徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
10月30日(木)

無いからどうだというのか? 

28日付けの産経WESTの記事から

「クーラー、洗濯機、冷蔵庫も持っていない」生活保護費引き下げは違憲 受給者が市と国に提訴 和歌山
2014.10.28 13:55更新
 昨年8月から国が基準額を引き下げて生活保護費を支給したのは、憲法25条で保障された生存権を脅かし違憲・違法だとして、和歌山市内に住む40~70代の受給者9人が27日、実際に支給した市に対して支給引き下げの取り消しや、国に1人5万円の慰謝料を求める訴訟を和歌山地裁に起こした。

 弁護団によると、昨年8月の生活保護基準額引き下げのほか、今年4月の引き下げについても取り消しを求めている。提訴後の記者会見で、弁護団は「生活保護費の引き下げは、『健康で文化的な最低限の生活』を侵害する」と指摘した。原告の男性(66)は「クーラー、洗濯機、冷蔵庫も持っていない」と生活の苦しさを訴えた。

 弁護団によると、同様の提訴は埼玉、熊本などでもあり、和歌山は10番目。今後全国各地で続く見通しという。

 なんて言うか、無駄遣いしているから金が無いだけだろと、毎度思うんですけど、こういう連中って恥知らずなだけあって分際を弁えない真似がよく出来ますよね。

 まず、クーラーも洗濯機も冷蔵庫も、そもそも生活必需品じゃありません

 私も1年前まではクーラーも冷蔵庫も無しで生活していました(現在は引越し先に最初から付いていた)し、引越ししてから暫くはそれに加えて洗濯機も無い状態でしたが、イコール最低限の文化水準を満たしていない生活だなどと己を卑下したことはありません。

 洗濯機や冷蔵庫にしたって一人暮らしなら今時1~3万円も出せば十二分なものが買えますので、低所得者よりも金に余裕のある生活保護受給者が買えないわけがない。

 少なくともスマホを買って維持する金があれば洗濯機と冷蔵庫は余裕で買えちゃいます。

 で、実際に無いと喚いているのは66歳の男だそうですが、普通真っ当に働いていたなら65を超えているのだから満額で年金を貰えているはずですよねぇ?

 ま、そこは置いておくにしても一人暮らしで年金も無しで、でも障碍者と言うわけでも何でもないってことだったとしても、和歌山なら月額で最低65,210円は貰っているはずです

 しかもその額からは住民税や保険料、年金、上下水道代などが免除されますので、毎月数万円単位で普通の人が取られる金がそのまま懐に入るわけです。

 そして、これは生活扶助の話で、これ以外に住宅扶助が別途で出ますので、実際にはアルバイトをする方が余程収入が少なことになります。

 何せ和歌山の10/17に発表された新しい最低賃金はたったの715円

 一日に上限の8時間までを週5でやった場合、1週間で28,600円であり、4週とすると11,4400円となる。

 で、ココから諸々を引かれるわけですが、年金だけでも1万円以上引かれ、住民税も数千円引かれ、国保か健保も引かれ、電気・水道・ガスと引かれ、家賃も数万円を納め…おまけにもし風邪でもひいて病院にいけば、バカ高い初診料に加えて薬代もあるので5000円位は軽く飛びます。

 そんな状況でもキチンと働いて生きている人は大勢いるわけです。

 だというのに家電が買えませんだの、最低の生活もさせてもらえませんだのと働きもせず人の金でグウタラしているだけの乞食の分際で、困窮の中でも真面目に働いている人たちを貶すような発言を公然として金をせびっているのですから、許されざる暴言だと思いません?

 今年度は生活保護費が3兆8000億を超え、過去最大をまた更新した状況であり、国の収益が減り続けている中で回せる金が減るのは当たり前ですし、それで受給者が増えれば一人頭の額を削るしかないのも当然です。

 悪いのは国でもなければ、真面目に働いている我々国民でもなく、群がるだけで自助努力もしない自分達だというのをいい加減理解しろって話ですよねぇ?

 浅ましく亡者が群がった結果、くもの糸がどうなったか、芥川でも読んで来いと。

 乞食ビジネスをやる弁護士連中にしても毎度お約束の憲法25条を持ち出して違反だのとトンチキ極まりない間抜け面を晒していますけど、だったら27条及び30条を履行しない生活をしている時点で違反者に国民の資格は無いだろって話だと思いませんか?

 27条では勤労の義務を、30条では納税の義務を「すべての国民」に課していますが、憲法の原則論を出すなら義務を一切拒否して権利だけ寄越せと戯けたことを言っているような連中に至っては、国民として我々と対等に扱ってやる価値すらないってなります。

 まぁ、ここらは憲法の欠陥部分のひとつで、障碍者や母子・父子家庭などの社会的弱者について勘案がされていないからでもあるし、国民が核家族単位で生活するから環境が維持できるという戦前までの発想と価値観が大前提だったからなのですが、それでも憲法は一言一句変える必要は無いと反対しているのもサヨク弁護士らバカども自身ですしねぇ?

 また、最低賃金で生活する人々より多くの金を貰え、遥かに少ない負担で生活できているのにそれが最低限を満たしていないという主張が是となるなら、最低賃金で生活している人々こそ、25条違反となり、最低賃金の額そのものをもっとずっと引き上げねばならないって話になります

 でも不思議な事に乞食ビジネスをやっている弁護士連中って、そういう明確な矛盾は一切気にしないというか、目を背けているんですよね。

 そういうところで弱者の味方、正義の味方を気取っている連中の性根が、正体が良く分かると思いません?
スポンサーサイト
10月29日(水)

ヒトモドキの出鱈目は辻褄が合わないので直ぐ分かる 

28日付けの朝鮮日報の記事から

朴大統領 客船沈没事故から7時間に7回指示=大統領府
2014/10/28 14:27
 【ソウル聯合ニュース】韓国の青瓦台(大統領府)は28日、朴槿恵(パク・クネ)大統領が旅客船セウォル号沈没事故直後の4月16日午前10時に国家安保室から最初の報告を受け、中央災難(災害)安全対策本部を訪れた午後5時15分までの7時間に計7回にわたり口頭か電話で担当者に指示を出していたと明らかにした。

 国会運営委員会所属の与党セヌリ党の金在原(キム・ジェウォン)議員に提出した資料で公開した。中央災難安全対策本部に姿を見せるまでの7時間の朴大統領の動静について疑問を呈している野党などの主張に反論するためのものとみられる。

 産経新聞の加藤達也前ソウル支局長は同紙のウェブサイトに掲載した記事で、朴大統領が事故当日に男性と会っていたとのうわさを報じ、緊密な男女関係があるかのように記したとして、名誉毀損(きそん)の罪で在宅起訴されている。

 青瓦台によると、朴大統領は最初の報告を受けてから15分後、安保室長に電話をかけ、「一人の人命被害も出さないように」「客船内の客室などを徹底的に確認し、取り残された人が出ないように」と指示した。また、さらに7分後の10時22分に再び安保室長に電話し、しらみつぶしに調べ、徹底的に救助することを再度強調した。10時半には海洋警察庁長に電話し、安保室長に指示した内容に加え、海洋警察の特攻隊を投入してでも人命救助に最善を尽くすよう指示したという。

 午後2時50分、「190人が新たに救助されたというのは間違い」との訂正報告を受けると、7分後に安保室長に電話し、情報が錯綜(さくそう)していることについて問いただした。

 金議員は「大統領は30分単位で報告を受け、1時間に1回以上指示を出した」とし、「『7時間疑惑』は根拠のない悪意的な虚偽事実で、誹謗を中止すべきだ」と主張した。

 同日午後、国会で青瓦台に対する国政監査が開かれる予定で、野党と青瓦台の激しい攻防が予想される。

 とっくの昔に調査を終えていたはずなのに、今頃になって実は…とかもうねぇ?

 「大統領は30分単位で報告を受け、1時間に1回以上指示を出した」んだそうですけど、確かに7時間で7回なら1回以上とは言えるでしょうよ、1回も含まれているのだから。

 でも、記事の時間をよく見てみると、最初の報告を受けたのが10時ジャスト。

 その後には行方不明になっており、15分後に何処からとも無く電話が入り、更に7分後の10時22分、8分後の10時半。

 そして次の行で14時57分となっている。

 つまりは7回中4回は記事から時間が読み取れ、しかも内3回は僅か15分間の間に行われているわけです。

 となれば、11時半、12時半、13時半、そして16時と、多少1時間オーバーにするのを認めるにしても、記事にある時間以外にあと4回は電話をしていなければ1時間に1回以上という要件を満たせませんので、アウト。

 少なくとも残りが平均1時間に1回の頻度だったとしても、2時間以上何処にいるかも分からなければ何の連絡も無い時間があったとなる

 と言うかそれ以前に、居場所が分からないと国会で断言されているのに、一体何処から報告を、どうやって受けていたのやら?

 ましてや通信記録を見れば普通は電話が何処から掛けられていたのかなんて簡単に分かるのですから、居場所の特定なんて1時間に1回以上が事実なら簡単に証明できるのに、そっちの情報は一切無い

 また、原文である朝鮮日報の記事には証券関係の情報誌やタブロイド週刊誌などでも噂については記されてきており、公営メディアでも取り上げられるほど、南朝鮮では公然の噂話からニュースとして格上げされる話題になっていたと記されていました。

 つまり、既に誰でも知っている話題であり、かつ公営メディアでも口にされるほどの問題でもあったわけで、それを外国の新聞社が記事引用や同じ様に噂を紹介する記事を書いたとして、起訴理由になるのがまず有り得ないわけです。

 にも関わらず産経の元支局長だけが半島に軟禁、遂には起訴されてしまったというのですから、どれだけ異常な話か分かるでしょうし、その根拠となる嘘と知りながらデマを流したという言い掛かり自体が、こうも後出しの証拠ばかりで、中身も穴だらけなのです。

 大体、記事に書かれた命令内容が事実なら、何で保安室長や海洋警察庁長はそれらをこれまで一切証言しなかったのか?

 現場にその大統領命令が一切伝えられなかったのは何故なのか?

 事実ならアレだけ海洋警察や関係者に現場でのインタビューなどもやっていて美談の捏造なども画策していたモドキ達が、黙っているわけがないのに。

 むしろ何処を見ても不自然すぎて、疑惑を一層深めることにしかなっていませんよねぇ?
10月28日(火)

記憶力が鶏未満のヒトモドキ 

27日付けの中央日報の記事から

【時論】敵同士も同じ船に乗れば助け合う=韓国(1)
2014年10月27日08時19分
 メディアは大衆の信頼で生きている。法と制度の死角地帯で流す弱者の涙を拭い、不条理を告発し、社会がより良い方向に進むよう役割を果たすという信頼があるからだ。裁判所が発行した家宅捜索令状がなくても、記者の執拗さのためたとえ不快であっても当然協力しなければならないという社会的な共感が形成されたのはこのためだ。よくいわれる「メディアの社会的責任」もこの延長線で理解できるだろう。

 しかしセウォル号沈没事故当日の朴槿恵(パク・クネ)大統領の行跡を扱った日本産経新聞の加藤達也前ソウル支局長の記事から、メディアの存在理由を改めて考えざるをえない。メディアに送る大衆の信頼を無惨に破ったからだ。

 大統領は公人の中の公人だ。大統領の一挙手一投足は公益に相当な影響を及ぼすためニュースの焦点となる。私生活も例外ではない。大統領は当選した瞬間からすべてのものを公開し、検証を受け、歴史に記録する義務を持っている。そして当然のことだが、大統領の私生活を扱う時は情報が制限的ということを勘案しても、最小限の要件は備えなければならない。確認された事実を6何原則を守って報道しなければならない。

 こうした点で加藤前支局長の記事は最小限の要件も備えていなかった。匹夫も口にするのをためらうような流言を記事にして出した。すでに検察の調査で加藤前支局長の主張が事実無根と明らかになったにもかかわらず、該当の記者と報道機関は問題の記事を取り消すことも、訂正することも、謝罪することもしない。

 立場を変えて考えてみてほしいと、彼に言いたい。もし日本の首相や天皇に対して大韓民国のある言論人が流言や根拠ない話を記事化すれば、加藤前支局長はどう反応するだろうか。こうした点で加藤前支局長の行動とその後のふるまいは言論人として最小限の道義も備えていない行動であり、隣国の国民と国家元首に対して最小限の礼儀さえもない行動といえるだろう。

 さらに嘆かわしいのはこの記事に対応する韓国内部の態度だ。海外のある言論人が根拠もない噂とデマをもとに韓国の大統領に口にしがたい記事を掲載したが、これに対して誤りを指摘して対応するどころか、むしろ同調している。誤報の被害は非常に大きい。あっという間に広まった世論は、たとえそれが誤報だと明らかになっても簡単には冷めず、第2、第3の流言を再生産する。そして誤報を出した報道機関の名誉は地に落ちる。何よりも誤報の当事者は生涯癒えない傷を抱えて暮らさなければならない。多くの報道機関が誤報に対して厳重に対処する理由がここにある。

 凄いですよねぇ、ヒトモドキ事実改変能力って。

 他人どころかまず己の洗脳から入って、スタート地点が全く別のものに変わっていることも、自分達の主張がある地点を基点として正反対のものに変わっていることも完全に忘却して俺は正しいと、独り善がりな戯言を喚くんですから。

 「匹夫も口にするのをためらうような流言を記事にして出した」と産経を罵っていることからも分かるようにそもそも流言を垂れ流したのが同族同業である朝鮮日報のヒトモドキであることを完全に忘れて、加藤前支局長の記事が端緒になっています。

 だからこそ、「すでに検察の調査で加藤前支局長の主張が事実無根と明らかになったにもかかわらず、該当の記者と報道機関は問題の記事を取り消すことも、訂正することも、謝罪することもしない」などと喚きながら、一番最初に報じた朝鮮日報が取り消しも訂正も謝罪も一切していないことを気にも留めないのです。

 まぁ、それ以前に感情論が罷り通る出鱈目な国モドキの南朝鮮では、じゃあ7時間の空白が一体どうなっていたのかという事実が全く公開されていなくても、政権の意に沿うだけの、まさに支配下にある検察が事実無根だとただ口にしただけでそれが事実になる低俗、低劣さですからねぇ?

 第一、朝鮮日報にしても中央日報にしても他にしても、起訴前は不快だがやりすぎだ、大袈裟だと野党側と同じ主張をしていたのに、起訴となるや主張を正反対に引っくり返した挙句、「もし日本の首相や天皇に対して大韓民国のある言論人が流言や根拠ない話を記事化すれば、加藤前支局長はどう反応するだろうか」などと先日の朝鮮日報と全く同じで感情論に訴えだすのですから、本当に下等です。

 というか、日本の首相や天皇に関して流言飛語を垂れ流すなんて、それこそヒトモドキが上から下まで常日頃からやっていることであり、何か意に沿わぬことがある度に極右だのと喚いて罵倒しておきながらよくも言えますよねぇ?

 例えば、安倍総理がブルーインパルスの機体に試乗して写真を撮った時だって、たまたま機体番号が「731」だったというだけの事を理由に挑発だのと中央日報は喚き散らし、単なる偶然であり他意はないという日本側の主張には一切耳を傾けなかったんですがねぇ?

 ましてや今回の件に限れば産経は朝鮮日報が報じた内容を現地の噂話を追加して記しただけであり、単なる枝葉であって、幹は第一報を報じた朝鮮日報なのですが、「何よりも誤報の当事者は生涯癒えない傷を抱えて暮らさなければならない」などと書きながら、幹は放置したまま枝葉を、それもたった一本、一枚を千切ればいいと動いているのが今の南朝鮮なのに、それを気にも留めない。

 もっともそれ以前に普通当事者からの親告罪であるはずの名誉毀損を市民団体なんて怪しげな反日組織の訴えで受理して起訴し、報道元の朝鮮日報は咎めさえしないのがヒトモドキですし、それで当事者が傷をどうのとか意味不明なことを喚いているんですから、つくづく支離滅裂。

 客船の沈没、それも学生を中心に数百も死ぬなんて事件ともなれば、国のトップの指揮・対応能力が問われるのは当然であり、にも関わらず7時間も何をしていたのか、何処にいたのかわかりませんとなれば、それが問題視されるのも報道されるのも当然ですし、ましてやチョウセンヒトモドキと言うのは人間と違って常に嘘を付くケダモノですからねぇ?

 実際、つい最近もバカ女が実は事件発生当初から事態を詳細に把握していたのに何もしていなかった事が分かったと、話の内容がまた180度引っくり返って大騒ぎしていたじゃないですか?

 このように大統領だろうが何だろうが保身の為や金儲けの為なら命なんてクソくらいだと嘲笑うのがヒトモドキなんですから、己の分際と習性を理解し直してから記事を書けっての。

 ま、下劣で下等なそんな真似がヒトモドキに出来やしないのは十二分に分かっていますけどね。
10月27日(月)

経済の悪化が酷すぎて、とうとう統一による劇的改善の妄想に縋りだしたヒトモドキ 

20日付けの朝鮮日報の記事から

統一後の韓国 50年には1人当たりGDP7万ドルに
2014/10/20 21:03
 【ソウル聯合ニュース】韓国大統領直属の統一準備委員会は20日、大韓商工会議所で開かれた南北統一に関するセミナーで、南北が統一した場合、2050年時点での1人当たり名目国内総生産(GDP)は7万ドル(約750万円)に達し、20カ国・地域(G20)のうち、2位になるとの見通しを示した。

 ◇50年GDP 7万ドル 年5万人の雇用創出効果
 同委員会の金炳椽(キム・ビョンヨン)経済文科専門委員(ソウル大教授)は南北統一した韓国の50年時点の1人当たりGDPが推定で7万3747ドル(韓国8万2421ドル、北朝鮮5万7396ドル)、年間成長率は4.51%(韓国2.63%、北朝鮮9.55%になると発表した。為替レートを考慮し、G20と1人当たりGDPを比較した場合、統一後の韓国のGDPは30年には11位(3万5718ドル)だが、50年には米国(9万4264ドル)に続き2位(8万3808ドル)に浮上すると予想した。

 金委員は「経済的な面から『2地域1体制』を前提とした漸進的統一が望ましい」とした上で、北朝鮮が市場経済を導入するのが経済成長の必須条件と説明した。また「経済統合と統一により、15~50年の韓国の年平均経済成長率は0.735~0.806%追加で成長する」と指摘。「これは毎年5万人の雇用が新たに創出されることを意味する」と強調した。

 ◇人口7千万人以上の大規模内需市場確保 経済の再成長
 イ・イルヒョン対外経済政策研究院長は討論で、「中長期的に統一によって起こる政府予算節減より、市場拡大、地理的制約解消などにともなう統一後の韓国の潜在成長率増大の利益がより大きい」と指摘。また「7千万人以上の大規模内需市場を確保するなど、韓国経済が再跳躍するための踏み台ができる」との考えを示した。

 ポスコ経営研究所の康太榮(カン・テヨン)副社長は、「投資、雇用、企業の社会的責任(CSR)活動などにより、企業の積極的な役割が伴ってこそ統一後の経済的相乗効果が可能だ」と述べた。また、北朝鮮事業のリスクを最小限に抑えるため、南北の政府共同の努力が求められるとした上で、▼南北関係改善努力および対北朝鮮政策の一貫性維持▼北朝鮮の核問題解決および国際社会の対北朝鮮制裁緩和▼北朝鮮内の特区造成によるインフラ改善▼投資規制緩和および対北朝鮮投資に対する韓国、北朝鮮当局の保護--などを求めた。

 それは凄い、じゃあ今直ぐ統一だと、やってみろと。

 如何にも頭が目先の金儲けにしか向かない短絡単細胞のヒトモドキらしい戯言ですよねぇ?

 格差の解消にドイツでさえ20年を費やしても終わらずいるというのに、それ以上どころか比較にならぬほどの格差がある南北朝鮮が統一と同時にそれが消滅するとでもヒトモドキは思っているのか?

 或いは知能が低すぎてそういうものがあるってこと自体理解できていないのか、ですかね。

 19世紀末から20世紀初頭、朝鮮半島を旅した幾人者外国人が書き記しているように、ヒトモドキとその文明は到底人の理解が及ばぬ程に下劣で不潔なものでした。

 学校を設立して教育水準に引き上げつつ、道路や上下水道などインフラを整備して病院も設置して衛生状況の改善を図り…ヒトモドキを人間並みにしてやろうとした結果、日本はこのように一から国を造るのと同じほど莫大な投資が必要となり、敗戦で手放すまで常に半島経営が日本経済の足を引っ張り続けました。

 そんな下等動物が、日本による統治の末期並の数を抱える北朝鮮を加え、その面倒を見なければならないのです。

 北朝鮮の発表している(信頼性が全く無い)平均寿命は69歳、対して南朝鮮は81歳と実に12歳も差があり、これだけを見ても南北で生活状況・水準に大きな格差があると分かるでしょうが、当然ながら統一となればこれを同水準にしなければなりませんし、北からは権利として南と同じものを求め、そうなるよう食料や金銭を始めとして様々な支援・援助が要求されるでしょう。

 しかし、統一後の話なので当然ながら国連やアメリカ、日本など周辺国からの援助は貰えませんので、自国のみでそれをしつつ、北に毎年10%近い経済成長をさせ続けるという超ウルトラCが出来るとほざいているのです。

 分断のみならず敵対という状況下であったことからの互いの心情的な壁、半世紀以上の敵対化で差異の生じた言語の壁、そういった問題も有ります。

 特にヒトモドキは常に「恨」を持ち、1000年経っても変わらぬなどと首長自ら公言する程に卑賤な蛮族ですから、同族とは言え騙まし討ちや奇襲を始め、互いに散々繰り返してきた卑劣行為をそう簡単に飲み込めるとはとても思えませんし、我欲が異常に強く、譲ることは負けという極端思考のヒトモドキに話し合いでの解決なんて真似が出来るのかと。

 実際記事中では「2地域1体制」などとほざいていますが、要するに実態は北とそこに住む同胞を単純労働力としての搾取対象としか見ていないということであり、中国や東南アジアなどの代わりにもっと近くて安い労働市場が手に入るから、そのままの状況を維持させて発展しようと言う姑息さですからね。

 でも、パワハラも死ぬほど大好きなヒトモドキがそんな真似をすれば南による北の支配という構図になって必ず反発を招くと思いますよ。

 そして、ヒトモドキの反発と言うのはそれ即ち、暴動とかテロですからねぇ?

 更に統一となれば米軍の撤退も真面目に検討されるので、自分達だけで軍備を為さねばならないけど、そもそも何時までも統制権さえ持っててくれと米国に縋るヒトモドキに何が為せるのかって話ですし、装備も錬度も異なる北の膨大な数の兵士達をどうするのか、老朽化の著しい基地設備はどうするか、跳ね上がる基地数と維持費はどう捻出するか、装備はどう刷新するかなど、軍備面でも問題は尽きません。

 何せ見栄が第一で高くて新しいモノを欲するヒトモドキの習性も鑑みれば、金ばかり無駄に浪費する結果は火を見るより明らかですからね。

 無論、今度は中国やロシアと直接国境を接するわけですから、そちらへの備えもしなければならないけど、そもそも現状でさえ金欠で喘ぎ続け、そこに加えて出鱈目と汚職だらけでボロボロの南朝鮮軍に為せることなどありません。

 ま、それ以前に北の脅威が無くなる以上徴兵制を廃止しないといけなくなり、兵役逃れが常態化している南朝鮮軍では兵員確保がマトモに出来ず崩壊するでしょうけど。

 どう考えても50年後に世界二位の経済大国どころか、数年以内に崩壊し、50年後には中国の植民地化しているか、最貧国として国連の管理下に置かれているかのどちらかしかないと思うのですがねぇ?

 そもそも経済状況最悪の北朝鮮と、頼みの綱の財閥企業が片っ端から経営悪化で喘いでいる南朝鮮…ダメとダメの良いところ無しがくっついて急成長を続けられると妄想できる根拠が分かりませんね
10月26日(日)

帰国の必要なし 

25日付けの朝日新聞デジタルの記事から

日韓の議連総会、共同声明で慰安婦問題に言及
2014年10月25日19時54分
 日韓議員連盟と韓日議員連盟は25日、ソウルで合同総会を開き、日韓首脳会談の早期実現に向けて「環境作りに努力する」と明記した共同声明を採択した。声明では、元慰安婦の名誉回復と心の痛みを癒やす措置が早急に取られるよう、双方が努力することも確認した。

 声明は日韓関係の重要性を強調し、来年の国交正常化50周年に向けて「関係を早急に修復しなければならない」と指摘した。「日本側は河野談話、村山談話など歴代政権の立場を継承することを再確認した」「河野談話、村山談話の精神にふさわしい行動をとることにした」など、歴史認識問題をめぐって日本側に対応を求める内容も目立った。

 一方、産経新聞前ソウル支局長が朴槿恵(パククネ)大統領の名誉を傷つけたとして起訴された問題は触れなかった。声明の原案には産経新聞を念頭に「日本側は、韓国当局による日本の報道関係者に対する措置が、両国関係改善に向けた環境を悪化させることを懸念した」とあったが、日韓議連関係者によると、韓国側の反対で盛り込まれなかったという。

 終了後の記者会見で韓日議連の姜昌一(カンチャンイル)幹事長は「韓国側が日本側を攻撃したり、日本側が韓国側を攻撃したりするのではなく、どう友好関係を増進するかといった視点で声明が作られた」と説明した。(ソウル=明楽麻子、東岡徹)

 わざわざ国費で半島に遊びに行って、ヒトモドキ風情に媚売とか、恥知らずどもは未だにこんな真似を繰り返しているんですねぇ…

 事実など関係ない、媚を売る事が大事だと喚き続ける河野や村山といった愚物の戯言を真似ろとか、根拠すら崩壊した現状で唱え続けられるのですから、頭のイカレ具合が末期にまでなってなければできないでしょ、普通。

 しかも、記者への不当拘束を続け人民裁判にかけると息巻くヒトモドキどもに抗議されたから、懸念の表明さえ引っ込めます、それが友好ですとかやっているのですから、ルーピーらの繰り広げた売国外交と些かでも相違点があるのかと。

 証言の出鱈目ぶり、更には吉田の詐欺師ぶりさえも理解した今でさえ、チョウセンヒトモドキの如き拉致を日本人がしたなどと妄想を喚くだけの下等動物に媚び諂い、連中の行うヘイトスピーチを始めとした悪行の数々は一切黙殺して友好だの共存だのと吐き気しか出てこない戯言を並べるんですから、正気でこんな狂った真似をしているのなら、確実にヒトモドキどもから利益供与を受けてますよね、こういうクズどもって。

 実際、かつて民主党は参政権を代価に選挙活動の支援や広報活動などの犯罪行為を在日モドキ達にさせて政権詐取に成功しましたし、アメリカで反日活動に勤しんでいるマイク・ホンダらは背後に在米中国人やヒトモドキによる金銭援助があると分かっています

 大体、現在進行形で10万匹も売春婦を海外輸出し、国内で権利だからヤラせろと喚いているのがチョウセンヒトモドキの雌だというのに、名誉だの心の傷だのとか、失笑しか浮かばないのですがねぇ?

 雌の総数が2400万というところですから、240匹に1匹が海外へ売春に行っているという計算になるわけですし、南朝鮮で潜伏しているのなども含めれば売春婦の割合はもっとずっと上がるわけです。

 無論、そんな雌だらけのヒトモドキコミュニティーで育つわけですから雄も雌を襲って性欲を満たすのが大好きで、抵抗の満足に出来ない幼少や高齢の雌を襲うケースがこの21世紀を10年以上過ぎた今でも右肩上がりで増加し続けており、以前紹介したように言語や人種の壁で満足な救助を得られない(ヒトモドキは人に満たない下等なケダモノの分際で人種差別が大好きなため)外国人女性への強姦もやはり右肩上がりで増加し続けている。

 普段はアレだけ人権だの尊厳だのと随分と高尚なことを口にして日本を貶めるのに躍起になっているくせに、実際には口と体が全く正反対の動きをしているのがヒトモドキなわけで。

 まぁ、ヒトモドキがヒトモドキを襲う分には人権や尊厳なんて概念はそもそも存在しないからいいのかもしれませんが。

 いずれにせよこんな汚らわしい汚物の如きケダモノどもとなんて、握手をすること自体キモチワルイ。

 話がしたいならまずはその二枚舌を縫いとめて1枚にし、汚らわしい嘘の衣を脱ぎ捨ててから来いってんですよね。
10月19日(日)

笑いを提供するネタ軍隊としての戦力なら世界最強じゃね? 

17日付けの朝鮮日報の記事から

【社説】韓国軍は戦闘能力を備えた軍隊なのか
2014/10/17 10:45
 国政監査で明らかになった韓国軍の兵器をめぐる問題が、韓国国民を驚かせている。首都圏一帯の空を守る対空バルカン砲は、夜間照準装置を付けているにもかかわらず、標的の探知が不可能だという。照準装置は地上目標の探知用で、夜間に飛んでくる敵の飛行機を見分けることはできない。北朝鮮が奇襲攻撃を仕掛けるとすれば、昼ではなく夜になる確率の方がずっと高い。脆弱(ぜいじゃく)時間帯の防空に大きな穴が開いてしまっているのだ。

 今月7日に西海(黄海)北方限界線(NLL)の南側で起こった南北の交戦では、韓国海軍の高速艦で不発弾が発生し、砲身をふさいでしまったため、十分な射撃もできず後方に退かなければならなかったという。こんな態勢で北朝鮮の艦艇とまともにぶつかり合っては、どうすることもできずにやられてしまうだろう。2010年に北朝鮮が延坪島を奇襲砲撃したとき、海兵隊のK9自走砲6門が反撃に出たが、作動したのはこのうち3門だけだった。韓国軍は「K9は1分間に6発の射撃が可能な、世界最高速の自走砲」と言っていた。6門の自走砲が、その説明通りの性能を発揮していれば、北朝鮮に対し約300発の砲撃ができたはずだが、実際に撃ったのは80発だけだった。

 数千億ウォン(数百億円)を投じて2007年から毎年1隻ずつ配備した1800トン級のディーゼル潜水艦は、韓国軍が「シーレーン(海上交通路)に当たるマレー半島のマラッカ海峡まで作戦可能」と大いに宣伝していた兵器だ。エンジンを動かす燃料電池の性能は最先端で、10日以上も海中に潜っていられるという。しかし今回の国政監査で明らかになったところによると、3隻の潜水艦に搭載されている燃料電池で、昨年6月までになんと195回も故障が起きていた。昨年10月にようやく欠陥を改めるまで、5-6年にわたり、韓半島(朝鮮半島)周辺海域でしか動けないという状態だった。実は、潜水艦の導入時、燃料電池の性能をテストしたのはわずか1日で、これに10を掛けて「10日間の連続潜航能力がある」と判断していたのだ。韓国軍で行われていることだとは信じ難い。

 このほかにも、約9000億ウォン(約900億円)を投じた最先端のイージス艦「栗谷李珥(ユルゴク・イ・イ)」の魚雷欺瞞(ぎまん)弾(カウンターメジャー)24発のうち、18発が作動不能状態だった。2010年以降、NLL付近で作戦を行った艦艇で80回ものレーダー故障が発生していた。救助艦「統営」の水中探知装置は2億ウォン(約2000万円)相当の装備だが、書類操作により、41億ウォン(約4億円)相当のものに「化けて」納品された。

 各軍は、毎年秋になると、互いにより多くの予算を獲得しようと競争を繰り広げる。問題のある武器の中には「問題を大げさに強調するともっと予算が下りる」という非常識な予算配分方式のせいで、実際よりも誇張・強調されたケースもあるはずだ。しかし最近、とんでもない事件が多数起きているのが韓国軍だ。韓国軍は正常な姿に戻ろうとしているのかと国民が疑っているこの時期に、中心的な兵器が動かないとか、故障したというニュースに接すれば「果たして韓国軍は国民を守れるのか」という不安感は一層増幅されるだろう。韓国政府は、国民を安心させられる何らかの対策を打ち出すべきだ。

 何ともお寒いと言うかお笑いと言うか。

 「韓国政府は、国民を安心させられる何らかの対策を打ち出すべきだ」だそうですが、今まで内実の伴わない最新兵器を買い漁るだけの軍に喝采を送り、世界最高だ、最強だと毎回狂喜乱舞しつつこれで安全だ安心だと騒いできた朝鮮日報が何を言っているのやら

 特に自国製兵器の欠陥はむしろ標準装備ですからねぇ、このお笑い民族にとっては。

 例えば記事にもある時折発生する北との砲撃戦。

 不発弾で砲身が塞がれるという有り得ない出来事も、記事でもカウンターメジャーの75%がメンテせず放置していたことで腐食して使えなかったと指摘されているように杜撰な管理が当たり前なので、砲弾や火薬の管理がされていなかった可能性が高いと思いますし、それ以前に潜水艦の燃料電池が平均5~6日に一回は故障するという件からもわかる様にいい加減な手抜き工事での作成も当たり前なので、製造段階での不備も十二分に考えられます。

 無論どちらにしても命のかかっている物事への対応ではなく、他国で同様の頻度の事故などありえません。

 艦載レーダーも4年で80回と毎月故障する艦艇が出るのが当たり前って計算になりますし、おまけに記事にはありませんが砲弾発射元を見つけるための対砲兵レーダーも過負荷が掛かるからというバカげた理由で北朝鮮から攻撃の宣言がされるまで作動させさせずにいるので、不意打ちの場合は役に立たないとくるのです。

 そのため5月頃の砲撃戦の際には何処から撃たれたのかもわからぬまま海でも空でもオロオロ彷徨うだけでまともな反撃が出来なかったと。

 無論、この外見豪華一点主義はヒトモドキの伝統なので、世界最高と自慢しまくっていたK9自走砲にしても記事にあるように事件の際には次々と故障して発射不能となるし、発射できたのもカタログスペックには程遠い低性能を露呈しました。

 そしていざ戦争となれば陸続きである以上、主力となるのは当然ながら陸軍なのですが、つい先日、実は対戦車兵器の99.2%が老朽化で使用できなくなっており、残る僅かな使用可能分も北の戦車の装甲を貫けないということが明らかになっています。

 無論、対空機関砲同様、こっちも夜間戦闘用装備が無いので使えるのも昼間だけだというオマケつき

 では要の戦車はどうかといえば、20年近く開発を続けているのに未だ終わらない自称世界最強のK2戦車は未だ心臓部のパワーパックが開発できずに単なる置物状態。

 残るは空となるところですが、F-15Kは既に共食い整備で何とか飛べる機体が存在するという呆れ果てるレベルにまで稼動が落ちており、使える部品を別のF-15Kに付け替えて飛行させるという行為を繰り返し、それで稼働率が80%だとほざいていた事が暴露されていますので、恐らく実際に使用できる機体は半数に満たないと見てよいでしょう。

 そして日本が買うことを決めたからと対抗心だけで金も無いのに購入を決めたF-35にしても、40機を購入するので予算が殆ど尽きてしまい、搭載する為の武装は全機が1回全力出動することさえも出来ない量しか保有していないという信じられない事実が明らかになっています。

 空対空装備なら18機、空対地装備なら30機分しかないというのですから、異なる特化装備の混成でなら1回は出撃できますが、2回目の出撃が出来るのは8機、つまり全機の僅か1/5になってしまうわけで、これではステルスによる戦闘の優位性や生還率の高さが何の意味も無さず、最大でも稼動数を落として2回出撃しただけで使えなくなり、あとは地上で基地に駐機したまま破壊されるか奪われるオチなのが目に見えています。

 ましてこれまた世界最強だ、米軍以上だと朝鮮日報が喚いていたAEW&Cにしても、4機の内3機が共食い整備で置物状態という醜態。

 要するに、北が戦車を前面に立てて普通に進軍するだけで簡単にソウルは落ちるわけです。

 勿論、海軍もこれまでに紹介してきた数々の珍兵器、名プレーの数々に加え、イージス艦なのに毎日リセットをかけないとシャットダウンしてしまう戦闘システムだとか、先述のカウンターメジャーがほぼ使えない欠陥、何隻も故障で漂流する、記事にもあるように40年以上前のソナーを何十倍もの値段で買って搭載するなど、バカ丸出しは相変わらずです。

 実用性やそれをどう運用するかなど、本来用途に合わせてものを購入するのが基本なのに、カタログスペックが如何に優れているかしか頭に無く、おまけに金が動くとなればそこに群がって防いで利益を得ようと常に考える浅ましい賤民だからこそ、ここまで徹底しているとさえ思える異常さを見せられるのでしょう。

 安心や安全を得るのに何が必要か、その根本的なことさえ理解出来ない朝鮮日報が同族で結成されている軍に求めたって叶うわけが無い話なんですが、己の分際も弁えず他者に過大な要求、異常な要求をするのもヒトモドキの常ですから、永遠に叶うわけのない望みを抱き発狂していればいいんじゃないですかねぇ?
10月18日(土)

丸っきり自重などせず、反日ペテンを撒き続けるバカヒ 

17日付けの朝日新聞デジタルの記事から

靖国参拝-高市さん、自重すべきだ
2014年10月17日(金)付
 高市総務相が、17日からの例大祭にあわせ靖国神社に参拝する意向を示している。

 だが、高市さん、ここは自重すべきではないか。

 そもそも、首相をはじめ政治指導者は、A級戦犯が合祀(ごうし)されている靖国神社に参拝すべきではない。政教分離の原則に反するとの指摘もある。

 しかも、北京で来月開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)での日中首脳会談の実現に向けて、関係者が努力を重ねているときである。それに水を差しかねない行為を慎むのは、閣僚として当然だ。

 戦争で命を失った肉親や友を悼むため、遺族や一般の人々が靖国で心静かに手を合わせる。それは自然で尊い行為だし、だれも否定はできない。

 一方、かつての戦争指導者がまつられている場所にいまの政治指導者が参拝すれば、その意味は全く変わってしまう。

 A級戦犯が罪を問われた東京裁判には、勝者による裁きといった批判がある。それでも、日本はサンフランシスコ平和条約で裁判を受け入れ、これを区切りに平和国家としての戦後の歩みを踏み出した。

 靖国に参拝する政治家たちは、「英霊に尊崇の念を表すのは当然だ」という。だが、A級戦犯は、多くの若者をアジアや太平洋の戦場に送った側にある。送られた側とひとくくりにすることはできない。

 そこをあいまいにしたまま政治家が参拝を続ければ、不快に思う遺族もいる。また、中国や韓国のみならず欧米からも、日本がかつての戦争責任や戦後の国際秩序に挑戦しようとしているとの疑いが出てくる。

 高市氏は、戦後50年の「村山談話」などにかねて疑問を示してきた。最近も、ナチスの思想に同調しているとみられる団体の代表と写真を撮っていたことが海外で報じられた。

 自民党政調会長や総務相として安倍首相に重用され続けている高市氏の言動は、個人の思いにとどまらず、政権の意思と受け止められかねない。

 その高市氏が靖国神社に参拝すれば、国際社会が抱きつつある疑いをますますかき立てることになりはしないか。

 戦後70年が控えているというのに、いまだ歴史問題にピリオドを打てないのは不幸なことだ。だれもが参拝できる新たな追悼施設をつくるといった、抜本的な解決策を真剣に検討すべき時だ。

 戦没者への強い思いがある高市氏ならばこそ、こうした課題に取り組むべきではないか。

 いやはや、本当に恥知らずのマッチポンプ野郎のバカヒには毎度毎度反吐が出ますね。

 「戦後70年が控えているというのに、いまだ歴史問題にピリオドを打てないのは不幸なことだ。だれもが参拝できる新たな追悼施設をつくるといった、抜本的な解決策を真剣に検討すべき時だ」だそうで、メディアが無宗教の宗教施設という意味不明な箱物を税金を食い潰して作れとかほざいているんですから、反日のやり過ぎでイカレきっているみたいですね。

 アレだけ普段は事あるごとに税金の無駄遣いがどうだのと自民批判のネタにしているくせ、そんな中身の無い朝日みたいに空疎な伽藍堂で何をするんでしょう?

 ましてや誰もが参拝できるというのがもう、下卑たバカの戯言もいいところで、そもそもバカヒのいう施設ではA級戦犯は対象外だと追い出すのは明白です。

 しかし、A級戦犯なるもの自体が連合国によって捏造された罪なのに、彼らを蹴り飛ばして追い出し、その親族や関係者らを疎外した施設ではその時点で既に「だれもが参拝できる新たな追悼施設」という条件が崩壊していますし、中国やヒトモドキどもは確実にそんな媚売りをすれば今度はB級がどうだ、B級も除外とすれば、C級がどうだ、C級を除外すればそもそも戦争をしたのが間違いだ、そんなものを造るのを許さんなどと喚いてどんどんもともとの無味乾燥から差別的で独善的、そして売国的な箱物となり、最後には何も無い無用の長物どころか存在自体が国際問題の種となるでしょうよ。

 何より、そもそも戦後70年どころかバカヒの加藤千洋が中国へのご注進記事を書いて火をつけるまでは靖国神社について連中は気にも留めずにいたのであり、慰安婦、毒ガス、靖国、南京などどれも歴史問題とやらを引き起こしてきたのは常に他ならぬバカヒ自身なのに、何を言っているのかと、呆れ果てます。

 ピリオドを打ちたいなら実に簡単な話で、バカヒの捏造が全ての原因であると発表し、バカヒは取り潰して従業員は元も含めて全員豚箱にいれ、その財産を没収して乞食民族どもにでもくれてやればいいんですよ。

 また、「政教分離の原則に反するとの指摘もある」なんて毎度のテンプレで政治家が宗教観を持ったり、宗教行事を行う事を否定していますが、これまたお約束でそんな幼稚な戯言が道理となるなら何故未だに正月の伊勢詣でをバカヒや指摘とやらをしている頭のイカレたクズどもは一度として批判しないのか?

 単なる神社参拝がダメなのに、同じ参拝でも別の神社への初詣はいい、お寺で除夜の鐘を聞いたり鳴らしたりはいい、お盆に休みを取る事や先祖の墓参りも構わない…全く持って意味不明ですよね?

 ま、靖国参拝に何としても難癖をつけたいからと無知蒙昧が必至になって捏ね繰り回した結果だから、矛盾だらけなのはお約束ですけど。

 「日本はサンフランシスコ平和条約で裁判を受け入れ、これを区切りに平和国家としての戦後の歩みを踏み出した」「A級戦犯は、多くの若者をアジアや太平洋の戦場に送った側にある。送られた側とひとくくりにすることはできない」

 ここも毎度のテンプレですね。

 そもそも独立回復後、社会党の音頭で署名が集められ、戦犯とされた人々の名誉が回復されており、国際社会復帰の為に処刑や処罰の結果は受け入れたが、日本においては戦犯などと言う咎人はいないというのが国会で決議されているのに、その事実は都合が悪いからと隠蔽して批判ですから。

 大体、「多くの若者をアジアや太平洋の戦場に送った側」だからA級戦犯だというのなら、GHQへの媚売りで本来負うべきその咎から逃げたバカヒはどうなんだって話ですよねぇ?

 国民を煽って軍に何時までも戦線の拡大をさせ続け、自社の幹部を宣伝大臣として政府にまで送り込み、偽りの情報や思想統制で多くの若者を戦場へと送り込んだ張本人こそ、バカヒなんですから、やぱり元も含めて全員がA級戦犯として首を切り落とされ、何十年と経っても犯罪者として晒し者にされ続けるべきって話じゃありませんかねぇ?

 曖昧どころか無かった事にして罪から逃れ続けるバカヒに、不快感を抱く日本人なんてそれこそ全国津々浦々腐るほどいるんですから、自分の言動に責任をとっていい加減自害しろと。

 「戦争責任や戦後の国際秩序に挑戦しようとしているとの疑い」とやらにしたって、そんなものを喚いているのは元よりバカヒをソースとして反日を叫ぶ中国やヒトモドキども、そしてバカヒの社内に支社を置くアメリカ最大の反日メディア、ニューヨークタイムズなどという救いようも無いほどイカレた連中ですし…

 結局全ての元を辿ればバカヒに辿り着くわけで、マッチポンプの元凶、滅するべき悪玉そのものなんですよねぇ。
10月16日(木)

相も変わらず捏造三昧のバカヒ 

14日付けの朝日新聞デジタルの記事から

(クロスレビュー)憲法9条とノーベル平和賞
2014年10月14日18時57分
 「憲法9条を守ってきた日本国民」がノーベル平和賞を受賞--。平和賞発表の1週間前、ノルウェーの民間研究機関がそんな予測を発表し、夢物語が一気に現実味を帯びた。9条をノーベル委員会に推薦した団体は期待に胸を膨らませ、改憲派の政治家は「政治的だ」ともらした。受賞は逃したが、9条が改めて注目されるきっかけになったのは確かだ。憲法とかかわりの深い4氏に聞いた。

■「当たり前でない」と気づく 内山奈月(AKB48)

 文章の暗唱が特技で、小学6年の時に憲法も暗記しました。「平和主義」を唱えた9条の内容は当たり前だと思っていましたが、7月、九州大の南野森先生との共著『憲法主義』(PHP研究所)の出版を機に「そうではない」と気づきました。

 先生の講義で9条2項の「戦力の不保持」は世界でも特別な条文と知り、第2次世界大戦後、平和を願う人々によって、一言一句吟味して作られた条文に重みを感じました。だから今も、戦争の絶えない世界で人々の心を打つのではないでしょうか。

 平和賞の候補に挙がったのは、市民の署名運動がきっかけ。集団的自衛権をはじめ、解釈については様々な議論がされていますが、憲法は国家権力を制約し、国民を守る大切な存在です。私はアイドルとして、もっと学び、人々が憲法について関心を高めるきっかけになりたいです。

 捏造と言えば朝日、朝日と言えば捏造。

 慰安婦騒動に続き吉田調書と、あれだけ産経に捏造を暴露されて社長が謝罪会見に追い込まれ、今も尚他のメディアから総スカンを食らっているというのに、恥じらいもせずこうやって相変わらず平然と捏造をバマラキ続けるのですから、恥と言うものを理解する知能さえバカヒの社員には存在しないのでしょう。

 喋っているのはAKB?

 いやいや、赤豚なんていわれるだけあって所詮はアイドル(爆笑)の寝言。

 問題はそんなデマゴーグを意図して載せて事実であると錯覚させる形でデマの拡散をバカヒが未だに続けているってことですから。

 大体小6で憲法を暗記なんて、出来るわけがないじゃないですか。

 百人一首を覚えるより遥かに難しく、量も勝り、内容を理解しない丸暗記だったとしても簡単に出来るような話では絶対にありませんもの。

 おまけに、9条が「第2次世界大戦後、平和を願う人々によって、一言一句吟味して作られた条文」なんてほざいているんですもの、一体何処でそんな妄想を仕込んできたのやら…

 日本側の草案が気に入らないからと蹴っ飛ばしたマッカーサーが、部下のホイットニーらに命じて僅か10日で作らせたのが今の日本国憲法の原案であり、当然ながら9条もそのひとつです。

 つまり、平和を願って生まれたわけでもなければ、一言一句どころか100もの条文の一つに過ぎないもので、条文自体もまともに吟味などされずに作られた、単に日本を押えつける為だけの適当なモノというのが真相です。

 9条の実態が後にそれをもっともらしく聞こえるように装飾しただけでしかないことは、朝鮮戦争が始まるやいなやでGHQが日本に武装組織の編成(警察予備隊という名称で、後の自衛隊となる)を命じ、直ぐに組織されたことからも明らかです。

 9条をつくって縛ろうとしたアメリカも、そして当の日本側も、何時までもこんな国家としての責務を放棄するバカげた戯言なんて真面目に受け取ってどうこうしようという意志はサラサラ無かったってことです。

 勿論、9条2項の国民守護の責任放棄という恥晒しの極地に至っては、そんなもの戦勝国が敗戦国に国際法を無視して押し付けたからこそ生まれた条文であり、他国に類例の無い特別(笑)なものなのは当然です。

 脳内お花畑はこの恥晒しをしているだけの文章に「戦争の絶えない世界で人々の心を打つのではないでしょうか」なんていもしない人々を妄想しつつ礼賛をしていますが、本当にこんな恥以外のなにものでもない駄文が人々の心を打つのなら、何で追随する国も、しようと動く民族や国民が余所の国の何処にも誕生しないのか、是非とも説明してみろって思いません?

 まぁ、朝日でプロパガンダに出演するような妄想世界の住人に論理性を求めるなんて無駄な事ですが。

 「他国が武力侵略しても国は国民を守りません」

 端的に言えば上記の通り、ハッキリと馬鹿げた内容を憲法で記しているのが9条であり、だからこそ南朝鮮に竹島を奪われ、大勢の漁民が虐殺されたり拉致されたりしても、北朝鮮から工作員が潜入した国民が拉致されている事がわかっても、日本は何もしてこなかったし、今尚口で文句を言うだけで何時までも攫われた人々を取り戻せないままなのです。

 これの何処が「国民を守る大切な存在」なんだって話ですが、これをインタビューだのとそのまま載せて事実関係の間違いについて触れもしなければ問題点を書きもしないわけですから、バカヒの悪意が実に良く滲み出ています。

 大方、こんなのに貢いで喜んでいられるような間抜けなら、洗脳も楽だとでも思っているんでしょうね。
10月15日(水)

こんな蒙昧ぶりで何処が学ぶ者なのやら?? 

14日付けの中央日報の記事から

【社説】恥ずかしい「整形大国」韓国、医療界の自省が必要だ
2014年10月14日15時12分
 世界医師協会(WMA)が、未成年者に対する美容整形手術をしてはならないというガイドラインを発表した。WMAは11日に閉幕した定例総会で「子供たちは身体が完全に成熟していないために、整形手術が危険なこともある」として未成年者対象の整形手術の広告・マーケティングの禁止を提案した。

 WMAのガイドラインが最も至急に適用されなければならない国は、まさに韓国だ。未成年者の美容整形が盛んに行われているからだ。高校3年の生徒が修能(日本の大学入試センター試験に相当)を終えた後いわゆる「修能整形」を受けるのは主流になり、中学3年生の生徒たちが「休暇整形」を受ける事例もよくある。医療界では、青少年の時期に鼻の整形をするのは不適切だという見解が支配的だ。鼻骨の成長を遅くしたり、変形を招いたりする可能性があるということだ。二重まぶたの手術も目が完全に育った16歳以降に受けるのが安全だと見られている。

 だがインターネットでは、中3の生徒たちが長期休暇の時に二重まぶた・鼻の整形手術を受けた経験談を簡単に見ることができる。一部の整形外科は「休暇割引」「学生割引」などの文面を前面に出して未成年者の整形をあおっている。両親の同意を代わりに受けてくれるという代行業者まで登場したほどだ。

 一方、ドイツ・豪州など一部の先進国は未成年者の美容整形を禁止する法案の制定を推進したり、すでに施行したりしている。

 韓国も昨年1月、セヌリ党イ・ジェヨン議員らが未成年者の部位別整形を制限する医療法の改正案を提出した。だが大韓医師協会は反対意見を明らかにした。医師の診療決定権と未成年者の幸福追及権を侵害するという理由であった。政府も消極的だ。文亨杓(ムン・ヒョンピョ)保健福祉部長官は13日、国政監査で未成年者の整形規制の意思について尋ねた新政治民主連合ヤン・スンジョ議員の質問に「強化する必要があると考えている。検討した後に報告する」と原則的に答えただけだ。このためなのか、この法案は2年が過ぎようとするのにいまだ国会常任委で議論にさえなっていない。

 韓国の医療界は集団利益にとらわれて国際的な流れに逆行していないか振り返るべきだ。医師の権利侵害をいう前に、青少年に及ぼす悪影響を最小化するために自浄の努力を傾けなければならないということだ。

 なーんか、社会学の学者様(笑)が中学生の顔を見て貶した挙句、メイクをしろ、髪を染めろ、整形をしろと頭の悪い事をネットで喚いているようなので、丁度いい記事を。

 三十路前のナルシストが髪を染めようが顔面手術をしようが、髪色を白人の真似をしてみようが、サルみたいな色にして喜ぼうが、そんなのは自己責任ですから勝手にやれって話ですが、30近いおっさんが無教養に子どもに髪の染色や整形をと叫ぶその異常さは幾ら何でも看過しかねますね。

 しかもそれが個性だとかほざいて、南朝鮮を進んだ国であるかのように取り上げる無知蒙昧さには呆れ果てます

 最近では一般の人でも当たり前に知っているようになってきた話ですが、整形大国の南朝鮮では、整形のやり過ぎで様々な問題や騒動がおきています。

 タレントには整形していないのがいないという有様で、日本円で総額100万円以上整形にかけるなんてザラという状況であり、昔朝鮮日報に載った「タレント志望者がよく受ける美容整形手術」という図によれば、目、鼻、輪郭、顎、頬骨、脂肪移植という顔に関する項目の最低手術額を合計するとそれだけで200万円を超えています

 他にも体型の矯正や腹部の脂肪吸引、ふくらはぎなども合わせれば全て最低価格であっても300万円を超えますし、最高額なら400万円を軽く超えており、姿を偽る為に日本より遥かに少ない収入でありながら、バカ丸出しで子どもの改造に親が競い合って金を注ぎ込んでいる姿は異常としか評せませんよねぇ?

 しかもその結果、タレント業のみならず就職も見た目が大きく影響するようになり、整形しなければ大企業へは就職できないだのという騒ぎになる始末。

 でもそうやって外見を偽装したところでDNAは誤魔化せる訳が無く、生まれてきた子どもがどちらにも似ておらず、それどころか、不細工だと揉めたなんて話も以前朝鮮日報にありましたっけ。

 また、そういった問題以外にも子どもに偽装手術をする事の人道的な問題もありますし、何より記事にも書かれているように身体の成長への被害も大きな問題なんですよね。

 それはメイクや染髪にしても同様で、小中学生のような幼い内からそんな真似をしていると20代になる頃には既に肌や髪が痛みきってボロボロになり、本来最もメイクなどが映える20代の頃には中高年のような厚化粧で誤魔化さねば人前に出られぬ有様なんて、悲惨すぎると思いません?

 子どもにメイクを恒常的にすることで乾燥肌、ニキビ、シミ、そばかすが出来る危険性が大きく高まるのを一切無視して、メイクをしろ、それが個性だとかほざくなんて、何処が学ぶ者なのか?

 子どもに染髪を恒常的にさせることで髪を壊してキューティクルをなくしてガサガサ、ボロボロの髪質にし、若禿の危険性を増徴させるのが個性だとほざくなんて、何処が社会学なのか?

 先進国では法によって禁止され始め、WMAでも勧告が出されるような危険な未成年の整形手術を推奨するなんてモノを知らないとしか言い様がありませんし、整形大国南朝鮮ではその結果、ミスコンの面子がどれも同じ顔だと海外でバカにされるくらい逆に個性なんてものが喪失しているのが実態なのに、それも知らずに個性が出るとか…もはやどう見ても学者ではなく単なる痴れ者ですよねぇ?

 素のままの他人を受け入れられないどころか、子どもを貶さずにいられないなんて、逆に狭量で盲目的な極めて哀れ過ぎるその精神性に同情してしまいます。

 学者(笑)のやっていることって、タバコや酒の有毒性を認めず、理解せずにカッコいいからやれと子どもに勧める愚劣な大人と何も変わらない、有害行為ですよね。
10月14日(火)

ダブルスタンダードは己とも理解出来ないヒトモドキ 

13日付けの朝鮮日報の記事から

【コラム】産経前支局長起訴、問題をすり替える日本

国家元首に対する日本の態度はダブルスタンダード
2014/10/13 11:21
 朴槿恵(パク・クンヘ)大統領に対する名誉毀損(きそん)の罪で在宅起訴された産経新聞の加藤達也前ソウル支局長は最近、日本で言論の自由のために争う闘士として注目を集めている。加藤前支局長は産経に掲載された手記で「検事は私が記事で用いた『混迷』『不穏』『レームダック化』などの言葉を取り上げ、その使い方から誹謗(ひぼう)の意図を導き出そうと必死だった」と書いた。

 加藤前支局長は「訴訟を乱発する朴政権に、韓国国内では既に萎縮、迎合しているかのような報道も見られる」とした上で「朴政権はいったいいつまで、メディアへの弾圧的な姿勢を続けるのだろうか」と問い掛けた。

 加藤前支局長はインタビューや衛星中継されたテレビの生放送で「大統領は公人であり、十分に公益性がある記事だった」という趣旨の発言も行った。産経は加藤前支局長が起訴されたことについて「日本メディアに対する弾圧」だとした上で「言論の自由のために戦うという社是に基づき最後まで報道する」と主張した。

 加藤前支局長は本当に言論弾圧の犠牲になったのだろうか。加藤前支局長が起訴されたのは朴大統領に対する批判のせいではない。口にするのも恥ずかしい男女関係の疑惑を指摘したからだ。韓国政府は記事を装った女性大統領に対するセクハラだと判断し、記事の取り消しと謝罪を要求した。しかし、産経は「大統領批判に対する不当な干渉だ」として、かえって高圧的な態度を見せた。検察の取り調べで疑惑は事実無根であることが分かったが、産経は謝罪どころか、紙面で「韓国は言論弾圧国」だとの主張を毎日繰り返している。

 外国特派員に対する長期間の出国禁止と起訴は残念なことだが、産経のこうした報道は大統領だけでなく、韓国国民をも侮辱したものだ。朝日新聞は今年8月、32年前に報じた従軍慰安婦関連のインタビューについて、裏付けとなる証拠がないとして関連記事を取り消した。それを「誤報に対する本当の謝罪がない」と批判したメディアこそ産経だ。

 韓国を言論弾圧国だと主張する産経は、日王(天皇)に対する批判は全く認められないとの立場だ。2012年に李明博(イ・ミョンバク)大統領(当時)がある講演で植民地支配に対する日王の謝罪を要求する発言を行うと、産経は「日本国民の感情を踏みにじる暴言だ」「韓日関係を傷つける無責任な発言だ」と非難した。

 産経だけに裏表があるのではない。ある野党議員が、嫌韓デモを主導する在日特権を許さない市民の会(在特会)の幹部と写真撮影を行った女性閣僚に対し「(在特会関係者と)懇ろだっただろ」とやじを飛ばすと、安倍晋三首相は「聞くに堪えない侮辱的で下品なやじだ」と激怒。菅義偉官房長官は「女性の品格を傷つける誹謗中傷だ」と野党議員を批判した。

 その菅官房長官は加藤前支局長の起訴について「民主国家ではあるまじき行為だ」と韓国を批判した。日本政府までセクハラという事件の本質を言論の自由の問題にすり替えている。万一韓国のメディアが日本の国家元首に対し根拠のない侮辱的な記事を掲載し、言論の自由だと主張するのならば、日本の政府と国民は納得できるだろうか。

東京= 車学峰(チャ・ハクポン)特派員

 まーた、この下等動物は顔を真っ赤にさせながら妄想爆発で記事を書いているようですね。

 ここまで愚かで下賤、そして進歩とか進化と無縁なケダモノが自然淘汰されず現代まで生き残り続けたのって、或る意味地球史上最大のミステリーなのでは、そうつくづく思いますね。

 日本はダブルスタンダードだ、裏表がある、と品性下劣な車に相応しい見当違いの喚きを上げていますけど、自らも書いているし、李の阿呆の台詞としても記しているように、まず日王という呼称そのものが侮蔑の意図を持ってチョウセンヒトモドキが用いている差別用語であり、人間の中にはそれを用いている民族は存在しません

 ヒトモドキの飼い主であるあの反日の大家、中国人だってそんな愚劣な別称は使いませんもの。

 それを人どころか畜生にも劣る下等動物の分際で差別用語を用いるのですから、万死に値する発言であり、公的な謝罪を要求されるのは至極当然のことに過ぎません。

 また、写真の話にしても「懇ろ」という表現を異性関係で用いるのはそのまま男女の関係であるという事を指すことになるわけですから、単に取材を受けた時に頼まれて写真を撮った程度でそのような事を、それも都議会での野次騒動などで議員の品位が疑われている最中に、国会で野次として言えば謝罪が必要になるのは当然です。

 まぁ、知能の欠乏したヒトモドキに日本語の言い回しや世情への配慮なんて、どちらも余りに高度過ぎて理解出来ないと思いますが。

 一方、二代目ルーピーの話は、そもそも不信な空白の7時間があったことについて報じたのも、実名を挙げて男性との密会説を垂れ流したのも朝鮮日報です。

 しかし、朝鮮日報もその執筆記者も取り調べどころか事情聴取すら受けておらず、「検察の取り調べで疑惑は事実無根であることが分かった」から産経は謝罪しろと車は書きながら、情報元である自社もその執筆者も一切、ヒトモドキが言うところの名誉毀損をしたことを謝罪していないし、記事の撤回さえしていないことを棚に上げてこの言い草です。

 もうホントお笑いですよね、ヒトモドキって存在そのものが。

 産経の記事にはそもそもちゃんと空白の時間や男女の疑惑について一番のソースが朝鮮日報であることはしっかり記されていますし、また、証券の方も噂話であることが記されており、又聞きの話や噂話と断言されていて、事実として記した訳ですらない。

 ましてや事実関係なんて、当の二代目ルーピーやその側近どもの意向を受けた検察が動いての調査結果だというのですから信頼性など絶無な上、仮に事実だったとしてもそうやって調査したから判ったのであり、産経による執筆や掲載の時点でどうやってそれが名誉毀損の意図を持って事実無根のでっち上げをしたという結論に至るのか?

 まさしくヒトモドキのイカレきった頭でなければ為せない論理矛盾、現象の逆転です。

 大体、他紙を元にした政治家という公人の男女関係の噂について報じることが罪ならば、最初に根拠も無く男女の噂を報じた朝鮮日報が取り調べさえ受けないことに整合性が付かないのにねぇ?

 挙句の捨て台詞が「万一韓国のメディアが日本の国家元首に対し根拠のない侮辱的な記事を掲載し、言論の自由だと主張するのならば、日本の政府と国民は納得できるだろうか」ですけど、そんなもの車を始めとしたチョウセンヒトモドキが日常茶飯事でやっていることじゃありませんか。

 朝鮮日報や中央日報を始めとしたヒトモドキメディアなんてそれこそ、日本語版にまで安倍総理をヒトラーと同一化して罵るどころか、ちょび髭を付けた安倍総理の写真を蹴り破ったり燃やす衆愚の写真を嬉々として掲載したり、歴代の首相を侮辱する差別的な風刺画を掲載したりするし、そもそも記事中でも書いている日王って表現それ自体が憲法で天皇陛下を象徴と規定している日本国民に対する侮辱そのものだというのに、丸っきり覚えてもいなければ何年も東京にいてそのような基本に対する理解さえないのですから、本当にヒトモドキって低俗すぎ。

 中央日報でしたっけ、以前脱北者の作品だとかいって、マリリンモンローの顔を金正日に変えた低レベルなアイコラ写真を掲載したり、壇上で軍服を着て軍刀を下げた小泉総理(当時)とその前で整列する丸眼鏡で出っ歯の日本人という戦時中のアメリカ並みに差別的な風刺画を掲載していたのは?

 国家元首差別どころか民族差別さえ公然と21世紀の現代でもやっている自分達ヒトモドキメディアの存在を棚に上げて、「日本の政府と国民は納得できるだろうか」とか、いやはや死んでも直らないバカは救いがありませんね。

 まぁ何にせよ、流石はサルに劣る知能と鶏に劣る記憶力のチョウセンヒトモドキですし、毎度ながら過去について喚くくせに自分達の過去を全く覚えていない間抜けの車らしいトンチキな記事ですよね。
10月13日(月)

是非ともそのまま半島で反原発を叫び続けてくれ 

12日付けの朝日新聞デジタルの記事から

菅元首相が韓国で脱原発訴え 「事故で考え方変えた」
2014年10月12日16時45分
 菅直人元首相は11日、原発問題をめぐってソウルで講演し、自らが首相の時に経験した東京電力福島第一原発の事故を振り返ったうえで、原発をできるだけ早くなくし、再生可能エネルギーに切り替えていくことを訴えた。

 菅氏はこの日、韓国の野党3党などが主催する催しに招かれた。菅氏は東日本大震災で、第一原発で炉心溶融(メルトダウン)や水素爆発が次々に起きた経緯を説明。「事故が起きるまではいわゆる『安全神話』を信じていたが、考えを変えた」と述べた。

 そのうえで、原発をやめた場合の代替エネルギーとして、太陽光などの再生可能エネルギーに言及。「韓国でも計画的に拡大していけば、原発に頼らずに必要なエネルギーを供給することは十分可能だと思う」と語った。さらに、原発の問題をめぐる日中韓の連携の必要性などを訴えた。

 資源が乏しい韓国は電力を原発に依存してきた。朴槿恵(パククネ)政権は、2035年には原発への依存度を29%まで引き上げる方針だが、野党勢力は依存度の引き下げや脱原発を訴えている。(ソウル=貝瀬秋彦)

 神話を盲信し、ダメだとなれば今度は耳障りのいいだけで内実の伴わない太陽光に縋る…まさにバカの典型ですね。

 ましてや「韓国でも計画的に拡大していけば、原発に頼らずに必要なエネルギーを供給することは十分可能だと思う」なんて論拠の欠片も無い事を平然と公言するんですから、やっぱりこのゴミ虫に政治家は荷が重過ぎます。

 事実、十分可能だと、勝手に推し進めた日本の太陽光買取制度が既に破綻しているのをどう説明するのやら?

 政府・自民党は春頃からこのバカどもがやった愚策に群がるハイエナ業者を税金を使って洗い直す作業に現在入っていますし、制度そのものも九州電力が破綻の為買取ストップに入ったことなどを受け、地熱の購入を優先するように見直しが入りました

 もっとも、安定性と言う意味では太陽光なんぞに比べれば遥かに勝っているものの、絶対的な供給量が少ない上、乱開発は環境破壊に繋がるので、地熱も伸び代は少ないんですがねぇ?

 以前記したように、マグマ溜まりにぶつかる可能性もあるし、水資源を汚染することもあるし、観光地の場合には温泉への影響も海外で確認されているので、反対の声が出ていますし

 ま、南朝鮮の場合はそれ以前の問題として手抜き工事による経費節約での金儲けと言う悪習をどうにかできないと、何をやったところで無意味だと思いますが。

 現在までにおきている南の原発事故って基本的に部品の品質問題など管理不備が大きく影響しており、軍事だろうが原発だろうが違法な手抜き工事や劣悪品使用による工事費の中抜きは小賢しいヒトモドキにとってお約束ですもの。

 つい先日はトンネル工事でロックボルトを予定の1/3しか使わないで造ったなんて話も朝鮮日報に載っていましたし、まさに目先の金儲けの為なら同族の命さえ嬉々として差し出すヒトモドキ故の愚劣さです。

 そんなヒトモドキが原発の利用率を引き上げる…確かにそれは脅威であり、偏西風の流れる先である日本としては無くして行く方に方向転換して欲しいものですから、是非ともバ菅には日本に戻らず、残りの余生をそのまま半島での反原発活動に費やして肥料となって消えて欲しいものです。

 日本を壊したゴミをゴミ箱に捨てられる上、危険性も除去できるのですから、実に素晴らしいじゃありませんか(笑

 YOMIURI ONLINE『再生エネ購入、地熱優先へ…太陽光偏重を見直し』
 http://www.yomiuri.co.jp/economy/
20141011-OYT1T50132.html?from=hochi
10月12日(日)

適材適所ではなく、まずイデオロギーありきがサヨクですから 

11日付けの産経ニュースの記事から

一部から疑問視された自衛隊派遣 救助・捜索に役立つ装備と機能 大型ヘリ・ガス探知・装甲車…
2014.10.11 17:09更新
 噴火によって多くの犠牲者を出した御嶽山(おんたけさん)では、11日も長野県警、消防、自衛隊が行方不明者の救助・捜索活動を続けた。

 今回の救助・捜索活動をめぐっては、派遣された自衛隊やその装備について、一部から疑問の声が投げかけられた。警察、消防にはない能力を有する自衛隊の何がいけないというのだろうか。

 「なぜ、御嶽山に自衛隊派遣なんだろ…。人が必要なら、むしろ警視庁や富山県警の機動隊や山岳警備隊の応援派遣をした方がよさそうな気もするが…」

 噴火当日の27日、ジャーナリストの江川紹子さんが自身のツイッターでこうつぶやき、ネット上で批判を浴びた。

 江川さんは2日後に「自衛隊を災害で派遣することに反対しているわけではありません」とつぶやき、前出のつぶやきを削除した。江川さんの真意を聞こうと9日に取材依頼したが、11日時点で返答はなかった。

 御嶽山周辺で待機する陸上自衛隊の89式装甲戦闘車は人員を輸送する能力をもつが、機関砲を備えている外見にこだわって派遣を疑問視する報道が見られる。

 陸自トップの岩田清文陸上幕僚長は9日の記者会見で、江川さんのツイッターをめぐる騒動について「初耳で承知しておりません。コメントのしようがありません」と困惑の表情を見せただけだったが、ある陸自幹部は「なんでそんなことを…」と絶句した。

 御嶽山で活動する陸自と航空自衛隊は、11日時点で人員約330人、車両約90両、航空機16機の規模で働いている。

 陸自の多用途ヘリコプターUH60は9月28日、標高3千メートルの厳しい条件下で23人を救助。CH47大型ヘリコプターも多くの人員や資機材を山頂近くまで送り届けている。

 陸自はNBC(核・生物・化学)テロ対処能力を持つ中央特殊武器防護隊も派遣している。広範囲にわたって火山性有毒ガスの濃度を計測できる「化学剤監視装置」を用いて、自衛隊だけでなく警察、消防の救助・捜索活動を支援している。火山灰に埋もれた手がかりを探すのに使われている地雷探知機も、自衛隊ならではの装備だ。

 一部で疑問視されている89式装甲戦闘車に関しても、陸自幹部は「普通の車両では、降り積もった火山灰を巻き込んで前へ進めない場合がある。キャタピラーで動く装甲戦闘車なら、火山灰の上でも動ける」と説明する。

 もし、さらなる噴火があっても、噴石の直撃にも耐えられるし、機密性が高いため火山性有毒ガスからの緊急避難の場所としても使える。

 内閣府が平成24年に行った「自衛隊・防衛問題に関する世論調査」によると、「自衛隊が今後力を入れていく面」(複数回答)として「災害派遣」と答えた人はトップの76・3%だった。阪神大震災や東日本大震災での活躍で、自衛隊の役割には広範な国民の理解があるとはいえ、江川さんのツイッター騒動は、自衛隊への理解がなお十全ではないことを物語っている。(杉本康士)

 異動先部署の仕事が忙しく、月末頃から月の半ば頃までは中々更新が出来ず、滞る事が今後も常態化しそうです…

 記事の内容に入りますが、まぁ、元々あの左巻きどもの巣窟であるTBSのサンデーモーニングに毎週出て一緒に反自衛隊で盛り上がっていたような輩ですしねぇ?

 能力的に警察や消防の上位組織と位置付けられるのが、自衛隊であるなんて絶対に認めたくないのでしょうね。

 災害に限らず、有事に投入できる人員数やその質は勿論、装備や訓練量、経験等、どれをとっても警察や消防では自衛隊に及びません。

 例えば急患が発生した場合、当然ながら第一報は消防や警察への救急要請になります。

 しかしその場所が離島や気流の乱れる山間部の村落、暗夜などの場合、彼らでは対処できないことが往々にしてあり、そうなると今度は知事へ連絡が行き、そこから出動要請が自衛隊に来る。

 つまりは消防や警察が対処できないと匙を投げるような難事に対処しなければならないのが自衛隊ですから、そのためには装備の面でも人材の面でも警察や消防を量と質の双方で上回っていなければならない

 「警視庁や富山県警の機動隊や山岳警備隊の応援派遣」で対処しろなどとほざくのは、この基本にして大原則の部分さえ知らないジャーナリスト(笑)故の蒙昧さってことです。

 そもそも、同じ装甲車でも精々が暴徒対策レベルで十分な警察と、戦争や大規模災害対策が必要な自衛隊で同じであるわけがありませんし、月明かりも無い暗夜の離島の急病人とか、吹雪で荒れる山間部で遭難者を救助する自衛隊のヘリが警察や消防のヘリと同じかそれ未満のレベルのわけがない事位、自衛隊のこれまでの活動を知っていれば言うまでも無く理解出来ることです。

 故に、己の無知蒙昧さを棚に上げて自衛隊なんか必要ないと叫ぶ程度の輩は、ジャーナリスト(笑)で十二分だと。

 実際、記事でもチラッと名前が出てくる自衛隊の特殊武器防護隊などは毎年消防学校で講演をして知識の向上と連携の強化に勤めるなどしていますし、先の東日本大震災の時を振り返っても自衛隊が人員規模でも活躍内容でも警察や消防以上であったことを疑う人間はいないでしょう。

 大勢の隊員が己の家族の安否もわからぬまま国民の救助に連日身を投じ、凄惨な遺体の収容を繰り返してトラウマを負いながらも職務を続けていたことを知らぬ日本人がいるでしょうか?

 その時の原発事故でも、近づけぬ消防に代わって原子炉上空から被爆覚悟で放水作業を行ったのは自衛隊でしたよね?

 テレビのコメンテーターまで勤めて散々報道に携わってきたジャーナリストのはずが、こうも無様な見識レベルなんですから、そりゃまあ朝日を筆頭にする反日目的の低俗で愚劣な報道が跋扈するのも当然ですよね。

 ましてや朝日やNHKみたいに詐欺契約を働いても、捏造報道をしても一切刑事罰が与えられないのですから、腐敗は深化する一方で改善など見込めないわけです。

 もっともこのジャーナリスト(笑)の場合は余りに頓珍漢な発言を繰り返した挙句、あまりのバカっぷりを全方位から糾弾されて謝罪と撤回に至ったわけですが、それでも真意は別だったんだーなんて、朝日みたいな言い訳をして恥の上塗りを忘れないんですから、サヨクって本当に救い様がないですよね。

 そもそも自衛隊の装甲車がダメだと言うのなら、それより劣る装備しか持たない警察や消防に何が出来るんだという話になるのに、ただ只管自衛隊を罵倒して自分は正しいんだと誰にも同意してもらえない独り善がりな戯言を並べ立てているのですから、その時点で程度は察せますけど。
10月06日(月)

単なる自殺扱いで処理してよいのでは? 

5日付けのNHKオンラインの記事から

神奈川 サーフィン中の学生が行方不明
10月5日 20時50分
 台風の影響で波が高くなっていた神奈川県藤沢市の海岸でサーフィンをしていた21歳の男子大学生が行方不明となり、海上保安部などが捜索を続けています。

 5日午後4時ごろ、藤沢市鵠沼海岸の湘南海岸公園の沖合でサーフィンをしていた東京・町田市の21歳の男子大学生の行方が分からなくなったと、一緒に来ていた友人から消防に連絡がありました。第3管区海上保安部によりますと、この男子大学生は昼すぎから友人と別の場所でサーフィンをしていて、姿が見えなくなったということです。

 気象台によりますと、当時、藤沢市を含む神奈川県沿岸部は台風18号の影響で波が高くなっていて、気象台は波浪注意報を出して注意を呼びかけていました。海上保安部と消防などは、巡視船を出すなどして捜索を続けています。

 台風が近づいて時化が酷くなる一方の海に、海保や消防が危険を冒して出る必要性が何処にあるんでしょうかねぇ?

 勝手に自殺しただけの話なんだから、放っておけばいいのに。

 山にしても海にしても、危険な場所に危険な状況と理解して近づくのは自己責任の範疇でいいと思うんですよねぇ。

 わざわざ好き好んで危険に飛び込むような阿呆を助けるため、警察や消防、或いは自衛隊の人達が身を危険に晒す価値なんてありませんもの。

 こういう連中に共通しているのって、自分は大丈夫、自分の時は平気という微塵も根拠の無い自信なんですから、異常なまでの自信家なのか、リスクって概念も理解出来ない馬鹿なのか?

 先日の御嶽山みたいに噴火の可能性が低い観光地と行政によってされていたような場所なら、幾分はリスクへの認識が甘くても理解出来る部分はありますけど、コレみたいに台風の接近で時化になっている海へ、しかも10月の湘南に行くなんて、それこそ単なる自殺願望でしかありませんよ。

 それもわざわざ連れと別れて一人でとか、自分でフラグまで立てているんですから…

 まして、ここまでの阿呆でも放っておけないというのなら、それこそ時化の時にサーフィンをするのは禁止とすればいいのにと思いますよ。

 波浪警報なり注意報が出ている時にサーフィンをしたら5万円の罰金とか、条例でもつくって

 ついでに、こういう捜索をさせたら燃料費やら危険手当やらごっそりと上乗せして当人やその家族に請求するとかすれば、バカは減少するでしょうし、湘南ならそれこそ丁度いい税収になるんじゃないかと。

 何にせよ、二十歳過ぎた大学生にもなってリスクを検討も出来ない、責任も自己で負えないで他人に迷惑を掛けるなんて輩はロクなものじゃありませんね。

 まぁ、そもそも昔からサーファーなんてのに異常な人間やロクデナシは幾らでもいますけど、マトモな人間がいるって話自体、私は寡聞にして知りませんが。
10月02日(木)

ヒトモドキの低脳ぶり、下劣ぶりを示す良い資料 

1日付けの朝日新聞デジタルの記事から

【中央時評】「やさしい」従軍慰安婦だとは…
2014年10月01日09時29分
 新聞で紹介された日本の作家・塩野七生氏の文を読んだ。慰安婦という言葉を見ながら、とても「やさしい」名前だと思ったということだ。やさしさが、とても目についた。どんな単語が翻訳されたのかと見てみたら「やさしい」だった。極度に緊張した兵士が、緊張をほぐすために慰安婦のもとに行くというすぐに後の文章との脈絡を見ると、日本語の辞典『広辞苑』にある「情が深い」「親切な」の中の「情が深い」に近いようだ。

 しかし考えただけでも人間ならばおぞましいに違いない存在を「愛情深い」と言うとは。こうした言葉は「旅の恥はかき捨て」ということわざまである日本人だけができる非人間的な言葉だ。

 塩野氏は、辞典で慰安を探すと「労苦を慰めること」であり、従軍慰安婦というのは日本の辞典だけにある言葉だという。当然のことだ。世界の戦争歴史上、従軍慰安婦を運営したのは日本だけではないのか。

 戦場での緊張をやわらげようと女性を探し求めるというのは世の中のすべての人が認める。問題は、大和撫子を自慢する自国の女性をさし置いて、よりによって植民地や占領地の女性たちを緊張解消のために動員したのかということにある。さらに情の深い日本女性を除外したのは、彼女たちが迎える運命が世界史に類のない性的奴隷であることを日本人当事者が知っていたからだ。

 塩野氏は、従軍慰安婦という言葉がないから英訳すれば性的奴隷になるだろうが、慰安婦と性的奴隷が与える印象はかなり違うという。当然のことだ。性的奴隷は実体を赤裸々に明らかにした真実の言葉で、従軍慰安婦は犯罪を隠すために作った偽りの名前だ。

 性的奴隷を否定する証拠として塩野氏は、インドネシアのオランダ女性の収容所の話を入れている。戦勝者として来た英国軍は、収容所の警備をずっと日本軍に任せていたという。彼女は、女性を性的奴隷とだけ考えるのが日本の将兵ならばオランダ女性を保護する収容所の警備を任せるだろうかとした。主張がここまでくれば、ただ唖然とするばかりだ。英国軍の目があるのに、あえて収容所の中の女性を犯そうと思うバカは世の中にはいない。

 塩野氏は、女性の胸に顔をうずめて泣くばかりだった制限時間になって出てきた若い兵士もいるのではないかと想像するようになるとも話している。制限時間があったというのは、従軍慰安婦を日本軍が管理運営して彼女たちが性的奴隷だったという事実に対する明らかな証拠だ。

 もはや私たちは日本語の辞書だけにある従軍慰安婦という偽りの単語を、戦時日本軍性的奴隷に変えなければならない。戦時とは、もちろん日中戦争から太平洋戦争の期間をいう。言葉に日本軍が入らなければならないのは、第2次世界大戦に参加した数多くの軍隊のうち性的奴隷制度を作ったのは日本軍だけだったからだ。性的奴隷というものは▼性の提供が強制され▼住居も収容所に限定された事実上の監禁なので、古代ローマ帝国や近代米国の奴隷よりもさらに自由でなかったからだ。

 すでに私たちは戦時日本軍性的奴隷という言葉を使って従軍慰安婦という日本語の直訳を捨てるべきだった。最大被害国民である私たちが戦時日本軍性的奴隷という言葉を創案できなくても、国連をはじめとする米国・欧州諸国で使ったら即時に変えるべきだった。

 従軍慰安婦という言葉を使ってはいけないいくつかの理由がある。最初に、従軍慰安婦という日本語は日本だけにある単語だ。当然、清算されなければならない日帝の残滓だ。2番目、従軍といえば従軍記者・従軍作家など自発的に軍隊について移動した人々が思い浮かぶ。当然、自発性を含蓄している。だからこそ捨てなければならない。3番目、韓国の辞典で慰安婦は売春婦だと出ている。売春婦は自発的に性を売る売買の当事者だ。したがって奴隷ではなく自由人だ。

 古代ローマの剣闘士には2種類があった。1つはお金・名誉・人気のためになった職業剣闘士だ。彼は自由人で、相手を選んで競技場に出て行く。もう1つは捕えられてきたり、売られてきたりした剣闘士だ。彼は閉じ込められて過ごし、剣闘相手を選べない奴隷だ。戦時日本軍性的奴隷は明らかに後者だ。収容所に閉じ込められてお客さんを選ぶ自由もなく、並んで待つ兵士を相手に性を提供する女性を、性的奴隷でなければほかに何と呼ぶのだろうか。塩野氏は『ローマ人の物語』で、お金を払って奴隷身分から抜け出して解放奴隷になれる制度について何度も言及している。従軍慰安婦女性は、そのような選択さえできなかった。

 私たちは直ちに、戦時日本軍性的奴隷と名称を変えなければならない。当事者である女性たちは、奴隷という名前まで付けるのかとお怒りになるだろう。しかし賠償どころか謝罪さえしていないが、日本軍が制度的に性的奴隷を管理・運営したという事実だけでも知らせるべきではないだろうか。

 参考までに、塩野氏の記事のすぐに後に平川祐弘・東京大学名誉教授の文がある。彼は、東京の売春婦とその恋人であるフランス兵長のためにラブレターの翻訳をしたと述べた後「私は日本の慰安婦にフランス大統領が謝るべきだとは思わない」と書いた。ラブレターまでやりとりする日本の売春婦と、悲劇的な戦時日本軍性的奴隷を区別できないのが大多数の日本人の意識構造のようだ。

 イム・ジョンチョル ソウル大名誉教授(経済学)

 もう突っ込みどころ満載と言うより、事実が何かさえ判別できず、調べさえしないで意味不明な脳内妄想を勝手に爆発させて火病を起こす…まさにサルにも劣る知能の下等動物チョウセンヒトモドキの下劣さをこれでもかと知らしめてくれていますね。

 こんな下等な駄文を延々書き殴るのが大学の名誉教授だと言うのですから、一般のヒトモドキの知能など口にするまでも無いというものです。

 まず何よりも突っ込むべき最大の笑いどころは、「従軍慰安婦というのは日本の辞典だけにある言葉だという」と、仮にも大学教授が時点にあるかどうかという基本中の基本さえ調べずに憶測でデマゴーグを垂れ流し、タイトルにも用いていることですね。

 今時、従軍慰安婦なんて表現はブサヨ筆頭のバカヒや毎日、日経、NHKなど反日メディアでさえ使いません。

 何故かと言えば、「"従軍"慰安婦」は戦後反日ブサヨ勢力が生み出した造語であり、本来の名称は単なる「慰安婦」に過ぎなかったからです。

 でも、所詮知能は低劣、妄想力は無限大の火病民族、書いている内に見事にそれが事実化され、疑うべき余地の無い絶対の真実へとこのサル教授の中でなっていっています。

 「従軍慰安婦は犯罪を隠すために作った偽りの名前だ」と、実際に時点に載っているかさえ確認せずいい加減な伝聞、それも翻訳されたものを書いていたのが、次の時には早くもその出自を証拠も無く犯罪の隠蔽が目的だと断定しだし、「日本語の辞書だけにある従軍慰安婦という偽りの単語」と途中からはその伝聞さえも断定に変わり、最後には「従軍慰安婦という言葉を使ってはいけないいくつかの理由がある」ともはや味方である筈の反日ブサヨどもの生み出した造語にさえ敵意をみなぎらせて噛み付く。

 いやはや、まさに狂犬病さえも可愛く見えるヒトモドキ固有の火病による末期症状ですね。

 さて、他の部分も見てみると、「「旅の恥はかき捨て」ということわざまである日本人だけができる非人間的な言葉だ」とまぁ、たかだか諺一つを持って日本人が非人間的だと断定しています。

 それも、旅先で人の目がなくなると羽目を外してしまうという程度の、人間だからこその失態を意味する言葉を理由に非人間的とくるのですから、やっぱり下等動物風情が人間様を語るなど分際を弁えぬ傲慢だという事ですね。

 きっとこのサルには、日本語にその対義語として「立つ鳥跡を濁さず」などが存在する事どころか、そもそも対義語の存在や意味自体、認識や理解が出来ないのでしょう(笑

 何せ旅の恥は掻き捨てが非人間的なら、当然ながら対の立つ鳥跡を濁さずは人間的な言葉となりますよねぇ?

 少なくとも私には「池に落ちた犬はたたけ」なんて、人間では有り得ない凶暴性と野蛮さ、残虐性、人情味の欠片もない非道さが滲み出ているヒトモドキの諺の方が遥かに非人間的な感性と神経でなければ生み出せないと思いますがね。

 そもそも自国の歴史すら確認しないで「世界の戦争歴史上、従軍慰安婦を運営したのは日本だけではないのか」とかほざいているんですから、もうニュースもチェックしないで経済の教授とか、ヒトモドキはどれだけ恥知らずなのやら。

 今年に入ってから米兵相手の売春を国家によって強制されたとして、同族の雌が韓国政府を相手取って裁判を起こしている最中なのに、日本だけだとかドヤ顔でほざいているんですもの(爆笑

 また、ヒトモドキどもが日本とは違うと盛んにヨイショしているドイツにしたって占領国や強制収容所に入れた女性に売春を強要していましたし、フランスだってインドシナに植民地のアフリカから女性を売春婦として文字通り従軍させており、他にも売春を禁じる代わりに強姦が認められていたソ連や黙認されていたアメリカなどなど。

 サルの妄想と現実は常に全く乖離しています。

 まして慰安が犯罪を隠すなどというに至っては、そもそも誰に対して隠す必要があるんだって話です。

 女性で17歳以上という以外の資格や経験などの条件が一切無く、なれば前金で300円と言う下手な職業では一年かかっても稼げない程の大金(女中が月給10円程度)を払うような職業が売春以外にあるなら、是非とも教えて欲しいものですし、当時をちゃんと調べていれば、兵隊へのプレゼントを入れた袋を慰問袋、劇団などが部隊を巡るのを慰問とよんでおり、兵の苦痛や恐怖を慰め、荒ぶる精神を安んじるのが仕事の婦人だから慰安婦と呼んだ。

 言霊信仰が強い日本において名は体を現すものであり、単純な売春と違う事を名前にも現したかったのでしょう。

 ま、「▼性の提供が強制され▼住居も収容所に限定された事実上の監禁なので、古代ローマ帝国や近代米国の奴隷よりもさらに自由でなかったからだ」なんてほざく蒙昧なヒトモドキに理解しろと言うのは酷過ぎる話でしょうが。

 日本側だけでなく米軍の聴取記録にもあるように、客を拒否する権利を保有していたので提供を強制は嘘だし、毎日散歩の時間も有るだけでなく、休日もあって街に買い物に行ったり家族に送金したり貯金する事もできた以上、監禁された奴隷だなんてのは大嘘もいいところです。

 それが事実だったら、文玉珠はどうやってサルが言うところの性奴隷にされている最中の2年半で郵便貯金2万6145円なんて額を生み出したのか、是非ともサル教授に説明して欲しいものですよねぇ?

 また、「塩野氏は『ローマ人の物語』で、お金を払って奴隷身分から抜け出して解放奴隷になれる制度について何度も言及している。従軍慰安婦女性は、そのような選択さえできなかった」などともほざいていますが、他ならぬヒトモドキ自身が戦争途中に一度帰国し、その後また慰安婦になったというのもおり、奴隷がその身から自由意志で辞めたり、またなったりなんてどういうことだってのも是非とも説明を要求したいところです。

 そして締めは「ラブレターまでやりとりする日本の売春婦と、悲劇的な戦時日本軍性的奴隷を区別できないのが大多数の日本人の意識構造のようだ」なんて書いていますが、慰安婦にはラブレターのやり取りどころか求婚されて実際に結婚した例もあるんですがねぇ?

 それと、「問題は、大和撫子を自慢する自国の女性をさし置いて、よりによって植民地や占領地の女性たちを緊張解消のために動員したのかということにある。さらに情の深い日本女性を除外したのは、彼女たちが迎える運命が世界史に類のない性的奴隷であることを日本人当事者が知っていたからだ」とか途中でほざいているんですけど、秦氏の研究で慰安婦の割合中、国籍別最大の割合を占めているのは他ならぬ日本人女性であるのに、それさえも知らないで20万匹が拉致されたとか、悲惨さを理解しているから日本女性はいないだのと、歴史を何も知らないくせに自信満々に嘘を喚くこの無知蒙昧ぶり、ホントいい加減にして欲しいものです。

 と言うか、21世紀も10年以上経っている今でさえ海外に10万匹、内日本には5万匹も売春婦を送り込んでおきながら拉致されたも何も無いものです。

 こちらがいらないと言っている現代でさえそれだけ勝手にやってきて勝手に違法売春をするのがヒトモドキなのに、何故わざわざ日本人がヒトモドキの集落を襲撃して攫うなんて意味不明かつ無駄な労力を割かねばならないのやら?

 いやはや、物理的に出来ないものをやったと喚いたり、必要性すらないものをしたと言ったり、あれもこれも皆論理破綻となるのが大学の名誉教授なんですから、本当にヒトモドキって下劣だこと。
10月01日(水)

自分のことか他人のことかで言動を180度ひっくり返す卑劣なバカヒ 

1日付けの朝日新聞デジタルの記事から

差別と政権―疑念晴らすのはあなた
2014年10月1日(水)付
 「知らなかった」では済まない。山谷えり子・国家公安委員長は深く認識すべきだ。

 山谷氏は2009年に、当時「在日特権を許さない市民の会(在特会)」の幹部だった男性と一緒に写真に納まっていたことが先月発覚した。「在特会の人であることは知らなかった」と弁明し、世耕弘成官房副長官も「何ら問題はない」との見解を示した。

 だが先週、日本外国特派員協会で行われた山谷氏の講演は、拉致問題がテーマだったにもかかわらず、質疑のほとんどが在特会との関係に集中した。

 在特会の政策に反対するかという質問に対し、山谷氏は「一般論として、色々な組織についてコメントすることは適切ではない」。在特会が主張する「在日特権」とは何か、自身もそのような特権があると考えるかといった質問には「私が答えるべきことではない」と述べた。

 国家公安委員会は警察の最高管理機関である。その長と、在日韓国・朝鮮人を「殺せ」と街頭で叫ぶ在特会との関係が疑われること自体、恥ずべきことだ。にもかかわらず、民族差別は許さないという強い意思を示さず、「日本は和をもって貴しとする、ひとりひとりの人権を大切にしてきた国柄」などと山谷氏らしい語り口で、一般論として「(ヘイトスピーチは)誠によくない、憂慮に堪えない」と述べただけでは到底、疑念を晴らすことはできない。

 それどころか、彼らの行動を黙認しているのではないかとの疑いすら招きかねないだろう。

 海外メディアは、山谷氏の件だけでなく、高市早苗総務相や自民党の稲田朋美政調会長が、ナチスの思想に同調しているとみられる団体の代表と写真撮影をしていたことも報じている。閣僚ら個人の問題を超え、右翼的な政権の性格を示すものだとの見方が広がっている。

 民主党の海江田万里代表は、きのうの国会代表質問でこの件を取り上げ、「国際社会からあらぬ目で見られないためにも、民族差別や偏向したナショナリズムには一切くみせぬことを示してほしい」と迫った。だが、安倍首相は「一部の国、民族を排除しようという言動のあることは極めて残念であり、あってはならない」と、あっさり答弁しただけだった。

 このままでは疑念は深まるばかりだ。問題を指摘された3氏と任命責任者たる安倍氏が、自身の言葉ではっきりと、在特会が扇動する民族差別や、「ネオナチ」の考え方は容認しないという決意を示す必要がある。

 他人事になると、こうも手前勝手な言い掛かりと要求を出せるのですから、つくづく傲慢で卑劣ですよね、バカヒって。

 出版社の取材時に同行しており、身分等を明かさず単に写真撮影を頼まれたからした。

 山谷氏側のこの主張そのものが嘘だったというのなら兎も角、そのような状況で思想がどうだ、関係性がこうだと言うのは完全にただの言い掛かりです。

 ましてやそれを、誰がどう見ても自社の方針に合うよう事実を歪曲したとしか見えない記事を垂れ流し、主張にあう自白をする詐欺師を繰り返し出演させ、それらペテンを30年以上経って取り消しても尚、単なる誤報ですと主張して読者にのみ謝罪して終わりだとするようなバカヒ如き卑劣漢が「「知らなかった」では済まない」だの、「深く認識すべきだ」だのほざいているのですから、滑稽千万です。

 調べるのが仕事の新聞社を名乗りながら、取材不足や情報不足を理由に真実性の欠片も無いデマを延々垂れ流し、放置してきた自分を棚に上げてよくもそんな言い掛かりをつけられるものです。

 おまけにタイトルに「疑念晴らすのはあなた」何て入れていますけど、バカヒはこの30年以上に渡る犯罪について、昔の事で難しいから当時の人間は処分しません、経緯の確認は第三者組織を立ち上げてしますと、自分達は他社全てから罵られているマスメディアの信頼性を貶めたことに対し、疑惑を晴らすための努力を一切していないのに、どの口でほざくのやら?

 しかもバカヒは自民党だけを罵倒していますが、それを言うなら民潭と結託して選挙支援をさせ、詐欺による政権詐取を実現させた民主党を何故一切批判しなかったとうい話ですし、在特会のカウンターだと喚いて数々の凶悪犯罪を犯してきたしばき隊という犯罪組織と民主党の有田国会議員が一緒に写真を撮っているし、それどころか結託して行動をしていることについては今尚一切見ず、言わず、聞かずの三猿を貫いている事実はどう受け止めるのか

 しばき隊と言えば襲撃によって警察に現行犯逮捕された者が複数おり、関連組織でレイプをしたと逮捕された者、生活保護不正受給により逮捕された者(韓国籍)などなど悪事に事欠きません

 事実、7月には関連組織である男組が「レイシストを急襲した」と自慢げに集団で暴行を働いたことをネットに動画付きで公開して8名も逮捕をされていますし、9月には書泉グランデがツイッターで在特会会長の本を紹介したのが差別だと脅迫して謝罪に追い込むなど、現在進行形で言論の弾圧や傷害など犯罪を繰り返しているのに、バカヒは民主とそのようなチョウセンヒトモドキ及びそれを支援する似非日本人らとの繋がりについては一切黙秘を貫いています。

 因みにその在特会会長の本ですが、しばき隊や有田によるバカ騒ぎが見事に逆効果になったそうで、店頭では品切れ、amazonではランキング1位となって即座に重版が掛かったとか。

 見事に民主らしいブーメラン効果と言うか何と言うか…

 泣き虫小僧の「国際社会からあらぬ目で見られないためにも、民族差別や偏向したナショナリズムには一切くみせぬことを示してほしい」という戯言にしたって、参政権を裏取引して選挙支援と他国民に約束する逆差別と売国をしたり、自分のところの党員が犯罪組織と結託して行動している事実を無視しておきながら厚顔無恥にもほどがありますよね?

 ま、面の皮が厚く、恥と言う概念が文字通り無い輩だからこそ民主党なんてゴミ集団に所属し、そのトップという普通の人間なら見っとも無さの余り自殺したくなるような地位に着けるのでしょう。

 大体、海外メディアで「閣僚ら個人の問題を超え、右翼的な政権の性格を示すものだとの見方が広がっている」と言うのであれば、それこそ本人らの主張を伝え、事実関係を悪意を持って深読みする海外メディアに説明していくのが日本のメディアの義務だと思うのですが?

 まして未だ数多くの自称誤報と言う歪曲報道について言い訳をしただけで、説明も責任もマトモに果たしていないバカヒが言えた台詞ではありませんね。

 何せあれだけのデマを長年垂れ流しながら、当事者は訂正前に退職させていないから処分しない、社長はすべてに片が付いてから進退を決める、幹部は一部の関係者の肩書き変更と責任を取ったなんて微塵も言えないレベルですもの。

 いやはや、やっぱりバカヒには倒産以外の道はありませんね。
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果