徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
12月28日(日)

逃げ回り続ける売国奴 

27日付けの産経ニュースの記事から

植村氏は産経の取材を受けよ
2014.12.27 06:00更新
 朝日新聞の慰安婦報道をめぐっては平成3年8月、元韓国人慰安婦、金学順氏について「女子挺身隊の名で戦場に連行」と事実無根の記事を書いた元朝日新聞記者の植村隆氏の姿勢に疑問が残る。

 産経新聞は今年5月、植村氏が在籍する北星学園大に記者が直接赴きインタビューを依頼。取材窓口が朝日に移った後も取材を申し入れたが、同氏から直接の回答はなかった。一方で植村氏は米紙や韓国紙、東京新聞などの取材には応じ持論を述べている。

 植村氏は金氏の「証言テープ」を取材源に慰安婦と女子挺身隊を混同し、報道した。朝日新聞は今年12月23日付紙面で混同を訂正したが、植村氏自身は月刊誌などのインタビューで他紙の誤用の例を挙げるなど自己弁護を続けている。

 朝日新聞の第三者委員会は植村氏の記事について「安易かつ不用意な記載であり、読者の誤解を招くもの」と指摘し、植村氏の「単に戦場に連れていかれたという意味で『連行』という言葉を用いた」という釈明を「社会通念の用語法からすれば両立しない」と断じている。植村氏は記事の捏造(ねつぞう)を強く否定するのであれば、本紙の取材に堂々と応えてほしい。(是永桂一)

 植村というムシケラに例えるのもおこがましいゴミクズがいます。

 記事にもあるように事実を捏造して国民のみならず国際社会を謀り、日本を徹底的に貶める切欠を作った文字通りのクズ虫です。

 バカヒを今年春に退職し、現在は記事にもある北星学園なるゴミ大が匿い、それを学者や弁護士、記者といった同類の腐ったブサヨどもが支援しています。

 それをいいことにこの粗大ゴミ男、朝鮮日報など海外やニューヨークタイムズなど自身(朝日)と論調を同じくする反日新聞に登場して己を被害者と偽り、日本を愛しているだの弾圧と戦うだのとデマゴーグを今尚垂れ流して日本を貶める先導工作に躍起となっています

 しかもその言い訳は、連行と書いたけど強制とは書いていない、という意味不明で的外れなものなのですから、嗤えます。

 誰かが誰かを連れて行くから、連行と言うのであり、そこに何の強制力も無いなどあり得ません。

 何故なら、当人の意志でついて行くのは単なる同行という全く別の語になりますし、辞書で調べても『連行』とは「本人の意思にかかわらず、連れて行くこと」とハッキリ記されているのですから。

 だからこそ第三者委員会でもこの愚劣極まりない詭弁を「社会通念の用語法からすれば両立しない」と切って捨てていますよね?

 まして当事者が語ってもいない女子挺身隊としてという語を己の意志で挿入しておきながら、ただの誤用だの強制ではないだのと強弁するのは論理的に矛盾していますし、他人も似たような間違いをしているから己はそれを詫びなくてもいい、正さなくてもいいなんて理屈を唱えるに至っては精神のイカレ具合がどれだけ酷いんだ、と。

 妓生=売春婦とは限らないというもの同様の稚拙な言い訳であり、数百年も前から娼妓と芸者を足して半分に割ったようなヒトモドキらしいどっちつかずの中途半端さが妓生であり、今現在でもキーセンと言えば売春の意味ですからねぇ?

 実際、中には全国から集めた万もの妓生を相手にした王なんてのもチョウセンヒトモドキの歴史には残っており、下半身の脊髄反射だけで生きる下等動物が、手を出さずに終わるなんて事があるのかよと大いに笑わせてくれますね。

 しかも件の金学順は実の母親に妓生学校へ売られ、その後義父に連れられていった先が慰安所だったと裁判で主張しており、元々売春婦となることは規定路線であって、それが単に日本の兵士を相手にする慰安婦だっただけでした。

 騙された訳でも無理矢理連れて行かれたわけでもない。

 何せ40円で実の母親に売り飛ばされた単なる商品であり、買い取った義父が育てるのに掛かった経費分も含めて利益をその商品でどう回収しようとするかは当事者間(チョウセンヒトモドキ同士)の問題でしかなかったわけですから、その責任を日本に押し付け、金を巻き上げようなどと目論む事やその支援をして日本の名誉を貶めようとすることが許されると思うこと自体、異常です。

 ま、朝鮮日報だのハンギョレだのニューヨークタイムズだの東京新聞だのと反日海外新聞のインタビューにだけ答える異常な卑怯者に道理を説いても通じるわけもありませんが。

 あぁ、東京新聞だけは国内の反日新聞でしたっけ?

 まぁ、中身はチョウセンヒトモドキのためなら有害なだけの寄生虫付きキムチを精が出るから食えとかほざくトチ狂い集団だから、日本の新聞と看做す価値もありませんけど。

 それにしてもまぁ、産経のインタビュー要請からは逃げ続け、文春の突撃には実際に走って逃げている卑怯者が己の振る舞いを棚に上げて「謝ることがあれば謝り、直すことがあれば直さなければならない」「過去の問題をきちんと解決しなければ」とかほざいているんですから、クズを野放しにすると百害あって一利なしだとつくづく教えてくれますね。
スポンサーサイト
12月27日(土)

全額廃止で 

26日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

翁長・沖縄知事、沖縄相と初会談…振興協力要請
2014年12月26日 20時14分
 沖縄県の翁長雄志知事は26日、内閣府で山口沖縄相と会談し、沖縄振興への協力を要請した。

 12月の知事就任以来、翁長氏が閣僚と会談するは初めて。翁長氏は、政府が進める米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設に反対の立場のため、「振興予算額を要望通り認めるのは難しい」(政府筋)との見方も出ている。

 翁長氏は会談で、2015年度の沖縄振興予算について、概算要求(3794億円)を満額計上するよう求めた。山口氏は「頑張っていく」と応じたが、会談に先立つ記者会見では「消費増税を先送りし、財政的に非常に厳しい」と語り、減額の可能性を示唆した。菅官房長官も26日の記者会見で「振興費が具体的にどう使われているのかチェックした上で、査定する」と語り、要望を慎重に見極める考えを示した。

 そもそも、沖縄なんていう掃き溜めに毎年貴重な国税をバラ撒いていること自体が異常なんですから、すっぱり全額廃止でいいだろうと。

 毎年莫大な税金を注ぎ込む…それこそ中国に対するODA以上の無駄遣いをして、得られたものは反日という中国と同様の結果なのですから、余りに馬鹿げていますよね。

 というか、毎年税制優遇に莫大な特別予算と散々「格別な配慮」をしたのに税収は最悪だわ、生活保護の受給率は高いわ、学力は最低だわ、非行率は最高だわ、もう本当に無駄遣いでなければなんなのか、と。

 そんな状況が何十年も続いていたのに、チェックもマトモにしてこなかったということのなのでしょうかね?

 ならば、それこそ徹底的にチェックして、もし一つでも不正や無駄遣いと分かるものがはっきりと見つかったなら、それを理由に全額差し止めの口実にしろと。

 沖縄担当相も述べているように、ただでさえ税収は多くないし、増税への反発も根強くなるほどに国民生活も回復していないのですから、そんななか3800億円近い金を浪費するなど言語道断ですもの。

 それこそ、本当の経済振興、地域振興の予算として使うべきですよ。
12月22日(月)

役に立たぬ監督省庁と危険なエコ発電の実態 

21日付けの朝日新聞デジタルの記事から

風力発電、部品の落下事故相次ぐ 定期検査義務づけへ
2014年12月21日12時30分
 日本で本格導入が始まって10年余りがたつ風力発電で、設備の点検不備や落雷による部品の落下事故が相次いでいる。先月と今月だけで6件起き、昨年度の発生件数を超えた。経済産業省は、安全性を高めるため、風力発電の事業者に定期検査を義務づける方針を固めた。

 昨年3月13日、京都府伊根町の太鼓山風力発電所で、直径50メートルの風車部分が丸ごと落ちているのが見つかった。落下部品の重さは約45トン。ボルトの不具合が原因と見られている。

 先月3日には、北海道稚内市の水道部風力発電所で、長さ23メートルの羽根1本が、市道を越え約50メートル離れた草原に落下しているのが見つかった。近くの高圧送電線も切れていたという。

 現在、国内の風力発電は460カ所、約2千基(発電能力計約250万キロワット)ある。このほか、625万キロワット分の新設が予定されている。

 普及するにつれ、事故も増える傾向にある。故障による停止などを含めると、事故は年60件前後。このうち部品が落下したのは昨年度5件、今年度はすでに6件起きている。

 「定期点検を義務付ける方針を固めた」って、今までそんな当たり前の事もしていなかったのかとお役所の無能さと役立たずぶりに呆れ果てますね。

 風力発電って周囲に人のいないところだけでやっているわけじゃないってのに、その安全性を無視して10年も放置していましたとか、やっぱり勉強が出来るだけの無能な役人に任せているとこういうことが平然とあるんですね

 教科書に書いていないから、参考書に載っていないから分かりません、前例が無いからやりません…こんな知っている事、過去に例のある事しかやらない無能を延々囲い込み続ける官僚主義の弊害がモロの出た結果でしょう。

 直径50m、重量45t。

 こんなものが人や建物に当ったらどうなるかなんて、考えるまでもありませんよね?

 実際その次の行では市道を超えて50mも先へ吹っ飛び、高圧電線を切断していたとあるのですから、その危険性は誰にでも簡単に察せられると思いませんか?

 例えば、東京の新名所として2012年に開通した東京ゲートブリッジという大橋がありますが、ここの若洲側出入り口の傍には若洲海浜公園という公園とバーベキュー場、更に無料の釣り堤防などもある人気施設があります。

 ここに、それも公園の中に風車が設置されており、しかもその柱には手塚治虫作品の絵などが書かれていて、普通に近づけるようになっているんですよね。

 もしこれが昼日中に落下する事故でもあれば…大惨事は必至だと思いませんか?

 先程も記したゲートブリッジの乗り降り口からは50mそこいらしか台座から離れておらず、こちらは風車の向き的に大丈夫でしょうが、子供用の遊具が設置されているところからでも100mと離れていないため、非常に危険ではないのかと。

 何せ460箇所に対して年60件と事故発生率は1/8以下という非常に高い数字を出していますし、落下事故は6件なので年平均1/80箇所で発生と、到底楽観できるような確率ではないのですから。

 まさか、事故が起きて、死傷者が出てから初めてのことだからなんて、社民だ民主だというクズどものような言い訳でも並べ立てるつもりでいるんですかねぇ?

 こんな状況を10年も放置し続け、漸く始める対処が定期点検の義務付けだけとか、本当に監督省庁ってのは名ばかりで中には役立たずが群れをなしているんですね。
12月21日(日)

自分という類の無いコメディーでも嘲って満足していろ 

19日付けの朝鮮日報の記事から

【萬物相】ソニーが見せた映画以上のコメディー
2014/12/19 09:39
 (前略)中国でテレビやラジオ、新聞、出版物の検閲を行う国家新聞出版広電総局は、外国映画が卑猥(ひわい)で暴力的であったり、あるいは中国に対して否定的な描写があったりする場合には、審議で上映を不許可とする。最近では同性愛を描いた『ブロークバック・マウンテン』や、中国人俳優が芸者として登場する『SAYURI(芸者の思い出)』などの上映が認められなかった。『007スカイフォール』では中国の公安(警察)要員が銃殺される場面や「中国当局から拷問を受けた」とするせりふが削除された。製作会社のソニー・ピクチャーズが削除要求を受け入れたのだ。

 その結果、今やハリウッドは最初から中国の意向に合わせるようになった。言うまでもなく中国は最大の市場でありお得意さまでもあるからだ。『レッド・ドーン』では米国に侵攻する中国軍が北朝鮮軍に変更された。コンピューターグラフィックにより中国軍の旗を北朝鮮軍のものに変更したのだ。中国語のせりふも北朝鮮の言葉にした。ハリウッド映画に中国人の悪役はいなくなり、その代わりを北朝鮮が務めている。最近は金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の暗殺を描いたコメディー映画『インタビュー』まで登場し、大きな話題となった。

 ところがソニー・ピクチャーズはおととい『インタビュー』の劇場公開取りやめを決めた。北朝鮮が「(この映画が上映されれば)断固かつ無慈悲に報復する」と脅迫してきたからだ。ソニーを攻撃したハッカーらも「2001年9月11日を思い起こせ」などと劇場テロを予告した。たとえ北朝鮮が特異な体制にあるとはいっても、その指導者をコメディーのネタとすることからして普通の発想ではない。また映画そのものも「バカみたいでゴミのような映画」などと酷評されている。そのような映画が表現の自由を試すものとして注目を集めたのだ。しかし「テロには屈しない」とする原則はいとも簡単に破られた。当初は話題性による宣伝効果にほくそ笑んでいたソニーが、結局は上映を取りやめて尻尾を下ろす形となったわけだ。これは映画そのもの以上のコメディーだ。

呉太鎮(オ・テジン)論説委員室主席論説委員

 なるほど、同じテロ民族として無様に日本を代表する企業が膝を屈したのが面白くてしょうがない、と。

 さすがは下賤な下等動物チョウセンヒトモドキですね。

 ま、金や武力に屈するソニーの情けなさは兎も角、それをやったのが自分達のご主人様と同族であると言う点に何の恥じらいも申し訳なさも感じないどころか、逆に新聞記事で主席論説委員が平然と嘲るのですから、やっぱり人より遥かに劣る低脳で下卑た下等動物だと改めて感じさせられますね。

 もっとも、脅迫とテロが十八番なのは北だけでなく南も一緒だからってのもあるでしょうけどねぇ?

 映画の内容そのものは興味なかったし、記事を見る限り丸っきり見たいとも思わないC級作品って感じですけど、「指導者をコメディーのネタにする事からして普通の発想ではない」なんて台詞、よく南ヒトモドキ風情がのたまえるなぁと。

 現在、南朝鮮の書店で平積みされ、朝鮮日報をはじめとしたメディアでも取り上げている『安重根、安倍を撃つ』をまさかこの阿呆は知らないとか、言うつもりなんでしょうかねぇ?

 妄想小説のネタに一国の現職総理大臣をとっくの昔に極刑とされた間抜けなテロリストを復活させて暗殺、挙句が中国人の亡霊まで何人も復活させて裁判でその犯罪を正当化させる…ここまでイカレきった幼稚な妄想を大々的に取り上げ売り出している自分達の異常さを棚に上げてよく他者を嘲られるものです。

 そういえば、過去には日本の皇族女性が下賤な下等動物と恋に落ちるだなんて絶対に有り得ない妄想や、日本に南朝鮮が核を撃ちこむというこれまたどう引っくり返っても不可能な妄想もありましたよねぇ?

 これらは実現の可能性絶無のifストーリーですらない、ただの妄想ですし、国や民族、その代表者をターゲットにした侮辱行為なのですが、自分達がやると痛快な正義で他人がやると嘲るべきコメディーとなるようですね。

 朝鮮日報の記事を引用しただけの産経記者が裁判に掛けられていることを鑑みれば、これら妄想の作者達なんて、南朝鮮においては全員名誉毀損で有罪確定じゃないのかよって思いません?

 チョウセンヒトモドキ…やはり何処まで行っても存在自体が害悪でしかない、存在価値の無いケダモノどもですね。
12月16日(火)

選挙結果について思ったこと 

15日付けの時事ドットコムの記事から

生活、政党要件失う=小沢氏「力不足」と陳謝【14衆院選】
 14日の衆院選で2議席に終わった生活の党は、政党助成法上の政党要件を失った。参院と合わせた国会議員数が4人となり、「議員数5人」の要件を割り込んだほか、規定の得票率にも届かなかったためで、今後は政党交付金が受け取れなくなる。

 小沢一郎代表は15日の記者会見で、「力不足をおわびしたい」と陳謝。「行動を共にする方がいれば、それも含めて考えたい」とも語り、来年の政党交付金を受けられるよう、無所属議員らに合流を働き掛け、政党要件の復活を目指す考えを示した。
(2014/12/15-20:08)

 何というかまぁ、それでも2議席も取れたんだと呆れ果てましたがねぇ?

 いずれにしても社民並みの泡沫政党になれたわけですから、いい加減一緒に消滅すればいいのに。

 そして、最初から消えてもおかくしなかった阿呆ども以上に呆れさせられたのが民主と共産の議席増ですね。

 あの悪夢の3年3ヶ月からまだ2年程度だというのに、喉元過ぎれば何とやらで、またペテン集団の勢力増に協力する間抜けどもが増えているんですから、バカにつける薬はないって本当ですね。

 加えて、95%が比例とは言え、21議席と3倍近くに飛躍した共産

 何をどう考えたらテロ集団に票を入れようと思えるのか?

 あれですかね、閉塞感から来る終末思想とか?

 戦後のテロ活動、戦前の銀行強盗などの犯罪活動など、根底にあるのが共産主義のためなら何をしても良い、どんな出鱈目も自分達がするのは正義になるって発想の異常者どもに共感できる異常性

 そんな連中は予防措置で刑務所に放り込んでおいたほうがよくないのか、と。

 実際、駅前で活動している共産主義者を見ると見事に思想に被れて犯罪に手を染めていた世代のジジババ連中ですし、つい先日京大であった一連の騒動などを見ても、真っ赤な思想が如何に蛮性に満ちた危険なものか理解出来ると思います。

 まぁ、自民一強が政治の腐敗を進め、最終的にはペテン集団民主の跳梁跋扈を齎した数年前までの実態を鑑みても、対抗馬や抑止できるある程度力のある勢力が欲しいのは分かりますけど、せめてもう少し相手を選べないのかよと…

 時代遅れで本来とっくに淘汰されていなければならない化石集団が今更力をつけ、それに感化された各地のテロ集団が狂った行動を起こし始めねばいいのですがねぇ…
12月15日(月)

道理も論理も通じないバカヒ 

4日付けの産経ニュースの記事から

朝日新聞、取り消し記事の矛盾
2014.12.4 06:00
 藤岡信勝・拓殖大客員教授が先月、僚紙夕刊フジに連載していたコラムで興味深い事実を指摘していた。朝鮮半島で女性を奴隷狩りのようにして強制連行したと証言した吉田清治氏について、虚偽だと判断して関連記事16本を取り消した朝日新聞の矛盾に関してである。

男性連行証言

 朝日は慰安婦に関する吉田証言は否定したものの、同じ吉田氏が朝鮮人男性6千人弱を同様に連行したと証言した記事は取り消していないというのだ。

 なるほど、朝日の昭和57年10月1日付朝刊記事「朝鮮人こうして連行 樺太裁判で体験を証言」「壮年男子根こそぎ 集落包囲、殴りつけ」は、東京地裁での吉田氏の言葉をそのまま紹介してこう書いている。

 「木刀で殴りつけ、『コラ、表に出ろ』と、男を全員道路にたたき出した。その中から二十-四十歳に思える男だけをホロでおおったトラックに乗せ、着のみ着のままで連行した」

 「吉田さんが指揮した限りでも、こうして推定六千人弱を『労務動員』した」

 朝日が歴史問題でいかに「職業的詐話師」(現代史家の秦郁彦氏)である吉田氏に執心し、また依存していたかがうかがえる。ともあれ、男性強制連行の記事はなぜそのままなのか。

 藤岡氏が朝日に(1)なぜ取り消さないのか(2)記事内容は真実と認定したのか(3)今後取り消す考えはあるか-の3点を問い合わせたところ、こんな回答があった。

 「記事は、当時の裁判での吉田清治氏の証言を報じたもので、裁判の証言自体をなかったことにすることはできないと考えている」

 てんで理屈になっていない。この論法に従えば、吉田氏が慰安婦を強制連行したと証言したのも事実なのだから、朝日がその証言自体を紹介した記事を取り消したのも間違いだということになってしまう。

不自然な放置

 第一、朝日は平成5年3月20日社説「日本の道義が試されている」では、こう主張しているではないか。

 「朝鮮半島からの労働者の強制連行があったのに、慰安婦についてだけは、強制がなかったと考えるのは不自然だろう」

 慰安婦の強制連行証言を取り消した朝日が、同じ人物による男性の強制連行証言を取り上げた記事を放置するのは不自然である。

 そもそも、労務者の「徴用」を「強制連行」と言い換えていること自体おかしいのだ。朝日自身、昭和34年7月13日付の記事「大半、自由意思で居住 外務省、在日朝鮮人で発表」「戦時徴用は245人」ではこう書いている。

 「韓国側などで『在日朝鮮人の大半は戦時中に日本政府が強制労働をさせるためにつれてきたもので、いまでは不要になったため送還するのだ』との趣旨の中傷を行っている」

 また、前述の57年10月の朝日記事は、吉田氏が裁判で「(朝鮮半島からの男性強制連行は)十八年夏から二十年二月ごろまでにかけ、毎月のように続いた」と証言したと記すが、この点についても34年7月の記事はこう指摘している。

 「国民徴用令は(中略)朝鮮への適用はさしひかえ昭和十九年七月に実施されており、朝鮮人徴用労務者が導入されたのは、翌年三月の下関-釜山間の運行が止まるまでのわずか七カ月間であった」

 朝日がどうしても男性の強制連行に関する記事を取り消したくないのなら、いっそ34年の記事の方が間違いでしたと訂正してはどうか。(政治部編集委員)

 幼稚なペテン師と歴史的事実、どちらが正しいのかなど普通は考えれば分かることですが、己の欲望第一で事実をヒトモドキの如く捻じ曲げ続けてきた朝日に今更事実を認めるなど、出来るわけがありません。

 何せ、気を違えて慰安婦騒動での詐話師吉田のデマを認めたため、現在では他のメディアから総スカンを食らって国民からの大顰蹙を浴び続けている状況ですから、それを更に進めるなんてねぇ?

 また、己の過去の言動を綺麗サッパリ忘れて正反対の戯言をほざくのも阿呆な朝日の特徴ですね。

 何せ中国各地に多数の特派員を派遣して日本軍の実態のみならず、中国軍の蛮行をも数多の写真に残しておきながら、大虐殺をやったとか散々デマを撒き散らしてきたのが朝日ですし。

 朝日新聞だけでなくアサヒグラフでも散々証拠の写真を残し、従軍記者や従軍カメラマン、現地滞在の記者らと独自の情報だけでも膨大なものを持っていたのに、それらを全て無かったことにして大虐殺をやったんだーと、写真も証言も無かった事にして中国様の言い分を垂れ流しにしました。

 そんな朝日にとっては軍を貶める話題は最高の好物であり、目の前にぶら下げられれば歓喜して直ぐに飛び付く

 単なる煙幕の写真を毒ガス作戦だと食い付いて恥をかこうが、教科書を書き換えたと嘘を垂れ流して恥を晒そうが、全く学習することなく同じことを繰り返してきました。

 その果てがこの慰安婦騒動などにおける吉田という詐話師への飛びつきでした。

 罪を犯した元日本兵がこんなに正直に事実を話しているんだと、過去何度も犯した失敗から何一つ学ばず、事実確認を一切することのないままに大々的に取り上げました。

 日本で、いや、世界で最も現場を知り、証拠を持っていたのが当時日本最大のメディアであった朝日新聞(41年以降毎日を追い抜き最大の発行部数)なのに。

 そして、その嘘もやっぱりバレたのに、認めることを拒絶して嘘に嘘を重ねるという悪行を30年以上も続けました。

 しかもこの間、植村という卑劣なペテン師記者も出てきて更にその内容を歪めました。

 因みにこのペテン記者、現在は頭のイカレた連中の跋扈するブサヨ大学に講師として逃げ込み、日本のメディアからは逃げ回りながら朝鮮日報のインタビューには答えて被害者面をしており、チョウセンヒトモドキと結託して悪事を働く卑劣非道な朝日根性が如何に卑しいかを体現し続けています。

 己への批判=メディア・学問の自由・民主主義の否定だと呆れ果てる混同とすり替えをやって、自らが慰安婦=強制連行被害者というデマを垂れ流したことは隠蔽しているのですから、つくづく生きている価値の無いド外道、ド腐れ男だと思いましたよ。

 何処の世界に祖国を貶めるデマを垂れ流しておいて、事実が明らかになった後も訂正も謝罪もせずに逃げ回り、敵国のメディアの取材だけを受けて都合よく歪曲・改変した被害話だけを垂れ流す愛国者がいるというのか、と。

 辞めてもバカヒ出身のクズはクズのままなのですから、バカヒそのものには論理も道理も通じるわけがありません。

 己が過去に書いた記事との内容の矛盾、時間軸の辻褄が合わない矛盾、どれも確認と言う本来記者にとって最も基本で最も大事な初歩作業を怠り、己の望むままに世論を惑わせ続けることだけを目的にしたからです。

 いい加減で出鱈目、その結果恥を晒して二進も三進も行かなくなる…この低劣さこそがバカヒの実態です。
12月13日(土)

まぁ、確かに米国は先に己を正すべきだわな 

25日付けの中央日報の記事から

北朝鮮「米軍は韓国人女性100万人を性奴隷に!」
2014/12/04 10:25
北朝鮮が4日、国連総会の北朝鮮人権決議採択推進に反発し、米軍の性犯罪に関する疑惑を取り上げた。

北朝鮮の朝鮮中央通信はこの日の論評で「ロシアのあるインターネット通信が『100万人の性奴隷たち:米軍の南朝鮮(韓国)駐屯六十数年の結果』を報道した。1945年に南朝鮮を占領した米軍は、1953年までに35万人の女性を性奴隷にし、今日も醜い犯罪行為を続けている。南朝鮮の女性の25人に1人がその犠牲となっており、100万人が自身の尊厳と人権を無残にもじゅうりんされた」と主張した。

 同通信は「(米国は)1962年にかいらい(韓国のこと)当局に強要し、米軍基地周辺地域などを特別観光区に設定、南朝鮮の女性を大々的に引き入れた。1960年代に米軍基地などで敢行された性奴隷行為により、かいらい一味は国内総生産額の25%を充当した」と報じたという。

 さらに、「米軍基地に強制的に連れていかれ、女性として、人間としての尊厳と肉体をことごとく踏みにじられた不遇の人生の数々。米政府と南朝鮮当局から一言の謝罪も受けないままこの世を去った、受難女性たちの魂はいまだに恨(ハン=晴らせない無念の思い)を抱え徘徊(はいかい)しているというのが南朝鮮社会の真の姿」と批判した。

 同通信はまた「このように、朝鮮民族と人類の歴史にこれまでなかった超大型人権犯罪を敢行した米国が、欧州連合(EU)の一部の国々や日本などを前面に立たせて骨格を作り、盲従・盲動する加盟国を動かして朝鮮に対する人権決議を通過させたのは、自分たちの人権罪状を隠し、陰謀と捏造(ねつぞう)により世の人々を欺こうとする鉄面皮の極致」と批判した。

 その上で「そのような米国が自分たちの特級犯罪に対し一言半句もなく、人権裁判官の振る舞いをすること自体がこれまでの歴史にない最大の悲話であり、国際社会に対する愚弄(ぐろう)かつ欺瞞(ぎまん)だ。わが軍隊と人民は、米国とそれに追従する勢力の悪辣(あくらつ)な反共和国人権騒動を絶対に容赦しないだろう」と警告した。

 この件について、確かに米国は大きな非がある上、その事実さえ隠蔽して認めていないんですから、愚かとしか言い様が無いですよねぇ?

 ま、それを認めたら北朝鮮のみならず南朝鮮で現在係争中の慰安婦騒動でも謝罪と賠償をしなければならなくなるし、当然ながらそこで収まらず、ベトナムや日本といった他国での悪行についても話が広がりますから、連中が認めるわけもありませんが

 何せ最近では勢力を伸ばしてきた南朝鮮シンパの米国議員らの言い分によれば、自分達が利用したのは性奴隷ではなく売春婦であり、金銭売買の契約だから許されるんだという幼稚極まりない理屈ですから、それが公の場で崩壊したら、反日行為そのものへの謝罪も必要になるし、一緒になって持ち上げてきた南朝鮮と結託しての性奴隷システムの実態も明らかになってしまい、その象徴として各地への設置を進めている慰安婦像(笑)も自分達へ向けたものに中身が摩り替わってしまうのですから。

 そして、何よりも特徴的なのが結託した反日活動に従事している米議員連中と言うのが、かなり高齢の者達であるということです。

 つまり、ベトナム戦争どころか朝鮮戦争に参戦していた可能性が高く、中には第二次世界大戦の記憶を明白に残している者もおり、米兵の粗暴さや自分達の掲げる正義が如何に虚言に塗れた軽薄なものであるか誰よりも実体験として理解している世代ということです。

 こういう連中の卑劣さは、特に米国人においては呆れ返るものです。

 いい例が、広島に原爆を落としたB-29、エノラ・ゲイの展示についての騒動でしょう。

 かつて機体の展示傍に被害の写真や遺品も展示して核兵器の悲惨さを伝えようという話が持ち上がったことがありましたが、退役軍人らの猛反発によって立ち消えとなった事があります。

 連中にとっては戦勝へ導いた輝かしい栄光の機体でなければならず、自らが散々罵倒していた民間人へ対する国際法無視の無差別虐殺、それも人類史上後にも先にも勝るものの無いたった1発で10万人以上の民間人を虐殺した挙句に放射能の後遺症で数多の人々を苦しめ続けた米国の残虐さ、卑劣さの象徴としての実態が公になって己の名誉が傷付くと思ったから、絶対に許容出来なかったわけです。

 まぁ、100万匹なんてのは幾らなんでも過大に過ぎますが、実際に反日捏造・誇大記事で有名なあのニューヨーク・タイムズが朝鮮戦争時代に南朝鮮と結託した米軍が38度線付近の集落を襲って女性を拉致したり、捕らえた北朝鮮の看護婦らをそのまま性奴隷にしたという記事を出していますので、一定の被害があったのは紛れも無い事実でしょう

 何せ日本だけでも万を軽く超える被害女性がいるのですから。

 己を棚に上げて何をほざくって言いたいのはわかりますよ。

 勿論、だからって北のやっている事、やってきた事が免罪されるわけではなくそれはそれ、これはこれですがねぇ?
12月07日(日)

クズは過去を直ぐに忘れて同じ愚を繰り返す 

25日付けの中央日報の記事から

「生活苦しくても良ければ、どうぞ棄権を」民主・枝野氏
2014年12月7日00時00分
 自民党圧勝か、という報道が出ている。でも年末は忙しいし、投票に行くのをどうしようかと(思う方がいる)。本当にいいんですか。投票を棄権すると(安倍政権が)2年間でやってきたことが、ますますまっしぐらに進んでいく。集団的自衛権もどうぞやってください、特定秘密保護法で国の秘密をどんどん隠してください。円安の物価高で生活が苦しくなるけどかまわない、という人は棄権して下さい。一票とはそういうことです。(静岡市の街頭演説で)

 漸く今月のデスマーチ前半が峠を超え、久しぶりに更新できます(まだ終わってはいないんですけどね…)。

 いやはや、未だこんな脅迫行為をしている政治家がいるのかと思えば案の定、民主党ですか。

 しかも秋葉原でアイドル?に名刺を配ってアイドルオタクだのと麻生さんへの対抗意識を見せて媚を売ってたヘンタイが別の場所では脅迫をするとか、ほーんと一貫性が無いバカって始末におえませんね。

 石井のクズが長崎の市長選に際して市民へ脅迫を行っていたこと、後にそれら暴言や普段からの態度の悪さなどが積み重なって昨年落選と相成ったことをすっかり忘れているのでしょう。

 そんなだから毎回ブーメランバカと呼ばれるように、投げたものが跳ね返って自らの頭に突き刺さるという醜態を晒しているのに、学習能力がカケラもありませんよねぇ、このゴミ虫政党って。

 そもそも自分達の詐取した3年以上もの政権運営で、主張と結果がどうだったかすら覚えてないようですし。

 大規模な朝貢外交を行って天皇陛下への謁見まで割り込みでさせた中国とも、国民の許可無く国有財産を譲渡した韓国とも関係を大きく悪化させたのは民主党政権ですし、震災時に与党としての仕事もせず被害を拡大させておきながら「はじめてのことだから」と愚にも付かぬ言い訳をしていたのも民主、その際に起きた原発事故も民主政権下でのいい加減な管理保守を東電にさせて満足な監視もしていなかったことと、バ菅が乗り込んで引っ掻き回して一層事故を深刻化させました。

 挙句に原発を全て止めて電気料金を跳ね上げさせて経済力や国民生活を悪化させたのも民主だし、ろくろく役にも立たない太陽光発電などと言う資源・資金・労力の無駄遣いを推奨して既にドイツで破綻している固定買取までやって税金の無駄遣いも大規模に行い、自民がその後始末に今追われている最中ですよねぇ?

 メガソーラー(笑)なんて精々数百戸の民家を賄えるか程度で、おまけに不安定、壊れやすく火山灰などが降れば簡単に機能停止し、清掃に一回100万を軽く超える金が飛ぶというのですから、もうバカじゃないのと思いません?

 ガソリンは値下げどころか値上げだったし、高速道路も1000円が広がるどころか廃止されたし、子ども手当てにしても2万6000円どころか半分で逆に貰える額が減る家庭も出てきた上、それすら廃止

 国民生活が豊かになって皆が幸せになるというあの誇大広告について、何一つ実現できなかったどころか悉く正反対の結果を齎して国民に害をなしたことの責任を幹事長として、官房長官としてこのゴミ虫男が取ったなんて話すら聞いた事がないんですけど、それで他党を貶すとか、本当に民主みたいなゴミ集団じゃなきゃ出来ない諸行ですよね。

 このゴミ男が本当に日本人なら、ここまでやらかした罪について腹の一つも掻っ捌いて詫びるべきでしょうに。

 特定機密がどうのって話にしたって、民主党による独裁政権下では上記のように国民無視で散々好き勝手やっていたし、やらないといった野党との話し合い無視での強行採決だって7ヶ月程度のルーピー時代だけで10本を超えて実施されているというのに、どの口でほざくのやら?

 民主党政権が次の選挙であっさりと歴史的大敗により消滅したのが何故なのか、理解もしていなければその事実があったことさえ覚えていないのでしょうねぇ…

 このざまでは、もしもまたこのゴミどもが政権を詐取することがあったら、きっと何の反省も後悔も無く、前回より一層酷いことになるのは間違いなさそうですね。

 と言うか、国民が皆投票に行ったとしても、この2年間と民主による悪夢の3年間、どっちを選ぶかなんて考えるまでも無く、結果に何の変動もないと分からないんですかねぇ?

 こんなバカどもはかつての共産党のように、全議席喪失とかなればいいのに。

 朝日新聞デジタル『枝野氏、アキバで「努力は必ず報われる」 激励に笑顔』
 http://www.asahi.com/articles/
ASGCW5F2WGCWUTFK00F.html
12月01日(月)

悪魔の正体見たり、ヒトモドキ 

25日付けの中央日報の記事から

【噴水台】私も当時、悪魔を見た=韓国
2014年11月25日08時44分
 「日本はまだ強制的に慰安婦を動員したことがないと言い張っているのか?」

 「なんということか。町ごとに大騒ぎだったというのに。最初は工場に就職させると話していた。それでもお金を稼ぎにいくという子が多くないから、町ごとに割り当てられた数を満たせなかった。後になると道端や畑で手当たり次第みんな捕まえて行った。娘に男の服を着せる家がどれほど多かったことか。当時も今も貧しい家の娘だけが哀れだ。非常に貧しかった裏の家の娘が捕まえらながら、どうせ捕まるのなら工場に行ってお金でも稼いで親孝行しようとしていたが、そんな悪いことをさせるとは誰が思っていただろうか」。

 ある高齢男性の証言だ。その現場をそのまま目撃したという。「強制動員するのを見たと証人になってほしい」と話したところ、「何かいいことをしたわけでもないのに出ていけるはずがない。それを見たことも罪人だというのに」という。

 今はもう分かる。この人たちが「私が目撃した」と言いながら公開的に出ていくことができず、後ろで沈黙する理由を。私たちの脳は神秘的だ。苦しい記憶は忘れようとする。あたかもなかったかのように。慰安婦問題。人間は過ちを犯すこともある。また、過ちは誠意のある謝罪ひとつで許されることもある。被害者の血を吐くような告白はもちろん、強制動員文書や記録、動員に参加した日本人の良心の告白。すべてを否定して「強制動員の証拠」を最後まで要求する日本。事件ごとに目撃者がいて、その目撃者の言葉は事件解決の最も重要なカギだ。

 薄れた記憶ではあるが、慰安婦を動員したその時代のその時。男装のおかげで危機を免れた人、隣の子どもが捕まるのを見た人、捕まっていくトラックから飛び降りた人。この人たちがまさに、日本が限りなく要求する「強制動員の目撃者であり証拠」だ。

 良心宣言をした日本人の言葉は時々聞こえたが、韓国人目撃者の公開的な目撃談はまだ聞こえない。今はもうその記憶を胸から取り出して話そう。運よく捕まらなかった人、捕まっていくのを見た人と渋々助けた人、自分だけ無事だったのが申し訳なくてその記憶を封じ込めようとしているのなら、もっと遅くなる前に、もっと歳を取る前に。

 被害者の涙ぐましい告白より、現場を見ていない私たちの言葉より、「あなたたちが家を歩き回って女の子を連れていくのを私の目ではっきりと目撃した」と告白する高齢者の直接的な証言が、法の審判台ではるかに力になるからだ。政府は慰安婦問題を外交的戦略ばかりに利用せず、この際、高齢者の助けを受けて「強制動員証人声明書」でも作るべきだ。

 オム・ウルスン文化未来イフ代表

 見事なまでの捏造話ですね。

 詐話師吉田清治のペテンをそのままただ焼き増ししただけで、捻りもなければ迫真性もまったく感じられない

 薄っぺらな捏造だからもう語りの所々に矛盾がハッキリとでているんですが、この幼稚さと愚劣さがまさにチョウセンヒトモドキがペテンを働いた事を如実に示しています。

 しかも「被害者の血を吐くような告白はもちろん、強制動員文書や記録、動員に参加した日本人の良心の告白」とまで記して、これが吉田らの捏造を元にした幼稚な妄想話であると自分でバラしているのですから、下等動物の低劣さは留まるところを知りませんね(笑

 もはや朝日でさえ認めたペテンである吉田の偽証は当時すぐさま行われたと言われた済州島で地元メディアが調査し、そんな事実は一切無い、完全な捏造だと暴きました。

 同様に中国から半島へ出張して慰安婦狩りをした主計下士官が証言をしたと虚言を朝日が垂れ流した件も正体は山岸という上等兵であり、元上官がそんな出張はさせていないと証言したことと、たかだか下級兵士にそんな仕事をさせに越境などさせるわけがないことを秦氏が暴いており、良心的日本人なる愚劣な老害どものペテンはあっさり暴かれています。

 大体、「町ごとに割り当てられた数」とやらをどうやって知ったのでしょう?

 日本で女子勤労動員が法令として行われたのが1944年になってからであり、そもそもヒトモドキの自称慰安婦にされた被害者(笑)どもがいう1930年代後半から太平洋戦争初期の時代には日本ですら法令が無かった時代ですし、最後まで朝鮮の雌に対しては施行されなかったため、そもそも割り当てなんて存在しなかったのにねぇ?

 加えて差別に晒されるから故郷に帰れなかったとも主張しているのがいましたけど、「手当たり次第みんな捕まえて行った」のなら何処だろうが戦後新しく見かけた一人身の娘は皆売春婦でしたってことになるんですが、故郷だろうが何処だろうがそれなら一緒ですよねぇ?

 しかもこの主張が事実なら当時行われていたのは名目上は勤労動員用の労働力を集めていたところ、各家庭がそんなの知った事かと娘を隠していたということであり、民族的な下劣さが実によく滲んでいますね

 それに見ていたという証言はどれも年齢も場所も秘匿してあって事実確認さえ出来ないように偽装して嘘である事を自ら明示しているし、証言内容も連れて行かれるのを見ただの、逃げただの、隠れただの、例えそれら証言内容が事実だったとしても慰安婦にされたという証拠に一切ならないものです。

 しかも強制動員文書や記録とやらの具体的な話は一切出てこないしで、稚拙さが諸に浮き出ているし。

 何よりも笑えることに、実際に甘言や詐欺、拉致などの行為をやったのがヒトモドキの女衒であるのに、そちらは一切を隠蔽して事実を確認しようとさえしないのですから。

 悪魔とやらの正体は枯れ尾花ならぬ、薄汚いゴブリンであるチョウセンヒトモドキ自身なのにねぇ?

 実際、連中の証言も最も記憶が鮮明であるはずの最初期のものは多くがヒトモドキに謀られたとか、ヒトモドキに拉致されたというものです。

 知り合い(ヒトモドキ)に良い働き口があると斡旋されたとか、ヒトモドキに連れ去られたとか。

 因みに、日本軍が軍用トラックの実用配備をマトモにするようになったのは1930年代末から1940年に入って以降なんですよねぇ。

 何せ日産が出来たのが1934年であり、設計図と工作機械をアメリカのグラハム・ページから購入してニッサン80を最初に生産したのが1937年、後継のニッサン180は1941年で、トヨタがトヨタGBを軍用に再設計したトヨタKBは1942年からです。

 当然ながら既に生産物資、ガソリンとも限られており、兵員と物資の輸送に割かれており、そんな下らない事に使える無駄なトラックも燃料もありません

 民間用を軍でも使用していたということなら、一応いすゞTX40というのが1933年から生産されていますけど、兵員と物資の輸送として軍用が開発される前に重宝されていたものであり、半島各地に派遣して20万匹も積み込んで各地へ輸送するなんて意味不明な無駄遣いできる余裕はありません。

 ましてや何時ぞやみたいにジープで攫ったなんてのに至っては爆笑ものの妄想ですしね。

 その上、つい先日産経新聞が『米政府の慰安婦問題調査で「奴隷化」の証拠発見されず…日本側の主張の強力な後押しに』という記事でアメリカ政府が8年もかけて調査をし、14万2千ページも記した日本に関する記述の中に強制連行だの無理矢理性奴隷にしただのというヒトモドキどもの戯言を裏付けるものは一切無かったことが判明しており、逆にそれだけ必至になって探しても見つからないという事実が、そんな事実は存在しなかったと証明してしまったわけです。

 ま、だからこそこうやって幼稚な虚言を生み出すのにヒトモドキは躍起になっているのでしょうけど、結果として嘘は次々バレ、南朝鮮が使い込みをした補償金を支払えと訴えられたり、元慰安婦に米兵の相手を強制させられたと訴えられたり、なんて醜態を晒しているというのに…

 それでも懲りずにこうやって醜悪に喚いて、最終的には拉致したのがチョウセンヒトモドキ、それを逮捕、処罰していたのが日本と一般のヒトモドキにまでバレるとこまで騒ぎ続けるつもりなんでしょうかねぇ?

 産経ニュース『米政府の慰安婦問題調査で「奴隷化」の証拠発見されず…日本側の主張の強力な後押しに』
 http://www.sankei.com/world/news/
141127/wor1411270003-n1.html
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果