徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
02月28日(火)

テロリズム賛美の南朝鮮の実態こそ世界に発信すべき 

27日付の朝鮮日報の記事から

3・1節に合わせ梅軒・尹奉吉の記念メダル発売
2017/02/27 16:47
 韓国造幣公社は、2017年の3・1節に合わせて「尹奉吉(ユン・ボンギル)義士上海義挙85周年」記念メダルを発売した。写真は27日午前、ソウル・梅軒路の梅軒尹奉吉義士記念館でメダルのPRが行われているところ。価格は、31.1グラムの金メダルが319万ウォン(約31万6000円)、1キログラムの銀メダルが198万ウォン(約19万6000円)、31.1グラムの銀メダルが14万3000ウォン(約1万4000円)。

 その名が示すように、日本で言えば造幣局に該当する公的な組織ですが、テロリストが造った国モドキの南朝鮮ですから、マトモな国家であれば絶対にありえないテロリストを顕彰する記念メダルの作成なんてむしろ当然にやってのけます

 何せ昨年5月には李奉昌も記念メダルにしていますし、これまでにも同様の行為を繰り返しています。

 ま、他にも切手にしたり、軍艦の名前にしたりと、兎角テロリズムとテロリストが大好きな存在そのものが犯罪と言えるケダモノどもです。

 因みに李奉昌はマトモに仕事をせず、職場の金を使い込んで逃げ出す等元より実にらしい生き様であり、食い詰めていたところに近付いて来た金九を利用して大金をせしめ、それを豪遊して僅か半月にも満たず使い切り、更に無心をするような典型的詐欺師でした。

 最終的にはテロリスト相手に大金を取って使い込んだため、テロを実行せざるを得なくなるわけですが、その時でさえ酒に溺れて実行のタイミングを一度逸するような始末で、本心では反日や独立等にはろくな興味も無かったただの行き当たりばったりなロクデナシでした。

 結局、天皇が車列のどの車両に乗っているのかも知らないまま爆弾を放り投げて近衛を負傷させただけに終わり、その場で捕らえられて、当然ながら処刑されています。

 今回メダルとなった李奉昌は、元々反日活動に従事していたのですが、妻子を捨てて上海に逃亡したところで金九に出会い、爆弾テロの実行犯に任命されます。

 天長節の記念式典に潜入してテロを実行し、白川義則陸軍大将らを殺害。

 その場で取り押さえられ、これまた当然ながら処刑されてました。

 因みに金九らはこの李奉昌という使い捨ての鉄砲玉のおかげで中国国民党から絶賛された上、褒美として莫大な金を貰っています

 そもそも、要人暗殺なんて真似をする事で独立を成し遂げた国なんて、何処にもありませんからね。

 むしろ取締りの強化により、同族が苦しむ状況を作るだけの事ですが、安重根といい、元が愚劣なケダモノ民族故に己の愚昧な行為が後にどういう影響を及ぼすのかって、実例があってさえ理解出来ないんですよねぇ、下等すぎて

 まさに現在世界を震撼させるイスラムによる爆弾テロの源流であり、持たないが故に他国の文化を剽窃ばかりする下等なケダモノ達にとって唯一本当のウリジナルなのに、実行犯を南朝鮮内で賛美するだけで爆弾テロは自分達が始まりの文化だ、彼らが世界を100年も前に先取った偉人だと、何故か世界に発信しないんですよねぇ(笑

 トイレットペーパーや魔法瓶を使った似非茶道なんぞより、南朝鮮は国を挙げてテロリストを称える様々な政策を行っていますと喧伝する方が遥かにウケると思うんですがねぇ?

 更に、記念館や銅像をニューヨークに建てる計画とかどうでしょう?

 グラウンド・ゼロの真ん前に。

 何せ南朝鮮にとっては義士、つまりは実在の英雄、ヒーローですからね。

 きっとアメリカ各地での売春婦像設置を後押ししているアメリカの議員や諸地域も諸手を挙げて賛同してくれる事でしょう(笑

 何せ、そのテロリストどもを支援して南朝鮮を成立させ、北と中国の連合軍からも守ってやったのがアメリカですから、因果が巡り巡って9・11となった

 慰安婦として20万匹を拉致しただのと簡単に喝破できる虚言より、こういう疑う余地の無い歴史的事実こそ、世界に向けて南朝鮮は発信すればいいのに、ホント、なんでしないんでしょうかねぇ?
スポンサーサイト
02月22日(水)

民進党議員がまたもや暴力を伴う脅迫行為 

21日付の産経ニュースの記事から

「人事評価下げてやる」「お前をクビにできる」…後藤祐一衆院議員、防衛省女性官僚に威圧的な言動連発
2017.2.21 19:37
 南スーダン国連平和維持活動(PKO)派遣部隊の日報問題をめぐり、追及を強める民進党に身内の失態が判明した。稲田朋美防衛相が21日の記者会見で、民進党の後藤祐一衆院議員が防衛省の30代の女性職員に威圧的な言動をしたとして抗議したことを明らかにした。後藤氏も同日、会見を開いて事実関係を認めた上で防衛省に謝罪したと説明したが、稲田氏の辞任を要求している民進党にとって痛手になりそうだ。

 後藤氏の説明によると後藤氏は16日夜、衆院予算委員会の質疑に絡み、衆院議員会館の自室で同省の官僚数人から説明を受けた。

 安倍晋三首相が確認したとする野田佳彦政権当時の日報を出すよう求めた後藤氏に対し、防衛省側は「首相に提出した資料」として現地からの簡潔な報告書を提出した。納得しない後藤氏が日報の存在を繰り返し確かめた際、トラブルに発展した。

 防衛省関係者によると、後藤氏は数時間にわたり、大声を上げたり、机をたたいて抗議した。特に女性官僚には「人事評価を下げてやる」「お前をクビにできる」などと、高圧的な態度で接したという。

 後藤氏の不適切な言動を聞いた稲田氏は激怒し、一時は翌17日の衆院予算委員会で抗議することも検討した。結局、後藤氏は予算委の質疑前に防衛省幹部に謝罪し、民進党の山井和則国対委員長は後藤氏に厳重注意した。

 稲田氏は21日の記者会見で「かなり脅迫、威圧的な言動だった。あってはならないことだ」と批判した。山井氏も記者団に「礼儀と節度を持って接することが必要だ」と苦言を呈した。

 後藤氏は衆院予算委で日報問題を集中的に質問しており、民進を含む4野党は日報問題をめぐる対応が不十分だとして稲田氏に辞任を要求している。

 追及の先頭に立つ後藤氏の失態だけに、民進党の小川勝也参院幹事長は21日の記者会見で「大臣に厳しい質問をするのは当然だが、説明に来る職員への過剰な暴言や態度は許されない」と語った。

 日本維新の会の馬場伸幸幹事長も「国会議員として全国民の手本となるよう率先することが求められる時代だけに、非常に遺憾だ」と述べた。

 後藤氏は平成27年、泥酔した状態でタクシー運転手に釣り銭をめぐり「受け取る法的根拠は何か」などと詰めより、警察に通報される騒動を起こしている。

 いやはや、つくづく民進党ってのは権力を持っちゃいけないド底辺クズの集まりであると再認識させてくれるものです。

 これ、パワハラではなくただの恫喝ですから、犯罪ですよ?

 そんな真似をしてただの厳重注意で済むというのですから、何処までも身内に甘い仲良し犯罪者クラブじゃありませんか。

 そりゃあ、野党第一党だの、これからは日本も二大政党制だのとマスゴミに騒がれて政権を詐取する事にまで成功していたのが、今では支持率だって4%にも落ちているわけです。

 もっとも、その政権を詐取していた時代には松崎哲久ってクズが自衛隊施設内で国民が守っているルールを民主党議員様だから特権的に扱えと自衛官を恫喝し、更には拒否した事に腹を立てて暴行する事件も起こしていますが、これまた下らぬ言い訳を並べ立てて不問にしていますし、民主党の大臣により国民が自衛隊施設内で民主党を批判したのが許せぬからと自衛隊及び自衛隊員を律する為の自衛隊法すら歪曲解釈させて国民の言論の自由を弾圧する事件も起こしていますから、こういったクズの群れの存在自体、潰さなければ同じ様な事はこれからも起き続けるでしょうね、確実に。

 因みに、松崎ってゴミ虫は最後まで言い訳をして暴力を振るった事どころか特権者気取りのクズ行為をした事を認めすらしませんでしたし、自衛隊法の歪曲も民主党政権が崩壊するまで濫用が続いており、自民党が復権後即座に廃止してようやく言論の自由が国民の手に戻りました。

 でも、民進党と野合する共産党ら他の野党、そしてそれを支援するブサヨ学者やメディアらは、共謀罪について濫用を前提にした妄想を並べ立てて盛り上がり罵声を上げているくせに、現行法を歪曲して国民から実際に言論の自由を剥奪した民主党の所業にはダンマリを決め込んでいたのですから、結局は国民の為などではなく、その法律が自分達ゴミクズにとって利益となるかどうかでしか判断していないのが本性であることは間違いありません。

 だからこの問題でも、民主党時代にそもそも戦闘と日報に書かれているのを自分達がわざと見ないフリをしてPKOを継続させていた事を棚に上げ、同じ事をした自民党に対して、まるで鬼の首でも取ったかのように騒いでいる

 蓮舫の間抜けなんて、民主党時代に同じ事をしていたのを棚に上げて「事実を言葉で改ざんすることを隠蔽と言う」なんて、民進党のツイッターに偉そうに書き込んでおり、むしろ国籍問題で繰り返し事実改竄を行った己の事を追及されて一層のバカっぷりをまたも晒している始末です。

 というか、そもそも何の問題も無い安全地帯だったらPKOとして自衛隊を派遣しなくても適当なNGOでも送り込んで終わりでいいだろうと。

 暴力に対して民間人を守れる力、そしてそれ以前に相手がそもそも暴力を使おうと思わない存在であるからこそ、日本の自衛隊が派遣される意味があるんですから。

 ま、小泉時代に阿呆な言い訳を並べ続けたツケなのかもしれませんけど、だったとしても多忙な官僚数人を民進党のゴミ虫風情が数時間も不当に拘束し続け、あまつさえ机を叩きながら「人事評価を下げてやる」「お前をクビにできる」などと脅迫を行うなど、言語道断です。

 本来精々がヤクザの舎弟、チンピラ程度がいいところの身分でしかないこの後藤なんてバカが国会議員になってしまった。

 それも民進党なんていう犯罪者互助会に所属しての結果がコレであり、過去の騒動も含めて人間性がどうしようもなく腐ってて矯正不能な下衆を未だその分不相応な地位に居続けさせた結果なのですから、民進党幹部は本来このゴミ虫と一緒に腹を切って果てるべきですよねぇ?

 何せ、もしこれが自民党議員の仕出かした事であったら、それこそこのゴミ虫どもは感情論で喚き散らし、議員辞職と首相らの任命責任を執拗に追求していますよ?

 なのに、本来そんな事の出来る立場でも身分でもないたかが民進党のゴミ虫風情が、まるで組織の幹部気取りで人事評価だのクビだのと机を叩いて威圧しながら脅迫したけど、謝罪したし、幹部が厳重注意したからもう終わりでいいよねと不祥事と言うか犯罪をこれで済ませるつもりであり、しかも党首のバカはダンマリですからね。

 国民の代表たる者が暴力と権力の濫用をして、何の責任も取らずただの注意と謝罪だけで済ませる…民進党というゴミ集団の腐敗が実によく分る事件であり、絶対に次は山野井ともども落選させねばならない輩ですね。
02月21日(火)

全体を隠蔽・歪曲せんとする沖縄二紙とそれを台無しにする間抜けなバカヒ 

20日付の沖縄タイムスプラスの記事から

辺野古新基地:機動隊員に唾、公務執行妨害容疑で逮捕
2017年2月20日 13:36
 沖縄県警名護署は20日午前、警察官に唾を吐きかけたとして、名護市辺野古の新基地建設の抗議行動に参加していた男性を公務執行妨害の容疑で逮捕した。

 目撃した市民によると、午前9時半ごろ、米軍キャンプ・シュワブの工事車両用ゲート前に座り込む市民を機動隊が排除した後、警察車両と機動隊員で壁を作って市民らを囲い込んだ。男性が囲い込みから抜け出した際、機動隊員2~3人が男性を地面に押さえつけて拘束したという。

 市民ら約70人は「理由を説明せよ」「仲間を返せ」と訴えた。近くで目撃した女性(70)は、男性は機動隊員に対して何もしていなかったとして「そもそも囲い込み自体が何の根拠もなく人権侵害なのに、おかしい」と疑問視した。

 同日正午までに、クレーン車など延べ12台の工事関係車両がシュワブ内に入った。

 シュワブ沖では海上工事の作業が続いた。午前9時すぎから大型作業船2隻のクレーンがコンクリートブロックの投下を始め、正午までに11個を海底に沈めた。

 この事件、沖縄タイムスと琉球新報のどちらも扱っていますが、見事に犯罪者の名前を隠匿しており、それどころか沖縄タイムスは上記の通り無実の罪を着せられた被害者のように記しています

 でも、記事を見て分るように機動隊員が囲い込みをしただの、それが何の根拠も無い人権侵害だの、囲い込みから抜け出したところを拘束しただの、明らかにおかしな話ばかりです。

 車道にしても基地施設にしても個人所有地では無いのですから、無関係な輩が座り込みや不法侵入を試みるなどの行為をすれば警察が追い出しや侵入の阻止を図るのは治安維持のための当然の行為です。

 犯罪を犯すのを妨害するのは人権侵害だとか、本当にブサヨって頭の実に悪い生き物ですよねぇ…

 また、琉球新報の記事に寄れば妨害活動に勤しんでいたテロリストどもは90匹で、対する機動隊員は80人。

 そもそも一般的なデモのように集団がシュプレヒコールを挙げているような状況であったなら、むしろ機動隊員の方が少ないのですから、人数差があって囲い込みなど出来ません。

 実態は産経の写真を見れば分るように、不法行為を阻止しようと車両と人員で壁を作っている機動隊員に向かってテロリストどもが自ら突っ込んで行っただけのことです。

 その際に、お約束の聞くに堪えない罵声を機動隊員へ浴びせ、唾が飛んでいると注意を受けたのに逆ギレして故意に唾を機動隊員へ吐きつけたため、逮捕したそうです。

 因みに産経の写真を見るとこれまた分るのですが、満員電車のように自ら機動隊員に体を密着させる無謀な突撃を行っており、更には顔の側面まで隠す防止やサングラスなどをテロリスト達の中には身に着けているものも少なからずいる…そんな状況で近くで見ていたが何もしていなかったという証言自体、非常に信憑性が疑わしい。

 何より、今回のように犯罪行為を当たり前にやるテロリスト集団の一員による証言ですからね。

 因みに、バカヒもこの件を報じており、沖縄の二紙と同じく、犯人の名前を伏せているのですが、「抗議運動に参加していた住所職業不詳の男(59)」と、間抜けにも二紙が必死に隠している他の部分を報じてしまっています

 沖縄タイムスがただの男性、琉球新報が50代の男性と、先の辛らによるバカ騒ぎもあって犯人の素性がばれない様に隠しているのに、実にバカヒらしい間抜けな対応で笑ってしまいますね。

 月曜日の午前9時半に、職業も住所も分らない定年前の男が抗議活動ですよ?

 普通に考えれば真っ当な人間では無いって考え至りますよね?

 地元住民なら名前が分っていて住所すら不詳なんて有り得ませんし、一般職であればこの時期の月曜の朝から遊び呆けるなんて出来るわけがありませんので、そうなると如何せん疑いが出てくるわけです。

 日当を貰って本土から参加している輩じゃないのかって疑問が

 だからこそ、警察が発表しているにも関わらず、二紙は必死になって性別以外の情報を殆ど隠しているわけですし、逮捕に至る経緯すらも被害者ぶる演出の邪魔になるからと隠蔽しているわけです。

 なのにその情報操作をしている二紙の後方支援をするはずのバカヒが、ご丁寧にどちらも詳細を報じちゃっているのですから、本当にバカヒは何処まで行ってもバカヒなんだなぁと、間抜けっぷりに笑いが止まりません。

 意図するしないに関係なく、自分達で仲間の足を引っ張り合うとか、いやはや、本当にド低脳なブサヨどもです。
02月18日(土)

テロリスト達による虚言塗れの妨害工作 

17日付の産経ニュースの記事から

安倍晋三首相「犯罪集団に一変した段階で、一般人であるわけない」 テロ等準備罪批判の民進、朝日に反論
2017.2.17 22:05
 安倍晋三首相は17日の衆院予算委員会で、「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案に関し「団体が犯罪集団に一変した段階で(構成員が)一般人であるわけがない。組織的犯罪集団と認めることは当然で、取り締まりの対象となるのは明確だ」と強調した。

 法務省は16日の衆院予算委理事懇談会で「正当に活動する団体が犯罪団体に一変した場合は処罰対象になる」との見解を示しており、首相も追認した形だ。首相は「大切なことはお互いに国民の生命と財産を守ることだ」とも強調した。

 法務省見解に対しては、朝日新聞と東京新聞が17日付朝刊の1面トップで「一般人対象の余地」などと批判的に報道。民進党の山尾志桜里前政調会長も同日の衆院予算委で「法務省刑事局長は『犯罪を実行する団体に限られる』と答弁していた。矛盾している」と追及した。首相は「『一般の方を取り締まるものではない』という趣旨の答弁であり、矛盾はない。強引に矛盾しているように見せかけている」と反論した。

 一方、政府は改正案の対象犯罪を当初の676から277に減らす方針を固めた。3月上旬にも閣議決定し、国会提出する運びだ

 売国命のバカヒや寄生虫に脳を侵食されている東京新聞みたいなゾンビどもに何を言ったところでねぇ?

 この例として一番分りやすいのは、20年ちょっと前、日本中を震撼させたオウム真理教というテロ組織でしょう。

 元は麻原が作った学習塾で、そこからヨガ教室、宗教団体と変遷していきましたが、その運営目的は金儲けのためであり、日本共産党のように当初から目的達成手段としての暴力を是とし、凶悪犯罪をやっていたようなテロ組織ではありませんでした。

 宗教法人化以前に信者殺害事件もありましたが、今回問題となっているようなテロ等準備罪に該当する毒ガス製造等の準備を始めたのは衆議院選に麻原が落ちてからと言われており、実際の実行も90年代に入って以降です。

 組織構成員も現在沖縄等で問題を起こしているのりこえねっとやその共感者らのように元々テロリスト的思考を持った犯罪者やその予備軍のような連中とは異なり、普通の家庭に育った一般人であった者ばかりでした。

 例えば、地下鉄サリン事件の実行犯でオウム幹部であった林郁夫は、医師の父親と薬剤師の母親の元で人助けをするために医師になったのに、宗教に被れてオウムに入信し、犯罪を行った信者の指紋を消す手術に従事し、最後には自らサリンを撒いて人を殺めるところまで堕ちました。

 はてさて、鈴木って愚かな東京都知事に認可された宗教団体、オウム真理教は一般の宗教団体と呼べるのでしょうか?林郁夫は一般人と呼べるのでしょうか?

 因みに、元々麻原って保険料の不正請求や無認可薬品の販売と言ったちょろまかしで懐を潤そうとするガソリーヌと同じ小賢しい低レベルな犯罪者に過ぎなかったんですが、宗教組織として力を持った結果、無差別テロを引き起こし、国家転覆まで目論むテロ組織の首魁になったわけです。

 故に、芽を見つけたなら小さい内に摘んでしまうのは極めて重要な事なのですが、民進党らバカどもは今後同様の事態発生の兆候を警察や政府が察知しても、それを調べたり阻止するような法案整備はするな、実際にテロを起こしてから逮捕しろ、その結果として国民に多数の犠牲者が出ても容認しろとほざいているわけです。

 何らかの兆候を掴んだって具体的にどの程度の脅威なのか、つまり、それが暴動レベルの事案なのかテロレベルの事案なのか、はたまた稀有壮大な誇大妄想を唱えているだけで実効力はないのかといった事は調べなければ分りさえしないのにねぇ?

 その背景にあるのは一昨年の国会前で繰り返された野党扇動によるブサヨの大暴動や最近の沖縄でのテロ活動に自分達が加担しており、それらの行動を制限されたり逮捕されることを懸念してなのは間違い有りません

 元より法秩序を守ろう等と言う順法精神をカケラも持たず、公正や平等、博愛という人が持っていなければならない精神も一切持たぬ偏狭で傲慢な本物のレイシスト達故に、成立した場合に自らの犯罪行為の数々が規制対象となると理解するが故に、あらゆる虚言を並べてまで反対活動に従事するわけです。

 実際、8日の衆院予算委員会では民進党の阿呆が「みんなが『共謀罪』を不安に思っているのは、罪のない人たちに嫌疑がかけられる可能性があるからだ」等と自分達の犯罪行為を隠蔽する為に下劣な言い訳を弄していますが、じゃあ警察による職務質問を廃止しろとこの阿呆どもは何故叫ばないのでしょうかね?

 先日、一方的な嫌疑を受けての職務質問で6人もの警察に取り囲まれ、パトカーの中で無理矢理任意を取らせれて私物を漁られた事に対しての裁判があり、警察側が敗訴しています。

 私自身、昨年友人の車で釣りに行った帰りにナンバープレート用のライトが切れていたという理由でパトカーに車を止められた際、助手席から出された挙句、私だけ全身を弄られ、財布の中まで調べられるという不快極まりない目に遭っていますが、当然ながら潔白なので何もでてきやせず、警察からはそのまま解放されていますが、ただ助手席に乗っていたというだけで運転手が受けてもいない辱めを公権力によって、それも車の行き交う公道で受けたのですから、これほど不快で怒りを覚えることはありません。

 まさに現在進行形で罪の無い人が嫌疑を掛けられている状況を放置していながら、この言い分ですから、余りにも無理がありますけど、職質なら不快な目に遭うことは有っても逮捕まではされないからいいとでも言うつもりなんですかねぇ?

 もしそうなら、嫌疑を掛けられる事位は許容しろよって話になるので、当然ながら反対活動は破綻しますが。

 因みにペテン師のガソリーヌはこの件で虚言だけでなく、悪質な印象操作も繰り返し国会でしています。

 「セントクリストファー・ネビスという国は『国と国をまたぐことが必要だ』と判断し、条約が要求している以上の基準で担保法(共謀罪)を作った」「新しく共謀罪を作った国は187分の2カ国だ。この数字を受け止めてほしい」

 このような戯言をほざいていますが、産経の別記事によるとセントクリストファーは既に国内犯罪を対象にした別の法を持ち、新しく作った2カ国を除く185カ国もまた、既に共謀罪を持っているので整備する必要が無かった国であるとのことで、意図的に都合の悪い事実を隠蔽し、その事を知らぬ国民が勝手に誤解するようバカヒと同じ極めて悪質な手法を行っているのです。

 結局のところ、民進党というのは何処まで行っても社会党の劣化コピーでしかなく、その存在自体に価値が無い為、共謀罪にしても他国と比べて想定している内容はどうなのかとか、メリットとデメリットは何処にあり、どのような影響が国内に出るのか、また効果はどの程度見込めるのかといった本来国会で検討すべきものが何一つされず、税金と時間が浪費されているわけです。

 いやはや、この国の国会が本来の存在意義を取り戻す事って、あるんでしょうかねぇ…
02月14日(火)

バカヒの安っぽい挑発 

14日付の朝日新聞デジタルの記事から

北朝鮮の挑発 日米韓のゆるみを正せ
2017年2月14日(火)付
 北朝鮮が弾道ミサイルを発射した。国連安保理決議への明確な違反であり、国際秩序に対する重大な挑戦である。

 北朝鮮はこのところ表だった軍事挑発の動きを控えてきた。米国のトランプ政権の出方や、韓国の朴槿恵(パククネ)大統領の弾劾(だんがい)の行方を見定めていたのだろう。

 ところが安倍首相が訪米し、トランプ大統領と、北朝鮮に核・ミサイル計画の放棄を求める共同声明をまとめた直後、挑発行為を再開した。

 発射されたミサイルは日本全域のみならず、米領グアムをも射程に収める。米国にとっても現実の脅威である。

 ミサイル発射を受け、日米の首脳は並んで記者会見し、北朝鮮を非難した。発射から間を置かず、日米の結束を国際社会に示した意味は大きい。

 一方で残念なのは、両首脳とも日米同盟にしか言及しなかったことだ。とりわけトランプ氏は「米国は偉大な同盟国日本を100%支援する」と、ひとこと語っただけだった。

 北朝鮮の核・ミサイル問題には日米同盟だけでは対処できない。韓国との緊密な連携が不可欠だし、北朝鮮の最大の後ろ盾である中国の関与も必要だ。

 状況は悪化しつつある。韓国軍合同参謀本部は今回のミサイルについて、固体燃料を利用した新型の中距離弾道ミサイルとの判断を示した。発射台つきの車両に搭載されれば、発射の兆候をつかむのは難しい。

 核開発を進める北朝鮮のミサイル技術の向上は、国際社会全体を不安定にする脅威だ。その強いメッセージを、両首脳がともに発するべきだった。

 トランプ政権は発足から3週間あまり。政策決定の態勢も固まっていない。アジア情勢についての知識が十分でないなら、少なくとも首相が語るべきだったのではないか。

 米国、韓国の政治がそれぞれ不安定ないま、日米韓のゆるみを正し、さらなる連携を促すのは日本の大事な役割だろう。

 そのためにも、慰安婦問題をめぐって、日本政府が1カ月以上も駐韓大使や釜山総領事を一時帰国させている異常事態は早急に解消せねばなるまい。

 日米韓は早速、国連安保理に緊急会合の招集を要請した。

 トランプ氏は国連の機能不全を批判してきたが、北朝鮮の挑発行動に歯止めをかけるには、各国の協調が欠かせない。

 北朝鮮が望むのは、日米韓をはじめ国際社会の足並みの乱れである。日本は、多国間の連携を重視するよう、トランプ氏の米国に働きかけるべきだ。

 本当にこのバカ新聞に付ける薬は無いってのがよくわかりますね。

 「北朝鮮の核・ミサイル問題には日米同盟だけでは対処できない。韓国との緊密な連携が不可欠だし、北朝鮮の最大の後ろ盾である中国の関与も必要だ」

 南朝鮮など何処かあろうが無かろうが、何の関係もありません。

 何せ、自力ではマトモにロケットも打ち上げられないし、衛星を上げても欠陥品でマトモに使えず、挙句地上からのミサイル追尾も簡単に見失うような、何をやらせてもまるでダメな劣等国であり、足を引っ張る以上のことを出来た験しがない

 無能大統領以来の中国と米国を天秤に掛けたコウモリ外交も続いており、元々の民族的性質と相まって軍事同盟としての信用なんてそもそも有り得ないし、朝鮮戦争での脆弱ぶりや現在の徴兵制による軍紀の緩み、兵装の質の悪さとメンテナンス不備、練度の低さも鑑みれば、地上戦における時間稼ぎの肉壁にすらならないでしょう。

 まして、日本を敵国だ何て言ってのける阿呆が次の大統領最有力候補であり、そのような暴言を諌める論調が何処からも上がらないような低劣な連中なんてねぇ?

 中国に至ってはバカ孫に代わってから、北朝鮮の制御が全く出来なくなっていますし、そのくせ陸続きなのをいい事に貿易を行って独裁延命に協力して現状を招いている側と言えるんですがねぇ?

 と言うか、雲隠れして大統領が人前に出てすらこない南朝鮮なんぞと、あの状況でどうやって連携しろと言うのやら?

 挙句、「そのためにも、慰安婦問題をめぐって、日本政府が1カ月以上も駐韓大使や釜山総領事を一時帰国させている異常事態は早急に解消せねばなるまい」などとまるで日本政府に一方的且つ全面的に非があると言わんばかりの暴言まで吐いて。

 売春婦像、更には仏像盗難事件と、国際法を守らず、妄想で他人を侮辱するようなケダモノに、わざわざ外交官を派遣して何の意味があるというのか甚だ疑問ですし、一ヶ月以上いない事で一体どんな「早急に解消せねばならない」不都合が生じているというのでしょうねぇ?

 しかも、売春婦像をあちらこちらにばら撒いている連中の裏にいるのが親北団体だと知っていながら、マスゴミすら反日の熱に浮かされて現実から目を背けている始末なんですから、対北朝鮮の連携相手として、南朝鮮ほど不適切なものはないでしょう。

 そも、日本は大使館前の売春婦像を破棄しろとか、叩き壊せなんて要求はしていません。

 あくまでも国際法を守って不適切な設置は止めて移転させろと法秩序の維持を求めただけであり、合意を守って南朝鮮にある他の数十の売春婦像、そして更なる設置が南朝鮮各地で続いている事に対しては一切口を挟んでいません。

 金銭の話だけでなく、日本は合意をしっかり守っているのだから、お前らも守れと当たり前の要求をしていたら、別の大使館前にまで不法に設置するという約束破りをやった挙句、それさえも放置し続けているのですから、外交問題として明確な意思表示をするのは当たり前というか、国家として絶対にやらねばならないことです。

 常識も良識も無く、法は無視するもの、破るものというまさに人外の発想で動くようなのが、人様の役に立つと本気で思っているのかって話ですけど、まぁ、それを言ったら誕生以来日本人に害しか為してこなかった朝日新聞という犯罪結社がまさにそれそのものでしたね。

 即座に日米首脳による非難会見、そして国連への緊急会合の開催要請…とてもバカヒの妄想どおりに日米が緩んでいるようには見えませんし、何時も通りバカヒの戯言と正反対(足を引っ張るだけで邪魔な中朝を無視して日米で対応)に動くのが正解でしょう。
02月13日(月)

中国様の子分が感じる日米会談成功への危機感 

12日付の朝日新聞デジタルの記事から

日米首脳会談 「蜜月」演出が覆う危うさ
2017年2月12日(日)付
 ここまで世界に注目された日米首脳会談は、おそらく例がないだろう。安倍首相がトランプ大統領と会談した。

 型破りな発言が続くトランプ氏と、経済や安全保障政策をめぐり一定の合意が得られた。そのことは、日本にとって安心材料とは言えるだろう。

 だが一方で、トランプ氏の登場はいまなお、世界を不安と混乱に陥れている。

 グローバルな課題について、多国間の協調によって利害を調整する手法を嫌い、二国間のディール(取引)に持ち込もうとする。その余波で、米国が体現してきた自由や民主主義などの普遍的な価値と、その上に立つ国際秩序が揺らぎつつある。

 両首脳が個人的な信頼関係をうたい、両国の「蜜月」を演出しても、それが国際社会の秩序の維持につながらなければ、意味は乏しい。

 ■移民・難民は内政か

 「米国第一」を掲げて保護主義と二国間の交渉へと走る超大国を、多国間の枠組みに戻るよう説得できるか。日米首脳会談を見守る世界の関心は、その点にあったはずだ。

 しかし、安倍首相が国際協調の重要性をトランプ氏に全力で説いた形跡はうかがえない。

 経済分野では、麻生副総理兼財務相とペンス副大統領をトップとする経済対話の枠組みを新設することになった。

 首相は「アジア太平洋地域に自由かつルールに基づいた公正なマーケットを日米両国のリーダーシップで作り上げていく」と語り、日米対話を基礎に世界経済に貢献する意欲を示した。

 だが、日米両国だけで世界の成長と繁栄を達成できるわけではない。ますます複雑・多様化する貿易と投資の実態に合わせ、多くの国と地域を巻き込みながらヒト、モノ、カネの自由な移動を促すことが不可欠だ。

 その牽引(けんいん)役として期待されていたのが、環太平洋経済連携協定(TPP)だった。

 TPPからの離脱を決めたトランプ氏に対し、首相は翻意を迫ったのか。TPPが持つ経済的・戦略的な意義については説明したようだが、共同声明には「米国がTPPから離脱した点に留意する」と明記され、離脱にお墨付きを与えた形になった。

 トランプ氏が大統領令で打ち出した難民や中東・アフリカ7カ国の国民の入国禁止についても、首相は会談では触れず、記者会見で「入国管理はその国の内政問題なのでコメントは控えたい」と語るのみだった。

 欧州の主要国が相次いで懸念の声をあげ、移民に頼る大手企業が悲鳴を上げる。特定宗教を狙い撃ちにするような入国制限は、テロ対策としての効果が疑わしいばかりか、分断と憎悪を招き逆効果になりかねない。

 地球温暖化や貧困、感染症への対策など、世界が力を合わせるべき課題は目白押しだ。それらに背を向けかねないトランプ氏を説得するのは、日本の役割だろう。

 ■多角的な外交こそ

 だが、首脳会談で首相が力を注いだのは、尖閣諸島の防衛などに米国が関与するとの言質を取り付けることだった。

 その視線の先には、東シナ海や南シナ海で強引な海洋進出を続ける中国がある。

 だとしても、視界不良の世界にあって、旧来型の対米一辺倒の外交は危うい。

 共同声明は「日本は同盟における、より大きな役割及び責任を果たす」と明記したが、それは何を意味するのか。きちんと説明されていない。

 安全保障関連法の運用が始まり、防衛費の拡大傾向も続くなか、自民党などでは米国の要求に便乗するかのような「防衛費増額論」も広がる。

 だが「日米同盟の強化」だけが地域の安定を築く道なのか。

 日本としてより主体的に、中国や韓国、豪州、東南アジア諸国などとの多角的・多層的な関係を深めていくべきだ。そのことは日米基軸と矛盾しない。

 もう一つ、今回の会談が示したのは、日本の相変わらずの姿勢とは裏腹に、トランプ氏が中国との関係を重視し、アジア外交を複眼で見ていることだ。

 ■「国際益」をめざせ

 トランプ氏が中国の習近平(シーチンピン)国家主席と電話で協議したのは、日米首脳会談の直前のこと。中国と台湾がともに中国に属するという「一つの中国」政策を尊重する姿勢を初めて伝えた。

 トランプ氏の脳裏には中国との取引も選択肢にあると見るべきだ。「日米蜜月」が中国を抑止し、日本を守るという発想だけでは、もはや通用しない。

 共同声明は、日米同盟を「アジア太平洋地域における平和、繁栄及び自由の礎」だとうたった。ならばトランプ氏との関係も、旧来型の「日米蜜月」を超える必要がある。

 適切な距離を保ちつつ、国際社会全体の利益、「国際益」のために言うべきことは言う。そんな関係をめざすべきだ。

 トランプが罵り合って電話会談を失敗に終わらせたのはつい最近ですよねぇ?

 で、人権派を気取りたいという愚劣な己の欲望に基いて移民を無分別に受け入れ、テロや殺人、強姦事件等移民による犯罪を多発させ、EUの結束まで壊したドイツのメルケルって阿呆みたいに、罵る声明を出すだけでまともに会えもしていないのもいます。

 昨年のクリスマス前にあった種とベルリンで起きたテロでは60人以上の死傷者を出していますし、難民援助をしていた政府要人の娘が難民に惨殺されるなんて事件も起きており、利益が殆ど無いのに財政負担と治安の悪化だけは大きくなる移民・難民政策を続けた結果、ドイツでは反イスラムを掲げる政党が躍進するとともに、メルケルの支持率も最近は落ちてきているそうです。

 では、安倍総理はどうかと言えば、小泉政権以来の安定した長期政権を確立し、今も高い支持率を維持していますし、就任前にも会いに行っている、ゴルフと言う共通の趣味もある、おまけに朝日新聞=ニューヨークタイムズという共通の敵もいると来るわけですから、政治・外交・軍事どの方面でも知識も経験も無いトランプにしてみれば、各国が自分を非難する中でしっかり話を聞いてくれるし共通の趣味や敵もいる安倍総理は最も頼りになる友人に思えたのでしょう。

 何せ会って早々、あのトランプからハグをする位なんですから、その信頼の高さが伺えます。

 前任のオバマって阿呆はルーズヴェルトの如く特アの戯言を鵜呑みにして散々日本を侮蔑した態度を取り続けたため、その認識の是正と関係改善だけで日本は1年以上も時間を浪費させられましたし。

 初手から相手の胸襟を開かせ、尖閣の防衛を明言したことといい、間違いなく今回の首脳会談は大成功だったと言えます。

 バカヒや民進党の間抜けどもはメルケルみたいなバカをやれとほざいていますが、イギリスのタイムス紙のインタビューでメルケルの移民政策について「壊滅的な過ち」と評したトランプと、入国禁止の大統領令を批判したメルケルとではマトモな関係の構築など早々出来るとは誰にも思えませんよね?

 暴走するトラックのような男ですから、外からやいのやいのと言ったところで聞く耳など持つわけがありませんし、無線機で罵声を送ったところで無線を切ってしまうのがオチでしょう。

 でも、助手席に友人として乗っていたらどうでしょう?

 信頼する友人がナビゲートしてくれるのを無碍にする、まったく無視するという人ってそうはいませんよね?

 実際、安倍総理はトランプについて、しっかり話を聞いてくれる人物だと語っており、最初は取り付く島もなかったオバマの方が余程難儀する相手だったと言えるでしょう。

 広島や真珠湾は安倍首相に助けられて改心し、話を聞くようになった結果だったのですから、トランプだって今後変わっていく可能性はあるでしょう。

 無論、行く先を決めるのはドライバーのトランプなので、安倍総理に出来るのは、走り易い道や通行禁止の道を教えるナビゲートになりますが、先述したようにそのためにはまず、それを受け入れてもらえるだけの信頼関係構築が重要です。

 それが無ければ、自分の走った事のある道や長年のカンを優先してしまうでしょう。

 ましてやそういう政策はダメだ、改めろ、撤回しろと頭ごなしに要求してはトランプのように商人としての成功という実績を持ち、大番狂わせを演じて大統領に就任したプライドの高い老人が相手でなくても失敗するのは目に見えています。

 何より、TPPにしても入国禁止の大統領令にしても、一度宣言したり実行したりしているものを、どうやって第三者が豹変するかのように改めさせるというのか?

 バカヒも民進党も一方的に総理を詰る材料としているだけで、トランプに意を翻してもらうためにどうすればいいのかを何も書いて(述べて)いません。

 ま、そんな都合の良い方法があるわけ無いから当然ですが。

 第一、先述したように移民や難民、そしてイスラム教徒による凶悪事件やテロは現実問題として存在しているのに、無分別な移民受け入れを拒絶して国内でのテロ被害もまだない日本が、どういう根拠で他国にそんなリスクを受け入れろなんて言えるというのか?

 しかも「地球温暖化や貧困、感染症への対策など、世界が力を合わせるべき課題は目白押しだ。それらに背を向けかねないトランプ氏を説得するのは、日本の役割だろう」とまで言っておきながら、一国の首脳とさえ公然と喧嘩して電話を叩き切るようなトランプとの、首脳としての初会談で為すべきことを違えた無茶苦茶な要求もないものです。

 説得が日本の役割なら、まずは信頼関係の構築が第一なのは言うまでも無く、初手から自分の考えを押し付けろ、改めさせろというのはもはや単なる言い掛かりでしかありません

 むしろ、オバマの時のように信頼を得る為に費やす無駄な時間がいらないわけですから、日本を参考にしてトランプが自ら考えを軟化させたり、或いは撤回するよう一層の信頼関係を構築すべきです。

 大統領になってしまった以上、最低でも4年間は余程の事が無い限り変わりませんし。

 まぁ、多角的な外交がどうのと、相変わらず本音はご主人様の中国や南朝鮮に媚を売る事ですと見事に暴露しているバカヒに言ったところで無駄な話ではありますけどね。
02月13日(月)

バカッター、バカ発見器の渾名は伊達ではなく… 

11日付の産経ニュースの記事から

朝日新聞テヘラン支局長「またおなかが痛くなっちゃうのでは」 安倍晋三首相をツイッターで中傷
2017.2.11 17:35
 朝日新聞の神田大介テヘラン支局長が自らのツイッターに安倍晋三首相を中傷するような投稿を行い、インターネットで批判を受けて削除した。

 神田支局長は、日本時間11日未明に米ワシントンで行われた安倍晋三首相とトランプ米大統領の首脳会談を伝える映像を引用し、「安倍首相、大丈夫かな…またおなか痛くなっちゃうのでは。」と書き込んだ。安倍首相が第1次政権で難病の潰瘍性大腸炎を患い、退陣したことが念頭にあったとみられる。

 この投稿に対し、ネット上で批判が相次ぐと、神田支局長は投稿を削除し、「このツイートは不適切だったので削除しました。安倍首相をはじめ、病気を揶揄(やゆ)するつもりはなかったんですが、そのように受け取られて当然のひどいツイートでした。お詫(わ)びし、撤回します。申し訳ありませんでした」と釈明した。

 その後も批判が続き、神田支局長は「自分の考えの至らなさ、まったくお恥ずかしい限りです。以後、このようなことがないよう注意いたします。重ねて安倍首相をはじめ、みなさまにお詫びします」「本当に、トランプ氏の登場による首相への重圧を心配してツイートしたんですが、そのように伝わらなくて当然だったと思います」「意図が伝わらないようなツイートをしてしまったこと、記者として恥ずかしく思います」と釈明に追われた。

 潰瘍性大腸炎は再発の可能性が無いわけではありませんが、年齢が上がるほど発病し難いそうですし、何よりこれまでオバマらと何度も問題なく会談をしてきているのを無視し、今回になって突然そんな事を書けば中傷と取られるのは当然です。

 まして、日本では年16万人も発病するという病気について、「おなかが痛くなっちゃう」なんて馬鹿にするような表現で書けば他者の不興を一層買うのは当然であり、「自分の考えの至らなさ、まったくお恥ずかしい限りです」と自ら記している通り、支局長などと言う立場にありながら、余りに軽率な物言いです。

 ただ、記述した事自体は愚かですが、直ぐに不適切と認め削除し、繰り返しお詫びをしている以上、この朝日の支局長の本音がどうであれ、しつこく追求するような問題ではないですね。

 少なくともツイッターで自国と同盟国のトップが笑顔で映る写真を見て、「品格の無い顔。よく似た二人。」等と記して、反省もしないで言い訳だけする民進党の小西ってゴミクズに比べれば遥かにマシと言えるでしょう。

 己の主観によって人の容貌を貶めるヘイトを国会議員がやってるんですから、さすが国会でクイズをやって遊ぶクズです。

 「この写真を入国禁止の差別(国際法違反)を受けた7か国の国民の皆さんはどう受け取るだろうか。品格なき安倍総理によって日本国の品格が失われた。憲法前文には「自国のことのみに専念して他国を無視してはならない」とあり、安倍総理の外交姿勢は憲法違反である。」

 散々幼稚極まりないバカ発言を叩かれた事に対する言い訳が、コレです。

 一つハッキリいえるのは、下劣なヘイトを垂れ流した後にこんな言い訳とすら呼べない戯言を全世界に向けて発信する低脳なサルが、日本国民の代表者になっているという、品位の無さが世界中に発信されたと言う事です。

 明らかに国の品格を喪失させたのは、このムシケラ野郎によってですよ。

 法律バカを気取って嘘をつき醜態を晒す…いやはや、日本人としての矜持がこのゴミに1ミクロンレベルでも存在しているなら、今すぐ腹を切れと…まぁ、ムシケラ野郎にそんな度胸も覚悟も矜持もあるわけないですけど。

 第一、国際法違反の差別とやらが何なのかを、クイズ野郎のこのムシケラが何時ものように無駄に能弁に語るどころか、具体的に何という法律の何条の話なのかさえしていない点で、全てを察せますよね?

 外国人の入国に関しては、させるもさせないもその国が判断する事であり、国際法で無制限無差別に受け入れろとか、入国制限を掛けてはいけないなんて決めているわけが無い

 何せそんな事を言いだしたら、明確にスパイやテロリストと分っている輩さえも入国させないといけなくなりますよね?

 むしろウィーン条約で外交官であっても入国拒否をすることが出来ると定められているのですが…このムシケラ、ひょっとしたらペルソナ・ノン・グラータすら知らないんじゃないでしょうか?

 実際、トランプの入国制限に対して米国で起きている反対運動は憲法違反だからという根拠に律したものであり、このムシケラ野郎のようにありもしない国際法なんて幻想を根拠にしたものは、どう探しても出てきません。

 また、トランプと友好関係を構築した総理の業績についても、関係のない第三国の人間をイキナリ持ち出して、敵の友は敵という局限化した二元論で罵声を浴びせていますが、これって世界を己と主義思想を同じくする国は味方、そうでない国は全て敵にするという非常に危険な二極化思想であり、民進党議員という狭隘な主義者らしい暴力的発想です。

 大体、こんな幼稚な屁理屈が通るなら、我々は北朝鮮と国交を結ぶ全ての国に対しても他国民を拉致し、自国民も隷属させる非人道的な独裁国家と考えを同じくする犯罪国家だ、等と極言した印象を抱かねばならないのでしょうか?

 イタリア、オーストラリア、フィリピン、英国、カナダ、ドイツ、ニュージーランド。

 2000年以降に北朝鮮と国交を結び友好国となった主要な国をざっと挙げてもこれだけあり、拉致事件を金正日が認めた後もこれらの国は国交を断っていませんが、小西や民進党のゲスどもがこれらの国々を北朝鮮と国交を結んでいる事を理由に非難した事など一度もありません

 更に…

 「憲法前文は「われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならない」とある。安倍総理の入国禁止(国際法違反)に対し「コメントを控える」は憲法に違反し、ゴルフ外交は二重に憲法に違反する。なおこの前文規定は戦前の各国の自国中心外交の過ちを踏まえたものである」

 続けてこんなトンチキ極まりない与太話を始めて暴言から国民の目を必死に逸らそうとしています。

 阿呆がゼンブンガーと繰り返して必死に言い訳していますが、前文の内容は他国に何かを強要する為の文言ではありません。

 まして、他国との交友手段としてゴルフをしてはならない、なんて馬鹿げた記述、日本国憲法には当然ながらありません。

 また、祖父である岸信介もアイゼンハワーとゴルフをして友好を深めましたし、今回トランプの信頼を得る事が出来たからこそ尖閣についてもあれだけ、今までの米国では有り得なかったハッキリとした言質を得られた。

 一方、虚言を重ねて最後には僅か5分の立ち話しかオバマにさせてもらえなかったルーピー、主要国首脳会議で誰にも相手にされず、ひとり脇でポツネンと立ち尽くすバ菅、南朝鮮と中国へバ菅が繰り返した媚売り外交を自ら台無しにして反日暴動や大統領による竹島上陸を招いた野豚…そもそも民主党政権では他国どころか自国の利益すら確保できずに、国益を損ねたのですがねぇ?

 というか、本当の憲法前文は続きがあります。

 「われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる」

 と言うものであり、こうして見るとムシケラ野郎が意図的に中途半端な部分だけを切りとって抜き出した理由がよく分るでしょう。

 本当は単に自国の主権維持と国家間の関係が対等である国家なら政治道徳も同じであると勝手に憲法を作ったGHQが信じているってだけの話です。

 何処にも、自分達の思想に合致しない国、あるいはその国家元首へ改めろと内政干渉してよい、思想を強要してよいなんて馬鹿な記載はされていません。

 ましてや上記の通りの前文を無理矢理すぎる歪曲解釈を行って、他国へ内政干渉しないと憲法違反だとか意味不明な事をほざいているのですから、クイズ何ぞやる前に法律のホの字位、勉強して理解しろって話です。

 いやはや、国会中にスマホを隠してツイッターやるバカ党首に率いられる姑息で下劣な連中だけあり、知能のお粗末さと出鱈目さは本当に呆れ果てるレベルですね。
02月12日(日)

擁護のため出てきて、二枚舌を見せる山口や香山らテロ支援活動家 

9日付の産経ニュースの記事から

反対派有志ら、長谷川幸洋氏に謝罪要求 「謝罪なければ解任を」 東京新聞に申し入れも
2017.2.9 18:27
 沖縄の米軍基地反対運動を扱った内容に批判が出た東京MXテレビの番組「ニュース女子」の問題で、司会を務める東京新聞の長谷川幸洋論説副主幹がラジオ番組で反論したことを受け、基地反対派の市民団体「のりこえねっと」のメンバーら有志が9日、長谷川氏に謝罪と訂正を求めた。応じない場合は論説副主幹の職から解任するよう東京新聞に申し入れた。

 メンバーらは同紙を発行する中日新聞東京本社を訪れ、小出宣昭社長、深田実論説主幹らあての申し入れ書を担当者に手渡した。書面は長谷川氏にも郵送した。

 書面では、同紙による2日付の謝罪記事掲載を受け、長谷川氏が6日にラジオ番組で「言論の自由の侵害」と反論したことに触れ、「事実に基づかない論評を流すことは、言論の自由でしょうか」と批判。長谷川氏に謝罪し、番組内容を訂正するよう求めた。

 さらに、同紙に対しても「新聞社の任命責任は問われずにすむのでしょうか」として、長谷川氏が「訂正と謝罪をしない場合、論説副主幹から解任すること」を要望した。

 申し入れに先立ち、有志らは衆院議員会館で記者会見を開いた。有志の1人で、同紙にコラムを執筆する法政大の山口二郎教授(政治過程論)は「嘘をついたジャーナリストには徹底的に攻撃を加え、制裁を加える必要がある」と述べた。

 放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会の委員を務めた経験のある精神科医、香山リカさんも有志として会見に出席。「東京新聞という看板を背負って司会進行を務めているにもかかわらず、無責任で、開き直って正当化している。(長谷川氏は)言論弾圧というが、デマは言論や議論ではない。それを批判することは弾圧ではない」と話した。

 問題となっているのは、1月2日に放送された「ニュース女子」。番組では、沖縄県東村高江の米軍高江ヘリパッド建設をめぐり先鋭化する反対運動を特集。出演者が反対派について「テロリストみたい」などと表現した。一部の市民団体などから抗議の声が上がり、東京新聞は2日付朝刊1面で、「事実に基づかない論評」が含まれていたとして、謝罪記事を掲載している。

 そもそもテロとは何ぞやと言えば、「政治的目的を達成する手段として殺人や破壊活動等の暴力活動に従事すること。或いはそれを認める主義・思想」の事であり、テロリストとはテロを実行或いは支援する者達を指します。

 では、違法行為を行う目的で資金を稼ぎ、そして実際に工作員を送り込み、違法な妨害活動の仕方についても指導をする『のりこえねっと』なる組織及びその構成員や共同活動する連中をテロリストと称した事の一体何がデマなのでしょう?

 また、日当にしても5万円の支給については自ら連中が作成したパンフレットに往復の飛行機代名目でハッキリ記載しています。

 JALやANAで、それも正規に買えばむしろ5万円では足りないでしょうけど、ネット等の格安販売しているサイトで買うと…往復2万以下で買う事も出来るんですよねぇ…

 因みに検索してみたらスカイマークだと片道6千円以下なんてのがあり、新幹線で東京から大阪行く片道料金と沖縄の往復飛行機代が同じレベルかと驚きましたね。

 というか、騒いでいるクズって案の定、山口とか香山とか同類のブーメランバカなテロリストどもなんですから、お笑いですよねぇ?

 何せこいつら、あの慰安婦捏造報道を行った植村の支援者なんですよ?

 ご存知の通り、女子挺身隊として強制連行されたと、そもそも当事者が言ってすらいないデマを垂れ流したのが当事朝日の記者であった植村隆という前世紀日本において吉田清治に並ぶ歴史的詐欺師であり、他ならぬ朝日がデマであることを認めた今でも認めず、謝罪しないで逃げ回っているのを、山口は「負けるな北星!の会」のメンバーに、香山は「植村裁判を支える市民の会」の代表になって支えてきました

 日本人のみならず日系人まで含む億単位の人間の尊厳を下劣なデマで毀損しておきながら、その事実を認めようともしない似非ジャーナリストを必死に庇い立てしてきたクズの山口が、同じ口で「嘘をついたジャーナリストには徹底的に攻撃を加え、制裁を加える必要がある」等とそれまでの己の活動と正反対の事をほざき、裁判支援をしてきた香山も「デマは言論や議論ではない。それを批判することは弾圧ではない」などと、己の行動を自ら否定する戯言をほざいているわけです。

 しかも上記したように、垂れ流したデマについて何ら責任も取らず、謝罪すらせずにいた植村が大学に居続けられるよう工作していたくせに、主義主張が逆の相手に対しては、謝罪しないなら解任しろと要求しているのですから、これが二枚舌でなければなんなのか?

 もっとも、山口と言えばバングラデッシュのダッカであったテロ事件の際にもツイッターで、日本人多数を殺害したテロリストへの批判を一切しないどころか逆に擁護するような「不幸な事件」という表現で済ませ、むしろ救えなかった安倍は弁明しろと呆れ返る批判を書いて自己満に浸るような、心底イカレた民主党御用学者だったクズですから、テロリストへのシンパシーは常人に到底理解出来ないレベルで持っており、それを批判する相手は殲滅しなければいけないとでも思っているのでしょう。

 また、前回記事にしたように、のりこえねっとは現場で不法侵入等の犯罪行為を繰り返してきた山城とも繋がっており、道路の不法占拠等妨害行為を繰り返して逮捕されろと指示していた事実を辛自らの口で明かしており…つまりは威力業務妨害等の明白な犯罪行為を実行しろと支持していたのがかの組織であり、連中はビンラディンらと同じテロの首魁です。

 はてさて、そんな野蛮で危険なテロリストどもにわざわざ取材に行かねばならない理由って何でしょうね?

 それに、他ならぬ香山自身が朝日新聞で「偏っていると批判されても、新聞は権力を持たない市民の声に重きをおいていただきたい」と、偏向報道をしてもよい、むしろやれとほざいているんですよねぇ。

 つまり、自分達に都合が良いなら偏向だろうが捏造や歪曲だろうがどれだけやってもよい、都合の悪い事実は真偽に関わらず一切報じるな、とそう言いたいわけです。

 おまけにデマだのと喚いていながら、それを覆す証拠が出ている事実から顔を背け続けているんですから。

 まさにブサヨという、存在そのものが恥晒しなクズどもならではの下卑た発想です。

 最後に、何故か今回はダンマリを決め込んでいますけど、のりこえねっとというテロ組織には昨夏、見事にブサヨ同士の内ゲバで都知事選立候補を取り下げられた挙句、鳥越を応援しなかったからと同類から敵視され、散々に罵声を浴びせられた宇都宮健児も代表者として名を連ねています

 しかもこのテロ組織、他の代表者も右翼を僭称しながらサヨク活動にのみ従事する偽装工作活動家の鈴木邦男や名誉毀損なら俺に任せろの佐高信、ペテン漫画なら右に出るものなしの雁屋哲、笑って見殺し大虐殺の村山富市等々、早々たる悪逆の徒が名を連ねており、挙句にしばき隊関連のブサヨ暴力部隊も深く関与しており、まるで悪の巣窟という言葉を現実にさせたような組織です。
02月08日(水)

クズ虫の連携、辿れば繋がりが出てくる、出てくる 

7日付の産経ニュースの記事から

東京新聞女性記者がツイッターで長谷川幸洋氏を批判 「謝罪もせず問題をすり替えるな」
2017.2.7 12:56
 東京MXテレビの番組「ニュース女子」に批判が出た問題で、番組の司会を務める東京新聞の長谷川幸洋論説副主幹がラジオ番組で反論したことを受け、同紙の女性記者が「謝罪もせず問題をすり替えるな」などとツイッターに投稿していたことが7日、分かった。

 長谷川氏は6日にニッポン放送のラジオ番組に出演し、同紙が2日付朝刊で謝罪記事を掲載したことについて、「言論の自由の侵害」などと発言した。

 女性記者は番組終了後、自身のツイッターに「彼が批判されるのは、社是と違う言論だからでなく、裏付けのないヘイトを垂れ流した故。その理由に一切触れず、謝罪もせず問題をすり替えるな」と投稿した。

 同紙の謝罪記事が掲載された2日にも「ニュース女子」の放送内容について、「批判先の取材を全くせず、沖縄・高江の問題を茶化したかのような特集を作り、地上波で放送した罪は、あまりにも大きい」などと投稿していた。

 ツイッター上のプロフィルによると、女性記者は武器輸出などをテーマに取材活動を行っている。

 1月2日に東京MXテレビで放送された「ニュース女子」では、沖縄県東村高江の米軍高江ヘリパッド建設をめぐり先鋭化する反対運動を特集。反対派について「テロリストみたい」などと表現した。一部の市民団体などから抗議の声が上がり、東京新聞は2日付朝刊1面で、「事実に基づかない論評」が含まれていたとして、謝罪記事を掲載していた。

 いやー、ただの一記者が論説副主幹に対してここまでの暴言を吐けるって凄いですねぇ。

 流石は寄生虫に脳味噌までヤラレたバカ新聞社。

 因みに名前を伏せていますが、検索すれば直ぐ分る話で、「裏付けのないヘイトを垂れ流した故」などとほざいたのは、望月衣塑子って阿呆です。

 中指おったてて暴れる香山リカや辛と共謀して活動するTBS出身の金平らが大好きで、そのリツイートしている内容を見れば、記者でありながら公平性や中立性等本心ではクソ食らえだと嘲笑っているのが簡単に喝破できるんですから、本当にブサヨって知能の無い輩ばかりですよねぇ。

 何せ、この暴言を吐いた少し後に朝日の記事を抜粋した輩のリツイートをしているのですが、その内容というは香山の「沖縄の基地問題で政府と住民が対立している時、両論を公平に載せたら、結局は権力と発信力を持つ政府に有利です。偏っていると批判されても、新聞は権力を持たない市民の声に重きをおいていただきたい」って、新聞に偏向報道を要求するものでしたし、自らも女子ニュース及び長谷川の批判を数日前にツイッターで行った歳に、反権力の立場で偏った報道をしますと宣言しているのですから。

 大体、組織力と暴力は幾らでもあるし、テレビ出演で知名度のある輩や弁護士、党首で国会議員の福島や地元メディアまで協力・支援しているのに権力を持たない市民ってなんなんでしょうねぇ?

 この件について真実を、辛自らが語る映像がネットで流れており、ソレを見ると実際には特派員などではなく工作員を東京から送り込み、防衛大臣と国民ですらない己を勝手に同列とした挙句、その発言内容を歪曲して若者は死ね等と、キ印確定の暴言を吐いており、年寄りに座り込みの妨害や嫌がらせをして捕まれと、犯罪教唆をハッキリ行っていますし、現場の主犯であった山城にも警察や米軍ではなく自分が殺してやるなどイカレた殺人予告もしていた事を告白しており、止めとばかりに命がけでやっているなどとほざいていた事さえも、金を稼ぐ事が己の役割だと呆れた真実を語っています

 工作員を送り込み、テロの仕方やその後どうすればいいかまで指導しておいて、テロリスト呼ばわりされたのはヘイトだのとほざいているのですから、コイツらの性根の腐り方って尋常一様ではありませんよねぇ、ホント。

 また、この発言のあった集会には現地で捏造・歪曲報道を行っている横川圭希という詐欺師も参加し、その悪質な手法を語っていますし、極めつけは先にも名を挙げた福島瑞穂がこの犯罪者集会に参加しており、集会の司会を福島瑞穂の公設秘書である池田幸代が行っていて、自らは「辛淑玉の舎弟」であり、更には「しっかり警察しばいて行きましょう」と、野党党首の秘書が公然と暴力的な犯罪者の弟分を名乗り、公権力への暴力を宣言しているのです。

 通常、舎弟とは暴力団や不良の上下関係を示す言葉であり、それを諌める声が一切会場の何処からも上がらなかった事からして、参加者は自分達が犯罪組織の一員であると認めていた事が分ります。

 因みにこの池田って害虫は、昨年ヘリパッド移設の妨害をやっていた連中に道路を通行中に襲撃されてもみ合いになった地元住民を侮辱する暴言を吐き、その経営する店の利用をしないよう第三者の話を装ってツイッターで流して、生活を害するという悪質な犯罪行為にも手を染めており、辛は元より福島らもまた、本音では地元住民の意見など全く無視していること、むしろ自分達に同意しない者は地元民でさえ敵と認識して迫害に乗り出している実態を明白にしています。

 この事件、女子ニュースを一方的だの決めつけだのと散々罵倒していた沖縄の二紙にしても、呆れた事に車を襲撃した市民を僭称するテロリストにだけ取材にし、その言い分だけを一方的に報じてテロリストを被害者、襲撃を受けて戦った側を加害者としており、テロリスト側による公道における往来の妨害、それも検問して通行を拒絶する行為が犯罪行為である事さえ黙認しているのですから、沖縄タイムスや琉球新報すら本音は地元住民の事などむしろ賛同して当たり前、しない奴は敵だという認識で活動しているのが分ります。

 ただ道を通ろうとしただけなのに、何の資格も許可もそれを無く妨害した挙句、1対5で襲い掛かったのに一方的に被害を受けましたとか、お前らは格闘技のチャンプか何かに襲撃を仕掛けて返り討ちにでもあったのかよって話ですよねぇ?

 結局のところ、「テロリストみたい」ではなく、テロリストそのものだったのであり、裏づけがどうのとほざきつつ、被害者ぶった犯罪者の本性に敢えて見ないフリをしていた、謝罪すべき偏向したヘイト活動家はこの望月らクズどもの方だったということです。

 最後にこの望月の著書を極最近福島がツイッターで絶賛しており、クズ虫同士でやっぱりなぁって感じですよね。
02月06日(月)

犯罪外国人の追放を望んだらヘイト呼ばわり 

5日付の産経ニュースの記事から

「祖国へ帰れ」「ゴキブリ」「町から出て行け」 ヘイトスピーチ具体例を法務省が提示
2017.2.5 12:09
 法務省がヘイトスピーチ対策法の基本的な解釈をまとめ、同法で許されないとした「不当な差別的言動」の具体例を、要望があった23都道府県の約70自治体に提示したことが4日、同省への取材で分かった。「祖国へ帰れ」などのキーワードを例示。具体例では「○○人は殺せ」といった脅迫的言動や、ゴキブリなどの昆虫や動物に例える著しい侮辱、「町から出て行け」などの排除をあおる文言が当てはまるとした。

 単に連中の証言に基いて、相応しい表現を行ったら差別。

 犯罪者の退去を要求したら、差別。


 実にクソッタレな、日本国による日本人へのヘイトですよねぇ?

 ヘイトスピーチ対策法。

 自民党の西田や民進党の有田というまさに人間と呼ぶのも憚れる差別主義者達の策動で出来てしまった犯罪法ですが、それを一層酷いものへ法務省が解釈と言う名のお墨付きを与えたようです。

 日本国憲法14条では、国民に法の下の平等を与えていますが、これら犯罪者議員らは共生社会等と醜い薄ら笑いを浮かべながらのたまう一方で、在日外国人はこの範疇ではないからと、憲法を踏み躙りながら日本人に優越する特権を与えたわけです。

 何せ、ヘイト法の実態は日本人の言論の自由を拘束する為だけに造られた差別法なので、「「日本以外の国・地域の出身者かその子孫」で国内に住む人に対して」と最初に敢えて枠を規定する事によって、日本国の出身者やその子孫は幾ら差別しても侮辱しても構いません、違法じゃありませんと、在日による日本人への差別を許諾したわけです。

 このゴミ議員どもが本気で共生や差別の無い社会なんてものを夢想していたのなら、そもそも在日外国人のみが対象ですなどと規定する事は絶対に有り得ない話なのですから、民主党が自衛隊法を歪曲して国民から言論の自由を奪った時と同じように、日本人の尊厳を踏み躙る事だけを目的にしているのは明白です。

 例えば騒動の発端ともいえる在特会によるデモでは、必ず在日らアンチがやってきて連中に対して暴言を吐き、時に暴力行為を行っており、これまでに複数の逮捕者を出している事も報じられている通りですが、今後はどれだけ罵声を浴びせても日本人に対してだから許される、問題となるのは直接的な暴力に出た場合のみという事になるわけです。

 最近MXに因縁をつけてバカ騒ぎを起こしているペテン師の辛淑玉。

 典型的な口を開くたびに嘘が出る南朝鮮産のこのクズは、現在テレビ局及び番組スタッフやDHCに「あのニュース女子は大変むごい番組です。彼らは笑いながら私を名指しし、笑いながら、沖縄の人たちを侮辱しました」等と被害者ぶって人権侵害などと戯言をほざいています。

 ですが、先日も取り上げたようにコイツは一般国民よりも多忙な天皇陛下を、働かないなどと侮蔑して未だ反省すらした事の無い、無知蒙昧かつ、下劣で愚劣なゴミクズです。

 日本の象徴を笑いながら名指しで侮辱した己の愚考を未だ反省すらせぬ、文字通りのゴミクズの分際で、自分の悪事を棚に上げて、日本国の持つ自衛権行使の妨害に勤しむ己を被害者だ等とほざいているわけですが、このようなクズをクズと表現したり、日本から出て行けとか祖国に帰れと言ったら差別だが、このクズが日本人やその象徴である天皇陛下にどれだけの暴言を吐こうとも許されるというのですから、この悪法が差別撤廃ではなく助長の為の犯罪法でなければなんだというのか?

 BPOに対しても人権侵害などとほざいていますが、そもそも特派員名目で5万も渡し、現地に送り込んで活動に参加させておいて日当ではないとかほざいているのですから、滑稽千万です。

 兵士と一緒になって戦場で敵兵に銃を撃つ記者や現地民と一緒になってプラカードを持って反政府デモに参加する特派員がいるわけねーだろ、と。

 また、戦前からの移住100万を含めても1945年時点で日本には総計200万しかいなかったのに、780万が動員された等と、このバカ民族は最近北と一緒の叫びもしているのも先日取り上げた通りです。

 実現しようとすれば、文字通りゴキブリのような繁殖力と成長力でなければ不可能な話であり、だからそう例えただけの話なのに、それは不当だ差別だ、と国が喚くのですから、じゃあどう表現する分には許容されるというのやら?

 それとも、人間にあるまじき出産力と成長力を実現する非人間的な人間だのと、書いている側にすら訳がわからなくなるような表現をすればいいんでしょうかねぇ?

 類似例を挙げる表現方法など、人にとって極自然な行為であるのに、在日に対してだけはそれは違法行為であり、逆に辛のような在日らが何の根拠も正当性も無く日本人を侮辱するのは幾らやっても構いませんとか、頭がおかしいって思いません?

 加えて、追放処分というのは日本では古くから行われてきた犯罪者への処罰方法であり、佐渡や伊豆諸島などは流刑地でしたし、菅原道真が学問の神として奉られたのだって、大宰府への流刑によって死んだ後、天変地異が多発した事から祟りを恐れた為であり、江戸時代だって犯罪者に対して江戸から何十里の所払いなんてのは当たり前の罰であり、実際今も不法入国などの外国人犯罪者の国外追放処分は当たり前に行われている事なのに、犯罪を犯した、或いは犯す率が非常に高い在日を追放しろと言うのがおかしな考えとは、むしろどんな妥当性で主張しているのか説明しろって話です。

 連中のほざく共生って、日本人が必死に働いて貯めた金を、寄生して蚕食させることを言うんでしょうね、きっと。

 実際、ろくに働きもしないで生活保護費を不正受給する、戦後密入国してきたのを徴用で無理矢理つれてこられたと虚偽証言する、しかもその自称被害者を利用して住民税等の不正な減免を受ける、土地の使用料を不当に安く借り受け続けるなど、特定の民族や国家の所属である事を悪用した犯罪行為を限りなく行っている種族的犯罪性を問題視するのさえ、今ではヘイト呼ばわりですからね。

 しかも、一方的に法務省がそういったことを糾弾し、国外追放処分等を国民が望んだら、望んだ国民を違法行為を行った犯罪者呼ばわりとか、どう考えてもイカレた話です。

 自民党が民進党と結託し、日本国民を差別する法を制定した罪は本当に重い。
02月05日(日)

妄想を重ねすぎ、目の前の現実すら受け入れられない下等なケダモノ達 

2日付の中央日報の記事から

【噴水台】対馬から来た高麗仏像のジレンマ
2017年02月02日08時28分
 21年前だ。日本の桜圃寺内文庫に収められていた所蔵品の一部が韓国に帰ってきた。日帝強占期に朝鮮統監を務めた寺内正毅が朝鮮で収集した画集・記録画など合計1995点だ。ソウル大のアン・フィジュン名誉教授は寺内文庫を韓国文化財の模範的還収事例に挙げる。慶南(キョンナム)大のパク・ジェギュ総長のひたむきな努力と韓日政治家の交渉力を高く評価した。慶南大は寄贈展示室をつくり、関連資料集も刊行した。後続研究も行われた。

 最近、高麗時代の仏像1点が論争の渦中にある。昨日、大田(テジョン)地裁は検察が申請した高麗金銅観音菩薩座像の強制執行停止申請を受け入れた。先月26日の判決で、本来の所有主と伝えられた忠清南道瑞山(チュンチョンナムド・ソサン)の浮石寺(ブソクサ)に600余年ぶりに戻る予定だった仏像の先行きが一転して不透明になった。該当の仏像は、韓国の文化財窃盗犯が2012年に日本対馬島の観音寺から盗み出したものだ。簡単に言えば贓物(ぞうぶつ)だ。

  「浮石寺仏像」は高麗後期の仏像様式を代表している。優雅なたたずまいと貴族的な品格が際立っている。仏像の腹蔵品に製作年代・経緯などが記録されていて価値が高い。東国(トングク)大のムン・ミョンデ名誉教授は「沿革が確実な国内高麗後期仏像は3、4点しかない」とした。浮石寺側は、1330年に安置された仏像は14世紀に瑞山に侵入した倭寇が略奪した可能性が高いと主張し、1審判決もこれを認めた。

 核心は日本の略奪があったかどうかだ。この問題に加え、韓国の窃盗犯が盗んできたという点が事をややこしくしている。不法に奪われた文化財でも、正当な手続きを踏んで返してもらわなければならないためだ。「目には目、歯には歯」式では問題を解決していくことはできない。韓国文化財庁も「倭寇によって略奪された可能性が高いが、直接的な立証資料は見つからなかった」という報告書を出した。今後の2審判決に耳目が集中しているのもこのためだ。

 現在、日本にあると把握されている韓国の文化財は7万1000点余り、海外にある16万8000点余りのうち42.5%に達する。まだ隠されているものが多い。正確な実態調査、長期的還収戦略が必要な理由だ。愛国心で武装した感情的対応を前面に出せば、文化財はさらに奥へと隠されるかもしれない。一部の欠点を直そうとして全体を台無しにしてしまう「矯角殺牛」は避けなければならない。独島(ドクト、日本名・竹島)領有権の主張や教科書わい曲など日本のやり口がいくら汚いといってもだ。今回、浮石寺側が観音寺と直接協議に入るのはどうだろうか。長い時間はかかっても、仏教の「縁起の法」は因果を明確にしている。日本が奪取した点を説得しなければならない。

 パク・ジョンホ/論説委員

 下等なゴキブリの分際で、縁起の法等とは大きく出たものですね。

 浮石寺は製造元だから所有権があるとほざいていますが、当然ながら、製造元であることと所有権の保持をしている事には何の因果関係も有りません

 製造元と所有権の保持者が異なる文化財など数百年、数千年の歴史の中ではむしろ、異なる方が多いのですから。

 ならばこそ、浮石寺はそれが本当に製造したものであり、尚且つ日本に略奪されたものである事を証明する責任がありますが、コレ幸いとネコババを目論むゲスどもにそんな事が出来るわけもなく…

 中央日報のこのバカ記者は「不法に奪われた文化財」「日本が奪取した」等と断言していますが、その証拠が一切無く、実際にはこのケダモノどもお得意の妄想で人間様を分際も弁えずに侮辱しているだけです。

 縁起などとほざきながら、その縁が何故自分達ではなく日本にあったのかを証明できないまま自分達のものだとほざいているわけですから、日本に対してだけでなく仏教の概念自体にも冒涜を働いていると言っていいでしょう。

 「14世紀に瑞山に侵入した倭寇が略奪した可能性が高い」

 この主張から分るのは、浮石寺のある地域で過去の倭寇の被害が有ったという事だけです。

 浮石寺から仏像が盗まれたどころか、そもそも倭寇に襲撃された事さえ証明できないのですから、明白な難癖で文化財を略奪しようという魂胆なのがハッキリとわかります。

 というか、そもそも15世紀の仏教弾圧の時代に廃寺だったのに、「根拠を示す鑑定書は仏像を失ったときに、思い出すのが悲しいので捨てた」等と浮石寺が主張している時点で、明白な嘘であると分ります。

 つまり連中の言い分を通すと倭寇が始まった1370年代(倭寇が南部の内陸にまで侵攻したのはこの時代といわれており、連中の妄想史では1380年代に反撃して大きく倭寇を減衰させたことになっている)に襲撃を受けて仏像が盗まれ、鑑定書を捨て、15世紀の初頭までに廃寺となり、その後に再建して今に至るのに、略奪や鑑定書を捨てた事実だけが廃寺の時代があったにも関わらず伝わり続けた、と…

 それでもこの中央日報のバカ記者曰く、「日本が奪取した点を説得しなければならない」との事ですから、是非とも実行して欲しいものですよねぇ?

 どうせまた、頭の悪いバレバレの嘘を並べ立てるだけでしょうけど。

 「韓国文化財庁も「倭寇によって略奪された可能性が高いが、直接的な立証資料は見つからなかった」という報告書を出した」という話自体、経緯がわからないけど、自国産の仏像が日本の寺にあったから略奪されたんだろうという出鱈目な言い分ですしねぇ?

 上記の通り、浮石寺が倭寇の襲撃を受けたという記録さえない以上、そこから略奪された自分たちのものだなんて主張はマトモな国であれば絶対に通らないものであり、残るのは日本の文化財を南朝鮮が略奪した挙句、所有権を主張し、裁判所がそれを認めたという国家単位での強盗正当化行為だけです。

 この事件以外にも、そしてこの事件以降も南朝鮮産のケダモノによる仏像等の略奪事件は起きているのですから、このような事態が今後も起きる事を覚悟するか、そうならないためにケダモノの入国禁止と追放を行うか、政府にはいい加減に決めてもらいたいものですよねぇ?

 もちろん、全ケダモノの日本追放で、ですけど。
02月04日(土)

今度は徴用の像…いい様に北に操られる南のバカっぷり 

2日付の中央日報の記事から

韓国市民団体、「強制徴用労働者像」設置推進へ
2017年02月02日11時19分
  慰安婦「平和の少女像」に続き、強制徴用労働者像がソウル付近に設置される見通しだ。

 仁川(インチョン)の65の市民社会団体からなる「強制徴用労働者像建設推進委員会」は1日、発足記者会見を開き、「ことし8月、冨平(プピョン)公園にある平和の少女像の近くに2~3人の労働者を表現した群像を設置する」と明らかにした。

 同委員会は強制徴用労働者像の製作・設置費用として1億ウォン(約980万円)を4月までに市民の募金で集め、年内の設置を進める計画だ。

 同委員会はこの日の発足式で「韓国の歴史の本にもきちんと記述されていない、780万人に達する強制動員の悲劇的歴史が韓国政府と日本によってわい曲されている」とし「誤った歴史を正す活動の一環として、強制徴用労働者像の設置事業を推進していく」と伝えた。

 いやはや、笑いが止まりませんね。

 ここまで愚劣な自爆劇を自ら演じてくれると、もう本当に笑いが止まりません。

 しかもその数が780万ってねぇ?

 本当にコイツらはゴキブリかその同類のようです。

 半世紀前の国交正常化交渉時、南朝鮮のバカどもがぶちまけた被害者なる空虚な数字は100万であり、それすら北の分も合わせた根拠の無いものとぶちまけた当のクズが自ら後に認めた数字だと言うのに、徴用数だけで8倍近くだと。

 仮に連中の言い分を全て事実とするなら、それこそ日本は最低でも数十万匹を僅か半年程度の、それも船舶も燃料もろくに無い時期に日本へ輸入し、更に戦争が終わるまでの半年に満たない間にソレを十数倍から数十倍までに増殖させ、労働に従事させていたって事になるわけで、その増殖力と成長力は明らかに人間というか、哺乳類に達成可能なものではありません

 たった2ヶ月そこいらで成体になり、一度に40匹を産卵するゴキブリそのものであり、連中はテ○フォー○ーズの亜種なのかと言いたくなりますね。

 でも、半島の1945年の統計を見るとそんな異常な増殖もしておらず、780万の減少も見られず、それまでと殆ど変わらないむしろ増加幅になっている。

 まさか増殖分はゾンビゲーのように、死んでボコボコ泡を出しながら液体になって消滅したとでも言うんでしょうかねぇ?

 というか、日本軍兵士となったのが24万と、慰安婦として拉致されたと自称するのが20万ってのを加えると、軍属等を含めていないのに既に820万オーバーであり、総数の1/3がいなくなっているわけですし、当然ながら若いのが中心で、残るのは傷病や老齢や幼すぎて働けないのだけになるのですから、経済も食糧生産も止まり、1年後には致命的な規模で被害が出ていないとおかしいはずです。

 でも、1950年の統計を見ると総数は南北合わせて2,800万超と、むしろ300万も増えていて、これまた有り得ない結果が出ています。

 中国の南京事件における言い訳も算数の出来ないバカが考えたものをゴリ押しするため、相当に無理のあるものですが、これはそれさえも温く見える程の酷さですね。

 一般的に徴用した場合の勤務場所は工場、基地の建設現場、そして炭鉱などの資源採掘現場ですが、いずれにしても780万もの数を終戦まで1年も無い状況で日本に渡航させる余裕は燃料、船舶の両面からも有り得ませんし、何よりそんな膨大な数を受け入れる職場自体が無い

 例えば受け入れる場所の規模の問題だけでなく、管理監督者も当然必要になりますが、一人で100を見るとしても7.8万人も必要になるわけであり、とてもじゃないが早々に確保できる数でも、管理しきれる数でもありません。

 というかそもそも、終戦時点での在日数は200万でしかないわけですし、それとて内訳は1939年時点での戦争にまったく関係のない戦前からの居住が半分の100万、その後終戦までに自由意志で職を求め渡航(密航含む)が70万、残り30万も大半が応募によるものであった事を日本政府が既に発表済みであり、それでも無理矢理780万を事実化させようとしたら、それこそ大半は日本以外というか、殆どが半島内での労働従事であったという事になるわけで、そんなのが強制徴用だのと言えるのなら、北朝鮮の現状や南朝鮮の徴兵制はどうなんだって話ですよねぇ?

 あぁ、因みに780万と言うチープな数字の出所ですが、これまた北朝鮮の主張であり、中央日報は「仁川(インチョン)の65の市民社会団体からなる「強制徴用労働者像建設推進委員会」」なんて書いていますが、売春婦像の設置と同じくこれまた北の息がたっぷりと掛けられた親北組織主導の反日組織なのは間違い有りません。

 てか、これを認めて世界に向けて騒ぎ出せば、数字上のデマもさることながら、国交締結時に馬鹿げた水増しをして金を受け取った話さえも更に水増しして乞食行為を行うのかと、一層国際社会からの批判を浴びる事になるでしょう。

 それって南朝鮮の立場を単に悪化させるだけでなく、北を更に利する事になるわけですけど、反日無罪で暴走し続け、大手メディアですら親北派の言い分をただ垂れ流して満足するような間抜けなゴキブリどもでは、なーんにも理解できないのでしょうねぇ。

 ま、こうやってバカを続けて自滅し、最後には内戦再開なり、無理矢理の統一なりしてゴキブリ同士で不況を一層拡大させて数を減らす分には素晴らしい事ですから、どうぞ続けてくださいって感じですけどね。
02月02日(木)

悪意じゃなく、単に頭が悪いだけ? 

1日付の中央日報の記事から

釜山少女像に日本人3人の謝罪の手紙
2017年02月01日07時30分
 釜山市東区の日本領事館前に昨年末に設置された「平和の少女像」に日本人が花束と謝罪の手紙を置いていった。

 釜山の市民団体「釜山ギョレハナ」によると、旧正月の先月28日、日本領事館前の平和の少女像に一通の手紙があった。手紙の表には「山本真也・明子」「笹倉千佳弘」という名前が見えた。日本人3人の名前と推定される。手紙の横には黄色のフリージアの花束が置かれていた。手紙にはハングルと日本語で「一人の人間として、哀悼の意を表します。一人の日本人として、謝罪します。誠に、申し訳ありません」と書かれていた。

 この手紙は、少女像設置で韓日間の外交葛藤が深まり日本現地でも関連の報道が続いた後の先月28日、日本人観光客が置いて行ったと推定される。その間、少女像を訪れて写真撮影をする日本人は時々いたが、謝罪の手紙を置いて行ったのは初めて。

 この手紙は現在、少女像を管理する「釜山ギョレハナ」が保管中だ。釜山ギョレハナは最近、訪問客が少女像に置いて行く物品が増えたことで毎日、整理整頓している。

 ユン・ヨンジョ釜山ギョレハナ政策局長は「少女像を訪問する日本人は多かったが、このように公開的に謝罪の意を表現したのは初めて」とし「歴史を歪曲する日本政府とは違い、日本の過ちを謝罪する日本人がいて有難く思う。こうした状況で日本人が謝罪するということ自体が意味深い」と話した。

 どうやら、この話は早速捏造疑惑がネットで起きているようですね。

 ただ、名前で検索するとどうもそれっぽい繋がりがあり、こういう事をしてもおかしくなさそうな経歴の持ち主はいるようで…

 まぁ、真偽の程は分りませんが、いずれにしてもハッキリと言える事は、送った側は救いようの無いまでのクズ、或いはクズどもであるってことでしょう。

 そもそも、売春婦像や碑は南朝鮮のいたるところにあり、公的な場にあるだけでも確か今は40近くあります。

 敢えて、国際法違反の像に対して日本人を名乗って違法行為を肯定するような真似をするなど、南朝鮮の犯罪を是とするようなものであり、誰のためにもならぬ行為です。

 合意も国際法も無視して暴れまわる姿に対し、国際社会からは約束もルールも守らない連中だと認識されているのですから、それにお墨付きを与えるような事をして連中が一層図に乗れば、むしろそれは連中の国際社会における地位を一層悪くさせるだけなのですから、むしろ悪意があるんじゃないかって気がしますよね。

 加えて、ハガキの裏に横書きするという一般的でない使い方や、報道でも知れ渡っているようにまだ40以上の売春婦が存在している状況で、死人扱いする「哀悼」という極めておかしな表現等々。

 他にも3人の連名のハガキなのに、「一人の人間として」「一人の日本人として」など、日本人なら明らかにおかしいだろと気付く人称表現になっていたり、丁寧語を装いながらも「○○します」と中途半端な言葉遣いであったり、そもそも何を誤っているのか肝心の主語が何処にも無かったり本文を横書きで使っているのに署名はその最後ではなく裏に縦書きしている等々。

 その上肝心の手書きされている連名が、実に汚く、ずれている上に同一人物が書いたとしか思えない同レベルの汚さである等、これが偽装でないのなら余程低脳で字の汚い反日日本人が複数人を装って書いたのだろうと思える始末。

 また、黄色のフリージアってのも、余程の低脳バカでなければ、悪意で置いたとしか思えませんよねぇ?

 だって、自称拉致されて強姦されて殺されていった悲劇のヒロイン(爆)な売春婦どもの像であるはずなのに、そこに花言葉「無邪気」の花を添えるってねぇ?

 阿呆で蒙昧なケダモノは手紙に対し、それこそ無邪気に喜んでいるようですけど、むしろ連中への嫌がらせで置いたんじゃないのかと思ってしまう内容ですよねぇ…
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果