徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
07月31日(木)

自ら謀略で戦争を起こして日本が悪いと喚く下等動物 

29日付けの朝鮮日報の記事から

日清戦争120年:韓国人に忘れられた韓国内の古戦場
2014/07/29 11:03
 (前略)■日本最初の侵略行為は景福宮の占領

 日本最初の戦争行為は、豊島沖海戦ではない。海戦2日前の7月23日、日本軍はソウルの景福宮を武力で占領した。朝鮮と清の協力を断とうというのが目的だった。一部の学者は、この日が日清戦争の開戦日だと主張している。「朝・日戦争」と表現する人もいる。

 日本の陸軍参謀本部が1904年に発行した『日清戦史』は、朝鮮の王宮を占領した戦争の状況について「10分ほど銃撃戦が繰り広げられた、偶発的事件」と記述している。景福宮占領の詳細な過程は、1993年に『日清戦史』の草案が発見されたことで明らかになった。中塚明・奈良女子大学名誉教授は、参謀本部が『日清戦史』を偽造した事実を明らかにした。他国の王宮の占領は国際法に違反する侵略行為だということを、日本もよく分かっていた。日本は、朝鮮を「野蛮な帝国」清から独立させるための「文明の戦争」だと宣伝した。

 綿密な事前計画があった。日本軍の歩兵第11連隊は、午前4時に行動を開始した。工兵小隊が、景福宮の西門に当たる「迎秋門」に爆薬を設置した。しかし門が壊れなかったため、おのやノコギリを使って門を切断した。朝鮮の王宮守備隊と戦闘が始まり、朝鮮側の兵士数十人が戦死した。日本軍でも1人が死亡した。日本軍は王宮内に侵入し、朝鮮国王(高宗)を捕虜にした。わずか3時間40分で「状況終了」。この1年後、日本軍は再び景福宮に乱入し、明成皇后(閔妃〈びんひ〉)を殺害した。

 迎秋門は、景福宮の正門「光化門」から、西側の壁に沿って韓国大統領府(青瓦台)方向へ5分ほど歩けば着く。今月23日に訪れると、門は開いていたが「入場できない」という表示板があった。日本軍がこの門を壊して王宮を攻撃したという説明はなかった。蛍光色のベストを身に着けた義務警察官(兵役の代わりに警察に勤務している要員)が行き来しながら警戒勤務に当たっていた。券売所で売っている案内パンフレットにも、景福宮占領の事実に言及した部分はない。恥ずべき歴史だからなのか。中国や日本の観光客が、守門将交代式を行っている軍士の横で明るく笑い、記念写真を撮っていた。

■「虐殺の現場に『嘆きの壁』を」

 東学農民軍は、清と日本の軍隊が入ってくると解散した。朝鮮政府は、両国に撤退を要求した。日本はもともと退く気はなかった。平壌の戦いで日本が大勝利した直後の10月、東学農民軍は再び蜂起した。今度は「斥倭(日本排斥)」がスローガンだった。日本軍は無差別的に虐殺を行った。昨年公開された、日本のある軍人の日記によると、この軍人は朝鮮の農民を刺し、火で焼き殺したという。少なくとも3万人が虐殺された。日本の学界も認めている事実だ。だが日本政府は認めていない。韓国も、この人々を記憶していない。パク・メンス教授は「韓国側の方が問題だ。加害の責任を問うためには、正確に知っておくべきなのに、関連事実すら知らない。悲劇が繰り返されないために、(朝鮮の農民軍約1万人が死んだ)公州・牛禁峙のような場所に『嘆きの壁』を作るべき」と語った。

成歓・井邑・景福宮=李漢洙(イ・ハンス)記者 , 共同企画:東北アジア歴史財団

 たかだか10分程度の銃撃戦が戦争とか、本当にこの下等動物は自分の都合で直ぐ物事を針小棒大にしたり、その逆にしたりと道理ってものが通じませんね。

 単なる小規模な銃撃戦程度が戦争と呼べるなら、世界中で毎日新しい戦争が幾つも誕生しているってことになるんですが、サルにも劣る知能のくせに自尊心だけが醜悪に肥大している下等動物には理解が及ばないようです。

 ましてや下関条約第一条にも記される通り、迎恩門で王自らが清国の使者に三跪九叩頭の礼を行っていたのを止めさせて独立国として承認させたのですから、「朝鮮を「野蛮な帝国」清から独立させるための「文明の戦争」」という主張は真実に過ぎないのですがねぇ?

 最終的に併合に至ったのにしても、折角独立させてやったのに愚劣な権力争いを大院君と閔妃がその後も繰り広げたり、陰でロシアに擦り寄ったり農民を扇動して排日に動いたりと自助努力も自浄作用も示さなかったからであり、全ては自業自得ですし。

 「日本はもともと退く気はなかった」というのもお笑いで、何故引く気が無かったのかを歪曲するだけでなく、わざと清国について記していませんよねぇ?

 だってこの時日本は、朝鮮の独立と改革を共同で行う事を清に求め、イギリスも仲裁に乗り出したのに清側が朝鮮の支配権を主張して日本の撤退だけを要求し居座り続けていたんですから、都合が悪くて朝鮮日報のバカ記者には事実を記すなんてことは出来ないのでしょう。

 更に言えば、この時裏で大院君がクーデターを起こして権力を奪い返し、朝鮮から日本へ清の軍隊を掃討してくれと要請を出しているんです。

 これによって豊島沖海戦などが起こり、日清戦争へと至るのですから、結局のところ戦争を起こした当事者ってのはやっぱりチョウセンヒトモドキ自身なんですよね。

 それに東学農民軍なんて書いていますけど、所詮武器を持ったド素人の集まりに過ぎないのですから、そりゃ明治維新や西南戦争を経て近代化を果たし、訓練も十二分に積んだ日本の軍隊とぶつかれば一方的な展開になるのは至極当然ですし、それをけしかけたのは大院君(清軍と挟み撃ちにして日本軍を壊滅させるつもりで密使を送り、蜂起させた)なのですから、テロの関係者が殺されたってこれまた自業自得ですよねぇ?

 しかも呆れ返ることに、その首謀者である全琫準は朝鮮が捕らえ、日本公使であった井上馨の助命要請を本人が帰国した隙を突いて無視し、殺害しているのです。

 これだけ恩も礼儀も知らない下等で下劣な振る舞いを繰り返し続ければ、誰だって朝鮮王族なんてものに見切りを付けると思いません?

 無論、歴史ではこの後も大院君らによる裏切りなどは続くわけで、結局大勢は独立国として日本と並び立たせるのは無理であり、併合して直接管理してやるしかないという考えに至るわけです。

 連中に日本人のように不平等に耐え、他者に学んで力を蓄えて対等な存在になるという考えが僅かでもあれば全く違った未来があったでしょうが、所詮は蝙蝠民族ヒトモドキ、他者に寄生してキーキーと耳障りに喚くどっちつかずの半端者としてしか生きる術は存在しないのです。

 今もまた、中国に擦り寄りたい、でもアメリカも…などと二代目ルーピーの下で蝙蝠ぶりを発揮しており、その結果がどうなるかなんて全く考えていないのですから、救いようが無いと言うのか度し難いと言うのか…
スポンサーサイト
07月30日(水)

金儲け至上主義の結果を数字で見ても、未だ中国に固執するマックの愚劣さ 

29日付けのMSN産経ニュースの記事から

マック、中国鶏肉問題後の売上げ2割減 先行き見通し立たず苦境
2014.7.29 19:17
 日本マクドナルドホールディングス(HD)は29日に行った中間決算会見で、中国産の期限切れ鶏肉問題の影響を説明した。問題が起きた後の1日当たりの売上高が予定比で10~20%減少していることも明らかにした。現状では下半期の収支見通しが立たないとして、今12月期の通期決算予想を取り消して「未定」とする異例の措置も公表した。

 サラ・カサノバ社長は会見の冒頭、「お客さまに懸念、心配をかけ、深くおわびする」と謝罪。さらに問題の食品会社の行為に「絶対に許せない内容」と厳しく批判すると同時に、日本マクドナルドは「だまされた」との立場を示した。

 ただ、現時点では期限切れの製品が「日本向けだったという確かな事実は確認できていない」として、問題となった「チキンナゲット」の購入者への返金は考えていないという。その上で、カサノバ社長は「日本で使用されたことが確認されれば、消費者への返金を検討する」と説明した。

 同社では今後の対策として、材料の最終加工国や原料の原産国の公開、調達先への臨時監査実施といった品質管理の強化策を発表した。品質管理強化では、鶏肉以外の中国調達先と、タイの鶏肉製品の調達先について、臨時の追加監査と毎月の現場での作業確認を行う。また、国内でも中国、タイからの商品の品質検査の頻度を上げるという。

 これらの品質管理強化で、消費者からの信頼を回復させ、落ち込んでいる販売を早期に回復させたい考えだ。

 そりゃ、元々安さと速さがウリだったのに、バカみたいにメニューを増やして提供時間を遅くし、しかもメニュー表を廃止して客を混乱させて一層回転効率を落とし、挙句値上げを続けて他店に味で劣るのに値段は大差無いと、選ぶ理由が丸っきり無くなっていたのに、そこに加えて実は金儲け至上主義で中国産を使っていました、だから問題を起こしましたとなれば客足が一層遠のくのは至極当たり前です。

 チャイナリスクなんぞアメリカにだって十二分に浸透している状況なのに、それを世界で最も強い忌避感を示す日本への提供品で使うなんて、日本人にしてみればこのクソ会社は金儲け至上主義で客の健康や命なんて微塵も気にしていないんだと考えてもおかしくないのにねぇ?

 で、言い訳が自分達も被害者だとか、頭に蛆でも湧いているのかと疑われても仕方ありませんね。

 今の日本人にしてみれば中国産、韓国産なんて下劣なものを使うことそのものが食品テロを仕掛けているも同然ってレベルなのに。

 そうそう、他はどうかといえば、ホットアップルパイのりんごや一部メニューのスライスオニオン、チュロスの小麦粉も中国産で、更にチキンタツタのキャベツにはあの悪名高さでは中国産に勝るとも劣らぬ韓国産を使用しているんですよねぇ…

 どうやら本気で日本人の食の安全に対する認識をバカにしているようで。

 こうやって衛星概念なんてものが存在するのかってレベルから疑わねばならないところから平然と輸入をしておいて、キチンと検査はしていましただの、騙された被害者ですだのとほざかれても、何をかいわんやって思いません?

 ま、結局のところ検査の強化でどうにかなるとか、呆れ返るほど舐めた目線で日本人を見ているし、信頼回復の方法ってものも丸っきり理解できていないようですから、そのツケは決算時の数字で痛感すればいいんですがね。

 いやはや、ファミマの社長といい、なんで社名を地に落としてまでそんなに中国産なんぞに固執するのやら?

 目先の利益に囚われて相手の感情や思考を斟酌せず無視する何て真似をすれば大失敗をすると今回の一件で学べないとは、最近の大企業は揃ってバカしか据えてないんですかねぇ?

 マクドナルド原産国表
 http://www.mcdonalds.co.jp/safety/quality/pdf/origin_list.pdf
07月28日(月)

偏向思想を垂れ流す恥知らずなバカキャスターに厳罰を与えろ 

25日付けの朝日新聞デジタルの記事から

百田氏、NHK番組の強制連行発言に意見 放送法抵触か
後藤洋平、中島耕太郎

2014年7月25日06時58分
 NHKの経営委員で作家の百田尚樹氏が、22日にあった経営委員会で、ニュース番組「ニュースウオッチ9」の大越健介キャスターが「在日コリアン1世は強制連行で苦労した」という趣旨の発言をしたことについて、異議を唱えていたことが関係者への取材で分かった。放送法は委員の個別番組への干渉を禁じていて、同法に抵触する恐れがある。

トピックス:百田尚樹・NHK経営委員

 百田氏が問題視したのは17日放送の番組。在日コリアン3世の結婚観の変化についてのリポートが放送された際、終了間際に大越キャスターが「在日コリアン1世の方たちというのは、1910年の韓国併合後に強制的に連れてこられたり、職を求めて移り住んできた人たちで、大変な苦労を重ねて生活の基盤を築いてきたという経緯があります」と発言した。

 百田氏は経営委に同席した放送担当の理事ら執行部に対し、「在日韓国・朝鮮人を日本が強制連行したと言っていいのか。間違いではないか」「日韓併合後に強制連行は無かった。NHKとして検証したのか」などと問いただしたという。執行部側は「強制連行もあれば、自分の意思で来日した人もいるという趣旨で発言したものだと思う」などと説明した。

 ただ、放送法は第3条で「放送番組は(中略)何人からも干渉され、又(また)は規律されることがない」と定めた上で、第32条で経営委員の権限について「委員は、個別の放送番組の編集について、第3条の規定に抵触する行為をしてはならない」と定めている。
 ニュース番組内で事実に基かない戯言をキャスターが放言した…これは当然ながら経営状況に直結する失態ですよねぇ?

 そもそも「強制連行」なる文言そのものがブサヨやヒトモドキの使う愚劣な言い掛かりに過ぎないのは言うまでも無い事であり、公共放送のアナウンサーがそんな偏向思想が無ければ出来るわけの無い差別語を放送中に口にするなんて恥ずかしい真似をしたこと自体、厳罰ものの失策じゃありませんか。

 徴用は国家総動員法という当時の法律に基き、国民に科せられた義務です。

 そも、法に基いた義務を強制と置き換えて悪事のように罵る事が許されるのなら、NHKと放送法なんて本人の意思を一切無視して強制加入強制徴収を行い、拒否する人間には裁判を起こして犯罪者のレッテルを張った上で金を巻き上げる凶悪なテロ組織も同然じゃありませんか?

 国民がどれだけ嫌がろうが、NHKだけを拒絶する方法の掲示を求めようがそれを許さず、詐欺やテロも平然と行う犯罪結社なんですから、強制連行なんて戯言をほざく位ならまずは自社について強制加入と強制徴収を行う極悪なクズの群れですとでも、この大越だかオオバカだかってアナウンサーは言って見ろと思いますよねぇ?

 しかも在日モドキの1世なんて大半が職を求めて合法、非合法に日本へ渡航してきた連中であり、それは独立後も継続し続けて現在の40万匹以上に至っているのです。

 一方、徴用によって日本に来たモドキの内、残っているのは200そこいらだったことは他ならぬ朝日が戦後に報じており、1910年の併合後になんてまるで併合直後から徴用が行われていたと受け止められる愚かな言い回しや、徴用を強制と罵った後に職を求めて云々と徴用の方が自主渡航より多いと錯覚させかねない発言順序など、言葉の専門家として意識せずにやったのならやはり無能と断じられても何ら反論の余地の無いいい加減極まりない愚者の発言ですし、意図してやったのなら個人的な妄想を公共放送を使って垂れ流した最低最悪のクズ野郎です。

 ましてや文化も違えば風習も違う、肌の色も言語も学んできた常識自体も何もかもが異なるのが普通の移民者が移民先で苦労するなんてのは何処の世界、何処の民族であっても至極当然で何ら強調する必要も無いのに、わざとらしくやってモドキへの悲壮感、同情心を煽ろうと言う安っぽさなんですから、真っ当な知識と感性を持っていたらこんなゴミみたいな偏向思想家が番組の顔を張るような局を見たくない、金を払いたくないと思うのは当然なんですがねぇ?

 例えば自分が明日から名前しか知らない国へ移り住むことを考えてもらえば、苦労するなんてのは当たり前だと簡単に分かりますよね?

 いやはや、ブサヨの巣窟だから言って言いことと悪いことやっていいことと悪いことの差もこのバカヒ記者どものように理解できず、法を盾にすればどんな犯罪行為でも正当化できると思い込んでしまえるのでしょうね…

だからこそ嫌われるし、強制にも抗う考えの国民が大勢出てくるとは思えないんですから、ブサヨって本当に救いようがない。
07月26日(土)

今度の都知事は売国にしか興味がありません 

25日付けのMSN産経ニュースの記事から

舛添知事自賛「冷え込んだ関係に暖かい風吹かせた」 都には批判の声
2014.7.25 23:25
 【ソウル=福田涼太郎】東京都知事として18年ぶりに招待を受けて韓国を訪問した舛添要一知事。ソウル市長や京畿道(キョンギド)知事らとの交流にとどまらず、朴槿恵(パククネ)大統領との会談にもこぎ着けた。「(冷え込んだ日韓関係に)ささやかながら暖かい風を吹かせることができたかな」と自賛してみせた舛添氏。しかし、今回の訪韓について、都庁に届いた約1000件のメールは、大半が反対意見。舛添流外交は、必ずしも評価ばかりではなさそうだ。

 「18年ぶりに招待されたことだけでも大きな歴史の変わり目になっている」

 舛添氏は25日の記者会見で、韓国訪問をこう総括し、「都市外交を活発にすることで、国家の外交を補完することが結果的にできるんだなと思いました」と自負をのぞかせた。

 実際、韓国主要メディアも「閉塞(へいそく)状態にある韓日関係の転換点になるのでは」などと前向きに報じ、日韓首脳会談実現に向けた動きとして、注目された。

 都市間レベルでも、朴元淳(ウォンスン)ソウル市長と会談、両都市が共通して抱える地下鉄の安全対策や少子高齢化対策などで協力することで合意。ソウル市が繁華街に配置している多言語対応の観光案内員については、舛添氏が2020年東京五輪に向け、さっそく施策の参考にすることを宣言した。

 京畿道の南景弼(ナムギョンピル)知事との会談でも、国の規制にあえぐ京畿道と、地域限定で規制緩和を行う国家戦略特区構想が進む東京都とで、意見交換をしていくことで一致した。

 舛添氏によると、朴大統領も都市外交の意義について、「韓国人学校の問題、ヘイトスピーチの問題など、都市外交で成果を挙げることは(国家)外交で重要」と歓迎。朴大統領は日本の首都圏に韓国人学校が1校しかないなどとして、舛添氏に土地取得での協力を求め、在日韓国人らに向けたヘイトスピーチへの懸念も告げたという。

 舛添氏は「凍(い)てついた関係は暖かい太陽で溶かす必要がある」と語った。ある都幹部も今回の訪韓について、「低姿勢すぎる部分もあったが、一定の成果はあった」と話す。

 ただ、25日午後3時までに、今回の訪韓などに対して、メールだけで約1000件の意見が都民らから都庁に寄せられ、担当者によると、「大半が反対意見」。「なぜ地方自治体が外交的なことをするのか」「韓国との協力に税金を使うべきではない」といった声が多かったという。

 そりゃまぁ、外務大臣気取りで中国に遊びに行って、韓国に媚を売りに行ってと恥を晒しているだけのこんなクズを評価する輩なんて相当の異常者や売国奴でもない限りいやしないのですから、自画自賛するしかありませんよねぇ?

 アレだけ選挙公約であれをやるだこれをやるだとほざいておきながら何一つ着手した形跡も無く、やっているのは都税を己の欲望である売国行脚に垂れ流す事だけ

 就任以来の記録を見ても他国の要人と何時会ったとかそんなのばかりで、何で都知事の肩書きを持っているのか微塵も理解出来ない。

 都庁のHPにあるメールが苦情だらけになるのも当然ですし、それどころか現在確認したらメール欄の「知事への提言 / 要望・苦情」がリンク無くなっているんですよね。

 いやはや、流石は日本人のヘイトスピーチと自分達が罵倒するものだけを禁止だなんて主張にヘコヘコ諂うクズ野郎。

 己への批判の声は言論弾圧で対抗するようです

 まぁ、それ以前にもしこのクズにマトモな良心が一欠けらでもあるなら、そもそも他国へヘイトスピーチをし続けているこのババアにお前がほざくなと反論していますよねぇ?

 でも、腰を曲げて無様にヘコヘコと格下の媚売りするだけ。

 都知事なんてたかだか韓国如き矮小な組織より遥かに知名度も地位も上なのに。

 民主党政権の時といい、何で東京にもこんなのへ票を投じれるようなクズが一杯いるのか、バカは学習能力が無いから同じ失敗を幾らでも繰り返すのかと、ほとほと呆れますね。

 折角石原都政で回復した東京都の予算や改善されてきた諸々が、このクズによって全て食い潰されそうで実に怖いです。
07月24日(木)

数年前の歴史さえ記憶出来ずにバカっぷりを晒すヒトモドキ 

21日付けの中央日報の記事から

【コラム】真っ直ぐなドイツ、傾く日本(2)
2014年07月21日08時30分
 2010年以降、世界経済危機がユーロ通貨危機に広がり、ドイツは欧州の最強大国となった。ドイツの資本なくユーロを生かすことは不可能なためだ。過去にフランスと共有した欧州のリーダーシップはドイツに傾き、メルケルだけが「欧州の女帝」として君臨している。フランスが改革に失敗し、不況の泥沼でさまよう間、ドイツは欧州経済中心の地位を確実につかんだ。

 またドイツは成功した政治のモデルを提供する。2005年から執権してきたメルケル首相は東ドイツ出身で、統一の成功を象徴する。彼女は右派のキリスト教民主同盟と左派の社民党の大連立を相次いで実現させ、和合の政治を主導している。ブラジルW杯の決勝戦でも、右派のメルケル首相は左派のガウク大統領と並んで座った。優勝の喜びを分かち合う瞬間にも、統合の政治を考えたのだ。ドイツ国民がメルケルを「民族の母」と呼ぶ理由だ。

 地球村でドイツは人気最高のソフトパワーだ。英BBCは毎年、国家影響力に関する世論調査を実施する。25カ国の約2万6000人を対象にしたこの調査で、ドイツは昨年と今年、カナダと英国を抑えて「国際社会に最も肯定的な影響を及ぼす国」に選ばれた。20世紀に2度も世界大戦を起こし、戦犯国家として烙印を押されたが、21世紀には絶えず努力を続け、世界で最も尊敬され、肯定的な評価を受ける国に生まれ変わったのだ。歴史に対する反省と省察の結果だ。

 この調査で表れたもう一つの興味深い事実は、日本に対するドイツ国民の評価だ。2013年の調査で、ドイツは中国(74%)と韓国(67%)に続き、日本に対して否定的な意見が最も多い国となった。ドイツ人のうち46%が日本の影響力を否定的に評価し、28%だけが肯定的に見るという結果が出た。それほどドイツでは、過去に対する反省が国家の政策だけでなく、全国民が共有する良心という事実を知ることができる。

 こんなタイトルのくせに、日本について触れられるのはこの(2)の最後の一段だけ、と言うもはや意味不明な記事。

 しかも真っ直ぐだの傾くだのという形容が具体的に示されている部分が丸っきり無く、辛うじて最後の良心がどうだの、反省がこうだのという部分がそうなのかなと感じられる程度なのですから、記者でさえこの程度の言語能力しか持てない下等動物の矮小さに憐憫を感じてしまいますね。

 おまけに毎度歴史と言うものを何も学ばず、その場の感情だけで言動を行う低脳が遺憾なく発揮されているんですが、恥と言う概念さえ持たない下等動物だからその事実にさえ気付けない。

 例えば、このモドキはドイツをBBCの調査でここ2年首位だったというだけのことを持って「21世紀には絶えず努力を続け、世界で最も尊敬され、肯定的な評価を受ける国に生まれ変わったのだ。歴史に対する反省と省察の結果だ」とべた褒めしています

 しかしこの調査、数年前まで日本がずっと1位だったんですよねぇ。

 つまり、ドイツ何かよりも早くかつ、一層深く歴史に対する反省と省察とやらを日本はしていたから、その努力の結果世界で最も尊敬され、皇帝的な評価を受ける国に生まれ変わっていたということであり、例外的に日本を圧倒的多数が否定し続ける中国と韓国というゴミどもだけがそれを認めようとしていない偏屈かつ差別主義の権化であるってことなんですよ。

 ましてやドイツの46%が否定的だとかってのにしても、それが自国と日本との過去に対する反省がどうだの、良心がこうだのと数字だけで慮ることなど出来る論拠は微塵も無いのに断定しているんですから、相変わらずこの精神異常がデフォルト機能のバカどもには現実と妄想の区別がつかないようです。

 現在日本の順位が落ちていることの原因は幾つか有りますが、大きなひとつは調査対象に中韓という反日の下劣な蛮族が加わっていることです。

 実際、2014年度の結果では中国で90%、韓国で79%が否定的と、大きく日本の足を引っ張っており、それでも49%が肯定的となっている日本が実際には世界でどれだけ肯定的に評価されているかわかるというものです。

 また、もうひとつの大きな原因であり、ドイツが否定している理由の一端に、震災時の原発事故とその後の対応があります

 ドイツは自国内の原発を廃止するという方針を明確にこの時打ち出しましたが、それだけに飽き足りずドイツ国民の中にはそれを日本にも押し付けるという身勝手な振る舞いをする連中もいて大使館に押し掛けたりしつつ、それでいて電力の融通を原発大国のフランスとしているんですから、なんともねぇ?

 また、他にも中韓が最近必死な反日キャンペーンにコロッとやられた愚か者もいるでしょうし。

 何処の世界にも事実関係を調べようともせずに一方の主張だけを鵜呑みにする偽善者っていますからね。

 まぁ、そんな諸々が重なっての46%でしょうけど、逆に言うとそれだけ重なっても半分以下なんですよ。

 一方、そんな日本と比較してさえ余裕で20%以上上回る否定を示されている韓国という駄民族どもってどれだけドイツに対して悪行を為して来たんだって思いません?

 「過去に対する反省」「国民が共有する良心」に対する結果が日本に対するドイツの否定の数字なら、そんな散々に罵倒するモドキの妄想する日本像と比較してさえソレが余程生易しく見える程の非道を、悪逆を、ドイツに対して、或いは世界に対して為してきて、未だ何らそれを反省していないから7割近くも否定の感情を示されているということになります

 なのに、コレ幸いとジャパンバッシングの材料として用いるだけで自己の反省は一切行わないのですから、この下等動物、本当に救いがありません。
07月23日(水)

バカ付ける薬は無いと言うが、モドキは死んでも直らぬ異常病 

21日付けの中央日報の記事から

安倍首相「日本軍が建てた学校が占領地の住民を開化」…また軍国詭弁
2014年07月21日08時30分
 安倍晋三首相が「日本軍が建てた学校が占領地の住民を開化させた」という趣旨で、過去の戦争の歴史を美化する発言をした。19日に地元の山口県で、右翼性向の地方有志の主催で開かれた講演会でだ。

 安倍首相は10、11日に太平洋戦争の最大激戦地の一つ、パプアニューギニアを訪問したことを話題にし、マイケル・ソマレ初代首相と交わした対話を紹介した。

 「最大激戦地だったウェアクを訪問したところ、パプアニューギニア建国の父、ソマレ元首相の出迎えを受けた。親日政治家のソマレ元首相は『私が初めて学校に出合ったのは柴田学校だった』と話していた。ソマレ元首相が暮らしていた村に進駐していた日本軍の中隊の隊長が柴田中尉だった。それまでその地域に学校が全くなかった。文字も知らず本も読めなかったし、勉強というものの概念さえ知らなかったが、柴田中尉が学校をつくり、子どもたちを集めて読み書きを教えた。ソマレ首相は『柴田中尉のおかげで私の今日がある』と話していた」。

 また安倍首相は「建国の父がこのような日本観、日本人観を持っていると、パプアニューギニア全体が日本のファンになったといえるだろう」「おどろくほど多くの人々が沿道に集まり、『ウェルカム』と書かれた文字を見せていた。本当に感動し、涙が出そうだった」と主張した。

 こうしたストーリーを安倍首相が講演で冗長に説明したのは、戦争の郷愁に浸っている保守聴衆の情緒を意識したものとみられる。安倍首相は現職の日本首相としては初めて、11日にパプアニューギニアの日本人戦没者碑に献花したことを振り返った。そして「太陽が差す暑いジャングルの中で、家族の幸せを祈り、祖国(日本)を考えて亡くなった12万人の尊い犠牲のうえに現在の日本がある」と主張した。

 サルにも劣る知能しかない下等動物の分際で、詭弁なんて人間様の言葉を使おうとするからこうやって恥を晒すというのに、自分が恥晒しであることさえ理解出来ないんですから、いやはや呆れ果てますね。

 詭弁とは「道理に合わないことを強引に正当化しようとする弁論。こじつけ。」という意味であり、記事を読めば分かるように、「日本軍が建てた学校が占領地の住民を開化」などと安倍首相が訪問したパプアニューギニアで主張したわけでもなければ、講演会で主張したわけでもありません

 他ならぬ訪問先でパプアニューギニアの元首相であるソマレ氏から進駐した日本軍の中尉が学校を作って読み書きを教えたことに対し、「柴田中尉のおかげで私の今日がある」と言ってくれたのだと報告を講演会でしただけです。

 当事国の元首相の弁を伝えることの何処が、道理に合わない弁論であり、こじつけなのでしょう?

 まぁ、散々インフラ整備に病院や学校を設置して平均寿命も人口も学力もとあらゆるものを改善し、それまであった王侯貴族制度による差別まで無くしてやった恩を忘れ、捏造した妄想を頼りに反日を叫ぶだけのゴミ民族には感謝なんて言葉は崇高すぎて理解出来ないんでしょうけどね。

 そもそも今日自分達がハングルを使えるようになったこと自体、日本が下等動物にまで対等な教育を施してやった結果なんですが、それを認められないから他国の親日な話題にまで噛み付くんでしょう、このケダモノどもは。

 何せジープがどうだとか、クリスマスだからこうだとか、そんな与太話を本気で話す売春婦を日本軍相手の被害者だとか喚くほど知能が低い上、体の半分以上が被害妄想で作られているから、思い通りに行かないと直ぐに火病を起こして発狂するんですもの。

 伊達に男の7割以上が頭をやられているだけはある、と。

 おまけに「戦争の郷愁に浸っている保守聴衆の情緒」とか、阿呆丸出しだし。

 荒んだ時代の前線であった日本人らしい活動とそれに感謝の意を示す現地の人の触れ合いのエピソードをよりにもよって「戦争の郷愁」と評するなんて、流石はベトナムで民間人を強姦・虐殺しまくった兵士を英雄と称える蛮族は違いますね

 パプアニューギニアと言えばオーエンスタンレー山脈、ポートモレスビー、ラバウル、ツルブ、ラエ、ブナ、ビアク島、ニューブリテン島、ブーゲンビル島など、激戦地であっただけに聞いた事のある名前が幾つかあるのではないでしょうか?

 いずれにしても大勢の犠牲が遥か南方の地でもあったこと、そしてそれが今の日本を形成していることを忘れてはならないとする安倍首相の発言の何処にも詭弁なんてものは存在せず、下劣な反発心から貶めようと必死になるモドキはつくづくさもしい下等動物ですね。
07月22日(火)

遂に朝鮮日報が認めた慰安婦の真実 

20日付けの朝鮮日報の記事から

慰安婦:「朝鮮人責任論」のワナ

パク・ユハ著『帝国の慰安婦』
2014/07/20 07:09
 筆者には、植民地時代の文化現象に関する単独著書が5冊あり、韓国近代の専門家を自認してきた。しかし恥ずかしながら、出版から1年近くになる『帝国の慰安婦』という本の存在を知らなかった。本書を読んだのは、著者のパク・ユハ教授が「元慰安婦の名誉を傷つけた」として告訴され、公憤の対象になった最近のことだ。

 資料の解釈は洗練されておらず、論理的飛躍と批判すべき部分は少なくない。それでいて、本書に記された事実そのものは全く目新しくなく、むしろ失望させられた。慰安婦は日本軍が「直接」強制連行したのではなかった。日本軍は業者に慰安所の設置と運営を委託したが、そうした業者の多くは朝鮮人だった。朝鮮人慰安婦は、これらの業者によって人身売買されたり、連れ去られたりするケースがほとんどだった。アジア・太平洋全域を舞台に戦争をしていた300万人規模の日本軍が、最も後方に位置する朝鮮で、のんきに女性の強制連行をしていたりはしないだろう。

 パク・ユハ教授は「戦争を起こした日本政府と違法な募集を黙認した日本軍に1次的責任を負わせるべき」という点を認めながら、法的責任を問うべき人物がいるとするなら、それは日本政府ではなく、詐欺・強制売春などの犯罪を行った業者の方だと主張している。請負業者に法的責任があるのに、それをそそのかした当事者には法的責任がない、という論理は受け入れ難い。しかし、慰安婦問題では朝鮮人も責任を避けられない、という指摘は認めざるを得ない。

 娘や妹を安値で売り渡した父や兄、貧しく純真な女性をだまして遠い異国の戦線に連れていった業者、業者の違法行為をそそのかした里長・面長・郡守、そして何よりも、無気力で無能な男性の責任は、いつか必ず問われるべきだ。それでこそ、同じ不幸の繰り返しを防げる。しかし今は、問題を提起すべき時期ではないだろう。納得できる謝罪と賠償を1次的責任を負う日本が拒否している状況で、韓国側が先に反省したら、日本に責任回避の名目を与えかねないからだ。

 本書を細かく読んでみると、韓日間の和解に向けたパク・ユハ教授の本心に疑う余地はない。元慰安婦を見下したり、冒涜(ぼうとく)したりする意図がなかったことも明白だ。

 しかし、韓日共同責任論の提起を、慰安婦問題をめぐる両国間の対立を解決する賢明な代案とするには、1次的責任を負うべき日本についての歴史認識があまりにもずれている。

全峰寛(チョン・ボングァン)KAIST人文社会学科教授

 所詮大学教授と肩書きがあってもヒトモドキはヒトモドキ。

 必死の強がりで見せた抗弁がこの程度なんですから、やっぱり下等動物ですねぇ。

 まず驚くのは「本書に記された事実そのものは全く目新しくなく、むしろ失望させられた。慰安婦は日本軍が「直接」強制連行したのではなかった。日本軍は業者に慰安所の設置と運営を委託したが、そうした業者の多くは朝鮮人だった。朝鮮人慰安婦は、これらの業者によって人身売買されたり、連れ去られたりするケースがほとんどだった。アジア・太平洋全域を舞台に戦争をしていた300万人規模の日本軍が、最も後方に位置する朝鮮で、のんきに女性の強制連行をしていたりはしないだろう」って件。

 つまりは騙したり人身売買をしていた当事者が他ならぬチョウセンヒトモドキ自身だったとモドキは知っていたと言う事であり、にも関わらず日本人がやった犯罪だと喚いていたわけです。

 しかし、あきれた事にこのモドキの教授は日本に一次の責任があると喚くことで自分達下等動物の蛮行が全ての元凶である事実を誤魔化しているのです。

 周知の通り日本では人身売買や唆しなど、それらは違法としていました。

 だからこそ軍からそれら違法な手法によって人を集めるモドキがいるから取り締まるよう朝鮮総督府へ通達が出ていたし、21世紀の現在でもそうであるように、金儲けの為にヒトモドキが同胞を騙したり攫ったりと平気で違法行為に手を染めているだけなのですから、悪いのはどうみたってチョウセンヒトモドキだけですよね?

 「娘や妹を安値で売り渡した父や兄、貧しく純真な女性をだまして遠い異国の戦線に連れていった業者、業者の違法行為をそそのかした里長・面長・郡守、そして何よりも、無気力で無能な男性の責任は、いつか必ず問われるべきだ」

 ここを見て呆れ果てる人が大半じゃないでしょうか?

 つまりは集落どころか地域包みで人身売買や人攫いが横行していたのが朝鮮であり、言うまでも無く里長や面長、郡守などもモドキがやっているのですから、上から下まで全部モドキによる自作自演だと遂に認めたわけです。

 なのに、「いつか必ず問われるべきだ」と、今は放置してよいというのですから…

 慰安婦が次々死んでいく、生きている内に真相を明らかにして謝罪と賠償をとかほざいているのは何処のモドキやら?

 事実関係を明らかにするのなら、当時直接或いは間接に唆しや人身売買、人攫いといった悪行を行っていた自分達の親や先祖をとっ捕まえて事実を吐かせるしか方法が無いし、年齢差を考えればそっちの連中の方が余程生き残っていないのだから喫緊に行わねばならないことなのにねぇ?

 挙句が「納得できる謝罪と賠償を1次的責任を負う日本が拒否している状況」だそうで、これまで受け取った金も総理大臣以下による謝罪の言葉もその全てを全面否定しているわけですから、このゴミムシどもに何かをしたって鶏にも劣る記憶力で途端に忘れるからするだけ無駄ってことが改めてよくわかります。

 大体、幼稚で出鱈目なペテン民族の戯言を真に受けろって主張がもうねぇ?

 例えばブサヨどもが作ったまぬけーな集大成、アジア女性基金のHPにある証言なんて、如何にもって戯言が溢れていますし、ブサヨの事実より感情という低脳な考えで作られているから簡単に突っ込める嘘塗れのままなんです。

 有名なところでは金田君子と名乗るモドキですね。

 1921年生まれで16歳の時隣家の少女に稼ぎの言い仕事があると言い包められて行った先が慰安所だったというストーリーなんですが、とても笑えることに着いた先の駅で待っていたのがトラック1台に馬車1台、そしてジープ1台だったというのです。

 言うまでも無くジープは米国が第二次世界大戦中に開発・実戦配備した軍用車両であり、当時油や屑鉄さえ売るのを禁止していた日本に輸出などされるわけがありませんし、それ以前の問題としてジープは1941年に米軍が配備したものであり、第二次世界大戦さえ始まっていない1937年にはまだ開発の依頼さえされていないのに、日本軍が持っていたと抜かしているわけですから、滑稽としか言い様がありません。

 知能が低いモドキだけに米軍相手の時代と混同しているんでしょうね、きっと。

 更に最初の相手は拒否をしたら引き下がったとか、二人目の泥酔者は拒否したら刀で刺されたとあるのですが、その後男は憲兵にしょっ引かれ、自身はキチンと治療と20日間の療養が与えられたと証言しており、慰安婦の拒否権が認められていたことと、暴行などには憲兵が対応をしていたこと、つまりは規則に則った運営と憲兵による兵の粗暴に対する監視がされていたということなんですよねぇ。

 その後の防空壕云々の話がありますが、そこは軍ではなく経営者の管理の問題で関係が無いから省きます。

 ま、結局のところ何処まで行ってもモドキが愚かだから悪いのであり、それを転嫁させようとしたところでキチンと調べれば事実は常にこうやって明らかになるだけなのだ、と。
07月21日(月)

鶏にも劣る記憶力を遺憾なく発揮して全て自分に跳ね返らせるバカ民族 

18日付けの中央日報の記事から

殺傷用ミサイル開発へ…「平和三原則」破った安倍首相
2014年07月18日09時00分
 日本政府が戦闘機に搭載される殺傷用ミサイル技術を英国と共同で研究する。17日、安倍晋三首相が主宰した国家安全保障会議(NSC)関係閣僚会合でこのような方針を決めた。迎撃ミサイル「パトリオット2(PAC2)」搭載部品を米国に輸出することも決まった。

 日本政府は4月、事実上の武器輸出禁止政策だった従来の「武器輸出三原則」を撤廃し、一定の要件を満たせば輸出が可能な「防衛装備移転三原則」を発表した。17日の両決定は、新三原則に基づき日本政府が武器共同研究と部品輸出を決定した最初の事例だ。

 毎日新聞によると、英国との共同開発が決定した空対空ミサイル「ミーティア」は、英国がフランスなど欧州国と共同で開発している。米国が配備するミサイルより射程距離が長いが、命中率が落ちるのが弱点だ。このため英国など関係国は日本企業が保有する標的識別センサー技術に関心があるという。日本政府は将来、このミーティアを航空自衛隊の次世代主力戦闘機F35に搭載する計画だ。

 毎日新聞は「ミーティアは殺傷能力が高い兵器で、新三原則が明記している『平和国家としての歩みを引き続き堅持する』という理念から逸脱し、日本の技術移転が国際紛争を助長する危険性がある」と批判した。

 日本の「防衛装備移転三原則」は▼日本が締結中の条約や国際約束に違反する場合▼国連安保理決議に違反する場合▼紛争当事国への輸出--の3つの場合を除いて、武器輸出を原則的に認めている。しかしその内容の中には「平和国家としての基本理念、平和国家としての歩みを引き続き堅持する」という大前提に該当する文面が含まれている。殺傷用武器にまで手を伸ばすのは、新三原則の基本理念を損なわせるという懸念が日本国内から出る理由だ。

 このほか、米国への輸出が決定したPAC2搭載部品は、三菱重工業が米レイセオン社とライセンス契約を結んで生産する高性能センサーだ。米国はPAC2のカタール輸出を念頭に置いている。結局、日本の部品が米国を経てカタールにまで輸出されることになる。

 防衛産業の育成を通じて軍事武器大国化と経済成長という二兎をつかむというのが安倍首相の構想だ。安倍首相は5月、英国やフランスを歴訪して首脳会談を行う度に「防衛装備の共同開発を推進する」という合意を引き出した。

 6月中旬にパリで開催された世界最大規模の武器展示会「ユーロサトリ」には、日本政府の推奨を受けた日本企業13社が初めて参加した。また、1日の閣議決定で集団的自衛権の行使が容認された後、日本の防衛相は米国から“攻撃用”武器である上陸作戦用艦艇を導入する意思を明らかにした。武器の輸出と輸入を問わず大胆な動きを見せている。

 集団的自衛権に関する安倍首相の二重的な言動も非難の標的となっている。集団的自衛権の目標に関し、安倍首相は日本国内では「国民の生命を守るために」と主張しているが、外国(8日の豪州議会演説))に行くと「できる限り他国と(安保に関する)多くのことを一緒にするため」とし、軍事大国への意志を隠していない。

 ◆武器輸出三原則=1967年に佐藤栄作首相が共産圏諸国と国連が武器輸出を禁止した国、国際紛争当事国およびそのおそれがある国に対して武器輸出を禁止した原則。76年には「すべての地域および国への武器輸出を認めない」という談話を発表し、事実上、武器輸出を全面禁止した。

 チョウセンヒトモドキと言うケダモノが、鶏にも劣る記憶力にサルにも劣る知能という救いの様の無い下等動物であることをまざまざと見せ付ける記事ですね。

 「戦闘機に搭載される殺傷用ミサイル」と言うのは通称AAM(Air to Air Missile )と呼ばれる空対空ミサイルのことですが、その名の通り航空機から発射して航空機に命中させる事を目的としていますので、当れば落ちる、落ちれば死ぬという至極当たり前の事に過ぎず、殺傷兵器なんて大仰かつワザとらしい名前をつけることそのものがバカ丸出しなんですよねぇ?

 それとも、他国が何処も持っていない非殺傷型のAAMなんて奇異な兵器をチョウセンヒトモドキは持っているとでも言うのかと、問いたくなりますね

 それにPAC2に至っては純防御兵器であり、進入してきた敵機や敵ミサイルに対してしか使えないのですから、仮に日本がそれをカタールへ輸出したところで何の問題があるのやら?

 よもや今騒がれている露助の阿呆どもとその間抜けな子分達みたいに一目で形状の違いから判る民間機相手に対空ミサイルを発射して撃墜するなんて愚行がどうのとか、バカげた妄想でも垂れ流しているんでしょうかねぇ?

 だったらまずは闇の武器商人として他国に兵器をガンガン売って死傷者を現在進行形で出している自国の政府と軍を罵ったらどうだと。

 確か自分達は危険だからと禁止した催涙弾を売り捌いて外国でその被弾による死者を出し、少し前に問題になっていましたよねぇ?

 あぁ、それとも三菱製の高性能なPAC2やそれが輸出されるかもしれないカタールに嫉妬しているんでしょうか?

 何せ新品さえマトモに扱えず直ぐに駄目にする下等動物のくせに、大量の中古PAC2を買い漁って頭を抱えていましたものね。

 そしてこの記事で一番笑えるのがココ、「日本の防衛相は米国から“攻撃用”武器である上陸作戦用艦艇を導入する意思を明らかにした」って部分です。

 上陸用の艦艇はその存在自体が攻撃用の兵器なんだそうで。

 四方を海上に囲まれ、大小多数の島で構成される日本においては当然ながら兵員や装備の最も有効な輸送手段は海上輸送であり、それを最も迅速に出来るのが揚陸艇やそれを搭載できる大型の揚陸艦などであるってだけなんですが、サルよりも程度の低いヒトモドキには国家の事情や背景なんて高度な概念は理解が及ばないわけです。

 何せ航空機は速度では勝っても搭載量では圧倒的に劣るし、離発着の出来ない島なんて日本には腐るほどありますし、隠密性という点でも船に劣っています。

 そもそも日本の島って全部で6852もあるんです。

 殆どの地域が地続きで陸を移動できるヒトモドキには理解の及ばない世界なんでしょうが、自分達の芋海軍とさえ呼べぬ粗末な沿岸警備軍の中枢艦などと呼んでいる艦隊旗艦が何なのかも忘れているのは、余りに粗末過ぎる記憶力ですよねぇ?

 現状、日本が持っていない強襲揚陸艦であり、しかもチョウセンヒトモドキによる侵略の象徴である「独島」なんて名前まで付けて日本への侵略意志をこれでもかと示しているのを忘れているとか、この愚鈍愚劣なケダモノどもはどれだけ知能が低いのやら…

 空対空ミサイル、PAC2、そして強襲揚陸艦とどれも連中が言うところの攻撃的な殺傷兵器を揃えているくせに、己を棚に上げて日本人を罵倒するこの下等動物どもにはやはり話を理解するような知能は存在しないってことですね。

 ほーんと、何処まで行っても愚劣で哀れで滑稽で下等なケダモノ達ですね。
07月20日(日)

腐った思考のヒトモドキ 

19日付けの朝鮮日報の記事から

脱北者に日本で売春させた業者に猶予判決

マッサージ店で売春あっせん、代金の5割をかすめ取る
2014/07/19 11:14
 脱北者の女性たちを、日本で自分たちが運営するマッサージ店(を装った売春業者)で雇用し、売春をさせていたとして起訴された被告人が、実刑判決を免れた。

 ソウル中央地裁刑事14部(イ・ヨンナム裁判長)は、売買春処罰法に定める売買春あっせん罪で起訴された女性(53)に対し、懲役1年、執行猶予2年の判決を言い渡した、と19日発表した。

 被告は2008年11月から10年9月まで、東京・上野周辺でマッサージ店2カ所を運営し、脱北者の女性たちに売春をさせていたとして起訴された。

 被告はブローカーを通じ、脱北者の女性たちを日本に入国させた後、売春婦として雇用し、マッサージ店の客たちから1時間当たり6000-1万円を受け取っていたことが分かった。

 検察の調べで、被告は自分が雇った脱北者の女性たちから、売春で得た金の50%を受け取り、1日に1000円を食費の名目で出させていたことが分かった。

キム・ナンヨン記者

 単なる売春を日本に対してはアレだけ人道に対する罪だの何だのと馬鹿げた大騒ぎをしておいて、社会的かつ経済的弱者である脱北者を、それも日本で売春させたモドキの罪がたったの懲役1年。

 しかも僅か2年の執行猶予付きと言うのですから、まさに抱腹絶倒ですね。

 連中にとっては同族の弱者を売春業に貶める斡旋や、雇用は単なる軽犯罪という認識なのですから。

 アレだけ非難罵倒する日本に、同情の対象であるはずの脱北者を送り込み売春をさせ、しかも食費まで含めると6割の売り上げを巻き上げて私腹を肥やす…普段のチョウセンヒトモドキの論調で行けばその罪は非常に重く、同情の余地さえないはずなんですがねぇ?

 場所も上野と、やっぱりチョウセンヒトモドキが売春の根城にしている有名ポイントですね。

 東京だと一番有名なのはやはり新宿の新大久保などですが、総武線に沿うような形で東進をしており、上野などの台東区やその先の錦糸町・亀戸と言った江東区・墨田区、更にその先の千葉県一歩手前の江戸川区の小岩と…

 以前にも書いたかもしれませんが、こういったモドキの生息域は非常に治安が悪く、最悪の場合銃撃や刃物を振り回されるなどの事件に巻き込まれる可能性もありますし、おかしな奴に絡まれたり付き纏われる危険もありますので、注意が必要です。

 特に売春関係は男女問わず付き纏いを平気でするのがいますし、男の場合下手に嫌悪感を出してあしらおうとしたりすると、火病を起こして罵詈雑言を吐いたり、最悪襲ってくる可能性もありますから。

 いやはや、やっぱり危険なチョウセンヒトモドキは全て南朝鮮にでも追放するのが正しいんですよねぇ。

 街は汚すし、犯罪は横行させるし、日本国民だけの権利である生活保護は貪っているし、まさに単なる害虫でしかないんですから。
07月18日(金)

サル同士の潰し合いに関わってやる理由も価値も無い 

17日付けのMSN産経ニュースの記事から

韓国、在日米軍出動で「日本の了解必要」に反発 日本には「韓国の承認と同意」要求…
2014.7.17 11:04
  韓国軍関係者は16日、安倍晋三首相が15日の参院予算委員会で、朝鮮半島有事に際しての在日米軍基地からの米海兵隊出動について「日本が了解しなければ韓国に救援に駆け付けることはできない」と述べたことに、「根拠がない」と反発した。聯合ニュースが伝えた。首相の発言が在日米軍の朝鮮半島への展開の支障になると韓国政府はみているもようだ。日韓の懸案に浮上する可能性がある。

 韓国の2012年版国防白書によると、半島有事の際、米軍は約69万人の兵力を展開する計画。在日米軍基地から飛び立った爆撃機による北朝鮮攻撃、沖縄などの海兵隊の72時間以内の半島投入が含まれるとされる。この関係者は日本政府が朝鮮半島有事の際の「在日米軍投入に介入できる根拠」は存在しないとした。

 韓国政府は安倍政権の集団的自衛権の行使容認を懸念。集団的自衛権に基づく日本の行動が朝鮮半島の安全保障などに関わる場合は韓国の「承認と同意」が必要と条件を付けているが、日本を含む海外の米軍部隊の増援は防衛政策の要として、制約がかけられることを嫌っている。(共同)

 まぁ、知性だの知能だのなんてあるのか自体を疑った方が良いレベルの下等動物ですからねぇ…

 朝鮮半島の安全保障に関わる場合は、モドキの承認と同意が必要という意味不明な戯言を仮に是とするのなら、そもそも朝鮮半島有事という日本にとってはどうでもよい瑣末事に、何故巻き込まれる危険を誘発する在日米軍の戦線投入を好き勝手にさせねばならないのかって話になるんですが、知能が余りに低俗過ぎて考えも及ばないんですよねぇ、モドキだから。

 かつての陸戦主体でマトモな航空兵力さえ持っていなかった当時のゴミ民族どもの内戦ならばいざ知らず、現在では弾道ミサイル多数を北朝鮮は有しており、核兵器も保有していると言うのが一般的な見方である以上、日本国内の米軍基地から爆撃機が飛び立って攻撃してくるなんてなれば、北側としてもミサイルを撃ち込む正当な理由になります

 ましてやその際に核弾頭が積まれていれば被害は正確に命中したとしても米軍基地内だけでは済まず、周辺の民間施設や民間人にも多大な被害が出ます。

 となれば、関わったところで何の益体も無いどころか迷惑を被るだけの、ケダモノ同士の醜悪な潰し合いなんて下らぬ余事に日本を巻き込んでくれるなと、米軍へ釘を刺すのは当然ですよねぇ?

 当時だって後方基地として支援し、海へ蹴落とされる寸前のところまで追い詰められていた南朝鮮の阿呆どもを38度線まで戻れるよう助けてやったのに、復興の機会に利用しただの、金儲けの場にしただのと感謝の念を抱くどころか罵詈雑言を浴びせてくる始末ですし、こんなゴミクズどもを助ける価値なんぞ一欠けらだってありませんから、そんなものに巻き込まれるなんて百害合って一利無しってものです。

 そもそも、大家は日本であり、米軍は言わば店子なんですから、大家に許可無く迷惑を掛ける行為をしてはいけないなんてのは基本中の基本です。

 こんな明白で絶対の根拠があるのに、自分達の危機の際には米軍も日本も無償で全面協力するものである、みたいな楽観的な妄想を垂れ流しているんでしょうね、民族レベルでバカだから。

 民族自決の原則も、国家は皆等しく対等な権利を有している事も、下等すぎる劣等種チョウセンヒトモドキには理解出来ないのでしょう…つくづく存在そのものが哀れなケダモノ達です。
07月14日(月)

モドキ如き下等な蛆虫がガンジーを語るな 

13日付けの朝鮮日報の記事から

【萬物相】ロンドンのガンジー像
2014/07/13 06:10
 ロンドンのテムズ川沿いにある英国国会議事堂横の広場は、サッカーグラウンドの半分くらいの広さがある。民主主義の故郷といえるこの場所には、ベンジャミン・ディズレーリやエーブラハム・リンカーンといった歴史的人物10人の銅像が立っている。一番最後に立てられたネルソン・マンデラの銅像前には、いつも花が供えられている。議事堂に最も近い場所に立っているウィンストン・チャーチルの銅像は、議事堂を見ずに、頭を左に傾けている。

 チャーチルは「私が死んでも銅像を建てないでほしい」と言い残した。秘書が理由を尋ねると、チャーチルはこう答えたという。「死んだ後も議会を見ているのは嫌だ。そして、わたしの頭の上にハトが止まってふんをするなど、考えただけでもぞっとする」。しかし、1965年にチャーチルが世を去った後、偉大な政治家の銅像を、当人が生涯にわたって通った議事堂の広場に立てるべきだという世論の声が強まった。英国政府は、妙案を考え出した。広場に銅像を立てるものの、議事堂以外の方向を向かせるというものだった。そして、銅像の中に機械を入れ、銅像にハトが止まれないようにした。

 英領インド出身のガンジーが、同じく英国の植民地だった南アフリカで弁護士として働いていたころ、チャーチルは植民地省の政務次官だった。ガンジーが、南アフリカで暮らすインド人の人権を守るためにロンドンを訪れたとき、チャーチルはガンジーを「裸のこじき」とののしった。チャーチルは「有色人種は政治的権利を主張できない」とくぎを刺した。

 インドは「日の沈まぬ国」大英帝国にとって宝石のような存在だった。英国が支配していた間、インドは国の富を奪われ、文化は衰退していった。ガンジーは非暴力抵抗や英国商品不買、国全体でのストといった運動を率い、何度も投獄された。31年に英国政府がガンジーの不服従運動に妥協し、インドの政治犯を釈放すると、インドの自治に反対していたチャーチルは「影の内閣」を離脱した。47年8月15日、インドは英国から独立した。先日、インドを訪れた英国のヘーグ外相とオズボーン蔵相が「ロンドンの国会議事堂広場にガンジー像を建てたい」と語った。チャーチル像から離れていない場所だ。

 来年は、ガンジーが南アフリカからインドに戻り、独立運動を始めてから100年目の年だ。外信は、ガンジー像建立について「歴史を記憶する英国流のやり方であるとともに、一種の謝罪」と報じた。インドとの経済協力を目指す英国からのプレゼント、という解釈もある。銅像は、もともと政治的なものだ。今年の春、祖国でもない中国に安重根(アン・ジュングン)の記念館ができたとき「犯罪者の記念館」と言い放った日本の官房長官の顔が思い浮かぶ。日本の国会議事堂横に李承晩(イ・スンマン)、金九(キム・グ)といった人々の銅像が建つ日は来るのだろうか。できないことは、そもそも想像しない方が良いだろう。

金泰翼(キム・テイク)論説委員

 いやはや、そもそも下劣な下等動物風情が人間様と同等の存在であるかのように錯覚している事そのものが万死に値する所業だと言うのに、よりにもよって各国の世界史にも名を記され、後の植民地解放や黒人差別解放活動をする人々にも多大な影響を与えたインドが誇る偉人と、単なる下劣で愚劣、卑劣で野卑なチョウセンヒトモドキのテロリスト風情を同列に看做せるこの傲岸不遜さはまさに天に唾するも同然の暴挙ですね。

 ガンジーはストや不買運動などはしましたが、あくまでもその根底は非暴力不服従であり、逃げ隠れして他者を鉄砲玉として送り込んでテロを繰り返した下賤なテロ屋如きがどうして同レベルの存在だと思えるのか、つくづくこのトチ狂った下等動物どもの思考回路は人間に理解不能な動き方をしますね。

 李承晩に金九。

 戦前戦中はテロ活動に従事して爆弾テロなどの首謀者であると同時に宣伝戦として関東大震災時に6000匹超のモドキを日本が虐殺したなどと呆れるデマを吹聴するなど、クズ虫に相応しい下劣な行為を繰り返しました。

 戦後アメリカの支援で独立するも朝鮮戦争が始まった途端に部下も民間人も見捨てて早々に安全圏まで逃げた上に撤退路を爆破するという暴挙を行って味方の士気を喪失させてあっさりと首都を陥落させ、無理矢理徴兵した民間人の食料を闇に横流しして私腹を肥やして大勢の餓死者を出した無能無責任の権化ども。

 その後は批判回避のために李承晩による竹島侵略、バカ同士による醜い権力争い、金九による日赤爆破テロ工作などが続きます。

 結局李承晩は諸々の積み重ねた悪事が露呈して民衆の怒りを買い、ハワイへ逃げ出しそのまま帰国することなく死亡し、金九は自らがテロの凶弾に倒れるというバカに相応しい惨めな末路を辿ります。

 どうでしょう?

 どこかに一欠けらでもガンジーと同列に扱ってよいような価値がこのゴミどもにあるでしょうか?

 まぁ、所詮はサルにも劣る知能の下等動物ですから、違いを認識するなんて行為そのものが高度過ぎて不可能なんでしょうけど、よりにもよってガンジーとか、つくづくブーメランが好きなバカどもですよね。

 ガンジーの残した名言は悉くこの下劣な下等動物度もの価値観と正反対なのも知らないんですから。

 例えば、非暴力では「私は自分が死ぬ覚悟ならある。しかし、私に人を殺す覚悟をさせる大義はどこにもない」という言葉があり、常にテロや独裁による虐殺をやってきた李承晩や金九とは立ち位置がまったく逆だったとわかりますよね?

 他にも「弱い者は赦すことができません。赦しとは強い者の特質なのです」とか、「国の偉大さ、道徳的発展は、その国における動物の扱い方で判る」とか、「罪を憎みなさい、罪人を愛しなさい」とか、「敵と相対するときには、その敵を愛で征服しなさい」など、本物の偉人の言葉は下賤な下等動物には槍の雨の如くその身を貫き縫い留める刃にしかなりません。

 自分達の加害の歴史は一日と覚えていないくせに捏造した被害の記憶は1000年経っても忘れぬとほざく弱者ぶり。

 「溺れる犬は棒で叩け」などという諺が当たり前に存在する野蛮さと下劣さ。

 捏造してまで罪を作り、当事者でない子孫にまでそれを押し付けて憎しみや恨みを燃やす変態気質。

 常に逃げ隠れして陰口を叩いたり、関係ない第三者を巻き込んでデマで喚いて相手を屈服させようとする卑劣さと傲慢さ。

 どれをとっても下等なモドキでは理解さえ及ばないのがよくわかりますよね?

 ほーんと、こんな下等動物がガンジーの名前を口にすること自体、侮辱行為ですよね。
07月13日(日)

モドキに関わるから不幸になる 

1日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

韓国での国際結婚、摩擦積み重なり…無理心中も
2014年07月12日 16時01分
 韓国で国際結婚を巡るトラブルが社会問題になっている。

 言葉や文化の違いから生じる日常的な摩擦が積み重なり、暴力や離婚にいたる。痛ましい事件も起きている。

 ◆16歳差夫婦の悲劇

 韓国南部の工業都市・梁山ヤンサンで今年1月、高層アパート14階の自室から男(当時40歳)が飛び降りた。即死だった。警察官は、居間で妻のチョン・ティー・マイさん(当時24歳)の絞殺体を見つける。夫が妻を殺し、自殺を図った無理心中だった。木曜昼頃。4歳くらいの一人息子が、幼稚園に行っている間に起きた。

 マイさんは、ベトナム国籍だった。夫婦は、2008年8月に結婚。工場で働く夫の月給は約280万ウォン(約28万円)。暮らし向きは悪くはなかった。だが結婚生活は、5年5か月で最悪の結末を迎えた。

 年齢差16歳の夫婦は、国際結婚の仲介業者を通じて出会った。ベトナムを訪れた夫が、目の前に並んだ女性たちの中からマイさんを選んだ。マイさんは当時まだ二十歳前。首都ハノイ近郊の公務員の家庭で不自由なく育ち、高校を卒業して間もない頃だった。香港に嫁いだ親戚がいたこともあり、国際結婚に憧れを抱いていた。韓国語は話せなかったが、見合い後、わずか数日で結婚した。

 ◆すれ違い・不信感

 「疲れた。頑張ろうと思うけど苦しい。いつもどこにいるのか確認され、息が詰まる。夫はもう、何を言っても信じてくれないし」

 殺害される前、マイさんは韓国人女性の友人や、国際結婚家庭を支援する団体に相談していた。

 友人らによると、夫婦はいさかいが絶えなかった。夫は支配欲が強く、家で過ごすことを好んだ。マイさんは好奇心旺盛で外出好き。休日、家族で出かけると、夫は1時間もしないうちに「もう帰ろう」と言い出す。マイさんは不満だった。

 連日、日付が変わるか変わる寸前かという状況で中々、こっちに避ける時間が作れません…土日も合ってないような状態ですし…当面かなり不定期になりそうです。

 さて、読売の記事ですが、猜疑心の塊で常に見栄や自尊心を満たす事だけを目的に口を開くことがそのまま嘘を吐くことに直結する…こんな下等動物と結婚なんて愚かな行為に走れば疲弊するのは当然ですし、このように人身売買同然の手法で妻とされた東南アジアの女性がモドキの被害に遭うのなんて、昨日今日始まった話でも無いのに、何を今更って感じですね。

 記事を読んで判る様に、人身売買ブローカーが21世紀の今日でも普通に存在し、活躍しているのが南朝鮮のヒトモドキコミュニティです。

 田舎の農家や性格などに問題がありマトモ同じモドキのメスとでは結婚の出来ないオスのモドキが妻を得る方法としてバカ高い金を払って海外で女を買うという真似をしています

 記事にもあるように日本にあるような双方の意志が第一と言うような紹介だの仲介だのではなく、モドキの前に女性が並ばされて、一方的に指名を受けるという流れからも、これが如何に異常な結婚であるか判るでしょう

 そんなものに何故、公務員の家で育って高卒と学歴も悪くない女性が登録してしまったのか、甚だ謎ですが、まぁその結果は当然のものでしかなかったと。

 常に自分が嘘を吐き続けるケダモノだけに他者を信じるなんて概念は端から存在せず、全てを疑ってかかるし、動静はストーカー民族らしく常に把握していないと気が済まない。

 おまけに支配欲が強くて思い通りにならないからと最後は殺人と。

 ま、典型的過ぎるモドキの動きですね。

 火病を起こし暴れて他人を殺した後、自殺するなんてのも実にモドキらしい流れですし

 ただまぁ、これはむしろ奴隷扱いされていなかっただけ、まだまだマシな例だと思いますよ。

 これまでには奴隷扱いされた挙句、最後には惨殺されるなんて例だって普通にあり、モドキとの国際結婚そのものを禁じた国だって普通にある位の外道民族なんですから。

 勝手な妄想を膨らませて日本人を貶め続ける下等動物チョウセンヒトモドキですが、結局のところそういう発想が出るのって自分達が常に女性をモノとして扱い、家父長制の下で好き勝手やってきたからに他ならないんですよね。

 だからこそ、こんなゲスいケダモノとは付き合うべきではなく、迷惑を掛けないよう永久隔離こそが正しいと常日頃から言っているわけです。
07月07日(月)

必死にピエロを担いで与太話を盛り上げようとする愚劣なヒトモドキ 

1日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

ナチス戦犯追跡団体「韓国も慰安婦加害者を探せ」
2014/07/06 09:30
 「自分ならたくさんの人を使って責任者を探し出し、法廷に立たせていただろう。これは被害を受けた国が果たすべき義務だ」「日本を世界で恥ずかしく困難な立場に立たせることは、被害を受けた韓国の義務だ。慰安婦だった女性がいるのに、なぜ慰安婦を募集した軍の責任者や関係者を探そうとしないのか」

 ナチス戦犯を追跡する「サイモン・ウィーゼンタール・センター」エルサレム事務所のエフライム・ジュロフ(66)所長は先月24日に本紙とのインタビューに応じ、日本による河野談話検証に対する韓国政府の消極的な対応を批判した。

 ジュロフ氏は「私が韓国人であったなら、個人的に用心棒を雇ってでも、日本の軍部による慰安婦募集の責任者たちを探し出し、必ず法廷に立たせていただろう」と述べた。

 ジュロフ氏は被害者である元慰安婦女性たちが生存しているにもかかわらず、加害者が明確になっていない状況に対して理解ができない様子だった。ジュロフ氏は「日本の政治家たちが歴史の真実を認めないことが、当然のことだが最も大きな問題だ」とする一方で「韓国は慰安婦博物館や記念館を大々的に建設し、ユネスコ(国連教育科学文化機関)の記録遺産に申請するなどして、全世界に慰安婦の事情を知らせねばならないが、韓国人たちはおとなしすぎるようだ」と指摘した。

(中略)ジュロフ氏は「韓国政府は日本の良心勢力を積極的に取り込み、彼らと連帯しなければならない」とした上で「彼ら(良心勢力)に慰安婦関連の資料を探してもらい、これを公表できるよう積極的にロビー活動を展開すべきだ。残された時間は長くない」と語る。

 ジュロフ氏は「事件から時間が過ぎたからといって戦犯たちが死ぬのを待つのではなく、彼らに正義の審判を受けさせることこそが、歴史を正すことにつながる」「そのことは決して不可能ではないという事実を示すことが、私の仕事だ」とも述べた。

 ジュロフ氏は自らのことを「ナチスの狩猟者」と呼ぶ。ジュロフ氏は「70年が過ぎた今もなおナチス戦犯たちを追跡する理由は『被害者だったわれわれは常に見ている』というメッセージを彼らに伝えるためだ。このメッセージは戦犯たちに対してだけではなく、歴史を否定する勢力にも同時に送る一種の警告だ」と指摘した。

エルサレム=朴国熙(パク・ククヒ)特派員

 第三者の立場で片一方に肩入れし、他方の言い分を侮辱するのことこそ、極めて恥ずかしい振る舞いですし、ましてや事実関係がちょっと調べれば簡単に分かる内容なのに調べもせずペテンに加担した罪こそ自らを困難な立場に追いやる事だと理解出来ない辺り、やっぱりSWC所属のユダヤ人って何処に住んでても頭の程度がド底辺って共通項があるんでしょうねぇ…

 そもそも「自分ならたくさんの人を使って責任者を探し出し、法廷に立たせていただろう。これは被害を受けた国が果たすべき義務だ」って、ペテンで全てが成り立っているチョウセンヒトモドキに出来るわけがないのに。

 幼稚な偽善心で高説を垂れて当のモドキには流され、逆に日本人から失笑や冷笑を買うわけですから、愚かですよねぇ、ホント。

 連中の主張はそもそもが事実無根の捏造話が根底にあるため犯人探しなんてやる方法はそもそも存在しないし、その捏造話である官憲による拉致、甘言による詐欺などの犯人を実際に捜そうとしたらそれは日本人ではなく自分達チョウセンヒトモドキを取り調べねばならないのですから、出来るわけなど最初からない

 なーにせ、知事を始め官憲は大半がヒトモドキであり、人身売買をやっていた女衒もこれまたヒトモドキである一方、日本軍からは詐欺行為などによって慰安婦にされる事件が起きているから取り締まれと朝鮮半島に話が出ている始末なのですから。

 「慰安婦関連の資料を探してもらい、これを公表できるよう積極的にロビー活動を展開すべきだ」と言うのもお笑いで、吉見義明ら売国勢力が必死になって何十年も資料を漁ってさえそんな戯言を事実に摩り替えられる証拠など出てきていないのに、今更嘘を都合よく事実にする証拠なんてそれこそ捏造でもしない限り出てくるわけがありません。

 これもチョウセンヒトモドキやそれに加担する売国勢力は十二分に理解していることですから、偽善に捕らわれて正しいことを言っているつもりのこの阿呆の間抜けなピエロっぷりが一層際立っていますね。

 まぁもっとも、それ以前の問題として「私が韓国人であったなら、個人的に用心棒を雇ってでも、日本の軍部による慰安婦募集の責任者たちを探し出し、必ず法廷に立たせていただろう」などと単なる売春婦の募集を行った事がイコール犯罪であるなんて愚劣で素っ頓狂な珍回答をするような何も理解出来ないバカの知能じゃ、ねぇ?

 取り敢えず、事実関係以前に何が問題なのかさえ理解出来る知能も無い阿呆が、しゃしゃり出て必死に偽善を振りまくこの醜態にはもはや哀れみしか感じられませんね。

 憎しみを他人にぶつける事だけに生涯を費やしているから、こうも醜悪で愚劣な存在に堕すんでしょう。
07月06日(日)

金と権力に群れるゴミども、自らの恥部には未だ知らぬ顔 

1日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

河野談話報告書は不適当…米下院議員が連名書簡
2014年07月01日 20時02分
 【ワシントン=今井隆】米下院のマイケル・ホンダ議員の事務所は6月30日、日本政府が、いわゆる従軍慰安婦問題に関する河野洋平官房長官談話の作成過程の報告書を発表したことについて、「遺憾であり、不適当だ」とする書簡を佐々江賢一郎駐米大使に送付したと発表した。

 書簡は、ホンダ議員ら18人の下院議員の連名で、「(日本官憲による慰安婦募集の強制性について)報告書で確認されなかったと示唆したことは容認できない」と批判した。

 何処の国にだって金で矜持も愛国心も平気で売り払うゲスはいるものですけど、この18匹のバカザルについて他の新聞も調べていた最中に見つけた、中央日報の記事を読んだ時には爆笑してしまいましたよ。

 何せ、モドキとその飼い主であるチャイニーズからタンマリ袖の下を受け取っている事で有名な売国議員のマイケル・ホンダだけでなく、コリア・コーカスのゴミどもも加わり、そして止めのお笑い用にとチャールズ・ランゲルなんてのまで参加しているんですもの。

 コリア・コーカスと言うのはアメリカの議員による親韓勢力というアメリカ議会腐敗の象徴です。

 11年程前に誕生し、先程名前を挙げたチャールズ・ランゲルのようなクズがわらわらと金に群がって集まっています。

 事実、チャールズ・ランゲルと言えば海外での資産隠しや海外視察の金を企業に負担させる癒着など、倫理観が著しく欠乏している輩として有名であり、でも地元では人気があるから当選し続けているというま、アメリカの腐敗政治の象徴的な輩なんですが、笑えるポイントは何とこのゲス、朝鮮戦争の参加者なんですよ。

 何処の軍のどの部隊という情報は何故か何処にも無い為詳細は不明なんですが、貧しい出で云々なんて話があるところを見ると陸兵だった可能性は十二分に有り、となると、当然ながら韓国政府が用意した慰安婦(洋公主)を使っていたり、拉致した北朝鮮の女性兵士や看護婦を輪姦していた可能性もある

 無論当人がやっていなかったとしても参戦していたのならばそういう状況が半島であったことは知っていたはずですし、ましてや先日被害者を名乗る米兵相手の慰安婦本人が韓国政府を相手取って裁判を起こしたわけですから、加害者として何らかのリアクションを起こすはずですよね、本当に慰安婦問題を人権問題だのと思っているのなら

 何せ、意見の対立する第三国の問題ではなく、自分達が支援している問題で自国が加害者だったと判明した一件なのですから。

 でも、現実にはそういう都合の悪いものには見向きさえしないんですよ、このクズどもって

 他国の問題なんぞに感けている場合ではなく、それこそ仲間を引き連れ、被害者の下へ財産全てを持ってスライディング土下座でもしに行かなきゃならない位には重大な話なのにねぇ?

 ま、グレンデール市のゴミどもも同じ様に日本軍を相手にした慰安婦だけ、と限定して自分達が占領した日本や戦争だと乗り込んだ朝鮮半島、ベトナムなどでやってきたことには一切目を背けて善人気取りですから、偽善に酔うゲスや金や権力に溺れる恥知らずには何を言ったところで無駄なのでしょうね。

 中央日報『米議員、慰安婦歪曲の安倍首相に抗議の手紙』
 http://japanese.joins.com/article/
101/187101.html?cloc=jp|main|ranking
07月01日(火)

無能が招く危機から目を背け続けるヒトモドキ 

30日付けのMSN産経ニュースの記事から

止まらないウォン高、一時1010ウォン台 最終防衛ラインの週内突破も
2014.6.30 17:30
 韓国の通貨ウォン高が止まらない。30日のソウル外国為替市場は3営業日大幅続伸し、1ドル=1010ウォン台まで上昇する場面があった。2008年7月以来、ほぼ6年ぶりの高値水準で、08年秋のリーマン・ショック以降の最高値をまた更新した。現在の値上がりペースだと、今週中にも「最終防衛ライン」とされる1000ウォンを突破する可能性がある。

 ブルームバーグ社の為替レートによると、3営業日前の25日の時点では一時1021ウォン台後半まで相場が値下りしていたが、そこから急騰。週明け30日は1014ウォン台前半で取引が始まったが、正午前に1010.80ウォンと3.5ウォン近くも上昇。その後は値戻しの圧力が働き、1011ウォン台後半で取引を終えた。3営業日で一時10ウォン超の値上がりとなった。

 30日は、為替相場でドルが売られ、円が買われる展開となった。東京市場では1ドル=101円台前半をつけ、ほぼ1カ月ぶりの円高ドル安水準に。ウォンもこの影響を受けた。

 韓国経済はウォン安を背景に、輸出企業が海外で利益を稼ぐ以前の日本と同じ構造だが、ウォンの急騰でこの基本構造が危機に直面している。1ドル=1000ウォンを突破すれば、2008年7月以来となる。

 慰安婦などという下劣な火遊びに夢中になるバカ女率いる半島南の蛮族ですが、遂にはその火遊びが過ぎて、自分達がやった慰安婦運用の非人道性を裁判で訴えられると言うまさに自らの尻に火を付ける愚を犯しました。

 しかも火遊びに夢中になっている間に家計まで火の車になり、遂には自宅にまで引火しだしたのが現状です。

 元々見栄だけの矮小なサルの王国ですから、いざ立て直そうとしても肝心のバックボーンとなる経済力が無いし、それ以前に具体的な対応策さえ思いつかず、無様に右往左往

 結果は記事の通り、既に危険水準を突破しているのに何ら対策を打てず、財閥起業による輸出だけで辛うじて成り立っている砂上の楼閣が崩壊寸前。

 本来ならば政府が国を上げて対応に乗り出さねばならない危機的状況のはずなのに、半島メディアから出てくるのは中国との接近が一層親密化しただの、慰安婦騒動を更に大騒ぎして関係の無い国や人物まで巻き込めと、まるで自分達の体にまで火が回りだしていることさえ理解していない始末

 アメリカが間抜けな大統領の下で迷走を続け、国力も落とし、しかも自らの火遊びで日本を完全に敵に回している状況で輸出産業が成り立たなくなったらどうなるかって、考えが及ばないんだから凄いですよねぇ?

 ま、ガンガン上がって本来の劣等種に相応しいところまで経済力が早く行き着くことを願っていましょうか。
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果