徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
01月31日(火)

デマに飛びつき、更なる捏造で首相批判を行う寄生虫新聞 

17日付の東京新聞の記事から

安倍首相 比にミサイル供与申し出!? 現地報道 政府は全否定
2017年01月17日
 フィリピンのドゥテルテ大統領が、安倍晋三首相からのミサイル供与の申し出を断った。フィリピンの現地報道が波紋を広げている。日本政府は否定しているものの、安倍政権が中国包囲網構築を視野に、軍事面で連携を深めているのは確かだ。(橋本誠)

中国包囲網へ 人権そっちのけ

 安倍首相は12、13両日、マニラやダバオ市を訪問し、ドゥテルテ氏と会談した。15日付のフィリピン現地紙は「ドゥテルテ大統領は、安倍首相のミサイル供与の申し出を断った」としたうえで、安倍首相に「ミサイルは必要ない」と話したとするドゥテルテ氏の言葉を伝えている。

 菅義偉官房長官は16日の記者会見で「承知していない」と否定。外務省の担当者は「こちら特報部」の取材に「そういう報道がなぜ出てくるのか理解できない。やり取りがあったとは思えない」と困惑する。

 報道の真偽は不明だが、安倍政権は、中国による軍事拠点化が進む南シナ海に面したフィリピンを重視する。昨年9月にラオスで開かれた首脳会談では、フィリピン沿岸警備隊への巡視船供与や海上自衛隊の練習機貸与などで合意した。

 12日の首脳会談でも、安倍首相は、米国とフィリピンの共同訓練に自衛隊が参加し、防衛装備や訓練・演習などで協力を進める考えを示した。

 とはいえ、ドゥテルテ氏には人権問題がつきまとう。ドゥテルテ氏が市長を務めていたダバオ市では、麻薬密売人など千人以上が司法手続きを経ずに殺害されたとされる。国連から非難されると、ドゥテルテ氏は「国連を脱退する」などと反発。同様に懸念するオバマ米大統領に対しても、演説で「地獄へ行け」と暴言を吐いた。

 人権軽視の指摘を受けるドゥテルテ政権との関係強化に問題はないのか。

 名古屋大学大学院の日下渉准教授(フィリピン研究)は「日本は、ミャンマーの軍事政権やフィリピンのマルコス政権を支援するなど、もともと人権外交をしていない。安倍首相は口では自由、民主主義、法の支配などの価値を語りながら、利益の政治をしている。きれいごとではなく領土と経済だ、ということではないか」と分析したうえで、日比関係の行く末を心配する。

 「ドゥテルテ氏には健康上の不安があって政治が不安定化する可能性もあり、短期的に歓心を買うだけの外交でなく、政府とイスラム武装勢力の紛争を終結させるミンダナオ和平など長期的な支援をしっかり続けていくことが重要だ」

 そもそも、米国と「中国包囲網」構築を進めてきた日本をよそに、ドゥテルテ政権は中国と接近している。元外務省国際情報局長の孫崎享氏は「フィリピン外交の柱は東南アジア諸国(ASEAN)との連携で、自分たちで中国と協議しようとしている。無理筋のことに日本は一生懸命になっているが、『対中包囲網』は構築できない」と断じる一方、安倍外交全般に警鐘を鳴らす。

 「安倍政権の基本は米国に言われたことをそのままやること。今まではそれで米国に評価されてきたが、トランプ政権ではトヨタの問題などで分かる通り、下手に出れば要求が収まるわけではない。とどまるところを知らない従属性を求められることになる」

 産経が内容の酷さを紹介していたので、確認してみたのですがまぁ、酷いなんてものじゃありませんね。

 流石は南朝鮮製の寄生虫は精が付くから食えとのたまう、頭のネジが悉くぶっとんだ異常者集団、東京新聞

 現地の何ら裏づけが無い報道を論拠に、政府が全面否定しているのを無視していきなり「安倍政権が中国包囲網構築を視野に、軍事面で連携を深めているのは確かだ」と断定ですから、事実関係などこのアジビラには必要ないのが良く分ります。

 というか、常識的に考えれば簡単に分る事なのですが、フィリピンに提供するミサイルって何なんだよと。

 大雑把に分けてミサイルには、何処から撃つのか、何を撃つのかで9つ(日本の場合で、アメリカ等なら他に潜水艦発射のミサイル等もある)に分かれます。

 つまり、地上からか、海上からか、空からかの3パターンかける目標がそれぞれ3パターンの9種類です。

 空対空なら、航空機から発射し、航空機を標的とするので、運搬しやすい小型で高速飛行中に発射できる必要があり、艦対艦ならば潮風が常に当たる場所で運用でき、数十から数百キロ離れた数千から数万トンもの金属の塊を沈められる威力が必要になる…といった具合に目的で全然異なる性能が必要になります。

 また、ミサイルを撃つのにはFCSと呼ばれる火器管制システムやそもそも敵を捕らえるレーダー、単独で戦うにしてもこれらがそのミサイルの性能を活かせるものでなければ意味がありませんので、単純に供与しただけで使えるものではありません。

 何より日本が独自生産する航空機や艦艇搭載のミサイル関係って、両軍ともに貧弱なフィリピンじゃ意味が無いし、SM3などの地対空ミサイルは米国製品のライセンス生産だから勝手に供与なんて出来ませんしねぇ?

 中国のような大国と正面からやりあうような能力、そもそもフィリピンには無いのですから、供与も何も最初からあったものじゃありません。

 つまりは両国の装備や状況的に有り得ないし、何より具体性の著しく欠いたミサイルなんて極めてあやふやな表現からも分るように、まず間違いなくデマゴーグの類でしょう。

 フィリピン沿岸警備隊への巡視船供与や海上自衛隊の練習機貸与については、自ら記すように軍隊への軍事品供与ではなく沿岸警備隊への警察能力向上を目的としたものですし、今回初めてではなく、これまでにも巡視船供与はフィリピン以外にもインドネシアやベトナム等にもされてきています。

 東京新聞の記者はバカだから知らないのでしょうけど、東南アジアもまた海賊事件の多発する地域であり、昨年10月にも南朝鮮の船舶がフィリピンの南シナ海近くでイスラム過激派と見られる集団に襲われて乗組員が拉致されています

 海域を管轄する国の警備能力向上は、海上輸送路の安全確保に帰依し、石油などの大半を南シナ海ルートで輸入している日本にとっては重要な意味を持つのですが、単なる巡視船や練習機を本来の目的から全く外れ、そもそも何の役にも立たない事すら無視して対中だと喚く辺り、もはや寄生虫に脳を乗っ取られているのでしょう、東京新聞の記者だけに。

 大体、ドゥテルテの人権感覚を問題視するなら、それ以上の真似を自国民にも周辺国にもし続けてきた中国と仲良くしろってお前らの理論と感覚のほうが余程狂っているだろうって話なんですけど、これまた寄生された脳ではそんなことも分らないのでしょう。

 加えて最後には孫崎享なんて、バカの見本みたいなのを出して安倍叩きをやっていますけど、そもそも孫崎って親中派であのルーピーのブレーン(爆)だった程度のクズなんですがねぇ?

 このバカは偉そうに「下手に出れば要求が収まるわけではない。とどまるところを知らない従属性を求められることになる」なんてほざいていますけど、尖閣問題が起きた当時、中国へ下手に出ろと喚き散らし、海保の命令を無視して逆に突っ込んできた漁船の船長を逮捕したことにも罵声を浴びせるなど、文字通り中国への「とどまるところを知らない従属性」を示してきた売国ポチ君です。

 中国へ従属する為に日本の法も秩序も無視しろと喚いていたわけですから、まさに害無省出身という肩書きに嘘偽りなしと言えるロクデナシですよ。
スポンサーサイト
01月29日(日)

偏見と無責任が専売特許の犯罪結社が他人にわきまえよとは片腹痛い 

28日付の朝日新聞デジタルの記事から

「偏見」番組 放送の責任わきまえよ
2017年1月28日(土)付
 事実に基づかず、特定の人々への差別と偏見を生むような番組をテレビでたれ流す。あってはならないことが起きた。

 地上波ローカル局、東京メトロポリタンテレビジョン(MXテレビ)が、今月2日放送の「ニュース女子」という番組で、沖縄・高江に建設された米軍ヘリパッド問題を特集した。

 驚くのはその内容だ。

 軍事ジャーナリストを名乗る人物の現地報告は、建設に反対する人たちを遠くから撮影し、「テロリスト」「無法地帯」などと呼んだ。「過激な反対運動の現場を取材」とうたいながら実際には足を運ばず、約40キロ離れたところからリポートした。

 不可解きわまりない「取材」であり、論評である。

 反対運動を支援してきた市民団体「のりこえねっと」の辛淑玉(シンスゴ)さんは、番組で「運動を職業的に行っている」などと中傷されたとして、放送倫理・番組向上機構(BPO)放送人権委員会に人権侵害を申し立てた。

 当事者の動きとは別に、放送番組の質の向上をめざしてBPO内に設けられている放送倫理検証委員会も、MXテレビに報告を求めている。

 権力の介入を防ぎ、放送・表現の自由を守るためにNHKと民放連が設立した第三者機関のBPOにとっても、存在意義が問われる案件だ。視聴者・国民が納得できる対応を求めたい。

 問題の番組は化粧品会社DHC系列の制作会社がつくった。動画サイトでも公開されてはいるが、周波数が限られ、公共性が高いテレビ電波が使われた点に見過ごせない問題がある。

 放送法は、報道は事実をまげないですることや、意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすることを定めている。MXテレビは、番組の意図や放送までの経緯、社内のチェック体制などを早急に検証し、社会に広く説明すべきだ。

 抗議に対し制作会社はウェブサイト上で、反対派を「犯罪や不法行為を行っている集団を容認している」などとして、「言い分を聞く必要はない」と述べた。開き直りというほかない。

 気になるのは、反基地運動に取り組む沖縄への、根拠のない誹謗(ひぼう)中傷が、この数年、高まっていることだ。舞台はネットから街頭に広がり、今回はテレビで公然と語られた。

 放送は健全な民主主義を発展させるためにあり、番組は明らかにその逆をゆく。対立をあおり、人々の間に分断をもたらすことに放送を使う行いは、厳しく批判されなければならない。

 人を罵倒する為のキメ顔とか、好きですよねぇ、このブーメランバカどもって。

 「事実に基づかず、特定の人々への差別と偏見を生むような番組をテレビでたれ流す。あってはならないことが起きた」なんてほざいていますけど、コレ、他ならぬ朝日系列のマスゴミが最も得意とする犯罪行為なのに、自分達犯罪グループの存在を棚に上げて何を書いているんだか…

 嘘と言ったら朝日、朝日と言ったらペテンってのはもう、教科書に載せてもいい歴史的常識でしょうにねぇ?

 特にニュースステーションとその後釜の報道ステーション。

 夜の看板にしてきたこの報道番組は実に多用な捏造報道を日々繰り返し、幾度も大問題を引き起こしてきましたが、朝日新聞がそれを問題として報じた事など、ただの一度も無かったと思うのですがねぇ?

 まぁ、社長の息子が起こした犯罪を必死にひた隠し、ばれた後も成人した個人の話だからだのと、自分達のことになった途端に言い訳して逃げ回る卑劣な組織ですから、当然と言えば当然ですが。

 何せコイツらのもう一つの得意技は、報道しない自由の行使、ですからねぇ?

 それに遠距離からの取材である事を批判していますが、そもそも妄想で記事を書くのもまた、朝日の得意技の一つなのに、何で批判しているんでしょうかねぇ?

 例えば、伊藤律という日本共産党所属の犯罪者が中国に逃亡中の1950年に、呆れた事に潜伏先を知ったのでそこを訪ね、インタビューをしたという妄想記事を書き、後に占領目的阻害行為処罰令違反というGHQの統治を虚言で妨害した罪で有罪となったことがあります。

 それから約半世紀後の2005年にも田中康夫にしてもいないインタビューをしたという即ばれる捏造記事を掲載してもいます。

 無論テレビ局の朝日も捏造は大好物であり、グラフや数字そのものの捏造、グラフの比率バランスを悪意的に偏向させるなど日常茶飯事ですし、2009年にはネットの嘘を暴く番組と題して、スタッフが作ったそれ用のブログを検証という偽装工作を行ってそれこそBPO絡みの大問題になったこともあります。

 先に記したニュースステーション等は南京事件を捏造する為にわざわざ76歳(南京攻略戦当事ナント11歳!)というボケ老人をモザイク付きでカメラの前に引っ張り出し、軍人として参戦し、虐殺し、略奪し、レイプして回ったと笑える証言をさせています

 因みにこのときには他にも揚子江を泳いで逃げようとする人を子供も含めて撃ち殺したと証言する偽名&モザイクの89歳等もいるわ、現地の「下関(シャーカン)」を読めずに「しもぜ」と読むわで、何の確認も勉強もせずに出鱈目を只管垂れ流し、方々から大顰蹙を買っています。

 そもそも揚子江(長江)というのは世界三大大河の一つにも数えられる文字通りの大河であり、南京周辺の最も狭いところでさえ、1.2km以上の幅が有りますし、それだけ広ければ当然流れも中心は相応の速さであり、着衣のまま、それも12月の半ばに泳いで渡るなど、余程そういった特殊な状況での水泳訓練を繰り返し積んだ者でもなければ出来るわけがありません。

 というかそれ以前に、現代日本のように小中学校のプール設置が当たり前で教育として受けているわけでもないのに、泳げるような人間自体、そんなにいるわけがねーだろ、と。

 他にも放火して回ったなんてのもよくある証言なのですが、不思議な事に当事の南京を写した朝日グラフなどの写真に一枚も火事またはその煙の入っている写真が無く、証言でも何故か消火活動についてのものが全く、それも何処からも無いという不自然極まりない話なんですよね。

 それに、大江健三郎が一切現地取材をせずに一方の書いたデマだけを鵜呑みにし、他人の名誉を毀損した『沖縄ノート』の被害者が訴えて裁判になった時は批判するどころか、平気な顔で大江の擁護をしており、己の都合だけで罵声を吐いたり、顔を背けて耳目を塞ぐのですから、本当に卑劣です。

 あぁ、因みに朝日新聞の私が知っている最も古い捏造記事は1890年、実に130年近くも昔の話ですが、活火山でもない蔵王山が破裂するほどの大噴火を起し、人死が出たと、呆れ果てるデマを垂れ流した事件ですが、この時既に事件を有耶無耶にしており、捏造と無責任がこの組織の根底としてあったわけです。

 また、最も有名な朝日の捏造事件といえば何といっても珊瑚のKY落書き事件であり、自ら珊瑚にナイフで傷をつけて、日本人には良識が無いと罵りながら報じるという、極めて悪質なマッチポンプ事件でした。

 中国を礼賛し、言われるがままに南京などのデマを垂れ流し、ただの煙幕使用の写真を毒ガス散布と吹聴し、ポル・ポトの大虐殺を隠してアジア的優しさなどと報じ、原発事故でも吉田所長の発言を捏造し、慰安婦報道では詐欺師であることを把握しながら20年以上も沈黙し続けた挙句、読者にのみ謝罪して済ませる等々、幾らでも実績のある無責任と虚言の申し子、デマゴーグ発生器朝日新聞が他人を罵るなど、まさに天に唾を吐く行為と言えますね。

 不可解どころか、してもいない取材をしたと報じたり、事実関係の検証もせず偏見と差別に基いて報じるのが、上記の通り朝日的ジャーナリズムなのにねぇ?

 まして、辛淑玉なんて日本人ですらない危険分子が加わっている時点で、連中が異常集団なのは明らかですし。

 日米安保に基く、日本の安全保障に何の責任も義務も負わない外国が関わってくる…それも居住地ですらないのに自分達の問題だのと頭のイカレた戯言並べて国家間の約束や友好の阻害、何より自衛権に対する妨害活動をやっているわけですから、侵略誘致のためのスパイ行為と言って憚りないでしょう。

 というか、朝日はかつて秘密保護法絡みでこの辛を登場させ、法案が可決されれると外国人差別が助長される危険性があるなどという法案の中身を何一つ理解していない戯言というか呆れ果てるデマを検証も批判もせず、そのまま一方的に垂れ流しているんですがねぇ?

 口を開けばデマが常に流れ、叩かれれば被害者ぶるだけで証拠を掲示しないのは辛も朝日も何時もの事ですけど、日本で生まれ住んでいながらここまで敵視して、それでも日本に居座り続ける寄生虫ぶりには、本当に反吐が出ますね。

 辛って、過去には一般国民よりも遥かに過密なスケジュールで公務をされている天皇陛下を「あいつ働かないからな」等と己の無知蒙昧を棚に上げて侮辱した事もあり、基本的にモドキに相応しく考えるとか調べるという人として当たり前の行動をした事がないまま平然と口を開く、低脳下劣な文字通りのケダモノです。

 そんな連中が金を出して沖縄に活動家を送り込んでいるのは紛れも無い事実ですし、ニコ動やYouTubeで動画を公開しているKAZUYAなど実際に現地で撮影をした人間が活動家に包囲されて恫喝や暴力行為の被害に遭っている動画を公開しており、取材陣が危険性を事前に伝えて直接の撮影をさせなかった事の何が問題なのやら?

 実際にその野蛮さによる危険性は映像を見れば一目瞭然であり、中には一人が走って車のボンネットに飛び乗って車を無理矢理停止させると、もう一人が拡声器を運転席のドアにぶち当てながら無理矢理中へ捻じ込んで大声で恫喝し、無理矢理ドアを開けて引きずり出そうとする姿が映っているものもあり、面子には宇都宮ら弁護士もいながら、そういった犯罪行為を抑止するどころか反対に人員の送り込み活動をやっているわけですから、MX側の「犯罪や不法行為を行っている集団を容認している」と言うのは紛れもない事実です。

 そもそも直接の人的物的被害を抜きにしても、テントの設置や道路での座り込み、勝手な検問設置、基地施設への無断侵入と植物の伐採等はどれも明白な犯罪行為であり、そういう行為に参加するための資金援助を日本人でないものが主導的立場でやっているんですよ?

 事実を曲げずだの多角的にどうのとほざきながら、犯罪者集団及びその支援組織のそういった実態を悉く隠蔽して一方だけをこれまた証拠も示さずに罵倒する朝日の方が遥かに悪質且つ陰湿であり、下劣極まりないと言えます。

 そんな下劣なテロリスト支援者の親玉が、自分たちにも参政権を寄越せとほざいているわけで、外国人参政権の付与が如何に危険な行為か、そして半島へ追い出さず日本にいさせ続ける事が日本にとってどれだけ有害なのか、これだけ罪状が重なれば分りますよねぇ?

 そして、言い訳はヘイトだ差別だと、もはや耳タコで聞き飽きたとウンザリする中身の無いテンプレ発言のみ。

 自民のバカどもがブサヨの主張に流されて日本人差別の法律を造ったりしたものだから、本当調子に乗って濫用し放題です。

 そして、朝日が上記の通り他ならぬネットを通して事実が明らかにされているのにも関わらず、「気になるのは、反基地運動に取り組む沖縄への、根拠のない誹謗(ひぼう)中傷が、この数年、高まっていることだ」等とほざく様は、やはり読者をどれだけ虚言で謀ってもよい、自分達のイデオロギーを通す為なら嘘は良い事だと、未だに何ら反省することなく考え続けているのが何よりの問題でしょう。

 半島のケダモノ同様、これだけ嘘が暴かれ、発行部数が押し紙を含めてさえ激減し続けているのに、それでもまだ反省も改善も無いのですから、やっぱり矯正不可能な言論テロリスト集団だと言えますね。

 大体、放送法で「報道は事実をまげないですることや、意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすることを定めている」から説明責任を果たせとかほざいていますけど、自ら同様の宣言をしておきながら本田勝一の「中国の旅」や詐欺師の慰安婦強制連行捏造話の様に自らは常に事実確認など一切しないで一方の偏った主張を鵜呑みにした記事を平気で書き続けてきた外道がよくも書けるものです。

 特に慰安婦狩り等と称した事実無根のデマについてはより広める為に、天声人語や読者の声欄でも執拗に取り上げており、声欄での紹介は何と実に480回、そしてそれは全て朝日の主張に沿ったものだけだったのですから、公平性や多角的視野等一切持たない辺境で偏屈な主義者が、他人にそれはイカンと説教しているわけで、こんなもの滑稽以外のなんなのか。

 加えて朝日は自らを批判する雑誌の広告掲載を数十年前から拒否するなんて真似をやっており、最近では掲載前に検閲をして文章を黒く塗り潰すなんていう、秘密保護法制定前に政府がやるだろうと根拠も示さず罵声を浴びせていた行為や池上の記事が自社を批判するものだからと掲載拒否した事もあり、報道機関とは名ばかりの単なる思想家集団のアジビラに過ぎないことを自らの行動で示しています

 先述の通り、自社グループぐるみで新聞にテレビに雑誌にと南京事件などの捏造を繰り返してきた己の悪行から目を背ける朝日という犯罪組織は、やはり存在そのものを赦してはいけませんね。
01月24日(火)

バカブーメランに進歩と言う言葉はなく・・・ 

23日付の産経ニュースの記事から

ブーメラン健在 民進は天下り批判も、増えたの実は民主党時代
2017.1.23 22:58
 年が改まっても「ブーメラン体質」は健在のようだ。民進党の大串博志政調会長は23日の衆院代表質問で、「安倍晋三政権の緩みだ」として文部科学省の組織的な天下り斡(あっ)旋(せん)問題を批判した。弁解の余地のない不祥事は格好の攻撃材料に違いない。大串氏いわく「文科省のガバナンス(統治)はどうなっているのか」「大臣の責任も免れない」と。その通りだ。しかし、その前提で言えば、民進党に批判する資格はあるのだろうか。

 斡旋を調べた再就職等監視委員会は平成20年12月に設置された。根拠は第1次安倍政権の19年に成立した改正国家公務員法だ。官僚の猛烈な抵抗を押し切ったのは安倍首相だった。

 その後、監視委員長らの国会同意人事に何度も反対したのは当時参院で多数を握っていた民進党の前身の民主党だ。「事実上の天下り容認システムだ」との理由からだった。監視委は委員長不在が続き、改革は遅れた。

 21年9月に政権を取った民主党は満を持して天下り根絶に取り組んだ。21年度の中央省庁幹部の天下りは1413件で、民主党政権の22年度は733件とほぼ半減した。ところが、23年度は1166件と早くも増加に転じ、24年度は1349件に増えている。

 民進党の蓮舫代表は19日の記者会見で「われわれが戦ってきたことが元に戻っている」と批判した。嘘はよろしくない。元に戻ったのは蓮舫氏が公務員制度を含む行政刷新担当相を務めた民主党政権のときだ。

 今回の不祥事は、監視委設置などで規制が強まった21年度ごろから行われていた疑いもある。まさに民主党政権のときだ。それでも蓮舫氏は文科省の隠(いん)蔽(ぺい)疑惑について「法律に違反した上に嘘をつくのはあまりにも悪質だ」と指弾し、「斡旋が下村博文元文科相の時期であれば当然説明の責任はある」と迫った。

 蓮舫氏が法の趣旨に反した「二重国籍」だったことや、その説明で嘘を重ねたではないか-と言いたいところだが、やめよう。民主党政権下の違法行為の有無をきっと調べ上げてくれるのだろうから。(酒井充)

 いやはや、戦ってきたとは実にお笑いのデマゴーグですね。

 記事中の数字が示すとおり、パフォーマンスで初年度だけ大幅に件数を下げさせましたが、実績アピールが終わった翌年には大幅な増加をし、2年後には殆ど元通りなのですから、むしろ民主党の公約実施というペテンが極めて悪質であったことが良く分ります

 まぁもっとも、まともな人間にはこうなることって、民主党政権が誕生した時点で分りきっていましたよね?

 何せ、民主党の支持母体は民潭以外では日教組、そして自治労等なのですから。

 そして議員にも輿石東等教員上がりの輩が犯罪活動で甘い汁を吸っていたし、自治労上がりも何人も所属していたわけですから、そんな連中にそもそも公務員の抜本的改革なんて出来るわけが無いのは自明の理でした。

 何より偉そうに公務員改革を主張し、天下りの撲滅を喚き散らしていたにも関わらず、詐欺政権誕生早々に民営化したはずの郵政公社に対し、国家権力を用いた圧力で社長を辞任させ、その空いた椅子に斎藤次郎という極めて評判の悪い天下りの専門家(失笑)を据えました

 かつて汚沢とともに国を散々引っ掻き回した斉藤は、後輩に罪をおっかぶせてさっさと大蔵省から逃げました。

 その後実に14年にも渡って天下りを繰り返し、退職金だけでも3億6千万円もせしめていたと言われています。

 流石の朝日や毎日までが白眼視した事に対して大慌てで、何年も前から民間に下っていた等とお得意の嘘を並べて、これは天下りではないんだと虚言を重ねていましたが、社団法人や財団法人、更には大蔵省管轄の東京金融先物取引所等、実際には一度として民間企業に天下った経験すら無い始末で、案の定斉藤が就任してからは醜聞があっても実績として褒められるような話は全く出てこない最悪の3年間でした。

 また、ルーピーが責任逃れの辞任をかました後、その椅子にふんぞり返ったアキ菅は、更に公務員改革なんてのがペテンだと決定付ける真似を始めます。

 独立行政法人への現役出向や、民間企業への派遣の拡大をはじめたのです。

 現役で出向ですという名目で天下りが出来るようになり、民間への派遣拡大もポストを用意させての押し付けの規模を拡大させたのであり、独立行政法人の役員になる際も、公募が決まりなのに公務員は例外ですとやり、更には専門スタッフ職なるものを増加させて、次のポストが無い幹部職員に多大かつ不要な給与を与える為にも尽力したわけです。

 しかも、その出向中も退職金の計算期間に含まれるように政令の改正もしており、部長・審議官も担当する局でなければ天下りが出来るようにもしました。

 そして、それをやった担当部署の大臣こそ、行政刷新担当であった蓮舫というクズ虫ですから、戦うどころか実際には正反対で、天下りしやすい様に公務員のための地均しを繰り返していたわけです。

 結果、初年度50%まで落ち込んだ天下りの件数が僅か1年で75%程に回復し、その翌年にはほぼ数字が回復しきったのです。

 この時点で民主党(現在の民進党)が如何に悪質且つ卑劣か分るでしょう。

 これを自民党の責任などと、よりにもよって民進党がほざいているわけですから、怒りを通し越して呆れ果てます。

 ホント、二重国籍問題と言い、よくも平気な顔で己の罪を他者に押し付けたり、知らぬ顔をしたり出来るものですよねぇ?
01月18日(水)

ペテン政党の老朽化 

17日付の産経ニュースの記事から

共産党・86歳不破哲三元議長引退せず 党中央委員に吉良佳子参院議員を抜擢
2017.1.17 17:07
 共産党は17日、不破哲三元議長(86)を党最高指導部の中央委員として再任する方針を固めた。知名度の高い吉良佳子参院議員(34)も中央委員に抜擢(ばってき)する。静岡県熱海市で開かれている第27回党大会最終日の18日、志位和夫委員長(62)と小池晃書記局長(56)の留任も含め、新しい指導部体制を正式決定する。

 17日の党大会では、現中央委員会が次期中央委員164人、准中央委員50人の計214人の「中央役員」を提案。不破氏の去就は党指導部が世代交代を進めるうえでの焦点だったが、党の理論的支柱として続投させる。

 吉良氏はこれまで准中央委員だったが、中央委員への起用で党指導部の若返りをアピールする考えだ。

 まぁ、社民党と一緒で層の薄さと独裁制から、面子が変わるなんて有り得ないのは分りきったことですけど、それにしても86の既に耄碌しきったヒヒジジイを未だにトップへ据えないといけない辺り、老齢化による組織の縮小が顕著なようですねぇ。

 もっとも散々持て囃したバカ手連中であるSEALDsの奥田らは賞味期限を1年で切らせてしまったようで、最近は息をしているのかすら分らぬ始末

 使い捨てにすることは最初から分りきっていたとは言え、アレだけ一緒に反政府活動を熱心にやっていたのにもはや見向きもしないところが、実に他者を己の権勢の道具としてしか見ない共産主義者らしいですよね。

 何せ昨夏の参院選前なんて、その不破自身が奥田の間抜けと一緒に街宣し、仲良く下劣な安倍バッシングをやっていたんですから。

 例えばその街宣時に不破はこんな事をほざいています。

 「日本の首相の中で、国の政治に自分の名前をつけた人がありますか」「自分の名前をつけてサミットで宣伝する、本当に恥ずかしい首相だと思う」

 本来言うまでも無いことですが、安倍総理自身が名付けたわけではなく、かつてアメリカでレーガン大統領の経済政策がレーガノミクスと呼ばれた事に準えてマスゴミが言い出したものです。

 世に定着した名称が、己の名を使っている、恥かしい。

 そもそもそう感じるかどうかは個人の感性の話ですし、敢えてわけのわからない別名を付けてもむしろ他者の失笑を招くだけで認知をろくにされないケースだってあります。

 例えば、『オレオレ詐欺』『母さん助けて詐欺』と警察が阿呆丸出しの無駄に長くてセンスゼロの名前をつけたら、使わないといけないマスゴミ以外、一般人は誰も使わなかったように。

 特にアベノミクスは既に国際的にその名が伝わっていた事、そして他ならぬ世界最大の経済国であるアメリカで先例があったことから、使って当然であり、むしろサミットのような国際会議で一切使わない方がおかしいですし、突如訳のわからぬ別名を持ち出したら各国の首脳も何を言われているのか意味が分らず揃って呆けてしまうでしょうね。

 むしろ数々の犯罪行為を未だ何一つ認めず捏造だのと喚きながら、日本政府や国民に中朝の捏造を認めて謝罪しろだのとほざき続けている共産党の方が遥かに恥かしい存在ですよねぇ?

 もっとも、常に捏造で他者を貶め、権力に執着する事しか頭に無いのが共産主義者というゴミですから、嘘をつかずに真っ当に生きるなんて発想がそもそも無いのでしょうけど。

 実際、最近では共謀罪関係で嘘塗れというか嘘しかない絵を書いて反対活動をし、問題となっていますし、特定秘密保護法や安保改正でもやはりあからさまな嘘を並べ立てていました。

 ま、これでは誰もが呆れ果てて嫌悪と侮蔑を抱くのは当然ですから、釣れるのは奥田らみたいな、人としてカウントしていいのか自体疑問を抱くような考える知能がろくに無いド底辺位ですよねぇ(笑

 しかも若返りアピールが、子供の頃からキ印でしたアピールしかないアホの吉良って、ホント終わってますね。

 そりゃあ連合だ何だと民進に必死に縋りつきたくもなるでしょうよ。
01月15日(日)

どう転んでも日本にはプラスとなる 

12日付の中央日報の記事から

日本が謝罪を覆せないよう韓国が入れた「不可逆」が足かせに(2)
2017年01月12日08時52分
 ◆「反人道犯罪に終止符を打つのは無理」

 慰安婦問題の発端は第2次世界大戦後に独ナチスの戦犯を法廷に立たせたニュルンベルク国際軍事裁判、日本の戦犯を処罰するための極東国際軍事裁判(東京裁判)の違いのためだった。ニュルンベルクではA級犯罪(侵略戦争など)、B級犯罪(民間人虐待・殺害など)、C級犯罪(人種虐殺、奴隷化など反人道犯罪)をすべて適用した。しかし東京裁判はA・B級犯罪の容疑だけを問いただした。C級犯罪に該当する慰安婦問題は扱わず、加害者の処罰もなかった。

 慰安婦問題が反人道犯罪ということは国際社会も認めている。1996年の国連報告書(クマラスワミ報告書)で最初に慰安婦を「戦時性的奴隷」と規定し、日本政府に謝罪と賠償を勧告した後、国際社会の認識に変わりはない。

 こうした反人道犯罪を「最終的、不可逆的」に解決したと宣言すること自体に無理があると、専門家らは指摘する。趙世暎(チョ・セヨン)東西大教授(日本研究センター所長)は「過去の問題をどちらか一方の政府が終わらせるのは容易でない」とし「特に慰安婦問題のような反人道犯罪に終止符を打つというのは無理がある」と述べた。

 ◆「河野談話など明示するべき」

 世界的にも反人道犯罪に対する処断は現在進行形だ。ドイツはニュルンベルク裁判の精神を維持するための後続措置として反人道犯罪処断を国内の刑法で規定し、今でもナチスの戦犯を処罰している。95年のボスニア内戦当時にセルビア系の民兵隊がボスニア系のイスラム信徒など民間人8000人を虐殺したスレブレニツァ虐殺の場合も同じだ。ユーゴ戦犯裁判所は昨年12月、虐殺の責任者ラトコ・ムラディッチ(75)に終身刑を求刑した。

 日本のように一度の謝罪で終えようとするケースも珍しい。アレクサンダル・ブチッチ首相は2015年7月、スレブレニツァ虐殺20年の行事に出席し、群衆から石を投げられ追い出された。しかしブチッチ首相は4カ月後にまた追悼館を訪れ、追悼碑の前で頭を下げた。

 「最終的、不可逆的」という言葉に対しては外交部内でも遺憾を表す人が多い。外交部の関係者は「不可逆的という表現を入れるにしても日本政府が強制動員を最初に認めた『河野談話を継承する』ということを前提にするべきだった」と話した。

 下等動物がありもしない知恵を捻り出そうとした結果失敗したと喚いている無様な構図でしかありませんねぇ?

 挙句、記載は何時ものように嘘だらけだし、自分達に都合の良い妄想をダラダラ垂れ流しているだけなのですから、本当、この醜悪で下劣なケダモノどもを何で人類にカテゴライズしている連中がいるのか、甚だ不思議でなりませんよ。

 オラウータンやチンパンジーの方が遥かに学習能力は高いし、記憶能力もあるでしょうにねぇ?

 記事では最近お気に入りのドイツと日本の違いという比較対象にすら本来ならないものを並べ立てて反日を叫んでいますけど、林博史とかのブサヨといい、取り敢えずドイツを持ち出して都合のいい部分だけ摘まみだすって姑息な真似が何時まで通じると思っているのか、そしてバレた際に自分達の立場が一層悪くなると考えないのかと思うんですけど、知能が低すぎて己の言動による先の展望を鑑みるなんて発想自体、わからないんでしょうねぇ…

 まず、「C級犯罪に該当する慰安婦問題は扱わず、加害者の処罰もなかった」などとほざいていますが、C級自体は東京裁判でも裁かれており、もっとも有名なところでは陸軍の松井大将がそうです。

 C級として慰安婦が問題とならなかったのは、単に慰安婦制度が問題でもなんでもないから、それだけのことです。

 その証拠に、白馬事件のような例外的事例は連合国側は裁いて死刑や重禁固刑にしています

 一方で東京裁判で問題とならなかった理由は、そもそも売春が合法であり、日本の法制度上も実運用上も明確に戦争犯罪として認められるような瑕疵が無かったからであるのは、他ならぬ米軍が捕虜とした慰安婦らへの尋問で知っていたからに他なりません。

 何せ慰安所丸々ひとつを制圧して、徹底的に反日活動へ利用できないか調査したのに、解ったのは慰安婦の年齢が19歳が一名いるだけで後は全員20歳を超えており、親に身売りされたか自らの意思で慰安婦となっており、拉致のような事実がないという、彼らにとっては何の役にも立たない面白くも無い事実だったのですから。

 むしろそんな事実があったら蜂起しているとまで言われている始末ですしね。

 加えて日本軍には50万近い朝鮮兵が参加しており、そのような事実があったらそんなに募兵に応じるわけもないし、反乱も起こさず大人しくしているわけもない

 しかも帰国や結婚の自由があり、休日もあって軍人と町へショッピングに行ったり、プレゼントを貰い、敗戦後も従軍看護婦扱いにして一緒の復員船に載せて朝鮮へ帰してもらう等、奴隷どころかむしろ極めて友好的な関係であった事がわかっており、先のような例外以外で連合軍がこれを問題視するのは現実的に難しかったでしょう。

 むしろ米軍にとって見れば半島のプライドを傷付ける捏造になりかねず、下手をすれば解放軍アピールの為のデマが元で逆に半島全域を共産圏へ靡かせてしまうことにもなりかねないと判断した可能性は、あるかもしれません。

 日本共産党を見れば解るように、プロパガンダって使い方を間違えれば己の敵対者を増やすだけの諸刃の剣ですからね。

 実際、朝日と一緒に慰安婦問題を捏造した吉田清治の偽証に対して、その現場であったとされた済州島の済州新聞は聞き取り調査を行って事実無根の捏造であることを記し、金儲けの為に他者のプライドを踏み躙る振る舞いを罵っていますし、クリントン・ブッシュ政権下で米軍が行った8年にも及ぶ大規模調査でも、何ら奴隷化などという痕跡は見つけられず、それを狙った愚物が思い通りに行かなかったことに歯軋りしていましたっけ。

 そもそも、20万の拉致・奴隷化という時点で嘘なのは丸わかりですが、仮に連中のいうような年端もいかぬものを20万も拉致するなんて真似を実施するとどうなるか、単純にシミュレートしてみましょう。

 慰安婦の応募条件は17歳以上であること。

 つまり、連中が少女像などとほざく売春婦像のようなソレ未満を20万も捕まえるとどうなるか、です。

 仮に日本が開戦した1941年時点で17歳未満とすると、1941-17=1924で、1924年より後の生まれで、12~16歳の5年としてみましょう

 1924年時点で1762万、1929年時点で1878万、つまり116万の増加なので、性別の比率を半々とすれば58万が対象となりますので、実に1/3以上を拉致しなければ20万以上の最低値にすら届かないわけです。

 5年スパンで見てすら、これほどになるわけで、3・1独立運動なんてほざく大規模な反乱事件さえ起こした連中が、これだけ今でも反日に熱意を燃やす連中が、若いどころか幼いとさえ形容できそうな娘を1/3もの割合で日本人に拉致されて大人しく従い、戦後も40年近く気にも留めずに居続けるなんてあると思いますか?

 それも戦後在日は進駐軍を名乗って共産党と結託して横暴の限りを尽くし、南朝鮮は竹島を侵略した上に何千人もの猟師を拉致したり虐殺したり、北への送還事業が気に食わないから爆破と暗殺テロを起こしてやれと計画するような、これまた横暴の限りを尽くしていたケダモノどもだというのに。

 更に加えて言うのなら、当時は知事も役人も警官も大半が日本人ではなく、そもそもの日本人が半島には数%しかいないのですから、そんな真似をしたら最終的には軍隊を送り込んで鎮圧できるとしても、行政機能も麻痺し、警察すらも動かないどころか逆に日本に敵対する事になり、半島全域に広がる暴動へと至ることは確実であり、証拠の面だけでなく状況的にも有り得ないのは確実です。

 それに、クマラスワミ報告書は出鱈目ばかりの妄想でしかなく、間違いを突きつけられても当人が認めたくないからと逃げ回っているような偽書ですから、持ち出されたところで日本は屁でもないですし、河野談話が南朝鮮との合作で中身の無い嘘で作られていることは既に暴かれていますので、そんなものの履行を求めたって日本が同意するわけないのに、本当に救い様が無いバカですよねぇ?

 また、「日本のように一度の謝罪で終えようとするケースも珍しい」とかほざいてブチッチのケースを持ち出していますけど、記事にある一回の訪問しかブチッチはしていませんよねぇ?

 少なくとも日本は複数の官房長官や首相が談話や会見において謝罪の言葉を述べていますので、日本が一回だけだというのは明白な嘘ですし、他ならぬ河野談話を記事中に出しておきながら、合意での安倍総理の会見一回だけだなどとほざくのには呆れ果てますね。

 それと、2010年の国連人口統計による人口ピラミッド、南朝鮮を見ると80-84歳って大体40万位なんですよね。

 20万が慰安婦として拉致され、大半が死亡して還ってこなかったはずなのに、2010年の生存数が凡その誕生数の2/3に達するって余りにもおかしい数字だと思いませんか?

 だって、先程記したように連中の言い分に従えば当事の比率で1/3にもなる割合で拉致されており、その殆どが死んでいるはずなのですから、2010年時点で2/3が生存しているというのが事実なら、その歳までに病死や事故死、朝鮮戦争での戦死、北に在住している等の諸々が一切無いとでも言うのでない限り、数字の辻褄が合いません

 結局のところ、嘘に嘘を重ねているから、こうやって数字や資料を追うと、必ず証言や主張が破綻するんですよね。

 まぁなんにせよ、最近では大統領候補者が揃って10億円を返して合意破棄だの、再交渉だのとほざいているようで、日本にとっては大変好ましい展開になってきましたね。

 ブサヨの江川紹子なんかは、この状況に焦って早速日本政府バッシングを始めていますけど、こういうバカが焦って喚くほど、むしろ日本政府の思惑通りことが進んでいるのが良く分かりますね。

 記事内容は実にスカスカでくだらない、日本に譲歩しろとただ要求するだけの丸っきり的外れで頓珍漢な駄文だったので記載しませんが、現状、連中が求める再交渉であれ破棄であれ、再三日本が訴えてきたように南朝鮮は日本側がどれだけ誠実に対応しても約束を一切守らないし、何度でも話を蒸し返すという事実が国際的に完全に定着しますし、加えて際限なく金の無心と譲歩を要求し、一度も謝っていないだの、一度しか謝らないだのと嘘も繰り返し内容を変えて付いているという事が事実として広まる事になります

 全く信用が置けず、約束しても無意味な連中という評価が完全に定着してくれれば、日本にとってプラスとなるだけでなく、国際的な評価が最底辺まで落ちるということなので、経済的なダメージも極めて大きくなり、ただでさえ停滞している南朝鮮の外資頼み経済にとって致命的に響く事でしょう。

 また、特に民族特性としてケダモノどもは兎角嘘つきであるというのが定着するのは、日本にとって非常にプラスになります

 それはいずれ、白人達がこれまで嘘つき呼ばわりして罵倒していた加害者のはずの日本人は必死に否定している状況とこれだけ嘘つきな連中の言う証言について確認しようという自主的な流れが出来る可能性が生まれる可能性に至りますから。

 そうなれば、日本軍が持っていないジープやヘリを使ったという話や英語が出来ないのに連れて行かれたという明らかにおかしな話や、証言の度に内容が全く別物に変遷している事など、明らかにおかしいぞと気付く切欠となり、調べれば調べるほどどちらの主張が正しいのかが明らかになっていくのですから。

 もっともそれ以前の問題として、そもそも合意に至ったのは北朝鮮、そして中国の脅威に対して日米韓の連携を深めようというアメリカの思惑による仲介があったからであり、合意を踏み躙るのは日本への侮辱だけでなく、アメリカに対する侮辱でもあり、連中にしてみれば顔に泥を叩きつけられて黙りこくるなんて有り得ませんから、それこそ完全に見捨てるなんて話にもなるかもしれません。

 何せ地政学的に見れば半島に前進基地があるというのは重要な事ではありますけど、日本という地政学的にも経済的にも民族的にも遥かに有用な存在がその後ろにあるわけですから、仮に切り捨てたとしてもどうとでもなりますからね。

 弱卒で強者を前にすれば武器を捨てて逃げ、弱者には犯罪の限りを尽くす、挙句自前の兵器はどれも欠陥品なんて間抜けな軍隊もかつての朝鮮戦争時以上の足枷になるのが見えていますし。

 いやはや、馬鹿な南朝鮮のケダモノどもには是非とも北や中国も巻き込んで自滅への道を邁進して欲しいですね。
01月10日(火)

下衆野郎の都合で変遷する常識の何と浅はかなることか 

9日付の産経ニュースから

千葉麗子さんの「くたばれパヨク」サイン会 抗議電話で「開催せず」 有田芳生参院議員「常識的な判断」 千葉さん「言論弾圧だ」
2017.1.9 07:20
 元女優で実業家の千葉麗子さん(42)が今月12日に行われる予定だったサイン会が抗議の電話やFAXがあったとして、中止されたことが分かった。千葉さんは今月5日、自身のツイッターに「サイン会ですが東京堂書店さんに『わかってやっているのか?』と店員さんに恐怖心を与えるような電話が相次いでかかってきたため、書店側が万が一を考慮して中止になりました。楽しみにしていた皆様にお詫び申し上げると共に、このような言論弾圧には憤りを感じます」と投稿。この後、9日までに、賛成、反対の立場から著名人がツイッターに投稿した。(WEB編集チーム)

 サイン会は千葉さんが執筆した「くたばれパヨク」の出版を記念し、東京都千代田区の東京堂書店で行われる予定だった。

 出版元の青林堂によると、サイン会を知ったとみられる人物の「抗議しよう」という趣旨のツイートがあった直後から、サイン会を開くことに抗議する電話やファクスが殺到したという。

 会場を貸し出す予定だった東京堂書店は産経新聞の取材に「書店を利用している方から『ヘイトスピーチにあたる本のサイン会が開催されるのは残念だ』という趣旨のファクスがあり、5日午後に中止を決め、千葉さんサイドに知らせた」としている。

 有田芳生参院議員(64)は5日、「東京堂書店は店長はじめ、良識ある店員が多く、品揃えもユニークだ。(中略)近くは共謀罪に反対の立場での催しもある。その東京堂書店が、といぶかしんだけれど、賢明というより、常識的な判断が行われた」とツイッターでつぶやいた。

 一方で、サイン会中止を批判する意見も複数、投稿された。

 無所属の和田政宗参院議員(42)は6日、「言論弾圧ともいうべきひどい話」とツイート。

 千葉さんサイドは警視庁に被害届を出す意向を示していたが、前参院議員の杉田水脈氏(49)は9日、「百田尚樹先生の西宮ガーデンズのサイン会のときは、爆破予告だったので警察が出動しましたが、今回は警察が動いてくれなかったそうです。充分脅迫事件だと思うのですが…」(原文のまま)とツイッターに投稿した。

 こうした騒ぎで逆に注目度が高まったためか、「くたばれパヨク」は9日、Amazon政治部門で1位となっている。

 こうした抗議の声でイベントが中止になった例は、早稲田大学の早稲田祭の講演会のケースがある。

 昨年11月、東京都知事選に出馬した立候補者が一堂に会して行う予定だった討論会が、行動する保守運動代表、桜井誠氏(44)が登壇予定であることが知られると、早稲田祭実行委員会などに大量のメールや電話などで抗議が寄せられた。このため、主催するサークルが桜井氏の登壇中止を決めた。さらにその後、討論会自体が中止になった。

 これがパヨクなんて呼ばれるブサヨの実態なわけで。

 脅迫、恫喝なんでもござれ、そしてそれによって己の欲望を達成する事が「常識」と。

 ブサヨにとっての常識ってのは己に都合が良いものならばどんな犯罪も正義になるし、どんなに世間で認められることも悪と自分達が断定したらそうでなければならない、だから自分達は何をしてもよいというわけで、底辺のゴミの分際で神様気取りの絶対者と己を錯誤しているから不細工で無様な左翼なんですよねぇ、何処までも

 それにしてもまぁ、毎度毎度この有田って民進党のキングオブ下衆野郎は、知能ってものが本当にカケラも無いんですねぇ。

 まぁ、そもそもそんなものが有ったらテロリストと一緒に活動し、写真まで撮るなんて恥知らずな真似が出来るわけありませんか。

 とは言え、毎度毎度ご都合主義で言う事が180度ひっくり返るのですから、もはや存在そのものが気持ち悪くて仕方ない。

 かつて日本で、下劣なチャイニーズによる盗撮や詐欺によって作成された犯罪動画『靖国』が上映される事になり、その内容だけでなく作成時の犯罪性や虚言による助成金の詐取等諸々を含めて、騒動になったことがありました。

 その時、その下劣な中国人に加担して犯罪の一切に目を瞑って言論の自由がどうのとほざいて上映に賛成したのが、他ならぬこの有田であり、それどころか批判した自民議員らにこれはドキュメンタリー映画だのと寝言をほざきながら、罵声も浴びせていました

 そもそも私有地である神社で一切の断りも無く取材を行い、取材対象の刀匠に虚偽の事実を吹き込んで欺いた撮影を行い、撮影対象者の青年に協力要請どころか撮影の事実さえ隠蔽したまま行って造るドキュメンタリーが世界の何処にあるのでしょう?

 ましてや騙された事を知った当人が映画から自分を外すよう求めているのに、その老人の声を嘲笑いながら無視して上映するのに賛同するのが民主主義国家に所属する国民、それもその代表者である国会議員だったというのですから、まさに「民主党とは民主主義に敵する政党という意味だったのか」と国民に知らしめた有田の一場面と言えるでしょう。

 加えてこの下衆野郎は同じく盗撮や詐欺、虚言に恫喝や妨害等によって作成された白人主義の反日映画『ザ・コーヴ』についても表現の自由を論拠とした賛意を示しており、自分たちと同じく日本を辱め、貶めるものには無条件で賛美する真性のキ印です。

 何せ、それだけ出鱈目なまでに創作物に対する表現の自由を掲げながら、記事の通り自分達犯罪者集団を批判する作品にはどのような犯罪行為をしてもよい、表現の自由なんぞないのが常識的だと言っているわけですから。

 靖国にしてもコーヴにしても、本来有田が散々批判してきたヘイトスピーチそのもの、それも虚言に満ちたヘイトなのですから、この下衆野郎の主張が一貫した思想に基くものなら認めるなどあるわけがないはずですが、実態はこの通り

 コイツの思想は反日というただそれだけで、そこを満たしているか否かで全てが決まる。

 ホント、こんなクズにはくたばれと言いたくもなりますよねぇ、そりゃ?

 まぁもっとも、このバカどもが騒ぐと逆に記事最後にあるように、大きな話題となって売り上げが跳ね上がるのはお約束なんですけど、何せ民進党所属のバカですから、同じ事を何度繰り返しても学習能力等存在しない為、幾らでも失態を重ねるんですよねぇ…
01月03日(火)

結局何の責任も取らないで平然とする民進党の汚職政治 

27日付のYOMIURI ONLINEから

元秘書がガソリン代不正請求…民進・山尾氏謝罪
2016年12月27日 12時03分
 民進党の山尾志桜里衆院議員(42)(愛知7区)事務所のガソリン代不正請求を巡る問題で、山尾氏は27日、名古屋市内で記者会見し、元公設秘書がガソリンスタンドで他人の不要レシートを集め、2011年から2年間で計165件217万円を不正請求していたことを明らかにした。

 元公設秘書が不正を認め、今月15日に全額を弁済したといい、法的措置は取らないとしている。

 山尾氏は「みなさんに疑問・疑念を抱かせ、申し訳ありませんでした」と改めて謝罪。「今後、事務所でコンプライアンス(法令順守)の徹底に努める」と述べた。

 疑問や疑念ではなく、不正請求なのだから山尾による政治資金規正法違反という重大な犯罪ですよねぇ?

 なのに上辺だけの謝罪で責任を取らないし取らせない、相手も自らお縄にもつかないってどういう事なんでしょうか?

 あんなに甘利に対して、秘書の罪だからと議員が責任を取らなくてもいいわけがない、議員辞職しろと吼えていたのに。

 しかも政治資金として使っていないし、秘書が返金したというのなら、それって私的な不正蓄財、政治資金を使った詐欺行為だと思うのですが、何故起訴をせず、同様の犯罪行為防止のために動こうともしないのか、実に不可思議ですよねぇ?

 取り敢えず、こんな出鱈目な輩の今後なんて聞きたくも無いので、今すぐ責任を取って日本から出て行けっての、汚職政治家が。

 ましてや、多額のコーヒー代は有耶無耶にしたままですし、不正が217万と判明したというのなら、残りの212万は政治活動で本当に使用した事が証明できねば話が通りませんが、そこの説明は何もない。

 それに27年にも同じように多額のガソリンプリカを使用して問題になっているのに、そっちは一切黙秘です。

 産経の別記事によると、「27年の1年間で計50回、2万~3万円のプリカを購入。計104万円分を計上」とあり、平均週一で購入せねばならない程で、しかもガソリン購入量と燃費を勘案すると実に年間7万数千km、実に地球二周分近くも走っているなんて、信じられます?

 例えばこれが4台分で、1台あたり2万km位だったとしても、365日休み無く50km以上を毎日、それも4台全てが走らないと使い切れない計算になります。

 無論、名古屋市の東西南北それぞれの端まで毎日4台が行って、そこで街宣活動を丸一日やり続けたとしても、50kmなんて簡単に行く数字じゃありません。

 一部変則なところはありますが、東西も南北も大体20km程度の広さしかなく、そんなところで何台使うにしても毎日200km以上走り続けるペースなんて、有り得ないし、ましてや秘書の不正とやらの時代で見れば倍額だから毎日400km以上となるわけで、どう考えたってただの地方選出の平議員に出来るわけがない

 でも、その内217万円については1年程度いた秘書がその間だけやっていた事だと言うのですから、当然ガソリーヌはそれ以外の毎年のように100万円以上使用していると記載したガソリン代については詳細を説明できなければおかしいのに、黙秘している

 何時、何処でどんな活動をしたのか記録が無いなんてありえないので、甘利や舛添の時には否定していた弁護士まで使っての調査をしておいて、具体的に不正額が217万円と述べていながら、残りの使用状況がわからないなんてのは有り得ないのに。

 国会で報告書には自分を踏めた党の議員はしっかり目を通しているとほざいていたのに、秘書による200万円超の不正を見過ごした事に対する説明もありませんし。

 本当にキチンと目を通していたなら、ガソリンプリカ代が2倍に跳ね上がる、それも100万円単位でなんて有り得ない状況を見過ごすなんて考えられませんし、事実なら何故そのような事になったのか、そもそも見ているのに不正が罷り通した己を棚に上げて大臣や都知事へ罵声を浴びせ続けていた事への釈明もしないのって、信じられない話ですよね?

 自分や自分の所属する民進党議員ならどんな犯罪も赦される、でも、そうでないなら赦さずに罵声の限りを尽くしていいし、政治家を辞めさせるとか、実に卑劣な二枚舌ではありませんか。

 ホント、「卑怯卑劣が大好きで犯罪と不正は当たり前、人間とっくに辞めています」とでも改めればいいのにねぇ、民進党のキャッチフレーズ。
01月01日(日)

妄想の中沈みゆく間抜けで矮小な南朝鮮 

31日付の朝鮮日報から

【社説】韓国を軽視・無視、日本と中国の異常な動き
2016/12/31 08:15
 日本の稲垣朋美・防衛大臣が一昨日、第2次世界大戦のA級戦犯などを祀った靖国神社を参拝した。現職の防衛相が軍国主義のシンボルである靖国神社を参拝するのは今回が初めてだ。とりわけ安倍首相と共に謝罪の意味で真珠湾を訪問した直後でもあるだけに、今回の参拝による衝撃は大きい。

 韓日軍事情報保護協定(GSOMIA)が締結されてから1カ月が過ぎた。北朝鮮の核の脅威に対処するのに必要な情報を得られることから、韓国政府は国内の激しい反発を抑えてこの協定を締結した。しかしこの協定は日本が隣国を侵略し、数百万人の命を奪った過去と絶縁した国になったという仮定の上に成り立つものだ。そのような前提を日本側も知らないはずはない。ところが今回、防衛相が靖国神社参拝を強行した。このように最近、日本では韓国を軽視、あるいは無視する態度がたびたび見られるようになった。韓国が感情的な対応から抜け出せないからだろうか。

 このような状況で韓国の民間団体が釜山の日本領事館前に慰安婦少女像を設置した。釜山市東区庁は28日、今回の少女像の設置が許可なく行われたことから、当初はこれを撤去した。しかし文在寅(ムン・ジェイン)前共に民主党代表が東区庁を「親日」と非難し「釜山市民による少女像の設置は真の独立宣言だ」などと反発したため、設置を阻止しないことにした。法律に沿って対応した東区庁長は「謝罪する」と発言した。韓日関係が今後非常に厳しい状況になる徴候がここでも表面化し始めたようだ。

 これとは別に、中国外交部(省に相当)の陳海・アジア局副局長が26日に韓国を訪れ、政界や経済界の関係者と接触していたことが29日までにわかった。陳海氏は中国外交部で米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備問題を担当する人物だ。大統領選を前に韓国国内でTHAAD配備反対の世論を高めるのがねらいだろうか。一国の外交官が他国に一方的にやって来て、その国の外交当局と接触もせず勝手に行動するとなれば、これはその国と外交関係があると言えるだろうか。

 日本と中国によるこれら一連の動きは、直接的には韓国の国政マヒによってもたらされたものだが、より大きな観点からみれば、これまでの対中、対日外交の失敗を示すものとも言えるだろう。中国と日本の異常な動きはこれから起こる出来事の何らかの前兆と考えるべきではないだろうか。

 所詮サルにも劣る下等種、年末だろうがバカを曝すのを止めるなど、不可能なのでした、と。

 そもそも靖国神社を「軍国主義のシンボル」等とほざくのはモドキと反日のイカレたブサヨだけです。

 「国家のために尊い命を捧げられた人々の御霊を慰め、その事績を永く後世に伝えることを目的に創建された神社です。「靖国」という社号も明治天皇の命名によるもので、「祖国を平安にする」「平和な国家を建設する」という願いが込められています」

 これは靖国神社のHPにその由来として書かれている一文であり、間抜けなモドキどもの戯言が相変わらず現実と正反対なのですから、これがバカでなければ何なのかと。

 そもそも日本の戦死者の御霊を奉り、遺功を顕彰したのが始まりであり、「坂本龍馬・吉田松陰・高杉晋作・橋本左内」なども奉られる一方、西郷隆盛が奉られていないなど、聊かどうなのと日本人なら思う部分はありますが、上記の通り、「国家のために尊い命を捧げられた人々の御霊を慰め、その事績を永く後世に伝えることを目的」の神社だからなのでしょう。
 ※坂本は暗殺、吉田と橋本は幕府に捕縛され斬首、高杉は病死と、戦死や戦争に纏わる死とは言い難く、一方の西郷は明治政府設立の功労者だが、政府軍に敗れての戦死

 幕末のペリー来航によってそれまでの鎖国による太平の世は終わり、欧米による力の支配する世界へ日本は加わらねばならなくなりました。

 不平等条約で貿易赤字も増え続け、国内の不満も高まり続けと、日本は国力を高めて欧米やロシアと対等な大国にならざるを得なくなった。

 その為に当事高値で輸出できた生糸の増産を国策で行い、砲艦外交に屈さぬよう軍事顧問を雇い、兵器を輸入するとともに軍需産業や重工業の発展を促し…とまぁ、所謂明治以降の近代化時代であり、ペリー来航から実に50年程度で白人列強の中でも大国であるロシアに限定戦争とは言え大勝して見せるまでになりました

 欧州で100年掛かったものを半分の時間で日本は達成したわけです。

 人の歴史ですから、その中で正しい事や良かった事だけでなく、間違いもあったしやりすぎもあった、逆に不十分なものだってあったが、それら全てを含めて歴史なのであり、このモドキどものように現実を認めず、昔も今も捏造してよしとする下衆っぷりは本当に反吐が出ます。

 例えば、「日本が隣国を侵略し、数百万人の命を奪った過去と絶縁した国」という馬鹿げた妄想。

 因みに朝鮮日報の別記事によれば、韓国次期大統領選の有力候補の1人とされる京畿道城南市の李在明市長とかってエテキチも「大韓民国を武力侵攻・占拠していた侵略国家」などと日本に論拠すら存在しない妄想を垂れ流していました。

 武力侵攻・占拠していた侵略国家というのは竹島に対して自分達がした事こそそうだというのに、相変わらず現実を

 日朝の歴史において、侵略は元々朝鮮側からばかりであることすら認めないで、事実と正反対の事をほざくのが、モドキです。

 中国の手を借りて日本から南朝鮮を略奪した古代、そして元の手先として二度に渡り日本を侵略した元寇、そして竹島の強奪と日本人拉致。

 倭寇は元々元寇での侵略に対する現地民の報復でしたし、秀吉のは元々朝鮮半島が欲しくてではなく、明を支配するのが目的で朝鮮が立ち塞がったから先に半島で戦争となったのであり、終結したのも秀吉の死とスペインの国力低下で価値の無い朝鮮に居座る理由すら無くなったからで、実際に慶長の役自体もはや仕置きの為の戦であり、その為の城主を置いて他の大名は最終的に撤退させるというものでした。

 因みにウリナラファンタジーで日本を追い出した英雄となっている李舜臣ですが、実際には戦争初期にろくな武装もしていない日本の輸送船に奇襲を仕掛けて多少戦果を上げた程度であり、日本側が対策を講じて以降はろくな戦果を上げられず、マトモな海戦では当然敗北続き、挙句その最期は明と講和を結んで撤退する日本の船団へ合意を破って戦闘を仕掛け、間抜けにも鉄砲で撃ち取られるという無様な死でした。

 約束破りに加えて、無用な戦闘を仕掛けて自滅するというあたりが実に朝鮮のモドキらしいというか、醜悪で滑稽ですよねぇ?

 朝鮮併合にしても、本来は朝鮮の頑迷な貴族主義の支配階級を排除し、日本のような近代化を行わせて同盟国にするのが目的だったが、ロシアへの内通など繰り返して妨害した挙句、伊藤博文の暗殺で自ら併合以外無いって判断に日本を向かわせただけですし。

 大体、元々一千万程度しかいなかったケダモノを数百万匹も殺処分していたなら、資料にある1945年までの数の増加について丸っきり説明が付かないし、そんな数の死骸が何処に存在するんだって話なのですが、やはりこのケダモノはゴキブリ並みの増殖力を持つ人外であるってことでしょうかねぇ?

 因みに中国は対日戦における死者は現在3,500万と誇大妄想を膨らませているため、数百万との数字は国民党時代初期に出されたものでなければ該当しない

 そして今回の釜山における売春婦増の設置にしても、国際法の違反という以前に、やはり許可申請もしない国内法違法設置という真似をしているのに、党の代表自ら犯罪行為を認めろと声高に叫び、自治体があっさりと黙認へ方針転換をした上でトップが犯罪者やその擁護者に謝罪をさせられてしまうわ、合意違反だと言うのに国家として何ら止めようともしない

 こんなのが日本と同じ法治国家だと、いやそもそも国と認めるに足る秩序や理性のある組織や民族だと思いますか?

 最近では合意の金を既に受け取って支給を開始しており、しかも当事者の7割が同意しているのに合意を破棄しろとも喚く声が大多数となっているので、やはり約束を守るという人として当たり前の知能や理性が無いんですよね、このケダモノどもには。

 そもそも常識など持ち合わせていない下等動物が他国を異常とほざくなど、それこそ滑稽の極みですが、政府間合意さえ守らないのに、その政府が機能していない状況で相手にしてくれとか、何処まで愚劣なんでしょうかねぇ?
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果