徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
05月31日(金)

公然と差別思想を掲げる沖縄の似非人権屋達 

30日付けの毎日jpの記事から

相次ぐ発着やまぬ爆音 米F15墜落
2013年5月30日
  「事故を許すわけにはいかない」。米軍嘉手納基地所属のF15戦闘機が墜落してから一夜明けた29日。県や政党、市民団体らは、集会や要請などを通して日米関係機関に抗議の声をぶつけた。この日、F15は訓練しなかったが、県側が求める原因究明までの飛行中止が実現する見通しは立っていない。沖縄を覆う不安をよそに、他の所属機がわが物顔で空を行き交う「普段通り」の日常が際立ち、県民の不安と怒りが一層高まった。

 【嘉手納】沖縄平和運動センター、中部地区労、第3次嘉手納爆音訴訟原告団らは29日、嘉手納町屋良の通称「安保の見える丘」で、「米軍F15戦闘機墜落事故糾弾! F15・オスプレイの即時撤去を求める緊急抗議集会」を開いた。約150人の参加者が嘉手納基地に向かい抗議の声を上げた。

 集会で沖縄平和運動センターの崎山嗣幸議長は「沖縄の空をなんだと思っているのか。(墜落場所が)住宅地上空でないからと安心してはいけない。事故を許すわけにいかない」と憤った。

 爆音訴訟団の新川秀清団長は「住民が危険にさらされている。安全という言葉は沖縄には通用しない。特効薬は基地撤去しかない」と訴えた。

 沖縄国公労の白石幸嗣委員長は「なぜわざわざ自衛隊が米軍を救助したのか。自衛隊が米軍に完全に組み込まれ、事故があれば自衛隊が米軍の救助部隊になるよう想定していたのではないか」と疑問を呈した。

 集会中、同基地ではAV8Bハリアー攻撃機やP3C哨戒機などが相次いで離着陸し、スピーカーを通した声が聞き取りづらくなることが度々あった。

 参加した反住基ネットの大浜節子さん(66)=沖縄市=は、F15墜落の一報を聞いて「怒りがこみ上げた」と声を震わせる。「米軍の演習の在り方に疑問を感じる。嘉手納基地は過密化しているという危機感を持った。基地撤去を求めて行動したい」と話した。

 凄いですよねぇ、人権だの人命だのを訴えておきながら、相手が米兵なら見殺しにしろだの、墜落して命の危機にある米兵の心配ではなく怒りだの憎しみだのを募らせるって。

 まさに正気など欠片も持ち合わせぬ、鬼畜の感覚です。

 で、騒いでいるバカどもを見れば、社民党だの沖高組だのと幟が。

 連中が本音では命と言うものをどう見ているのか、どう扱っているのかが実によく分かります。

 流石は墜落怖いと言いながら阻塞気球を小学校などから集団で打ち上げて墜落を目論む、テロ屋なだけのことはありますね。

 私はむしろこういうことが平気でできるクズどもが、自分と同じ日本国籍を有していることに「怒りがこみ上げた」んですがねぇ?

 そして同時に笑えるのが、「沖縄の空をなんだと思っているのか。(墜落場所が)住宅地上空でないからと安心してはいけない。事故を許すわけにいかない」という議長(笑)という低脳バカの戯言ですね。

 航空機の墜落事故なんてのは確率で見れば低いものの、数多の機体が年中離着陸を繰り返すのだから、当然どこかしらで毎年幾つか起きるものなのにねぇ?

 実際、このゴミ虫どもは一切非難の声を上げませんでしたが、アフガンで先月末、B747が一機墜落事故を起こしています

 B747と言えば日本でも大手各社が導入しましたが、これまでに実に30回以上の機体喪失事故(他にテロなども結構ある)を起こしており、総死者数は3000人を超えています。

 各社が機体の老朽化や新型の登場で次々退役させましたが、唯一ANAは現在も沖縄への航路に使っており、危険性で言えばこっちの方が老朽化という点でも、墜落時の被害直径という点でも遥かに問題となるわけですが、御巣鷹山の後の導入時も、そして今回も一切墜落事故に対して興味を示してさえいません

 所詮、反米・反日の口実に用いているだけだからと言うのが丸分かりですよね?

 航空機の墜落の危険を取り除く「特効薬は基地撤去しかない」と言うのなら、いっそのこと民間航空会社も全て追い出して空港そのものを軍民問わず全て閉鎖しろと騒げばいいのにねぇ?

 物流も観光もダメになるけど、命が何より大事と喚くなら、それ位やって数世紀前の生活に戻ります、とぐらい言ってみろと。

 でも、そういう都合の悪いことには目を向けないし、「嘉手納基地は過密化しているという危機感を持った」だのと事故と何の関係性もない妄想を勝手に膨らませて敵意や害意だけを募らせるんですから、異常にも程がありますよね。

 それにしても、「なぜわざわざ自衛隊が米軍を救助したのか。自衛隊が米軍に完全に組み込まれ、事故があれば自衛隊が米軍の救助部隊になるよう想定していたのではないか」という寝言には驚きました。

 命の危機にある人が目の前にいるのに、そこで相手の国籍や職業を確認して助ける助けないを選別するのが沖縄国公労という組織なんですね。

 公務員のモラルも沖縄と言うだけでここまで下劣に堕すとは…本当に日本の恥ですね。

 ホント、駆逐艦『雷』艦長だった工藤俊作氏のような人物(前日の海戦で撃沈した英軍艦の溺者約400名以上を200名しかいない駆逐艦で潜水艦の遊弋する海上に長時間停止して救助し、彼らの健闘ぶりを称えてゲストとして厚遇した上、戦後そのことを誇示するどころか一切口にすることもなく他界した人徳の人)になれとまで沖縄県民に要求はしませんけど、人間として最低限のモラルや品性位は学んでから社会人を名乗れと言いたくなりますよねぇ?

 前夜まで殺し合いをしてきた相手を救う。

 並大抵のことではありませんが、70年以上も前に、それも軍人がそれほどの高潔さを見せたというのに、現代の沖縄では公務員が同盟相手であり、震災の際には助けてくれた軍隊の人間を助けたことを罵っているのですから…

 第一、人助けが組み込まれるだのという短絡な話になるのなら、中国や韓国と進めている各種相互協定に関しても罵るべきですし、東日本大震災の時に日本を助けた米軍は日本の一部だと主張しないのはなんでなんでしょうかねぇ?

 それに、自衛隊の救助活動は世界各地で行われているんですね?

 インド洋で海賊からの護衛活動、スマトラ地震とそれによる津波被害の救助、紛争地での民間人診療などのPKO活動も然り。

 それらが為される度に、その国の軍隊や国連の一部になっていると罵り声を上げていたでしょうか?

 ま、自分達さえ良ければ後は誰がどうなろうと知ったこっちゃないという考えの持ち主であるゴミ虫さん達には、自衛隊の理念や行動原理なんて理解の範疇を遥かに超えているのでしょう

 人を助けるのに一々理由や条件を設けるのが当たり前なんてクズどもには、ね。

 World Airline News『National Airlines’ Boeing 747-400 freighter N949CA crashes on takeoff in Afghanistan, 7 crew members killed』
 http://worldairlinenews.com/
2013/04/29/national-airlines-
boeing-747-400-freighter-n949ca-
crashes-on-takeoff-in-afghanistan-
7-crew-members-killed/

 朝日新聞デジタル『「ジャンボ」B747もうじきお別れ 来春までに引退へ』
 http://www.asahi.com/business/
update/0528/TKY201305280378.html
スポンサーサイト
05月30日(木)

遊んでいないでやることをやれ、バカども 

30日付けの毎日jpの記事から

児童ポルノ:自民、公明、維新が「単純所持」禁止改正案
2013年05月30日 00時33分
 自民、公明、日本維新の会の3党は29日、児童買春・児童ポルノ禁止法改正案を衆院に共同提出した。現在は規制されていない「単純所持」を禁止し、「自己の性的好奇心を満たす目的」で所持した場合には1年以下の懲役または100万円以下の罰則を設けた。過去の国会でも提出されたが自公両党と民主党で折り合っておらず、調整は難航するとみられる。

 与党時代の民主党は「表現の自由」に配慮するため、罰則は「有償かつ反復で取得」した場合の所持に限定する案を出していた。

 まだこんなクダラナイことにお熱になっていたんですねぇ、自民党も。

 公明はこの手の法案は兎に角通して偽善チックな振る舞いをしていますとアピールするのが仕事で、中身がどうであるか、実効性はどうであろうかなんてのは全く問題視せず、兎に角通して可決することしか頭にないゴミ集団ですからわかりますけど、何時までもこんなゴミどもと連立を維持するために馬鹿な振る舞いを続けるようでは折角の人気もまたぞろ凋落するきっかけになりかねませんね。

 記事を読んで分かるように、これで規制されるのは単純に買うなどの方法で本や映像などを手に入れた無関係の第三者だけ、です。

 肝心の当事者は全く関係ない話ですし、民主と散々揉めた何を持って児ポと判断するのか、何処を見て児ポとなるのか、こういう根本的問題点を全く無視したまま共同提出って…こういうバカなことを懲りもせずにやるから政治家のゴミ虫ぶりに国民が愛想を尽かすとまだ分からないんですね。

 無知なら専門家の話を聞いて煮詰める位やれと思いますが、ネット関係や著作権関係、そしてこの児ポ関係など蒙昧なバカどもが同類の役人が作った案をそのまま出すから中身が欠陥だらけってのはいい加減にして欲しいものです。

 ハッキリいいましょう。

 この法案、様々な業界の活動にブレーキを掛けて経済活動を悪化させるだけであり、ただの害悪だと。

 どうやって所持を暴くのか、果たして持っているものを何を基準に該当非該当とするのか、「自己の性的好奇心を満たす目的」だと判断するのか、こんな法案では何一つ判断できませんし、効果をあげられません

 逆に以前東京都がやったバカ法案の如くとなる可能性の方が高い。

 因みに東京都はあのバカ法案強行が原因で未だにアニメフェアは規模縮小&敵対した出版社主催の別イベントが同時期に開催され続けるという状況になって、お互いにダメージと根深い不信感を抱き続けたままになっています。

 何よりも児ポの問題で重要なのは子供が被害者になるのを防ぐことなのですから、行為を犯したものは年齢問わず今よりも遥かに重い厳罰に処すことと、ホテルやカラオケボックスなどで怪しい来客時には監視や通報などが出来る仕組みを構築するなど、原因そのものの発生を可能な限り防ぐことです

 ですが、馬鹿げたことにそういうことには一切頓着しないのが今の自民や維新などの政治家(笑)という阿呆どもなのです。

 所持しようにも制作がされなければ入手ができないのですから、当然ながら流通は限られるし、場合によってはその販路を潰す過程で購入者を押さえる事だって出来ると思いません?

 全力で見当違いの方向に珠を放り投げ、周りが唖然としている中で一人満足げに頷いているバカの構図なんですけど、それにさえ未だに気づけないって…こうも低俗だと本当に政治家自体の必要性を考えてしまいますね。
05月28日(火)

妄想史学者の夢見る未来 

24日付けの中央日報の記事から

韓国の歴史学者インタビュー(2)「北、核放棄と同時に朝日・朝米修交を」
2013年05月24日17時00分
 --北核危機を克服するには。

 「1994年の朝米ジュネーブ合意、05年の6カ国協議9.19宣言で、北朝鮮の核放棄と朝米修交で合意した。しかし今もその約束は守られていないし、韓半島の緊張は高まっている。韓国は朝米の間で積極的に仲裁しなければならない。米国もクリントン政権の対北朝鮮政策を継承する必要がある。北朝鮮の核放棄と同時に、朝米、朝日修交が実現しなければならない。韓国はソ連・中国と修交して久しい。したがって北朝鮮も米国・日本と修交し、日本から賠償金を受けて、経済を興す必要がある」

 --しかし北朝鮮は核を放棄しようとせず、韓国では核武装しようという主張が出ている。

 「南も北も核兵器では統一が不可能であることを知らなければならない。南北が統一すれば人口8000万人のドイツほど大きな国が誕生する。こういう国が核兵器を保有すれば、周辺国が許すだろうか。考えてみなければいけない」

 --日本は1930年代のように右傾化が激しくなっている。

 「南北分断の根本原因は日本の韓半島強制占領だったという事実、韓国戦争で日本の経済が立ち上がったという事実を知らない日本人が多いようだ。21世紀の日本は韓半島の平和統一に積極的に協力し、北東アジアの平和の定着に努力しなければならない。ドイツが第2次世界大戦に敗戦した後、徹底的に反省し、欧州統合と国際平和に寄与してきたことを学ぶ必要がある」

 --ロシアはどう見るべきか。

 「20世紀後半の韓米日同盟と朝中ソ同盟の構図は冷戦の解消で崩れた。しかし北東アジア海洋勢力としての韓米日同調勢力と朝中ロ同調勢力の間の対立は解消されなかった。プーチン・ロシア大統領が初めて北朝鮮を訪問した。またロシアは北朝鮮を経由して韓国まで天然ガスパイプラインと鉄道をつなごうとしている。韓国との関係を強めようということだ。こうしたロシアとの協力を強化する必要がある」

 --東アジアの根本的な平和・繁栄戦略は。

 「21世紀の世界史は民族国家の壁を崩し、地域共同体を形成する方向に進んでいる。欧州連合が代表的な例だ。フランスとドイツが強大国としての振る舞いをしなかったのが欧州連合発展の要諦だった。中国と日本も中華主義と大東亜共栄圏式思考を捨ててこそ、新しいアジア時代を開くことができる」

 いやはや、全3回にも分けた記事でしたが、歴史学者(笑)が寝言を延々口にするだけって感じですが、一方で幾つか重要な発言もしているので取り上げてみましょう。

 まずは(1)のものから。

 「中国という巨大な溶鉱炉にくっついていながらも、しっかりと守られてきた私たちの民族の主体性は高く評価されなければならない。しかし中世から現代までは大陸勢力に隷属したり、海洋勢力に占領されたり、南北に分かれて戦ったのが私たちの運命だった」

 「1904年の日露戦争当時、英国・米国は日本に軍資金の半分を貸し、日本が有利な状態で戦争を終えた」


 万年属国が民族の主体性を守ってきたってねぇ?

 一応中世以降は大国に隷属するだけの存在でしかなかったと一部ながら歴史を認めてはいますが。

 もう一つは更に驚きです。

 ロシアは日本を遥かに凌駕する大国であった上、支援という事ならロシア側にはフランスとドイツ、それに清国もついていたんですが、まるで日本が有利に戦争を始められたから有利に終えられたとでもいいたいみたいですね。

 しかも日露戦争においてロシアは旅順艦隊やウラジオストク艦隊などの太平洋艦隊、更にはインド洋経由で廻航してきたバルチック艦隊という合計で日本の倍以上の規模を持つ艦隊を喪失し、国土であった樺太も完全占領され、朝鮮半島からも追い出され、中国からも撤退という状況に追い込まれました

 結果、ポーツマスで結ばれた講和条約では、賠償金こそ支払われなかったものの、樺太南半分の割譲、領海での日本漁民への漁業権容認、大陸の租借地譲渡や鉄道炭鉱などの譲渡が為され、そして朝鮮半島からも完全に手を引くことを誓わされたわけで、誰がどう見ても日本の勝利なのですが、チョウセンヒトモドキは意地でもそれを認めたくないようです。

 ついで(3)ではこんな妄想を膨らませています。

 「遠からず韓国・日本・中国の人は同じ貨幣を使用し、相手国の言語を自国語のように使いながら、ビザなく往来することになるだろう。中国とロシアの電車が北朝鮮を通って釜山まで走るだろう」

 「わが国の外交は外交経験が一度もない人たちが始めた。さらに韓国の外交は米国中心であり、多様性を欠いた」

 「朝鮮は鎖国の道を歩んだ結果、日帝植民地になり、民族分断をもたらした」


 何処でどう頭を打ち付けたらこんな気持ちの悪い幻想ができるんでしょうかねぇ?

 大体、北との統一だって経済格差が多すぎて不可能だと嘆いているモドキ程度が、その南北の差と同じだけの差を南鮮と日本の間にあるってことを理解しているのでしょうか?

 自分が途中で引き合いに出しているEUなんてのはそれなりに均された経済力の連合体なんだと知らないんでしょうか?

 しかも大統領自ら1000年経っても恨み続けるという気狂い丸出しな発言をするストーカー民族とそんな関係になりたいと思ってもらえると夢想できる神経が実に人間離れしていて、モドキは我々人類とは次元が違う生命体であると教えてくれます。

 外交官の不足は、元々の資質の問題もありますけど、それ以上に元々現在の南北政府がどちらもテロリストによって造られた紛い物だからであり、その現実を受け止めなければ永遠にマトモな外交官など無理でしょう。

 何よりもテロリスト政権どうしで覇権争いを未だに続けておきながらその責任を相も変わらず日本に擦り付け、今回選んだ(2)の記事でも「南北分断の根本原因は日本の韓半島強制占領だった」などとほざき、挙句には「北朝鮮も米国・日本と修交し、日本から賠償金を受けて、経済を興す必要がある」などとまたも日本に集ることを前提に考えている下等動物になんぞ、独立国家がどうして造れるでしょう?

 また、人口比でドイツをあげ、軍隊規模などでも比較して「南北が和合して平和統一を成し遂げてこそ、周辺強大国が私たちにむやみに行動できなくなる。ドイツの常備軍は30万人だが、私たちは南北に100万人の軍人がいる。莫大な軍事費が浪費されているのだ」などとほざいますが、そもそもの経済力も技術力も民族としての質もと、凡ゆる面で遥かに劣るヒトモドキ風情がドイツを目標にしてどうするんでしょうね?

 例えば南鮮の場合、軍事費に2兆8000億円以上も掛けています。

 ドイツの約300億ユーロに近い額(現在はユーロが131円と高くなっているため大分差がありますが、昨年までは100円ちょっとだったことを考えると数千億円の差だった)ではあるものの、ドイツがGDP比で1.4~1.5%であるのに対して南鮮は2.5%ととても高くなっており、如何に無駄な出費ばかりしているのかが分かりますが、それは何も兵員の多さだけが原因ではありません。

 イージス艦だのAIP潜水艦だの自国製戦車だのキムチイーグルだの、使い道のない強襲揚陸艦だの、己の身の丈も弁えずに最新兵器を次々と買ったり作ったりして、見事にどれもが失敗ばかりしているんですから。

 ドイツや日本と言った国がどうしてアレだけ徹底的に国力を奪われながら世界で5指に入る、連合国の大半を上回る経済大国になれたか、類まれな防衛力を持つ国家になれたか、世界からの評価で1位を毎回争うほどの国になれたかを理解できず、認めさえできない猿どもには永遠に人間へ進化する機会など訪れはしないでしょう。

 流石は、外交能力も無ければ日中に口出しできる力も知能もないのを認めながら未だにバランサー論を翳す阿呆どもの戯言ですね。
05月27日(月)

音の前に現状の問題に目を向けろよ、と 

26日付けの沖縄タイムスの記事から

低周波音が影響 伊江島でオスプレイ講演
2013年5月26日 09時25分
 【伊江】米軍伊江島補助飛行場に隣接する西崎公民館で23日、米軍機が発する低周波音について学ぶ勉強会(主催・財団法人わびあいの里)が開かれ、琉球大学工学部の渡嘉敷健准教授が低周波音が人体に及ぼす影響について講演した。渡嘉敷准教授は「住民の声を蓄積することが、低周波音にどのような問題があるのか解明するきっかけになる」と説明した。

 昨年10月のオスプレイ配備以降、低周波音による健康被害が報道されるようになったことから、考えられる被害や対策などについて学ぼうと企画。村民ら約30人が参加した。

 渡嘉敷准教授は「低周波音は動物が本能的に警戒感を持つ音。主に地震や噴火など災害時に出る音で、長くさらされると緊張感が続くためストレスになる」と説明。ただ、国は低周波音と健康被害の因果関係は明確でないとしているため、「対策するにも現状を政府にきちんと知らせることが大切」と提案した。

 参加者からは、人体や動物への影響について質問が挙がった。東江邦子さん(62=)東江前=は「子どもたちの学習能力にも影響が出かねないので放っておけない問題。低周波音が何か、データで知ることができたので勉強になった」と話した。

 渡嘉敷准教授は同日、同飛行場に隣接する住宅に騒音測定器を設置した。31日まで測定する予定。

 お笑いですねぇ。

 因果関係を明かせてもいないのに健康被害どころか「子どもたちの学習能力に影響」ってねぇ?

 いやいや、昨年の夏、オスプレイ配属前に文科省から発表された学力テストでも例年通り沖縄は小中ともにぶっちぎりの最下位を独走していましたが??

 特に中学なんてトップの福井と秋田が全118問中の平均回答数79.2を記録する中、沖縄は61.6と20問近い大差でした。

 因みに46位のブービーである高知でさえ68.8問の正答であり、沖縄だけまるで別の国で計測した結果であるかの如く、圧倒的なまでに低い学習能力を示していることがわかります。

 これは家庭環境の問題に加え、学校環境が、教える教師の質が非常に悪いことが原因です。

 非行・不良が他を圧倒しながらその現状を改善しない地域柄と、クダラナイ洗脳教育に熱を上げ、反日・反米活動への従事を大事と考えるクズ教師達が蔓延っているんですから、日本の他の地域より圧倒的に程度が低い子供ばかりになるのも当然でしょう。

 小中学生が普通に酒やタバコを入手し、しかも公園で夜明かしでバカ騒ぎができ、成人式に30~40年も前の化石みたいなファッションに身を包んで暴れまわるバカが毎年出るのが何故か、考える方がずっと子ども達にとってプラスになると思うんですがねぇ?

 ま、先日の阻塞気球打ち上げや米軍フェンスへの妨害活動の一件などでも明らかなように行政レベルで腐敗しているから、警察でさえ米兵を捕まえるのには躍起になってもブサヨは見逃すってふざけた状況を見て、更に洗脳教育を受けて育った子どもが人格に歪みを持たずにいる方が難しのでしょう。

 とは言え、主催したのも参加したのもそうやって育った沖縄県民の中でも明確に洗脳教育で染まったような連中ですから、他者が幾ら言ったところで現実に目を向ける度胸なんて持ち得ないでしょうがね。

 MEMORVA『学力テスト(全国学力・学習状況調査)中学校 2012年(平成24年度)都道府県ランキング』
 http://memorva.jp/ranking/japan
/gakuryoku_test_chuu_2012.php
05月26日(日)

やはり喋る程に歪むモドキの妄想歴史 

25日付けの時事ドットコムの記事から

「私は日本軍の奴隷だった」=元慰安婦2人が証言集会-大阪
 韓国から来日中の元従軍慰安婦、金福童さん(87)と吉元玉さん(84)が25日、大阪市内で市民団体主催の証言集会に出席し、「日本軍の奴隷だった」などと過酷な体験を語った。

 2人は24日に日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長と面会を予定していたが、問題発言を撤回しない姿勢に反発、中止した。金さんが「なぜ市長をやっているのか不思議だ」と批判すると、500人以上詰め掛けた会場から拍手が湧いた。

 金さんは「工場に行くと言われたのは14歳。しかし、連れて行かれたのは遠く暑い国。日本軍の奴隷となった」と証言。「陸軍将校が身体検査し、(慰安婦が)何人入るのか知っていた。民間人がどうやって軍人相手の慰安所をつくることができるのか」と疑問を呈した。
(2013/05/25-16:27)

 逃亡したヒトモドキの売春婦達ですが、またもや狂信者を集めて小銭稼ぎに精を出していた(聴講者から決して安くない参加費を徴収しています)ようです。

 しかも反論も批判も一切受けない独壇場で怖い怖いと逃げた相手の陰口三昧とか、いやはや見事なまでの腐りっぷり。

 まさに汚物の如き民族性ですね。

 で、マヌケの金がまた歴史改変。

 「連れて行かれたのは遠く暑い国」って、最初の行き先は中国の広東だったんじゃないのかよ(爆笑

 97年の証言ではまず中国の広東からインドネシアなど南方域へという流れでしたし、今月沖縄でした証言でも同じ流れだったのにねぇ?

 昨年の南洋群島説にまた歴史がぶっ飛んじゃったようです。

 何よりも14歳が工場へ連れて行くって話を受けた時点で軍は関係ないですよね?

 この耄碌婆が14歳の時は太平洋で戦争なんてしてもいない時期であり、労働力不足を補うために軍事工場で学生らを労働力として使う学徒勤労動員法が施行されたのは1943年、つまりその4年後です。

 加えて国民徴用令の適用範囲が朝鮮半島にまで拡大したのは1944年と更にその1年後である上、この時期から南方へ行くのは容易ではありません。

 となると、何処もかしこも綻びだらけで話に整合性が取れなくなる。

 まず、工場へ行くのだと声をかけた相手は軍人ではないのは確実だし、当時の記事にもあるように嘘をついて売春婦を集めていたのは朝鮮人ブローカーだから、事実なら犯人はまず間違いなく日本ではなくモドキ自身という事になるし、それにしたって年齢を告げれば、或いは騙されて連れてこられた事実を告げれば解放されるのにしなかったというのもおかしな話ですよね?

 「陸軍将校が身体検査し、(慰安婦が)何人入るのか知っていた。民間人がどうやって軍人相手の慰安所をつくることができるのか」という新しい証言にしても、軍医は基本的に将校である上、先のエントリで記したように性病予防のための身体検査は日本では売春業をする上では必ず実施するものに過ぎません。

 民間人がどうやってというすっとぼけにしたって、現在はネット上に民間業者による慰安婦募集の新聞広告がアップされていますので、通用なんてしません。

 いやはや、確かにこの程度の知能と知識で挑めば市長にあっさり返り討ちにあって全世界へ嘘がバレていたでしょうから、逃げ出したくなるのも当然ですね。

 恥という概念がない下等動物は本当にどうしようもありませんねぇ…
05月26日(日)

もはや倒錯し過ぎて全てに反発せねば生きていけないヒトモドキ 

25日付けの朝鮮日報の記事から

韓国外交部 稲田行革相の発言批判「即刻撤回を」
2013/05/25 00:21
【ソウル聯合ニュース】韓国外交部は24日に論評を出し、日本の稲田朋美行政改革相が従軍慰安婦制度について戦時中は合法だったと発言したことに対し「容認できない発言。即刻撤回すべきだ」と批判した。

 同部は「『戦時性暴力が合法』という発言は女性の尊厳と人権を著しく冒涜(ぼうとく)し、反人道的犯罪を擁護する常識以下の発言」と非難。「日本の指導者らは帝国主義の過去の過ちを反省し、時代錯誤的な言行をしてはならない」と訴えた。

 また、「旧日本軍の慰安婦問題は日本の帝国主義が膨張する過程で広範囲で行われた『戦時性暴力』。重大な人権侵害であるという認識が国際社会に形成されている」と強調した。

 日本メディアによると稲田行政改革相は同日の閣議後の記者会見で「慰安婦制度自体が悲しいことだが、戦時中は合法であったのもまた事実だ」と述べた。

聯合ニュース

 お笑い韓国史は今日も続きますね。

 日本は戦後しばらく経つまで売春は合法でした。

 江戸時代には吉原など遊郭文化が成立しており、明治維新後も公娼制度という形で売春は国によって許可されていました。

 彩図社から数年前に発売された武田知弘著の『教科書には載っていない!戦前の日本』を見てみると、日本では既に明治の初めには人身売買が人権問題となっていたため、貸座敷業者と言うものが娼妓が自分の意志で客を取るという形の法制度が制定(明治6年の貸座敷渡世規制)されていたそうです。

 これにより娼妓になるには国への登録だけでなく、小学校卒業以上の学力や定期的な性病検査、親の経済が逼迫していてかつ、親が不動産を持っていないことなどといった条件が課せられ、可能な限りの人身売買を阻止することがまだまだ貧しい日本において法で定められました。

 また、男性が15~16歳程になると親や親戚が遊郭に連れて行って初体験をさせるというのも戦前では決して珍しい話ではなく、ある年の徴兵検査では検査を受けた実に9割以上の者が公娼や私娼で遊んだ経験があったと、書かれています。

 このように売春とは戦前の日本においては特殊なものでもなんでもありませんでした。

 故に、戦場で死と向き合い神経の高ぶっている兵士を慰める手段として売春をという発想が出るのは、当時の感覚からすれば何も異常なことではなく、むしろ至極当然に行き着く結論に過ぎませんでした

 ただし、場所は当然ながら海外であり、それも戦場に近い場所や戦場になるかもしれない場所となることから、慰安婦という名の売春婦募集を掛けた際に十二分な報酬の支払いや休日の設定などの待遇面の調整にも配慮をしたわけです。

 しかし、現実そのものを捻じ曲げて都合よく歪曲させることしか頭にないチョウセンヒトモドキは、その事実自体が許容できないわけで、「戦時性暴力」だのと如何にもヒトモドキ好みの口にするのも汚らわしい表現を産み出し、用いているわけです。

 それも自分達が女性を慰安婦や性奴隷にして戦場で散々やってきた「戦時性暴力」とやらの事実を黙殺して

 大体、当時合法か非合法かという単なる事実の説明を撤回しろとか、「重大な人権侵害であるという認識が国際社会に形成されている」とか、もはや火病り過ぎて自分達が何を言っているのかさえ理解できなくなっていると思いません?

 女性を拉致し、強姦することが犯罪だという認識を、今の国際社会が形成したとして、それが当時日本において売春が合法か否かという事実にどう関係するというのかって話ですよね?

 ま、所詮は鶏にも劣る知能の下等動物、自分が馬鹿であるという事実に向き合うこと自体、未来永劫に不可能ですね。
05月25日(土)

結局逃亡した売春婦達 

24日付けのMSN産経ニュースの記事から

「なぜ…」準備奔走の市職員困惑
2013.5.24 11:19
 日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長への面会を申し出ながら、面会予定日当日の24日の朝になり元慰安婦側が突然キャンセルを通告したことに、市側には戸惑いや不快感が広がった。面会の実現をめぐり、市の担当職員は調整作業など相当な準備を進めてきただけに、面会のわずか3時間前のドタキャンに「今さらなぜ…」といった声が上がった。

「約2週間あったのに…」

 市側は面会に備えて通訳を用意し、23日には会場となる部屋に椅子を置くなど準備を整えていた。このほか関係機関との調整にも奔走したという。

 市によると、元慰安婦側は橋下氏の13日以降の慰安婦制度をめぐる発言に「傷つき、会いたくなくなった」などと説明している。

 面会が決まったのは13日で、市職員の一人は「面会が決まってから2週間近くあった。発言に傷ついたというのであれば、もっと早くに言うべきだ」と憤慨した。

 市役所には面会を取材するためにフランスやドイツ、韓国など海外メディアも多数駆けつけていた。

 昨年、わざわざ市長が休みの日に市役所へ押し掛けておきながら市長が逃げただのと喚いていたゴミ虫たちはどこのどれでしたかねぇ?

 今度は市役所の方がわざわざ2週間近く前に連絡して準備を整えていたのに、当日の、それも3時間前になって急に逃げ出すとか、どんだけクズなんだよと。

 だったら認めていないだの謝罪していないだのとほざく日本になんて来ないで、祖国に引き篭ったまま先の短い余生を過ごせばいいだろうに、狂信者を集めて自己陶酔に浸るための講演会はやりますとかねぇ?

 しかも呆れたことに、この言い訳を正当化するために狂信者どもを動員して市役所前で暴れているのですから、やはり異常者どもは手に負えませんね。

 で、その頭のイカレたゴミ虫たちの言い分ですが、「ハルモニ(おばあさん)の気持ちが一番大事だ」だそうです

 それでいて、会場のセッティングから海外も含むマスメディアの参加まで準備万端整えて当日に望んでいた職員らの苦労を台無しにしたことに対しては「職員の手間や気持ちは、それが業務なのだから考えなくていいと思う」とかほざいているんですよ?

 自称被害者(笑)のゴミに対しては気持ちが大事だけど、自分達が傷付けた被害者の気持ちなんて幾ら踏み躙っても当然のことだ、と。

 まぁ、橋下市長が面会で単なる謝罪一辺倒に傾倒して政治的に不利な状況の打開を図るのか、徹底的に討論を行うのかは結局わからないままだったので何とも言えませんが、ひとつハッキリしているのは、先日のエントリで記した通り、逃げ出した二匹はどちらも年齢や経歴詐称を繰り返してきた典型的チョウセンヒトモドキであり、まともに経歴を巡る話をされれば絶対に勝ち目がないということです。

 その際に書いているように、このゴミどもの講演会は懐疑派、反対派は一切を排除し、同調・盲信するだけで話が毎度変わることに疑問を一切抱かない異常者だけを集めてやってきたことから、面と向かって反論をされた場合には簡単に論破され、しかも全世界に向かってそのペテンが明らかにされてしまうわけですから、いざ何カ国もの記者を集めて会見という形でとなった途端に怖気づいたのでしょう。

 でも、言われてすぐに逃げるのは拙いから、前日まで素知らぬ顔で過ごし、当日にバカな狂信者に中止を発表させて逃げた(狂信者団体の発表によれば、前日の夜10時過ぎになって突如面会中止を要求され、連中が当日の朝8時過ぎに市へ伝えたそうです)と。

 いやはや、自分の年齢という算数さえ満足に出来ぬ知能レベルのくせに、保身に関してだけはしっかりと働くのですから驚きですよねぇ、あの害獣どもの頭は。

 因みに、中止の原因にはマスメディアから市長が謝罪パフォーマンスをやる予定だという話を聞いたからというのもあるそうなのですが、これまた滑稽なことに売春婦達と狂信者ではそのマスメディアが日本のものか韓国のものかというレベルで食い違っていて確認すら取れていないというのです。

 それにしても、反省していないから会わないというのなら、そもそも何故今回また会えと言って来たんだって話になるんですが、まぁこのように逃げるための言い訳でさえまた支離滅裂になる始末で、鶏以下の知能しかないモドキに話の整合性を求めるのは最初から無理な話ですね。

 MSN産経ニュース『「橋下氏に反省ないから」支援者、元慰安婦を擁護』
 http://sankei.jp.msn.com/west/
west_affairs/news/130524/
waf13052413180016-n1.htm

 同『元慰安婦の面会ドタキャン、そのわけは…』
 http://sankei.jp.msn.com/west/
west_affairs/news/130524/
waf13052410540008-n1.htm

 同『「謝罪パフォーマンス」情報源は日本?韓国? 支援団体説明に食い違い』
 http://sankei.jp.msn.com/west/
west_affairs/news/130524/
waf13052415010021-n1.htm
05月24日(金)

狂人達の悪あがき 

23日付けの時事ドットコムの記事から

撤去要請は「訴権乱用」=脱原発テント訴訟で市民団体-東京地裁
 脱原発を訴える市民グループが経済産業省の敷地内にテントを設置し不法に占拠し続けているとして、国が代表者ら2人を相手に、テントの撤去と約1100万円の損害賠償などを求めた訴訟の第1回口頭弁論が23日、東京地裁(村上正敏裁判長)で開かれた。被告側は「訴権乱用による違法訴訟だ」として訴えの却下を求めた。

 被告側は意見陳述で、「経産省は原発事故の収束・問題解決のための行政責任を放棄している」と主張。「テントの撤去を求め、高額の損害賠償請求で国民を黙らせようとすることは許されない」と述べた。
(2013/05/23-13:18)

 先日の己が妄想する正義のためであればどんな非合法手段でも許されるのだと、無差別爆撃や核攻撃さえも神の名を騙って正当化した異常民族、チョウセンヒトモドキによーく似てますよねぇ?

 自分達は正しい目的を持って活動をしていたのだから、その自分達を訴えることこそが違法だ、なんて。

 やはり類は友を呼ぶというだけあって、異常者はその思考パターンや言動は似通うんですね。

 このゴミ虫達の言い分を認めたら、土地やものの所有権という概念そのものが崩壊してしまいます。

 人の家や庭に勝手に入れば不法侵入に問われるし、相手に損害を与えれば相応の賠償が必要になる。

 これは民主主義であるないに関わらず、法治国家であれば何処でも当たり前の基本です。

 でも、異常者に道理は通じない。

 狂っているから。

 狂いきったその頭の中にある己の正義、己の秩序が絶対であり、故に己こそが法となるから、己の行使する手段すべてが正当化され、間違っているのはそれを認めない相手となる

 実際、意見陳述の内容を見てみれば分かるように、勝手に人様の敷地にテントを設置して不法占拠をすることが正当化されるような理由どころか、関連性さえありませんが、本人達はこのトンチキ極まりない言い分が世に通用するものだと本気で思っているのですから始末に負えません。

 経産省が気に入らない、だから押し掛けて敷地に住み着いて嫌がらせをしてやる…幼子の我侭にも劣る滑稽で手前勝手な寝言をほざいて、それで罪がなかったことになると思っているんですから。

 損害賠償額が高額なのは確かですが、それとてブサヨの民主党政権であったのをいいことに長期間不法行為を続けていた結果ですから自業自得に過ぎず、それを陰謀か何かのように妄想した挙句、国民すべての代弁者であるかのように己を偽装するなど言語道断ですね。

 ま、無様にあがいて、その上で己の悪行の結果の厳罰と高額賠償を味わえばいいでしょう。
05月23日(木)

どうぞ、来ようなんて思わないでください 

22日付けの毎日jpの記事から

韓国朴大統領:6月末訪中へ 「米の次は日本」の慣例破る
2013年05月22日 20時00分(最終更新 05月22日 21時05分)
 【ソウル大貫智子】韓国青瓦台(大統領府)報道官は22日、朴槿恵(パク・クネ)大統領の訪中について、6月末の日程を軸に中国側と調整していることを明らかにした。22日付の韓国紙・韓国日報は26〜28日を中国側に提示していると伝えた。一方、訪日は検討しておらず、訪米後に訪日するという歴代政権の慣例を破り、中国重視の姿勢を打ち出す方針だ。

 訪中では習近平(しゅう・きんぺい)国家主席と首脳会談を行う。北朝鮮は18〜20日に短距離ミサイルを相次いで発射する一方、22日には金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の特使として崔竜海(チェ・リョンヘ)朝鮮人民軍総政治局長を訪中させるなど硬軟両様の動きを見せており、北朝鮮に影響力が強い中国との連携を強化する。

 朴大統領は今月7日の米韓首脳会談に続き、南北が信頼を積み上げ関係を改善していこうという基本政策「朝鮮半島信頼プロセス」について説明し、支持を得たい考えだ。

 また、朴大統領は外交の基本姿勢として米韓同盟を重視しつつ、中韓関係強化や「米中韓3カ国戦略対話」の推進などを掲げている。3カ国の戦略対話については、米側が慎重で実現の見通しは立っていないが、外交筋は「どんな形でも3カ国の枠組みを作ろうというのが朴政権の強い方針」と話しており、習主席との会談で直接提案する可能性もある。

 一方、歴史認識問題などを巡り、韓国側は対日不信を深めており、大統領訪日のメドは立っていない。

 日本とのパイプ役である韓日議員連盟所属の与党セヌリ党議員から、安保協力について「既存の韓米日(3カ国協力)中心から韓米中(3カ国協力)体制へ変えることを検討すべきだ」との意見も出るほどだ。

 米国のデービース北朝鮮担当特別代表が今月中旬に日中韓3カ国を歴訪した際、日米韓3カ国の局長級協議を検討したが、韓国側が慎重で実現しなかった経緯もある。今回の訪中で、朴政権の「日本外し」が一層際立つことになりそうだ。

 元より、無能大統領と知れ渡った盧武鉉のバランサー論を引き継ぎ、父親の親日疑惑払底のため就任前より反日を顕にしてきたバカ女なんですから、この程度の所業は想定範囲内だと思うんですがねぇ?

 とは言え、属国の残り半分としか見ていない中国と、名ばかり同盟で実態は被保護国であるアメリカ…この両大国の間で、両者の関係をとりもちますよなどと寝言をほざいているわけですから、何とも滑稽なピエロです。

 普通、対立する両者の間を取り持つには、双方に対して強い影響力を保持していることが前提です。

 例えば、両者を従わせるだけの武力や、或いは社会的地位で両者に勝ること、はたまた血族関係などで上位にあることなど、双方の意見を汲み取り、その上で妥協案を双方に飲ませられる力がなくては立場として成り立たないわけですから、何一つそういうものを持たない韓国風情がやったところで上手くいかないのは至極当然です。

 3カ国の戦略対話なる試みが失敗しているのは最初からそうなることが予め決定していたわけで、現実を見れないバカなモドキども以外にとっては単なる予定調和でしかありません。

 何より安保協力で日本を外して代わりに中国って…半島有事となった場合、米中は敵対関係になるわけですし、北の支援をする立場にある中国へ、当事者の韓国がどうやって渡りを付けるつもりなんでしょう?

 そして、ハッキリと反日を示しておいて、有事に日本の支援が得られるとでも思っているんでしょうかね?

 経済面でも中国が取引額ではトップとは言え、これだけ中国離れが進んでいる状況ではそれも何時まで続くか怪しいものですし、日本との関係が拗れて経済にまで波及すれば苦しくなるのも韓国ですが…

 ま、だからこそ韓国のバカ女などには絶対に来日して欲しくはないですね。

 露骨な日本蔑視を繰り返し、ドンドン自分で墓穴を掘り進めて出てこれないようになって欲しいものです。
05月22日(水)

不知彼不知己、毎戦必殆 

21日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

米製造業が「中国離れ」…低品質で賃金も高騰
 2008年の米金融危機以降、不況と高い失業率にあえいでいた米製造業が、復活の兆しを見せている。

 オバマ政権の支援策など複合的な要因が背景にあるが、注目されるのは「中国離れ」だ。安い労賃にひかれ、中国に流出した産業が国内に回帰しており、「メード・イン・アメリカ(米国製)」を目指す潮流が生まれている。

 「微妙なサイズが合わないなど品質に問題があり、多くの顧客を失った」。ミネアポリスのゴム製部品工場「ハイアワサ・ラバー」のハワード・ハウザー副社長(62)は、中国企業に生産委託をしていた頃を振り返る。

 同社が自社製品生産を江蘇省蘇州市の中国企業に委託したのは8年前。しかし、貧弱な品質管理に加え、高騰する中国の賃金や輸送費が重荷となった。結局、「米国内で製造してもコストに大差はない」状態にまでなり、4年前に外注解消を決断した。

 米国で生産を再開した後も、雇用を守るため稼働日を週3日にするなど苦労を重ねたが、「品質を取り戻すと、失った顧客も戻ってきた」。昨年、08年のリーマン・ショック以前の生産水準まで戻した。

 フードプロセッサーの部品の生産を中国に外注していた「パーマック社」も、「指定した原材料が使われていなかった。二度と中国に発注しない」(ダーリーン・ミラー社長)と、発注先を国内に切り替えた。
(2013年5月21日10時04分 読売新聞)

 手抜きとちょろまかしばかりが得意で、教育水準もとても低い中国人

 コスト減少だけを追い求め、何故安くできるのかを考えなかった故のツケとしか言い様がありませんね、品質悪化による顧客離れは。

 アメリカも教育水準は平均で見れば高いとは言えませんが、それでも中国よりはずっとマシですから、コストというメリットが失われれば原点回帰となるのも当然でしょうが、逆に言えば全く無駄どころかマイナスでしかなかったってことですよね、これって。

 もうひとつのパーマック社というのにしても、以前書いていますが、中国に進出した際、現地に任せて本社から管理責任者を置かずにいると起きるお約束の事態です。

 品質の悪い、しかしコストの安いものへ勝手に変えてしまい、キックバックを懐に入れる、という。

 日本企業でも同様の被害に遭った会社は珍しくなく、有名なところでは任天堂ですよね?

 この記事の掲載される丁度一週間前、読売には『腐りきった辞書…粗悪な類似品、小中学生に配布』という記事が掲載されましたが、それによると中国政府が小中学生に配布を命じた辞書が内陸部の湖北省で配られず、代わりに粗悪な類似辞書を大量に配って地元出版社から多額のキックバックを得たとみられているというものでした。

 また、昨年中国が発表した国外逃亡した汚職犯罪容疑者の逮捕者数は1631人であり、国外逃亡官僚だけで桁外れの腐敗ぶりを見せてくれていますし、汚職犯の調査を依頼された私立探偵2500人が今年の年明け早々に検挙されたなんて話もありました。

 伊達に5000年以上を誇っているわけじゃないんですよね、中国による汚職・腐敗の歴史は。

 それが当たり前になっているのだから、そんなところに実態の確認もせず乗り込めば失敗するのは当然で、昔から中国人や中国に阿呆な桃園境幻想を抱いていたアメリカ人は兎も角、十二分に中国人の本質を理解しているはずの日本企業さえもが喜び勇んで進出し、今では他国への逃げに入っているのは実に滑稽ですね。

 あまりにも展開が予想通り過ぎて、笑う気にもなれません。

 ま、記事のアメリカ企業みたいに高い授業料を支払って己の愚かさを学べたと、対応できれば次に生かすことも出来るでしょうけど、経団連とかの日本のバカな企業はもはやそういうことが出来るだけの柔軟さすら欠いて、私利私欲のためだけに国益すら害して恥じませんからねぇ…

 YOMIURI ONLINE『腐りきった辞書…粗悪な類似品、小中学生に配布』
 http://www.yomiuri.co.jp/
world/news/20130514-
OYT1T00328.htm?from=ylist

 Searchina『今や世界全体の問題 昨年、逃亡汚職官僚1631人を逮捕-中国』
 http://news.searchina.ne.jp/
disp.cgi?y=2012&d=0312&f
=national_0312_098.shtml

 livedoorNEWS『汚職官僚を暴きすぎた?中国で私立探偵を一斉検挙=2500人超えるとも-米華字メディア』
 http://news.livedoor.com/
article/detail/7342210/
05月21日(火)

妄執に囚われた異常精神民族チョウセンヒトモドキ 

20日付けの中央日報の記事から

【時視各角】安倍、丸太の復讐を忘れたか
2013年05月20日08時52分
 神は人間の手を借りて人間の悪行を懲罰したりする。最も苛酷な刑罰が大規模空襲だ。歴史には代表的な神の懲罰が2つある。第2次世界大戦が終結に向かった1945年2月、ドイツのドレスデンが火に焼けた。6カ月後に日本の広島と長崎に原子爆弾が落ちた。

 これらの爆撃は神の懲罰であり人間の復讐だった。ドレスデンはナチに虐殺されたユダヤ人の復讐だった。広島と長崎は日本の軍国主義の犠牲になったアジア人の復讐だった。特に731部隊の生体実験に動員された丸太の復讐であった。同じ復讐だったが結果は違う。ドイツは精神を変え新しい国に生まれた。だが、日本はまともに変わらずにいる。

 2006年に私はポーランドのアウシュビッツ収容所遺跡を訪問したことがある。ここでユダヤ人100万人余りがガス室で処刑された。どれもがぞっとしたが、最も衝撃的な記憶が2つある。ひとつはガス室壁面に残された爪跡だ。毒ガスが広がるとユダヤ人は家族の名前を呼んで死んでいった。苦痛の中で彼らは爪でセメントの壁をかいた。

 もうひとつは刑罰房だ。やっとひとり程度が横になれる部屋に4~5人を閉じ込めた。ユダヤ人は互いに顔を見つめながら立ち続け死んでいった。彼らは爪で壁面に字を刻みつけた。最も多い単語が「god」(神)だ。

 ナチとヒットラーの悪行が絶頂に達した時、英国と米国はドレスデン空襲を決めた。軍需工場があったがドレスデンは基本的に文化・芸術都市だった。ルネッサンス以後の自由奔放なバロック建築美術が花を咲かせたところだ。3日間に爆撃機5000機が爆弾60万個を投下した。炎と暴風が都市を飲み込んだ。市民は火に焼けた。大人は子ども、子どもはひよこのように縮んだ。合わせて3万5000人が死んだ。

 満州のハルビンには731部隊の遺跡がある。博物館には生体実験の場面が再現されている。実験対象は丸太と呼ばれた。真空の中でからだがよじれ、細菌注射を打たれて徐々に、縛られたまま爆弾で粉々になり丸太は死んでいった。少なくとも3000人が実験に動員された。中国・ロシア・モンゴル・韓国人だった。

 丸太の悲鳴が天に届いたのか。45年8月に原子爆弾の爆風が広島と長崎を襲った。ガス室のユダヤ人のように、丸太のように、刀で頭を切られた南京の中国人のように、日本人も苦痛の中で死んでいった。放射能被爆まで合わせれば20万人余りが死んだ。

 神の懲罰は国を改造して歴史を変えた。ドレスデン空襲から25年後、西ドイツのブラント首相はポーランドのユダヤ人追悼碑の前でひざまずいた。しとしと雨が降る日だった。その後ドイツの大統領と首相は機会があるたびに謝罪し許しを請うた。過去に対する追跡はいまでも続いている。ドイツ検察は最近アウシュビッツで刑務官を務めた90歳の男性を逮捕した。

 ところが日本は違う。ある指導者は侵略の歴史を否定し妄言でアジアの傷をうずかせる。新世代の政治の主役という人が慰安婦は必要なものだと堂々と話す。安倍は笑いながら731という数字が書かれた訓練機に乗った。その数字にどれだけ多くの血と涙があるのか彼はわからないのか。安倍の言動は人類の理性と良心に対する生体実験だ。いまや最初から人類が丸太になってしまった。

 安倍はいま幻覚に陥ったようだ。円安による好況と一部極右の熱気に目をふさがれ自身と日本が進むべき道を見られずにいる。自身の短い知識で人類の長く深い知性に挑戦することができると勘違いしている。

 彼の行動は彼の自由だ。だが、神にも自由がある。丸太の寃魂がまだ解けていなかったと、それで日本に対する懲罰が足りないと判断するのも神の自由だろう。

 キム・ジン論説委員・政治専門記者

 単なるアメリカの国際法違反による無差別爆撃での虐殺が、「神の懲罰」だそうです。

 だから、その国の人間だったというだけで非戦闘員どころか子供が虐殺されてもそれは正しいことだ、と。

 どうです?

 これが猿に勝る野蛮さと、鶏にも劣る知能と記憶力を持つ地球最悪の害獣、チョウセンヒトモドキの実態です。

 こんな下劣で下等な害獣との共存なんて、人間に、いや、生命体に可能だと思いますか?

 最後に記名があることから分かるように、政治を専門とする論説委員が書いているわけで、中央日報の意見表明も同然であり、電波極まりない内容と、友好国の総理大臣を呼び捨てにし、友好国の国民を虐殺することを仄めかすイカレきった態度が韓国を代表する大新聞の実態なのです。

 そも、機体番号にまで因縁をつけて喚くなんて下衆な真似、モドキ以外どこの民族、どこの国家がやっているでしょう?

 ロシアどころか中国ですらそんなもの気にも止めていません。

 犯罪を犯し、そのまま逃亡したものと、その時生まれてすらいなかった人間を比較対象にしてどうのなんて狂った主張も、当然ながらチョウセンヒトモドキ以外誰もやりません。

 「自身の短い知識で人類の長く深い知性に挑戦することができると勘違いしている」などと、まるで個人手記に書いておけと言いたくなるような妄想と悪意を公然と露わにして他国の宰相を罵るなんて真似を恥ずかしげもなくやる。

 どれも、まさに人間未満のケダモノでなければできない所業です。

 だからこそチョウセンヒトモドキはテロリズムが大好きであること、嘘が呼吸と同じ生命活動に必要であること、そしてどれだけ時間が経とうとも自国の統一が不可能であるとわかります。

 どれほどの悪行であろうと、残虐行為であろうと、自らにとって都合が良ければそれは正当化される。

 それも、神の名を騙ってしまえるほどの絶対的な善行となるわけですから、テロリズムだって自分達がやる分にはそれは正しい行いだし、許す許さない以前に問題があるという認識すら抱けないのも当然ですね。

 何せ自らが神なのだから、その行いに間違いは有り得ないって考えなんですもの。

 自分を絶対視、神聖視するその異常性から、常に嘘をついて自らを正しいものと再定義しないとアイデンティティが崩壊してしまう人格破綻に陥っているのでしょうし、だからこそ息をするのと同じ様に嘘をつくし、それでも整合性が自分の中で常に取れないことから大半の男性が20歳までに精神を病むに至るわけです。

 となれば、そんなテロリストの末裔同士が自分達の造った国家モドキの正当性を互いに主張しだしたら…そう、譲るどころか相手に主張に耳を傾けるって行為そのものを認めないわけですから、統一なんて武力による制圧以外では有り得ないのも当然です。

 他所など見ず、永劫に互いの尾を追い回し、食いつきあってグルグルと回り続ければいいのにねぇ?

 それにしても怖いのは、自らが犯した歴史上の犯罪の数々を始め、ベトナム戦争での蛮行などは全て問題なしとしておきながら、日独に対する民間人虐殺を目的とした無差別爆撃や、原爆の投下を神の懲罰だと仮にも国家を代表する新聞社の論説委員が平気な顔で正当化出来る点です。

 これがチョウセンヒトモドキのメンタリティーであることを考えれば、もしこの蛮族が何らかの事情で平和理に統一がされ、核を手に入れたらどうなるでしょう?

 最大の驚異がなくなれば、間違いなくこれまで以上の暴走が始まるでしょうね。

 テロを称えるどころか、無差別虐殺さえも正当化する連中が妄想を膨らませて逆恨みを募らせているわけですから、それこそ日本は専守防衛どころか、対モドキ殲滅戦をやらねば、こちらがやられることになりかねません。

 事実、この異常者はコラムの最後に「日本に対する懲罰が足りないと判断するのも神の自由」なんて書いているわけですから、神を僭称し、核使用さえ正当化する究極のキチガイ民族を止めるには、最悪、暴れる前に殲滅する以外に日本民族を守る道はないでしょうね…
05月21日(火)

モドキの売春婦も犯罪者もうようよいます 

19日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

生活保護費を不正受給、韓国クラブ経営の女逮捕
 生活保護費を不正に受給したとして、警視庁は19日、韓国籍の東京都新宿区戸山、韓国クラブ経営許愛栄容疑者(54)を詐欺の疑いで逮捕したと発表した。

 同庁幹部によると、許容疑者は昨年8月~先月、同区役所に「病気で働くことができず、収入がない」とうその説明をし、生活保護費計約138万円をだまし取った疑い。許容疑者は「お金をたくさんためたかった」と供述している。

 許容疑者は2008年9月から同区歌舞伎町で韓国クラブを経営し、総額約1億2700万円を売り上げていた。同庁ではこの間の生活保護費約840万円の大半が不正受給だったとみている。
(2013年5月19日13時31分 読売新聞)

 読売には非常に簡素にしか書いてありませんが、このクラブでは女性従業員が「3万円の店外デート」というサービスも行っていたそうで、その行き先はホテルだったことから、管理売春についても取り調べをしている最中だそうです。

 そのため、これまたこの記事には書かれていませんが、女性従業員3人も一緒に逮捕をされており、既に警察は地固めは終えて立件するだけというところまできているということです。

 西村議員の発言を妄言などと戯言を並べるチョウセンヒトモドキに同調し、問題発言だなどと叩いてたマスゴミが、直後にこんな事実が発覚したのですから、丸っきりこのこの件を扱いたくないとするのもわからないではないですがねぇ?

 保身と虚栄と転嫁が第一のゴミ虫集団だけあって、この事件に触れている新聞社自体が大手では読売と産経だけ、管理売春に言及しているのは産経だけと来るわけですから。

 報道しない自由って、相変わらず素晴らしいですよねぇ?

 相も変わらずこういうセコイ真似をやりながら、朝日なんて橋下発言は問題かってアンケートをやって7割以上が問題だと答えたぞと息巻いたり、20日の社説『生活保護改正-弊害が出ないか心配だ』でなんて生活保護法の改正で困窮者が出るぞだのと平気で偽善を騙っているんですよ?

 無論、人道主義を僭称するだけで、じゃあどうすれば本当に必要な人間を救えるか、或いは不正受給を減らせるかということについての言及なんてヒトカケラもしていないのもお約束です。

 そもそもの問題となっている不正受給者の大幅増加、そしてその中に根深く食い込んでいる今回のようなチョウセンヒトモドキによる不正については絶対に言及しない。

 日本ではぼったくりバー同様に、貸ビルやマンションなどの一室を利用し、場所と店名を短期間で頻繁に変えることによって摘発逃れを行なって売春を繰り返す連中がいますが、その実態にチョウセンヒトモドキが加わっていることは珍しくもなく、過去には何度も警察による一斉摘発でモドキが検挙される事件が起きています。

 以前あった指紋偽造による不法入国を試みたモドキの売春婦などもその口で国外退去された輩ですし、昨年も検挙されたモドキは大勢います。

 なにせ日本におけるモドキの犯罪発生率は以前にも記したようにざっと1/100、南北合わせた在日数が54万そこいらに対して売春婦だけで最低5万超ですから…

 単純に半分が女だったとして27万人、未成年をここから省くと約1/4程度の確率でモドキのメスは売春婦であるとなるんですよ?

 そして、在日のモドキは大半が無職であることも合わせて考えれば、日本に存在すること自体が害悪であると感じるのはなんらおかしな発想、感覚ではありませんし、生活保護の枠を厳しくするのだって私などから見ればまだまだ手緩い限りです。

 在日への支給は問答無用で一切停止し、希望者は近くの韓国大使館への行き方を案内する、でいいと思いますよ。

 文句を言ってくるのがいたら、国民の保護は国家の義務だから祖国に訴えろと言い、過去がどうのと喚いてきたら関連性は無いこととモドキによる不正の一覧表でも渡してやって、自業自得の結果だと示してやればいいんですよ。

 MSN産経ニュース『年商数千万円で生活保護受給 韓国人のクラブ経営者逮捕 警視庁』
 http://sankei.jp.msn.com/
affairs/news/130519/
crm13051911290000-n1.htm

 朝日新聞デジタル2013年5月19日社説『生活保護改正―弊害が出ないか心配だ』
 http://www.asahi.com/paper/
editorial.html?ref=com_gnavi#Edit1
05月20日(月)

ペテンの国からやってきた、詐称大好き婆達 

18日付けの毎日jpの記事から

元従軍慰安婦が橋下氏を批判 「自分の娘、送れるか」
2013年5月18日 21時03分
 日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長と面会予定の韓国人元従軍慰安婦金福童さん(87)と吉元玉さん(84)が18日、沖縄県西原町と広島県福山市でそれぞれ集会などに出席した。金さんは「自分の娘を(慰安婦として)送ることができるのか」と憤り、吉さんは「暴言を吐いてはいけないと伝えたい」と話した。

 沖縄県西原町の沖縄キリスト教学院大で講演した金さんは、14歳で従軍慰安婦になり、中国やインドネシアなどの前線を旧日本軍と転々とした経験を話し、橋下氏の発言を「妄言」と批判。「過去の歴史を変えることはできない」と述べた。

 今度はわざわざ二匹のペテン師を韓国は送り込んできたようですね。

 しかしまぁ、そうは言っても所詮はサルの浅知恵、算数ができれば簡単に暴けるレベルの嘘しかつけないペテン師を送り込んでくるのですから、程度が知れます。

 まずは金の方から見てみましょうか。

 こっちは昨年9月にも大阪に押しかけて大法螺を吹いていた方のバカですね。

 で、ペテンと見抜いている人間を一切排除して同調する異常者だけを集めて会合を開いたのですが、その内容をご丁寧に異常者の一匹がネットに公開してくれていますので、引用してみましょう。

 「私は南洋群島に引っ張られて行った。14歳の少女だった。軍服を作る工場へと言われて連れていかれた。」

 「しかしそこは陸軍兵士の性の相手をする場所だった。8年間、性奴隷として働かされた。師団本部について各地を回った。」


 この時、自分の年齢を87と述べており、今回の記事でも同じなので、年齢に間違いはないのでしょう。

 となると、俄然問題が出てきますよね?

 2012-87=1925年生まれとなるわけで、14歳になるのは1939年です。

 この年に慰安婦となったのだとしたら、8年後の22歳になった時は1947年であり、終戦から既に2年も経っているのに、まだ慰安婦として働いていましたと。

 しかし、以前朝鮮日報などがこの金福童について、「1945年8月31日、当時19歳だった金さんが南方軍第10陸軍病院の軍属の中で最も低い職級にあたる「傭人」として採用されたとされている」と紹介しているのです。

 この朝鮮日報の報道で、少なくとも1945年9月以降は慰安婦として活動していないのは明白であり、明らかに嘘をついている訳です。

 ま、それ以前に新聞掲載の広告が証拠資料として残っているので明らかですが、慰安婦になれるのは17歳以上なんですよね。

 募集が掛かっているものの中で最も年の若いのが17歳で、他には18歳というのもありますが、何れにしても14歳からというのは、当人が年齢詐称をしない限り不可能な話ですから、その年齢が正しいとすると今度は自主的慰安婦となって働いていたと見るのが正しくなる。

 また、97年当時の証言では「15歳で連れて行かれ中国の広東、マレーシア、インドネシア、シンガポールで日本軍の慰安婦として生活した」となっており、年齢だけでなく活動場所も違っているんですよねぇ?

 そもそも14歳である1939年時点では南洋諸島は戦場ではないので慰安所は必要ない(トラック諸島には料亭などが出店していたし、慰安婦の記録も戦争になって以降のものばかり)ですし、平時に海軍の要衝である南洋諸島に陸軍が師団規模で進出して異動を繰り返していたって…

 その挙句、今回は「14歳で従軍慰安婦になり、中国やインドネシアなどの前線を旧日本軍と転々とした経験」と、昨年の年齢と97年の活動場所というごった煮状態

 南洋諸島とはマリアナ諸島やマーシャル諸島、トラック諸島にパラオと言った日本が委任統治を行っていた地域の名前であり、当然ながら中国やインドネシア、シンガポールなど他国の領土はこれに含まれませんので、少なくともこの1年にも遥かに満たない短期間でも任地が全く別になるというペテンぶりを金は披瀝しているのです。

 見事なまでに自らは口を開く度に過去の歴史を変えているのにも関わらず、「過去の歴史を変えることはできない」と来るのですから、流石はチョウセンヒトモドキ、サルの野蛮さと鶏以下の知能は伊達じゃありません。

 もう片割れ吉については証言自体が殆ど見つからず苦労したのですが、何と、1940年に11歳で慰安婦になったというのですから、もう爆笑ものです。

 先程記したように、慰安婦の募集年齢の下限は17歳であり、11歳の子どもが混じっていたら一発でわかります。

 当時の日本では軍が悪徳業者による拉致や甘言などで連れてこられた女性を解放するとともに、行っていた朝鮮人女衒の摘発強化を朝鮮総督府に要請し、何人もの逮捕者が新聞に記録として残っていますので、明らかに幼い子どもが混じっていればどうするかなど、考えるまでもありませんよねぇ?

 事実、戦時中でも白馬事件と呼ばれるものがあり、陸軍将校らによるオランダ人女性の連行、強制による慰安婦とした事件が発覚すると、軍は施設をすぐさま閉鎖し、女性を開放しています。

 犯人である軍人を処罰せずにいた(後に戦勝国となったオランダによって主犯死刑、関係者重禁固刑などの厳罰が下された)のは大いに問題がありますが、少なくともこれらの事実は日本軍が問題行動を放置してはいなかった明確な証拠と言えるでしょう。

 何れにせよ、11歳の体では日に何人もの男の相手など体力的にも不可能であり、慰安婦だったとしたらそれは後の朝鮮戦争における米兵か韓国兵相手のだったと考えるのが正しい(1950年なら21歳だから)でしょうね。

 もっとも、吉元玉もモドキだけあって年齢が不明なんですがね。

 何せ現在84歳となっていますが、2010年5月13日にブサヨが開催した『被害者は待てない、償いの時を逃すな! 5・13院内集会』ではその年齢が83歳となっており、3年もの月日が流れているのに、1歳しか歳をとっていないんですもの(爆

 時間の流れが人間と違うようなので、もしかしたら年齢は11歳だけど実は20年位生きてましたとかってオチなんでしょうかねぇ(笑

 ま、結局のところ冷静に事実を確認してみればどっちも有り得ない嘘がハッキリとわかるわけで、こんなのが出てきて、存在が事実だとか寝言を幾らほざかれてもねぇ?

 毎日jp『元慰安婦:橋下氏と面会予定の吉さん、「暴言」と批判』
 http://mainichi.jp/select/
news/20130519k0000m040062000c.html

 金福童ハルモニのお話@大阪
 http://togetter.com/li/382773

 Web魚拓『被害者は待てない、償いの時を逃すな!』
 http://megalodon.jp/2011-0102-1553-03/
www.jca.apc.org/ianfu_ketsugi
/20100513.html
05月19日(日)

単なる事実を問題発言と喚き煽るマスゴミ 

17日付けのMSN産経ニュースの記事から

西村真悟議員「日本には韓国人の売春婦がうようよいる」 発言後すぐ撤回
2013.5.17 13:51
 日本維新の会国会議員団の西村真悟衆院議員は17日の党代議士会で、共同代表の橋下徹大阪市長の慰安婦発言に関連し、「日本には韓国人の売春婦がうようよいる」と発言した。

 その後の記者会見で「韓国と国名を挙げたのは不穏当だった」として発言を撤回した。日本維新は橋下氏発言の沈静化に努めているが、所属議員による再度の問題発言として批判されそうだ。

 西村氏は、慰安婦発言をめぐる海外報道に関し「慰安婦がセックス・スレイブ(性奴隷)に転換されている。これが国際的に広がれば、謀略が成功しかねない」と強調。その上で「反撃に転じた方がよい」と述べた。

 ま、今は事実を端的に述べただけで右から左までマスゴミが大合唱で罵る時代ですからねぇ?

 かつての安倍、麻生政権時代を彷彿させる自称第四の権力、マスゴミ大連合による大バッシングの喜劇の前では、これほど明確極まりない事実であっても口を噤まざるを得ないのでしょう。

 マスゴミってのはその名が示す通りクズの集まりですから、そういう言論弾圧を自分達がやった結果、自縄自縛に陥ってドンドン日本を戦争へと導くとともに、自分達の言論も統制し、されていって日本人を大勢死なせ、敗戦へと至らせたってことを綺麗サッパリ忘れている。

 戦時中なんてむしろ曖昧よりも線引きの明確化をしてくれと言論統制を自ら望んでさえいた始末だったというのに、反省なんて毎回その場限りですぐ同じ過ちを繰り返すのですから畜生にも劣る。

 因みに今回の「日本には韓国人の売春婦がうようよいる」って発言ですが、まずは真偽確認をしましょうか。

 『海外で売春する韓国人女性、日本5万人米国3万人、米豪で社会問題化』

 これはサーチナに今から丁度2年前に掲載された記事ですが、この記事の冒頭はこうなっています。

 韓国の国家行政機関・女性家族部は、海外で売春に従事する韓国人女性の数が、日本に5万人、米国には3万人いると推算されると、25日までに明らかにした。韓国の複数のメディアが報じた。」

 因みに、同じくサーチナに掲載された『「韓国は売春女性の供給国であり最終目的地」=米人身売買報告書』という記事では冒頭にこうあります。

 「米国務省は27日、世界184の国や地域の人身売買の実態をまとめた年次報告書を発表。韓国について、「強制売春や強制労働の被害に遭う男女らの供給地にも経由地にも最終目的地にもなっている」と指摘し、韓国政府に取り締まりや法の整備を求めた。複数の韓国メディアが伝えた。」

 ご覧のように、韓国の国家機関が発表した韓国人売春婦の数が5万人なのであり、アメリカような日本より2万人も少ない数の国でさえ売春婦の供給国、つまりは輸出元であると非難をしていますし、更にそのアメリカよりも少ないオーストラリアも「性売買女性輸出大国」だと韓国を断じています

 だとすれば、5万人も送り込まれた日本に「うようよいる」と言うのは単なる事実ですよねぇ?

 でも産経曰く「所属議員による再度の問題発言として批判されそうだ」とくるんですから、どれだけこの日本には言論の自由が無いのでしょう?

 チョウセンヒトモドキを批判するなとか、それこそお前らにとっては人種差別じゃないのかよと思うんですけど、頭のイカレたマスゴミ連合の扇動によるバカ騒ぎはまだまだ収まりそうにありません。

 産経もゴミっぷりをここ数日は遺憾なく発揮し、この問題でも上記したように他ならぬ韓国政府自身が5万人もの売春婦を日本に送り込んでいますと認めているのに、その事実は一切報じず、逆にわざわざ大阪のコリアンタウンへ言って在日モドキの下劣な罵詈雑言を紹介して悦に浸る始末で、とうとうウジテレビ同様にコリアンマネーにでも浸りだしたかと呆れ返る売国ぶりを発揮しています。

 数ヶ月前までは在日による違法売春に関する記事も幾つも上げていたと言うのに、一体いつの間に宗旨替えをしたのでしょうかねぇ?

 いやはや、これだからマスゴミってのは信用ができません。

 朝日同様に報道しない自由を公然と実行し、民意の扇動に邁進するようになったのですから、どうせなら今後は『第二朝日』という二つ名でも名乗るようにしたら、バカなブサヨどもが産経も購読してくれて売上も伸びるかもしれませんよ?

 Searchina『海外で売春する韓国人女性、日本5万人米国3万人、米豪で社会問題化』
 http://news.searchina.ne.jp/
disp.cgi?y=2012&d=0528&f=
national_0528_040.shtml

 同『「韓国は売春女性の供給国であり最終目的地」=米人身売買報告書』
 http://news.searchina.ne.jp/
disp.cgi?y=2011&d=0629&f=
national_0629_055.shtml

 NAVER『워킹홀리데이 비자 받아 호주에서 '성매매'』
 http://news.naver.com/main/
read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1
=102&oid=079&aid=0002371120

 MSN産経ニュース『大阪のコリアタウン「人として論外」「程度が低い」の声も』
 http://sankei.jp.msn.com/west/
west_affairs/news/130517/
waf13051717190025-n1.htm
05月18日(土)

何時までも幻想の殻の中に住んで世間に出てくるな 

16日付けの中央日報の記事から

東アジアで韓国ほど自国の歴史を反省している国はない(2)
2013年05月16日17時37分
 特に今日、東アジアの過去の歴史・教科書・領土・性的奴隷・侵略問題をめぐる真実と和解が根底から挑戦を受けている状況で、韓国社会が自ら恥部を直視するというのは、東アジア(史)的、世界(史)的な意味を同時に持つ。まだまだ不足しているが、東アジアで韓国ほど民間虐殺や独裁、人権じゅうりんを含む自国の歴史を反省している国も珍しいからだ。日本・中国・北朝鮮・台湾を含め、世界に向かって、私たちがより大きな視野で、この道を止まらず進んでいかなければならない世界的、東アジア的な理由だ。

 カンガンスレ・鶴の舞・扇の舞・鳳山仮面劇などを公演した「コリアファンタジー」を見ながら、観客は「幻想的」「絶対的」という言葉を繰り返した。この公演は、すべての芸術は土着的であるほど普遍的という点を如実に見せた。すなわち人間の心を深く動かせるなら言語と場所は問題にならない。一人を動かせる絶対感動は全員を動すことができるのと同じだ。

 土着(性)とは、すなわち日々の日常生活をいう。普遍的な芸術はそこから生まれる。この公演は踊り、歌がそのまま生活だった、どの季節でも一緒に口ずさんで踊りながら暮らした、そして生活と芸術、遊びと仕事、私と他人、自然と人間が一致した韓国的な生活と芸術様式の美しさを圧縮的に見せた。すなわち韓国文化の精髓だった仕事としての遊びと遊びとしての仕事、生活としての芸術と芸術としての生活をともに見せていた。私たちはこれをまた復元できるだろうか。「コリアファンタジー」は今日の荒廃化した苦痛の韓国的な生活が、仕事と遊び、人生と芸術の分離からきている点を重く悟らせていた。

 韓流ブームはもう世界の国の若者の韓国・韓国語・韓国文化に対する関心と学習にまで広まっている。いま韓国の文化領土は有史以来最も広い。しかしそうであるほど、土着的具体性と普遍的世界性、文化と生活が遊離してはならない。私たちはどのように日々の韓国的な生活の幸せと美学を復元し、それが世界的な生活の普遍性とともに進むことを見せられるだろうか。韓国社会がもう少し人間的、文化的、さらに自由で平等な価値をよりいっそう内面化しなければならない理由だ。

 パク・ミョンリム延世大教授・ベルリン自由大学招待教授

 済州4・3事件を扱った『Jiseul』と、キム・グンテ拷問事件を扱った『南営洞1985』、たった二つの民間が作った映画を、政府や関係機関の主催によってドイツで短期間(僅か10日)上映したから、「東アジアで韓国ほど自国の歴史を反省している国はない」とくるのですから、チョウセンヒトモドキって下等動物は…

 まず誰もが思い至る、ベトナム戦争での犯罪の数々について韓国はマトモに謝罪していませんし、ベトナム人もされたことがないと認識していますが、モドキにとってそれは反省する歴史に該当しないようですね。

 同じ様なことは元寇の際にも元軍の尖兵として日本へもしているのですが、それもなかった事にしていますし、朝鮮戦争の際には自国の女性を慰安婦としてドラム缶に詰めて前線へ連れて行って僅か80名足らずに2万名以上の相手をさせたり、米兵と一緒になって攫った北の看護婦を強姦したりもしているのも、これまた無かったことに。

 テロ屋集団が戦勝国になろうと連合国に名を連ねようとして蹴っ飛ばされ、対馬を奪おうとするも連合国に拒絶され、ならせめて竹島をと画策するもそれも蹴られ、最後には勝手に李承晩ラインを引いて侵略し、周辺で日本人漁師を大量虐殺した上に何百人も拉致して開放の交換条件に日本国内で逮捕されていた重犯罪者らの釈放を要求するなどテロ屋としての本性を見せて大暴れしたことも無視。

 最近では領土欲しさに暗礁を自国の伝説の島であるなどと主張したり、歴史や文化など誇れるものが何もないのを誤魔化すために歴史を捏造して古代に人類史上最大の大帝国を建国しただの、偉人の出自は朝鮮だのと、他国の文化発祥地は朝鮮だのと呆れ返る妄想を幾つも垂れ流して世界中から蔑視されているのに、東アジアで歴史をもっとも反省しているとか…

 きっと、この記事を見たら中国人だって鼻で笑うでしょうね

 いやはや、流石はチョウセンヒトドキ、逆恨みなら1000年経っても忘れないけど、自分の悪事は直ぐに綺麗さっぱり忘れるんですから恐れ入ります。

 おまけに「韓国文化の精髓だった仕事としての遊びと遊びとしての仕事、生活としての芸術と芸術としての生活」ってねぇ?

 貴族社会と奴隷制、更には属国文化にそんな華やいだものがあったとは驚きを禁じえませんね。

 染料や車輪一つ日本が面倒を見てやるまで自作もできなかった下等動物の生活の一体どこに、そんな余裕があったというのやら?

 是非ともイザベラ・バードの『朝鮮奥地紀行』をこの間抜けな教授には読んでもらいたいですね。

 李朝末期の朝鮮を見た感想として、役人腐敗の酷さ、民衆の無気力さを絶望的とまで評し、猜疑心が強く狡猾で嘘を好む腐った民族の性根についても触れていますし、それ故に信頼関係と言うものが希薄で、女性の扱いがとても酷いことなども記されています。

 また、首都でさえも非常に見窄らしく、狭く、汚いことを詳細に記しており、美術的価値のある物や施設も全くなく、庭園や他国が持っている国民が利用するような公共施設の類も一切なく、魅力と言うものを全く欠いていると。

 どうやら「コリアファンタジー」とは、お得意の捏造・妄想による「ウリナラファンタジー」の別称のようですね。

 中央日報「東アジアで韓国ほど自国の歴史を反省している国はない(1)」
 http://japanese.joins.com/article/
702/171702.html?servcode=
100§code=120
05月17日(金)

自国の政策方針を棚に上げ、腹いせの喚きを上げるモドキ 

15日付けのMSN産経ニュースの記事から

飯島氏訪朝、韓国紙が警戒感「国際協調破る」「腹いせの牽制球」
2013.5.15 14:04
 15日付の韓国大手紙は、飯島勲内閣官房参与が平壌入りしたことに「米韓はもちろん、中国まで北朝鮮に制裁を加えている状況で国際協調を破った」(朝鮮日報)と警戒感を示した。

 東亜日報は日本政府が韓国政府に飯島氏の訪朝を事前に通知していなかったと伝え、「北朝鮮に対する強力な制裁措置が取られている中、日本の突出した行動により、北朝鮮に状況判断を誤らせる可能性がある」と指摘した。

 韓国政府が北朝鮮対応で日本を排除し、米中韓の結束を強める動きを見せていることに、「安倍晋三首相が腹いせでけん制球を投げた」との見方も伝えた。

 朝鮮日報は「日本が北朝鮮問題に対する影響力が低下している状況を反転させるためのカード」と分析。「7月の参院選をにらみ安倍首相が勝負に出たとの見方も出ている」と伝えた。

 聯合ニュースは米韓両国が日米韓連携の観点から、日本側に急速な北朝鮮との接近を自制するよう「速度調節」を求める可能性が高いと報じた。(共同)

 何のための訪朝なのか、会談で一体何を話したのか、何一つ把握していないけど兎に角自分達が上手くいかない中で日本がやってのけたのが気に入らないから罵るってその感情に直結した短絡思考、流石はモドキです。

 おまけに「国際協調を破った」って何の話だよと。

 日本は別に国連決議に反して経済制裁を解除したわけでも、支援物資を送ったわけでもないんですがねぇ?

 大体、自国のバカ女大統領が先日アメリカに行った際、オバマのセリフからわざとかつ執拗に日本を排斥して対北の国際協調から日本を外していたことをもう忘れているんですから、猿の如き振る舞いと鶏の如き記憶力…チョウセンヒトモドキというケダモノの恐ろしさを改めて垣間見せてくれましたね。

 日米韓の三カ国連携をオバマが唱えれば、わざわざ米韓の連携と主張し、周辺国の役割についても中露だけの名前を上げて日本を蚊帳の外に置いて、オバマがわざわざ「6カ国協議の参加国である中国、ロシア、日本」と補う発言をして配慮をする…

 因みにこの時バカ女が日本について口にしたのは歴史問題だのなんだのと罵詈雑言を浴びせるためだけでした。

 自国の方針として対北の国際協調から日本を外しておきながら、その日本が自分達に事前通知せず拉致問題解決に向けて独自に動くのが気に食わない「腹いせ」で喚いているだけなんです。

 協調する相手ではないと言外に示して耳目を塞いで自己満足に浸っておきながら「何で事前に言ってくれないんだ、日本は韓国と協調する気がない!」とか言ってるんですから、本当に甘ったれたクズどもですよねぇ、この低脳下劣なケダモノ民族は。

 「米韓両国が日米韓連携の観点から、日本側に急速な北朝鮮との接近を自制するよう「速度調節」を求める可能性が高い」なんて主張に至っては希望による憶測でしかありませんし、常識的に考えて間違いなく米国には事前の連絡がされているでしょう。

 あくまでも反日を国是として掲げる敵国を無視したってだけで。

 何より拉致問題が主題であるならそれは日本の問題であるわけで、同盟国であり、拉致問題解決への協力を約束している米国ならば兎も角、南のモドキなんぞがしゃしゃり出る場面でもなんでもありませんよねぇ?

 まぁ、経済も政治もダメな上、反日のやりすぎで日本の支援さえ貰えなくなる一方で更に国情の悪化を続けている韓国にしてみれば一層の反日で現実逃避するぐらいしか己を慰める術がないんでしょうけど、その発想自体が下等なモドキらしくって、失笑を禁じえませんね。

 MSN産経ニュース『対日配慮で温度差 朴氏は連携国に加えず「正しい歴史認識」要求』
 http://sankei.jp.msn.com/world/news
/130508/amr13050808070002-n1.htm

 同『韓国、歴史認識で米国巻き込んだ対日包囲網は不発』
 http://sankei.jp.msn.com/world/news
/130508/amr13050822550008-n1.htm

 同『朴大統領が米議会演説 日本は名指しせず』
 http://sankei.jp.msn.com/world/news
/130509/kor13050900270000-n1.htm
05月16日(木)

産経の間抜けな三文芝居 社説執筆者のオツムの具合を確認したら? 

15日付けのMSN産経ニュースの記事から

橋下市長発言 女性の尊厳損ね許されぬ
2013.5.15 03:36
 日本維新の会の橋下徹共同代表(大阪市長)が「慰安婦制度は当時は必要だった」などと語った。米軍幹部に「海兵隊員に風俗業を活用してほしい」と述べたことも自ら明らかにした。

 今の時代に政治家がこうしたことを公言するのは女性の尊厳を損なうものと言わざるを得ない。許されない発言である。

 慰安婦問題をめぐっては、宮沢喜一内閣当時に根拠もないまま強制連行を認める河野洋平官房長官談話が発表され、公権力による強制があったとの偽りが国内外で独り歩きする原因となった。

 安倍晋三首相は有識者ヒアリングを通じて談話を再検討する考えを示してきた。橋下氏が「必要な制度」などと唱えるのは事実に基づく再検討とは無関係だ。国際社会にも誤解を与えかねない。

 橋下氏は「慰安婦制度は世界各国の軍が活用したのに、なぜ日本だけ取り上げられるのか」「軍の規律を維持するためには必要だった」などと、当時の慰安婦の必要性を肯定した。

 これに対し、稲田朋美行政改革担当相は「慰安婦制度は女性の人権に対する大変な侵害だ」と批判し、下村博文文部科学相も「あえて発言する意味があるのか」と指摘した。稲田、下村両氏は自民党内の保守派として河野談話の問題点を厳しく指摘したこともあるが、橋下氏の考えとは相いれないことを示すものといえる。

 安倍首相も「筆舌に尽くしがたいつらい思いをされた方々のことを思い、非常に心が痛む」との認識を表明している。

 河野談話の発表にあたっては、二百数十点に及ぶ公式文書には旧日本軍や官憲が慰安婦を強制連行したことを裏付ける資料は一点もなかった。だが、発表直前に韓国のソウルで行った韓国人元慰安婦からの聞き取り調査だけで、強制連行があったと決めつけた。

 裏付けなく発表された談話が、韓国などの反日宣伝を許す要因となっている状況を安倍政権は見直そうとしている。いわれなき批判を払拭すべきだという点は妥当としても、橋下氏の発言が見直しの努力を否定しかねない。

 橋下氏が米軍幹部に述べた「風俗業活用」発言など、もってのほかだ。人権を含む普遍的価値を拡大する「価値観外交」を進める日本で、およそ有力政治家が口にする言葉ではなかろう。

 情勢的に火消しをせねばならない立場の政府閣僚らは兎も角、何時から産経は朝日と同列のブサヨの仲間入りを果たしたのか、社説をブサヨに委ねるようになったのかと腹を抱えて笑いたくなりましたね。

 と言うのも、産経は前日に関西版のコラム、【浪速風】においてこのようなタイトルの記事を記しているからです。

 『橋下発言のどこが問題なのか(5月14日)』

 この記事の書き出しにはこうあります。

 「長く産経抄を担当した石井英夫さんは、慰安婦制度を「国家の下半身の問題」と書いた。“軍隊と性”は悩ましく、すねに傷を持たない国などない。「すべての歴史の事象がそうだが、この問題も平和ないまの時点の目ではなく、当時の書割(背景)の中に置き換えて見ることである」」

 至極当然の物言いで、昨日のエントリで私が記したのと根幹が一緒だと分かりますよね?

 一方で本日の産経社説、【主張】はと言えば、今の時代に政治家がこうしたことを公言するのは女性の尊厳を損なうものと言わざるを得ない」「橋下氏が「必要な制度」などと唱えるのは事実に基づく再検討とは無関係だ」「人権を含む普遍的価値を拡大する「価値観外交」を進める日本で、およそ有力政治家が口にする言葉ではなかろうとまぁ、簡単に言えば日本政府が進めている外交政策が大事だから事実なんぞ口にするんじゃねーよと、言論弾圧を明確に口にしているわけで、特権と錯誤と差別をこうも公然と振るうなんてまるで朝日新聞ですよねぇ?

 当時の判断としてどうであったかを語っているのに、現代の価値観で女性の尊厳を損なうとか、お前はどこのバカ島ドアホかと

 加えて米兵への性風俗店使用を勧める件についての批判も呆れたもので、だったら、せめてヤンキー共による性犯罪を無くす、減らすための代案、妙案を出せって話ですが、何もせずに批判だけとは、これまた朝日新聞の如き粗末で粗暴な振る舞いですねぇ?

 信じられます?

 この日の夕刻、産経は『部下の兵士に売春強要か 米軍、やまぬ性犯罪』という記事をWebに掲載し、「米軍では性犯罪が深刻化」なんて書いているのに、その日本での対策方法について日本の政治家が口にするのは許さんとか、代替案の一つさえ出さずに喚いているんですよ?

 何より、性風俗の利用が女性の尊厳を貶めると言うのなら、そもそも何でそんな商売を日本は認めているのか、そして今直ぐ止めさせろ、禁止する法令を作れとメディアはこれまで全く主張してこなかったのか?

 性欲は人間の三大欲求の一つに数えられるほど強い本能的なものであり、だからこそどんな国家、どんな民族であってもこの問題を完全に押さえ込む、犯罪件数をゼロにすることは不可能なわけで、だったら国家が認めている合法的手段でそれを改善するのはどうかと提案するのは別におかしなことでもなんでもないと思いますけど?

 特にアメリカ人は日本人の何倍もの性犯罪発生率を持っており、米軍に至っては産経自身が「深刻化」なんて評しているのですから、合法的な解消手段を講じることを提案するのはむしろ政治家として真っ当な対応だと思えない神経が理解出来ない。

 この産経記事のように出鱈目な批判を並べ立てるだけで、解決への努力も手段も一切掲示しない無責任な連中こそ最も呆れるとともに軽蔑されるべき存在だと思いますがねぇ?

 というかそれ以前に、コラムと社説の違いはあるとは言え、全国版に掲載されている産経抄で過去に、そして関西版の浪速風で前日に書いたことと全く正反対の内容を社説の主張で記すという著しい自己矛盾を展開して恥ずかしくないのか、と。

 ヘルスだソープだってものを批難した事、批判した事もないどころか、絶対に社員で利用している人間だっているのに、そういう自分達の存在を棚に上げて偉そうに女性の尊厳を損なうだの許されないだの…見事なまでに朝日の如き偽善チックな態度で言論弾圧を行うとは、心底反吐が出ます。

 MSN産経ニュース「橋下発言のどこが問題なのか」
 http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/
news/130514/waf13051412030019-n1.htm

 同「部下の兵士に売春強要か 米軍、やまぬ性犯罪」
 http://sankei.jp.msn.com/world/news/
130515/amr13051517160009-n1.htm
05月15日(水)

バカ島ドアホ 

14日付けのMSN産経ニュースの記事から

社民・福島党首「許せない」
2013.5.14 11:48
 社民党の福島瑞穂党首は14日、日本維新の会の橋下徹共同代表(大阪市長)が第二次大戦中の慰安婦制度は必要だったと発言したことについて「戦争遂行のためには女性の人権を蹂躙(じゅうりん)しても構わないということになる。全ての女性の人権を侵害する発言で、断固許せない」と述べ、発言の撤回と謝罪を求める考えを示した。国会内で記者団に語った。

 「人間が歴史から学べるものなら、それはなんという教訓を私たちに与えてくれることか!だが、情熱と党派心が私たちの目を見えなくする。だから、経験が与えてくれる光は船尾の灯であって、私たちの背後を照らすだけだ」

 イギリスのロマン派詩人であり、批評家、哲学者でもある、サミュエル・テイラー・コールリッジの名言です。

 まさにこのエテ猿、福島にピッタリだと思いませんか?

 売春を忌避するのはあくまでも現代を生きる我々の感情に過ぎません。

 それでも性風俗というものは世に存在し、凡ゆる形態で一般人に提供され続けているし、法という枷を嵌める事で国家として存在を容認してもいます

 ですが、例えばほんの数年前まで韓国では売春は合法でしたし、今も再合法化を求める売春婦のデモがあるけど、この福島みたいなクズ女はそれに抗議したこともなければ、人権を蹂躙している国だと罵ったことさえありませんよね?

 それでいて、中東諸国の潔癖なまでの性思想には逆に批判を浴びせ、やり過ぎだの行きすぎだのと批判をしており、如何に偏狭な思想を持っているか、それを他人に押し付けているかを示してくれていると思わないでしょうか?

 どうせですから古代の例などを幾つかを知恵の森文庫の『つい他人に話したくなる歴史のホント250』から久しぶりに紹介してみましょう。

 紀元前三世紀、古代バビロニアでは神殿で、女神の名の下に売春がされていました。

 バビロン人の風習として、女性は一生に一度アプロディテの神殿に座って見知らぬ男と交わらねばならないというものがあったからです。

 女の膝に金を投げ、「ミュリッタ様の名の御名にかけて、お相手願いたい」と言えばどんな男でも、支払額も幾らでも売春が出来た。

 売春自体に神聖さを求めたもので、俗に『神殿売春』と呼ばれ、似たようなものはキプロスにもあったと言われています。

 神殿売春のルーツはシュメールにまで遡るとされ、元旦に王が神殿最上階の密室で美しい女司祭と交わる秘技があったとか、紀元前2300年頃の讃歌には「偉大なる神アンの娼婦」と女神イアンナを謳うものもあったとか、言われています。

 紀元後にもその手の風習や思想は残っており、例えばカンボジアやタイ、フィリピンにニューギニア、ウイグルやチベットなどでは近世、下手をすれば現代頃まで破瓜の血を邪悪なものとして、僧侶などの聖職者や専門家が破瓜をさせたり、旅人にさせてその血を持って行ってもらうなんてことがされていました。

 無論これは日本も例外ではなく、神話においてはアメノウズメは天の岩戸を開き、天照を誘い出す宴会を行った際には乳房を振り乱して踊ったとされていますし、奈良時代以前には神主が処女権を有し、地方によっては娘が13~14歳頃になると村の有力者などに親が酒を持って行って頼んで破瓜をしてもらっていたと。

 似たような例はスイスやロシアなどにもあり、現代と中性や近世、下手をすると近代までの性に対する概念が全く正反対であったことが分かるでしょう。

 また、同性愛も古くから存在するのは有名な話で、時と場所次第では男娼も存在していたことがわかっています。

 同性愛って以前は何処でも蔑視の対象でしかなかったのに、現代では許されている国や地域が存在しますよね?

 同じ様に売春も時代と場所でその都度扱いが変遷しているだけの話で、人権論で単純に括るこういうバカ女は、当の売春婦側からしてみれば存在そのものを全否定する存在でしかなく、まさにこのバカ女こそが自分達の人権を蹂躙している存在と写っていることでしょうが、トチ狂った価値観と歴史観を押し付けることしか頭にないバカにはそんなことさえ認められないのでしょう。

 そもそも橋下発言の正当性を否定するなら、慰安婦制度を運用しなかった国の女性に対する戦場での扱いを比較として出すのが最も確実なのですが、そんなことをすれば論理破綻を途端に起こすのが分かっているから絶対にやらないんですよね、福島みたいな秘境で下劣な人間って。

 日本で売春婦が運用されるようになったのは、戦場での兵士の粗暴さが原因であり、必要だから生まれたものでした。

 だからこそやっていいことと悪いことなどの各種取り決め、突撃一番(コンドーム)の使用義務などがキチンと定義され、高額で雇った慰安婦には性病検査や休日の設定がされていましたし、貯金が当時の額で1万3000円以上(普通の女中の月給が10円の時代に!)なんてことも可能でした。

 一方で、売春婦のような制度を用いなかったソ連はドイツや日本の女性に対して強姦を繰り返しており、ドイツ人女性の被害者数は200万人と言われていますし、日本人女性も大勢被害に遭い、中にはそのまま殺された者や妊娠してしまった者、強姦から逃れるために自殺した者などもいます。

 同じくアメリカも戦争中に捕らえた日本人女性を集団レイプしていますし、日本占領後は特高が残した僅か1ヶ月分の米兵による犯罪ファイル(総計500件以上)の中に、小学生を集団強姦した事件や、女性をキャンプ施設に拉致して部隊規模で3日に渡り輪姦した記録などがあるし、その後もジープ複数台に分乗して病院を襲撃して幼女から老婆までいた女性を片っ端から全員強姦したなんて話まで、実にこれでもかと言うほど醜聞が残っています

 また、その有用性を認めていた韓国軍は朝鮮戦争で自国民を慰安婦にしてドラム缶に詰めて前線へ輸送していますし、ベトナム戦争において米軍は現地有力者に集落の女性を慰安婦にさせ、鉄条網で逃げられないように囲った慰安所へ入れて利用しています。

 日本の慰安婦と掛け離れたこれらの事実なら、人権蹂躙と言うのも理解の余地があるってものですがねぇ?

 このように、必要性という面でも人権という面でも何ら日本の慰安婦制度に関する発言内容でおかしなことはなく、言いがかりも甚だしい

 何よりも性を売りものにするのが人権蹂躙だというのなら、今現在水商売に付いている女性や、グラビアなどをやっている女性、イメージビデオやアダルトビデオに出演している女性って、自らの人権だけでなく、女性すべての人権を蹂躙し、しかも平然としている異常者だとでも言うのでしょうか?

 歴史を知らず、学ぼうともせずに感情を恥ずかしげもなくただただ発露させ、他人の人権を蹂躙しているトチ狂いの異常者はお前だ、バカ島ドアホ!と。
05月14日(火)

無責任な放言家市長らの戯言 

11日付けの朝日新聞デジタルの記事から

長崎市長、平和宣言で批判へ NPT声明に政府賛同せず
2013年5月11日19時34分
 【斎藤靖史】長崎市の田上富久市長は11日、日本政府が核兵器の非人道性を訴える共同声明に賛同しなかったことについて、平和祈念式典(8月9日)の平和宣言で批判する考えを示した。「賛同しなかった理不尽さを訴え、姿勢を改めるよう促す」と述べた。

 田上市長は11日、平和宣言起草委員会の今年度初の会合に参加。会合では、4~5月にスイス・ジュネーブであった核不拡散条約(NPT)再検討会議の準備委員会で、政府が共同声明に賛同しなかったことに対し、委員から「被爆者の思いと努力を踏みにじるものだ」「被爆国日本が核廃絶の妨げになっている」などの批判が相次いだ。

 会合後、田上市長は取材に対して「(賛同しないことは)『場合によっては核兵器を使っていい』というメッセージだ。被爆地、被爆国としてとるべき立場ではない」と話した。

 バカってホントに気楽でいいですよねぇ?

 ただ頭の悪さ丸出しで喚いていれば自尊心が満たされて満足できるんですから。

 大体、「被爆者の思いと努力を踏みにじる」って、そんなもの今を生きる人間の命が核の炎で消されることに比べれば幾らでも捨てられるクダラナイ感情論ですし、最初から核保有の例外を作ってあるNPTの振る舞いを棚に上げ、その例外であるアメリカの核の傘で身を守っているだけの日本を論って「被爆国日本が核廃絶の妨げになっている」とか論拠のない言い掛かりをつけるとか、田上とやらや平和宣言起草委員会とやらの実態は感情を喚き散らすだけの知性を欠いたサルどもによる遠吠え大会なんですかねぇ?

 文句があるなら非加盟で核開発をしている北朝鮮らの国々に今すぐ核開発をやめさせてから言ってみろと。

 NPTで出された共同声明、74カ国が賛同したそうですが、提出したのは南アフリカで、一緒に推進したのはスイスと言うのですから、長崎のバカ市長同様お気楽極楽無関係って考えの国なわけです。

 ご存知の通り核保有を認められている5カ国は米露英仏中であり、どれも北半球にありますし、それ以外で保有しているのはNPT非加盟のインドとパキスタン、北朝鮮で、疑惑があるのはイスラエルやイラン、シリア、ミャンマーと中東からアジアにかけての地域であり、南アフリカを含むアフリカにはそもそも核の脅威が一切ありません

 精々当の南アフリカがかつて極秘開発していたって位で。

 スイスについても隣国がフランスで、その先にあるのがイギリスなので核の脅威など全くない

 最初から国防上の脅威でもなんでもなく、身を守る必要性どころか核抑止の発想もいらないのだから、破棄しましょうなんて台詞は、他人事として実に簡単に言えるんです。

 一方で日本はと言えば…

 漸く解決に向けて動き出したとは言え、停戦翌日から侵略を行なって南樺太と千島列島を略奪した歴史を正当化し続け、更に年何百回もの領空、領海侵犯を繰り返し、その中には核兵器搭載可能な戦略爆撃機まで含めてくるロシア。

 拉致や爆弾テロなどを繰り返し、今も核と弾道ミサイル開発を継続しつつ日本を火の海にすると恫喝を続ける北朝鮮。

 その北朝鮮と併合し、核保有国になることを夢想しつつ、歴史歪曲を繰り返して日本に逆恨みを募らせ続ける南朝鮮。

 そして、尖閣諸島だけでなく沖縄侵略の欲望まで隠さず露骨に現し始めた東アジア最大の侵略国家中国。

 それこそ周辺国の理不尽極まりない姿勢を見てみれば、何をキッカケにして核ミサイルや核爆弾が降ってくるかも分からない状況にあると分かるでしょう。

 これは、目の前に人間を捕食する肉食獣がいるのに、対抗するための武器を持って自衛してはいけませんと言うトチ狂った主張に同意しろと言っているわけで、理性あるまともな人間であれば拒否するのは当然です。

 放棄なんて決断をすれば、決定者だけでなく国内の人間全てが殺される危険性があるんですよ?

 国民だけでも1億2000万を軽く超える命が

 それを背負って決断をせねばならないのが政治であり、何も考えず、背負おうともせず、ただ感情の赴くままにやれ「理不尽」だの「再考」しろだの喚き散らして許されると思っているなんて、市長という地位以前に人間としての品性を疑いますよ。

 お前はそのバカ発言の結果、再び日本に核が落とされて数百万、数千万という人間が一瞬で殺された時にどう責任を取ってくれるんだ、と。

 そういう最悪の事態を想定し、回避するために布石を打つのが政治であって、理想や夢想を論拠もなく唱えるだけでいいと思うなど言語道断、許しがたきまでに軽薄で浅慮な思考です。

 例えば北朝鮮が暴走し、日本に核ミサイルを撃ち込むとしましょう。

 標的に東京を選んだ場合でも射程1300kmと言われるノドンなら余裕で届きますし、原発施設が集中している能登半島なんて最短距離は800km無い

 そして、ノドンは200~300発程度はあるそうですから、それを片っ端から撃ち込んできたらどうなるでしょう?

 自衛隊のミサイル配備数の実数は非公表のため分かりませんが、一般的にSM3が1隻辺り8発でイージス艦4隻に搭載と言われているので最大32発。

 PAC3は124発なんて話がありますが、射程が短いことから主張地点に分散配置させねばならないため、実際に使える数はかなり少なくなることになり、首都圏を中心に配備し、かつイージス艦の全弾で迎撃を試みたとしても防げるのは精々100発そこいらが限界となります。

 自衛隊は核が搭載されているかいないかに関わらず、被害を出さないために片っ端から迎撃せねばなりませんので、北が撃ち尽くす前に弾切れになり、そのあとは…

 そこに核搭載が飛んできた日にはねぇ?

 武力を保持せず、戦争を解決手段として用いないと宣言させられた日本が身を守るために取った手段が日米安保であり、核攻撃から身を守るための現実的手段が核の傘なわけで、置かれている状況という前提を無視して非現実的な理想を掲げて自己陶酔に浸るなどバカ以外の何者だというのか?

 沖縄タイムスみたいに無責任と無思慮と売国を売りにしているならそれでいいでしょうけど、仮にも市長という大勢の人間の命と生活を預かる立場にいながらのバカ踊りは絶対に許されるものではなく、己の職責を果たす気もないのであればさっさと辞任してルーピーの如く寝言吹聴家として個人的に活動していろって話です。

 沖縄タイムス『社説[NPT声明拒否]これでも被爆国なのか』
 http://article.okinawatimes.co.jp/
article/2013-04-27_48550
05月13日(月)

どこに反省の要素が?言い訳と言い掛かりの乱舞大会 

11日付けのMSN産経ニュースの記事から

「大風呂敷を広げた」「準備が十分でなかった」民主の「公開大反省会」の発言要旨
2013.5.11 23:10
 (冒頭)菅直人元首相「きょうは久しぶりに民主党がポジティブな話で盛り上がって大変うれしい」

 --民主党は国民の期待値を上げ過ぎたのでは

 長妻昭元厚生労働相「結果として大風呂敷を広げてしまった反省はある。与党を経験した野党だから実現可能なことを言うよう心掛けないといけない」

 --政権与党時代に「失敗した」と思う政策は

 菅氏「SPEEDI(放射性物質の拡散予測システム)について早い段階できちんと把握し、避難の参考にすべきだった。私のところに来るまで時間がかかったのは申し訳なかった」

 枝野幸男元官房長官「経済産業相としては、やろうとした政策で間違った判断はしていない。(政権を担当する)準備が十分でなかったことが最大の反省だ」

 菅氏「私も基本的に同じだが、例えば消費税。今でもやるべき政策だと思う。多くの仲間を失う結果になり、まずかった」

 --(民主党を離党した)生活の党の小沢一郎代表にひとこと

 長妻氏「私とはちょっと感覚が違う政治家」

 枝野氏「とにかく分からない人」

 菅氏「自分の権力が最大限の状態を維持したい人」

 --朝鮮学校無償化を指示したのはなぜか

 菅氏「高校の授業料を無料化する中に朝鮮学校、各種学校も入れていたので、全体の中でそれだけを外すことはしなかった」

 --憲法改正の賛否は

 枝野氏「変える、変えないが自己目的化してはおかしい。96条を先行改正させるのはスジが違う」

 --安倍晋三首相の経済政策「アベノミクス」は

 長妻氏「期待をあおる発想で3つの副作用がある。放漫財政、バブル再来、格差拡大。国が誤らないようにきちっとチェックする」

 反省とは名ばかりの単なる談笑会と責任転嫁大会で、特に酷かったバ菅について産経はわざわざ別記事を掲載し、他人事にしたり、無視したり、事実歪曲したりと反省の「は」の字も無かったことを記しています

 因みにその記事の最後にも書いてあるんですが、野豚は同日5時から日本武道館で行われていたプロレスラー小橋建太の引退試合を観戦に行って参加しておらず、反省そっちのけで満面の笑顔で花束贈呈をしていたんですよね…

 見に行っていた小橋ファンの友人からその写メが送られてきた時には、呆れて口が塞がりませんでしたよ。

 まぁ、反省会なのに反省せずポジティブに盛り上がってるなんて述べている始末ですから、出たところで何の意味もなかったでしょうけど。

 大風呂敷にしても、結果としてどころか最初から私のように現実を見る目を持った人間達からは絶対に実行不可能であると散々言われていたのに、やれると根拠もなく大言壮語していたのですから、当然の帰結であり、ペテン以外の何物でもありませんし、それを実際にやってダメでしたとなってから漸く気付く程度の知能しかない俗物にはバッチを外して政治へ未来永劫関わるなと言いたい。

 SPEEDIについての隠蔽を自分のところに回ってこなかったからだのというのも呆れたセリフですし、震災対応をほっぽり出しただけでなく、パニックを起こして現場に乗り込み喚き散らして状況を悪化させたバカが何を言うのかと。

 大将たる者がパニックに陥り右往左往して腰も落ち着けずにいれば、対処など出来るわけが無いのは当然です。

 枝野にしても自己弁護、自己正当化をしているだけですね。

 現実を見ずに理想論を語っておいて、俺は正しかったんだ、でもやり遂げる力が足りなかったんだって…

 努力もせず、ましてそのせいで目的へ達せられないことを恥じすらせずに、逆に理想が素晴らしいから偉いんだと自画自賛するなんて、まさにクズならではの発想です。

 例えば、勉強もせずに東大を受験して当然の如く落ち、しかし俺は立派な大志を抱いてチャレンジしたから正しいんだ、なんて自己正当化を図るバカが目の前にいたら、どう思います?

 それも、その受験費や電車代やホテル代などを自分が出してやらねばならない立場だったとしたら。

 消費税に関しても呆れかえるもので、増税しないと宣言したのは代表であったルーピーであり、選挙公約だったし、汚沢にしても野党時代に党の代表までさせ、あの衆院選前には汚職問題があったにも関わらず党の幹事長として好き勝手にやらせておきながら、今更何を言っているのか、当時どうして何もしなかったのかと。

 朝鮮学校無償化については全く話が噛み合っていませんね。

 総理大臣を辞める寸前、鼬の最後っ屁として勝手に指示を下した理由の説明を求めているのに。

 憲法は96条がどうだと言うのなら、それ以外の問題ある箇所についてどうするのか、明文化されていないまま、慣習法という誤魔化しでやってきている部分はどうするのか、その程度の態度はハッキリさせろと。

 最後のアベノミクスに対する「期待をあおる発想で3つの副作用がある。放漫財政、バブル再来、格差拡大」との発言。

 期待を煽る発想は俺様達の専売特許ですと言いたのでしょうけど、必ずそれを裏切るって部分まで付ければそうでしようがねぇ?

 放漫財政については言うまでもなく、国債バラマキで僅か3年の間に200兆円も赤字を増額させたお前らが何言ってるのって感じですし、好景気とバブルを一緒くたにするいい加減さもバカならでは。

 格差拡大にしても、民主党時代にこれまた深刻化したものです。

 例えば、厚労省が発表している資料に『生活意識別にみた世帯数の構成割合の年次推移』と言うものがあるのですが、平成17年から21年までの5年間で生活が苦しいと感じている人の割合は56.2%から58.1%でした。

 逆にゆとりがあると答えた人の割合は4.8%から4.1%でした。

 リーマンショックの影響が強かったようで21年はゆとりを感じる人間の割合が5.7%(これも前年の5.1%から何故か急伸していた)から大幅の減少をしていますが、苦しいと答えた人は57.2%から0.9%の上昇に留まっており、高所得者が主に被害を受けていたことがわかるのですが…

 翌22年になるとそれぞれの数値は59.4%と4.8%に変動しており、ルーピーのバラマキ政策の結果が金持ちを富ませ、貧困層を拡大させて国民に格差を産んだだけだったことがよく分かります。

 何せこの意識調査はその年の7月に実施されており、子ども手当によるバラマキ実施後、バ菅政権成立後の数字なのですから。

 そして更に平成23年の発表では苦しいが61.5%、ゆとりがあるは3.9%とより大幅に変動しています。

 震災から4ヶ月の時点のものではありますが、岩手、宮城、福島の3県は抜かされていますし、何よりもどちらもこれまでにない程悪化しているのが分かるでしょう。

 自民党政権時代の5年間での変動幅は苦しいが+1.9%、ゆとりが-0.7%でしたが、民主党の2年間では何と21年と比較すると苦しいが+3.4%、ゆとりが-0.2%とくるしい人が倍近く大きく動いており、普通と答えていた人の割合なんて、17年に39%、21年でも37.9%あったものが、23年には34.9%までと4.1%も減少しているんですから、悲惨極まりない。

 自分達のもたらした結果になんの反省もせず、現実をこうやって無視して自民党批判…こういうクズ達の性根は死んでも治らないんでしょうね。

 MSN産経ニュース『実は反省なし? の民主党「大反省会」』
 http://sankei.jp.msn.com/politics/
news/130511/stt13051121480012-n1.htm

 厚労省HP『平成22年 生活意識の状況』
 http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/
hw/k-tyosa/k-tyosa10/2-5.html

 同『各種世帯の所得等の状況』
 http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/
hw/k-tyosa/k-tyosa11/dl/03.pdf
05月12日(日)

念願のブーメランバカの仲間入りを果たした維新の会 

11日付けのMSN産経ニュースの記事から

川口順子元外相が死守した「国益」 そして民主党は「ブーメラン」を投げた
2013.5.11 07:00
 参院環境委員長だった自民党の川口順子元外相が9日、解任された。その理由は4月に訪中した際に急(きゅう)遽(きょ)セットされた楊潔チ国務委員(外交担当)が出席する会合に出席するため滞在を延長し、環境委が流会したためだ。常任委員長の解任決議可決は衆参両院ともに初だが、果たして野党が強行したこの解任劇に正義があったのか甚だ疑問だ。

 一連の経過を振り返る。

 川口氏はアジア各国の外相経験者らの「アジア平和・和解評議会」メンバーの一員として4月23日に北京入りした。参院から24日までの渡航許可を得ており、環境委出席のため同日中に帰国するつもりだった。

 だが、24日になって急遽、同評議会と楊氏との会談が25日に設定された。川口氏はすぐさま自民党の脇雅史参院国対委員長に電話をかけ、会談出席のため渡航期間の延長を訴えた。

 川口氏が出席しなければ、尖閣諸島(沖縄県石垣市)について、中国がねじ曲げた主張を一方的に繰り広げることになり、他の参加者に誤った認識を与える危険があるからだ。

 脇氏も「会談に出席するのは『国益』にかなっている」と即断即決した。川口氏に中国に滞在し出席するよう伝え、早速、滞在延期に向けた野党との交渉に入った。

 ところが、野党側はそれを許さなかった。開会中の常任委員長の海外渡航は自粛することで与野党で申し合わせており、特別に渡航を許可したのに、さらに滞在延長をしたという理由だ。

 「前代未聞の国会軽視」と批判を強めた野党は25日になっても同意せずに、同日の環境委は流会。川口氏は楊氏らとの会談に臨み、帰国した。

 川口氏は理由を説明し謝罪したが、民主党やみんなの党など野党7党は7日、川口氏の解任決議案を参院に共同提出した。珍しく野党が一致して共同戦線を張り、9日の参院本会議で可決した。野党は「国会ルールを無視した」と非難するが、滞在延長には「国益」を守るという相応の理由があり、解任は行き過ぎた野党の横暴だ。

 川口氏は7日夜、官邸に安倍晋三首相を訪ね、10分間会談している。楊氏らとの会談を報告するためだ。報告の内容は明らかではないが、政府関係者は「日本の政治家と中国要人が会わない状況で、楊氏の『声』を聞いたことが大事だ。首相が『有意義だった』と感じるものだったようだ」と説明し、野党が批判する「私的な外交」ではないと強調する。首相も翌8日には「尖閣諸島の問題も議論された。日本の立場を主張するのは有意義だった」と川口氏の立場を支持した。

 川口氏が欠席していた場合、各国の参加者は、楊氏らから中国のねじ曲げた主張だけを聞かされることになっていた。一方的に中国の主張を刷り込まれてしまう危険があったのだ。

 川口氏も「領土問題で日本の立場を言わねばならないし、靖国問題もあった。帰れば中国側にいろんなメッセージを送ることになり、国益を守れない」と振り返る。

 環境委は9日、委員長代理を立て、審議を進めた。4月25日の流会は委員長不在が理由。その場で代理を立てれば審議はできたはずなのだが。

 「国会ルールを破ったのだから当然の結果だ」(輿石東民主党参院議員会長)。民主党は久しぶりに国会闘争で優位に立ち、自民党を打ち負かした高揚感が漂う。高支持率を維持する安倍政権をにらみ、対決姿勢を際立たせた。野党共同戦線を成功させたことにも酔っているようだ。もちろん対決姿勢も野党共闘もこの夏の参院選を意識してのことだ。

 自民党に一太刀浴びせた喜びに沸いている民主党だが、実はとんでもない大きな間違いをしたことにまだ気付いていないようだ。「国益」を無視し、参院選目当ての党利党略にしか映っていないことを…。

 民主党はまたもや十八番の「ブーメラン」を投げてしまったようだ。それはこの夏に返ってくるだろう。参院選で有権者の声として受け止めることになる。

※楊潔チの「チ」は、簾の广を厂に、兼を虎に

 産経を始めマスメディアは未だに気付いていないようですが、このバカげた解任騒動で民主党はブーメランを投げており、見事に今回も戻ってきたのを自分の頭へ突き刺しているんですよね、既に。

 輿石のゴミ虫が言う国会ルール破り、そしてその代価として辞任をしなかったから解任という出鱈目な論理。

 そして、細野のクズがTwitterで呟いた「与党が審議拒否するのを見たのは初めてです。」という寝言。

 これらが一般人によってネット上でデマであること、それも民主が与党時代にやっていたことを明らかにしています。

 2011年3月1日の民主政権での審議拒否があった、と。

 実際に調べてみると、当時の共産党のしんぶん赤旗記事『与党が「審議拒否」の異常/参院予算委 野党が要求し開催へ』「日本共産党の井上哲士参院国対委員長は「与党の審議拒否という異常事態だ。枝野官房長官も審議を求めているのにとんでもない」と批判しました。7野党は、参議院規則に基づいて予算委員会の開会を要求することを決め、前田委員長に野党の予算委員連名の委員会開催要求書を提出しました。」とありました

 このことについて当然ながら民主の委員長が辞任などしていませんし、民主が多数を占めていたから解任も当然させられなかったが、反省も謝罪も民主はしていない。

 しかも拒否理由が「民主党は野党側の質問時間を短縮するよう強硬に主張。野党が開催を求めているにも関わらず協議を打ち切り、与党側は一方的に3日の予算委員会は開かないと宣言しました」とあるように、自らへの批判を受けることから逃げるためのトンデモ要求を野党が受け入れなかったから、という呆れ返るものでした。

 また、自民党の新藤義孝議員は2012年10月11日に与党であった民主の審議拒否によって衆院で委員会が開催できなかった際の動画をYouTubeに公開しており、このように説明をしています。

 「私が委員長を務める衆院決算行政監視委員会では10月11日、行政監視小委員会を開い­て、復興予算の使途について審査する予定でしたが、民主党委員が欠席したため流会にな­ってしまいました。委員会の模様をお届けします。」

 衆参関係なく、与党でありながら己の好き勝手に振舞っており、今回同様、党利党略のみで動いており、国益など全く無視していることが分かるでしょう。

 一方で民主の原口はtwitterで「事の発端は、参院環境委員長だという。委員長が院の許可なく中国に行き、しかもそのために開会中の国会で委員会が開けないという事態との事。このことを不問にできる国会はない。院の許可なかったとすれば、そもそも出張の延期の許可もありえないのではないか。解任決議がでるのは至極当然ではないか。」「外交は政府の専権事項です。もちろん議員外交を否定するものではないですが。ここで問題となっているのは国会のルールの話で民主党化自民党かという議論ではありません。」などと、お得意のデマを発信しており、民主のクズっぷりを一層顕にしてくれています。

 各メディアが報じているように、許可が降りなかったのは民主を始めとする野党が党利党略で延長に反対したからであり、渡航許可そのものは出していたにも関わらず、息をするように「委員長が院の許可なく中国に行き、しかもそのために開会中の国会で委員会が開けないという事態」などとほざいているのです。

 産経の記事にもあるように、委員会の開催も9日には代理を立てて実施しているわけで、野党が可能なのにやらなかっただけですし、自分達の審議拒否の過去を棚に上げて「至極当然」などと、どの口で言うのかという呆れ返るものですし、与党になって3ヶ月で143人以上の与党国会議員(それも大半は外交なんてこれまで全く無縁で中国語も話せないド素人集団)を引き連れての大訪中団を幹事長であった汚沢の下で実施して外交関係アピールを大々的にやった民主党が「外交は政府の専権事項」などとほざくんですから、生来のペテン師ですよねぇ、原口って。

 このバカによるバカの祭典に同意して民主の跳梁跋扈のお先棒を担いだのが、みんな、生活、共産、みどりの風、社民、日本維新の会と、採決に賛同した新党改革のゴミ集団です。

 第二民主であるみんなや、粗悪品揃いの民主の中から一際な粗悪品を集めた生活、金魚の糞の残滓であるみどりの風、反日命の共産と社民は元々国益を害するのが仕事ですからわかりますけど、あれだけ国益がどうのと喚いていた維新が加わっているのですから、早くも化けの皮が剥がれたって感じですよね?

 ま、元々有象無象の寄せ集めですから、民主同様に迷走はお約束なんでしょうけど。

 それにしてもこの解任騒動、首魁である民主のトップ、海江田がそもそも川口氏と楊国務委員が会談をしたかどうかの事実確認さえしていないのに、国益なんか関係ないと引き起こして可決させたのですから、つくづく民主のゴミどもは業が深い。

 何より、与党から出された国益を守るため滞在延長を許可してくれとの打診を拒否し、代理を立てれば開催は可能なのにそれもしないで流れた、責任問題だから辞めろと喚くそのセコく、卑劣なやり口

 維新も含め野党が党利党略のみで動いているだけの俗物の群れであることをハッキリと教えてくれています。

 今回民主が投げたブーメランは、どちらかというと民主以上に維新に対して大きな打撃という形で戻ってくると思いますよ。

 民主がクズなのはもはや一般国民にも広く知れ渡っている通りで打撃というよりもまたかって感じでしょうが、一方で維新の連中の性根と程度の実態を白日の下に晒すいいキッカケになったことでしょうからね。

 YOMIURI ONLINE『「野党劣化を示す象徴的事件」解任の川口委員長』
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/
news/20130509-OYT1T00501.htm

 同『川口氏と楊氏「会ったと聞いてない」…海江田氏』
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/
news/20130507-OYT1T01087.htm?from=popin

 同『中国要人と話す機会は、国益に貢献…川口委員長』
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/
news/20130508-OYT1T00243.htm?from=popin

 livedoorNEWS『与党が「審議拒否」の異常/参院予算委 野党が要求し開催へ』
 http://news.livedoor.com/
article/detail/5387848/

 twitter『細野豪志‏@hosono_54』
 https://twitter.com/hosono_54/
status/332066441950015488

 twitter『原口一博@kharaguchi 』
 https://twitter.com/kharaguchi/
status/332035261154344960

 YouTube『新藤義孝「衆院行政監視小委・民主欠席で復興予算の使途審査できず」』
 https://www.youtube.com/watch?
feature=player_embedded&v=dBfSgXUautE
05月11日(土)

クズの生態はやはり似るもののようで 

10日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

「極めて筋違い」…人民日報論文で山本沖縄相
 山本沖縄相は10日午前の閣議後記者会見で、沖縄の領有権を示唆した中国共産党機関紙・人民日報の論文について、「断じて看過できない。沖縄が日本の一部であることに疑義を呈するようなことを言うのは、極めて筋違いだ」と批判した。

 中国外務省の副報道局長の「琉球と沖縄の歴史は学術界が長く注目してきた問題だ」との発言に対しても「こういう時期にこういうことを言う中国政府のセンスを疑う」と述べた。

 人民日報論文については、菅官房長官も同日午前の記者会見で、「全く筋違い以外のなにものでもない」と重ねて非難した。
(2013年5月10日11時51分 読売新聞)

 早速日本では毛沢東や周恩来が沖縄の領有権が日本にあることを認めていたという話が出てきており、荒唐無稽な中国側の寝言に抗議がされていますが、人民日報で発表しておきながら「研究者が個人の資格で執筆した」と言い訳した挙句、何時もの日本が悪いというトンデモ理論を持ち出す始末

 何処かで見た構図だなぁと思ったら、拉致被害者5人が小泉総理(当時)によって北朝鮮より帰国出来た際に、党のHPで拉致被害など存在しないと被害者家族を嘘つき呼ばわりしていた社民党にソックリなんですよね。

 自分達こそが最低の嘘つき集団だと露呈した折、社民党はあろうことか個人の見解を載せていただけだと宣い、挙句に自分達が北朝鮮と懇意にしていたことを恥もせず、北に騙された被害者だと述べて保身を図って逃げていて、実に似ているんですよねぇ?

 因みにその社民党ですが、今回の沖縄領有権を巡る問題に対して一切の黙秘を続けて知らぬ顔をしています。

 朝貢関係を理由に中国の支配権が及ぶとなれば、沖縄どころか東アジアの国家が幾つもその時代遅れな帝国主義に飲み込まれる危険があるのにも関わらず、沖縄独立という名の中国への売国を夢見る社民としては口が開けないってことなんでしょうね、きっと。

 何でオーストラリアが現在中国の軍拡を意識して対抗するための軍備拡張や日本との連携模索などを始めたのか、考えてみてください。

 先日はインドへの侵攻を行い、フィリピンなどにまで魔手を伸ばし、尖閣では現在も連日侵犯を繰り返している中国。

 その侵略欲の論拠が朝貢関係となれば、朝鮮半島や日本全土は勿論、ベトナムなど南方域の国々、インドやパキスタンなど西方域もまた、平らげようとしていることになるのです。

 ですが、ここで日本が敢然とそれに立ち向かい、周辺国と連携を取ったらどうなるでしょう?

 台湾と連携するだけで、東南方面の動きは完全に阻害できます。

 そこにフィリピン、ベトナムも加えれば、南シナ海までの海洋域はほぼその動きを制することができます。

 そして止めにインドとマレーシア、シンガポールも加えれば東から南西までの活動を阻害する、アジアの孤の完成と。

 中国は近年、陸路での侵略を止め、海路に変更しており、原潜や空母の増備はその一環ですから、逆にこちらが先手を取って多国籍連合で動きを封じに出ればその侵略の出鼻を挫けるわけです。

 沖縄のことだけでなく、周辺の日本同様に中国の侵略で苦しむ国のため、いい加減行動を起こす時じゃないんでしょうかねぇ?

 別に日本が組織だ連携だのトップに立つ必要はありませんが、現状その侵略の被害を最も露骨に受けていること、そして周辺国で最も防衛力を持ち、アメリカと同盟国であることが、旗揚げだけであっても周辺国に多大な安心感を与えることになると思います。

 MSN産経ニュース『中国と沖縄…「朝貢」踏まえくすぶる分離論 毛沢東以前に先祖返り』
 http://sankei.jp.msn.com/world/news/
130510/chn13051010020003-n1.htm
05月10日(金)

異常者という共通項 

8日付けのMSN産経ニュースの記事から

韓国と護憲派の類似点
2013.5.8 21:59
 日本に対しては言いたい放題、やりたい放題の韓国は、もしかすると日本が外国であることを理解していないのではないか。

 「北東アジアの平和のためには、日本が正しい歴史認識を持たねばならない」

 朴槿恵(パク・クネ)大統領は7日のオバマ米大統領との会談でこう述べたという。率直に言ってわけが分からない。

 朴氏は、日本が歴史問題で全部譲れば北朝鮮は核・ミサイル開発をやめ、韓国は竹島(島根県隠岐の島町)を返し、中国は尖閣諸島(沖縄県石垣市)奪取も海洋進出もあきらめるというのだろうか。

 相手が日本なら、無理でもデタラメでも許されるというのは、幼児的で他者依存的な「甘えの構造」だ。ところが、韓国はそんな自明の理にも気づかない。

 それどころか、今月2日の米国務省の定例記者会見ではこんな場面もあった。韓国人記者が繰り返し「日本の憲法改正に賛成か」と質問したのに対し、ベントレル報道部長が「それは日本の内政問題だ」と2度、強調したのである。

 米国は占領下の日本で、連合国最高司令官(SCAP)が新憲法を起草したことへの批判だけでなく、起草に当たって果たした役割についての一切の言及すらも検閲で禁止したが、今では「改憲は日本の内政問題」と言い切っている。一方で、当事者でもない韓国側がそれに不服顔をする。

 つくづく不思議な構図だが、米国の威を借りて戦勝国・敗戦国の秩序固定化を図り、日本の「戦後」を永続させようとする韓国の姿勢は、日本国内の護憲派のあり方とどこか似ている。

 日本の手足を縛り、無力化するための占領政策の柱が現行憲法であるのは疑えない。それゆえに、96条の改正要件を厳しく定めたわけだ。そして今、護憲派は韓国メディアなどと声を合わせて、改憲派に対してこう扇情的に決め付ける。

 「アメリカとともに世界で戦争をするために9条の改悪をしようとしている」(社民党の福島瑞穂党首)

 根拠なく一方的に日本は右傾化、軍国主義化したとあおり、自分で勝手に憤激している韓国そっくりだ。

 ちなみに、米軍の検閲に詳しい明星大戦後教育史研究センターの勝岡寛次氏によると占領期、憲法の成り立ちにかかわる論文などの次のような記述は、片端から削除させられた。

 「(憲法改正草案は)往々英訳の条規をしらべて見なければ、原文の条規の意味を明確に捕捉し難いものがある」(恒藤恭「天皇の象徴的地位について」『世界』昭和21年)

 「(新憲法は)明治憲法が当時に対して在ったよりも一層に、我が国に対して異質的である」(木村重義「新憲法と平和国家論」『思想問題研究』21年)

 「新憲法は風聞する処原文は英文であって、それを和訳したもの、といはれている」(安津素彦「信教の自由」『悠久』23年)

 国民はもう気づいている。護憲派や外国勢力がどうレッテルを貼ろうと、改憲派は、67年前に日本封じ込めの目的でつくられた古い「米国製品」を、今の時代でも使い勝手のいいようにしたいと主張しているだけだ。(政治部編集委員 阿比留瑠比)

 自分より凡ゆる面で優れる日本が憎くてしかたがないけど、日本の支援がなければ国家の維持一つマトモにできずに毎回日本へ助けを求める下等動物と、アメリカ嫌いのくせにアメリカが押し付けた憲法は一言一句変えたくないと妄執的な愛情を示す社民らブサヨ…確かに意味不明な言動を繰り返す異常者という共通項がありますねぇ。

 「甘えの構造」と言うのは、北の言動を合わせてみているとよくわかるのですが、常に他国・他民族の支配下にあった奴隷民族、チョウセンヒトモドキ特有の症状です。

 悪いのは常に相手、だから現状が辛いのも苦しいのも思う通りに行かないのも全て相手が悪くて自分には一切非がない…こういう現実逃避して自己弁護に走った態度は南北変わらぬものであり、例えば北が約定を違えて核武装を勧めているのは周辺国のせい、開場工業団地が閉鎖されるのは毎回韓国のせい、延坪島を砲撃したのも演習を中止しなかった韓国のせい…とまぁ、常にこの調子ですよね?

 民族レベルでの数千年に及ぶ奴隷生活ですっかりDNAに現実逃避が染み込んだモドキは、遂には精神異常と口からは嘘しか出ないというトンデモスキルがデフォルトで発症するところまで来ており、もはや処置などありません

 国務省の定例記者会見で執拗に何度も日本の憲法改正について質問をしたモドキのメスは、日本が立場上アメリカに弱いことを利用する最近のモドキ特有の動きから、この問題でもアメリカを引き入れてバッシングに使おうと画策したわけですが、お得意のストーカー行為が真っ当な感覚を持つ人間にどう映るのか理解する知能が無かった結果、不快感を露骨に示された、と。

 在米モドキや帰化モドキの力を集め、更には金で簡単に転ぶ売国思考の議員らを買収し、最近では慰安婦問題のデマ拡散に勤しみ、一定の成功を収めるとともに、自分達が終戦時に行ったレイプなどの犯罪行為事実の隠蔽に奔走しており、今回も同様に日本を軽視するオバマ政権なら利用できるだろうと思ったのでしょうねぇ?

 実際のところ、北と事が起きた場合に日本を無視すれば一切の援助を受けらなくなって崩壊の危機に直面するのは韓国なんですけど、低脳な劣等種には自分の首を絞める行為がどういう結果をもたらすかなんて勘案する知能はないことがよくわかります。

 尚、福島ら社民など護憲派と言う名のバカどもについてはその言動の異常さを先日記したばかりなのでこちらでは特に掘り下げて取り上げはしませんが、全否定と自己の全面正当化という異常者特有の症状がモドキとそっくりなのは見逃せない点です。

 こういう異常者は真っ向から相手にしても理解する知能が無いから時間の無駄であり、矮小な虫ケラの戯言と、切って捨てたまま前に進むのが最善じゃなかろうかと、最近は思うようになってきましたね。
05月09日(木)

放置して、勝手に死滅するのを待ちましょう 

8日付けのMSN産経ニュースの記事から

対日配慮で温度差 朴氏は連携国に加えず「正しい歴史認識」要求
2013.5.8 08:06
 オバマ米大統領は7日、韓国の朴槿恵大統領との共同記者会見で、北朝鮮の核・ミサイル問題解決のため米韓に日本を加えた3カ国の結束の重要性を強調した。しかし朴氏は日本に言及せず、歴史や領土問題を背景とした日韓関係の冷え込みをうかがわせた。

 冒頭発言でオバマ氏は「韓国や日本と緊密な連携を続けていく」と宣言したが、朴氏は北朝鮮が正しい方向に向かうよう「韓国と米国が連帯して取り組む」と述べるにとどまった。

 また中国やロシアの役割を問う韓国メディアの質問に朴氏は中ロへの期待感を表明。一方オバマ氏は、朴氏の発言を補うように「6カ国協議の参加国である中国、ロシア、日本」が足並みをそろえることが必要だと訴え、日本への配慮をにじませた。

 会談に同席した韓国の尹炳世外相は朴大統領が「北東アジアの平和のためには日本が正しい歴史認識を持たねばならない」とオバマ氏に話したと記者団に明らかにした。(共同)

 いやー、冷え込み云々以前に、内政に最初から失敗して批判塗れ、立ち直る術も見いだせないバカだからこそ、早くも反日に縋るという末期症状を露呈しているだけだと思いますけどねぇ?

 少なくとも選ばれて以降このバカ女が日本へ友好的な姿勢を示したことはありませんし、逆に父親が親日的だったという韓国では犯罪者も同然のレッテルを払拭するためにずっと居丈高な態度を決め込んできましたよねぇ?

 でも、閣僚の選定すら満足にできず、経済は悪化の一途で春先にはまさかの安倍政権と比較されて叩かれるなんていう韓国では前代未聞の事態にまで発展していました。

 加えて外交政策は米中のバランサー論という無能大統領の失政踏襲と、バカ丸出しだったことから、現状両国にアピールをしても何の成果も上がっていないままですし。

 今回の階段にしてもこの発言では露骨に反日をオバマへアピールしただけであったのは明白ですし、共同記者会見の場でさえも露骨な無視をやってオバマの顔まで潰しているんですから、このバカ女、下手をすると無能大統領すら上回る脳無しかもしれません。

 ま、歴史、歴史と喚きながら、真実を絶対にみようとせずに歪曲、捏造、改変と好き勝手やった自家製の捏造史を押し付けて喚くだけの下賎なモドキである以上、バカか大バカかの差でしかありませんけどね。

 ちなみにこのバカ女、ワシントン・ポストのインタビューを受けていてそこではこんなことを言っていたそうです。

 「日本が鏡を見て責任ある歴史意識を持たなければならない時」「実際、日本とは北朝鮮問題を含む経済安保面で協力しなければならないことが多いが、日本がこのように韓国だけでなく周辺国の傷をぶり返すようなことをすることによって結束を弱体化させ、関係発展が困難に陥るのは誤ったこと」

 北に関する問題を含めて経済安保両面で日本との協力が必要とこっちでは言いながら、オバマとの共同記者会見では罵倒ができないからと、わざと日本を無視してオバマのメンツを潰しながらの反日で愉悦に浸っていたわけで、実に救いようがないバカであると教えてくれています。

 昨今では韓国のメディアも率先して反日に勤しみ、捏造や改ざんした事実に基づく日本叩きに熱狂して自国の切羽詰った状況から目を逸らしている始末で、トコトン間抜けなケダモノ達だと自ら示すことで我々を笑わせてくれています。

 「日本政府や企業は「韓国政府は5億ドル(現在のレートで約495億円、以下同じ)の資金供与を受け取り、韓国人個人の請求権を放棄する」という内容の韓日請求権協定を、神をあがめるように今も重要視している。(中略)日本と同じく第2次世界大戦の戦犯国だったドイツは、今なおナチスの容疑者を探し出して断罪し、ベンツ、BMW、シーメンスなどドイツ企業はポーランドやチェコでの強制動員被害者のために620億ユーロ(約8兆円)を使ったが、日本の態度はこれとはあまりにも対照的だ」

 上記は8日の朝鮮日報の社説『英国は植民地弾圧認め賠償するも日本は…』からの抜粋ですが、併合と植民地化の違いも分からなければ、近年、裁判所で判決が出るまで一切賠償も謝罪のしなかった(判決後も国家としての謝罪はしていなかったはず)英国と比較して日本の方が劣るとか、逃亡して戦犯容疑を逃れた人間が何人もいるナチスとそういうことのなかった日本を比較して、現在も探しているからドイツが上とか、相変わらず意味不明な比較の仕方で日本を罵って自己満足に浸っており、だからこそキチガイ民族、ストーカー民族と侮蔑されるのがわからないんですから…

 第一、日本が5億ドルだけだの、現在のレートでだのってねぇ?

 民間借款なども含めた総額は11億ドルと言われていますし、53億ドルにものぼる朝鮮に置き去りになっていた日本人の資産の放棄もある上、それらは今から半世紀も前の貨幣価値での数字ですよ?

 当時の韓国の国家予算は僅か3.5億ドルと言われており、5億ドルでも国家予算を遥かに超えているし、11億ドルなら3倍を超える額になります。

 因みに現在の韓国の国家予算は約100倍近い300億ドル程です。

 条約当時(1965年)の日経平均株価は1400円ほどと、今の約1/10、当時の日本の外貨準備高が僅か18億ドル(現在は約1兆2500億ドル程)であることを考えれば、如何に馬鹿げた額を受け取っていたかは分かるでしょうし、それで個人補償がどうだのとなるのにしても、インフラ整備や工業化に投資して、韓国政府が補償の金を使い込んでしまったからに過ぎません。

 例えば、無償額の3億ドルを韓国の言うとおり100万人に支払ったとしましょう。

 朝鮮日報は貶めのためにわざと現在のレートがどうのと書いていますが、当時の1ドルは360円、今の実に3.6倍でした。

 つまり1080億円で、1人あたり約108000円となり、当時の日本であれば大卒の初任給が25000円なので4ヶ月分超となる上に韓国は今でも日本との物価差が非常に大きく、100円は大体1100ウォン近いわけですから、単純計算で1人辺り1000万円以上、当時最貧国であった実情も考えればそれを遥かに凌駕する額を受け取っていたことになるでしょう。

 しかしWikipediaには「戦時徴兵補償金は死亡者一人あたりわずか30万ウォン(約2.24万円)であり、個人補償の総額も約91億8000万ウォン(当時約58億円)と、無償協力金3億ドル(当時約1080億円)の5.4%に過ぎなかった。また、終戦後に死亡した者の遺族、傷痍軍人、被爆者、在日コリアンや在サハリン等の在外コリアン、元慰安婦らは補償対象から除外した。」とあり、明確に韓国政府が使い込みをしていたことがわかっていますが、これら事実を伏せて朝鮮日報はまやかしを並べ立てながら対日批判をしているのです。

 ドイツではジプシーらの迫害などでは1人辺り5000マルクを1980年代に支払っており、当時の1マルク=125円で計算するとこの補償額は625000円と日本の3億ドルと比較するとかなり低い額になる(ただしこの当時は変動が激しく、1989年には1マルクは73円と大きく下がっているので、後半は30万円台になっている)ことが分かります

 連邦補償法は枠も仕組みも違うので何とも言えませんが、申請期限が付いていたことが特筆すべき点で、日本側が当時の補償をもって完全かつ最終的に解決されたと条約の主張を述べることはドイツの事例と比較しても何らおかしなことではありません。

 なのに無理を通そうと喚くのがチョウセンヒトモドキで、論理的に無理があってどうにもならないなら、他国へ行って喚き、焚きつけることで貶めてやると、浅ましく下劣な行動をバカ女起こし、後ろで支援の弾幕を朝鮮メディアが張っているわけです。

 それにインドが英国から独立したとき、イギリス人がインドに持っていた個人資産は個人に返却されたことなども朝鮮日報は無視しており、他国の事例を持ち出しながら都合の悪い事実は捻じ曲げたり無視したりと、つくづく卑劣です。

 このような下等動物相手に取るべき手段は無視が一番であり、勝手に喚き疲れて死に絶えるのを傍観するのが一番ってものです。

 中央日報『朴大統領「日本は鏡を見て責任ある歴史意識を持たなければならない時」』
 http://japanese.joins.com/article/
366/171366.html?servcode=A00&
sectcode=A10&cloc=jp|main|top_news

 朝鮮日報『英国は植民地弾圧認め賠償するも日本は…』
 http://www.chosunonline.com/
site/data/html_dir/2013/05/08/
2013050800789.html
05月08日(水)

朝日流「表現の自由」の醜悪極まりない実態 

3日付けの朝日新聞デジタルの記事から

「表現の自由」って何だ ヘイトスピーチを考える
2013年5月3日15時36分
 【石川智也】憲法が保障する「表現の自由」とは何か--。差別的なヘイトスピーチ(憎悪表現)デモが問題化するなか、そんな議論が高まっている。街角やネットで在日韓国・朝鮮人への侮蔑を繰り返す若者と、「市民」としてそれに抵抗する男性とに、話を聞いた。

■「公益と秩序のため」

 「劣等民族」「害虫」「奴隷の子孫」……。画面に不穏な言葉が並ぶ。

 茨城県南出身で今は都内に住む20代の会社員男性は、主に韓国や北朝鮮、在日コリアンについての「所感」を、3年前からツイッターで発信するようになった。竹島や朝鮮学校の高校授業料無償化、歴史問題などにテーマが及ぶと、さらに言葉が激しくなる。知識の仕入れ先は、高校生のころに読んではまった「嫌韓流」という漫画という。

 「ネットだから遠慮はいらない。日本人はお人よし過ぎる」

 仕事を終えた夜には、「在日特権を許さない市民の会」(在特会)のデモの動画を見て、視聴者コメントを書き込むこともある。2006年に結成され、朝鮮学校などへのデモを繰り返している団体だ。

 男性は会員にはなっていない。しかし、「行動しなければ意味はない」とのネット仲間の声におされ、自らデモに加わるようになった。これまで10回以上は参加したという。

 デモでは「国へ帰れ」「殺せ」など、聞くに堪えない罵声が飛ぶ。なぜこうした言葉を使う必要があるのか。男性は「抗議活動だって表現の自由。気にくわないなら表現の自由で対抗すればいい」と平然と語る。

 昨年の衆院選では、自民党に投票した。改憲に意欲を燃やす安倍晋三首相について「日本人の誇りを取り戻せる憲法にすると言っている。評価しない理由がない」。

 自民党の憲法改正草案には、21条の表現の自由について「公益及び公の秩序」の下で制約する条文も加えられているが、男性は意に介さない。

 「俺たちは公益と秩序のためにやっている」

■「野放しのままでいいのか」

 土浦市の岡美徳(よしのり)さん(40)は7年前から、在日韓国・朝鮮人の支援活動に取り組んでいる。

 きっかけは、映画「パッチギ!」だ。日本人と在日コリアンとの交流を描いた作品で、監督の井筒和幸さんが「売国奴」などとバッシングを受けていると報道で知り、衝撃を受けた。

 ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の仲間5、6人と、在日問題の歴史を解説するページを立ち上げた。「在日は特権を得ている」と言っている人の多くが「バスに無料で乗れる」「納税していない」などと不正確な知識しか持っていなかった。強制連行や朝鮮学校の無償化問題についてのページも設け、支援集会にも出席するようになった。

 以来、「日本から出て行け」などとネットで罵詈雑言(ばりぞうごん)を浴びることは日常茶飯事だ。それでも岡さんは「ここ最近の負の感情の増幅は、異様さを感じる」と話す。京都の朝鮮学校の周囲では、生徒や親が身の危険から朝鮮語を使うのを控えるようになったという。

 新大久保などでのデモには、抗議の意思を示す対抗デモの動きが広がっている。こうした「市民」の自発的行動を評価し、ヘイトスピーチの法規制には慎重姿勢を訴える弁護士や学者も多い。岡さんも「傍観者でいるのではなく、国民の多くがこんな行為は許さないという意思を示すことが重要」と話す。一方で、在特会などのデモは限度を超えている、とも思う。

 「こんなことが野放しのままでいいのだろうか」

■法規制の必要性、本格的に議論を

 《前田朗(あきら)・東京造形大教授(国際人権法)》 欧州の多くの国ではヘイトスピーチ規制法がある。法規制と表現の自由は対立概念ではなく、逆に表現の自由を守るために差別的言説を処罰するという発想だ。背景には、国家権力が表現の自由を抑圧する一方で、その名の下でユダヤ人を迫害した歴史がある。在特会は集団での威嚇、差別・迫害の扇動をしており、国際法の世界では人道の罪にあたる。戦後日本では表現の自由は最大限尊重されるという考えが主流だったが、法規制の必要性を本格的に議論しなければならない状況を迎えている。

 朝日という日本最大の差別組織に掛かると、こうも歪曲された情報だけがさも真実であるかのように伝達され、読んだ人間の考え方、捉え方が大きく歪んで同じような差別思想の持ち主を次々量産させるという見本のような記事ですね。

 内容ですが、「劣等民族」「害虫」「奴隷の子孫」などが不穏な言葉だそうです。

 ですが、日本人の667倍嘘つきであり、更には男性の7割以上が最低1つ以上の精神病を患っており、国際結婚した女性の半数以上が二度としたくない相手に選ぶほど暴力的で、性犯罪がアメリカにすら危険視されるほど大好きで幾ら刑罰を強化しても増加が止まらず、世界に10万人以上、特に日本にはその半分の5万人以上もの売春婦を違法に輸出し、法秩序が感情論で簡単に無視される国家・民族…ちょっと軽めに記しただけでも劣等な部分がわんさと出てくる、こんな民族が日本人と同等でしょうか?

 特に、嘘と売春婦輸出、犯罪に関連した問題は領土問題と合わせて日本に最も害をなしている点であり、逆のことが全くというほど起きていないことを鑑みれば、日本にとっては害をなすだけの存在なのは確かです。

 虫か獣かって瑣末な違いはあるかもしれませんがねぇ?

 そして奴隷の子孫という点に関しては、宗主国の使者を国王自ら国境まで迎えに出向き、地面に幾度も額を打ち付ける土下座を繰り返して迎え入れていたことや、年間2000人とも言われる自民族の美女を献上していたことなど、国家が、民族そのものが大陸の奴隷的立場だったことがあるのは紛れもない事実です。

 挙句、自民党・安部総理を支持しているなんて書いて、安倍政権に対する印象操作まで加えていることについては呆れかえるばかりです。

 安倍総理自身はこういった活動には何らの扇動どころか賛意すら示しておらず、むしろ7日の国会で「他国を誹謗(ひぼう)中傷することでわれわれが優れているという認識を持つのは間違っている。日本の国旗が焼かれても、その国の国旗を焼くべきではない。それが私たちの誇りだ」と述べ、自身のFacebookにもその手の書き込みがされていることに「『やめるべきだ』とコメントしたい」とハッキリ言明しています。

 しかし、朝日はそういう安倍総理の姿勢については何らの取材もせずにこういう記事を書いて印象操作を行っているわけで、自民党の憲法改正草案どころか、名前を挙げられた当人がどうであるかの方が重要という基本すら無視して人権侵害的な振る舞いを自らは公然とやりながら、表現の自由がどうだのと偉ぶって述べているのです。

 で、今度は反対側の人間として土浦市の岡美徳なる如何にもな怪人物を出してきます。

 井筒の「パッチギ!」に感銘を受けたという時点でもう、精神の方を心配してやるべきレベルですし、批判されているのに驚くとかいうに至ってはねぇ?

 嘘を撒き散らし、言行不一致は当たり前、謝るということをしないまさに朝鮮人のようなクズとして有名になりすぎて、最近ではテレビですら余りの不評から使われなくなったモドキの御用人で、最近はラジオに出ているのが精々じゃないでしょうか?

 在特権に関する記述も実に恣意的なものですし。

 バス云々なんて話は聞いたこともありませんけど、一体どこから出てきたのやら?

 税金に関しては既に過去、伊賀市などで優遇政策が取られていたことがハッキリと証明されており、在日モドキだけに対する優遇だったとして大きな問題になりましたがねぇ?

 そして、朝日が最も悪用する通名についてはわざと触れずにいることも見逃せません。

 実名を隠し、日本人風の名前を使うことで脱税や犯罪の経歴隠蔽などが行われてきており、特に朝日はこれまで幾度も警察発表だからと言い訳をしながら在日モドキの犯罪を日本人の犯罪と偽装した記事を発表してきており、モドキの特権化に協力してきた本丸です。

 強制連行だとか、頭のイカレた寝言は今更過ぎてアクビが出ますし、学校無償化などに至っては祖国が援助すべき問題で、他国に縋るのがお門違いなのは言うまでもなく、金の無心をすること自体恥ずべき行為であり、軽蔑されても至極当然の振る舞いです。

 「京都の朝鮮学校の周囲では」云々というのにしても、何処情報だよって笑い話ですよねぇ?

 東京の、それも新大久保でやっているデモについて京都で、それも「という」なんて事実かも怪しい話を持ち出すなんて、バカ過ぎじゃないのと。

 妄想の羅列しかできないなら、新聞なんて名乗るなって話です。

 つい先日、池袋で映画を見た後暇だったので秋葉原に久しぶりに行ったのですが、20歳位の如何にもひ弱なオタクって感じの韓国人男性2人が結構大きな韓国語で楽しげに会話しながら漫画などを見て回っていましたけど、周囲の日本人は誰も気にも止めていませんでしたし、私が利用している地元の駅にはひと目でわかる朝鮮学校の学生服を着た少女が帰宅する風景を見かけることがありますが、やはり誰も気に留めもしておらず、それが一般人の反応です。

 極一部の限定された地域で行われる例外を針小棒大に取り上げてどうのとか、やり口のセコイにも程がありますよねぇ?

 まして在特会側の行動を止めたければ、「レイシストをしばき隊」等と言う名称からして暴力的集団を結成して対抗するなんてのはむしろ明らかに逆効果なわけですが、名前からして不穏当極まりないこういう朝日が言うところの「市民」の過剰行動については記さないのが朝日流「表現の自由」

 例えば、この暴力宣言をしている市民(笑)団体のメンバーはtwitter上でこんなことを宣言しています。

 oscar @oscarexpress「ネトウヨ・エセ右翼に言っとく。貴殿達が何を呟こうが、それがネット上だけの事なら何も起きない。が、何かしらの行動を伴うのなら自重しろ。民族派人士の多くはツイッター上でも穏やかなやり取りしかされない。が、一旦決めたら逮捕覚悟で実力行使する。遊びや憂さ晴らしじゃないんだ。」

 oscar @oscarexpress「東京都公安委員会にお願いがあります。行動界隈から新大久保でのデモの申請があってもどうか認めて下さい。そのかわり、警備のための警官隊は一切、一人の警官も繰り出さないで下さい。そこで何が起きようが一切不問として下さい。遠慮無くやりますんで。」


 単なる口さがないデモで限度を超えているだの、「傍観者でいるのではなく、国民の多くがこんな行為は許さないという意思を示すことが重要」だのと言いながら、自分達がこういう暴力行為行使宣言をしていることには全く問題だと感じないで、むしろ評価だのと言い出す…これが朝日らブサヨの実態であり、連中の言う「表現の自由」の行使と規制のあり方の実態なわけです

 ホント、やり口が毎度ながら実にセコくて汚らわしいですよねぇ?

 おまけに最後はどこぞの大学教授が出てきて「ユダヤ人を迫害」がどうだのと、頭の悪さに拍車を掛けるし。

 よく朝日がらブサヨが比較対象に出すドイツの話を、国名を出さずにやるって手法が如何にも恣意的です。

 誤読を狙っているのでしょうけど、日本は同じ頃、逆に迫害されてドイツの支配から逃亡しようとするユダヤ人を杉原千畝が助け、逃亡してソ連にいたユダヤ人を樋口季一郎が入国させ、ドイツから文句を言われても東条英機が突っぱねと、まったく正反対の人道的振る舞いをしていたんですがねぇ?

 つまり、歴史があるなんてほざいていても日本では全く関係のなかったことであり、規制がどうのとかは単なるこじつけのための捻じ曲げた話に過ぎないんです。

 第一、この記事を読んで分かるように、都合が悪いことは言わなければいい、相手が勝手に誤読して誤認するのは相手の責任という、表現の自由を悪意を持って濫用する朝日やその御用学者らこそ規制・処罰されるべき対象であると思いませんか?

 MSN産経ニュース『「日本国旗焼かれても、その国の国旗を焼かない」 首相、排外的書き込みに呼び掛け』
 http://sankei.jp.msn.com/
politics/news/130507/
plc13050720370018-n1.htm
05月07日(火)

放っておくのが一番の対処法 

7日付けのMSN産経ニュースの記事から

ウォン安修正でメッキ剥がれた韓国「現代自動車」 泣き面にハチ〝燃費偽装〟の醜態
2013.5.7 09:00
 韓国の自動車最大手、現代自動車が“失速”している。通貨高(ウォン高)で海外販売に急ブレーキがかかり、韓国国内ではトヨタ自動車など輸入車が存在感を増し始め、その牙城が揺らぐ。販売面以外でも、米国では燃費表示の水増しが発覚したほか、大規模リコール(無償回収・修理)を実施。サムスン電子と並び韓国経済を代表する現代自動車だが、ウォン高が進むにつれて糊塗(こと)された実力以上の販売力、技術力がはげ落ちかけている。

3年前に日本の乗用車市場から撤退

 「日本から撤退したこともあり、大阪でソナタを見かけることは本当に少ないですね」。関西で働く自動車メーカーの40代社員はこう話す。ソナタとは韓国・現代自動車の主力セダンのことで、同社は約3年前に日本の乗用車市場から撤退している。

 日本では2001年の参入以来、苦戦続きの現代自動車だったが、欧米など海外ではウォン安を背景に08年頃から快進撃を続けてきた。もちろん、韓国国内では傘下の起亜自動車とあわせシェア7割と断トツの強さをみせる。

 ところが昨夏以降、その成長に陰りが見え始めているのだ。米調査会社オートデータによると、3月の米新車販売台数は前年同月比3.4%増の145万2946台と、6年ぶりの高水準を記録。米ゼネラル・モーターズ(GM)、米フォード・モーター、トヨタ自動車など大手6社が前年同月比を上回る中、現代自動車は7.7%減(起亜自動車を含む)。2月に2年半ぶりのマイナスに転じ、2カ月連続のマイナスと不振ぶりが際立った。

輸入車が韓国車を上回る「逆転現象」

 圧倒的なシェアを誇る自国の韓国でも異変が生じている。今年の韓国カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)に、トヨタの人気セダン「カムリ」が輸入車として初めて選ばれたほか、独BMWの高級セダンなどが現代自動車の同車種よりも売れるなど、クラス・価格帯によっては輸入車が韓国車の販売台数を上回る「逆転現象」が起きつつあるのだ。

 韓国の聯合ニュースによると、現代自動車が4月25日に発表した2013年1~3月期連結決算は、本業のもうけを示す営業利益が前年同期比10.7%減の1兆8685億ウォン(約1667億円)、最終利益が14.9%減の2兆878億ウォンと2けた減益に落ち込んだ。

 「米国など海外販売の減少と、韓国での状況は分けて考える必要がある」

 ある関係者は前置きした上で、現代自動車の失速をこう解説する。「海外では新車投入が一巡したことなどが販売鈍化の理由とされるが、何といっても最大の要因はウォン高だろう」

国をあげてのウォン安誘導?

 韓国政府は公式に認めていないものの、家電や自動車など輸出産業を後押しするため、同国が為替介入を続け、ウォン相場に安値に誘導してきた。サムスン電子も、LG電子も、そして現代自動車もウォン安を武器に、世界中で他国のライバル企業よりも“安値”の家電、自動車を売りまくってシェアを高めてきた。

 しかし、昨夏以降、ウォン安が修正され、相場が高騰すると、価格競争力は低下。1~3月はウォン高・ドル安が一服したが、対円については高止まりしており、“為替マジック”の効力がなくなるとともに、現代自動車の販売台数はじわじわと減りつつある。

 「ソナタなど現代自動車のデザイン力は評価されているが、技術力はトヨタなど日本の自動車メーカーに大きく劣る」(証券アナリスト)。そもそも韓国の企業は現代自動車もサムスンも「技術」に関する競争力はきわめて低い。それをカバーしていたのがウォン安というわけで、ここにきて技術力の低さが相次ぎ露呈している。

米国で燃費改竄、大規模リコール…

 昨年11月、米環境保護局は現代自動車と起亜自動車が米国で販売した自動車約90万台について、実際よりも高く燃費性能を表示していたとする調査結果を発表した。

 いわゆる燃費性能の水増しで、それは最大でガソリン1ガロン当たり6マイル(1リットル当たり約2.6キロ)に達していた。この問題は消費者の苦情で判明したもので、これほど大規模な誤表示は米国で初めてという。

 また、4月5日には米国で販売した乗用車など計約187万台をリコールすると米道路交通安全局に届け出た。ブレーキを踏んでもブレーキランプが点灯しないほか、事故時にエアバッグが作動した際に、車の天井の一部が落下する恐れがあるという欠陥が見つかったためだ。 

通貨相場とは関係なく売れる日はいつ?

 「ウォン安だから売れているわけではない」。韓国企業の経営者は、常にこう言い続けてきた。だが、韓国製品を買った消費者の大半は、性能以上に、ウォン安による低価格が購入の大きな決め手となったのは間違いない。

 ウォン高が進み、成長神話に陰りが出てきた現代自動車。ウォン相場に価格が左右されず、低価格という武器が通用しない自国の韓国では、トヨタやBMWが売れ始め、すでに現代自動車の“メッキ”ははがれつつあるのかもしれない。ウォン相場とは関係なく、現代自動車が再び走り始める日は来るのか…。

(島田耕)

 「韓国の企業は現代自動車もサムスンも「技術」に関する競争力はきわめて低い。それをカバーしていたのがウォン安」と言っておきながら、「ウォン相場とは関係なく、現代自動車が再び走り始める日は来るのか…」ってまた、結果の見えている酷いことを書くものですね(笑

 サムスンも現代もどころか、基本的に韓国、チョウセンヒトモドキのやる海外販売手口は安さを売りにし、更にはライバル企業を合法非合法問わず叩くことで優位に立つという品質以外の部分でしかありません

 技術自体、モドキの知能では独自のもの、特に優れたものなんて生み出すのは不可能ですから、高い金を払って他社の技術者をヘッドハンティングし、吸い取ったら捨てるということを繰り返してきたのは周知の通りですよねぇ?

 育てないし、生み出さないから常に進歩はなく、出来るのが模倣だけなのは当然です。

 模倣が終わる頃には他社は更にその先へと至っているわけですし。

 で、その差を誤魔化すのに嘘やステマといったネガキャンによる他社の貶めを用いる、と。

 最近サムスンは台湾でのライバル企業への妨害工作(バイトをやとってネガティブキャンペーンを張った)が明らかになって制裁を受けたばかりですが、その後もスポンサーをしているテニス選手にステマをやらせていたことが発覚したり、タイのDJがiPhoneを扱き下ろしてGALAXYを持ち上げるtwitterをiPhoneからしていたのがバレたりと、裏工作の実態が各地で露呈しています。

 しかも、技術パクリの事実を認めたくないがためにアップル相手のバカな訴訟合戦を繰り広げて完全な敵対関係に入った結果、遂にはアップルがスマホ用アプリケーションプロセッサー『A7』開発プロジェクトから韓国サムスンを除外したと報じられており、事実なら今後相当な減収になることは確実です。

 現代にしても以前取り上げたように米国では販売台数を躍進させた際に、トヨタを在日韓国人が集団訴訟を起こすなどの手段で貶めるとともに、トヨタからの乗り換えキャンペーンを打って数字を稼ぐという姑息な手段を使っていましたし、最近ではとっくの昔に余りの売れなさから日本市場で撤退しているにも関わらず、NHKが朝ドラで主人公の父親のタクシーに現代のグレンジャーを使うという意味不明な真似をして散々批判を浴びていました

 何せ現代って日本では僅か数年で撤退した上、年間登録台数も5桁どころか辛うじて4桁って推移で、日本国内では当然ながら輸入をするか僅かな中古車を探す以外にグレンジャーなんてものを手に入れる方法はありません。

 米国でも年間売上を軽く上回る大規模リコールに加えてウォン安誘導が不可能となったことで相当な打撃を今後継続的に受けるでしょうし、そもそも国内が李明博によって一層財閥系企業の寡占化促進となっていただけに、深刻なダメージとなることが予想できます。

 しかも愚かなことに韓国は先月の閣僚や国会議員の靖国参拝、首相の真榊奉納を理由に喚き散らして関係悪化を行っており、国内向け政治アピールを強めることで無能な女大統領の支持率回復と政治基盤の強化を目論んでいるようですが、そのせいで日本側の印象が一層悪化し、7月のスワップ切れの時に国民感情を配慮した日本政府に更新を拒否される危険性にまで頭が回らないあたり、本当に低脳な民族だなぁと感じさせますよね?

 これまでもそうであったように、韓国に経済危機を日本の援助なしで乗り越える力が無いのは明らかですから、サムスンだろうが現代だろうが放っておけば見事に立ち枯れになるだけでしょうね。

 MSN産経ニュース『アップルVSサムスン、深まる溝 アプリプロセッサー開発でも除外』
 http://sankei.jp.msn.com/economy/
news/130507/its13050706230000-n1.htm
05月06日(月)

憲法の「け」の字も知らないバカ女弁護士 

4日付けの朝日新聞デジタルの記事から

「自民党改正案は憲法もどき」 福島瑞穂・社民党党首
2013年5月4日0時8分
■福島瑞穂・社民党党首

 自民党の憲法改正草案は国民にたくさんの義務規定をおいている。国防、国歌国旗尊重、公益及び公の秩序に従う義務などだ。家族の助け合いにまで規定している。憲法にこんなことを書くなんて大きなお世話だ。

 極めつきは「これらの憲法を尊重せよ」と国民に憲法尊重擁護義務を規定していることだ。現在の日本国憲法は総理大臣、国務大臣、公務員、天皇、摂政などに憲法の尊重擁護義務を規定している。憲法は、国民が政府に対し「表現の自由を侵害するな」「戦争するな」と国を縛っているものだ。

 しかし、自民党の憲法改正草案は国民を明確に縛るもの。為政者の為政者による為政者のための憲法だ。いや、憲法ですらない。どこの世界に国民をしばる憲法などあるのか。憲法もどきだ。自民党に憲法を語る資格など無い。(東京都内で開かれた護憲派の集会で)

 この知能と知識で弁護士…もどきがどっちかは明々白々ですね。

 例えば、半島南のモドキは憲法第37条2項「国民のすべての自由及び権利は、国の安全保障、秩序維持又は公共福利のために必要な場合に限り、法律により制限することができ、制限する場合においても、自由及び権利の本質的内容を侵害することはできない」とありますし、同第39条1項では「すベて国民は、法律が定めるところにより、国防の義務を負う」と、明確にこのバカ女の証言と異なる事実を書いていますが?

 あぁ、きっと福島のバカにとっては、チョウセンヒトモドキの造った国なんてものは地球上に存在しないってことですね。

 それに、現状の日本国憲法にも日本国民に対する三大義務と呼ばれるモノがありますよねぇ?

 「普通教育・労働・納税」がそれで、こんなのは法律家だ弁護士だという専門職業どころか中学生が学校の授業で習う範疇ですが、専門家でありながらそんなことも知らないのでしょうか?

 義務教育や労働、納税を国民に強制していることは、「国民をしばる憲法」じゃないのでしょうか?

 それとも、福島流の意味不明な論理ではそれらを国民に強要することだけは例外規定されるとでも言うのでしょうか?

 もはや発狂して自分が何を言っているのかさえ理解できないのでしょうね…その異常さ、バカさこそが党を本部の維持すら不可能なまでに衰退させ、明日の朝日さえも拝めるか覚束無いところまで党勢を衰弱させたと理解出来ないのですから。

 因みに、国旗と国歌については一般の法令であってもいい話なので、憲法に規定しなくては絶対にダメだとまでは自民党も考えていないと思います。

 次の「公益及び公の秩序に従う義務」とやらに至っては、憲法12条の「(憲法で保証された自由及び権利は)公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ」という部分が置き換えられた表現のことですけど、オリジナルの草案には「自由及び権利には責任及び義務が伴うことを自覚し、常に公共及び公の秩序に反してはならない」とあるわけで、福島の腐った脳内で勝手に「反してはならない」「従う義務」と擦り替えているだけの話です。

 草案が言っていることを簡単に要約すると、「自由及び権利は無制限・無秩序のモノじゃないぞ」というだけの話であり、保有と維持のためには他者や社会への尊重の念が必要ですと言っているだけの話に過ぎませんし、表現方法を変えただけで本質部分は変わっていないのですから、裁判においてこの条文を巡るケースがおきても、解釈及び判決結果はこれまでと変わることはない。

 13条に至っては該当部分の表現が変わっただけで他は文章すら変更がありませんし。

 社民党の場合はこれを国家権力強化の手段と看做し、軍事目的や国家都合のような公益のために表現の自由や思想・信条の自由が犯されると喚いていますが、そもそもそれは現行憲法家でも民主党が平然と規制する事件を起こしていますし、その事について社民党は一切民主党を批判しなかったんですがねぇ?

 元同盟相手が政敵側の国民にやる分には問題なしとか、ホント、見事なダブルスタンダードですね。

 大体、社民が本当に反発しているのは14条で平等とするものの中に障害の有無が追加されていることや、15条で公務員資格に日本国籍が明文化されていることなどでしょう。

 実際、障害の有無についてを差別禁止の対象として盛り込んだことについて社民党は評価をするどころかガン無視を決め込んでおり、弱者の保護や救済を謳う平時の姿勢と全く異なる態度が単なる票田確保のためのアピールに過ぎない偽装工作であることをハッキリ示してくれています。

 批判するべきはすればいい話ですが、その分評価すべきはするのが真に公正・公平な観点を持った立場の者の態度であり、改正自体を反対し、その為に自民の草案を全否定し、憲法の不備・欠陥を敢えてそのままにして他者への不利益や問題をそのままでいいとし、それでいて正義を気取るのは余りにも人を馬鹿にした態度だと思わないでしょうか?

 尚、家族の尊重や助け合いについては24条に追加されたものであり、家族制度そのものの破壊を望む福島にとっては最初から受け入れられないものであるのは言うまでもありません。

 このように自分達の組織や個人感情を理由に憲法を否定したり、問題や欠陥をそのままにしようと目論む連中こそまさに憲法を濫用し、為政者のためのものとせんとしているわけで、語る資格が本当にないのが誰なのかを浮き彫りにしてくれます。

 もっともそれ以前に、上記した通り世界どころか隣国の憲法も自国の憲法も把握、理解できていないバカ女に法律について語る資格なんて最初からありませんけどね。

 自民党HP『コラム 「憲法改正草案」を発表』
 http://www.jimin.jp/activity/colum/116667.html

 社民党HP『自民党「日本国憲法改正草案」全文批判(案)』
 http://www5.sdp.or.jp/policy/
policy/constitution/critic/
img/constitution2013.pdf
05月05日(日)

凶悪殺人犯の暴力団員にも正体を隠してさん付けしてあげるほど、とっても凶悪殺人犯に優しいエセ人権団体アムネスティ 

2日付けのアムネスティHP記事から

2013年5月 2日[国際事務局発表ニュース]国・地域:日本トピック:死刑廃止
 宮城吉英さん(56歳)と濱崎勝次さん(64歳)が4月26日、東京拘置所で絞首刑を執行された。2人は2005年、市原市のファミリーレストランで組員2人を射殺した。

 今回の死刑執行は、自民党政権での執行がますます加速する恐れがあることを示している。

 安倍政権での死刑執行は昨年12月発足以来、今年2月の3人を含め今回で5人目である。昨年3月まで死刑は20カ月間執行されなかったが、その3月の3人を皮切りに、この1年あまりで12人の死刑が執行された。

 アムネスティが強く危惧していた現政権でのハイペースでの死刑執行が、今回の執行で残念ながら裏付けらえた。

 5人の執行を行った安倍政権には、死刑の廃止を含めた幅広い議論を真摯に行うべきであるとする国際社会の要請に耳を傾ける意思が見えない。

 安倍第一次政権(2006年から2007年)では、1年未満の間に10人の死刑が執行された。谷垣法務大臣が死刑を支持する発言を公にしていることを見ても、今回は10人を超える可能性がある。

 政府は直ちに死刑執行の流れを変え、その廃止を視野に入れた死刑執行の停止を行うべきである。

 アムネスティは、犯罪の性質や状況、有罪・無罪、個人の特質、執行手段などにかかわりなく、すべての死刑に例外なく反対する。死刑は、生きる権利の侵害であり、究極的な意味において残虐で非人道的かつ人間の尊厳を傷つける刑罰である。

アムネスティ国際ニュース
2013年4月26日

 お笑いギャグ集団アムネスティがまた、自爆ネタを提供してくれたみたいです。

 「死刑は、生きる権利の侵害であり、究極的な意味において残虐で非人道的かつ人間の尊厳を傷つける刑罰である」

 とまぁ、最後のこの矛盾極まりない記述が全てを物語っていますよね?

 死刑、つまりは人を殺すことをアムネスティでは「生きる権利の侵害」であり、「残虐で非人道的かつ人間の存在を傷つける」ことと言うそうですけど、生憎と日本においてそれは死刑を宣告される人間、つまりは凶悪殺人犯のことですね。

 例えば近年の日本で有名な死刑囚には、池田小学校を襲撃して大勢の子供を殺傷した宅間守や母子殺害に加えて強姦と窃盗まで働いた少年Aこと福田孝行、秋葉原で無差別殺人を繰り広げた加藤智大らがいます。

 最後の一匹は上告をしてまだ最高裁までの段階ですが、宅間は既に執行済み、福田は確定・執行待ちという状況です。

 まず、宅間の件ではこの異常者に襲われて何の咎も無いどころか関わりすらない児童8が殺され、児童13名を含む15名が負傷したことに加え、精神障害を偽装して事件時に薬を服用していたと偽証をしたり、裁判中も奇行を繰り返したり暴言を吐くなどの行為を続け、裁判中どころか死刑を執行される最後まで、一切自身のしたことについて反省もしなければ被害者に対する謝罪の弁も述べなかったのであり、更正の余地が無いどころか生かしておく理由そのものがない、まさに人の形をしているだけのただの害虫でした。

 福田については業者に偽装して家に押し入った上、母親を殺して強姦しただけでなく、1歳にも満たない赤子まで床に叩きつけた上で絞殺し、最後に強盗を働くという残忍極まりない手口に加え、犯行に対する反省が一切なく、友人宛に社会や被害者を馬鹿にした手紙を出し、悪質極まりない弁護士らと結託して寝言としか言い様のない馬鹿げた主張を高裁で始めるという法廷侮辱も行い、結果として残虐性と反省のなさだけでなく、社会に与えた影響まで加味されて死刑が言い渡されました。

 最後の加藤は勝手な被害妄想を抱いた挙句、何の関係もない秋葉原にいた人々をトラックで引いた上にナイフで次々と刺してまわり、逮捕までに7人を殺害、10人を負傷させており、犯行動機ともたらした結果には何ら情状酌量の余地の無いものであり、一審で死刑となり控訴審も控訴棄却となっているのですが、一審以来変わらず弁護士による法廷の引き伸ばし工作と精神を理由とした減刑要求が繰り返されており、未だに結審していません。

 このようにこれら死刑囚となった、或いはなろうとしている人間は、何ら接点のない善良な市民複数名を襲った結果、何人もの人の生きる権利を侵害したことに対して、残虐で非人道的かつ人間の尊厳を傷つける行為をしたことに対して、相応の代価を支払わねばならないというのが法治国家における原則であり、その代価が日本の場合は自らの命であったというだけの実に簡単な話です。

 それも野放しにできる存在でもなければ、国民の税金を投じて養ってやる価値など一片もない、存在そのものが害虫、害獣と言うべき輩にも関わらず、絞首刑で代価を支払わせるという温情を掛けてやっているのですから、むしろとても人道的だと思いませんか?

 実際、日本では芥川龍之介の『蜘蛛の糸』などに描かれているように、地獄というものの中で犯した罪に対する罰は遥かに重いものであり、かつ何時までも苦しみ続けねばならないとされてきましたから、それを思えば何をする必要もなく、苦しみもせず簡単に死ねる絞首刑などとても人道的で優しい(生温い)凶悪殺人犯の尊厳を尊重した処刑方法です。

 子供なんて、親より先に死んだというどうにもならない理由を罪とされて、永遠に終わることの無い石積みを賽の河原でやりつづけねばならないとされてきたんですよ?

 因みに、今回アムネスティがさん付けで記している宮城と濱崎はヤクザの組員であり、傷害事件の慰謝料支払いを巡るヤクザのメンツを理由にファミレスを襲撃して中にいた相手側暴力団員に執拗な銃撃を繰り返して殺害、逃亡中にそれぞれ逮捕されたというまさに札付きのクズであり、一歩間違えば店員や一般客が死傷していても何らおかしくなかった凶悪殺人事件の実行犯でした。

 犯行動機、手法、殺害数などどれをとっても情状酌量の余地など無く、社会に害をなしただけであり、死刑の執行はその傲慢で身勝手な振る舞いが招いただけの当然の帰結に過ぎません。

 人の命を自分の身勝手で奪うというまさに人の尊厳と生命を踏み躙る真似をした結果、自分の命を持って償わなければならなくなったというだけのことであり、価値観の差異を認めず己の狭隘な感情論を押し付けるだけの白人組織に日本が従わねばならない理由など微塵もありません。

 特に、アムネスティの本部があるのはイギリスですが、彼の地は魔女狩りや植民地、奴隷、バイキング、私掠船などで有名なように虐殺の根深い歴史を持っており、処刑方法や拷問方法も実に様々なものがありましたし、確かギネスブックに載っていた最年小の死刑囚として処刑された人間もイギリスの7歳の少女だったかと

 最も死刑を濫用する国として、少額の窃盗など軽犯罪の類であっても適用と執行を続けた結果、「1年未満の間に10人の死刑」執行どころか、年間数百人は死刑執行していたのが中世のイギリスです。

 こんな背景があるわけですから、どうみてもその反動としか思えない傲慢さとアホ臭さ満点の言い分に、毎度呆れ返ってしまいますよね?

 そして、「死刑の廃止を含めた幅広い議論を真摯に行うべきであるとする国際社会の要請」等と言う意味不明な話。

 欧州では死刑を廃止した国は確かに多いですが、アフリカや中東、南米、そしてアジア地域ではまだまだ死刑制度が存続し、執行され続けている国が多くあり、アメリカでも議論が分かれています。

 なのに「国際社会の要請」と言うのですから、この白人中心組織が如何に偏狭かつ差別的な発想を持って他国を見ているかわかりますし、そんなのに感化されて素晴らしいと思い込んで自国を毀損するのに協力するバカが日本にもいるというのですから、嘆かわしいどころの話じゃありませんね。
05月04日(土)

下劣な妄想家の寝言を垂れ流す中央日報 

2日付けの中央日報の記事から

対馬は昔から韓国の領土、日本の1000年侵奪史を忘れるべきでない
2013年05月02日10時42分
  「対馬の2つの家門の歴史を通じて、1000年にわたる恨を描いた。歴史に無関心な若者に日本の侵略史を忘れないでほしいという切実な気持ちで」。

 あいさつを交わす時は明るい笑顔だった作家イ・ウォンホ氏(66)が真剣な表情になった。最近出した小説『千年恨、対馬』(マックスメディア)を説明しながらだ。

 小説は、対馬が韓国の領土であることを前提に、そこで1000年間暮らしてきた2つの家門を通じて、日本の韓民族侵奪史を振り返った。韓国の対馬回復軍事作戦も描いた。2000人の南北連合軍が観光客を装って対馬に潜入し、北朝鮮はノドンミサイルを対馬に浴びせ、韓国の対馬奪還に寄与するという内容だ。

 「ややあきれるような内容と思うかもそれないが、小説家的な想像力の範囲」と話す。「対馬が古くから韓国の領土だと見るのには理由がある。1785年に日本地理学者・林子平が制作した『三国接洋地図』にも対馬は朝鮮の領土と書かれている。林は『韓国を征伐すべき』という征韓論の始祖格の学者だ。李承晩(イ・スンマン)大統領も1948年、政府樹立3日後に開いた最初の記者会見から1950年の韓国戦争前まで、約60回にわたり日本政府に対馬の返還を要求した」。

 企業小説、通俗小説など今まで約160冊の小説を書いてきたイ氏が「対馬」問題を掘り下げたのは、最近の日本の極右軍国主義傾向のためという。70%近い安部晋三首相の支持率が日本国民全体の右傾化と無関係ではないというのがイ氏の考えだ。

 イ氏は「関東大震災当時に6600人の朝鮮人が虐殺されたというが、東京近隣に住んでいた3万7000人余りのうち生存者は約7000人しかいなかった。杞憂かもしれないが、当時と似た雰囲気が感じられ、昨年から小説を書き始めた」と語った。

 イ氏は新春文芸で登壇する、いわゆる「正統小説家コース」を歩んでいない。全北大の繊維工学科を卒業し、80年代下着会社BYCの中東地域担当者として社会生活を始めた。87年に「ギョンセ貿易」を設立し、中東地域の貿易をしながら好調な時期もあった。しかし90年8月にイラクがクウェートを侵攻し、輸出の道がふさがれた。まもなく不渡りを出し、1年以上も逃避生活をしなければならなかった。

 小説家の道は逃避生活の末に始まった。イ氏は「極端な考えまでしたが、それでは悔やみきれないので自分の話でも残そうと思って自叙伝を書いた。自叙伝が予想以上に売れ、出版社から小説を書くことを勧められた」と説明した。

 こうして出てきたのがイ氏のデビュー作『夜の大統領』だ。正義の暴力団が社会悪を一掃するというストーリーのこの本は100万部以上売れた。続く『皇帝の夢』もヒットし、イ氏は専業作家になった。ある新聞に連載された小説「カンアン男子」もイ氏の作品だ。

 「最近、読者が読みやすい小説を書こうとすれば、集めた資料を捨てることも必要だと感じる。本を書く技術者になったというか。『対馬』も読みやすく書くことに力を注いだ。読者が『私たちは日本にたくさん奪われたんだな』と思うきっかけになればいい」。

 こんな頭のイカレきった犯罪者風情が大成できるのがチョウセンヒトモドキという蛮種の集落であり、「モドキにとって歴史的事実とはコリエイトするもの」と常から蔑視される低脳民族の現実です。

 「まもなく不渡りを出し、1年以上も逃避生活をしなければならなかった」なんてサラッと書き流していますが、つまりはこの妄想家って無能な経営によって大借金を作りながら、返済が嫌で逃げ隠れして踏み倒しを図ったってことですよ?

 小説家として売れた金で返済をしたのかどうかまでは書かれていないので分かりませんが、まさに卑怯で姑息、恥知らずなチョウセンヒトモドキの典型ですね。

 で、そんな下等動物が唱える歴史とはなんぞやと見れば、あまりのバカさにどこから突っ込めばいいのかさえわからなくなる妄言録の山でした。

 「2000人の南北連合軍が観光客を装って対馬に潜入し、北朝鮮はノドンミサイルを対馬に浴びせ、韓国の対馬奪還に寄与するという内容」…半世紀経っても内戦を終わらせられないどころか更に最可燃させている低脳民族がおてて繋いで仲良く他国を侵略?

 数年前に無能大統領が日本の測量船が日本海で活動するのが許せないと、対馬への巡航ミサイル攻撃と侵略を画策していたことが露見して、憲法違反の侵略戦争計画が自国にあったと大騒ぎしたのは何処の国でしたっけ?

 米軍を始めとした周辺諸国の存在を全く無視して南北共同での侵略戦争、それもミサイルによる無差別攻撃付きということは民間人の無差別虐殺が込みってことですから、間違いなく直後に国連軍又は多国籍軍が組まれて半島へ攻め込む事態になりますね

 経済制裁で済む次元じゃありませんし、そこまでやれば日本国内の親朝鮮派である朝日らブサヨでさえ擁護はできませんから、自衛隊による全面的な反撃も受け、潜入したテロリスト2000名も皆殺しです。

 そもそも工作員によるスパイ行為での潜入に成功し、対馬を侵略したところでポンコツの骨董品しか持たない北は言うに及ばず、欠陥品と練度不足の兵士しかいない韓国で空海自衛隊相手に補給線の確保などできないのに…

 そして対馬が韓国のものだという妄想の根拠が林子平の『三国接洋地図』って、あの間抜けな朝鮮の御用学者保坂祐二(モドキに帰化した、世宗大学教授)による竹島朝鮮領説の話をいつの間にか拡大解釈しているんですかねぇ…?

 島根県がHPにおいて『実事求是』というシリーズを掲載していて、そこで保坂の説が如何にいい加減であったかを解説しており、そもそもの主張自体が素っ頓狂過ぎるんですね。

 それに1000年前って、流石はコリエイト、『万葉集』どころか『新羅の賊』すら知らないんですねぇ?

 最近では『新羅の入寇』というそうですが、今から1000~1100年程前に対馬を含む日本に対して行われた新羅の海賊行為の総称です。

 言わば朝鮮版私掠船であり、自国領土であれば対馬がその攻撃対象に含まれるのは整合性に欠けますし、8世紀頃成立と言われる万葉集に対馬に関する歌があるのも説明が付かず、日韓双方の歴史からして、1000年前に朝鮮人の領土だったという説は有り得ない妄想なのです。

 李承晩の要求自体チョウセンヒトモドキ特有の単なる妄想に過ぎず、事実、訴えられたアメリカやイギリスはそんな歴史事実は存在しないと一蹴しており、相手にされないとなるや今度は竹島領有権を喚いて、それも蹴散らされたからと、武力による略奪を行ったという近代史の事実さえ知らないんですね。

 で、妄想はここで終わらずに今度は関東大震災へと移る、と。

 「東京近隣に住んでいた3万7000人余りのうち生存者は約7000人しかいなかった」と、いきなり論拠不明の妄想が大爆発です。

 何を根拠にしているのかが全く記されておらず、どちらの数字も一体どこから出てきたのかが全く不明ですが、中央日報は補足もしなければ、確認もしないという杜撰極まりない態度を示しており、これこそが歴史をコリエイトする瞬間だとハッキリ示してくれています。

 仮にその数字の通りだとすると死者数は3万人となり、関東大震災の総死者数の3割というトンでもない数字(近年の研究により死者数は10万余人と改訂されている)になってしまいます。

 また、工藤美代子氏の『関東大震災 「朝鮮人虐殺」の真実』には、姜徳相と琴秉洞が編纂した『現代史資料6 関東大震災と朝鮮人』(みすず書房)に掲載された数字として、大正12年の在日数を46489人と記しており、この妄想家の数字を当て嵌めようとすると、在日の8割近くが東京近郊にいた事になってしまいますので、この時点で有り得ない話だと分かるでしょう。

 因みに同書では東京在住の在日は労働者6000人、学生3000としているんだそうで、近県在住者を足しても総数は12000ほどだった(住所不定者がいるため実数は不明と断りつき)と記してあります。

 とすると、1200-7000は5000人となるわけで、数万人どころか6600人の虐殺さえ物理的に不可能とわかりますよね?

 第一、被災による死者は何処に行ったんだと。

 震災での死者が最も多かったのは本所、深川界隈であり、それは同時に朝鮮人が当時多く住んでいた地域でもありますが、この手のバカはそういう事実さえ知らないのがお約束なんですよねぇ…

 そもそも6600人の根拠になっているのは爆弾テロリストの首魁である金九らが発行した独立新聞が記した6661人という出鱈目な数字ですが、爆弾テロを画策するほど日本を恨み、それでいて算数もできないほど低脳なサルども(累計数は6419人なのに足し算を間違えている)が出した数字など何の証拠にもなりません。

 それも虐殺されたと言いながら、明確にそれが朝鮮人で、かつ虐殺による死であるとの証拠は無い上、半分近くに至っては証拠である死体そのものが存在してすらいない

 ま、このように常に出鱈目だけで生きてきたのがチョウセンヒトモドキであり、その腐った生態は100年経とうが全く変わらないわけです。

 こんな下等動物どもと仲良くとか、頭に蛆の沸いた人間でもなければ到底思えない話ですよねぇ?

 島根県HP『実事求是11 林子平の「三国接壌図」に対する韓国側の誤解』
 http://www.pref.shimane.lg.jp/soumu/
web-takeshima/takeshima04/
takeshima04-2/takeshima04_r.html
05月03日(金)

分別も常識もないバカ民族② 

2日付けの中央日報の記事から

駐韓米大使館にも米国テロ暗示の手紙…犯人は韓国国防長官脅迫事件と同一人物?
2013年05月02日09時10分
 駐韓米国大使館にテロを暗示する郵便物が届き、公安当局が捜査に入った。警察は、金寛鎮(キム・グァンジン)国防部長官を狙った脅迫ビラと小包を送った先月の事件と同一人物とみて、1日、関連人物の住居地に対する家宅捜索を行った。

 公安当局によると、ソウル鍾路区の駐韓米大使館に先月29日、郵便物1通が届いた。この郵便物の中には写真と手紙、アルミ箔が1枚ずつ入っていた。写真には、国内のある日刊紙の上に圧力釜が置かれた場面が入っていた。手紙には英文とハングルで「なぜ韓国で戦争を起こそうとするか。米国の奴らを消してしまう」という内容が書かれていた。

 捜査関係者は「米国ボストンテロに使われた圧力釜を写真に入れて米国を狙ったテロを暗示するものとみられる」と述べた。先月16日、ボストンマラソン現場でテロ犯は鉄玉を入れた圧力釜を爆発させ、約100人の死傷者を出した。

 公安当局の関係者は「金長官脅迫小包事件の後、従北団体の活動に注目している」とし「大使館に送られた郵便物がテロを暗示するものと判断し、捜査を拡大している」と述べた。

 公安当局は、金長官脅迫ビラを散布した直後に一部の記者に関連メールを送ったアドレスが北朝鮮の対南サイト「わが民族同士」の会員アドレスと似ている点にも注目している。

 昨日はアメリカで無差別殺人を仄めかすような発言をして処罰を受けた大学講師のモドキについてエントリをあげました。

 そしたらその数時間後にはこんな記事が中央日報に掲載されているんですもの、本当にどれだけテロルが大好きなのかと、この蛮族の蛮性と異常性に改めて驚嘆させられましたよ。

 戦争の原因をアメリカに求めるキチガイっぷりに加え、だからアメリカ人を消す…つまりは無差別虐殺で殺しますとわざわざボストンテロを示唆する写真を添付して脅迫するやり口は、流石テロリズム礼賛民族としか言えませんね、もはや。

 まぁ、北朝鮮自体が拉致や暗殺、航空機爆破や核での脅迫などテロリズムで成立しているような国ですし、元が南北は同族であることも鑑みれば、民族そのものが異常なんだとしか評価のしようがありません。

 DNAそのものが腐っている、或いは狂っている、と。

 狂った目的を設定し、その為ならば一切過程は問わない…これこそがチョウセンヒトモドキの根底に流れる異常思想であり、だからこそ歴史を捏造するのも、テロルを行うのも連中の中では何らおかしなことではないのです。

 重要なのは結果だから、テロを実行した人間を簡単に英雄と称えられるし、話す度に内容が全く別物に遷移して原型を止めなくなっていても問題があるとは考えないし、感じさえもしない。

 結局のところ、根本からして人間とは違うからこその「ヒトモドキ」なのであり、このケダモノどもとの理解や共生がどの民族であっても不可能なのは至極当然ってことです。
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果