法制の運用が進められ、違憲状態が既成事実にされようとしており、立憲主義の危機ともいえる状況が生じている」と警鐘を鳴らしている。

 談話の全文は以下の通り。

●憲法記念日を迎えるに当たっての会長談話
 本日、日本国憲法が施行されてから70年目の憲法記念日を迎えた。

 日本国憲法は、個人の自由・権利を保障するため憲法により国家権力を制限するという立憲主義を基本理念とし、基本的人権の尊重、恒久平和主義、国民主権を基本原理としている。

 この間、日本国憲法は確実に国民の間に定着し、国民はこの憲法の下で不断の努力によって権利と自由を拡充させ、民主主義社会を実現・発展させるとともに、平和な国家を築き上げてきた。

 しかしながら、集団的自衛権行使を可能とするなど憲法違反の安保法制が施行されてから1年の間に、安保法制の運用が進められ、違憲状態が既成事実にされようとしており、立憲主義の危機ともいえる状況が生じている。

 また、衆議院憲法審査会では、憲法改正に関する審議が行われており、具体的な改憲項目として大規模災害など緊急事態における国会議員の任期延長問題が審議されているなど、今後の議論の状況が注目されるところである。

 日本を取り巻く国際環境が変化しつつある今日、改めて、日本国憲法の恒久平和主義の下、70年の間に一度も戦争の惨禍に見舞われることなく、平和国家として歩んできたことを確認するとともに、国際紛争を外交努力で解決することにより平和と自由を守ることが求められている。

 当連合会は、日本国憲法施行から70年目の憲法記念日を迎えて、日本国憲法の定める基本原理を尊重し立憲主義を堅持する立場から、日本国憲法の果たしてきた役割と意義を国民と共有するとともに、平和と自由を守るために、たゆまぬ努力を続けることを誓うものである。

2017年(平成29年)5月3日日本弁護士連合会 会長 中本和洋

 アホがアホなりに考えた言い訳ですら、もう少し整合性ってものが取れると思うんですけど、日弁連の会長程度ではそれすら難事なんでしょうねぇ…

 日本国憲法が「個人の自由・権利を保障するため」のもの???

 いやはや、あの駄文集にそんな立派で崇高な理念が本当にあるのなら、何で未だに北によって拉致された国民が取り返せないんでしょうかねぇ?

 拉致被害者を奪還できず、その自由・権利を奪われたままであるのを放置している状態って、本当に保障していると言えるなら立派な憲法違反であり、即座に対応が必要な重大案件のはずですよねぇ?

 でも実際には、国民保護の為の行動を取る事を否定しているのが、日本国憲法であり、諸外国の公正だの正義だのを信じて自らの安全保障を放棄すると謳っている結果、このような事態が起きて、しかもずっと返せと述べる以上の対応できないままとなっているのであり、全ての元凶である日本国憲法に、何意味不明な寝言を初っ端からほざいているんでしょうかね、このバカは。

 ましてや散々書いてきたように権利を謳いながらその保障・保護を否定する内容を混在させたり、新たな権利等を盛り込むことも出来ず、結局は自衛隊や私学助成のように憲法解釈という出鱈目で矛盾したものを無理矢理押し通らせているのが現実なのに、欠陥だらけの役立たずを誇る連中って、本当に救い様が無い愚劣っぷりを見せますね。

 「日本国憲法の恒久平和主義の下、70年の間に一度も戦争の惨禍に見舞われることなく、平和国家として歩んできたことを確認するとともに、国際紛争を外交努力で解決することにより平和と自由を守ることが求められている」

 特にこういう下種極まりない寝言をほざくのって、何度も言うように拉致被害者や南朝鮮による虐殺被害者らを国民として見ていない、それらの人々の人権を無視するって事ですから、似非平和主義、似非人権主義の極地だと思いません?

 人権、人権と騒ぎなら、他ならぬ自らが侵害しているという構図。

 国会前や沖縄などで平和、平和と叫んで暴力行為を含む種々の犯罪行為に勤しんで平和を乱す犯罪者どもと一緒ですよね。

 まぁもっとも、単なる互助会の分際で政治活動に熱中し、主義思想と異なる人物からであれば弁護の依頼を断るなんて真似を平然とやる連中ですし、後見人にしろと喚いて着服・横領するのも大好きな連中ですから、モラルや良識なんぞ端から持ち合わせているわけもありません。

 それに外交努力でどうのとかほざいていますけど、例えば、国際法を無視し続け、国家間の約定さえ守らぬどころか更なる不法行為を続け、最近では約定そのものを破棄すると慰安婦騒動で気炎を上げる南朝鮮

 己の悪行を改めるどころか、売春婦像の次の手として、今度は徴用者の像を作って大使館前に設置する計画さえ明らかになっており、外交努力での解決が望めぬのが現実であると示しています。

 北朝鮮による拉致も独裁者を気取るブタ孫のせいで一切進展しませんし、その間に海外での兄弟殺しと遺体引渡しの条件だとして北にいるタイ国民を拘束して取引材料にする、ロシアや中国の言葉も無視して核と弾道ミサイルの開発、実験を強行し続ける等々、その気の無い相手への外交努力なんてものが無駄どころか、より一層事態を悪い方向へ向かわせる始末です。

 大体、竹島が略奪されて大勢の漁民が虐殺や拉致されたのって、1952年であり、「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼し」た結果、虐殺と拉致を許し、拉致被害者解放の条件として日本国内で拘留している朝鮮系の重犯罪者を釈放するというテロリストそのものとしか言いようの無い恫喝を時の政府が受け入れたわけです。

 妄想としかいえぬ信頼の結果、「われらの安全と生存を保持」出来ないというまさにバカ丸出しの状況に陥った

 それから半世紀後、北による30年近い工作員潜入と拉致の実態が北のバカ息子が認める形で明らかになりました。

 これまた、「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」代価です。

 竹島も、二国間どころか国際司法裁判所を通じての公正な判断を求めても南朝鮮に拒絶され、不法占拠が70年近く続いている状態であり、武力侵略、虐殺、拉致の被害者、それが日本の歴史です。

 日本共産党とか朝日新聞とか日弁連と言った集団に聊かでもマトモな現状把握能力や理解力があればこの現実を前に平和な70年であったなど、絶対に吐けない台詞ですよね?

 それとも、連中にとっては日本人がどれだけ殺されようが、犯されようが、連れ去られようが、はたまた土地や財産を奪われようが、自分達が直接の被害者でない以上、日本が反撃させしなければ戦争じゃない、だから平和だ、素晴らしいんだって論理なんでしょうかねぇ?

 ま、家族が殺された途端に死刑反対から賛成へ宗旨替えする弁護士なんてのもいる位ですから、身勝手なパヨク連中ならそれ位当然だと言いそうですが。

 それにしても、被害の歴史のみならず自衛隊の活躍と米軍の核の傘という平和のため努力してきた現実を完全に無視して平然と、「日本国憲法の恒久平和主義の下、70年の間に一度も戦争の惨禍に見舞われることなく、平和国家として歩んできた」なんてのたまう厚顔無恥ぶり…日弁連の会長なんてバカってのは存在するだけで有害だなぁと思いますよ。

 現実乖離した妄想を喚くだけの愚者で勤まる会長職とは、本当に存在価値の無い存在ですよね、日弁連って。
05月03日(水)

バカヒ、捏造の歴史への自負 

3日付けの朝日新聞デジタルの記事から

憲法70年 この歴史への自負を失うまい
2017年5月3日05時00分
 1947年5月3日、『新しい憲法 明るい生活』と題する小冊子が発行された。政府肝煎りの憲法普及会が作り、2千万部を全国の家庭に配った。

 後の首相、芦田均による発刊の言葉が高らかだ。「古い日本は影をひそめて、新しい日本が誕生した」。本文は、新時代を生きる国民に「頭の切りかえ」を求めている。

 施行から70年。憲法は国民の間に定着したかに見える。それでは為政者の頭はしっかり切りかわったか。残念ながら、答えは否である。

 先月行われた施行記念式典で、安倍首相は70年の歩みへの「静かな誇り」を語った。憲法の「普遍的価値」を心に刻む、とも述べた。

 額面通りには受け取れない。首相自身の言葉の数々が、その本音を雄弁に語る。

 「今こそ、憲法改正を含め、戦後体制の鎖を断ち切らなければなりません」

 あるいはまた、自民党の選挙スローガン「日本を、取り戻す。」について、「これは戦後の歴史から、日本という国を日本国民の手に取り戻す戦いであります」。

 静かに誇るどころか、戦後の「新しい日本」を否定するような志向が浮かぶ。一時は沈静化したかに見えた「押しつけ憲法」論が、色濃く影を落とす。

 そのような安倍政権の下で、憲法は今、深く傷つけられている。かつてない危機にあると言わざるをえない。

 集団的自衛権は9条を変えない限り行使できない--。この長年堅持されてきた憲法解釈を覆した決定に、「立憲主義の破壊」との批判がやまないのは当然だろう。

 念入りに葬られたはずの教育勅語。その復権を黙認するかのような最近の動向も同様である。戦前の亡霊が、これだけの歳月をもってしても封じ込められていないことに暗然とする。

 安倍政権に欠けているのは、歴代内閣が営々と積み重ねてきた施政に対する謙虚さであり、さらに言えば、憲法そのものへの敬意ではないか。「憲法改正を国民に1回味わってもらう」という「お試し改憲」論に、憲法を粗略に扱う体質が極まっている。

 国民主権、人権尊重、平和主義という現憲法の基本原理が役割を果たしたからこそ、日本は平和と繁栄を達成できた。ともかくも自由な社会を築いてきた。その歴史に対する自負を失うべきではない。

 現憲法のどこに具体的で差し迫った不具合があるのか。改憲を語るなら、そこから地道に積み上げるのが本筋だ。

 目下の憲法の危機の根底には、戦後日本の歩みを否定する思想がある。特異な歴史観には到底同調できないし、それに基づく危険な改憲への道は阻まなければならない。

 『新しい憲法 明るい生活』は言う。「政府も、役人も、私たちによってかえることができる」。そして、「これからは政治の責任はすべて私たちみんながおう」とも。

 70年前の言葉が、今まさに新鮮に響く。

 GHQに支配され、言論の自由すら奪われている時代の操り人形の戯言が新鮮とか、相変わらずバカヒに時代考証とか、歴史認識って概念は無縁ですねぇ。

 はてさて、役人の変更権限って何の話でしょうかねぇ?

 我々国民にあるのは精々最高裁の裁判官を罷免するか否かを衆院選の際に一緒に投票出来るというだけの話で、一般的な役人に対しては何の権限もありませんよね?

 国会議員や地方議員が問題を起こした場合の罷免すら国民が直接出来ないことは、鈴木宗男とか、石嶺香織といった連中の事案を見れば分るとおりですし、民珍党を見れば分るように犯罪組織では悪事がバレてもろくに処分すらされないで、辻元やバ菅などのようにむしろほとぼりが冷めれば逆に出世するなんてケースがゴロゴロある。

 最高裁の裁判官にしたって、投票で信任するか否かを記すだけで、事前にどのような人物か、どのような案件を扱い、どのような判断を下したかという詳しい情報すら新聞などでも殆ど取り上げられず、大半の国民は知識の一切無いまま用紙を受け取る有様です。

 結果、この投票で罷免となった最高裁の裁判官など過去に一例も無く、民主主義的なことをやっているよという偽装的意味合い以上のものは何も無い、単なる準備や集計に掛かる時間と税金の無駄遣いでしかありません。

 まして、憲法に至っては制定過程で一般国民は何ら関与できず、結果、他国や武装組織などによって国土が侵されたり、国民に害を為されても国家がそれを阻止するために力を振るいませんと、他者による無法を許可する9条なんて明らかに国家として矛盾したものさえも盛り込まれる始末。

 実際、北方領土問題どころか、竹島への南朝鮮による侵略と周辺海域での漁民の虐殺と拉致、北朝鮮による工作員潜入と国民の拉致と言った本来軍隊を用いて奪還せねばならない案件すら放置されていますよね?

 自国の存立や国民の生命・財産保護を、「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」等と前文で謳っている時点で、これを起草した輩が完全に頭のイカレた異常者なのは明々白々ですし。

 そもそも諸国民が平和を愛しているだの、公正と正義をもっているだのなんて、第二次世界大戦の数年後の世界、しかも原爆や無差別爆撃で何十万者非戦闘員を平和だ民主主義だ国際法だと喚く米国によって殺された国でほざくなんぞ、イカレとしか表現できないぶっ飛んだ思考ですし、そんなもので国家や国民が守れるならこの星に奴隷制度や植民地なんてものが現出しているわけがないなんて、中学生にだって分る理屈ですよね?

 作られた時点で破綻している妄想羅列ノートとも言うべき日本国憲法。

 こんなものに謙虚になれだの、敬意を払えだのと喚き散らし、この悪法のせいで過去に大勢の人が虐殺や拉致をされ、未だ日本に帰ることも出来ない、故郷の地を踏む事も出来ないままでいるという事実から必死に目を背けるバカヒ。

 そも、国民の手で修正する事さえ出来ない憲法の謳う国民主権なんぞ、画餅と呼ぶのもおこがましい限りですし、環境権もプライバシー権も認めておらず、自衛隊の存在同様に現在は法解釈という誤魔化しで対応して凌いでいる様な役立たずの欠陥品が人権尊重をしているだなんて臍で茶が沸くってものですし、自衛隊の存在によって国民や国土などを守っている状況からも目を瞑って、拉致された国民の奪還すら否定する役立たずの9条を崇めての平和主義だの、本当にバカヒの書く内容って一片の真実すらないペラッペラなデマゴーグばっかりですよねぇ?

 「現憲法のどこに具体的で差し迫った不具合があるのか」なんて書いていますけど、軽く上記した事からでも分るように不備・欠陥だらけで役立たず、国民主権を謳いながら国民を蔑ろにし、国民の手にすら無いデキソコナイに、むしろどうすれば存在価値なんてものを見出せるのやら?

 むしろ、プライバシー権や自衛隊の扱いなどを見て分るように諸法令や解釈で補えるということは、日本国憲法なんてものは存在する必要が無いって事を間接的に証明しているとも言えます。

 実際、憲法が国家の存立に絶対必要不可欠かといえば、別にイギリスのように憲章や各種法を纏める形の不文でやっている国だってあるのだし、戦後の日本が平和だったことと憲法9条の関係性なんて、ブサヨのほざくデマとは裏腹に本当は何にもありません。

 だって、自国から工作員によって主権者が攫われたのに、戦争をしたくないから、平和を自称していたいから、被害に遭った主権者を切り捨てます、見捨てますなんて国民主権を謳う憲法としては有り得ない矛盾であり、例えるならばショバ代寄越せと人の稼いだ金を税金だの年金だのと言う名で搾取しておきながら、その凌ぎ口に押し入る賊をから逃げ、安全な遠方から罵りだけ挙げているのが今の日本であり、ヤクザにすら劣るこの醜態を続けさせている元凶が日本国憲法という史上最悪の欠陥品です。

 国民の命を、自由を守らないと宣言する犯罪的似非民主主義の解体…改憲する理由なんてそれだけでも十二分すぎますが、かつての自社への襲撃事件を未だキャンキャン騒ぐくせに、憲法の欠陥性が放置した自国民の拉致や虐殺には微塵も興味を示さないバカヒの似非ヒューマニズムには反吐しかでませんね。

 と言うか、憲法の70年なんぞの前にその倍以上になる自社の犯罪の歴史を清算するのが先だろう、と。

 性懲りもなく、先日はイジメで自殺した学生の母親の言葉だのと、母親に取材もせず捏造したインタビュー記事を掲載するという問題をまた起こしておきながら、捏造じゃないなどと呆れ果てる言い訳をして謝罪すら拒否することで、遺族の傷口に塩と泥を塗り込むが如き悪逆を働いているのですから、コイツらに人権や法、倫理について語る資格など一切ありません。

 何十年も同じ捏造報道を繰り返す卑劣で愚劣なペテン集団の分際で一端の人間気取りとか、本当にキモチワルイですね。
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果