徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
02月28日(金)

卑劣なマッチポンプと日本人らしい心意気 

26日付けのMSN産経ニュースの記事から

中央図書館にアンネの日記など100冊以上届く 寄贈?“タイガーマスク”?
2014.2.26 08:54
 「アンネの日記」や関連書籍が破られているのが相次いで見つかった事件で、東京都立中央図書館(港区)に、「寄贈」とみられる関連本が届けられていたことが25日、分かった。

 同館によると、24日午前に段ボール箱2箱が業者によって届けられ、25日に中身を確認したところ、計100冊以上の「アンネの日記」や関連書籍が入っていた。24日中には、荷物の伝票に記されていたのと同じ名字を名乗る人から「本を寄贈しました。段ボール箱は届きましたか」という電話が同館にあった。この人は「今回の被害にあった図書館向けにお使いください」と申し出たという。

 同館は「本の送り主と電話をした人は同一人物の可能性が高いと思うが、寄贈かどうかを確かめないと次の対応ができない。まず送り主の特定を急ぎたい」と話している。

 都立中央図書館では現時点で被害は確認されていないが、今回被害のあった都内の公立図書館などが所属する「東京都図書館協会」の事務局になっている。

 こういうことが起きるのが、日本ですよねぇ。

 震災の時も、海外での災害の時も、こういうことが出来るのが日本人であり、逆にあざ笑うのがチョウセンヒトモドキです。

 一方、卑劣な犯罪を繰り返す下衆な輩はと言えば…ついには愚かにも杉原千畝の関連書籍にまで手を出したんだそうで、更に犯行が日本人によるものでない可能性が高まりましたね。

 この事件は最初から不自然でしたからねぇ…

 まず、事件の起きていた地域が元々新宿を中心にして杉並などであったことが非常に怪しかった。

 ご存知の通り昔から在日の跋扈する街といえばまず誰もが名前が出てくるのは新宿です。

 更にブサヨの勢力圏である杉並など周辺域へ拡散していく流れも不自然。

 中韓が連携してナチスのレッテル張りキャンペーンを組織的に始めた頃から被害が出始めた点も非常に不自然。

 そして今度は日本人である杉原千畝のものまでと来るのですから、日本人の犯行とするのは無理がありますよねぇ?

 そう言えば、在特会とやりあっている暴力主義の極左団体がヒトモドキバッシングの落書きを清掃するとかってわざとらしいアピールをしていますけど、アレもチョンと書いてある文字の「チ」の字が日本人の書き方ではなくチョウセンヒトモドキのハングルの書き方そのままだって比較記事が上がっていましたね

 いやはや、さっさと犯人を逮捕して姑息な真似をしたバカの顔を全国紙で晒して欲しいものですね。
スポンサーサイト
02月27日(木)

中韓の尖兵、民主の小西 

27日付けのMSN産経ニュースの記事から

憲法解釈変更は「ナチスの手口」 民主・小西氏の指摘に自民が猛反発
2014年02月27日16時52分
 民主党の小西洋之氏が参院憲法審査会で憲法解釈変更によって集団的自衛権の行使容認を目指す安倍晋三首相を「ナチス」に例えて批判し、審議が紛糾したことが27日、分かった。

 小西氏は26日に開かれた審査会で「憲法9条をどう頑張ってみても解釈変更の余地すらない。(解釈変更は)憲法規範の存立に関わる問題だ。ワイマール憲法があっても世界史に例のない人権弾圧、蹂躙を繰り広げたナチスの手口そのものだ」と批判した。

 これに対し自民党の赤池誠章氏は「ヒトラーと結びつけて首相を批判することは取り消していただきたい」と反発したが、小西氏は「首相とヒトラーを同一視する趣旨の発言は一切していない」と発言撤回を拒否。小坂憲次会長(自民)が「個別の応酬もある程度の枠の中でお願いしたい」と議論を引き取った。

 小西氏は昨年3月の参院予算委員会で、首相に憲法の条文に関する細かい質問を繰り返し、首相から「クイズのような質問は生産的ではない」とたしなめられた過去がある。

 何かを反省し、学ぶ事のないバカの集う場所、それが民主党ですからねぇ?

 更に民主と言えば、チョウセンヒトモドキと中国の手先としても有名ですね。

 政権詐取後行われた汚沢による中国大朝貢団や国の財物を国民に断りも無く寄贈したバ菅など、悪事は数あります。

 そんなクズどもだけに、現在中韓が必死になって世界中で展開している「日本=ナチス」キャンペーンには手先として是が非でも参加したいって事なのでしょう。

 この小西なるクズの無茶苦茶なこじ付けにその余りに滑稽すぎる必死さが滲み出ていますね。

 記事を読んでみれば判るように、ワイマール憲法が役に立たなかったのを無理矢理の憲法解釈をしたからであるかのようにこじつけていますが、ナチスの手口と言うのは実はまったく別物で、『全権委任法』と言う呼んで字の如くの法律を制定した事でワイマール憲法そのものを完全に死文化したのですから、解釈などという阿呆な真似をする必要はそもそもありません。

 何せ、法文中で憲法に勝る優位性を与え、立法権などをナチスが完全掌握することを認めているわけですから、自民党が考えている法解釈がどうのって話とは丸っきり別物なのがわかりますよね?

 大体、法解釈をすることがナチスの手口だと言うのなら、政府与党時代にそれを散々やって無理矢理、天皇陛下に中国の周近平との会談を行わせたり、「どう頑張ってみても解釈変更の余地すらない」自衛隊法を無理矢理捻じ曲げて民間人の言論の自由を束縛するなどしていた民主党こそ、ナチスの振る舞いそのものをしていた悪逆非道の組織じゃありませんか。

 まぁ、典型的なバカだから数年前の自分達の悪行なんてもう綺麗サッパリ忘れているんでしょうけどねぇ?

 ほーんと、民主って進歩の無いブーメランバカが何時までも雁首揃えていますね。

 自民党の赤池議員がヒトラーと安倍首相を同一視するなって叱ったのも、恐らく上記したようなワイマール憲法が死文化した流れを理解していたからなのでしょう。

 何せ全権委任法では法令認証権を首相だったヒトラーが得ることになっており、自分で作って自分で認証するというまさに法を完全に支配した状態になったからこそ、「世界史に例のない人権弾圧、蹂躙を繰り広げた」りできたわけですから。

 いやはや、偉そうに過去の経歴をブログで誇っていますけど、こんな初歩の初歩も知らず、ただ中韓の手先として自国の政府をナチス呼ばわりとか、恥知らずどもは救いようがありませんね。
02月24日(月)

政府の情報隠しは許さないが、自分達は隠すどころか捏造さえもオーケーと考えるブサヨメディア② 

15日付けのMSN産経ニュースの記事から

言葉狩り、歪曲を駆使して言論の自由を許さない言論機関
2014.2.15 18:00
 一方で、彼らは、自分たちの気に入らない他人の言論の自由は許さない。NHKの籾井勝人会長の1月25日の就任記者会見に関する報道だ。

 記者会見は約1時間15分に及んだ。動画サイトでノーカットで全てを見た。感想は「何が問題なのか」だった。後に籾井氏は国会に呼ばれて会見での発言を撤回し、謝罪したが、要するに記者にはめられたのだ。籾井氏本人、会見後に批判的な報道が出て、驚いたのではないだろうか。

 籾井氏はNHKの放送のあり方について、会見で何度も「放送法にのっとる」と強調した。「個人的な見解を反映させることはない」とも明言した。

 国際放送については「明確に日本の立場を主張するのは当然だ。政府が右というのを左というわけにはいかない」「領土問題をはっきり分かりやすく説明する必要がある。なぜ尖閣が日本の領土であるかということをもう少し説明してもいいのではないか」と述べた。

 籾井氏は国内の放送と国際放送をきちんと分けて見解を述べた。国内放送に関しては「政府の言いなりにはならない」とも強調した。

 ちなみにNHKの「国際番組基準」は、「わが国の重要な政策および国際問題にたいする公的見解ならびにわが国の世論の動向を正しく伝える」「解説・論調は、公正な批判と見解のもとに、わが国の立場を鮮明にする」と明記している。

 籾井氏はこの基準にのっとって発言したに過ぎない。それなのに「政府が右というのを左というわけにはいかない」との部分を朝日は「放送内容が政府の宣伝ととられれば、海外での信頼もかえって損なわれよう」(1月28日の社説)と批判した。

 籾井氏は宣伝だとは言っていない。朝日の理屈で言えば、NHKの国際番組基準は間違っていることになる。「尖閣諸島は中国のものです。竹島も韓国のものです。日本の領土だと言っている日本政府は間違っています」と放送することが正しいのだろう。

 慰安婦や首相の靖国神社参拝への見解を聞く質問も相次いだ。NHK会長への質問として本質的とは思えない。そう思ったであろう籾井氏は「個人的な意見は控える」と繰り返した。

 それでも執拗に質問が続き、慰安婦については「どこの国にもあったことだ」と答えた。これに「揚げ足取りのようで申し訳ない」とわざわざ断った上で、「すべての国で慰安婦があったということか」と尋ねる記者もいた。自分はこんなくだらない質問は絶対しないようにしようと誓った。

 籾井氏は「これ以上、深入りするのは避けたい」と語りつつ、こう続けた。

 「今のモラルでは悪い。慰安婦は。だが、現実としてあった。いいとは言っていない。日本だけやっていたと思われて、どう思うか」

 「韓国がやっていることで不満なのは、日本だけ強制連行しているように言うからおかしい。補償はすべて解決している。なぜ蒸し返すのか」

 何も間違ったことは言っていない。余計なのはその後に「なぜオランダにまだ『飾り窓』があるのか」と言ったことだ。飾り窓は慰安婦ではなく、売春の問題である。「日本が従軍慰安婦を強制連行した」とも語ったが、当時言葉さえ存在しなかった「従軍慰安婦」を日本が強制連行した証拠はない。

 こういう記者のやり方を「言葉狩り」という。執拗に質問したのは朝日と毎日の記者だった。特定秘密保護法に反対のメディアだ。言論の自由が侵されかねないという特定秘密保護法には反対だが、自分たちはNHK会長の言論の自由を侵害してもいいらしい。しかも、「飾り窓」などの一部を除き、籾井氏の発言は同氏特有の意見でもなんでもない。単に事実を指摘しただけだ。

 結局彼らの言論の自由とは、自分が気に入らない、あるいは自分と違う意見は許さないという誠に自分勝手な「言論の不自由」を言っているだけにすぎないことがよく分かる。

 NHKには批判の電話が殺到したそうだが、籾井氏の会見はネットですべて見ることができる。電話で抗議する前に、まず自分の目で確かめたほうがいい。もっとも、多くの人はネットで1時間以上も会見を見る暇などないだろう。「会見を全部見ればいい」は、新聞記者としては屈辱だが、朝日や毎日のように意図的に事実をねじ曲げて報道する人たちがいるなら、仕方ない。だからメディアは信頼をなくすのだと痛感する。

 自分たちの意に沿わない発言をした籾井氏が会長を辞任しそうにもなく、風向きが悪いと思ったのか、彼らは矛先を変え、NHK経営委員を糾弾し始めた。作家の百田尚樹氏と、長谷川三千子埼玉大名誉教授だ。

 百田氏は3日、東京都知事選に立候補した田母神俊雄氏の応援のため、新宿で街頭演説を行った。問題となったとされる約45分間の映像も動画サイトで全部見た。

 百田氏にとって人生初の街宣車の上での演説だったようで、少し緊張気味だった。演説慣れしていないのは明らかだった。その中で出たのが「他の立候補者は人間のくずだ」だった。品はないかもしれないが、メディアや国会が目くじらを立てるほどの話だろうか。

 「占領軍は日本人に徹底した自虐思想を植え付けた。東京裁判のせいだ」

 「広島、長崎(への原爆投下)ほど悲惨な戦争犯罪はない。一般の無辜の民を何十万人虐殺した。東京大空襲は大虐殺だ」

 「東京裁判は(米軍の)大虐殺をごまかすための裁判だった。南京大虐殺は、1938年に蒋介石が『日本軍は南京大虐殺をし』」と宣伝した。でも、その時に世界の国は無視した。なぜか。そんなことはなかったからだ」

 こうした発言が問題視された。百田氏は政治家でも何でもない。作家の意見だ。どこが問題なのか。NHK経営委員の思想信条をしばる法律もない。何より経営委員はNHKの報道や番組作りそのものに関与するわけでもない。

 阪神大震災を体験したという百田氏は、不当に日本、日本人を貶めるメディアや風潮との対照で、日本人のすばらしさを紹介するエピソードも紹介した。コンビニの店主が被災者に食品などを無償で提供したところ、後日、何倍もの料金を被災者が持参してきたという。「これが日本人だ。こんな国どこにもない」と涙ぐんでいた。都知事選とは直接関係ない話がほとんどだが、実にいい演説だった。

 12日の経営委員会で、百田氏は「くず発言」は釈明したという。だが、野党が要求している国会への参考人招致には、自ら「呼び出せ」と言っている。自民党は反対しているが、度量がない。百田氏を呼んで堂々と見解を聞いたらいい。

 長谷川氏に至っては、文字通りの言葉狩りだ。5日付の1面トップで大々的に報じた毎日によると、長谷川氏は昨年10月、朝日新聞東京本社で平成5年に拳銃で自殺した右翼団体幹部を礼賛する追悼文を発表していたという。「人間が自らの命をもつて神と対話することができるなどといふことを露ほども信じてゐない連中の目の前で、野村秋介は神にその死をささげたのである」と礼賛したという。

 毎日の記事にもあったように、追悼文は昨年10月18日に発表された。政府が長谷川氏ら経営委員の同意人事を提示したのは同月25日で、11月8日に国会の同意を得た。長谷川氏の追悼文が問題なら、同意した国会議員を糾弾すべきなのに、そういった指摘はない。

 朝日や毎日、東京の思惑というか期待通りに、籾井氏や百田氏らの発言に米国、中国、韓国は反発した。ご注進の成果があって、さぞ満足なことだろう。だが、特定秘密保護法の誤解を意図的に拡散し、それでいて尖閣漁船衝突事件の映像公開という重要な出来事は無視か矮小化し、さらにNHK会長や経営委員ら日本の政治と直接関係ない人物の発言を誇大に報じて日本政府と日本人の負のイメージを拡大し、その先にいったい何があるというのだろうか。むなしくないだろうか。もうそろそろいい加減にしたほうがいい。

 まず最初はNHK会長の「政府が右というのを左というわけにはいかない」との部分を「放送内容が政府の宣伝ととられれば、海外での信頼もかえって損なわれよう」と記した社説部分ですが、歴代バカヒの社説執筆者は無知蒙昧、無思慮無分別、不勉強とまぁ、五拍子揃っていないとなれないんじゃないかって位に大バカ揃いですからねぇ?

 ちょっと調べれば簡単に分かるNHKの放送基準などさえも調べず、己の欲望のまま書き殴るなんて何時もの事です。

 だからこその、バカヒなんですし、他社どころか自社の過去の報道内容とさえ矛盾した主張が公然とされる始末ですもの。

 まして海外での信頼と言うのなら、バカヒの女子挺身隊を慰安婦と摩り替えた捏造記事や教科書書き換え騒動などの方が遥かに、そして未だに日本国及び日本人の名誉と信頼を海外で損ね続けているんですが、それについてバカヒって名誉と信頼を海外で回復させる為の努力をしたことがありましたっけねぇ?

 「執拗に質問したのは朝日と毎日の記者だった」

 予想通りあの無意味な質問と不勉強ぶり、気持ちの悪い粘着体質はバカヒと変態の仕業だったと…如何にもバカで変態ストーカーですって感じが声だけでも十二分に伝わってきましたからね。

 「自分たちはNHK会長の言論の自由を侵害してもいいらしい」「結局彼らの言論の自由とは、自分が気に入らない、あるいは自分と違う意見は許さないという誠に自分勝手な「言論の不自由」を言っているだけにすぎないことがよく分かる」

 ま、こちらも毎度言っていることですが、ブサヨメディア特有の二枚舌で、都合次第で法解釈や運用がまったく正反対になるのに、そこに疑問も感じなければ恥じらいさえも存在しない。

 自衛隊法の歪曲時もこの二社は気にも留めず平然としていましたし、自民党政権時代には総理大臣が仕事後に何処で何を飲み食いしただのって事にまで因縁をつけ悪辣な攻撃を続けていたのに、民主党政権になってルーピーがそれまでの総理大臣以上の豪遊をするや、一切その手の話題には触れなくなりました

 続く、バ菅、野豚の豪遊生活も一切存在しないかの如くスルーして、また自民党政権に戻ると高額なカレーを食うのは許さんだのってバカ騒ぎを起こし、自社ビル内により高額のカレーを販売する高級レストランを入れていることをネットで素っ破抜かれて袋叩きに遭いました。

 流石に自分達が比較で出されれば庶民の怒りを正面から食らうだけと理解したのか、その一件以降鳴りを潜めましたが、まぁそれでも懲りないバカはいて、つい先日も津田大介ってブサヨの愚劣な自称ジャーナリストが天麩羅を食うのが許せんと安倍バッシングをして逆にそのバカっぷりをネットで散々叩かれ、笑いものにされていましたね。

 経営委員の叩きについてはもはや語るのも馬鹿らしい話で、産経が記している通り、人選に問題があるのならばそれを何処がどうと伝えなかったメディア、そしてキチンと確認もせず同意した国会議員自身の問題でしかありませんし、番組の取材や放送内容に関わるわけではないってことを理解できているのかさえ怪しい。

 もっともブサヨの目的は日本の破壊、特アへの隷属ですから、懲りも恥じもせずにこういう歪曲や捏造などを今後も当たり前に続けていくだけでしょう。

 止めさせたいならそれこそ、法律で縛るか、実力で排除するかしか、自由を履き違えたゴミどもへの対処方法などありませんよ。
02月24日(月)

政府の情報隠しは許さないが、自分達は隠すどころか捏造さえもオーケーと考えるブサヨメディア① 

15日付けのMSN産経ニュースの記事から

言葉狩り、歪曲を駆使して言論の自由を許さない言論機関
2014.2.15 18:00
 政府は12日、平成22年9月7日に尖閣諸島(沖縄県石垣市)沖の領海内で発生した中国漁船衝突事件の映像を公開した。政府が12日に海上保安庁の巡視船に体当たりした中国人船長に損害賠償請求を求めて提訴したことに伴う措置だ。船長には再三、被害を受けた巡視船の修理代支払いを督促してきたが、無視され続けてきた。今月20日に請求権が時効になる前に民事訴訟に踏み切ったわけだ。今後映像が証拠となって事実上公開されることから、海保も公開に踏み切った。

 海上保安官だった一色正春氏が22年11月に同様の映像をインターネット上に公開しており、海保が新しい映像を公開したわけではない。それでもようやく海保のホームページで誰でも自由に閲覧できるようになったのかと思いきや、一般から求めがあった場合にDVDなどを送って対応するという何とも手間のかかる公開となった。

 ともかく、政府は映像を正式に公開した。産経新聞は13日付朝刊で、政治関連の記事を載せる5面のトップで「尖閣漁船衝突の映像公開」との見出しで扱った。今回の対応は「映像は特定秘密ではない」と主張してきた安倍晋三首相の意向を反映したもので、特定秘密保護法の誤解を解き、同時に対中国で日本の正当性をアピールするとの狙いがあったことを書いた。

 公開は、太田昭宏国土交通相と菅義偉官房長官が12日午前の記者会見で明らかにした。大阪本社管内のみで夕刊を発行している産経新聞は夕刊2面のトップでも「尖閣漁船の衝突映像公開」の3段見出しで記事を掲載した。

 12日付夕刊(以下、東京発行)では、朝日新聞が社会面に2段見出しで「尖閣漁船衝突 映像公開へ」、読売新聞も社会面に2段見出しで「中国船長を損賠提訴へ」、日本経済新聞は社会面に1段見出しで「中国人船長を損賠提訴」と扱った。政府は12日午後に那覇地裁に提訴したが、この3紙はいずれも13日付朝刊で「提訴した」「映像を公開した」と過去形では報じなかった。

 夕刊で掲載しなかった毎日新聞は13日付朝刊の社会面で「衝突事件で中国船船長を賠償提訴」、国際面に「中国反発」とそれぞれ短く掲載した。東京新聞は朝夕刊ともに報じなかった。

 約3年半前の事件発生当時は違った。中国に気兼ねした当時の菅直人政権が検察に政治的な圧力を加え、逮捕した中国人船長を処分保留で釈放したことも大きな騒ぎになった。昨年秋の臨時国会で特定秘密保護法に反対した民主党は、政権を担っていた事件当時、海保が撮影した映像を公開しなかった。「映像記録は刑事訴訟に関する書類だから」との理由だったが、中国を刺激するのを嫌ったのは明白だ。

 その後、菅政権は国会の要求に応じ、22年11月1日に一部の国会議員を対象に、2時間あるという映像を約7分間に編集した映像を限定公開した。それでも一般公開はかたくなに拒んだ。

 その3日後、一色氏がネットで映像を公開すると、仙谷由人官房長官(当時)は「犯罪行為だ」とののしった。一色氏は国家公務員法違反(守秘義務)容疑で書類送検され、退職した。結局最後は起訴猶予だった。首相が「特定秘密でもなんでもない」としている映像を菅政権が公開していれば、一色氏は退職することにならなかっただろう。

 民主党政権が特定秘密でもなんでもないのに恣意的に隠してきた映像が公開されたことを受け、特定秘密保護法に反対した新聞は、さぞ「英断だ」との論陣を張るかと思いきや、全く違った。繰り返し強調しておくが、最も特定秘密保護法に反対している東京新聞は、完全に無視した。朝日、毎日も特定秘密保護法反対の記事とのバランスをあまりにも欠いていた。

 彼らが懸念していた「政府による恣意的な情報隠し」を安倍政権は行わないということを行動で示したにもかかわらずだ。報じないことも彼らの主張する「言論の自由」だということなのかもしれない。だが、これで「中立・公正」をうたうまともな報道機関と言えるだろうか。自分たちに不都合な真実は、なかったことにするか小さく扱うだけ-ということを証明した。

 書きたい記事は幾つもあるんですが、忙しくて書く余裕の方が最近無いんですよねぇ…

 ソレは兎も角、今回は言論の自由についてとても興味深い記事が産経にあったのですが、非常に長いため、久しぶりの前後編で行きたいと思います。

 そもそも、特定機密だとして政府が恣意的に運用する可能性がある…この言い分を民主党が主張することそのものがおこがましいというか厚顔無恥というかって、呆れ返る話ですよね?

 記事でも取り上げられているように、中国に媚を売るバ菅及び仙谷のクズコンビによって犯罪者を政治圧力で釈放した挙句にチャーター便で送り返す、逆に組織の正当性を訴えた人間を犯罪者呼ばわりして追放するわとやりたい放題に国を、国民を食い物にしたのが民主党政権でした。

 また、自衛隊を律する為の自衛隊法を恣意的に拡大解釈して適用外の民間人にまで押し付けての言論弾圧、閣僚による交通ルール破りと規則を厳守しようとした自衛隊員への恫喝なども民主党政権下では行われていますし、その他にも多数の不祥事が不自然形で収束しています。

 ルーピーの不正蓄財なんてその際たるもので、ルーピーが莫大な利益を享受しているのに、命令されてやっていた秘書だけが処罰されて本人は取り調べさえ受けずに握り潰されましたよねぇ?

 あれだけ政治とカネの問題を自民党に対して喚いてきたのに、平然と自分達の番になるや掌返しをしており、中でももっとも代表的なのが証人喚問も行い、逮捕にまで至らせた元自民党の鈴木宗男を、連立与党となるや公然と誉めそやし、要職に就任させた件ですね。

 褒め称えるのに夢中になるあまり、自分達が追い詰めて有罪判決が出るまでに至らせたことも忘れ、まるで事件が捏造であるかのような弁を吐く民主党員さえいましたし。

 こんなコロコロと言動が変わるご都合主義のクズどもに、政治家たる資格があると思いますか?

 また、「最も特定秘密保護法に反対している東京新聞は、完全に無視した。朝日、毎日も特定秘密保護法反対の記事とのバランスをあまりにも欠いていた」と言うのもトンデモナイ話ですね。

 一人の国民が、政府の恣意的情報運用によって人生を狂わされたというのに、そして自らが最も主張を強く示す話題の一つについて政府対応の指針とも言うべき行動が示されたのに、その事実を報じなかったり流す程度の扱いにしたりするなど、言語道断です。

 完全に中立性など欠いていますし、そもそもの目的が事実を知らせることを旨とするジャーナリズムの精神ではなく、己の政治的や某を達成する為のアジビラであると述べているも同義ではありませんか。

 もはやそれは共産党の赤旗と一緒です。

 実際、前半部分とした最後のところに、「報じないことも彼らの主張する「言論の自由」だということなのかもしれない。だが、これで「中立・公正」をうたうまともな報道機関と言えるだろうか。自分たちに不都合な真実は、なかったことにするか小さく扱うだけ-ということを証明した」とありますよね?

 産経から見ても、バカヒや変態、東京などは報道機関と呼べぬものだとの判断のようです。

 もっとも、以前からご覧いただいている方にはご承知の通りだと思いますが、「言論の自由=報道しない自由、歪曲・捏造する自由、国民を扇動する自由」というスタンスでこれらの新聞社がやってきたのは幾度も私が記してきている通りであり、都合の悪い事実を報じないのは今回に限った話ではなく、これまで当たり前にやってきたことなのですから、きっとバカヒらがこの記事を目にした時の反応は、「何を今更、ウチにとって当たり前の事を書いているんだ」と、首を傾げるだけでしょうね…

 自分達だけの歪み、崩れた正義と言う名の壁を絶対視し、その外側にいるのは全て悪だからどんな手段を用いても許されるんだって発想なんですよねぇ、結局のところ。
02月23日(日)

意味を解する知能が無いくせに使い、実は自分がそうだった間抜けなチョウセンヒトモドキ 

21日付けの中央日報の記事から

日本の「河野談話検証」に韓国政府「分別ない行動」批判
2014年02月21日14時19分
 菅義偉官房長官が日本軍慰安婦動員の強制性を認めた「河野談話」を検証する意向を明らかにしたことに対し、韓国政府は「分別ない行動だ」と強く批判した。

 韓国外交部の関係者は21日、「日本政府が自ら河野談話で認めた慰安婦募集、移送、管理などでの強制性に疑問を提起するのを受け入れることはできない」とし「歴史認識の根幹を崩す分別のない行動だ」と明らかにした。

 菅義偉官房長官は20日、衆議院予算委員会に出席し、河野談話について学術的な観点でさらに検討するのが望ましいと述べた。

 いやはや、本当にお笑いですね、この下等動物どもの生き様って。

 あれだけ散々、歴史に学べだの、歴史を直視しろだの、正しい歴史を教えろだのと喚いていたのに、じゃあ歴史の検証をしますと官房長官が口にした途端、今度は「分別ない行動だ」ですもの。

 まぁ、本来なんで言語を操れるのかさえ謎な位に低脳な、サルにも劣る下等動物ですから「分別」なんて言葉は高尚過ぎて意味を理解するに至らぬのも仕方ないんでしょうけどねぇ?

 先日の国会の参考人招致によって、これまで産経新聞に掲載されてきた河野談話作成に関する出鱈目が公の場で再確認されたわけですから、事実の確認、検証が必要となるのは当然です。

 何より自分達が執拗に求め続けていた歴史認識の確認が日本国政府によって為されようとしているのに、今度はそれをするな、それは弁えない事だと罵りだしているのですから、どちらが「分別ない行動」なのやら?

 ま、下等動物の知能でそれを理解しろと言うのは余りに高等すぎて不可能でしょうけど。

 大体、日本政府の歴史認識が間違っている、許せないと喚いて世界中で反日活動を続け、謝れ、金寄越せと乞食根性剥き出しにしておきながら、自ら認めた歴史認識に疑問を提起するのは受け入れられないとか、本当にコイツらはバカですよねぇ…

 言っていることが如何に支離滅裂なのか、まったく理解できていないんですから。

 それと、今回の件で誰か民主党に公開質問状とか送ってくれないんですかねぇ?

 ついこの間、バカ江田が安倍総理に対して河野談話は正しいから継承しろとのたまっていましたから。

 つまりは民主党は産経新聞は嘘記事を掲載し続けていたと言っていたわけですし、虚言による捏造を寛容し、冤罪社会こそ日本のあるべき姿だとのたまっていたわけですから、そこのところの認識について是非とも被害者である産経新聞辺りに徹底追及をして欲しいものですね。

 あぁ因みに、この国会承知について媚韓派のバカヒの社説は予想通り完全にスルーしましたね。
02月22日(土)

まずはペテン好きの連携先を疑ってみろよと 

21日付けの朝日新聞デジタルの記事から

米ユダヤ団体「当局は犯人特定を」 アンネの日記破損で
2014年2月21日15時58分
 「アンネの日記」や関連図書が東京都内の複数の図書館で相次ぎ破られた事件で、米国のユダヤ人人権団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」(本部・ロサンゼルス)のエイブラハム・クーパー副代表が20日、「衝撃と強い懸念」を表明した。「日本の当局は犯人の特定と対処を」と求めている。

 クーパー氏は「多くの日本人がいかにアンネ・フランクを学び、敬意を表してきたかを知っている」としつつ、「この事件は、ホロコースト(ユダヤ人大虐殺)の犠牲となったユダヤ人の子どもの記憶を中傷する組織的活動の存在を強く示唆している」と非難した。

 同センターは昨夏、麻生太郎副総理が憲法改正を巡り、ナチスを引き合いに「手口に学んだらどうか」とした発言も抗議した。(ロサンゼルス=藤えりか)

 日本の首都にネオナチが潜入した?

 或いは日本人の熱狂的ナチス崇拝者が行動を起こした?

 私はどちらも有り得ないと考えています。

 理由は簡単で、する意味が無いからです。

 かつての同盟国とは言え、今も当時もユダヤ人への迫害に対して日本人は同調したことは無く、むしろ助けた側であり、そのせいで東条英機ら陸軍はヒトラーと一悶着起こしている位ですから。

 詳しくは以前記したので割愛しますが、シベリア鉄道経由でのドイツ及び周辺国からの脱出を樋口中将らが助けている位ですし、日本でもアンネの日記は書店に行けば普通に手に入るベストセラーですから、わざわざ極一部の、それも図書館だけを狙ってそんなことをしても単なる器物損壊事件でしかありませんもの。

 何せ大型書店に行けば大抵この本は置いてあるし、何冊もあって平積みになっているケースも珍しくなく、当然ながら増刷され続けているので補充も直ぐです。

 私にはむしろ、この時期に何でこんな事件が起きたのか、そして、安倍首相の靖国参拝を批判したSWCのバカが即座に反応しただけでなく、「組織的活動の存在を強く示唆している」と断定的に述べたのかの方が遥かに重要だと思います。

 ご存知のように現在、中国とその腰巾着である朝鮮が結託し、日本をナチスと同列視させる運動を世界規模で行っています

 SWCのバカどもはそれに同調しており、チョウセンヒトモドキと結託して反日活動を展開しています。

 ですが、連中は単に日独が同盟国だったという以上のものを世界に対して何も掲示出来ていません。

 まぁ、それ自体は政治制度、国家理念、国家形態、開戦理由などありとあらゆるものが別なのですから、当然でしかない話なのですが、そんな最中に都合よく降って湧いたホロコースト否定論者のような事件

 余りに胡散臭過ぎますよね?

 何せこの事件、最初に発覚したのが1月下旬頃だって言うんですよ?

 靖国参拝の1ヵ月後、特アのバカどもがナチスに準えたキャンペーンを本格化させ出したタイミングに合わせて事件が複数個所で発生しているんです。

 かつての朝鮮関連の事件が起きる度に発生した、被害者も状況も不自然で、犯人の足取りも影さえも見えないままお蔵入りし続けたチマチョゴリ切り裂き事件と実に似た不自然さを醸し出しています

 ここまで書けば判るでしょうが、そう、私は九分九厘、まず間違いなく今回の件は連中の仕業だと考えています

 推理モノお約束の犯人はこの事件を起こすことで最も利益を得られる者ってやつですね。

 日本人がわざわざこのタイミングで事件を起こした場合、犯人とバレてもバレなくても被害を日本国及び日本人が被るだけである上、犯人が得られるメリットが何も存在しません。

 ホロコースト否定?ナチズム賛美?

 関連書籍なんて腐るほどあるし、先述した通りナチスと日本を同一視する異常者は昔から幾らでもいるので、それを否定する書籍や単純にナチズムを否定・批判する書籍も腐るほどある中、わざわざアンネ・フランク関係だけに絞り、しかも都内の図書館だけをターゲットにした理由としては余りに薄弱すぎます。

 何より、借り手が幾らでもいる本なのですから、図書館では程なく買い直されるのがオチ(事実既に買い直して閲覧を再開しているところもある)であり、効力が無いどころか逆に話題となることで呼び水となって読み手が増える可能性の方が高いんですもの。

 ましてや悲劇の少女として世界中で知られているアンネの日記及び関連書籍をわざわざ狙って、事件を見聞したものの感情を掻き立てる手法が、実に慰安婦騒動やチマチョゴリ騒動と酷似しており、上記した通り主目的とした場合に逆効果であることも合わせて考えれば、主目的を達成する為の手段として今回も事件が起こされたと見るのが正しいでしょう

 そして、点数こそ220点とそこそこ多いものの、東京の極限られた一部地域だけ(新宿、中野、杉並、豊島、練馬の各区と、東久留米、西東京の両市と全て隣接している地域)をターゲットにして行われている個人でも十二分に可能な犯罪を、それも今回初めてでこれまでに日本で類例の無い事件を、SWCのバカが組織的活動と断言できているのか、ですね。

 元より反日を掲げて活動してきたこのゴミ団体は先の靖国批判の際もチョウセンヒトモドキと結託して行っていた経緯がありますから、下手をするとこの事件にも裏で関与しており、連中と共謀している可能性もあるかもしれません

 自分が好意を寄せている女性に振り向いてもらう為、裏で暴漢を雇って襲わせ、助けるふりをしてみせるなんて古典的な真似があるように、連中がこれまでしてきた下衆い活動内容を鑑みれば、わざと事件を起こして被害者ぶり、騒いで名を広めよう、活動資金を得ようとしていたとしても驚くにさえ値しない位には腐った連中ですから。

 何れにせよ、図書館の入退館時には監視カメラがその姿を捉えていますし、館内にも最近は設置している例もあります。

 複数の図書館で同一人物が写っていれば犯人の可能性が非常に高いと思いますが、そういうのを確認できる駅や街中のカメラみたいなことが出来れば早々に犯人は浮かび上がるんじゃないでしょうか?

 もっとも、SWCのバカが述べるように組織による同時多発テロのような複数人による犯罪であった場合はそれも難しいでしょうけどねぇ?

 もしかしたら、一体何を根拠に組織によるものだと断定しているのか、バカを一度徹底的に締め上げた方が解決が早いかもしれませんね。

 あぁ、それと最後に、「同センターは昨夏、麻生太郎副総理が憲法改正を巡り、ナチスを引き合いに「手口に学んだらどうか」とした発言も抗議した」なんてバカヒのクズ記者が書き加えていますけど、アレはそもそも発言内容を歪曲して報道したバカヒの責任なんだから、謝罪と訂正報道をキチンとやれ、ゴミムシどもって話ですね。

 朝日新聞デジタル『「アンネの日記」破損被害相次ぐ 都内各地の公立図書館』
 http://www.asahi.com/articles/
ASG2N61RNG2NUTIL057.html
02月19日(水)

ゴミは自分でかたせ 

18日付けの朝鮮日報の記事から

「日本で売春して借金を返せ」 ヤミ金業者の男らを起訴
2014/02/18 20:56

 韓国国内で女性たちを集め、日本で売春をあっせんしていたブローカーと業者らが一斉に起訴された。

 ソウル中央地検刑事7部(ソン・ギュジョン部長)は18日、女性たちを日本に派遣して売春をあっせんしたとして、P容疑者(46)を「売買春あっせんなどの行為の処罰に関する法律」違反などの罪で在宅起訴した。

 また、日本人と共に売春宿を運営していたL容疑者(42)=女性=とその夫(45)も同じ罪で在宅起訴した。

 韓国でヤミ金業者を営んでいたP容疑者は、女性たちに対し、日本で売春することにより借金を返済するという条件でL容疑者を紹介した疑いが持たれている。

 女性たちを紹介されたL容疑者は、東京都内の低層マンションに売春宿を設け、ここで女性たちに売春をあっせんした。

 検察によると、P容疑者はL容疑者のほかにも、日本で売春宿を運営する業者と結託し、売春に関与した女性たちに金を貸し、最高で73%という高い利息を取って横取りしていたという。

 P容疑者は融資を受けるため訪ねてきた女性たちに対し「私が借金を代わりに全額返済することにして、先払い金をくれてやる。日本の売春宿で働いて、この金を返すように」と告げ、犯行を繰り返していたことが、検察の調べで分かった。

ホン・セヒ記者

 斡旋業者を介した組織的売春…本当にこの下衆どもはどれだけ年月が経とうとも、一向にやることが変わりませんね。

 しかも、斡旋したのも、実際に売春宿の運営を日本でやっていたのも、チョウセンヒトモドキ。

 逮捕されると毎回こう、ですから。

 いやはや、これでよくもまぁ、日本を悪く言い続けられるものだと言いたくなりますが、それが出来るのが人に非らざる下賤なケダモノたる所以ですね。

 ま、取り敢えず何でもいいから5万匹のメスとそれを送り込み、日本を汚している同族のゴミどもをさっさと引き取れって話ですね。

 我を競って金のためと、散々洗脳教育を受けてトチ狂った憎しみを抱く国へ押し掛け、体を売るなんて下等な真似が出来るなんて、流石は恥って概念の欠落した下等動物ですが、日本からしてみたら迷惑以外の何物でもありませんからね。
02月17日(月)

ペテン新聞への失望だろ、深まっているのは 

16日付けの朝日新聞デジタルの記事から

沖縄の基地問題-「日本」への失望が深まる
2014年2月16日(日)付
(前略)■ひずんだ民主主義国

 沖縄の人が復帰運動で掲げたのは「憲法の下への復帰」。米軍から人権侵害を受け、人権を保障する憲法を渇望した。

 復帰した日本に人権感覚は根づいていたか。1級、2級に国民を分け、犠牲を強いるようなふるまいが続いていないか。沖縄の失望は、ひずんだ日本の民主主義の産物である。

 それは、本土に暮らす一人ひとりが考えるべき問題だ。

 日本から出ていけ、という人はわずかだろう。けれど「基地の見返りに金を受け取っているから当然」「沖縄の地理的位置からいって仕方ない」といった言説をうのみにしていないか。

 金? 沖縄は特別に優遇されてはいない。国からの地方交付税と国庫支出金の合計を人口1人あたりで比べると、沖縄県は全国10位(11年度決算)。日本は沖縄の負担によって日米安保を維持し、防衛費を抑えながら経済成長を遂げたのに、見返りと呼べる額を払っていない。

 地理? 人権を無視できた沖縄に基地を集めたのだ。旧ソ連と対峙(たいじ)したころも、中国や北朝鮮と緊張が高まるいまも、沖縄の位置が望ましいという説明は合理的だろうか。

 私たちは自分に都合のいい説明を好み、無意識や無関心で差別していないか。

 先月の名護市長選では普天間の辺野古移設反対派が再選された。市議会の多数も反対だ。それでも政府は、来月には調査・設計の入札を行うという。

 無理やり進めれば、回復不能なまでに亀裂が深まらないか。

 今日も今日とて、ペテンを繰り返す、卑劣なバカヒの社説ですが、相変わらず無価値なバカ話をダラダラ垂れ流しているので取り上げたい要点部分にだけ絞って載せます。

 「私たちは自分に都合のいい説明を好み、無意識や無関心で差別していないか」だそうですが、その前の文章を書き殴った後でよくもこんな台詞を恥ずかしげもなく出来るなと、相変わらずの厚顔無恥ぶりに反吐が出ますね。

 まずは「金? 沖縄は特別に優遇されてはいない」と大嘘を真顔でのたまい、その証拠が地方交付税と国庫支出金の合計が人口1人辺りで比べると全国10位だからだそうです。

 もう、この時点で完璧な詐欺ですよね。

 優遇であるか否かの基準が何で交付税と支出金の合計による1人辺りで10位なんて話に限定されるのでしょう?

 まぁ、それとて50近くある都道府県の中で10位ならば、ろくに収めてもいないどころか税の支払いで行ったら最下位もいいところなのに十二分な額を貰っているんですから、かなり優遇されている側と言えると思うんですがねぇ?

 ともあれ、普通優遇されていると言う場合、出てくるのは貰える額だけに限った話ではなく、収める額、つまりは税割合などだってありますが、「自分に都合のいい説明を好み、無意識や無関心で差別していないか」とのたまいながらそちらを敢えて無視するところが、やはりトイレット・クオリティ・ペーパーの所以なんですねぇ…

 丁度今から一年前、横浜の小林のぶゆき市議会議員が『えこひいきされる理由もわかるけどうらやましいな優遇制度(沖縄県庁)~琉球視察報告(5)~』という記事をブログにアップしています

 これはタイトルの通り、沖縄県庁などに赴いて視察した中で、特に税制などの沖縄優遇の実態についてレポートした回となっています。

 優遇税制の嘘真から、どれ位の優遇がなされているのかなどが丁寧に記されているのですが、ざっと見ただけでも酒税、ガソリン税、高速利用料、航空燃料税、特定免税店、火力発電の燃料税に加えて法人税や法人県民税、法人市町村民税などまでがありますし、経済特区の存在「改正沖縄振興特別措置法」の存在にも触れています。

 この措置法、本来なら10年間だけの時限立法だったはずなんですが、沖縄の特別な事情に配慮し続けるため毎回延長されており、現在は平成34年までと延々優遇され続けているんですが、バカヒの手にかかると「そんなものはねぇ!」ってな具合になるのだからホント、呆れ果てますよね?

 で、もうひとつの「地理? 人権を無視できた沖縄に基地を集めたのだ。旧ソ連と対峙(たいじ)したころも、中国や北朝鮮と緊張が高まるいまも、沖縄の位置が望ましいという説明は合理的だろうか」というペテンについて。

 こっちも実際には今までエントリで記しているんですが、旧ソ連とアメリカが最初に対峙した場所って何処でしょう?

 そう、千島列島でもカムチャツカ半島でも樺太でもなく、朝鮮半島です。

 そしてその次に米ソが対立したのは、ベトナムです。

 また、当時はまだフィリピンにも米軍が駐留をしていました。

 バカヒの嘘とは裏腹に、戦後の冷戦時代も今も、沖縄は地理的に米軍にとって非常に重要な場所です。

 それに加えて中国の海洋進出、南進政策への重点が置かれるようになっているからと言って、北方が疎かにされているわけではありません。

 相変わらず米軍が使用する面積の最大値は北海道のままですし、三沢基地など北の要も戦力を維持したままであり、バカヒの論理通りが真であるなら、逆に北側の米軍戦力は低下していないとおかしいのに、そうなってはいない。

 まさにバカヒは「自分に都合のいい説明を好み、無意識や無関心で差別して」いるわけで、天に唾を吐いたと言える間抜けっぷりを晒しています。

 太平洋における要石、キーストーンがハワイなら、東アジアにおける要石は沖縄であり、だからこそ米軍はフィリピンのように基地をアレだけ批判を浴びても簡単に手放さないんですが、常に敵意や悪意だけでいい加減な記事を書き殴るバカヒにはそういう現実と対面するのはやはり永劫に不可能なんでしょうねぇ(笑
02月15日(土)

民主の暴挙のツケがまた… 

14日付けの時事ドットコムの記事から

太陽光認定業者、取り消しへ=発電未着手-買い取り制度で経産省
 経済産業省は14日、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度の対象として、太陽光発電業者の認定を受けながら事業化していない事例が数多く判明したとして、3月以降に問題業者の認定を順次、取り消すと発表した。事業化を過度に遅らせることは「再生エネルギーの普及を目的とした制度の趣旨に反する」(茂木敏充経産相)として、厳しく対応する。
(2014/02/14-22:36)

 この記事だと具体性が無いから、判り難いかも知れませんが、現在この制度で認定を受けているのは4700件

 しかしその内、今回の取り消し第一次対象となったのは実に672件!

 内訳は発電用の土地・設備のいずれも確保していなかったのが約570件調査に回答しなかった約100件であり、まぁ、ここまでは完璧に詐欺と言える状況ですね。

 また、第二次として夏頃取り消しするかの調査に入る予定なのが、建設用の土地と資材のどちらかしか準備していなかった業者で、こちらは971件にも上るそうです。

 両方あわせると1600件超となり、実に全体の1/3以上が1年半以上も経って事業化されていないのですから、今回茂木経産大臣が認定取り消しに向け動き出したのは、至極当然です。

 では、何故こんな杜撰な状態になったのか?

 まぁ、先程1年半以上と書いたことから判ると思いますが、そう、あの民主党野豚政権時代に能力や計画の実現性をまったく勘案しないまま認定をばら撒くという実に民主党らしい悪行を為していたせいなんです。

 結果、毎日の記事にはこんな話が掲載されるほどです。

 「太陽光発電に参入したある大手企業は、毎日新聞の取材に「国から計画認定を受けたものの事業化されていない計画の売却提案が、複数の業者から持ち込まれている」と話す。ただ、担当者が現地を確認すると、計画地の真ん中を高速道路が横切っているなど、太陽光パネルを設置できない場所が大半だった。担当者は「一目で実現性はないと分かる計画がなぜ認定されたのか」と首をかしげる」

 何せ、「太陽光(非住宅)では、設備認定容量2249万キロワットに対し、実際に運転を開始したのは382.7万キロワットと2割に満たない」と言うのですから、まるで戦時中の石油生産計画並の破綻振りです。

 そちらは趣旨から外れるので今回は記しませんが、詳しく知りたい人は光人社NF文庫の石井正紀著『陸軍燃料廠 太平洋戦争を支えた石油技術者たちの戦い』を読んで下さい。

 図やコラムが所々に挿入されていてとても読み易く、かつ判り易いので、オススメです。

 閑話休題、何故こんな自体になっているのかと言えば、この事業では、後発になればなるほど旨みが出るんです。

 買い取り価格は初年度40円、昨年13年度で37.8円となっており、これは太陽光パネルの急速な値下げに合わせて見直しがされているためであり、つまり早めに認可だけを受けて着工しないでいれば、高額の買い取り価格でありながら、太陽光パネルを底値になってから買うことで導入費を本来のソレより遥かに安く抑えることが出来て、利ザヤが大幅に出る

 また、国からの認定を受けている優良企業だとのアピールにも使えるので、国民や取引先を謀ることも出来る。

 まさに国を壊す事を至上命題に掲げていた民主党らしい暴挙だったわけです。

 結局導入から5ヵ月後の選挙で大敗したので、こうやって自民党のメスが入って問題の改善に乗り出されてしまったわけですが。

 これで民主党のゴミどもが如何に有害であるかを物語る事例がまた一つ増えましたね。

 毎日jp『太陽光発電:買い取り制度 指摘されてきた設計の甘さ』
 http://mainichi.jp/select/news/
20140215k0000m020060000c.html

 朝日新聞デジタル『太陽光の業者、672件の認定取り消し 経産省』
 http://www.asahi.com/articles/
ASG2G42LCG2GULFA00G.html?
iref=comtop_list_biz_n01
02月14日(金)

ペテンデーってのが精々だろ 

13日付けのMSN産経ニュースの記事から

「慰安婦」の何を記念?
2014.2.13 08:00
 何を「記念」するのだろう? 子供たちにどう説明するのか? 数多くの疑問が浮かぶ。

 12日付1面で報じたように、韓国が「慰安婦記念日」を制定するという。その日には国際シンポジウムや音楽会、演劇、美術展を開催する。フランスの漫画祭で「慰安婦」をテーマにした独善的な作品を展示したのは記憶に新しいが、各地で巡回展も開くらしい。さらに韓国は世界記憶遺産にも登録を目指すというから、尋常ではない。

 米国内でも慰安婦像や碑を建立、地図の日本海に「東海」を併記させる、対日情報戦をエスカレートさせている。韓国の政権は任期終了が近づくと浮揚を図って対日強硬カードを切る事例が多いうえ、朴政権はまだまだ続く。沈静化は困難だろう。

 「対話のドアは開かれている」と鷹揚(おうよう)に構えている時期は終わった。政府の対応は待ったなしだ。(副編集長 黒沢通)

 当時のチョウセンヒトモドキの数はざっと2000万。

 メスが半分で1000万となり、人口ピラミッドの形はかなり急勾配となる…三角定規を立てたような感じでしょうから、10代全体で見ても精々200万ですが、実際には17歳以上と制限があったので更に該当範囲は狭まり、60万程というところでしょうか?

 その内の20万が拉致された…もしも主張が事実なら1/3、年齢丸一つ分のメスがそっくり強制連行されたってことになるわけですが、それを親族は勿論、独立運動だ爆弾テロだと暴れている連中も多数いた中で誰も見向きさえしなかったって、異常過ぎる話だと思いませんか?

 そして、戦後にバカが戦勝国を気取って領土を寄越せと連合国に喚いた際も、アメリカに要求されて国交正常化を日韓で結ぼうとした際も、一切問題にしなかった、誰も気に留めないままだったってことも含めて、非常に狂った話です。

 これを問題視してモドキどもが騒ぎ出したのは、バカヒが捏造記事で焚き付けた1990年代に入ってからであり、拉致されたと法螺吹き婆どもが証言していた中には1940年よりも前なんてのもあるわけですから、実に半世紀以上も誰も気にせずい続けたのがチョウセンヒトモドキってケダモノどもなんですよ?

 考えても見てください。

 各地である日、軍人や警官がトラックでやってきて家族や村人の目の前で10代の女性を次々拉致している。

 自分の娘や同級生が誰とも知らぬ輩にいい商売がある、などと騙されて連れ去られた。

 でも、まるでテレビや小説の中の出来事であるかのように、誰もそれを気にしない。

 関東大震災時のチョウセンヒトモドキのテロや青山里でのテロを散々、針小棒大だけでなく完全な捏造までやってきた韓国臨時政府を名乗るテログループさえもがまるで空気であるかのように気にもしなかった

 こんな状況が現実に有り得ると思いますか?

 話の内容を現実に置き換えてみれば、連中の言い分も流れも余りに現実離れしたものであり、事実になりえない与太話だと簡単にわかりますよね?

 で、そんな捏造話を記念する日を作りますって言うのですから、気狂いどもの発想は人間の創造の埒外ですね。

 本当、いい加減この邪魔なだけのゴミ民族を叩き潰さないと、鬱陶しいどころじゃなくなっていますよねぇ?
02月13日(木)

勲章ではなく13階段こそ相応しい下衆 

12日付けのMSN産経ニュースの記事から

「女性の尊厳奪った」「恥ずかしい限り」村山元首相が韓国国会で講演
2014.2.12 13:35
 【ソウル=加藤達也】韓国を訪問中の村山富市元首相は12日、韓国国会内で開かれた超党派の国会議員連盟の会合で、歴史認識や日韓関係について講演し、慰安婦問題について「女性の尊厳を奪ったものだ。日韓両政府の話し合いのもとに解決せねばならない」と述べた。

 さらに、「日本国内では不規則発言をする者もいるが、恥ずかしい限りだ。(慰安婦の強制性を認めた1993年の)河野談話はしっかり調査してまとめたもので信頼すべきものだ」と断言した。

 村山氏は、日本による朝鮮半島統治などを「多大の損害と苦痛を与えた」として、「痛切な反省と心からのおわびの気持ち」を表明した95年の「村山談話」を発表した当事者とあって、韓国メディアは今回の村山氏の発言を好意的に伝えている。

 村山氏の訪韓は韓国の左派政党、正義党の招きによるもの。11日には日本統治時代に慰安婦だった女性らと会っている。13日に鄭●(=火へんに共)原(チョン・ホンウォン)首相と面会するが、朴槿恵(パク・クネ)大統領との会談は見送られた。

 二国間で締結した国際条約を公然と無視し、韓国が現在進行形でやっている売春婦の海外輸出を棚に上げ、売春が女性の尊厳を奪う行為などと意味不明な戯言を他国で言い放ち、とっくに鍍金の剥がれ落ちたデマゴーグ、河野談話をしっかり調査しただの信頼すべきだのと大嘘を恥ずかしげも無く垂れ流す…

 こんなゴミクズ野郎がつい先日、安倍総理を売国奴呼ばわりしていたのですから、どれだけイカレた輩かわかりますよね?

 そもそも、この朝鮮土下座行脚を抜きし似ても、このゴミクズ野郎って阪神淡路大虐殺の主犯なのですから、何の刑事罰も無く生かしている事自体大間違いだと思いませんか?

 政争に明け暮れた挙句、大したことが無いと震災被害を笑い飛ばして何も対応をせず大勢の国民を犠牲にしておきながら、初めての事だからと愚にも突かぬ言い訳をして何一つ被害を拡大させたことの罪を取らなかった、いや、それ以前に反省さえ示さなかったルーピー、バ菅にならぶ最低最悪の宰相だった輩です。

 個人的な意見を言えば、上記の二匹と纏めて13階段を登らせてやりたいと思う位に侮蔑と嫌悪、怒りを抱く下衆ですね。

 しかもこのゴミクズ野郎ってそんな惨劇を引き起こしておきながら、桐花大綬章を受け取っているんですよ?

 信じられます?

 また何より、このゴミクズ野郎は産経の阿比留瑠比氏がインタビューで「慰安婦の多くが日本人だったことはどう考えるのか。今後は、日本人も一時金の支給対象とするつもりはあるのか」と問うた際、言葉に詰まり何の回答もしていなかったんですよ?

 本当に慰安婦制度が「女性の尊厳を奪ったものだ」と言えるものであり、「日韓両政府の話し合いのもとに解決せねばならない」と考えているのなら何故首相当時も今現在も、最も多い割合を占めていた日本人慰安婦に対してこのゴミクズは謝罪も補償もしないままなのか?

 実におかしな話ですよねぇ?

 証拠が一切無いし、発言はコロコロ変わるわ、明らかに嘘を分かる内容は含まれるわなチョウセンヒトモドキの戯言を頭から丸呑みにして信じるし、幾らでも頭を下げるし、日本国が悪いとやるのに、日本人慰安婦についてはその存在自体を認めず、ガン無視ですから。

 クズ山ゴミ市の性根と心算がどうあるのか、ここを見るだけで丸分かりですね。

 ゴミ市の言動こそ、「日本の尊厳を奪ったものだ。裁判所での話し合いのもとに投獄せねばならない」ってものだと思いませんか?

 MSN産経ニュース『なぜ日本人慰安婦には無関心なのか』
 http://sankei.jp.msn.com/politics/
news/140212/plc14021212470007-n1.htm
02月11日(火)

2進数頭のバカ江田 

10日付けの時事ドットコムの記事から

政権の原発依存化けん制=民主・海江田代表
 民主党の海江田万里代表は10日、東京都知事選で「脱原発」を唱えた細川護熙元首相が敗北したことに関し、「再生可能エネルギーをやらなくてもいい、という方向にいったら大変なことになる。自然エネルギーはどの政権でもやらなければならない」と述べ、原発依存を強めないよう安倍政権をけん制した。国会内で記者団に答えた。
(2014/02/10-18:49)

 いやはや、相変わらずゼロかイチかでしか物事が認識出来ないんですねぇ、このバカ江田は。

 2進数でしか判別出来ないような時代遅れが総理大臣になる可能性があったと思うと、つくづく民主党というゴミ集団の、まったく反対の意味で分厚い人材に驚嘆しますよ。

 ルーピー、バ菅、汚沢と何処を切っても同じ顔しかない金太郎飴を止めて、別の飴を用意したはずなのに、何度変えてもまったく同じ様な味、中身でしたってねぇ?

 しかも主張内容は相変わらず支離滅裂ですし、どこをどうしたらここまで民主党には気を違えた異常者が群れ為して集まれるんでしょうね?

 民主党は政党として「30年後の原発ゼロ」を掲げています。

 しかし、件の都知事選において民主党が指示した細川バカ熙なる元祖ルーピーが掲げていたのは「原発の即時ゼロ」であり、明確に政策方針で異なるものを掲げているのに整合性を取りもせず支援するという矛盾を示した上、どう擦り合わせるのかについて一切説明がありません

 何より、再生可能エネルギーなんて誤差と呼んでもいい程度しか現在の日本では発電割合を占めておらず、こんなものがあろうが無かろうが、「日本の電力事情の現状で見た場合にはどうでもいいってレベル」なのが現実です。

 一方で原発ですが、震災前30%以上あった比率が現在では2%程度と殆ど無くなっています。

 でも、重要なのはじゃあこのまま稼動をゼロに出来るのか、そのまま無くしてしまえるのかって点です。

 電力使用総量が震災後に原発停止の分、丸々無くなるというのならそれも可能でしょうが、当然ながらそんなわけはない。

 じゃあどうしたかと言えば、火力発電をその分充当した訳で、結果、現在の火力発電は発電割合の実に9割にも上っています

 オイルショックにより見直されたはずの発電方法一極集中が、今度は原発事故で逆戻りしたわけです。

 まぁ、石油・石炭だけでなくLNGやらシェールガスやら細かな火力の内訳は広がっていますけど、結局は環境問題やら依存体質やらは昔にそのまま戻った上、燃料費が跳ね上がり続けている影響(震災前3.6兆円程度だったのが現在では7兆円程度にまでなっている)で企業や家庭の電力使用料金も跳ね上がり続けて経済や家計を圧迫していますよね?

 にも関わらずそれを無視して、原発を即時ぶっ潰して好き勝手に東京を、日本を壊してやってやるとほざいたのが今回の細川ってバカ殿であり、民主党は党方針を棚に上げてそれに賛同、支援したのですから、選挙結果で極端に走ろうと画策していたのは他ならぬこのバカ江田自身だったわけです。

 第一、今回の選挙でバカどもがワンイシューにしようとしたのは原発の継続か即時廃止かという実に両極端なものでしたが、当選した舛添を始めとした継続派の中に再生可能エネルギーだの自然エネルギーだのの不要論や即時廃止論を唱えた人物がただの一人でもいたでしょうか?

 政府が舛添を支持するにあたって、それらは不要だと主張したでしょうか?

 つまるところ、バカ江田の主張は完全に論拠の無いレッテル張りの言い掛かりなのです。

 こんな発言を一政党の党首が平気でやるわけですから、クズって本当に汚らわしいですね。

 大体、水力発電を含めてさえ数%程度のエネルギー割合を、特に設置場所や規模、費用対効果などあらゆる面で問題だらけの再生可能エネルギーをどうやって伸ばしていくのか?

 たかだか旧式原発1基分のエネルギーを生産するのに山手線内側と同等規模の面積に太陽光パネルを敷き詰めて、尚且つ天候に恵まれねばならない…こんなものを国の血とも言えるエネルギー政策の基盤に据えられると思いますか?

 国内需要を賄うのにどれだけの規模や金額が必要になるでしょう?

 将来的に費用対効果が十二分に見合い、尚且つ設置場所などの目処も立つようになると言うのなら伸ばしていけばいいってだけのものでしかありません。

 その為に政府として何らかの出来る研究や支援などの政策を実行するのはいいことですが、バカ江田の如く極端にゼロかイチかと喚いて、目処も立っていないものへ傾倒するのはまさにバカの極みでしかありません

 何よりも戦略ってのは綻びを立てないことよりも綻びが出来た際にどれだけ素早く、かつ綺麗にそれを補修できるかが重要なのであり、その為に先の先を見据えて複数の手と同時並行的で打ち、本命がトラブル時にも代替手段への切り替えや援護が出来るようにするのです。

 事実、オイルショック以後の日本ではエネルギーの分散化を行い、どれかがダメになった場合でも代替可能状況を作ったのです。

 まぁもっとも、先達の知恵に何一つ学ぶ事がなく、極論に走って俺は正しい、素晴らしいとナルシズム全開の自己陶酔に浸るバカどもにはこんな事を説いたところで馬耳東風でしょうけどね。
02月09日(日)

やっぱりただの自作自演だろと 

7日付けの朝鮮日報の記事から

離島の塩田に売られ「奴隷」に、障害者を5年ぶり救出

被害者を売買した塩田所有者と職業紹介業者を立件
1年半-5年間「奴隷」に、警察が先月救出
2014/02/07 10:55
 ソウル九老警察署は6日、南海(東シナ海)に浮かぶ離島の塩田に「奴隷」として売られ、数年間働かされた障害者たちを救出した、と発表した。被害者たちは1日に5時間も寝られず、強制労働に就かされていた上、常習的に暴行を受け、給与も全く支払われなかったという。


 警察によると、知的障害のあるCさん(48)は2008年11月、全羅南道木浦市の職業紹介所で知り合ったK容疑者(70)から「いい仕事がある」と聞かされ、同道新安郡の離島にある塩田に向かった。約6000坪(約2万平方メートル)の塩田を所有するH容疑者(48)は、塩田での作業のほか、農作業や土木・建設作業、家事などを命じ、Cさんを奴隷のように扱っていた。


 12年7月には、ソウル市の永登浦駅でホームレス生活を送っていた視覚障害者のAさん(40)が、無許可の職業紹介業者(62)にそそのかされ、 H容疑者の塩田に連れてこられた。H容疑者はCさんの代金として30万ウォン(現在のレートで約2万8000円、以下同じ)を、Aさんの代金として100万ウォン(約9万4000円)を紹介業者に渡したが、強制労働に就かされた2人には、1日3回の食事と、2日に1箱のたばこ、作業服が支給されただけだった。2人は冷暖房のない倉庫で生活していた。

 H容疑者はまた、前がよく見えない視覚障害者のAさんに対し「怠けている」といって角材やスコップ、鉄パイプなどで殴打したほか、作業中に足首の骨が折れたCさんを治療せず、足を切断する状態に追いやった。

 2人はこれまでに3回脱出を試みたものの、そのたびに見つかり、むちで打たれたが、先月にようやく救出された。Aさんがひそかに、母親(66)に宛てて「助けてくれ」という手紙を書き、集落の理髪店に出掛けた際に渡したのだ。Aさんの母親から通報を受けた警察は、塩の取引業者を装って島のあちこちで聞き込み捜査を行った末、先月24日、塩田で働かされていた2人を見つけた。Aさんは1年6カ月ぶり、Cさんはおよそ5年2カ月ぶりに解放された。警察はK容疑者とH容疑者を営利目的等略取、誘拐などの容疑で書類送検した。

ウォン・ソンウ記者

 この記事を読んで、何か引っかかるものがありませんでしたか?

 そう、チョウセンヒトモドキの自称強制された従軍慰安婦って阿呆なババアどもの主張に似ているんです。

 工場で働けると偽られて着いて行ったら、慰安所で奴隷にされたって。

 思い通りに動かないと角材やスコップ、鉄パイプにムチと様々な道具まで使って暴力を振るい、障害や痕が残る程の怪我を負わせるなどの事例も自称慰安婦のババアどもの証言と実に良く似ている。

 まぁ最も、昨年日本でそう喚いていた阿呆は不思議な事にその物的証拠を一切見せず、逆に肌の殆どが隠れる重装備だった上、僅かに露出していた顔や首元、手などには摩訶不思議なことに何故か何処にも傷一つついていませんでしたが。

 また、最低限の食事と僅かなタバコだけの生活に押し込めて奴隷として扱うという点を見ても、日本の慰安婦制度ではなく、朝鮮の慰安婦制度と酷似しています。

 それと、「無許可の職業紹介業者」が騙して人身売買をしたってところに、やっぱりなぁって思いません?

 当時の新聞にもあったように、朝鮮人慰安婦の件で問題になったような事例は無許可の業者の拉致や詐欺によるものであり、それについては軍が政府を通じて朝鮮の警察へ取り締まりの強化を求めていました。

 これだけ連日慰安婦があぁした、こうなったと関連する話題で騒いでいる国で、こんなことが平然と起き続けているのに違和感を感じませんか?

 何せ以前にも騙されて渡日し、そのままパスポートを取り上げられて売春を強要されていたなんて事例が報道されており、未だ当たり前にそういう仕事が朝鮮では普通に存在しているわけですから、口先では人権問題だの改善しろだのと日本に喚きながら、自分達は何もしていないって、普通に考えたら実に異常極まりないことです。

 また、南朝鮮では政府が海外に逃げ出した自国民売春婦が10万おり、その半数の5万が日本にいると把握しているにも関わらず、こちらも日本へ売春婦の情報提供をする、帰国を促すなど改善対応を一切していません

 あいつらは自分達を性奴隷にした悪い奴らだ、未だに謝らないんだ、金を寄越さないんだ、などなど徹底的に嘘を重ねて日本を罵り続けておきながら、そんな国へ大勢の旅行者が行くことへ何の注意喚起もしていませんし、売春婦が5万も行ったことを気にもかけない。

 これが正常な判断、行為だというのなら、やはりチョウセンヒトモドキは人間ではありませんよね?

 おまけに慰安婦の話となれば、あれだけ口汚く日本を罵るモドキが、この記事では淡々と事実を書いているだけってのも凄いところです。

 通常、人間の価値観や判断で行けば身体障害者を奴隷化した上で暴力三昧や足を切断するほどの重症を負わせたなんてあれば強い不快感や怒りを感じるものですが、まるで単に紙面を埋める為だけの義務感で書いているようなこの空疎さが何とも普段の人権問題と喚くソレと落差がありすぎて唖然とします。

 まぁ、人種差別だけでなく障害者や老人への差別も非常に根強いのがチョウセンヒトモドキですから、本性としてはこっちの反応の方が連中にとっては正常なのでしょうけど。

 因みに、連中の異常さを示す話題としてもうひとつ記しましょう。

 先日、お笑いタレントが教養番組に出演した際、胴体が赤、袖が赤と白のストライプというセーターを着ていました。

 言わずとも判るでしょうが、案の定、精神異常がデフォルトスキルの蛮族は、早速「チョン・チャヌの衣装は日本の軍国主義の象徴である旭日旗を連想させる」なんて喚きだしたそうです。

 それについてタレントはすぐにそんな風に思う国民が一人でもいるならとツイッターで謝罪をしたわけですが、ソレに対して朝鮮日報に記された反応は、「チョン・チャヌ謝罪、こんなことがあったんだ」「チョン・チャヌ謝罪、服がちょっとひどいといえばひどいね」「チョン・チャヌが謝罪したとのことで良かった」「チョン・チャヌ謝罪、タレントたちは服も気を付けて着なきゃね」と。

 『坊主憎けりゃ袈裟まで憎い』とは言いますけど、此処まで来る異常さってチョウセンヒトモドキならではだと思いませんか?

 誰一人過剰反応だと諭すような声も無く、誰もが酷いだの謝罪が当然だのとなるのですから、やっぱり人に非ざる下等動物ですよ。

 きっとコイツらの前に紅白幕が飾ってあったら、闘牛の牛の如く頭から突っ込んで噛み付いたり破いたり、放火をしたりと暴れまわるんでしょうねぇ…

 安倍総理にも、こんなゴミムシどもと我々日本人が同じ価値観を共有するだとか、そういう戯言を言うのはリップサービスでもマジで勘弁してくださいって言いたいですね。

 朝鮮日報『「旭日旗衣装は私の間違い」 お笑いタレント謝罪』
 http://www.chosunonline.com/site/
data/html_dir/2014/02/07/
2014020700569.html?ent_rank_news
02月08日(土)

単なる事実 

7日付けの中央日報の記事から

安倍首相「朝日新聞、政権打倒が会社方針」
2014年02月07日08時26分
 日本の安倍晋三首相が国会で批判的メディアの実名を取り上げて露骨に批判して論議を呼んでいる。

 5日の参議院予算委員会に出席した安倍首相は、特定秘密保護法をめぐるメディア報道について不満を吐露している中で朝日新聞を取り上げて「安倍政権打倒が社是と(聞いた)そんな新聞だと考えながら読んでいる」と話した。時事通信は「首相が特定メディアを特定して非難するのは異例」と報道した。

 特定秘密保護法は国が特定情報を秘密に指定し、これを漏えいする公務員を最大10年の懲役に処することができる。「知る権利の侵害」という市民社会と進歩的メディアの反対にもかかわらず安倍政権がごり押しで昨年12月に国会を通過した。進歩指向の朝日新聞は各種企画記事などを通してこの法案に反対する記事を載せ、安倍首相がこれまで積もり積もった悪感情を爆発させたのだ。

 この日、安倍首相は特定秘密保護法関連の報道について「過去数カ月間(メディアなどに)出てきた言葉が正しいことであったのかを3年後に自民党が検証すればとても意味がある」としながら強い不快感を表わした。安倍首相と近い極右指向のNHK経営委員や新任NHK会長の妄言が連日論議を生んでいるなかで、安倍首相自身のメディア観が今後争点になるものと見られる。

 いやはや、こういう記事を見ると本当にチョウセンヒトモドキって知能のレベルがサルにも劣るんだなぁって実感できますよね?

 同法を巡っては民間人が基地施設や兵器を単に携帯で写真に撮ったと言うだけで逮捕だのと言った、愚劣と呼ぶのさえ生易しく感じられるほどの戯言を不勉強・無知なマスゴミが垂れ流しており、それに対してそんな捏造報道は止めろと主張するのは、国会としても政府としても至極当然のことに過ぎません。

 しかも、中立・中庸、不偏不党を謳いながらその実差別を公然と行い、社是とまでのたまって来たのが朝日新聞と言う日本マスメディア最大の癌であるのも単なる事実です。

 まぁ、昨年もかつてバカヒが詐話師の吉田清治と結託して捏造した済州島での慰安婦狩りという与太話を朝鮮日報がこれが強制の証拠だとかって喚いて自慢げにしていましたし、連中の記憶力と知力なんてムシケラに劣っていても驚くに値しませんが。

 何せその与太話はとうの昔に日本だけでなく韓国側でも調査され、嘘だと明らかになって当人も捏造を認めたものであり、当時韓国では金儲けのために自分達を辱めたと激怒していたのに、韓国でも最大規模のメディアがたかだか10数年前のことを綺麗サッパリ忘れて大騒ぎ、ですからねぇ?

 今回の中央日報が喚いている朝日の社是にしても、現在韓国の大学で教鞭をとっている元朝日新聞主幹の若宮啓文が断言している話です。

 一昨年亡くなられた三宅久之氏が若宮と対談した際に、第一次安倍政権について頭から全否定するのではなく、良い点は認めたらどうかと三宅氏に諭された事に対し、若宮がハッキリと社是だから「できない」と、会社として差別思想で言論を書いていることを証言していたことが開かされており、しかも若宮はこれにてついて証言をしていないなど否定の弁をしたことがありません。

 更に、慰安婦問題を巡っては朝日で何度も紙上に登場していた中央大学の吉見義明教授らを交えて30回も自民党の衛藤晟一参議院議員や安倍首相(当時はまだ一議員)が議論を交わした結果、「従軍慰安婦」と言う言葉が新造語であること、「証明できた強制が存在しない」ことが明らかになったため、教科書会社及びマスメディアにその事実を発表したら、笑える事にこの問題で最も熱心だった朝日だけ誰も記者が来なかった、と。

 で、仕方ないからわざわざ衛藤議員と安倍議員で朝日に出向いて若宮と面談して話をしたら、事実の積み重ねに対して反論の余地が無くなって窮した若宮が「これは朝日新聞の社是です!」とのたまったと。

 因みにこちらは上記した衛藤議員自身がチャンネル桜出演時に説明をしており、こちらも若宮は否定していないことから、事実と見て間違いない情報です。

 直接当人同士でもやりとりしたことがあり、そこで朝日新聞が捏造報道、歪曲報道、差別報道を歪んだイデオロギーに基いて行う会社だと言うのを聞いているわけですね。

 なので、中央日報が記す「安倍首相がこれまで積もり積もった悪感情を爆発させたのだ」って表現は単なる彼ら得意の妄想なわけです。

 おまけに「市民社会と進歩的メディアの反対」だとか、もはや日本では言われただけで異常者に向けるのと同等の白い目で見られる連中を未だにそんな表現で称えるとか、やっぱり民族レベルでイカレている連中は違いますね。

 過去の事でも都合の悪いことは簡単に忘れ、都合のいい表現はキッチリ覚えているとか。

 ま、イカレ民族チョウセンヒトモドキにしてみれば、アンケートをすれば日本人の半数以上が当たり前に嫌韓を表明する時代に自分達の側に常に立つ民主党とバカヒは何としても守らなければならない存在ですから、バカヒ同様の捏造や言い掛かりをしての安倍叩きにも熱が入るんでしょうねぇ?
02月06日(木)

捏造、捏造、また捏造…妄想だけしかない下等動物の脳内図 

5日付けの朝鮮日報の記事から

「零戦」はなぜ特攻隊用の戦闘機に使われたのか
2014/02/05 08:24
 太平洋戦争中、旧日本軍の神風特攻隊に主に使われた戦闘機は、当時の主力戦闘機「零戦」だった。その名前は「A6M零式艦上戦闘機」という正式名称に由来する。

 機動力を高め、航続距離を延ばすため、操縦席や燃料タンクに防弾装置を設けず、自動消火装置も取り付けていたため「空っぽの飛行機」という別名もあった。これに対し米軍は、操縦士を保護する装置を強化した「ヘルキャット」を開発し、空中戦で零戦を圧倒した。

 これは米日両国の戦争哲学を反映したものだ。操縦士の安全を徹底的に無視した零戦が、敵艦への自爆攻撃を行った神風特攻隊用の戦闘機に使用されたのは当然の結末だった。日本の軍国主義の象徴である靖国神社に併設されている展示館「遊就館」の1階には、この零戦が展示されている。

 いやはや、流石はサルにも劣る知能しか持たない下劣な蛮族だけあって、解釈も認識も考察も全てが低劣で下品な上にまったく的外れと。

 よくもここまで見当違いの妄想を膨らませて反日記事を書けるものだと、逆の意味で感心しますね。

 操縦士を保護する装置を強化した戦闘機の開発で敵機を圧倒できると言うのなら、韓国は今後核シェルターに翼とエンジンでも付けたらいいんじゃないでしょうか?

 AAM(空対空ミサイル)どころかPAC3の直撃にだって、厚さ数十センチのコンクリートがパイロットの保護をしてくれますから、好きなだけお得意の世界最強自慢が出来ますよ、きっと(爆笑

 第一、ヘルキャットが戦場に現れたのは大戦中期であり、空母機動部隊同士でマトモに戦った時期に至っては戦争後半の1944年6月のマリアナ沖海戦です。

 この当時、既に日本側は前年の「い」号作戦、及び「ろ」号作戦によって優秀なパイロットを多く失っており、十二分な訓練と防備の薄い島嶼への空襲を繰り返して実戦経験も積んだ米軍機動部隊に質の面で劣っていました

 そこに加えて、艦載機そのものが数でも劣り、更にはレーダーの捕捉で優位な位置で待ち伏せての奇襲攻撃までと来るわけですから、これで勝てる可能性なんてものが一体何処にあるでしょう?

 例えばマリアナ沖海戦における日米両機動部隊の母艦航空兵力を見ると、戦闘機数が日本の第一機動艦隊234機に対してアメリカの第58任務部隊470と丁度2倍なのです。

 何より、零戦とはその名が示すとおり皇紀2600年、1940年に正式採用された機体であり、1943年採用のF-6Fとでは性能に大きな差があるのは当然です。

 何せ零戦と同じく1940年採用のF-4Fの後継機なのですから、比較対象にするのならこちらか、1939年採用のF-2Aで無ければ公正な観点からは見れないわけですが、まぁそれをやると日米のキルレシオが引っくり返る為、日本を貶めるという当初の目的が達成出来ませんものね。

 実際、F-2AやF-4Fは1200馬力のエンジンと零戦よりも出力が20~30%高く、更に防御力がある代わりに機動性、上昇能力で大きく劣り、零戦とマトモに格闘戦をすることが禁じられる始末で、特にF-2Aなどは1942年4月にはもはや役に立たぬと空母から完全に退役しています

 一方でF-6Fはと言えばエンジン馬力が2000と零戦の倍、火力は12.7mmを片翼3丁の合計6丁という重武装で、速度性能も零戦21型と比較した場合80km/h程(資料により諸説有りますが、大体21型が520~530km/hに対し、F-6Fが600~610km/h程)も違いました。

 これは爆撃機と戦闘機程の速度差であり、しかもこの頃には墜落機の回収によって零戦の得手不得手などを丸裸にされていたわけですし、その上更にレーダーで倍の機数で待ち伏せをするわけですから、圧倒されるのは当然であり、そこに防御力がどうのとかってのはもはや関係ない、あっても僅少ってレベルなんですよね。

 それに、「空っぽの飛行機」なんて別名、今まで多くの資料・文献を見てきましたし、ネットでの調べ物もしてきましたが、ただの一度だって見たことがありません。

 英語で言えば、「An empty airplane」ですが、これって乗客のいない旅客機のことを指すものであり、ゼロ戦とはまったく関連性がありませんし。

 呆れ返るまでに軽薄な嘘です。

 同じ様に防弾装備、防漏装備の無かった一式陸攻を米軍が「ワンショットライター」と呼んでいた記録はありますけど、このように安直ながらも意味が一発で通じる命名のアメリカに対し、モドキのそれはセンスが無さ過ぎて判り辛く、逆に一発で嘘と判りますね。

 おまけに零戦とヘルキャットと言う当時両国が多数保有していた戦闘機の中のそれぞれたったの1機種だけを捉えて、「これは米日両国の戦争哲学を反映したものだ」とかほざくに至っては、矮小な知能の下等動物だって感じですね。

 零戦と同時期に登場している陸軍の戦闘機、一式戦闘機『隼』には最初から「操縦席や燃料タンクに防弾装置」がありましたし、零戦にしても後期型である52型では防弾装置や消火装置が搭載されています

 ましてや防弾装備が無かったから特攻に使われたなどと言うに至っては、話に何の脈絡もなく、頭のイカレきったモドキの戯言に何を言っているのかサッパリわかりませんよね?

 零戦が特攻に多く使われたのは事実ですが、それは単に日本の陸海軍合わせて最も生産された機体だからであり、2位である隼と比較してさえほぼ倍となる1万機以上も生産されているわけですから、特攻機として投入された最大数の機体となるのは単なる必然であり、防弾装備の有無など最初から何の関連性もありません。

 まして神風特攻は元々海軍が先に始めた戦術ですから、尚の事海軍機の方が多くなるのも当然であり、実際に陸軍と海軍では航空特攻の戦死者数にも倍近い差(海軍2500名以上に対し、陸軍1400名以上)があります。

 このように、実際のデータで見れば一目で丸判りになり、如何に愚劣で下等なチョウセンヒトモドキが捏造した与太話を押し付けようとも小揺るぎさえしないのが、真実なのです。

 ま、この妄想で自己完結して踏ん反り返る下等動物どもには、当時は米軍からもワイルドキャットやヘルキャットの製造でグラマン社が「グラマン・アイアン・ワークス」と呼ばれていたなんて話さえ知ることは永遠に無いままなのでしょうね。
02月05日(水)

テロ蛮族に法など存在しない証 

4日付けのMSN産経ニュースの記事から

慰安婦像に杭の日本人男性、韓国が出廷を要請 本意は「日本当局への催促」?
2014.2.4 18:58
 聯合ニュースは4日、韓国司法当局が、ソウルの日本大使館前に違法設置されている「慰安婦」を象徴する少女像に「竹島は日本の領土」と書かれたくいを置いたとして、韓国で名誉毀損(きそん)罪で起訴された政治運動家の日本人男性(日本在住)について、韓国の裁判への出廷を促すため、日本の法務省に司法協力を要請したと伝えた。要請は2回目。

 男性をめぐっては韓国の裁判所が公判期日を示した召喚状を発送しているが男性は応じていない。報道では、今回の再要請は男性の「召還手続きに曖昧な態度の日本当局への催促」の意味があるとしている。(ソウル 加藤達也)

 まーだこんなバカなことをやっているんですねぇ、チョウセンヒトモドキは。

 何処の世界に違法建築物にモノを置いたから名誉毀損だなんて意味不明の寝言に耳を貸す警察機構や司法機関が存在するのかって話ですが、まぁ所詮は常識の通用しない下等動物ですか。

 名誉毀損と言う事は、モノに人格権を付与していると言う意味であり、それだけでも十二分に狂気の沙汰なのですが、ましてやその対象が不法投棄と同じレベルの違法建築物に対してだと言うのですから、この下卑た蛮族が如何にトチ狂っているか判るでしょう。

 そんなところに違法な建築物があるということがそもそもの問題であり、一件が起きた理由なのにそちらは一切問題としないわけですから、これだけでも朝鮮の裁判所と言うのが如何に法なんてものが存在しない野卑な世界なのか判りますよね?

 おまけにモノへモノを置いた行為が名誉毀損と言う脈絡も関連性も一切無い主張をそのまま受け入れて他国に出廷への協力要請とか、流石は4匹いたら3匹は精神異常を発症している異常種族です。

 いやはや、こんな哀れでイカレたケダモノに生まれる位なら、虫に生まれる方がずっとマシな生涯ですね。
02月04日(火)

翌日には言を翻して税金の無駄遣いを要求するバカヒに国政を語る資格なし 

3日付けの朝日新聞デジタルの記事から

国立追悼施設-首相が決断さえすれば
2014年2月3日(月)付
 日本と近隣諸国との間で、不信の連鎖が止まらない。

 国際会議で、日本と中国の閣僚らが安倍首相の歴史認識をめぐって批判しあう。こんな姿を見せられた世界は、はらはらしている。

 安倍首相は「対話のドアは常にオープンだ」と繰り返すが、もはやそれだけではすむまい。トゲを1本ずつ抜いていく具体的な行動を起こすときだ。

 その第一歩として、首相に提案したい。

 靖国参拝はやめ、戦争で亡くなった軍人も民間人も等しく悼むための無宗教の施設を新設すると宣言してはどうか。

 首相は、新たな施設には「亡くなった方のご家族はお参りしないだろう」と否定的だ。

 だが、遺族も一様ではない。

 「靖国で会おう」との言葉を信じ込み非業の死を遂げたと悔やむ遺族。A級戦犯の前では手を合わせられない遺族。ほかの宗教を信じる遺族。

 その存在を知りながら、「英霊に尊崇の念を表すのは当然」と一色に塗りつぶす首相の姿勢は乱暴すぎないか。

 新たな施設に参拝するよう、遺族に強いるわけではない。いろいろな思いをもつ遺族や、外国の要人らに訪れてもらうための場だ。

 そもそも、政治家はなぜ靖国に参拝するのか。首相に近い議員がブログに記している。

 「靖国参拝の習慣はなかったが、政治家になって、遺族会にお世話になり、傷痍(しょうい)軍人会や軍人恩給連盟と交流するようになり、国民の代表として英霊にお参りする大切さを理解した」

 動機はそれぞれだろうが、政治的要請という側面が大きいのではないか。それで近隣諸国との紛争の危険を高めているとしたら、代償は大きすぎる。

 首相は新施設には「様々な意見があり、慎重に見極めたい」と語る。ならば「わだかまりなく追悼できる施設を」という声も真剣に検討してほしい。

 首相の参拝を支持する人たち、とりわけ若い世代にも耳を傾けてもらいたい。

 戦争の犠牲者を悼む気持ちは貴い。だが、靖国神社は単なる慰霊の場とはいえない。軍国主義と結びついた過去を引きずる宗教施設だ。

 首相ら政治指導者が参拝すれば、傷つく人が日本にもたくさんいる。米国のアーリントン国立墓地とは、決定的に違う。

 「歴史を学ばぬ者は、歴史から報復される」。報復によっていちばん被害を受けるのは、未来ある若者たちだ。そのことを忘れないでほしい。

 流石は無知なくせに俺様が常に正しいと蒙昧かつ愚劣な考えを垂れ流すバカヒ、今回も吐き気をもよおすほどの与太話が溢れていますね。

 序盤から一宗教に対する差別を露骨に行い、存在そのものをトゲと邪魔者呼ばわり

 中庸は何処行った、公正公平は何処行った。

 と言うか、首相は丸一年間参拝しなかったのにその間も靖国神社そのものを罵り、更に政治家がどうのと日本人の信教の自由そのものを否定するとチョウセンヒトモドキのバカメスが喚き、同時に1000年恨み続けるなどと、まったくもって処置無しであることを自ら証言しているあの気狂い民族に、都合の悪い事実は一切無視して日本から歩み寄れと無意味な戯言を垂れ流し、無宗教の宗教行為をする施設なんて頭のトチ狂ったもののために税金を無駄遣いしろと、普段とまったく正反対の寝言をほざく。

 前日の社説では補助金を使うのはばら撒きだのと、税金の使い道にイチャモンを付けていたのに、今日には無価値で無意味な無駄遣いをしろとほざく。

 いやはや、イデオロギーだけで筆を執るから毎度ながら主張が支離滅裂すぎますね。

 しかも「「靖国で会おう」との言葉を信じ込み非業の死を遂げたと悔やむ遺族。A級戦犯の前では手を合わせられない遺族。ほかの宗教を信じる遺族」だのと、勝手に遺族の名を出しにして靖国と首相批判とか、どれだけ姑息なのか?

 そもそも時代が違い、価値観も違う事を持ち出してどうとか、恥ずかしくないんですかねぇ?

 当時は戦死して靖国神社に祀られるのは名誉そのものであり、戦死そのものが国家や故郷、家族などへの報恩、報忠とされていました。

 だからこそバカヒだって一億総玉砕、総火の玉だと喚いて、日本人なら誰でも玉砕の精神を持っていると、降伏せず戦い抜いて戦死することを称え、一般国民にまで強要していたんじゃないんですかねぇ?

 違うと言うのなら、是非ともどういう魂胆で非戦闘員である一般人にまで玉砕しろとほざいたのか、ハッキリと説明して欲しいものですよ。

 もっとも、直に問い糾そうとしたところで、慰安婦問題を捏造したバカヒの記者がそうしたみたいに、猛ダッシュで逃げ出すのがオチでしょうけどね(爆笑

 A級戦犯云々に至っては単なる個人的感情の問題なのですから、そんな狭隘な精神の輩なんぞどうでもいいだろうと。

 唯一の専門家であったパール判事が述べていたように、A級戦犯なんてのは戦勝国が勝手に枠組みを捏造して断罪しただけのもので、実際に該当する罪罰なんぞ存在しないし、国民多数の要望によって国内法で許されているのですから、それを理由に喚く日本人なんて、法が間違っていると喚いているのと同義ですもの、相手にする必要がありません

 それはマイノリティですらない、単なるノイズですよ。

 そして、他の宗教を信じているからどうのというのも呆れたもので、靖国神社は宗教法人なのですから、特定宗派の祭事方法になるのは当然であり、そこに国が口出しするのは、それこそバカヒ大好きな日本国憲法に違反する違法行為です。

 ましてや靖国神社にあるのは遺骨ではなく霊璽簿なのですから、気に食わないなら自分の好きなところで好きなように弔えば言いだけの話です。

 どうして政教分離を憲法で掲げている日本が、宗教行為をするための施設を国家として造らねばならないのやら?

 第一、遺骨そのものは遺族に返還されていますし、身元不明で遺族に引き渡されていない遺骨なら千鳥ヶ淵にありますから、靖国がどうのと絡む必要など何処にも無い。

 何より千鳥ヶ淵は安置施設なので宗教色は無く、様々な宗教が鎮魂などをしていますしねぇ?

 で、更に靖国神社への罵倒は続き、「軍国主義と結びついた過去を引きずる宗教施設だ」だそうです。

 それぞれの国にそれぞれの主張があり、異なる正義がある…こんなのは思想において基本中の基本なのですがね?

 例えば石原莞爾は本気で満州国の独立、五族協和、太平楽土を夢見ていましたし、大東亜共栄圏樹立による民族独立を本気で夢見てそれに命を賭した人も大勢いました。

 その証拠に、日本の敗戦後に連合国へ降伏して捕虜になり、帰国をするのではなく、現地の人々とともに白人国家からの独立の為戦い続け、死んでいった日本人も大勢います

 また、靖国に祭られている山本五十六などはアメリカとの戦争に反対し続けたのに、自ら海軍の実働部隊トップとして真珠湾を立案・実行しなければならなかったし、特攻の生みの親と言われている大西瀧二郎は「特攻を統帥の外道」と自ら批判しているし、特攻した若者への感謝と生き残った若者達に追い腹を切らず、日本の再建と世界平和のため尽くすよう遺書を残して介錯無しの割腹自殺をしています。

 一方でアメリカが排日移民法などに始まり、震災時の差別待遇、差別報道など民族差別を繰り返していたことやまるで支配者の如く上から押し付ける理不尽な要求を繰り返し、それを拒否した事に対する報復としての様々な制裁で日本を追い詰めたのは事実です。

 何せアメリカ陸軍戦略研究所でさえもあの戦争の原因の半分はルーズヴェルト政権の外交政策に原因があると述べているレポートを提出(ジェフリー・レコード著、渡辺惣樹訳・解説、『アメリカはいかにして日本を追い詰めたか-「米国陸軍戦略研究所レポート」から読み解く日米開戦』)するほどなのですから。

 そういった人々の生き様や想いを伝えることを言論の自由ではなく、軍国主義の過去を引きずる行為などと言論弾圧をして罵っておきなが、自らはその時代に散々犯した罪に一度としてマトモに向き合わず、それどころか戦後も捏造報道を繰り返して幾度も日本に被害を与えているのですから、下衆にも程が有ります。

 その上、「首相ら政治指導者が参拝すれば、傷つく人が日本にもたくさんいる。米国のアーリントン国立墓地とは、決定的に違う」と戯言を述べている点も。

 アーリントン墓地には空母機や艦砲射撃による本土襲撃で非戦闘員を大量に虐殺した機動部隊指揮官のウィリアム・ハルゼーがいますが、その事で傷つく日本人が誰もいないと何を証拠にこのゴミ新聞はほざいているのでしょう?

 例えば以前記した、保戸島空襲で小学校を爆撃し、更には崩壊した小学校から命からがら脱出した小学生と教師へ機銃掃射を行って124名も虐殺し、75名に重軽傷を負わせたのは、ハルゼーの率いた第3艦隊の第38任務部隊所属である空母ランドルフの艦載機ですよ?

 この虐殺の生存者や遺族、子孫が「キル・ザ・ジャップ」が口癖で、実際にこのような惨劇を引き起こして謝罪一つもしたことが無いような日本にとって不倶戴天の敵と言える男の墓参りをアメリカ大統領や日本の総理がしていることに、心中穏やかでいると思える理由を述べろって思いません?

 他にも義和団事件や朝鮮戦争、ベトナム戦争などの戦死者、英雄、中には単なる人殺しとしか呼べないようなのも多く眠っているのがアーリントン墓地について、靖国とは決定的に違うんだ、誰も気にもしないんだとバカヒが何故思えるのか実に不思議でなりませんし、何処がどう違うのか何の説明もないんですよねぇ?

 そもそもアーリントンって南北戦争の時の南軍ロバート・E・リー将軍が持っていた私有地を巻き上げ、南北戦争の戦死者を弔うために造った嫌がらせ的意味を持つもので、出だしからして他者へ不快感を与える為という呆れ返るものなんですがねぇ?

 ま、実際のところ最初に書いたように無知蒙昧で愚劣なのに自分は物知りだ、正しいんだと錯誤しているバカヒにはこのような実態は知りもしないわけですから、問い詰めたって答えられないし、都合が悪いからと逃げもするわけですよね(笑

 同期や先輩達が何度も捏造記事を書いていたとバレて、散々批判されていると言うのに、プライドだけはチョウセンヒトモドキ並に高いから問題を素直に認めず謝罪もまともにしない、失敗を反省して次へと繋げる改善もしないから、永遠に同じ様なバカを繰り返すっていうのにねぇ?

 きっとこの社説を書いている阿呆は「K・Yってだれだ」と言っても通じない(『朝日新聞珊瑚記事捏造事件』)んじゃないでしょうか(爆笑

 会った事も無い人物とのインタビュー記事とか、聞いた事もない話のインタビュー記事、見てもいない場所の取材記事、やってもいない犯罪証言記事などなど、捏造なのか妄想なのかも判別し辛い位に朝日と言えば嘘の記載が当たり前のマスゴミであり、まったくそれが改善されないことでも有名ですからね。

 「歴史を学ばぬ者は、歴史から報復される」だそうですけど、このように己の恥部とも言える140年の歴史を何一つ学ばず、感情のまま、イデオロギーだけで駄文を書き連ね続けてきたこのゴミ企業が、歴史に報復されるのは一体何時のことなんでしょうかねぇ?

 是非ともバカヒに峻烈かつ熾烈な歴史からの報復が訪れて、その主張だけは真実であったと実体験で証明してくれる事を切望しますよ。

 MSN産経ニュース『猛然と走って逃げた朝日新聞「慰安婦」記者』
 http://sankei.jp.msn.com/life/
news/140202/bks14020218000014-n1.htm

 (2014年2月3日 22:31 一部文章修正&追記)
02月03日(月)

トイレット・クオリティは今年も変わらず 

1日付けの時事ドットコムの記事から

貿易赤字拡大-構造変化に向き合おう
2014年2月2日(日)付
 日本の貿易赤字が昨年、11・4兆円と過去最大になった。

 対外収支の全体像を示す経常収支は、海外投資に伴う利子・配当収益が大きいため黒字を維持しそうだが、「貿易赤字はしばらく続く」とみる専門家が増えてきた。

 貿易収支は東日本大震災後、赤字に転じた。直接の原因は国内の原発が止まり、火力発電の燃料である天然ガスや原油の輸入が増えたことだ。

 赤字拡大は円安による金額増が大きく、原発停止そのものの影響をことさら強調するのはおかしい。ただ、負の要素であるのは間違いなく、省エネを進めつつ、北米で採掘が本格化するシェールガスの調達などで支払いを抑える努力が不可欠だ。

 輸出については、製造業の競争力を再点検しながら、構造的な変化にも向き合いたい。

 昨年は対ドルで前年から20%強も円安になったが、輸出は数量ベースでは減り、円換算の金額の伸びも10%にとどかなかった。その象徴が、自動車業界とともに「貿易立国」を支えてきた電機業界である。

 テレビや録画再生機の「映像機器」の輸出は、前年より数量で3割近く、金額でも2割減った。電子部品や通信機などを加えた「電気機器」でも金額の伸びは6%足らず。逆に、輸入額は2割強も増えた。その中心はスマートフォンだ。

 円安になれば輸出が後押しされ、輸入は抑えられて、いずれ貿易収支が改善する--。そんな「常識」も、企業の海外展開が進み、揺らぎ始めている。

 かつて日本の家電メーカーが米国勢を追い落としたように、産業の新陳代謝は不可避でもある。産業全体として「稼ぐ力」を高めるには、製造業かサービス業か、空洞化防止か海外展開か、という単純な発想から卒業することが必要だ。

 内需型産業の代表である小売業が海外で店舗網を広げているのは、一例だろう。世界的に有望分野とされる環境・エネルギー、医療・介護、農業では、機器とサービスを組み合わせた取り組みがカギを握る。

 政府は何をすべきか。

 国内に残る時代遅れの規制をなくし、起業や対日投資の促進で国内の厚みを増す。海外と経済連携協定の締結を進め、モノの関税の引き下げだけでなく、出資や事業にかかわる規制の撤廃を求めていく。日本企業が海外での稼ぎを国内に戻すよう、税制を工夫する。

 貿易赤字にあわてて補助金をばらまいても、何のプラスにもならない。

 何のプラスにもならないなら、何でソレを民主党に対しては政権詐取前も後も言わなかったんですかねぇ、朝日は。

 ばら撒きと言えば民主党政権の代名詞だったし、バカヒ自身高校無料化などに賛同していたし、それどころかむしろチョウセンヒトモドキへもばら撒きを拡大しろと喚くほどのばら撒き礼賛派でしたよねぇ?

 政策としても、時代遅れの規制に対する見直しや廃止は確かに必要ですが、そもそもの諸経費、特に人件費の問題がクリア出来ない以上はわざわざ国内に拠点を戻す必要性なんて無いってことを理解出来ないんでしょうかねぇ?

 条件が同程度、でも人件費に10倍の差が出る2国の場合、どちらへ工場を造ることを企業は選ぶでしょう?

 ま、高給取りのマスゴミの中でもNHKに並んで最高の平均給与を誇り、自社で派遣をやっていながら平然と派遣批判を社として展開するようなエゴと錯誤塗れのバカに、人件費の問題なんて聞くだけ野暮ってものですか。

 もっともそれ以前の問題として、貿易赤字拡大の主因である原発停止、燃料輸入費増大の現実をキチンと認めようとしていないのですから、お話になりませんが。

 円相場が円高から円安へと本格的に移ったのは民主党政権が崩壊する2012年終わり頃からです。

 それまで、80円行くかどうか程度だった円がいっきに急上昇し、100円台まで半年程度で回復しました。

 ですが、2011年に赤字へ転落し、翌年の2012年と円が底値を刻んでいた期間、貿易赤字は拡大しています。

 2011年に2.5兆円以上だった貿易赤字は、2012年には7兆円弱と3倍近くまで跳ね上がっており、その増加額は約4.5兆円程です。

 で、昨年2013年の赤字が11.4兆円だとすると増加額は2012年とほぼ一緒ですが、円安の影響を加味するとむしろその差は減少していることになるわけです。

 とは言え、それは収支の差としての影響というだけの話であり、平時でさえ輸入総額の30%近くを鉱物性燃料が占めていたし、震災後はその比率が更に増えているわけです。

 おまけに燃料の購入費だけでなくそれによる電気料金値上げも含めた原発停止の影響が貿易、そして我々の生活に大きな被害を与えている事実には何の変わりもありません。

 電気料金が上がれば当然ながら輸出品の製造費なども上がり、輸出による利益だって減少しますし、負担を減らす為に人件費を削るなど諸々跳ね返ってきますからねぇ?

 それにしても、代替手段が「北米で採掘が本格化するシェールガスの調達などで支払いを抑える努力が不可欠だ」とか、本当にご都合主義ですよねぇ、バカヒって。

 シェールガスって安く手に入れるために水圧破砕法(ハイドロ・フラッキング)と呼ばれる採取方法を使っているのですが、これが実に曲者で、周辺環境を著しく汚染します。

 水道の蛇口にライターで火を付けると燃え広がる、水道水が黄色や灰色に濁るなどに始まり、爆発事故が起きた例もありますし、有毒ガスなので当然人体にも喘息や頭痛など被害を与えていることが、採掘場近くの住民状況からわかっています。

 でも、安いからそれを代替手段にするのがバカヒにしてみれば「不可欠」なんだそうで。

 しかし現在、流石にこれはでは不味いと感じたアメリカでは州法でシェールガス採掘に関わる規制を強化しているところもありますし、政府としても調査や対応に乗り出しているわけですから、果たして何時まで安いのかもわからない。

 上記したように環境汚染、特に水道からガスや汚染物質が出ると言う事は飲料水、生活水がダメになるということですから、その改善対策費用をとなれば、莫大な投資が必要になり、当然ながらそれはシェールガスの代金に上乗せされます。

 何れにせよ普段は環境被害や人的被害を理由に原発を罵っておきながら、他国で同じエネルギー問題による環境被害や人的被害が出ていることは気にも留めずもっとやれと喚く…相変わらず無節操・無思慮なご都合主義ですね。

 いやはや、だから何時まで経ってもトイレット・クオリティ・ペーパーなんだと少しは理解する知能を持って欲しいものですね(笑
02月02日(日)

ついでに搭載機の開発も・・・ 

1日付けの時事ドットコムの記事から

強襲揚陸艦、海自に導入へ=離島防衛・災害対応を強化
 防衛省は、昨年12月に閣議決定された新たな防衛大綱で東シナ海の離島防衛や、南海トラフ巨大地震など大規模災害への対応を重視する方針が示されたことを受け、輸送力や航空運用能力に優れた強襲揚陸艦を海上自衛隊に導入する。大綱に基づき、5年間の装備品調達目標を定めた中期防衛力整備計画(中期防)の最終年度である2018年度までに、必要とされる機能や装備を検討。その後、導入計画を具体化する。

 中期防には、離島防衛で自衛隊部隊を素早く展開させることを目的に「多機能艦の在り方について検討の上、結論を得る」と明記。南海トラフ巨大地震への対応でも「十分な規模の部隊を迅速に輸送、展開して初動対応に万全を期す」と記した。
(2014/02/01-05:28)

 是非ともペ○サス級を。

 とまぁ、冗談は置いておいて、現状では記事のような任務に着くのがおおすみ型のような大型輸送艦であることを考えると、確かに大小多数の島嶼からなる日本には欲しい艦種ですよね。

 速度性能で行けば、実はおおすみ型ってアメリカのワスプ型と比較しても大した差は無いんですけど、何せ輸送艦だからCIWSしか防御用の装備が無いし、航空機も基本は対潜哨戒とかその程度のものまで(ワスプには最大でハリアー20機+ヘリ6機一度に積める)だし、サイズも排水量で3倍ほども差があるために搭載量が全然違うんですよね。

 でも、建造が決まった当時はまだ脅威となっていたのはロシアであり、現在のような島嶼防衛、特に尖閣を初めとした遠隔地へとなると条件は全然異なってきますから。

 まして島嶼戦では一度にどれだけの戦力を投入出来るかって重要です。

 過去にはガダルカナルでの飛行場争奪戦のように、小規模を小出しにして逐次撃破されて失敗した日本と、大規模兵力を一度に投入して奪取とその後の防衛に成功したアメリカという例もあります。

 それに震災などの災害対策と言う意味でも強襲揚陸艦規模になれば輸送力が大幅に増強される為、人員の輸送や逆に避難者の救助もおおすみ型よりもずっと大規模に出来るようになります

 当然医療設備や機材なども一層充実させられますし、医師と器具の輸送も一度に大きく出来る。

 是非ともしっかりしたものを造って欲しいものです。
02月01日(土)

本当に30匹位いたクズムシ達 

1日付けのMSN産経ニュースの記事から

菅原文太「仁義ある戦い」だ 細川陣営、有名俳優らの応援団で巻き返しへ
2014.2.1 10:28
 俳優の菅原文太(80)が31日、浅草の雷門前で元首相の細川護煕候補(76)の支援演説を行い「敵の陣営は『仁義なき戦い』だが、われわれは『仁義ある戦い』だ」と“文太節”で訴えた。演説前に他の著名人と都内で会見し、細川氏支持を表明。支援者リストには女優の吉永小百合(68)ら超大物が名を連ね、舛添要一候補(65)有利とされる選挙戦で巻き返しを期す。(サンケイスポーツ)

 午後3時すぎ、菅原はグレーのズボンにえんじ色のネクタイ、黒のコート姿で登場。「おーす」「おーす」と2度、約700人の聴衆に呼びかけた。

 冒頭で「今回はオレが立候補するんじゃないよ。仲のいい細川まさひろさんが…。間違えちゃった。もりひろさんが…」とつまずいたが、「浅草は本当になつかしい。ヤクザ映画を撮ってるころはしょっちゅう来ていた。気持ちのいい、やさしい親分もいた。いまご法度になっちゃった。堅苦しい世の中になった」ときわどい交友録も披露、聴衆を引きつけた。

 そして「浅草を変える、日本を変える。日本をよくするために」と細川氏支持を訴え、「他の陣営は『仁義なき戦い』をやっている。あれは俺の専売特許。われわれは『仁義ある戦い』をしている。みなさんの力で勝たせてもらったら、浅草に飲みに来るから。頼むよ」と続け、大きな拍手を集めた。

 演説に先立ち、菅原は正午から細川氏と都内で会見。作詞家のなかにし礼氏(75)、作家の瀬戸内寂聴氏(91)、音楽評論家の湯川れい子氏(78)、作家の澤地久枝氏(83)、作曲家の三枝成彰氏(71)も同席し、それぞれに細川氏支持を表明した。

 発表された支援者リストには著名人が名を連ね、大女優の吉永も「未来のことをしっかりと考えなければいけない時です。みんなで応援しましょう!」とのコメントを選挙事務所に寄せた。

 小泉純一郎元首相(72)との脱原発アピールも及ばず、各種世論調査で舛添氏にリードを許している細川陣営。有名人応援団で巻き返すことができるか。

 いやはや、次から次へとわらわら出てきますね、同じような老害がうじゃうじゃとゴキブリの如く。

 1匹いたら30匹はと言いますが、名前と年齢を見ると実にそれがよく判る。

 散々後先考えずに自分達が甘い汁を吸うことばかりに邁進し、日本をここまで疲弊させた張本人達が、平気な顔をして未来の為だの子どもの為だのと溝臭い穢れきった口から綺麗事を垂れ流すのですから、吐き気がしますよ。

 実際、記事でも吉永何とかなんてバカが言ってますよね?

 何が「未来のことをしっかりと考えなければいけない時」なんだと。

 お前らが何も未来を考えずに自分達の強欲を満たす為だけに生きてきた結果が今だろうが、と。

 ホント、自分達の過去については反省を一切しないから謝罪も何もしないし、それでいて自分は正しいとか素晴らしいとか思って更に引っ掻き回そうとしているんですから、ルーピーと同類の救いようが無いゴミクズですよね、こいつらって。

 例えば、コイツらが自分達の支払った金を遥かに超える額を貰っている年金は誰が賄っているのか?

 用も無いのに低額負担だからと老害どもが病院へ集会所感覚で通って増大させている医療費は誰が負担しているのか?

 そもそも年金制度を作って未来への、子ども達に莫大な負担を負わせたのはこのゴミムシどもが現役の時代ですし、バブルによる狂乱とその崩壊による混乱はこのゴミムシどもが働く世代として中核を担っていた時代です。

 ゆとり教育が導入されたのもこの頃ですし、その前では原発大量建造などもそう

 みーんな、この老害どもが現役で日本を主導していた時代ですよね?

 その事に対する反省、子どころか孫や曾孫世代に多大な被害と迷惑を掛けたことに対する謝罪、そしてそれらで莫大な金銭的被害を与えている事に対する補償、何か一つでもこのゴミムシどもが、ゴミクズどもがしたことがあるでしょうか?

 挙句が未来を考えた結果、原発を廃止して経済成長も止め、それでいて老害とガキに金をこれでもかとばら撒いて、莫大な借金と溢れかえる失業者だらけのスラム街に東京を変えることだと来るのですから、さっさと轡を並べて地獄へ旅立っちまえと、心の底から言いたい。

 実際、記事にも名前がある似非尼なんて「細川さんは優雅な生活を16年続けてきた」と、バカ殿が政治の場から責任を果たさず逃げて国や国民に多大な迷惑をかけた後の人生を優雅な生活なんて平気で評する恥知らずぶりを晒していますし、「このままの日本の政治で行ったら、まもなく戦争に駆り出されるんですよ。殺されるんですよ」などと論拠が微塵も無い文字通りのデマゴーグを平然と垂れ流して国民に不安と恐怖を植え付けて扇動している。

 仏に仕える身の者が、こんな愚劣と呼ぶのさえおこがましく思えるほどの悪意ある嘘を垂れ流して許されるでしょうか?

 しかも最後には「どうか自分だけの幸せ、自分だけのささやかな平安を望まないで、日本の将来がどうなるか、あなたたちと子供がどうなるか、孫がどうなるかということを考えていただきたい」と、他のゴミクズ同様、自分達がただの一辺すら、一片程度さえ考えもせずに生きてきた事を棚に上げてこんな傲慢をほざくのですから、生きている価値は一切ありませんね。

 自分達の言葉に従って敵と認定した相手を殺せ、そして殺されて死ねば極楽浄土へ行けるという嘘をついて農民を戦争へ、人殺しへ駆り立てたのは仏教ですし、このクソ尼が経験した戦争でも日本仏教は殺しを正しいものと喧伝していたことを、この蒙昧は知っているのでしょうかねぇ?

 そして、そういう嘘で人の命を奪い続けてきた、苦しめてきた日本仏教の現実から目を背けたまま、また同じ様な事を仏門に身を置く立場でありながらやっている事実に、痛む良心ってものを持ち合わせていないのか?

 ま、元来不倫だなんだと欲望のまま好き勝手に半生を送ってきたロクデナシですし、他の有象無象も同レベルのバカばっかりですから、人間性とか善性を問うだけ無駄しょうけど。

 何れにしても反省一つできぬような下劣な老害どもにはさっさと現世から退場して欲しいものですね。

 ニニニコ「日刊ゲンダイ」チャンネル『細川支援文化人の錚々たる顔ぶれと凄まじい熱気』
 http://ch.nicovideo.jp/
nk-gendai/blomaga/ar449958
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果