徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
04月30日(火)

現実に悲観するとすぐ妄想へ逃げるモドキ 

29日付けの朝鮮日報の記事から

【コラム】日本が「侵略」されていたら
2013/04/29 10:06
 歴史に「たら・れば」は禁句だというが、日本がもし近代史で「侵略」されていたら、どうだっただろうか。

 例えばこうだ。1895年10月8日の夜明け前、大韓帝国(韓国)の浪人48人が東京・千代田区の皇居に侵入し、皇后に朝鮮刀を突き付ける。浪人たちは皇后を殺害し、その遺体に枯れ枝を積んで火を付ける。

 10年後、韓国は東京の中心に軍隊を派遣し、明治天皇を脅迫して日本の外交権を奪う条約を強制的に締結させる。明治天皇は1907年、オランダ・ハーグに密使を送り、日本を植民地にするという韓国の陰謀を国際社会に告発しようとするが、息子(後の大正天皇)に天皇の地位を無理やり譲る羽目になる。

 3年後、悠久の歴史を誇る日本という国は、地球上からなくなる。強暴な隣国・韓国が、日本を併合する形で国を奪うのだ。韓国の野望はこれに終わらない。満州事変を起こして中国を攻撃した上、南京大虐殺で30万人の命を奪ってしまう。大東亜共栄を叫び、米国ハワイの真珠湾を奇襲する。だが韓国は最終的に木浦と釜山に原子爆弾を落とされ、無条件降伏を強いられる。そして日本は韓国による植民地支配から解放される-。

 あり得ない仮定だが、これが史実だったとしたら、その後韓国の指導者が「侵略の定義は定まっていない。国の立場によって異なる」と述べて侵略の事実を否定したとき、日本の国民はどのような気持ちになるだろうか。韓国の最高指導者が、戦犯を合祀(ごうし)した国立ソウル顕忠院に供え物を奉納し、閣僚たちが相次いで参拝しても、これを単に韓国国内の問題だと捉えるだろうか。

李漢洙(イ・ハンス)記者

 日本が侵略ねぇ?

 当時そんなことが出来る可能性(国力)を持った国なんて、アメリカかロシアだけですが?

 1895年10月と言えば、日本は日清戦争に勝利した直後であり、列強国の一角として頭角を現した時期です。

 一方の朝鮮といえば、清の属国として大清国属高麗国旗などを作成して属領ですと内外のはっきり公言していた立場から、日本によって独立を宣言させてもらった直後であり、そんな時にただの暴漢程度が皇居に押し入って皇族に刃を向けるなんて出来る余地はありません。

 まして、門閥による国家乗っ取りをした上で日本→清→ロシアと尻を振る相手を次々と変えた結果、同族に殺された閔妃如き間抜けな国賊と日本の皇室を同格に扱うなど不敬にも程がありますね。

 そもそも日本人は劣化コピーしかできない蛮族と違い、原爆二発に国土の半分を焼け野原にされても半世紀に満たない間に復興させて世界で3指に入る経済大国までのし上がらせる程の民族であったからこそ、アメリカに武力で開国させられた上に列強各国に不平等条約を結ばされた状況から短期間で清を倒せるまで国力を付けられたわけです。

 だからこそ、その10年後にはロシアとの戦争に勝ち、第一次世界大戦でも勝利して国力を大きく伸展させられたわけで、衣服用の染料や車輪程度も満足に自作できない愚劣な劣等種が日本を支配したところで、同じように国力を増すなんて絶対に出来るわけがありません

 あっという間に中国の属国に戻されてまた王が自ら使者を出迎えに行った上で土下座して何度も額を地面に打ち据えながら迎え入れる時代に戻るか、さもなくばロシアに併呑されてただの属領にされるかです。

 現に今だって相手の手出しできない状況を利用して盗み取った竹島を保持するのが精一杯で、半島の統一もできないで半世紀以上も内戦を続け、暗礁を領土だなどとみっともないことこの上ない振る舞いをして己を慰めているだけじゃありませんか。

 国力は日本の足元にも及ばず、経済政策も日本が本気を出した途端に経済が成り立たないと泣き喚く。

 ま、その程度の下等動物だからこそ意味不明な妄想に耽るしか救いが無いんでしょうけどねぇ?

 大体「韓国の最高指導者が、戦犯を合祀(ごうし)した国立ソウル顕忠院に供え物を奉納し、閣僚たちが相次いで参拝しても、これを単に韓国国内の問題だと捉えるだろうか」なんて偉そうにほざいていますけど、韓国は平然と売春婦像を大使館前に違法設置するとか、爆弾テロリストを英雄として記念館を建てて行事を行うなど、「単に韓国国内の問題だと捉え」られていない振る舞いをしていますが、それに対して反省したり、自制したことなんてただの一度もありませんよねぇ?

 前任のバカ大統領はこの違法行為について日本に咎められたら、やめるどころか逆に謝罪と賠償を要求した上、聞き入れないなら第二、第三の像を造るぞと恫喝をし、第三国であるアメリカで造り始めましたよねぇ?

 中央日報なんて2~3日前にも爆弾テロリストの話題を写真付きで嬉々として掲載していましたし。

 相手の立場に立って考えろとか、論理ではどうにもならないから感情論でという何時もの浅慮なモドキのやり方ですが、自分達が相手の立場に立って考えるなんてしたこともないくせにやるんですから、実に馬鹿らしい。

 人に求めるなら、まずは自分たち以外から見れば単なるテロリストでしかない金九を先生と呼んだり、安重根ら単なるテロリストを顕彰するのをやめて、そういうことをやってきた事実を詫びてみろって話ですよねぇ?
スポンサーサイト
04月29日(月)

自分達の蛮行三昧を棚に上げ、暴言が気に入らないと喚くモドキ 

26日付けの中央日報の記事から

【社説】日本、在日韓国人の身辺安全責任を負うべき
2013年04月26日11時45分
 安倍政権が極右指向を見せながら韓国人を相手にした日本の右翼団体の威嚇も危険水位に至っている。右翼団体は普段でも東京都心で拡声器を持って反韓デモを行ったりした。そうするうちに今は韓国人を特定して身辺に威嚇を感じるほどの殺伐な言葉をはばからないでいる。

 例えば「在日特権を許さない市民の会(在特会)」という右翼団体は「韓国人を殺そう」「首をくくれ」というなど、理性を失った脅迫をしている。今月23日には在日同胞3~4世で構成された在日韓国青年会が見るに耐えかねて抗議声明を発表することもした。青年会の指摘通り右翼団体の加虐的・人種差別的扇動は同じ人間として越えてはならない限度を越えた。他人に迷惑をかけないことを礼儀とする日本人がなぜこの状況になったのか。

 こうした右翼の挑発を日本の治安当局が積極的に制御しなければいつ不祥事が起きてもおかしくない状況だ。右翼団体の過激派会員らが韓国人に物理的危害を加えたり、双方のデモ過程で暴力衝突が起きれば事態は手の施しようもなく悪化する。

 駐日外交官や商社員、またはしばらく滞在する観光客はそれほど殺伐な雰囲気を実感しにくい。日本人はビジネスをする相手や、お金をばらまいていく観光客には親切に対するためだ。問題は日本国内で社会的・経済的弱者である在日同胞と留学生だ。彼らは好きでも嫌いでも長期間日本で暮らさなければならないので右翼の標的になりやすい。自国に居住する外国人の身辺保護は文明国家の当然の責任だ。日本政府は右翼の挑発による不祥事が起きる前に在日韓国人に対する身辺安全対策を講じなければならない。

 韓国政府も同じだ。日本の極右勢力が挑発を持続する場合、韓国内でも日本人を相手に有事事態が広がらないという保証はない。日本右翼に口実を与えそうである不祥事が起きないように警備態勢を強化しなければならない。

 もちろんそのような対策も悪化した韓国・日本関係を改善させるところには限界がある。究極的には極右政治家たちの挑発と妄言に揺らぐことのない両国国民の成熟した理性に寄り添うほかない。

 デモで殺伐な言葉を言ったから、何だというのか?

 たかがその程度、実際に何かをやるような度胸も覚悟もないからこそ、口汚く喚くだけの連中相手にそんな無駄なことをする必要はありませんし、ましてや警官を動員してどうのなどと、何故日本の治安や国税の使い方についてモドキ如きにどうこう言われなきゃならないのかと。

 まして、つい先日も閣僚の靖国参拝が気に食わないと、日本大使館前で自分達下等動物はもっと過激で野蛮で殺伐とした暴走行為をやっていましたけど、中央日報を始めとしたモドキのメディアがそれを反省したり、自制を促したり、在留邦人へ配慮と警備をなんて主張をしたのは聞いたこともないんですがねぇ?

 公道で日の丸や旭日旗を汚し、引き裂き、燃やし、それだけでは足りぬと安倍総理に見立てた人形を設置したりした挙句、路上に日の丸を敷いてその上に安倍総理のお面を被せた男に正座をさせ、首には大鎌をあてがい、後頭部には三叉の槍を突き付けて記念撮影なんて、下劣な蛮行三昧でした。

 儒教国を自称しながらこのような蛮行を公然と行い、しかも各種法令違反であるのに一切取り締まらない韓国警察と、一切対処を命じない韓国政府…「加虐的・人種差別的扇動は同じ人間として越えてはならない限度を越えた」振る舞いをしているのは一体どちらでしょうかねぇ?

 韓国の「治安当局が積極的に制御しな」い結果、こういう暴動が事ある事に繰り返され、更には大使館への嫌がらせに売春婦像設置や火炎瓶の投擲、トラックによる突入など、国際秩序を無視した重大な犯罪さえも繰り返されているわけですが、これまた一切対処をしないどころか、常に犯罪者へ同情的な態度を示す蛮族が、一体何様のつもりでほざいているのやら?

 しかもこの馬鹿げた社説を載せる僅か3分前に中央日報は、爆弾魔尹奉吉のテロルを称えて、中国人と対日テロル戦線を組んだんだぞと威張り腐った記事を掲載しているんです。

 自分達は随所で歴史を捻じ曲げながら過去の恥ずべきテロ行為を賛美し、その舌の根も乾かぬうちに今度は怖いことを言われたから被害者なんだぞとかほざいているんですから、連中の感性は人間のソレと次元そのものが隔絶しています。

 これだけの行為を国を挙げてやってきておきながら、「日本右翼に口実を与えそうである不祥事が起きないように警備態勢を強化しなければならない」とか真面目に社説で書き連ねるんですよ?

 大体「日本国内で社会的・経済的弱者である在日同胞と留学生だ。彼らは好きでも嫌いでも長期間日本で暮らさなければならないので右翼の標的になりやすい」とか、意味不明ですよねぇ?

 そんなに心配なら学生には渡航禁止を言い渡してさせなければいいだけですし、在日にしたって国家として引き取ればいいだけなのに。

 特に経済的弱者なんて記す位なら、自国で引き取ってしっかり社会保障制度で面倒見てやれって話ですよねぇ?

 単なる役立たずのお荷物をモドキの棄民政策で寄越されたって、寄生するか犯罪を引き起こすかだけで、迷惑以外の何物でもないんですから。

 それに右翼やヤクザなんて少なからずモドキが紛れ込んでいるんですから、襲うだのなんて話にはなり得ないと思いますがねぇ?

 ほーんと、手前勝手で愚鈍な下衆ですよねぇ、チョウセンヒトモドキって。

 中央日報『抗日運動家・尹奉吉の義挙、4億の中国人は恥ずかしい』
 http://japanese.joins.com/article/
936/170936.html?servcode=A00&
sectcode=A10&cloc=jp|main|ranking
04月28日(日)

総理発言捏造で嘘つき呼ばわりする下劣な中央日報 

25日付けの中央日報の記事から

<靖国神社参拝>安倍首相、今度は嘘…韓中は不快感(1)
2013年04月25日09時02分
 日本の安倍政権が韓国と中国に対し、事実上の外交全面戦争を宣言した。

安倍晋三首相は24日、閣僚の靖国神社参拝に韓国と中国が強く反発していることに関し、「わが閣僚はどんな脅かしにも屈しない」と反論した。韓国と中国に対し、「脅かし」という極端な表現を使いながら正面から対抗したのだ。また「脅かし」という言葉を述べながら左手を振り下ろすジェスチャーも見せた。安倍首相が「その自由は確保している」と話した時は拍手が起こった。

安倍首相はこの日の参院予算委員会で「靖国について抗議を始めたのは盧武鉉(ノ・ムヒョン)時代で、その時に顕著になった。金大中(キム・デジュン)政権でも少しあったが、それ以前はほとんどなかった。なぜ突然態度が変わったのか調べる必要がある」と述べた。

安倍首相のこうした発言は、韓国政府が国内政治目的のために靖国問題を悪意的に活用しているという主張と解釈される。しかし安倍首相の主張は事実に反する。日本首相の靖国参拝は、初めて公式参拝を宣言した1985年8月15日の中曽根康弘首相から01年の小泉純一郎首相までの16年間、96年の橋本龍太郎首相の1回を除いて一度もなかった。それも自分の誕生日(7月29日)に私的に参拝した。副総理と外相がこの期間に参拝した例も2回にすぎない。

韓国政府も85年の中曽根首相の靖国参拝を、当時の李源京(イ・ウォンギョン)外交部長官が正式に問題に取り上げた。96年の橋本首相の参拝当時は、外務部が公式的に遺憾論評まで出した。

 凄いですよね、自分達が事実を捻じ曲げて相手を嘘つき呼ばわり…流石はモドキです。

 記事中で「安倍首相の主張は事実に反する」、つまりは嘘だと断定している部分は、靖国について抗議を始めたのは盧武鉉(ノ・ムヒョン)時代で、その時に顕著になった」という発言であり、理由は「韓国政府も85年の中曽根首相の靖国参拝を、当時の李源京(イ・ウォンギョン)外交部長官が正式に問題に取り上げた。96年の橋本首相の参拝当時は、外務部が公式的に遺憾論評まで出した」からというものです。

 つまり、それ以前にも抗議はしているぞ、盧武鉉時代からじゃないぞと中央日報のモドキどもはデマを垂れ流しているわけです。

 どこら辺がデマなのかは、以下に記す安倍総理による発言のオリジナルを見てもらえればわかります。

 「韓国では、靖国について抗議をし始めたのは、いったい、いつなんですか。盧武鉉(ノ・ムヒョン)時代が顕著になったわけでございまして。金大中(キム・デジュン)時代にも、少しありました。それ以前には、ほとんどないんですから。中国においても、そうです。いわゆるA級戦犯が合祀された時も、彼らは、その時の総理の参拝について、抗議はしていなかった。ある日突然、抗議をし始めたわけであります」

 ご覧の通り、「抗議を始めたのは盧武鉉(ノ・ムヒョン)時代」なんて、一言も言っていません。

 あくまでも、顕著に抗議するようになったのが盧武鉉時代からだと言っているだけで、むしろちゃんと金大中時代にもありました、それ以前は殆ど無かったと、つまり金泳三などの時代にも少ないながらもあったと肯定しているのです。

 それに何より、総理大臣による8月15日の靖国参拝は蛮族が騒ぐ1985年どころかその10年前の1975年に三木武夫が行ったのが最初であり、10年間気にも止めなかったのに、総理の言うように「ある日突然、抗議をし始めた」

 ま、その原因は言うまでもなく、外交問題の放火魔、朝日新聞なんですが。

 加えて公的参拝が中曽根からだのと言う話にしても、自らが最後の段落で私的参拝にも韓国政府が抗議しているぞと記していることで、公私がどうであるかは関係ないのだと証明しており、ならば公的参拝を公言した中曽根からどうだのと言うのは話の筋が通りませんよねぇ?

 何れにせよ、このように自らが相手を貶めるために嘘をついて、その上で相手を嘘つき呼ばわりするんですから、常々下劣な下等動物らしいやり口ですよねぇ?

 常日頃から嘘しか言わないから、こういう事が当たり前にやれるんでしょうけど、本当に下衆ですね。

 FNNニュース『安倍首相、閣僚の靖国参拝への中韓反発に「脅かしに屈しない」』
 http://www.fnn-news.com/news/
headlines/articles/CONN00244774.html
04月27日(土)

流石は間抜けで有名な民主幹事長 

25日付けの朝日新聞デジタルの記事から

「A級戦犯は明確に区別されるべきだ」民主・細野氏
2013年4月25日23時15分
■細野豪志・民主党幹事長

 私は慰霊は出来るだけ静かに行われるべきだという考え方だ。個人として靖国神社に参拝することはあるが、整理すべきなのはA級戦犯の問題。「行けと言った人」と「行かなければならなかった人たち」は、明確に区別されるべきだ。

 A級戦犯の中でも国のために努力した人がいるのは承知しているし、そういった皆さんへの慰霊の念もあるが、靖国という場所で国家的に霊を慰められるべき存在ではなく、静かに個人として慰霊の念を表すべき方々という認識でいる。そこが区別されない中で、閣僚が節目の日に参拝するのは、慎重に考える必要がある。こういったことで中国、韓国が立場を硬化させるのは残念だ。国内でそういう論争があることをもって、外交上のつけいる隙を与えるような形には、あまりしたくない。(記者会見で)

 偉そうに、保守にこだわりがあるとかなんとかFacebookでほざいてたバカがコレですからね…

 A級戦犯の中で、靖国に祀られたのは一部の人間でしかありません。

 というか、そもそもが単なる報復裁判に過ぎないため、A級の定義そのものがいい加減であり、罪とは言えない者や起訴内容が大量にありますし、A級戦犯になったからと言ってイコール何時までも差別され、悪だと罵られねばならないなんてのも実に馬鹿げた話です。

 例えば有罪判決を受けたA級戦犯の中には、東京湾のおいて戦艦ミズーリ艦上で行われた降伏文書調印をしたことで有名な重光葵がいます。

 元々戦犯容疑自体無かったのに、ソ連による強硬な脅迫にGHQが屈して起訴された上、起訴した側の欧米メディアですら無罪だろうと思っていた中で、7年の禁固刑が科せられました。

 釈放後は公職追放を受けていましたが、解除後には政治の場へ復権し、鳩山一郎内閣において外務大臣まで務めました。

 他にも、起訴されなかったが、A級戦犯として逮捕され、東条英機ら他のA級戦犯が処刑される翌日まで投獄されていた人物に、岸信介がいます。

 冷戦の激化によるアメリカの対日政策変更で釈放されたのであり、安倍首相の血縁者としても有名ですが、それ以上に日本の総理大臣として有名な人物ですよね?

 他にも民間人でA級戦犯に起訴された大川周明なんてのもいます。

 意味不明な言動を裁判所で繰り広げたことから、精神障害と判断されて結局裁かれず。

 後は同盟国であるドイツとイタリアの駐在大使、大島浩と白鳥敏夫もA級戦犯として裁かれて終身刑になっていますね。

 特に白鳥敏夫は収監中に癌で死亡したことから、靖国に祀られているわけですが、日独防共協定や三国同盟締結を推進した事が罪となったただの外交官です。

 どうでしょう?

 A級戦犯=「行けと言った人」なんて区分けが如何にいい加減で出鱈目なものかわかりますよね?

 つい先日も国会で徳永エリなる民主のバカ女が捏造答弁を行い、その後言い逃れのために内容を二転三転させ、家族会から説明を要求される事態にまで発展しているのですが、この政党のペテン師体質は未だ何ら変わっていないことがよくわかります。

 「行けと言った人」がA級戦犯だと言うのなら、内閣の宣伝大臣や顧問として国民を戦争へ駆り立てることに奔走した朝日や読売のお偉いさん達(緒方竹虎と正力松太郎)らメディア関係者がリストに名前が載っただけで誰も罪を裁かれずに済んでいることは大きな間違いだと思いませんか?

 ついでに言えば、「A級戦犯の中でも国のために努力した人がいるのは承知している」ってA級の概念すらマトモに理解していないバカに、誰が努力して、誰がそうでなかったなんてどうしてわかるんでしょうかねぇ?

 自分達と同じで権力欲に溺れて国に害をもたらすバカは同族の匂いがするからわかる、とでも言うのでしょうか?

 いやはや、不倫をしたり、中道と言ってたのを保守にこだわりがあると言い出したり、戦犯の中身すら知らずに語ったり…流石は最低と最悪、更に無能と歴代日本の憲政史上ワースト記録を3年の間に更新し続け、国を破壊して外交関係を滅茶苦茶にしたゴミ政党の幹事長様ですよねぇ?

 それと、仮にA級戦犯を靖国から追放したとして、今度は中韓がBC級戦犯も問題だと喚きだしたらこの細野という馬鹿猿はどうするんですかねぇ?

 BC級戦犯にはその多くがA級以上に理不尽な理由で処断された人々が溢れかえっていますし、「行かなければならなかった人たち」がその中に大勢いるんですがねぇ?

 ま、思いつきだけで口を開くバカ民主の幹事長様には、事実関係をしっかり学べとか、先の展開を考えろなんて説教は幾らしたところで蛙の面に小便ってものでしょうけど。
04月27日(土)

どちらからも嫌われる在日と言う名のコウモリ 

25日付けの朝鮮日報の記事から

在日韓国人団体が嫌韓デモに抗議声明
2013/04/25 08:59
 日本で極右団体が行っている嫌韓デモに対し、在日本大韓民国民団(民団)傘下の在日韓国青年会中央本部が強く抗議し、デモの中止を求めた。同会は日本で生まれ育った18-35歳の在日韓国人3・4世がメンバーとなっている。

 極右団体「在日特権を許さない市民の会(在特会)」は最近、東京都内で「韓国人どもを殺せ」「首をつれ」などといった極端なシュプレヒコールを叫び、デモを行っている。

 在日韓国青年会は今月23日、公開声明文を発表し「(デモ隊が)人間として越えてはならない一線を越えている。これ以上看過することはできず、強く抗議する」と述べた。韓国人団体が嫌韓デモに対する声明文を発表するのは今回が初めて。

 同会は今年、関東大震災の発生(1923年)から90年を迎えるということを強調した。関東大震災当時は「朝鮮人が暴動を起こした」などのデマが流れ、6000人の在日朝鮮人が日本人によって虐殺された。

イ・ジェジュン記者

 「越えてはならない一線を越えている」ねぇ?

 先日行われた閣僚の靖国参拝について、自分達の祖国ではシュプレヒコールどころか安倍総理の仮面を被った男が落書きされた旭日旗の上に正座した写真や、相変わらずの日の丸を破いて燃やしてのバカ騒ぎを日本大使館前で繰り広げた写真が幾つも掲載されていますけど、同胞の振る舞いについてこの在日のバカどもが同じような批判をしたことがただの一度でもあったでしょうか?

 自分達がやっていることを棚に上げておいて、それよりも内容は不穏当ながらも行動レベルそのものは穏当な相手の振る舞いに対して憤るって、本当に手前勝手で矮小なケダモノですよね。

 祖国では反日を生まれた時から刷り込み、幼少で既に日本を破壊したり日本人を迫害することに愉悦感を抱く異常な子供に育ち、それを対外的に発露することをむしろ歓喜雀躍として触れ回る異常民族、チョウセンヒトモドキ。

 当然ながらこんな蛮族の振る舞いを事ある事に見せられ、言いがかりをつけられ、更には不法入国者の分際で金の無心や選挙権の要求と厚顔無恥な振る舞いをされれば、短慮な人間が暴走するのは当然です。

 日本人だって全てが全て温厚なわけではないし、野卑な人間だっているわけですから、むしろそういう連中でさえ暴言だけで済んでいる分、モドキに比べ日本人がどれだけ温厚か分かると言えるでしょう。

 まして在日と言えば、日本人からは権利や金ばかり求めるだけの寄生虫として嫌悪され、祖国からは母国語もまともに話せないわ、選挙権など権利だけ受けて税金も納めなければ徴兵の義務も負わない卑怯者として侮蔑されてるコウモリですからねぇ?

 因みにモドキ自身による在日の別称「パンチョッパリ」とは、日本人に対する別称「チョッパリ」から、その日本に住んでいいとこ取りをする卑怯な「半分日本人」ということで、半チョッパリと。

 3世、4世ともなればハングルによる読み書きや会話が十分にできないことも珍しくなく、生活基盤も完全に日本へ移っているので今更祖国に帰る場所もないだけに、しがみつこうと必死なんでしょうねぇ?

 だって「これ以上看過することはでき」ないなら、無理に住み続けようなんてせず、普通は祖国に帰ればいいだけですもの。

 でも、それが出来ないから、今更関東大震災時に朝鮮人が6000人殺されたなんてとっくに化けの皮が剥がされた嘘に縋って被害者を演じようとしているわけですけど、もはやそういう古びた真似が逆効果にしかならないと時勢が読めないあたり、ホント、ケダモノですよねぇ?

 90年と言うのならその記念に、是非とも在日みんなで日本に定住するのをやめて一斉帰国すればいいのに。
04月26日(金)

目処も立てずに参加すればそりゃあ… 

25日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

丸善、落札した図書室業務「要員そろわず」辞退
 書籍や文具の販売などを手がける丸善(本社・東京)が、国立新美術館(東京・六本木)から受注した同館の「アートライブラリー」の運営業務を、今月1日からの開始直前に「スタッフをそろえられない」として辞退し、同館を運営する独立行政法人国立美術館(法人本部)から、書籍購入などの取引を4か月間停止する措置を受けていたことが24日、明らかになった。

 これを受けて国立博物館などでも、取引の一時停止を検討している。

 法人本部によると、契約は3年間で、予算額は9315万円だった。公募に応じた5社から、2月5日に丸善が選ばれたが、3月29日になって契約を辞退。丸善経営管理部は「落札後、スタッフの確保に努めてきたが、技能のある要員をそろえることができなかった」と話している。
(2013年4月25日12時22分 読売新聞)

 むしろ、こんな安値の仕事を丸善がよく出来ると思ったなって感じですね。

 3年間の予算が9315万円という事は、年間予算はたったの3105万円ですよ?

 それに対し、アートライブラリーの所蔵資料は展覧会カタログ90,044冊、図書36,267冊、逐次刊行物2,821タイトルと総計約13万冊という、下手な図書館より遥かに点数がある規模なんです。

 都内の公共図書館は区の基幹となるような大規模なもので大体10数万点、小規模になると5万点以下も普通にある。

 実際にアートライブラリーを見たわけではないし、敷地面積や展示方法などについての詳細もHPなどでは不明でしたので何とも言えない部分はありますが、何れにしても技能持ちの要員を揃える必要があるのに、たったそれだけの予算では人員の確保なんてまず無理だろうと

 おまけに、国立新美術館は火曜休館なので、シフト制で常に交代人員を確保しておく必要があるし、上記のような膨大な資料に対するレファレンスなどもせねばならないのでコンビニのバイトのように誰でも簡単に出来るわけじゃありません。

 それこそ、司書などの資格持ちともなれば給与だけでそれなりに行くわけで、アルバイト並の予算で人件費が抑えられるわけがないのですから、十二分な人員を揃えようとすれば手間も掛かる上に金も掛かる。

 内容の如何に関わらず一日最低3人程度は必要になるでしょうから、仮に1人の年間人件費を500万円とすると交代1名の4名だったとしても年2000万円は掛かる

 それ以外の経費が一切かからない上、人員もその人件費と人数で抑えられれば儲けが出ますけど、他にも業務が色々あって5人は必要だとか、人件費がもっとかかるとかって話になると儲けは殆どないどころか、逆に足が出かねなくなってきます。

 そもそも書店員と図書館員じゃ必要な技能も知識も違いますからねぇ?

 販売とレンタルでは、接客技能も異なるし、書籍の仕入れや展示方法なども似ているようで実は全く異なります。

 わかり易く説明すると、先程少し記したように、図書館の募集では司書資格が条件となる事が大抵ですが、書店員の場合それは不要であり、丸善だろうが紀伊国屋だろうがそれ以外だろうが、無いよりはマシ程度にしか認識されません

 書店員の場合、最低条件は大体が大卒というもの位(あとはそれぞれで異なるが、大卒は大型の場合どこも一緒)で、明確にこの資格をと言うのは普通ありませんが、業務内容から、販売員関係の資格が必要なのと、後は体力ですね。

 決まった時期に決まった冊数を入れるだけの図書館とは異なり、日本で販売される年間7万冊もの新刊の大半を扱うのが大型書店であり、1日平均200冊もの新刊を搬入して並べ、同時に古い本や売れない本などを返品していかねばなりませんし、悪質なクレーマーや万引き犯、盗撮犯とも毎日接し続けなければならない苦労は、図書館のそれとは比較になりません。

 無論図書館でもクレーマーや犯罪者はいますけど、例えば書店の万引き被害は大型書店14社で年間40億円

 書店全体の推定は130~140億円と言われている、つまりは毎日5000万円以上の被害が出ているわけで、図書館の業務と同じ感覚でやっていたらあっという間に在庫と予算が犯罪者に食われて潰れるとわかりますよね?

 盗撮犯にしても、ファッション雑誌など流行モノや話題の新刊を求めて若い女性が訪れるのは当然ながら書店の方が多いですし、クレーマーにしてもただで借りられるのと購入するのとでは当然違ってきますよねぇ?

 金品の請求なんて、図書館にはできませんし、表紙の保護や図書館のシール、判子の入った本は転売できませんし。

 とまぁ、そんなわけでどっちかをやっていたからそのままもう片方でも通用するって単純な話ではないわけで、人員の見通しも立っていないのに落札に参加していましたとか、幾らなんでも丸善の対応がいい加減過ぎますよねぇ?

 落札から辞退までの流れからして大方、人員確保は落札した後に募集をかければどうにかなるだろうと楽観していたのでしょうけど、そんなのがうまく行くと思っているようでは、そりゃ失敗するのも当然です。
04月25日(木)

朝日による報道しない自由、その行使実例 

24日付けのMSN産経ニュースの記事から

「外交問題になること自体おかしい」自民・高市氏、靖国参拝反発の中韓を批判
2013.4.24 13:27
 自民党の高市早苗政調会長は24日、都内で講演し、閣僚の靖国神社参拝に反発している中国、韓国の両国を批判した。「外交問題になること自体がおかしい。例えば植民地政策や開戦時の国家意志が良かったのか、悪かったのかとなると、フランス、アメリカ、イギリス、オランダはどうだったのか」と述べた。

 高市氏はまた、「(米国の)アーリントン墓地に日本の閣僚が行ったら花を捧げる。では、ベトナム戦争が正しかったのか。東京大空襲は明らかな陸戦法規違反だが、あれが良かったのか悪かったのか。そんなことで慰霊のあり方が変わってはいけない」と指摘した。

 今回は、先日も記した朝日流、報道しない自由の行使について見たもらいたいと思います。

 例題として最初に掲載したのは、この問題で大手唯一の保守論陣である産経の高市議員による講演内容の記事です。

 次に、これが朝日流ではどうなるのかを見てもらいます。


24日付けの朝日新聞デジタルの記事から

「どう慰霊するか、日本人が決める」 自民・高市早苗氏
2013年4月24日19時52分
■高市早苗・自民党政調会長

 日中関係は非常に重要だと思うが、自分の国のために国策に殉じて命を落とした方をどう慰霊するか、どうおまつりするかは日本人が決めることであって、外交問題になること自体がおかしい。案外、敵は内側にあるなと思っている。これは外交問題だとあおる方々もいらっしゃる。中国や韓国が文句を言うからみんな、靖国神社に行きません、慰霊はしませんってことになったら、植民地政策が悪かったのか、戦争の開戦した時の国家意思がよかったのか悪かったのかという話になる。フランス、米国、英国、オランダはどうだったのかという話になる。そんなことで慰霊のあり方が変わっちゃいけない。何か言われたから変えるから余計に言われる。やるんだったらやり抜くべきだと思う。(東京都内の講演で)

 わかりますか?

 まずタイトルが非常に差別的ですよね?

 その国ごとに文化も宗教も習俗も異なるのに、相手それぞれのやり方があるということを認めず、自分達の傲慢だけを押し付けることへの不快感の表明が、朝日のタイトルではまるで高市議員こそが傲慢を撒き散らしているかのように受け止められます

 排他的で他人の意見を無視する人物…そういう印象操作を測りたいことが、タイトルの時点で分かります。

 そして、内容もそれに準じています。

 ものの見事に産経が記している後半部分が全て欠落しており、欧米はどうなんだ、中韓が文句を言うからなんだ、という具合にただ高市議員が反発しているだけのようにしか、朝日の記事からは読み取れないですよね?

 もっとも、先日の靖国に対する毎日の社説のように、アーリントンへの閣僚による献花について、政教分離の原則に反する疑いがどうだ、戦争犯罪者へ慰霊をすることがこうだ、なんて反発を朝日らブサヨはしたことはただの一度もありませんので、内容を書き記して読者に疑問を抱かれるのはマズイ事この上ないから、書けるわけがないんですけどね。

 しかも、安倍総理は2月に訪米した際に日本の首相の慣例としてアーリントンへ献花に訪れていますが、当然ながらブサヨや読売は何らの問題視もしておらず、迂闊に踏み込めば連中にとって不利になる話題なのです。

 だからこそアーリントンやそれに付随するベトナム戦争、東京大空襲などについては記さない。

 こうやって都合の良い部分だけを抽出して印象操作を図り、俺達は中庸だぞ、真実を報道するのだと嘯くわけです。

 この卑劣なやり方に心底うんざりしたのが小泉総理であり、そこから政府のHPにおいて記者会見の内容を全文公開するという事が行われたわけですね。

 それでも自分達の偏った思想を貫くこと、特アに媚を売ることが大事だと、今日に至ってもその卑怯千万な振る舞いを上記記事の通り続けているのが朝日新聞というわけです。

 時事ドットコム『アーリントン墓地に献花=安倍首相』
 http://www.jiji.com/jc/
zc?k=201302/2013022200536
04月25日(木)

読売の迷走、もはや単なるブサヨに堕したのか? 

24日付けのYOMIUIRI ONLINEの記事から

閣僚の靖国参拝 外交問題化は避けるべきだ
 日本政府には予想外の反応だった、ということではないか。

 韓国の尹炳世外相が、26、27日に予定されていた日本訪問を中止した。麻生副総理ら閣僚3人の靖国神社参拝に対し、「侵略戦争の美化」と反発したためだ。

 尹外相の来日は、5月下旬の日中韓首脳会談が中国の消極的姿勢で見送られる見通しとなる中で、議長国として会談開催の環境整備を図ろうとしたものだった。

 緊張の高まる北朝鮮の核・ミサイル問題での日韓連携に加え、李明博前大統領の竹島訪問などで悪化した日韓関係を朴槿恵大統領の下で改善する機会でもあった。

 それだけに、尹外相の来日中止は残念である。

 韓国の外交姿勢には疑問が残る。従来、小泉首相の靖国参拝に反発して盧武鉉大統領が訪日を見合わせたことはあっても、閣僚の靖国参拝をここまで外交問題にしたことはなかった。

 日本政府が、歴史認識をめぐる問題について「それぞれの国にはそれぞれの立場があり、影響を外交に及ぼすべきではない」と主張するのは、その通りだ。

 戦没者をどう追悼するかは他国に指図される問題ではない。立場の相違を外交全体に極力影響させない努力が双方に求められる。

 一方、菅官房長官は「靖国参拝は心の問題だ」と語り、麻生氏ら閣僚の参拝をことさら問題視しない考えを示している。

 しかし、麻生氏らの靖国参拝が日韓関係に悪影響を与えたことは否定できない。政治も外交も重要なのは結果であり、「心の問題」では済まされない。麻生氏は副総理の要職にある以上、より慎重であるべきではなかったか。

 首相は、かつて第1次安倍内閣時代に靖国参拝できなかったことを「痛恨の極み」と述べたが、歴史問題が外交に悪影響を与えないよう細心の注意を払って政権運営してもらいたい。

 尖閣諸島の問題で日中関係が険悪になる中、まず日韓関係を改善することは、安倍外交にとって最優先の課題であるはずだ。

 靖国神社参拝をめぐる問題の根底には極東国際軍事裁判(東京裁判)で処刑された東条英機元首相ら「A級戦犯」が合祀ごうしされていることがある。韓国や中国だけでなく、日本国内にも戦争を招いた指導者への厳しい批判がある。

 誰もが、わだかまりなく戦没者を追悼できる国立施設の建立に向け、政府は議論を再開することも考えるべきだろう。
(2013年4月24日01時38分 読売新聞)

 「日本政府には予想外の反応だった、ということではないか」「従来、小泉首相の靖国参拝に反発して盧武鉉大統領が訪日を見合わせたことはあっても、閣僚の靖国参拝をここまで外交問題にしたことはなかった」と述べながら、その少し後には「政治も外交も重要なのは結果であり、「心の問題」では済まされない。麻生氏は副総理の要職にある以上、より慎重であるべきではなかったか」と、意味不明な寝言をほざく。

 読売の知能レベルも底がしれますよねぇ?

 前例がない予想外の事態だと認めているのに、どうやって配慮だの慎重だのとしろと言うんだと、余りのバカさに呆れ返るばかりですが、元々保守であり、今回の騒動の非が完全に韓国側だけにあることを理解しながらもそれを認められない読売の矛盾した政治思想そのものが滲み出た結果、この歪んで支離滅裂な社説に至ったのでしょう。

 そして、何故保守系でありながら靖国参拝を認められないかと言えば、最大の理由は読売を支配しているのがアカである老害、ナベツネ(元日本共産党党員)だからです。

 この老害は悪辣なまでに強固な反軍思想を持ち、嘘まで垂れ流しながら旧軍や軍人達を貶める振る舞いをしており、そのため軍人が祀られている靖国神社も心底嫌悪していますし、汚沢や福島といった連中とはとても仲が良い。

 例えばかつて、映画『出口のない海』を見た際の感想で人間魚雷『回天』について「渡辺さんは回天について、「回天はなかからカギをかけるのではなく、外からしかカギはかけられないのだ。」とものすごく怒っていらっしゃった。自分からはあけることができず、発射されたらそのまま一方通行で帰りはないのだ」と話を聞いたことを福島瑞穂がHPに記しています

 ですが、回天は魚雷を改造した特攻用の潜水艦であり、潜水艦の搭乗口をカギで管理するなんてこと自体がそもそも有り得ない話だと、ちょっと理科の知識があれば分かりますよね?

 水圧による負荷の問題…元々バカで有名(B-52が空母から飛び立つなど)な福島ですが、東大法学部卒でハッチと言うものがなんで存在するのか、何処に使われているのかもわからない…この程度の知能なんです。

 そしてそれは嘘を撒いた当人、同じく東大出でマスゴミ所属のナベツネにも言えることです。

 何より、回天のハッチは通常の潜水艦同様に中からも外からも開閉できます

 因みに、福島はこの時のブログ記事にこんなことも書いています。

 「回天を発明した奴出て来い!」

 知性もなければ知識もない、政治家としての意見表明を行うのに事実確認一つする知能さえない、見事なまでのバカっぷりを、この時も恥ずかしげもなく晒しました。

 提唱者の一人、黒木博司大尉は回天の訓練中の事故で殉死しており、もう一人の提唱者、仁科関夫中尉は黒木大尉の遺骨を抱いてアメリカの給油艦ミシシネワに回天で特攻し、撃沈して戦死しました。

 福島のような卑怯者にしてみれば、そういうのは下に責任を押し付けて自分だけは安全な場所に逃げるのが当たり前だから、この回天を生み出した人間も自分と同じに違いないって短絡思考で考えたのでしょうが、逆に己の矮小さと物事を考察する知能の無さ、考えなしに感情を吐き出して恥じ入りもしないバカさを露呈しただけでした。

 とまぁ、こういう滑稽なペテン師と繋がりを持つナベツネという老害ペテンバカに支配された読売故に、日本側に何ら瑕疵がないことを認めながら、非難をするという意味不明な行動になったわけです。

 それに「尖閣諸島の問題で日中関係が険悪になる中、まず日韓関係を改善することは、安倍外交にとって最優先の課題であるはずだ」って主張も意味不明だと思いませんか?

 日中関係が修復出来る可能性が無いから、韓国に媚を売りなさいって…

 モドキに尻を振ったからって日本に何のメリットがあるのでしょう?

 尖閣に対する中国の態度は確かに重大な問題ですけど、それを言うのなら竹島を侵略し、不法占拠を続けている韓国だって改善の望めない重大な問題じゃないんですかねぇ?

 ましてや、民主党政権が3年に渡り尻を振り続けた結果、関係が改善なんてしたでしょうか?

 違いますよねぇ?

 実際にはトラックでの大使館突入テロや慰安婦像の不法設置と海外での量産、デマの拡散、放火魔の引渡し拒否、大統領による竹島上陸、二国間条約無視による謝罪と金の無心、仏像の窃盗と返却拒否などなど、むしろ譲歩すればするほどあの蛮族どもは調子に乗って態度を悪化させるだけでしたし、それらの事態について読売は民主の態度と韓国側のやり口、どちらも批判してきたと思うのですが、民主の鳥頭よろしく、綺麗に忘れ去ったんですかね?

 靖国参拝や真榊の奉納などをやめろと喚いたところで、自国憲法さえ無視した譲歩をこちらがしても関係改善など望めるわけもないし、そんなことをしてもデメリットだけなのに、しろと迫る…もはや保守ではなくブサヨの所業ですよねぇ?

 「日本国内にも戦争を招いた指導者への厳しい批判がある」というA級戦犯への態度にしても、毎日や朝日同様に自分達こそが日本を戦争へ導いた真の扇動者であることへの反省どころか自覚さえ微塵もなく、責任を戦犯にされた人々だけに押し付けているのがありありと伺えますね。

 そもそも批判をしている勢力って、軍と政府に全ての戦争責任を転嫁し、GHQの下僕になることを条件に罪から逃れた朝日・読売・毎日や教育者らマスゴミや知識人のことであり、連中にとってみればその事実を広められるととっても都合が悪いんだから、そりゃ必死になって指導者が悪いって論調を維持しようと目論見ますよねぇ?

 自分達の会社が戦争賛美をして煽り立てたこと、トップがかつてA級戦犯として断罪されかかったこと、GHQの手先になることを条件に戦犯容疑から逃れたことに対して恥ずかしいとか悪いことをしたって気持ちが微塵もない、いや、そもそもそういう事実を知っているのかさえ怪しい限りです。

 挙句が無宗教と言う名の宗教施設を政府が作れと政教分離を無視した意味不明な主張で締めるわけですから、もはや読売も完全に終わっていますね。

 社説の内容が反政府・反軍で統一されている朝日や毎日らブサヨよりも迷走しきってぐちゃぐちゃなんですもの。

 ここまでみっともない内容なら、最初から掲載なんてしなければいいだろうにと思いますけど、ことが靖国神社絡みだけに、何としても批判をしないとナベツネのペテンジジイが納得しないんでしょうねぇ…

 福島みずほのどきどき日記『2006年10月09日(Mon)』
 http://mizuhofukushima.blog83.fc2.com/
blog-entry-49.html
04月24日(水)

稚拙過ぎる朝日・毎日のブサヨコンビによる言い掛かり 

23日付けの毎日jpの記事から

社説:靖国の例大祭 閣僚参拝は無神経だ
2013年04月23日 02時32分
 国の内外の人々がわだかまりなく戦没者を追悼できるようにするには、どうしたらいいか。この重い課題に政治が答えを出せないまま、今年も靖国神社の春季例大祭が巡ってきた。これまでに麻生太郎副総理兼財務相ら3閣僚が参拝し、安倍晋三首相は参拝は見送ったが、供え物の真榊(まさかき)を奉納した。

 韓国外務省は今回の事態を受けて、今月中に予定していた尹炳世(ユンビョンセ)外相の訪日を中止した。

 北朝鮮が弾道ミサイル発射の構えを崩さず、日米中韓が連携して北朝鮮の暴発を食い止めるべき時だ。靖国参拝をすぐに外交問題に発展させる韓国側の対応は冷静さを欠いている。だが、緊迫した状況下で「安倍内閣ナンバー2」の麻生副総理ら閣僚が靖国参拝に踏み切り、首相もこれを容認したことは、北朝鮮問題での中韓との連携を難しくし、結局は日本の国益を損ないかねない。無神経な行動と言わざるを得ず、極めて残念だ。

 第1次安倍内閣で首相は、在任中、靖国に一度も参拝しなかった。前任者の小泉純一郎元首相の参拝で悪化した日中関係を改善するためで、「行くとも行かないとも言わない」という「あいまい戦略」をとった。

 麻生氏も外相、首相として在任中は参拝しなかった。両氏とも自制的に対応したと言える。

 しかし首相は、前回の首相在任中に参拝できなかったことを「痛恨の極み」と語り、後悔しているようだ。今回の内閣では参拝したいという意思表示とも受け取れる。安倍政権を支持する保守層は、終戦記念日よりも、靖国の秋季例大祭での首相参拝を重視し、実現を狙っているようだ。今回の首相の真榊奉納と麻生副総理の参拝が、夏の参院選対策や、在任中の首相参拝への布石だとしたら、受け入れられるものではない。

 首相や閣僚の靖国参拝の是非について国論が割れてきたのは、(1)憲法20条の政教分離原則に抵触する疑いがある(2)極東国際軍事裁判(東京裁判)のA級戦犯が合祀(ごうし)された靖国への参拝は中国などから侵略戦争の肯定と受け止められる--という主に二つの観点からだ。首相は、日本が東京裁判を受諾した歴史的事実は受け入れる立場を示しているが、東京裁判については「連合国側の勝者の判断によって断罪がなされた」と疑問を投げかけている。

 A級戦犯の分祀論や無宗教の国立追悼施設の建設案にも、首相は慎重とみられている。靖国参拝をどう考え、今後、どう解決していくつもりか。国民への説明をあいまいにしたまま、既成事実を積み重ねるようなやり方は許されない。首相は自らの言葉で語るべきだ。

 案の定、特亜の下僕、毎日と朝日が何でやったんだと社説で大喚きしていますね。

 朝日は今週末(上記毎日は今月末と記述)に予定していた訪日が中止されちまったじゃねーかとモドキの主張を取り上げ、菅官房長官の弁については「影響を外交に及ぼすべきではない」という部分しか意図的に記さず、お得意の都合の悪い事実は隠蔽をまたやっていました

 実際には、「(外相会談を)やる、やらないさえ決まっていなかった。調整はしていたが、韓国側から何も聞いていない」と菅官房長官は朝日が記した発言の前に述べており、毎日と朝日が述べる今月末だ、今週末だの訪日なんてのはチョウセンヒトモドキ特有の真っ赤な嘘でしかありません。

 わざわざ外相が来たのに大臣級の人物と合わずに帰りますなんて、有り得ない話ですからね。

 そもそも、中国重視の上、無能大統領が失敗した米中のバランサー論をまたも持ち出しているバカ女なんぞを日本が今相手にしてやる必要性などまったくないんですよね。

 北の驚異がとか喚いたところで、対処については日米間で既に指針は決まっていて、MDに参画しているわけでも同盟国でもない南のモドキと歩調を合わせる必要はありませんし、南北で戦争を再開したって日本にミサイルが飛んでこない限りは憲法上の制約があるわけですから何も出来ないので、好きなだけ同族で殺しあえよと放っておくだけです。

 最近は中国にもロシアにも睨まれて結局ミサイルの発射すらできずに終わった北朝鮮は、モンゴルに食糧援助の話を持ちかけている最中だそうで、むしろ日本としてはここまで追い込んでいる以上は必ず最後に足を引っ張る韓国なんぞ最初から蚊帳の外にした方が都合がいいんです。

 大体、公務員が信条・思想を理由に国旗掲揚や国歌斉唱を拒否したり、妨害したりするのはいいとしながら、同じ公務員である政治家が神社に参拝するどころか、真榊を奉納するのもダメだなんて主張は、トチ狂ってるにも程がありますよねぇ?

 特にそのトチ狂いっぷりが明白なのが上記毎日の記述です。

 「(1)憲法20条の政教分離原則に抵触する疑いがある」

 「(2)極東国際軍事裁判(東京裁判)のA級戦犯が合祀(ごうし)された靖国への参拝は中国などから侵略戦争の肯定と受け止められる」


 今まで毎日や朝日ら国内のブサヨ勢力、そして中韓ら特アが神社の参拝そのものを政教分離の原則に抵触する疑いがあるなどと批判したことがあるでしょうか?

 例えば悪夢の民主党政権時代の3年間。

 土鳩、バカ、豚と3匹の獣が総理大臣の椅子を略奪していましたが、3匹とも年初には伊勢神宮へ初詣に行っています

 特にバ菅なんて、「国政選挙前や例大祭などの行事に合わせて同神社を参拝。首相就任後は2010年8月に訪れている」と2011年1月1日の時事通信記事『菅首相、地元の神社参拝=「元気のいい1年に」』に記されるほど頻繁に参拝に行っていた上、8月という最も特アが配慮だ過去がどうだと喚く時期に訪れてもいますが、問題になったことなどただの一度もありませんでしたよね?

 かつて巨人で無駄飯喰らいをしていたモドキの三振王、李承燁(イ・スンヨプ)は宮崎キャンプでの青島神社参拝を一人拒否して逃げ出しましたが、それについて韓国では「日本の軍国主義の象徴である神社に訪問することはありえないことだ」と拍手喝采しており、青島神社であってさえも軍国主義の象徴と看做されているわけですから、総理大臣による伊勢神宮への初詣に全く無関心なのは本来ならば非常におかしな話だと思いませんか?

 余談ですが、件の青島神社にはこれまでドイツやインド、フィジーやニュージーランドの大使らが表敬訪問をしており、神社だからと敵視しているのは戦争当事国でもない韓国だけなのがわかります。

 伊勢神宮は日本神話の最高神、天照大神を祀っており、神道にとってはイスラムにおけるメッカのような地であり、戦死者のために近代になってから造られた靖国より遥かに古い歴史を持つだけでなく、最も重要なトコロなわけですが、不思議なことに毎日も朝日もそんな遥かに宗教との結びつきが強く見られるはずの地へ毎年歴代総理大臣を始めとする多くの閣僚が参拝することを咎め、特アとの関係がどうのと喚いたことが一度もない(因みに歴代首相が初詣を伊勢で行うようになったのはルーピーの祖父、一郎の時からだとか)んです。

 この時点で憲法20条に抵触云々と言うのが単なる靖国への言い掛かりに過ぎないことは明白であり、説得力など微塵も存在しません。

 もう一つのA級戦犯にしても、価値観の違いを認めない相手に日本が一方的に媚を売らねばならないなんて主張自体に説得力が既にありません

 死んだ後の扱いについて、遺体を掘り起こして石を投げたり唾を吐きつけたり、汚物を掛ける…それが出来ない時にはわざわざ正座で縛られた石像を作ってまでそれら蛮行をするような蛮族の風習や思想に、なんで日本人が付き合ってやらねばならないのでしょう?

 テロリズムを賛美し、自国の発展のため尽くした先人を親日派だと糾弾して名誉を毀損するだけでなく、子孫から土地や財産を政府が略奪することに歓喜熱狂する下等動物のメンタリズムを人間に理解しろと?

 ましてや日本は国会でA級戦犯を含む戦犯すべての名誉回復を可決しており、靖国神社に祀られているのは階級や肩書きなどの違いはあれ、誰もがただの戦死者でしかありません。

 沖縄やアーリントンに行って献花するのとなんら変わりありませんし、政教分離がどうのと言いながら、ブサヨがそれらの地での慰霊や献花といった宗教行為を批判したことも一度もありませんよね?

 ましてや枢軸国側であり、200名近い戦犯が存在している韓国に至っては靖国がどうのなんて言う資格はそもそも何一つ存在しませんし。

 故に解決も何も、何かをする必要など何処にもありませんし、むしろこんな稚拙極まりない言い掛かりをつけて外交悪化と政治の混迷を狙うブサヨこそ総懺悔をしろって話ですよねぇ?

 朝日新聞デジタル『靖国問題-なぜ火種をまくのか』
 http://www.asahi.com/paper/
editorial.html#Edit1

 YOMIURI ONLINE『靖国参拝「心の問題」と菅長官、韓国訪日中止で』
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/
news/20130422-OYT1T00691.htm

 (2013年4月24日 13:45 文章追加及び一部字句修正)
04月23日(火)

格の差と知名度の無い地元出身の元大臣 

22日付けのMSN産経ニュースの記事から

「安倍旋風」長州を横断! 菅氏の脱原発デモ隊と“ニアミス”
2013.4.22 00:36
 (前略)実は半時間前、菅氏が脱原発のデモ隊約300人を率いて、遊説会場前を通過する珍事があったが、「あれが元首相か…」「政権が変わってよかった」と眉をひそめるばかりで、だれも動じることはなかった。

 首相は宇部、周南、徳山の3市でも遊説したが、どこも黒山の人だかり。首相はかねがね「長州に帰るといつもパワーをもらえる」と漏らしてきたが、改めて実感したに違いない。

 一方、海江田氏も21日、元民主党衆院議員で元法相の平岡秀夫氏(59)=民主、みどりの風推薦=とともに萩や下関など4市を回った。

 「今の円安株高は短期的にすぎません。若い人が就職、結婚し、人並みの生活ができるようになることが永続的なデフレ脱却につながる。みなさん、そうじゃありませんか!」

 海江田氏はこう語りかけたが、場所は首相の本拠地・下関。集まった約200人は遠巻きに眺めるばかりで拍手もまばらだった。

 平岡氏に至っては「安倍首相の言う『日本を取り戻す』は戦前の日本だ。国防軍にして軍事大国の道を歩もうとしている」と70年安保にタイムスリップしたかのようなアナクロ演説。これには街宣車近くに陣取った民主党支持者さえ首をかしげていた。

 さすがの海江田氏もあきれたのか、報道陣の取材に手応えを聞かれると「まだまだ平岡氏の知名度は浸透していないと感じました」と言葉少な。選挙戦の行方が国政にどう影響するかを問われると「それは終わってから話します!」と言って取材を打ち切った。(大森貴弘、新川俊則)

 安倍総理が5000人の聴衆の前で演説し、その側でバ菅は300匹の犬を連れてお散歩しただけと。

 見事に総理大臣としての格の違いが出たって感じですね。

 相手にされないどころか皆に謗られているってのが、如何にも最悪の名を関するバカの末路って感じですよねぇ?

 そして民主党らブサヨ連合は平岡のクズを推薦と、これまたテンプレな対応。

 平岡といえば何よりも犯罪者が大好きで、それ故に犯罪者や朝鮮人を守ることに使命を燃や、まさに民主党というクズ集団の体現者の一人です。

 だから死刑執行は一切行わずに職務放棄をするし、テレビで加害者擁護の発言をするし、北朝鮮に制裁をせず逆に援助をしろと声高に叫ぶし、在日へ選挙権だって与えたいし、パチンコの換金合法化だってしたくて堪らない。

 勿論見返りが欲しいので外国人献金の規制も緩めたくてしょうがない。

 ま、こういうクズなわけですから、その思想も非常に偏っているし、知能自体も実に低いんですよね。

 産経もアナクロと酷評するバカの「安倍首相の言う『日本を取り戻す』は戦前の日本だ。国防軍にして軍事大国の道を歩もうとしている」という発言ですが…このまさにアナクロなレッテル貼りの言い掛かりって、昨年末の衆院選時に追い詰められた民主党の野豚が全く同じことをやり、逆に自身の偏狭さと矮小さを知らしめて一層支持を失う結果になったのをもう忘れているんです。

 いやはや、内容の稚拙さもさることながら、半年にも満たない期間で綺麗サッパリ忘れて同じことを繰り返すんですから、本当に知能レベルが低いですよねぇ?

 おまけに泣き虫小僧の「まだまだ平岡氏の知名度は浸透していないと感じました」という発言…

 山口出身で選挙区もずっと山口、そして仮にも大臣になった人間、それも自民敗北前の時代に人気番組だった『太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。』にも出演して、そこでの暴言が下で大騒ぎにもなった人間が、知名度がありませんって…言い訳にしてももう少し通用するようなものを考えられないんですかね?

 もっとも、アベノミクスの成果を妬んで「今の円安株高は短期的にすぎません。若い人が就職、結婚し、人並みの生活ができるようになることが永続的なデフレ脱却につながる。みなさん、そうじゃありませんか」などと喚くだけの下郎に頭を使えなんて要求すること自体が酷な話なんでしょうけど。

 韓国の妨害も結局失敗に終わり、大成功を収めたG20や現在の株価、円相場の好況。

 これを否定したいならせめてもっと具体的な話をしろって言いたいですし、それ以前に衆愚を騙くらかして手に入れた政権の座にある間、自分達は3年以上もの時間があったのに何もできないどころかどれもこれも悪化させただけだったくせに何をほざくのかって感じですね。

 いやはや、よくもまぁ、4年前にはこんな低脳なペテン師に騙されるバカが大勢いたものです。
04月22日(月)

沖縄ブサヨの新たなテロリズム 

18日付けのMSN産経ニュースの記事から

普天間飛行場ゲート前 伝えられぬ「クリーン活動」
2013.4.18 12:37
 前日までの陽気さが失(う)せ、一転して肌寒い一日となった14日。沖縄県宜野湾(ぎのわん)市野嵩の米軍普天間飛行場の野嵩ゲート前に早朝から、老若男女が集まり出した。全員、カッターナイフとポリ袋を手にしている。米軍関係者の姿も。

 「そろそろ始めましょうか」

 午前9時前、そぼ降る雨の中、全員が飛行場を取り巻くフェンスにへばりつくようにして、フェンスに巻き付けられている赤いテープを剥がし始めた。

 昨年、同飛行場にオスプレイが配備されて以降、市民グループらがフェンスに赤いテープを巻き付け、オスプレイ配備反対と同飛行場の閉鎖を訴える抗議活動を展開している。

「反対派のやり方許せぬ」

 この日集まったのは、こうした市民グループの運動に異を唱える住民たちだ。フェンスクリーンプロジェクト。昨年9月に若者が独自にテープの撤去を始めたが、ツイッターやフェイスブックなどで活動は口コミで広がり、メンバーは50人から60人に。昨年末、正式にプロジェクトとして活動を始めた。今では、毎週末、清掃を続けているという。年齢層も20代から60代と幅広い。

 主宰者の一人の女性翻訳家(46)はカッターナイフでテープを剥がしながら「フェンスに巻き付けられた赤いテープは景観を損ねることも問題だが、それにもまして反対派のやり方が許せない」と話す。

 彼女によると、赤いテープの中にガラス片や針金が巻き込まれていることがあり、剥がすときに手を切ってけがをすることも多いというのだ。

 雨脚が強くなってくるが、住民の数は減らない。米軍関係者と家族の姿も多い。同飛行場の司令官、ジェームス・フリン大佐は「市民のボランティアを知って参加するようになった。フェンスは宜野湾市民のもの。自分は責任のある立場。市民と一緒に清掃するのは意味がある」と話した上で、こう続けた。

 「反対派の抗議活動は激化している。(米兵の)通勤時間帯を狙って集まり、車に砂や土を投げつけたり、道路に寝そべったりして、暴力的、攻撃的な嫌がらせ、通行妨害などの行動に出るものもいる」

米兵への“攻撃事件”

 “事件”が起きたのは3月27日午前10時半ごろ。同飛行場の警備を担当しているパトリック・アダムス氏(50)が、野嵩ゲートで反対派の活動をチェックしていたところ、2人の男性が突然、走り寄ってきて、1人がいきなりアダムス氏の左胸をめがけて殴りかかってきた。同氏は反撃せず、全治1週間のけがを負った。

 「抗議をするのは自由だから構わないが、暴力は絶対にだめだ。自分に手を出した男は、以前にも、警察官や海兵隊に攻撃的な行動に出ている。それは写真も動画も撮影している」

 アダムス氏は診断書をつけ警察に被害届を出したが受理されていないという。“事件”は一切報道されなかった。

 アダムス氏によると、反対派の過激な行動は頻繁に起きるという。

 「信号で止まっている車の窓からメガホンを突きつけて、怒鳴りつけたり、プラカードで車をたたいたり、フロントガラスに押し付けたり…」

 関係者によると、米海軍兵士が同飛行場から国道に出ようとしたところ、反対派の通行妨害に遭い、視界を失い、追突事故を起こしたこともあるという。

 同飛行場ゲート前で展開される抗議活動は大きく伝えられる。だが、同時並行で展開されているクリーン活動や米兵に対する過激な抗議活動は伝えられることはない。沖縄が持つ語られざる顔である。(那覇支局長 宮本雅史)

 この卑劣極まりない嫌がらせ、沖縄タイムスによれば目の前で剥がされても5時間に渡ってブサヨテロリストどもは続けていたそうです。

 しかも周辺にはテープやその袋、壊れた機材などゴミを大量に毎回捨てていくそうで、器物損壊だけでなく不法投棄までやっていて、その一部始終を沖縄県警の警官が目の前で見ているのに逮捕するどころか一切止めもしない。

 「赤いテープの中にガラス片や針金が巻き込まれていることがあり」とありますが、新品のテープを使っている以上、そんなものが混在するわけがなく、意図して相手に怪我をさせるため混同させて付けているのです。

 実に下劣で品性の欠片もない蛮行ですが、これこそが社民や共産ら下等なブサヨの実態です。

 そして、県や市といった行政そのものがこの腐敗を止めるどころか加担している側なので、当然ながらこれら犯罪行為を目にしても警察は一切動かない

 警備担当の米兵がブサヨに襲われて怪我をしたという話にしたとか、道路で妨害を受けて事故を起こしたというような話にしたって以前から似た話は幾つもあり、昔から恒常的にやっていながら、普段は米軍の被害者ぶっているわけです。

 産経は最後に「同飛行場ゲート前で展開される抗議活動は大きく伝えられる。だが、同時並行で展開されているクリーン活動や米兵に対する過激な抗議活動は伝えられることはない」と書いていますが、抗議と偽った犯罪行為だけでなく、米兵の犯罪も針小棒大にして報じられる一方、県民による悪事は殆ど報じられていません。

 何よりもブサヨ連中は北朝鮮によるミサイル発射危機へ備えてPAC3が配備された際にも「軍隊は住民を守らないというのは沖縄戦の教訓。PAC3では沖縄を守れない」などと戯言を喚いて妨害工作に動いており、ただ相手に嫌がらせをできればいいというだけの心底性根の腐ったゴミの群れなんですよね。

 守ることしかできないPAC3を守れないと意味不明の喚きをあげるわ、自衛用の装備しか持たない自衛隊を軍隊と混同するわ、そもそも軍による避難勧告を無視して残った結果が沖縄戦の民間人被害だという事さえ知らないわ、知能も知性も欠落したまさに人の形をしたゴミとしか言えません。

 状況を変えるためには本土から警察や行政の上部組織が乗り出して頭ごなしの改革をするしかないんですけど、マスゴミが報じないせいか、このように悪徳が蔓延る状況が丸っきり放置されたままなんですよね。

 沖縄タイムス『リボン抗議 米兵が撤去 市民、5時間応酬』
 http://article.okinawatimes.co.jp/
article/2013-04-20_48268

 同『PAC3「沖縄守れぬ」常時配備に市民抗議』
 http://article.okinawatimes.co.jp/
article/2013-04-19_48236
04月21日(日)

偽装とテロルが文化の蛮族 

19日付けの朝鮮日報の記事から

「ネットへの書き込みで政治介入」 国情院女性職員ら送検
2013/04/19 11:18
 ソウル水西警察署は18日、国家情報院の女性職員(29)と男性職員(38)、一般人の男(42)について、インターネット上での書き込みで国内政治に介入した国家情報院法(政治関与の禁止)違反の疑いで、起訴意見を付けて送検したと発表した。同院の心理情報局長については、組織的な介入を調べるための事情聴取に応じなかったことから、起訴中止意見を付けて送検したという。

 警察によると、3人は昨年8月から大統領選挙直前の12月まで、左派系サイトなどで野党批判、北朝鮮の核実験批判など、政治に介入する内容のコメント100件余りを書き込んだという。一方、警察は職員らの大統領選介入疑惑について「コメントを全て調べた結果、大統領選の候補者を取り上げて選挙に直接言及したものは見つからなかった」とし、野党が主張した公職選挙法違反の容疑は適用しなかった。

 だが、これらの書き込みが政治介入に当たるのか、大統領選と関連はなかったのかをめぐる議論は今後も続くとみられる。ソウル中央地検は同日、特別捜査チームを編成して捜査に着手した。

 送致された女性職員は「サイトに出入りする北朝鮮のサイバー要員を追うため、『エサ』として韓国で論争になっている件に関するコメントを書き込んだ」と反論している。

柳井(リュ・ジョン)記者

 自らを利するために他者の陥れを恒常的に行うのがチョウセンヒトモドキだと昨日のエントリで記しましたが、今回もその証拠とも言うべき事例の話です。

 国家情報院という政府組織の人間が関与した事件であるのに、事情聴取に応じなかったから上司は調べられませんでしたという話も実に馬鹿らしいですが、それ以上にそんな立場にある人間が違法かつ偏った内容の書き込みをして逮捕されるってのがもうねぇ?

 おまけに北のサイバー要員なるものの追跡目的でやりましたって述べているってことはつまり、事実ならば組織として政府が北の工作員を把握するための行動なわけですよねぇ?

 なのに、警察と連携をしていないどころか、おとり捜査官的立場の人間を逮捕した挙句にその情報を漏らしちゃいましたとか、どんだけお粗末なんでしょう?

 事実なら間抜けな限りですし、嘘なら個人の政治思想で違法行為を政府の人間がした挙句、組織の仕事だったと虚偽申告で罪状のがれをやっているわけで、どっちにしても呆れ返る話です。

 また、19日には韓国国防相を中傷するビラが国防部近くの路上で見つかり、メディアなどにも同様の内容がメールで送信されてきたそうです。

 そこに書かれている内容(北朝鮮を「共和国」ではなく「北」と表現しているなど)から、韓国内の従北勢力による脅迫だろうと推測されていますが、このように稚拙な騙りや素性を隠しての恫喝・脅迫など、テロリズムそのものが連中の数少ない文化の一つであることは理解できると思います。

 常に他者どころか己すら偽って生きるケダモノ達は、己=善、己の意思に合致しないすべて=悪という狂った発想が根本にある故の生まれながらの異常者にして、テロリスト予備軍なわけです。

 こんな連中との相互理解や共存が、世界中のどこでもうまくいっていないのは至極当然ですよねぇ?

 朝鮮日報『韓国国防相中傷するビラ、北朝鮮の用語・字体まねる』
 http://www.chosunonline.com/site/data/
html_dir/2013/04/20/2013042000539.html

 中央日報『韓国国防部付近で「金寛鎮長官処断」ビラ494枚』
 http://japanese.joins.com/article/
723/170723.html?servcode=500&
sectcode=510&cloc=jp|main|top_news
04月20日(土)

あくまでも日常行為であり、氷山の一角です 

18日付けのMSN産経ニュースの記事から

成長に陰り…焦るサムスン 「やらせ」でライバル中傷が発覚
2013.4.18 11:05
 韓国のサムスン電子が、ライバルである台湾の電子機器メーカー、HTCのスマートフォンなどについて、アルバイト学生を雇い、ネット上に「誹謗(ひぼう)中傷」を書き込ませていたことが発覚した。台湾の公平交易委員会(日本の公正取引委員会に相当)が4月17日までに、調査に入った。スマホ市場で快進撃を続けるサムスンだが、HTCを筆頭とする台湾や中国の新興勢力が猛追。成長に陰りが出ており、その焦りが、“ネガティブキャンペーン”につながったとみられている。

学生雇いネット投稿

 「(ネット上で)匿名のコメントを投稿するマーケティング活動を停止しました。われわれは、今回の事件を残念に思います。再発防止のため、従業員への教育とトレーニングを強化します」

 サムスンの台湾法人である「サムスン電子台湾(SET)」は17日までに、自社の公式フェイスブックで、やらせによる中傷を事実上認める謝罪文を掲載した。

 英BBC放送(電子版)や英IT系ニュースサイトのPCアドバイザーなどによると、今回の“やらせ”は、台湾国内でサムスンに反感を持つ人たちが情報交換をするサイト「台湾サムスンリークス」への投稿がきっかけで発覚した。

 報道によると、STEから依頼を受けた現地の広告代理店が複数の学生アルバイトを雇い、彼らにサムスンのスマホ「ギャラクシー」シリーズを褒める一方で、HTCの「ONE」シリーズを貶(けな)すコメントをネット上に投稿するよう仕向けていたという。

 「俺の彼女はONEを使っているが、しょっちゅう故障していた。サムスンのギャラクシーの方が優れていたよ」

 「ONEよりもギャラクシーの方が、電池が長持ちして、画面もきれいだ」

 ネット上では、こんなコメントが確認されており、AFP(フランス通信)などの海外メディアは「卑怯(ひきょう)なたくらみ」と、サムスンを厳しく非難している。

 やらせが事実だと確認されれば、SETと広告代理店は、公平交易委員会から最高2500万台湾ドル(約8200万円)の罰金を科されるという。

中国・台湾勢が台頭

 サムスンは今年初めにも、スマホのカメラ機能に関する虚偽広告で、30万台湾ドル(約98万円)の罰金を科されている。罰金は微々たるものだが、お粗末なマーケティング戦略が相次いで露呈した。

 巨額投資で液晶テレビやスマホの汎用(はんよう)化を進めてシェアを拡大し、日本勢を駆逐したサムスンだが、自らと同じ手法で中国・台湾勢が台頭。格安のスマホを売り出し、頭角を現してきたHTCはサムスンにとっても脅威となっている。さらに日本の「アベノミクス」政策による円安進行で、好業績を支えてきたウォン安が反転し、ウォン高の逆風も吹き始めた。

 サムスンは先月(3月)、「ギャラクシー」の最新機種の発表会を米ニューヨークで大々的に開催するなどPR活動やマーケティングに力を入れ始めたが、それが裏目に出たようだ。

 コメントはちゃんと読ませてもらっていますが、多分当面は時間が取れないと思います…

 さてさて、内容ですが、「われわれは、今回の事件(が表沙汰になって逆に自分達のブランドに被害が出たこと)を残念に思います。(事実露呈という)再発防止のため、従業員へ(二度とバレないため)の教育とトレーニングを強化します」

 とまぁ、本音はこういうことでしょう。

 と言うか、このタイトルと内容だとまるで、落ち目になり始めたからサムスンが焦って迂闊な行為を行ったかのように誤認してしまうと思うんですけど、何時から産経は韓国企業の擁護をするようになったんでしょうかねぇ?

 モドキにとって虚偽の喧伝や他社の貶めなんてのは日常行為に過ぎず、何時いかなる時でも恒常的にやっていることであって、これは何ら特殊な事例でもなんでもありません。

 特に国内市場を極一部の財閥系企業で支配する形になった韓国では、専ら談合が当たり前ですし、海外受注などでそれができない場合なんて、ダンピングとバッシング、ネガティブキャンペーンで韓国企業同士の潰し合いを演じている始末です。

 1週間程前にも朝鮮日報に『泥沼の海外受注競争、安値受注のツケ表面化』という記事が掲載され、オーストラリアで鉱山を開発する「ロイヒル・プロジェクト」のインフラ工事をポスコ建設が受注する寸前までいったところで、サムスン物産が割り込んできて利益無視でポスコより6億ドルも下げた額を掲示(ポスコの掲示は63億ドルだった)して横取りしたとか、サウジで受注が決まっていた工事について受注元の「親会社の会長が検察の取り調べを受けているという韓国国内の事情をアラビア語に翻訳し、発注先にばらまいた」ことで横取りしたとか、「韓国国内での財務危機や不渡り説を発注元に流し」たりして相手の信用を落として受注できないようにしたとか…

 手段は選ばないのが韓国企業の実態であり、私や私の知り合いにも韓国企業との取引で散々苦労した人間は何人もいます。

 無論、そういった人達の大半は、二度と奴らとは取引をしたくないと述べます。

 我侭なくせに金に意地汚く、非常にケチでそうするのが礼儀と言うかのように平然と嘘を吐く

 そんな下等な連中が企業として活動をしているのですから、その企業の行動だって同様になるのは当然だと思いませんか?

 むしろあの下等動物達が企業としては例外的に善良な活動を行っています、なんて思える方がどうかしていると思いますよ、私は。

 記事のサムスンによる悪事はあくまでも例外的な事件ではなく、氷山の一角に過ぎない…そこを産経のように履き違えてはいけませんね。

 朝鮮日報『泥沼の海外受注競争、安値受注のツケ表面化』
 http://www.chosunonline.com/site/data
/html_dir/2013/04/13/2013041300464.html
04月19日(金)

教える側の質も勘案すべき 

18日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

大学生の学習時間を欧米並みに…中教審が答申案
 中央教育審議会(文部科学相の諮問機関)は18日、部会を開き、改正教育基本法に基づき、今年度から5年間の政府の教育政策目標を定める「第2期教育振興基本計画」策定に向けた答申案をとりまとめた。

 25日に開かれる総会で下村文科相に提出される。

 国際的に通用する人材の育成に向け、〈1〉大学生の学習時間を欧米並みにする〈2〉国際的な学力調査の結果を世界トップレベルにする〈3〉大学入試で志願者の意欲、能力、適性など総合的に評価する--などの目標達成を求めている。

 国と地方の教育に関する支出をOECD(経済協力開発機構)諸国並みにすることも求めた。ただ、実現には年約10兆円が必要とされるため、実施時期は「将来的に」とするにとどめた。
(2013年4月18日19時59分 読売新聞)

 微妙に忙しくてコメントの返信までする時間がないです…すいません。

 確かに、日本の大卒生は質が欧米、特に米英に比べて低いですもんねぇ…

 で、その原因といえば学力偏重の入試制度と逆に入学後の単位取得の容易さ。

 つまりは入り難いのに入って以降は遊び惚けても簡単に卒業できる、学府としてのシステム的な欠陥ですね。

 また、外国語に力を入れているといっても実態は、発展性もなければ実用性も全然ですしね。

 加えて最近は同志社大学など関西方面で質の極めて低い大学生による蛮行自慢が問題になっており、意欲や能力、適正について見極めようという動きが起きるのもわかります。

 昭和に比べれば入試における学力偏重が改まっているとは言っても、まだまだ基本は学力一辺倒であり、内申書とテストの点だけで大半が入学できるから、お勉強さえできれば〈3〉で書かれているような意欲、能力、適性などは全く関係ないって感じですもんね。

 実際私の友人・知人関係でも入学するために高校時代必死だったけど、入って以降は遊び惚けていたって人間、沢山いました。

 推薦にしても面接と小論文だけが基本で、それも学校で模範を教えればどうにかなるような形のものですし。

 ま、そこいらの問題は大学側、特に試験を行う教授側の質がそもそも悪いってのが根本にあるんですが。

 何せ未だに多くが朝日を愛読し、それを入試テストに引用するし、中には反政府活動にお熱で、それを講義の最中に自慢話として語るなんて阿呆もいる始末ですし、龍谷大学や東大などのようにそういうゴロツキみたいなのを教授だ名誉教授だとありがたがって登用しているロクでもない大学も珍しくない。

 そして、自治を謳いながら満足な管理が出来ていないためにアカやカルトの活動拠点になっているなんてとこも未だにある。

 サークル活動も名前だけで実態は合コンやるためだけとかってのも何処の大学にもありますし、全般的に学府って感じじゃないんですよねぇ、日本の大学って公私の別なく。

 だから国力に反して世界の大学ランクでは低いんですよ。

 例えば昨年イギリスの教育専門誌タイムズ・ハイヤー・エデュケーションが発表した世界大学ランキングでは、東京大が27位、京都大が54位、東京工業大が128位、東北大が137位、大阪大が147位となっています。

 一応アジアでは東大の27位が最高ではありますが、シンガポール国立大が29位と僅差であり、しかも上位10位以内は米英の大学が独占しているんです。

 ですから、目標として欧米の大学を設定するのは間違っていないと思いますよ。

 経済力、識字率、就学率などで世界トップクラスでありながら、大学ランクが最高で27位…

 改善するためには学生の質の向上は勿論大事ですが、それ以上に教育する側の質の低さという根本問題をどうにかせねば、改善のしようがないんじゃないんですかねぇ?

 日本経済新聞『東大がアジア首位守る 大学ランキング、中韓躍進』
 http://www.nikkei.com/article/
DGXNASDG0400E_U2A001C1000000/
04月18日(木)

誰が頭になっても約束を守らないペテン政党 

17日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

海江田氏「0増5減ではまた違憲に」…党首討論
 第2次安倍内閣発足後初の党首討論が17日、国会内で行われた。

 選挙制度改革を巡り、安倍首相(自民党総裁)が衆院小選挙区定数の「0増5減」を実現する区割り法案(公職選挙法改正案)の先行処理に理解を求めたのに対し、民主党の海江田代表は定数削減を含む抜本改革を優先するよう主張し、拒否した。

 首相は区割り法案について、「昨年(11月)の党首討論で、野田首相(当時)は0増5減を定数削減より優先すると約束した」と強調。「国民の声は『1票の格差』是正を進めよ、だ」と訴えた。海江田氏は「定数削減が一番大きな約束だ。0増5減だけでは、また違憲の状況になってしまう」と反論した。

 みんなの党の渡辺代表が来年4月に消費税率を8%に引き上げるべきではないと主張したのに対しては、首相は「ちゃんと消費税を上げていくことで、日本は信認を勝ち取ることができる。(今年)4~6月の景況と総合的な判断をして決めたい」と語った。日本維新の会の石原共同代表は環太平洋経済連携協定(TPP)への交渉参加に関連し、遺伝子組み換え食品への懸念を示し、首相は「食品の安全、消費者の健康は最大の国益だ」と述べた。
(2013年4月17日19時59分 読売新聞)

 民主、維新、みんな、生活の各党が17日の衆院各委員会への出席をボイコットしたわけですが、じゃあ代替案はあるのかといえば、それぞれ実現性の乏しい絵空事を各々勝手に唱えるだけで、野党間での調整すらできていないのに、ただただ反対だと共闘するという下劣な振る舞いをしているのです。

 特に民主は総理が記事中でも述べているように昨年国会で自分達から「0増5減」の実施について話を持ち出してきて当時野党だった自民党らと合意していたのに、それを公然と反故にしているわけです。

 結託している野党間でさえ調整のつかないこの問題、このままでは何時まで経っても解決になど至らないどころか前進すら望めないのは明白であり、だからこそ読売や産経どころか自民・安倍バッシングが社是である朝日などでさえも先行実施を社説で求め、妨害する民主ら野党側に強い非難の声を上げている(自民への批難も必ず一緒にしていますが)のです。

 裁判による違憲判決。

 海江田の泣き虫小僧はこれを約束反故正当化に持ち出していますが、そもそも言いだしっぺである民主が約束を反故にすることの重大さを理解できていない上、定数削減とやらにしてもじゃあ音頭をとって妨害している主犯格として野党間の調整をするのかといえば、そんなことはしない。

 ま、原発事故の際の対応を思い出せば、このグズにそんなカリスマや調整能力など絶無であるのは明白で、するしない以前にできないと言うのが正しいでしょうが。

 何れにしても僅かな期間であっという間に民主が凋落し、国民からさっさと解散総選挙をしろと求められた理由を海江田のバカは未だに理解できていないし、以前同様の妨害・対立戦術でどうにかなるとか未だに思っているのでしょう。

 マスゴミにさえ見限られている現状でこんなことを続ければ、参院選で自分達が一層矮小化することになるだけだと理解出来ないとは、本当に愚かな連中ですね。

 MSN産経ニュース『与党、今週中の倫選特可決方針を確認 野党は審議拒否』
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/
130417/stt13041711220004-n1.htm

 同『衆参W選、民主消えぬ警戒感 0増5減の対案、野党一本化は困難』
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/
130412/stt13041221330003-n1.htm
04月17日(水)

爆弾テロとモドキの因縁 

16日付けの毎日jpの記事から

ボストン爆発:テロ事件で本格捜査
2013年04月16日 22時04分(最終更新 04月16日 23時22分)
 【ボストン小坂大、ニューヨーク草野和彦】米東部マサチューセッツ州ボストンで開かれていたボストン・マラソンのゴール付近で15日に連続して爆発が起き、3人が死亡、144人が負傷した事件で、ロイター通信は捜査当局者の話として、二つの爆発物には銃砲用の火薬が使用され、殺傷力を最大限高めるために金属の玉や小片が詰め込まれていたと伝えた。米連邦捜査局はテロ事件として捜査を続けており、米ホワイトハウス高官は米メディアに「明らかなテロ攻撃だ」と語った。

 一方、複数の米メディアによると、治安当局は15日夜から16日未明にかけ、ボストン中心部から北東に約10キロのレビアの集合住宅で捜索活動を行った。これに関連してAP通信は、州警察が事件捜査の一環で捜索令状を取得したと伝えた。

 米本土では約3000人が死亡した01年の米同時多発テロ以降、本格的なテロ攻撃は発生していなかった。今回の事件で、オバマ政権による国内テロ予防対策の不備に、批判が起きる可能性も出てきた。

 米CNNテレビによると、負傷のうち17人は重体で、死者がさらに増える可能性も指摘されている。負傷者の治療に当たる外科医が米メディアなどに語ったところでは、「金属片によるけがが非常に多い」という。日本総領事館は、死傷者に日本人が含まれているとの情報は現時点ではないとしている。

 爆発は約2万3000人が参加し、観客約50万人が沿道に集まったレースの開始から約4時間後に発生した。多数の走者や応援者がゴール地点付近に集まる時間帯であるため、米メディアでは、被害の拡大を狙って周到に計画された無差別テロとの見方も出ている。現場付近では爆発したもののほかに二つの爆発物を当局が発見・処分している。

 16日の時点で犯行声明は確認されておらず、当局も容疑者の特定には至っていない模様だ。事件の背景は不明だが、複数のメディアでは反政府的な極右勢力や、イスラム過激派の犯行説が取りざたされている。

 15日の事件を受け、世界各国から犯行を非難する声が相次いだ。ロシアは「野蛮な犯罪」と切り捨て、中国は「市民に対する暴力は強く非難する」との声明を出した。

 記事にもあるように現時点で既に3名が死亡し、重傷者も多数というこの事件。

 犯行声明が出ていないだけでなく、不審人物の目撃証言なども錯綜しており、爆弾テロであるということ以外何も分かっていないのが現状です。

 ただまぁ、「銃砲用の火薬が使用され、殺傷力を最大限高めるために金属の玉や小片が詰め込まれていた」とありますので、この爆弾の製造元を辿るような方法は使えないでしょうね。

 何せ銃の入手が簡単なアメリカでは余りにも簡単に作れますから。

 しかもかつての9・11と違って中東で起きているような民間人の殺傷を目的にした無差別テロであり、意図も果たして本当に反政府活動やイスラム過激派によるものなのかさえ判断しかねますし。

 そこで気になったのがネットで騒がれている「takoyaki200812」なるIDでYouTubeにこの事件を祝うとする『I cerebrate the terror of Boston!』という動画をあげた自称日本人の存在です。

 現在は削除されているのですが、ロゴマークに太極旗を使い自ら日本人だと喧伝しながら顔は隠し、更に過去の言動が暴かれるとそこには…民主党を絶賛、日本人を「jap」と侮蔑、日韓関係について「未来志向の韓日関係」と記述、竹島を「独島」と呼称、日の丸をハーケンクロイツ呼ばわりなどなど、明らかに日本人ではありえない発言が山のようにでてきたのです。

 これらの行動は全てモドキ特有の言動であり、特に日の丸とハーケンクロイツの混同化や独島などの呼称は中国人はしない、モドキのみの対日侮辱方法です。

 また、他にもロシアの技術を受けながら3度も失敗したロケット技術を絶賛したり、韓国そのものを絶賛したり、フジテレビを擁護して批判する人間をネトウヨ呼ばわりなど、これでもかと言わんがばかりにモドキですアピールをしており、しかも中には英語で、自身を日本人女性だと述べて日本人男性を醜いだの気持ち悪いだのと罵詈雑言を吐いていたものまでありました。

 しかし動画は若い男であったことから、日本人を貶めるために嘘をついていたことが明らかであり、そういった言動からこの犯人が日本人への非常に強い差別主義を持ち、公然と嘘を吐くその特質も合わせて考えた時に、導き出される答えが正体はチョウセンヒトモドキであるとなるのは当然でしょう。

 何よりモドキ自身がかつてテレビ番組で悪事を働くときは日本人を僭称して行うと同胞の特徴について語っていたこともありますし、また、爆弾テロなどでの人の不幸を祝うというその異常性もチョウセンヒトモドキ特有の民族性です。

 数年前にモドキがアメリカで銃乱射というテロ事件を起こした時も南朝鮮ではテロリストを英雄と絶賛する声があがりましたし、日本で放火事件を起こして逃亡した朝鮮系中国人や在韓日本大使館へトラックで突入したモドキ、対馬で仏像を盗んだ窃盗団なども連中は英雄と称える声が当たり前にあります。

 そして何より爆弾テロと言えばかつてモドキが最も好んで実行してきたテロ手段であり、戦前は日本に対して、戦後は同族同士でと、爆弾テロを繰り返し、その都度やった側が実行犯を英雄と称えてきました。

 加えて日本で震災が起こり大勢の人が死んだ際にもそれを祝うとスポーツの場で表明したモドキがいたなど、根本的に普通の人間であるなら性根が腐りきってると言われるような異常性が普通なんですよね、モドキにとって。

 そういう民族そのものの腐れ具合、そして日本語を特に違和感なく用いている一方で細部に日本人では有り得ない、逆にモドキなら必ずやる類の言動が見受けられることから、今回の犯人は在日のモドキであるというのが大方の見方であり、私もそれで確定だろうと思っています。

 兎角嘘をついて日本人の名を貶めようとする、ありもしない罪を捏造して被せようとするモドキですが、それにしてもやり口が本当に悪質極まりないですね。

 第三国で起こったテロとその被害者の心情を逆手にとって嘲笑い、日本を貶めるのに利用しようと思える下賤極まりないその発想と実際に行動出来る破廉恥ぶり、流石は人に非ざる下劣な下等動物です

 何処の国でもいいから犯人との関連性を疑うとかって理由でも付けて警察機構がこの下等動物の逮捕へと動いてくれないものですかね?
04月16日(火)

硬直した人事体系 

1日付けの朝日新聞デジタルの記事から

にじむ対米戦回避への心情 山本五十六、開戦前の書簡
2013年4月1日11時52分
 【岩崎生之助】太平洋戦争開戦から4カ月前の1941年8月、旧海軍の山本五十六(いそろく)連合艦隊司令長官が、戦争回避を望む心情をにじませた書簡を部下に送っていた。書簡は遺族が保管していたもので、開戦を望む勢力による人事介入への不快感も示されている。専門家は「軍政に対する山本の率直な考えがわかる貴重な史料だ」と評価している。

 書簡を受け取ったのは、福岡県高田町(現・みやま市)出身の伊藤整一海軍中将。41年8月、連合艦隊トップの山本を補佐する参謀長から、海軍全体の作戦を担う軍令部の次長に異動。しかし、就任は1カ月遅れの9月になった。

 山本は対米戦争に否定的な考えを持っており、開戦を主張する軍内部の強硬派が、山本の腹心の要職就任に反対したとみられている。山本は書簡で「転出延期等不明朗なる上級人事を見過(みすごす)に、不快に存(ぞんじ)居(おり)候処(ところ)、九月一日御交代の旨(むね)承知、安心仕(つかまつり)候」と記した。

 また、及川古志郎(こしろう)海軍大臣、永野修身(おさみ)軍令部総長の最高幹部2人について「各々(おのおの(輔弼(ほひつ)輔翼の全責任を充分(じゅうぶん)に担当せるゝ丈(だ)けの御用意と御決心とが絶対必要と存居候」とし、国家の重大局面で天皇を補佐する職責を果たしていないと暗に批判。一方、伊藤には「国家百年の大計に違算なき御進言ある事(こと)は全然信頼申上(もうしあ)げ(略)何分(なにぶん)宜敷(よろしく)御指導の程(ほど)願上候」と開戦阻止への期待を寄せている。

 真珠湾攻撃の立役者として軍神とまで崇められ、その死さえも元帥昇進と大規模な国葬という形で使われた悲劇の将、山本五十六。

 ですが、今回見つかった書簡からも分かるように元々彼は誰よりも対米戦争の回避を望んでいた人間であり、声高にそれを主張していたことから国士気取りの輩が押しかけるなんてことや、脅迫受けることも珍しくない状況から、GF(連合艦隊司令)長官就任も暗殺を危惧した米内光政が海へ逃がしたと言われています。

 自身は米国との開戦を否定し、平穏無事に任期を終えてモナコで博奕打ちとしての余生を送りたいと思っていたというのに、GF長官として戦争の口火を切らねばならなくなったのですから、何とも皮肉なものですよね。

 そして山本の望みが絶たれるだけでなく、海軍が戦略面・戦術面でも失態を重ねた原因が、この人事に関する問題なんですよねぇ…

 例えば最後の段落に名前の出てくる及川は、兎に角決断を他人に丸投げする輩で、米英の強硬姿勢を一層強めた原因である三国同盟も前任の吉田善吾が病気で辞任するまで頑張って反対姿勢を貫いていたのに、及川は就任するやあっさりと賛成してしまい、太平洋で開戦する2ヶ月前に陸軍大臣であった東条から対米戦について聞かれた時も自信がないと言いながら、総理大臣であった近衛にそれを伝えずに一任すると述べており、軍人にあるまじき決断力の無さと楽観論の持ち主であり、その職責に対する認識の希薄さを山本は危惧していたのでしょう。

 永野修身については後年の評価が芳しくなく、戦争を止めるための努力という点でその言動に歯痒い思いを山本は抱いていたのかもしれませんね。

 そして人事についてはそもそも山本自身、出世するほど海よりも陸での勤務の方が増えていき、佐官になって以降は軍政の方のウェートがドンドン増えていった人物なんですよね。

 他にもGF長官の女房役とも言える参謀長が航空機を予備戦力としか見ていなかった大艦巨砲主義の宇垣だったり、主力となる機動部隊の指揮官が航空戦に全く無知な水雷屋の南雲だったり…

 他にも第4艦隊司令長官に山本や伊藤同様に軍政側の井上が付いていたり。

 また、失敗から学ぶということを忌避するような面が当時の陸海軍には強く、それ故に敗戦や失敗の責任の所在が明らかにされないままになり、後に一層甚大な被害をもたらすこともありました

 海軍の将官としてその最も有名な代表格が先程も触れた南雲と、そして戦後の海軍将軍の中で最も最低の評価を得ることが多い、栗田です。

 南雲は真珠湾攻撃の際に戦果不十分であるにも関わらず逃げ帰った事と、セイロン沖海戦時の失敗を反省せずにミッドウェーで同じ失敗を繰り返した挙句、4隻もの主力空母を全滅させた男ですが、一応戦果がそれなりにあることと、最後はサイパンで玉砕したことからそこまで酷評されることは少ないのですが、不適格な人事であったことは紛れもない事実です。

 一方の栗田は最悪で、バタビア沖海戦での逃げ腰な戦闘と味方撃ちという最悪のヘマ、更にミッドウェーでは下手な艦隊指揮の結果敵前で味方同士の衝突事故を起こした上に、そのせいで速度の出せなくなった味方を見捨てて自分だけさっさと逃げ出しており、レイテ沖海戦の際にも多大な犠牲の末に漸く成功目前まで行った作戦を、艦隊に反転を命じて放棄して破綻てすべてを無駄にさせました。

 このように人事面での不適切な配置がなされていた上に、将来を嘱望されていた山本の同期である堀が南雲らの暗躍で予備役にされていたり、山口がミッドウェーであっさり死んでしまったり、小沢が戦力として活躍できなくなった頃の機動部隊で漸く指揮官になったりと、人材面での問題があの戦争においてはひどかったんですよね…

 片桐なども海軍人事の問題で能力を活かせずに埋もれてしまった指揮官ですね。

 ここら辺の人事の問題をどうにか出来ていたら、開戦の時期(元々アメリカがやる気なので、どんなに頑張っても回避は不可能だった)も、戦争の推移も、全く違ったものになっていたでしょうに、何ともなぁって思うんですよねぇ…
04月15日(月)

まさに青天井、どこまで上がるのやら 

14日付けのMSN産経ニュースの記事から

F35、1機189億円 米国防予算案で判明 日本は財源難題
2013.4.14 01:00
 【ワシントン=佐々木類】米国防総省が発表した2014会計年度(13年10月~14年9月)国防予算案で、日本の航空自衛隊が調達を決めた最新鋭ステルス戦闘機F35Aの価格が、1機当たり約1・9億ドル(約189億円)であることが明らかになった。日本政府は12年度予算で最初の4機を1機当たり102億円で計上しており、90億円近い差額を米側から請求されるのは必至。価格高騰分の財源をどう捻出するのか、新たな難題を抱えた形だ。

 F35は、部品の共同生産をめぐり、安倍政権下で武器輸出3原則の適用外とするなど、国際社会で兵器開発の主流となっている共同開発に道を開く効果をもたらした。一方で、開発遅れと価格高騰で、日本の調達計画への悪影響が懸念される事態となっている。

 国防総省が予算計上した29機のF35のうち、米空軍が調達するF35Aは計19機で35億8200万ドル(約3564億円)。1機当たり約1・9億ドルの計算だ。

 国防総省は13~17年度までの5年間で179機の調達先送りを決め、前年度は当初調達計画の42機より13機少なく、14年度と同数の29機に減らしている。

 カナダやオーストラリアなど同盟国が軒並み、調達の白紙化や見送りを決めている中、日本政府は日本の会計年度で12年度に1機102億円で計4機、13年度は1機約150億円で2機調達する方針だ。

 最初に調達する4機のF35Aは、米国の14会計年度で計上された機体に該当するため、1機当たりの価格は約189億円。13年度予算で1機約150億円を計上した価格は、米国の15会計年度に計上される機体に該当するため、さらに高騰する可能性がある。

 国防総省は昨年5月の年次報告書で、開発の遅れと価格高騰が不可避と指摘した。だが、民主党の野田政権は同年7月、「防衛省の要求する期限までに、同省の要求する性能を備えた機体が納入される」と強気の政府答弁書を策定した。

 実際には、最新ソフトウエア「ブロック3F」を搭載したF35Aの米軍への納入は17年8月だが、これ以前の同年3月までにF型を日本に引き渡すのは米軍の規定で原則、不可能だ。

 武器輸出3原則の足かせははずしたものの、価格高騰と開発の遅れで財源問題と防空網に穴が空きかねない懸念は払拭できず、防衛戦略上の本質的な欠陥が見えにくくなっている。

     ◇

■F35 米英伊など9カ国が共同開発し、レーダーに捕捉されにくいステルス性が特徴。F35Aは米空軍及(およ)び航空自衛隊向け。次代のグローバルスタンダード戦闘機とされるが、開発の遅れや価格高騰で調達中止や見送りを決めた米の同盟国も多い。

 そもそも、機体の強度不足という構造的欠陥は改善されたんですかねぇ?

 未だに改善されておらず、速度や旋回能力に枷を填めねば使えませんなんてままであれば、今後もっと上昇し続ける可能性があるってことなんじゃないのかと。

 民主のバカが100億にも満たない安価で購入出来ると間抜け面丸出しで飛びついたこの欠陥機ですが、今では倍近い189億円ですか…

 あと30億も上がればF-22と並んじゃいます(1機約220億円)。

 せめて性能が十二分に価格と見合うものであれば話も違ってきますけど、元々低い上に、それすら制限して落とさねばならないとか、もはや導入する意味が分かりません。

 何せ他の選定機種であれば2機購入するのに近い額なんですよ?

 合計42機導入予定だから、機体の購入費だけ単純計算しても7938億円

 今の空自主力であるF-15ならば倍の約80機を購入出来る額ですし、前回値上がりして150億と見積もられた時との比較でも合計1700億円近くも跳ね上がるわけで、あたごクラスのイージス艦を1隻買っても余裕でお釣りがくる額(1隻約1400億円)なんですよ、これって。

 それに、ソフトウェアだって順調に(?)開発が遅延しており、まともなのが積まれていない初期納入予定の機体については、ファームの更新費を別途追加支払いとかネットで書かれていたんですが…

 結局のところ、民主による選定理由の大半を占めた性能と経費の採点がどちらも著しく間違ったものであったことはもはや隠しようのない事実であり、またも間違った政治判断で日本国に大きな経済損失と防衛力への被害を与えたわけです。

 内憂外患を招いた奴らの罪に対し、何とか罰することができないものですかねぇ?

 これだけ大量の負債を残した挙句、反省もしなければ謝罪もせず、またも反対のための反対をやって足を引っ張ることに専心しているんですから、その矯正不可能な腐った性根が被害をこれ以上もたらさないよう、一生牢獄にでもぶち込んで欲しいものです。
04月14日(日)

未だに敵どころか己すら知らない間抜けなブサヨ 

13日付けのMSN産経ニュースの記事から

仙谷氏発言で振り返る「むちゃくちゃ」だった民主党政権
2013.4.13 03:04
  ああ、お懐かしい。きのう午後、インターネットのMSN産経ニュースでは、菅直人政権で官房長官を務め、昨年末の総選挙で落選した仙谷由人氏の発言がトップを飾った。一敗地にまみれた経験から学び、深い反省の弁を発したのかと思いきや…。

 ▼民主党の会議に呼ばれた彼は、黒田東彦日銀総裁による異次元緩和を「日銀が国債を買い占めたら、市場は成り立たなくなる」と厳しく批判。安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」に至っては「むちゃくちゃだ」とばっさり斬り捨てたそうな。

 ▼気持ちはよくわかる。民主党の無為無策で、1ドル75円台にまで跳ね上がった円相場が安倍政権になるや否や急速に円安となり、今や100円近くまで戻った。株価も当時の野田佳彦首相による「衆院解散宣言」からわずか4カ月で、日経平均株価が5000円近くも急騰した事実を前政権幹部として認めたくないのだろう。

 ▼残念ながら「むちゃくちゃ」だったのは、3年以上続いた民主党政権の方だった。経済政策は言うに及ばず、外交も日米関係は危うくなるわ、あれほど中国に媚(こ)び続けてきたのに日中関係も戦後最悪になるわ、何一つ成果がでなかった。

 ▼ただし、民主党の「むちゃくちゃ」ぶりも北朝鮮の3代目には負ける。機関紙で「日本全土はわれわれの報復行為の対象になる」と東京、大阪、横浜など5都市を挙げて挑発するとは、世界征服を狙うショッカーもはだしで逃げ出しそうだ。

 ▼経験もなく権力の頂点に立ってしまった3代目は、現実と空想の区別がつかなくなっているようである。いざというときも役に立たない韓国は対話を呼びかけているが、放っておけばいい。北の核もミサイルも所詮、張り子の虎にすぎないのだから。

 誰かと思えば、ルーピー及びバ菅時代に政府の要職を歴任し、数々の暴言と迷言を吐き、嘘とデタラメを繰り返して歴代最低と最悪の2匹を一層際立たせ、その悪行の数々から直近までの経歴が何だったのか爆笑したくなるほど見事な総選挙での落選を披露した世紀のバカの話じゃありませんか。

 まだ恥ずかしげもなく生きていたんですねぇ?

 民間人への言論統制、女性記者へのセクハラ、自衛隊の侮辱、大勢の犠牲を出した文革の礼賛、学生時代の犯罪行為を自慢、完了や公務員に私怨・私憤で差別待遇などの権力乱用などなど、「むちゃくちゃ」を散々繰り返したツケを昨年末の総選挙で支払わされたことをやっぱり理解していないようですね。

 あぁ、健忘症のボケ老人だからもうすっかり自分の「むちゃくちゃ」について忘れきっているんですかね?

 尖閣問題で中国に媚を売った事実を暴露された時のように。

 中身が空っぽで自尊心の塊故に自他を正当に評価できない…ホント、よくもここまで下劣な人間に育てるものですよね、ブサヨって。

 無能故に落ち武者になったというのに、反省して今後を考えるどころか妬みから他者へ罵詈雑言を吐いて自分を慰めてますとか…他者から見ればその見苦しい姿は侮蔑の対象にしかならないってことさえ理解出来ないなんて、本当に滑稽で哀れな生き物です。
04月13日(土)

自滅願望のモドキ達 

13日付けの朝鮮日報の記事から

「韓国も核武装すべき」 与党内で意見相次ぐ

鄭夢準議員に続き元裕哲議員もNPT脱退に言及
2013/04/13 09:39
 韓国国会の国防委員長を務めた与党セヌリ党の元裕哲(ウォン・ユチョル)議員が12日「自衛権の範囲内で、韓国も核武装すべきだ。核拡散防止条約(NPT)からの脱退も不可能なわけではない」と主張した。元議員は現在、セヌリ党の北朝鮮核問題・安全保障戦略特別委員長を務めている。

 元議員はこの日午前、ラジオ番組に出演し「北朝鮮が平和を脅かし、民族の滅亡をもたらしかねない『破滅の核』を追い求めているが、韓国は自由や人権の価値を守るため『平和の核』で対応すべきだ」として、冒頭のように述べた。その上で、自らの主張は「北朝鮮が(核を)放棄すれば、われわれも直ちに廃棄する『条件付きの核武装』だ」と付け加えた。

 番組の司会者が「今、わが国は米国の『核の傘』に守られているのではないのか」と尋ねたのに対し、元議員は「基本的には韓米同盟に基づく核の傘を信頼しなければならないが、もし北朝鮮が核攻撃を宣言し、戦争を仕掛ける状況が実際に発生した場合、米国が在韓米軍の犠牲を顧みず、韓半島(朝鮮半島)で戦争を遂行できるのか、と懸念する専門家たちもいる。最悪の場合、北朝鮮の核の直接的な脅威にさらされる韓国が、独自の自衛の手段を確保することは至極当然の権利だ」と述べた。

 最近、北朝鮮の核の脅威が高まる中、セヌリ党内部で核武装を主張する声が次第に広がっている。鄭夢準(チョン・モンジュン)議員も今月9日「核兵器には核兵器で対応してこそ、平和を維持できる」と主張した。鄭議員はこの日、米国ワシントンで行われたカーネギー財団主催の国際核政策カンファレンスの基調演説で「北朝鮮の核開発が続けられ、国家の安全保障に重大な脅威となるのなら、韓国もNPTからの脱退を検討すべきだ」として、上記のように述べた。

クム・ウォンソプ記者

 いいですねぇ。

 経済の悪化が著しいこの状況で、更にNPT脱退をして核開発とは、流石北の同胞だけあって実に素晴らしい自殺願望です。

 是非ともそのまま仲良く世界から孤立し、内戦が何時までも終わらない最貧国となって自滅に向かって欲しいものです。

 自分達が米国の核の傘で守られていることの意味、丸っきり理解できていないんですから、ホント、ヒトモドキって凄い。

 独自の自衛の手段なんて言って核に手を出した場合、もはやそれは米国を信用していませんと宣言しているのと同じことであり、反米意識の根強い韓国の国民感情も考慮すれば米国からは反米国家と見倣されることでしょう。

 そうなったらそもそも在韓米軍は完全撤退し、同盟関係まで解消される可能性が高いと思いますけどね?

 だって、NPTだけでなく米露間でも核兵器削減と地域緊張の緩和による核戦争回避の試みが進んでいる中で、北に加えて南まで核武装して真逆へ進むんですよ?

 メンツが潰されるだけでなく、米軍の戦略上でももはや糸の切れた凧同然の抑止が効かない状態になるわけですからそんなものに味方をするメリットはなく、逆に同盟国を核武装させて数を増やし、徒に周辺地域での緊張感を高める言動不一致であると中露から叩かれるデメリットにしかならないんですから。

 そして当然ながらその影響は日本に最も大きく作用します

 侵略戦争を今でも目論む反日国家が核を手にするわけですから、核武装の必要性について真剣に協議されることになるでしょうし、米国としても日本との同盟関係はアジア地域でのプレゼンスを維持するために絶対に手放せないことから、核抑止力としての明確な安心感を与える何かを提示する必要が出てきます

 何せ日本との同盟による戦略的な価値以上に、日本が核武装した際の米国にとっての脅威度は韓国や北朝鮮など比較にもならないのですから。

 プルトニウムなどの保有量、そして核やロケット開発技術力や資本力など国力は勿論、民族としてのレベルも桁違いであり、核武装を避けるために弾道ミサイルやステルス爆撃機の保有をさせるなど、核に対する備えや反撃手段に使えるモノを日本へ支払う必要性が出ると思います。

 そして韓国がNPT離脱と核開発を行うことに対して国連は経済制裁を科す必要が出ますので、まず韓国では貿易分野が立ち枯れるでしょう。

 特に韓国への効力を鑑みれば、日本が輸出している基幹部品のようなものがまず規制される可能性が高いですし、韓国からの製品輸出にも制限が掛かるでしょうから、北とおっぱじめなくても時間が経てば経つほど加速度的に経済力が枯れていくことでしょう。

 この韓国の議員らは北朝鮮と自国の立場しか考えずに核武装を口にしていますけど、そもそも周辺には米国・中国・ロシアという核保有を公式に認められている5大国の内の3国が海を挟んで隣接し、更には核こそ持たぬものの韓国より国力が遥かに勝る日本という大国も存在していることを理解していませんね。

 それらの国々にとって韓国の核武装は単なるモドキ間の南北問題ではなく、自国を巻き込む核戦争の火種になりかねない脅威であり、到底看過できるものではないってこと、特に世界最大の反日国・反日民族であり、日本の領土を侵略して奪い、数年前にも侵略戦争を画策した韓国が核武装をすることに、近隣の大国内で唯一核武装をしていない日本がどれだけ危機感を募らせるか、そこからどのような問題が派生するかも。

 北の脅威を唱えれば正当化できる程度にしか考えていないんでしょうけど、周辺国に与える危険を考えればそんな寝言、許されるわけがないのに、何とも間抜けなことです。
04月12日(金)

遂には業績づくりで父や祖父まで貶し出した北朝鮮 

11日付けの時事ドットコムの記事から

「世界政治の中心」と主張=第1書記就任1年-北朝鮮党紙
 【ソウル時事】北朝鮮の労働党機関紙・労働新聞は金正恩第1書記の就任1周年に当たる11日、社説を掲載し、「今日、世界政治舞台の中心には金正恩同志が確固として立っている」などと自画自賛した。朝鮮中央通信が伝えた。

 社説は、第1書記就任について「党の強化発展と強盛国家建設のための闘争で画期的転換の里程標を整備した巨大な政治的事変、民族史的大慶事だった」とした上で、「金正恩同志は、過去1年間に普通の政治家が数年、数十年たっても成し遂げられない巨大な業績を重ねた」と主張した。
(2013/04/11-12:40)

 国際政治の場にただの一度も顔を出したことのないブタが「世界政治舞台の中心」とは…流石モドキどもは思考のぶっ飛び方がハンパじゃありませんね。

 それも業績が党の強化発展に国家目標への道程表の見直し??

 世界どころか思いっきり国内限定な話な上に、内容自体も誰にでも出来る非常にみみっちいレベルの些末事だけで、それを1年もかけてやったのが「普通の政治家が数年、数十年たっても成し遂げられない巨大な業績」って、どれだけ北の政治家は無能揃いなんだという爆笑もの。

 何よりもコレ、他に誇れる実績も戦果も何もないブタ孫に箔をつけるために労働新聞内のモドキ達が無い頭を必死に捻って考えた内容なんでしょうけど、言い換えるとブタ孫が独裁者になってたった1年で実行できたレベルの業務を、ブタ爺とブタ親父はそれぞれ何十年も掛けておきながら全くできなかった「普通の政治家」と言う名のただの凡愚でした、「偉大なる首領様」「稀世の政治家」などの呼び名は全て真っ赤な嘘でしたって認めているってことなんですけど…

  ま、守るべき民から食料を収奪して飢餓のあまり飢え死にや食人が横行する事態を招くような政治を、民族史的大慶事なんて賛美せねばならない異常さは何ともモドキらしいですし、確かにどんなに権力があろうとも、そんな自分で自分の首を絞めるだけのバカな政治を普通の政治家には絶対できませんけど、労働新聞の社説を書いたモドキはそこを理解しているんですかねぇ?

 既に偉大な将軍様への侮辱罪とかで逮捕されて銃殺されてたりして。

 第一現在は言うことも聞かずに暴走を続けているせいで、政治的事情からこれまで何かと保護をしてくれていた中国やロシアからも庇護を得られないどころか、思いっきり怒りを買って明確に批判をされている上、誰彼構わず噛み付き喚き散らすガウ犬になっているせいで日本やアメリカの態度がこれまでにないほど硬化していて、もはや自滅以外の道は殆ど残っていないのにそれを「巨大な業績を重ねた」ってねぇ?

 しかも韓国国防省が11日に北がミサイルや核開発に費やした費用は32億4000万ドルに上ると発表しており、「これは、北朝鮮の全住民にトウモロコシを3年間配給できる額に相当する」んだそうです。

 費やした額も凄いけど、逆にその程度で3年間も国民を養えるってのも凄い(ただし、実際にトウモロコシだけの食事だと栄養が偏ってしまうので体に良くないのですが)ですよね。

 それは兎も角、国民の生活を優先するとしていながら実際には軍事費に注ぎ込んだ挙句、足りないからと国民から収奪し、対外的には援助を求めるなんて真似をしてきた最低の外道ぶりも南の同胞に暴露されたわけで、これでは援助を申し込んでも韓国どころか国連のWFPなどからも援助を今後は貰えないんじゃないでしょうか?

 記述している時点ではまだミサイルの発射はされていませんが、最終的にするにしてもしないにしてもこれだけ中露のメンツを潰して暴れまわった上に食料や財政での出鱈目三昧まで明らかにされた以上、もはや北に残っているのは自壊による自滅か、土下座して詫びを入れるかの二つに一つだと思うんですが、状況分かっているんですかねぇ…

 NHKニュース『ミサイルや核開発に3000億円超か』
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/
20130411/t10013847841000.html
04月12日(金)

戦争再開が目前かもという段になって今更の論議 

10日付けの朝鮮日報の記事から

北朝鮮ミサイル 自国領空通過しても韓国は打つ手なし
2013/04/10 21:00
 【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が中距離弾道ミサイル「ムスダン」(射程約3000~4000キロ)を南に向けて発射する可能性が取り沙汰されている。

 西太平洋のグアムや日本の領空に向けて発射すれば米国や日本が迎撃する可能性が高く、また日本領空の通過で論争を招きかねないためだ。

 韓国政府は東海方面に発射される可能性が高いと見込みながらも、南に向けて発射され韓国の領空を通過する場合にも備えているという。政府関係者は10日、北朝鮮がムスダンを東に向けて発射すれば日本の北海道と本州の間を通過する可能性があり、南側に発射すれば韓国の領空を通過して済州島の東側と九州の間を抜け、フィリピン東の海域に着弾するとの見方を示した。

 専門家らは、敵国のミサイルが自国の領空に入ってきた場合、国際法にのっとり「自衛権の行使」が可能だと指摘する。自衛権は国連憲章でも認められている。

 北朝鮮がムスダンを南に向けて発射すれば、最大500キロまで上昇し、100キロ以上の高度で韓国の領空を通過するとみられる。だが、韓国軍は現在、こうした高度で進入してくるミサイルを迎撃できる海上の対空兵器を持っていない。 イージス駆逐艦に搭載されている海上配備型迎撃ミサイル(SM2)は最大到達高度が30~40キロにすぎない。一方、米国と日本のイージス艦は最大到達高度160キロ以上のSM3を搭載している。

 こうした状況から、軍内部では、北朝鮮ミサイルの探知能力を備えたイージス艦にSM3を配備すべきだとの主張も出ている。国防部は代案として、保有しているSM2のシステムをSM3クラスに改良することを検討中だという。

 一方、地上配備型の迎撃ミサイルとなるパトリオットミサイルの能力も限られている。空軍が保有するパトリオット(PAC2)は高度約30キロのミサイルや航空機を迎撃する能力を持つ。韓国軍は48基のPAC2を実戦配備している。

 韓国国防研究院(KIDA)と米ミサイル防衛局(MDA)が2011年から翌年にかけて行った「韓国型ミサイル防衛(KAMD)システム」の共同研究では、韓国軍のPAC2システムは迎撃率が40%以下にとどまり、ミサイルよりも航空機の迎撃用と評価された。国防部はPAC2の発射システムをPAC3に合わせて改良し、対応できる高度を約2倍に上げる計画だという。

 政府関係者はムスダンが韓国の領空を通過すればPAC2では迎撃できないと認めながらも、「国民に被害が出れば相応の報復を行う」としている。

 首都が北から目と鼻の先にあるのに、避難壕の整備さえもロクにされていないし、防御兵器や有事の際の対応についての明確なシステムも確立されてない…休戦中の国としてとても信じられない杜撰さですが、見栄と虚勢、欺瞞が全てのモドキにとってはそれが普通なんですよね。

 室屋克実氏が朝鮮半島で生まれた数少ない四字熟語の一つとして『外華内貧』というものがあると月刊『WiLL』(2013/5号)で書いていましたが、まさにその通りで、強国アピールのために新しい兵器を次々と買い漁り、造っても、欠陥品やモドキの質の問題でマトモに運用ができないし、攻撃力という半身の強さだけを華として求めた結果、防御力という重要な残り半身は貧弱極まりないのですから、滑稽千万です

 そもそも日本のように自衛を掲げて侵略戦争を否定しておきながら、防御が疎かってのが常軌を逸してます。

 今更になってSM3配備がどうだの、SM2の改良がこうだの、PAC2をどうしようだの…本当に低脳ですよねぇ?

 大体、韓国製のキメラなイージス艦モドキにSM3クラスのミサイルなんか搭載できるのかよと。

 韓国の世宗大王級駆逐艦は以前、朝鮮メディアが世界最強のイージス艦と謳った軍艦ですが、その論拠は単純にミサイル搭載能力など攻撃力が優れているというものでした。

 ほぼ同時期に建造され、ほぼ同サイズの日本のイージス艦、あたご級と比較した場合、ミサイルVLSの数が約1.3倍(あたごが96セルに対して世宗大王は128セル)、4連対艦ミサイル筒があたごの2基に対し世宗大王が倍の4基、更に世宗大王はRAMと呼ばれる近接防御用対空ミサイル発射機を1機備えている上に、近接防御火器も20mmのCIWSから30mmのゴールキーパーになっているのです。

 しかもあたごと違って世宗大王はVLSに巡航ミサイルも搭載しているので、相当なトップへヴィーになっているのは確実であり、復元性にはよくてあまり、下手をすれば殆ど余裕は無いでしょう。

 そんな欠陥船に更にSM3なんて重量物を載せたら…

 世宗大王に搭載されている対空ミサイルはSM2のBlock3だそうで、これは調べたところ重量708kg

 一方、SM3になると重量は倍以上の約1500kgであり、しかも全長も2m近く大きくなるため、VLS自体も手を加えないといけないと思いますので、ほんの数発積むだけでも結構な重量増加(4発搭載としても本体重量だけで3t以上増える)になります。

 ちょっと波が高くなるだけで転覆を警戒しなくてはならない欠陥船にこれ以上搭載重量を増やしてどうするつもりでしょう?

 まさか、停泊中に嵐でもないのに転覆しましたとか、モドキらしい爆笑ネタを提供しようとでも思っているんでしょうかねぇ?

 何処に食らっても一発で致命傷になるような弾薬輸送艦に、更に転覆の危険性を高めましょうとか、ホントに知能の低いケダモノどもの思考は人間には理解しかねますね。

 もっとも、最強の万能艦なんて幻想を現実にやろうとしたことが最初から間違っていたわけですから、そこに改良性や発展性なんて望めるわけもないのに、それが理解出来ないってのは如何にもモドキらしいですがね。

 今時分にこんなクダラナイことに時間や予算を掛けていられるなんて、案外まだまだ余裕があるって思っているってことかもしれませんねぇ?
04月11日(木)

仏像窃盗でもやはり出た愛国無罪の声 

9日付けの朝鮮日報の記事から

自称「愛国者」、対馬仏像窃盗犯の正体は
2013/04/09 12:42
 平均年齢62歳という4人組の高齢窃盗団の犯行が、韓日の外交関係に微妙な波紋を生じさせている。4人が日本の対馬で盗んだ国宝級の仏像が、かつて韓国から略奪されたものの可能性があるとの主張が出ているからだ。仏像は回収されたが、日本には返還されていない。

 韓国の裁判所は「仏像が日本に渡った経緯が明らかになるまで、日本には返還しない」という仮処分の申し立てを受け入れた。すると日本側は政府高官が、韓国政府に対し速やかな返還を求めた。

 問題の仏像は、統一新羅時代の銅造如来立像と高麗時代の金銅観音菩薩座像。このうち国宝級の銅造如来立像は、既に1974年に日本で1億円の評価額が付いている。

 問題が起こると、インターネット上には「愛国者論」が登場した。「略奪品を見つけ出した、気概ある泥棒たち」というわけだ。「正当なやり方ではないが、犯罪には当たらない」という主張も見られた。摘発された泥棒たちも、予想外の反応を見せているようだ。警察によると「日本が奪ったものを探し出したのに、何か間違っているのか」「韓国の文化財がきちんと保存されることを望む」と主張しているという。4人の泥棒のうち3人は「無念さを韓国国民に直接訴えたい」として国民参与裁判を要求した。

 4人は愛国者なのか。それとも、単なるいやしい泥棒なのか。検察の起訴記録や過去の裁判記録、証言から「泥棒たちの真の姿」を追った。(中略)

■摘発後に生じた兄弟間の亀裂

 ソン容疑者、チャン容疑者に続いて警察に捕まった最高齢のキム容疑者は、潔白を主張した。「仏像を持ってきただけで、盗んではいない」というのだ。窃盗の現場に行っていないキム容疑者は「宿にいて、現場から1キロ離れた場所で風に当たっていた」と主張した。

 対馬に行ったことについても「日本の民芸品を安く買うため、弟の一行に同行しただけ」と主張した。つまり、弟がやった、というわけだ。しかし、後に捕まった弟は「3人が盗みを行う間、兄が見張りをして現場を指揮した」と供述した。これに対し兄のキム容疑者は「実の弟が、なぜ自分をどんどん陥れようとしているのか分からない。残念だ」と警察に語った。

 お互い、主犯の汚名を相手に着せようとする兄弟の争いは激しい。2人は裁判所が選任した無料の国選弁護人を断り、それぞれ私選の弁護人を選任することにしたという。

 キム容疑者兄弟には、捜査中に1人の面会人も訪れなかったという。私食はおろか身に着ける下着すらなく、「故買屋」のチャン容疑者に頼んで服を何着かもらったとのことだ。

 捜査チームの関係者は「窃盗犯が“愛国”を口にするのは、はっきり言って詭弁(きべん)」と語った。「盗んだこと自体が過ちだが盗んだ後に愛国心に目覚めたというのなら、博物館や文化財庁に仏像をさっさと持っていくべきなのに、なぜ倉庫に隠していたのか」というわけだ。実際、故買屋のチャン容疑者は捕まる前、複数の転売ルートを調べていた。

李吉星(イ・ギルソン)記者

 えー、中略部分はこの窃盗団それぞれの犯罪歴について、何件やった、どんな犯罪を行ってきたとか、暴力団との繋がりがあるだの、どんな流れで対馬から盗んだだのと、常人は見ているだけで胸糞のの悪い話なだけなので割愛しました。

 日本から盗み出したからモドキにとって英雄となり、当人らもその声を利用して国民参与裁判で自分達を安重根ら韓国で英雄と称えられる、実際は単なるテロリストに準えさせて悲劇の英雄を演じ、無罪放免を狙っているのでしょう

 信じられます?

 これが儒教の国だなどと僭称しているバカ民族の実態なんですよ?

 まぁ、モドキの場合はどんな優れた文化や習俗であろうとも知能が低すぎる故に改悪しかできないのが常なんですが。

 そもそも仏像が日本へ渡った原因である朝鮮における仏教弾圧だって、儒教が原因ですし、行ったのはモドキ達にとっては大王と呼ぶ偉大な世宗(爆)なのですから、如何に下等な民族なのかこの時点でも丸分かりですね。

 韓国における世宗は学問好きで善良な人間で善政を敷いたと教科書で称えているのですが、実際には日本や北に住む女真族への侵略戦争を繰り返し、仏教を弾圧して寺や仏像を破壊・焼却しておきながら、晩年病に伏すようになると仏教へ救いを求めるようになるというとてもステレオタイプの小悪党なんです。

 ま、悪事や都合の悪い事実については無かった事にするのがチョウセンヒトモドキの歴史のつくり方なので、あくまでも世宗は善政を敷いた偉大な王様として称えられる存在となり、現在では韓国産のイージス艦モドキのネームシップにまでなっています。

 因みに軍艦に人名付けるのってすっごくダサイと思うんですけど、それがモドキの名前だとひとしおですね。

 何よりも女性(処女航海なんて言葉もあるように、船の性別は女です)に男性名(イギリスのクイーン・エリザベスなど例外も幾らかある)を付けて誇るのってねぇ?

 因みにアメリカでは第二次世界大戦前に造られた空母レキシントンとサラトガをそれぞれレディ・レックス、レディ・サラという愛称がありましたし、日本の雷撃隊では魚雷を自分のナニに例えて女性である空母にブチ込めなんて卑猥な表現をしたという話も何とやら…

 と、話が盛大に脱線しましたが、儒教の根幹をなす仁・義・忠・孝・礼・智・信といった概念と世宗の行動がまったく一致しないのは上記を読んでもらえれば分かるとおりですし、テロリストを英雄と称えて反日を掲げれば放火や大使館へ車両による突撃、更には単なる窃盗でさえ英雄行為になり、減刑や免罪が当たり前の国の何処に儒教なんてものがあるのでしょう?

 ましてや親にもらった体に好んでメスを入れ、原形が分からぬ程に整形をする人間が女性の約半分とも言われるような国に(身体の毀傷は儒教の孝道において戒められている行為)。

 そして信は「言明をたがえないこと、真実を告げること、約束を守ること、誠実であること」であり、隣国と比較して600倍を軽く超える嘘つき国家であること、悪いことをしてもこの犯人集団の兄弟のように罪を擦り付けたり、反日行為だから正当化しろなどと述べることはどちらも信に著しく反した行為です。

 また、つい先日韓国では、カルトに嵌った若い女性が精神に異常をきたして地方都市を全裸で徘徊するという事件がありましたが、警察が現場に到着して保護するまで誰ひとり助けず、それどころかその姿を多数が撮影し、中にはあとを追って撮影し続け、ネットに幾つもアップロードされるという事件がありました。

 この事件から、仁や義という概念もまた、モドキには存在しないことがハッキリと分かると思います。

 ついでに言えば、「4人は愛国者なのか。それとも、単なるいやしい泥棒なのか。検察の起訴記録や過去の裁判記録、証言から「泥棒たちの真の姿」を追った」なんて書いていることから朝鮮日報もまた、愛国無罪を唱える典型的なイカレたモドキであり、儒教などとは微塵も接点のないケダモノ集団の一味であることがわかりますね。

 愛国を唱えようが、盗み出した後すぐに博物館や文化財庁に仏像を持っていこうが、やっているのは単なる犯罪に何の違いもないんですから。

 日本では在特会が支持を全く集めていないことからもわかるように、愛国を騙ったところでやっていることの本質がどうであるかによってしか他人から評価は得られないわけで、これが民度の差、人間とケダモノの差ということですけど、元が所詮は下等動物のチョウセンヒトモドキには未来永劫その差を埋めるどころか理解することさえかなわないことでしょうね。
04月10日(水)

中国で深刻化する環境破壊と水不足 

8日付けの大紀元日本の記事から

砂漠化進む中国 河川5万本、20年で半数以上が消滅
【大紀元日本4月8日】「大河の波は広く高く、風が稲穂の香りを運ぶ」中国の人気歌謡曲の歌い出しにこうある。しかし、こうした風景はすでに過去になりつつある。水資源を管理する水利部(省)と統計局が3月末に発表した3年にわたる資源調査の結果、2万8000本の河川が消えたことが明らかになった。

 調査は3月26日に発表された。それによると、1990年代には5万本以上が存在していた河川が2011年には2万2909本に減少したという。また、最長河川の揚子江や黄河も水位の減少が見られる。

 当局は減少理由を、地球温暖化や「前回の調査が1950年代の不完全な地理観測から導き出されたものだから」と説明している。一方で専門家は、経済発展を優先するあまり環境への責務を怠ったためだと指摘する。

 北京拠点のNPO公共環境研究センター所長の馬俊氏は、観測方法が異なるため数字の誤差があったことを認めながらも「汚染が有限の資源を破壊したためだ」と米メディアなどの取材に対して答えた。同センターの調査で特に東北部での干上がりが確認され、また、森林伐採や三峡ダムのような大型水力発電施設や気候変動は表面的な理由で、「根本的には人口過剰と環境汚染が悪化を押し進めた」と原因を述べる。

 「2つの破壊的な組み合わせだ。人口増加は限られた水源を搾取し続け、国の劇的な工業化は河川を汚染したが、ほうっておいた」と同氏は付け加える。

 汚染はさらに、わずかに残った水資源でさえ破壊している。3月初旬、上海の河川でブタの死骸1万2000頭が漂流し、同月末には四川省でアヒルの死骸1000羽が川に投棄されているのが見つかった。中国環境保護省は化学物質がもたらした深刻な健康被害の例として、村民にガン患者が多い「がん村」の存在を認めている。

 ミニブログ・微博には、政府に近い者でさえ嘆きの声を上げる。教育部(省)の元広報担当王旭明氏は「ポケットのお金は増えたが、周りの水はどんどん減っている。環境保護への投資は18.8%増と、国の発展指数(中国のGDPは約8%)の2倍以上だ。政府に提案する。経済発展レベルを下げて環境保護を最優先事項にすべきだ。豊かな中国が美しい中国であるために」

 また、共産党の舌・環球時報でさえ溜息をついている。「毎年、何万もの河川が消滅しているということか。昨年、雲南省シーサンパンナ州の森林伐採で禿山と化した地区の取材を思い出した。原生林はすべて引き抜かれ、ゴムの木が植えられ、生態系が傷つけられた。一つ発展が進めば、醜い側面も現れる。そして加速していく。しかし人々が生活の質の向上を望む中、誰を責められるだろうか」

(翻訳編集・佐渡 道世)
(13/04/08 12:28)

 信じられます?

 河川が、年平均1400本も消えているんですよ?

 「人口増加は限られた水源を搾取し続け、国の劇的な工業化は河川を汚染した」と原因を認めていますが、第二次世界大戦終結当時で5億人を超えていた人口が、70年近く経った現在では2.5倍にも膨れ上がっているわけですから、計画的な自然管理を行わねばあっという間に資源が枯渇していくのは当然の帰結です。

 第二次世界大戦中も中国の人口は全く減らずに増加を続けており、戦後は更にどんどんとその増加率が跳ね上がっていきました。

 毛沢東のバカ政策で農業に大打撃を受け、数千万人が餓死においやられても人口増加が全く止まらなかったわけですから、如何に無統制・無計画な成長を中国共産党行っていたかわかるでしょう。

 まぁ、その間にチベットなどを侵略して併合したってのも人口増加の一員ではありますが。

 どっちにしてもその対策として出した一人っ子政策で男女比も歪化し、それでも止まらぬ人口と環境破壊で水資源のダメージは深刻なんて次元じゃ済まないところまで来ています。

 しかも南部の水源を無理矢理北部へ引っ張ってくる南水北調でまだ余裕のあった南部にまで被害を深刻化させるという滅茶苦茶ぶりで、そこに化学物質などによる汚染が加わるわけですから、そりゃあ奇形児は秒単位で生まれるし、大気汚染で僅か1年間に123万人以上死亡するなんてことになりますよね?

 おまけにそうまでして手に入れたレアアースは設備投資のし過ぎで供給過剰になり、その上恫喝目的で対日経済制裁を行ったことから日米欧からWTOには訴えられるは、供給先としての信用を失い輸出量が急減して価格も下落し、一層価値を減少させるわと悲惨な事態になっていますし、推し進めた都市開発は各地でゴーストタウン化、大気汚染に加えて人件費の高騰と直ぐに暴動を起こす野蛮性を嫌って外資の流出は止まらずと、かなり状況は悪化しています。

 特にレアアースについては使用量を減らしたり代替品の開発を最大の輸出相手だった日本が進め、更には周辺の海底から採取するというトンデモな手段に出たため、業界再編で何とか立て直そうと必死になっているようですが、一時の栄光を取り戻すようなことは二度とないでしょうね。

 こうして残ったのは莫大な人口と負債の山というのが中国の現状であり、バブルの崩壊こそ何とか防いで未だに崩壊せずいるものの、今後の経済情勢は以前より全般的に真っ暗な感じです。

 何せ、後進国が発展する際に役立つ、外資の誘致条件である安価な人件費や鉱物資源がもはや望めず、むしろ進出の否定要素となる環境汚染が深刻なんてレベルじゃなくなっているのに、一党独裁体制の維持に汲々としているんですから。

 果たして外資が望めなくなった時、この国はどうなるんでしょうね?

 大紀元日本『レアアース価格の下落が止まらない、中国政府が業界再編・統合を加速化』
 http://www.epochtimes.jp/jp/
2012/10/html/d23314.html

 日本経済新聞『南鳥島沖に高濃度レアアース、中国鉱山の30倍超す』
 http://www.nikkei.com/article/
DGXNASGG2100M_R20C13A3MM0000/

 毎日jp『伊是名沖:大鉱床 資源機構が新たに発見 /沖縄』
 http://mainichi.jp/area/okinawa/
news/20130401rky00m040006000c.html
04月09日(火)

何処までも意地汚い乞食民族 

8日付けの中央日報の記事から

韓国の“国宝”石獅子像と日本から戻った複製品の数奇な運命とは
2013年04月08日09時27分
 国宝35号華厳寺(ファオムサ)「四獅子三層石塔」にそっくりな石獅子像1点が最近日本から帰ってきた。東京の駐日韓国大使館から韓国に持ち込まれて全羅南道求礼(チョンラナムド・クレ)の華厳寺境内に封印されていた石獅子像だ。華厳寺の獅子像のDNAを100%受け継いだこの複製品は80年余り数奇な運命のくびきを脱ぎ、「父親」のそばに帰郷した。ややもすると搬出されるところだった国宝を守った複製品の息子をめぐるエピソードは波乱に富んでいる。

 話は1959年9月17日にさかのぼる。日本の衆議院議長を務めた星島二郎氏は韓日国交正常化を控えて両国の友好ムード作りのため所蔵していた石獅子像とその台座を当時の駐日韓国代表部に返還した。

 石獅子像の文化財的価値調査のために同年9月末に日本に派遣された黄寿永(ファン・スヨン)韓日会談専門委員に星島氏は「乙巳保護条約の際に韓半島から搬出されたものであり、搬出した人は初代統監を務めた伊藤博文という説がある」と説明した。

 このような調査結果を基に黄専門委員は9月30日、外務部にこの獅子像が「国宝35号華厳寺四獅子三層石塔と類似した統一新羅時代の傑作であり、製作時期は9世紀初期とみられる」との報告書を提出した。続けて「考古美術」61年2月号に「在日石獅座像とその方形台座」という題名でこのような事実を紹介した。

 そのような黄委員に不思議な話が舞い込んだ。この獅子像を1930年末に作ったという浅川伯教から「華厳寺四獅子三層石塔を搬出しようとしたができなかったので1カ月間華厳寺に滞在して自身が複製し、木浦(モクポ)で製作した後に日本に送った」という証言を聞くに至る。

 結局黄委員は「考古美術」62年12月号の訂正欄に「駐日韓国代表部にある石獅子像は華厳寺四獅子三層石塔を模倣したもの。事実と異なる話をして申し訳ない」という文を発表する。

 だが、62年以後駐日韓国大使館の庭に展示されながら歴史的事実はあいまいに忘れられた。満天の下に複製品と明らかにされた物が本物扱いを受けたのだ。このような事情は2010年に駐日韓国大使館の新築工事などで獅子像を韓国に送りかえした方が良いという意見が出てくるまで続いた。

 歴史の真実は2013年1月27日、国外所在文化財財団のチョン・ゲオク調査研究室長が駐日韓国大使館に保管中の石獅子像を精密調査した後で明らかになった。この複製品でなければ国宝が日本に持ち出されていたかもしれない状況だった。チョン室長は「文化財委員会の審議を経て華厳寺境内の適切な位置に設置し歴史の教訓を見せる登録文化財とする予定」と明らかにした。

 星島二郎がどういう経緯で入手したのかは知りませんが、乙巳保護条約(第二次日韓協約のこと)の際に持ち出したなど、随分といい加減かつ間抜けな発言をしていたものですね。

 1930年末に作ったと製作者である浅川伯教自身が述べた以上、星島の話では作られる30年以上も前に石像が渡日していたというあべこべな話になってしまいます。

 何よりも製作者が有名な浅川伯教で、送られたのがまだ太平洋で先端が開かれる前の半島からであるなら、来歴に関する資料だってちゃんと残っていたはずだと思うのですが、一体どこでそんな与太話を仕入れてきたんでしょうね…

 まぁもっとも、そんなみっともない星島の遥かに上を行くのがチョウセンヒトモドキなのはもはやお約束です。

 20年前に作られたものを50年以上前に日本に来ましただの、日本人が日本のために製作したのを元々朝鮮のものですだのとやった星島の失態はバカ丸出しの実に小っ恥ずかしいものですが、製造からたった20年に過ぎない石像を見て、これは1100年以上前のものだと喚き出すモドキの異常さといったら…

 9世紀初期、つまりは800年代初頭って、幾らその時代に作られたオリジナルを著名な彫刻家が複製したとは言え、間違えるのに無理がありすぎると思いませんか?

 ちょっと専門家が調べれば風雨による劣化具合や素材の質などから簡単に本物かどうかなんて分かりそうなんですがねぇ?

 しかも、盗んだ仏像を元々自国が作ったものだからとそのまま横から盗んで返さずいる連中が、日本人が日本のために作った石像をバカな男の勘違いで寄贈されたからといってそのまま祖国に送って文化財にするんだ、戻ってきたんだって…どんだけがめつい上にセコイんでしょ?

 「華厳寺の獅子像のDNAを100%受け継いだこの複製品」なんて言ってますけど、製造者が日本人だってことをガン無視してほざいているあたりに、この乞食民族の性根が見えますね。

 竹島や仏像と一緒で理由や来歴なんてどうでもよく、兎に角自分のものにしたらあとから歴史は捏造してしまえばいいって実に卑しい根性、本当に吐き気をもよおすケダモノっぷりです。

 別に今更この石像を返せなんていう気はありませんが、存在そのものが本当に汚らわしい連中ですね。
04月08日(月)

テロ屋朝日の脅迫 

7日付けの朝日新聞デジタルの記事から

基地返還計画-可能なところから早く
2013年 4月 7 日(日)付
 米軍基地が集中する沖縄の負担を減らすため、日米両政府が基地の返還計画をまとめた。

 人口が多い県南部の6基地について、返還の時期や手順を定めた。2013~28年度に、約1千ヘクタールの返還をめざす。

 在日米軍基地の73・8%が沖縄にあり、計画が実現しても73・1%に下がるだけだ。わずかではあるが、負担が減るなら意味はある。着実な進展を望む。

 ただ、返還時期の書きぶりには首をかしげる。「22年度またはその後」とされた普天間をはじめ、いずれも「またはその後」がついている。

 仲井真弘多知事はきのう、説明のため沖縄を訪れた小野寺五典防衛相に「いつになるかわからない、としか読めない」と疑義を呈した。防衛相は、あいまいにしたわけではないと強調したが、納得しがたい。

 なぜこんな表現になるのか。背景には、返還計画の大半が代替施設の整備を前提にしていることがある。返還対象の約1千ヘクタールのうち、県内の別の場所に機能を移した後に返還するとされたのは841ヘクタールにも及ぶ。

 その移設先の自治体には、防衛相がきのう初めて計画を説明した。市長らからは「困る」といった声が相次いだ。

 どうやって返還を進めるのか。留保をつけたとはいえ、時期を示した以上、「書いただけ」では済まされない。政府は、みずから努力を尽くす義務を負ったといえよう。

 481ヘクタールと計画全体の半分近くを占める普天間の返還は、従来どおり名護市辺野古への移設が前提とされた。

 知事はきのう記者団に、22年度以降では「普天間に固定化するのと同じ」と語り、県外移設を改めて主張した。県内全市町村が反対する辺野古への移設は依然、現実味に乏しい。

 とはいえ、普天間を理由に、ほかの基地の返還を遅らせてはならない。可能なものは計画を前倒ししてでも返還すべきだ。

 日米両政府は昨春、普天間移設と、ほかの基地の返還は切り離すことで合意した。ところが、米政府内からは再び「海兵隊のグアム移転と普天間移設の前進によって、嘉手納基地以南の多くの土地の返還が可能になる」(国防総省報道官)といった発言が聞かれる。

 そんなやり方では何も進まないのが、この間の教訓だ。膠着(こうちゃく)状態が続けば県民の反発はさらに強まり、米軍の駐留が難しくなるおそれすら出てこよう。

 東アジア情勢が不安定さを増すなか、日米両国とも、そんなことは望んでいないはずだ。

 単に執筆者が代替わりしたからなのか、毎日がデマゴーグをやったことに感化されたのかしらないですが、また同じデマゴーグを垂れ流しているみたいですね。

 それに、沖縄にある施設だの負担だのっていっても、大半は演習場(全体の2/3の面積が演習場に区分されている)ですし

 そして、仲井真の老害が「いつになるかわからない、としか読めない」なんてほざいたそうですけど、そりゃあお前が先頭に立って解決に導くどころか逆に邪魔をし続けているんだから、目処が立たないのは当然だろうと

 ルーピー同様に絶対に実現不可能な「県外移設」という妄想にひたすら固執してただただ喚き続け、現実的な対応の一切を拒否して妨害に勤しんでおきながら、何を寝ぼけているんだって話ですね。

 自分達で国外や県外移設のためになにか努力をしたかといえば、精々アメリカに言って県外に移設しろと喚いただけで、具体的に相手が話を聞こうという気になるような行動は一切していませんし、その一方で国にもっと援助をしてくれと金をせびってばかり。

 まるで役立たずで金食い虫なニートじゃありませんか。

 相手が同意している以上移転先の目処さえ経てば問題なく解決出来るわけで、それこそ朝日が求める前倒しだって可能なわけですが、あれもやだこれもやだと一方的に駄々を捏ねるだけで本気で解決しようという意思さえ見せないままなら、何時まで経っても解決しないのは至極当然であり、自分達の行動こそが固定化の原因だと理解出来ないなら、そのまま永遠に続けていればいいんじゃないですかねぇ?

 それにしても、相変わらず相手が受け入れるわけもない要求だけを重ねた挙句、「県民の反発はさらに強まり、米軍の駐留が難しくなるおそれすら出てこよう」だの「東アジア情勢が不安定さを増すなか、日米両国とも、そんなことは望んでいないはずだ」だのと最後には脅迫まで入れてくるあたり、ホントに朝日って新聞なんかじゃなく、売国を命とするアジビラだってことがよくよくわかりますよね?

 政治目的達成のためなら国民を扇動して妨害活動に勤しむぞと100年以上も前から同じ手法を繰り返し、国家を間違った方へ誘い続けているんですから。

 破防法とかを適用していい加減テロ組織認定でもしてやればいいのにとつくづく思いますよ。
04月07日(日)

仲良く共倒れを 

6日付けのMSN産経ニュースの記事から

韓国経済への悪影響鮮明に 北朝鮮威嚇、目的の一つか
2013.4.6 20:22
 北朝鮮の威嚇が続く中、韓国で、外国人投資家の資金離れが大きな要因とみられる株価下落が止まらず、金融市場への悪影響が鮮明になってきた。

 威嚇の継続には、韓国への投資にリスクがあることを国際社会に見せつけ、外資離れを起こすことで景気回復を急ぎたい韓国新政権を揺さぶる狙いもあるとの見方が強まってきた。

 米韓軍は1日まで最新鋭機の韓国飛来などを公表し北朝鮮に圧力をかけたが、その後訓練の公開を相次ぎ中止。市場への影響を考慮し緊張が拡大しているとの印象を与えるのを避けようとしている可能性がある。

 ソウル株式市場は5日まで5取引日連続で下落、一週間で総合株価指数(KOSPI)は3・8%下落した。(共同)

 ま、今の韓国に投資したってリスクばっかりでリターンなんて期待できないから当然ですね。

 それでなくても盧武鉉に続き李明博と、北同様の先軍政治をやって欠陥品の量産に無駄金をこれでもかと費やした影響も小さくないですし。

 軍事費を跳ね上げ、F-15、戦車、イージス艦、強襲揚陸艦に潜水艦など主力兵器を中心に片っ端から更新してきたわけですが、まぁ見事に欠陥だらけかさもなくば実力不足でまともに運用もできないかというお粗末っぷり。

 他にもロケット開発なんて、分不相応な技術にも手を伸ばして失敗三昧でしたし。

 元々人の何倍も見栄を張りたがる虚栄心の強い民族だけに、そういう直接的な力の象徴に憧れたんでしょうけど、その無駄遣い分を内政に回して中小企業の保護・育成に努めていれば、外資が逃げ出したからってそんなに慌てることはなかったのに。

 特に李明博時代に推し進められた財閥・大企業優遇政策の結果、業種を問わず中小企業のダメージは深刻です。

 しかも、ここ最近はその優遇されてきた財閥系の大企業が次々と大打撃を受ける事態が起きているものだから…

 ご存知の通り他企業の技術者を金で引き抜き、技術を盗み終えたら捨てるという手法で売上を伸ばしたサムスンは、特許問題でアップルと泥沼の訴訟合戦を各国でしていますし、その悪行も知れ渡りはじめてブランドイメージを急速に悪化させています。

 現代・起亜の自動車外車については先日記したリコールが300万台にまで増えるかもと大騒動になり、トヨタと違って致命的な欠陥ではないなどと、朝鮮のマスゴミを使ってイメージダウン回避のために反日ネガティブキャンペーンを混ぜながらやっていますが、ソウル市場でも大幅な株価ダウンが続いています。

 そのせいもあり、最近の韓国市場ではドイツメーカーなどが大きく躍進していますね。

 また、韓国国内市場では小売業や個人経営商店などが軒並み数を減らし続けており、デパートや大規模スーパーの出店を規制する条例を地域ごとに制定して今更かつ随分と偏った保護政策を打ち出していますが、そんなことで潰れたものや傾ききったものが元に戻る訳もなく、規制の枠内の規模である中規模複合店舗が出店するだけという間抜けな結果になっています。

 因みに日系企業がそれをやっているから、悪だ、食い物にされているんだと朝鮮日報などは以前気炎を上げていましたね。

 ま、元々他人から盗んだ技術と基幹技術部品を輸入して加工、輸出する中間貿易を中心に国を支えているわけですから、それが脅かされる状況になれば経済状況が途端に悪くなるのは当然であり、新しい大統領の能力の無さと相まってこれからドンドン悪化していくことでしょうね。

 就任前から現時点までで既にその手際の悪さから既に韓国国内では新大統領の評価は非常に低くなっており、そこに加えてこの北による騒動です。

 最近ではあれほど毛嫌いしていた安倍総理の政治手腕を羨むほどですから、相当なものでしょう。

 おまけにこの状況においても慰安婦だなんだと国内外で騒ぎを起こし、日本人の嫌悪感場を高めていざという時に助けてもらえないような状況を自ら作り出すことに精を出しているんですから、ホント、このバカどもって救いようがないですよねぇ?

 どこかの国の庇護下になければ生きていくことさえマトモにできない矮小な存在のくせに、それを自覚することが何より嫌いっていうんですから。

 ま、このまま同族同士で足を引っ張り合って共倒れにでもなってくれると最良ですね。

 その後は統合して内乱の絶えない最貧国にでもなって、国連管理下に入るのがいいんじゃないでしょうか?
04月06日(土)

喉元すぎればなんとやら 

6日付けの毎日jpの記事から

社説:米軍基地返還計画 普天間「切り離し」守れ
2013年04月06日 02時33分
 日米両政府は、沖縄の米軍嘉手納基地以南の6施設・区域の返還計画で合意し発表した。焦点の普天間飛行場も合意文書に盛り込み、同県名護市辺野古への移設を前提に「2022年度またはそれ以降」とした。

 各施設・区域返還は沖縄県が強く求めてきたものである。返還時期を示せば、跡地利用の計画づくりが可能となる。時期の明示は前進だ。

 しかし、各施設の返還時期は具体的年度「またはその後」との表現になっている。遅れる可能性を織り込んでいることが気になる。沖縄県内での代替施設確保を返還の前提にしている施設が多く、移設先の自治体の反対で返還が遅れてきたのがこれまでの経緯だ。両政府に実現に向けた本格的取り組みを求めたい。

 何より懸念されるのは、普天間移設を文書に盛り込んだことで、移設が進まなかった場合、他の5施設・区域返還が連動して遅れることだ。小泉政権時代の06年の日米合意では嘉手納以南の施設・区域返還と普天間の辺野古移設はパッケージとなっていたが、昨年4月、野田政権がこれを切り離し、普天間移設が進まなくても他の施設等の返還を進めることで米政府と合意した。今回の合意で両者のリンクが事実上、復活したとすれば後退と言わざるを得ない。

 日米合意発表後、安倍晋三首相は早期の返還実現に努力する考えを表明した。政府は、公式には、昨年の「切り離し」合意は有効であるとの考えを明らかにしている。ぜひ、普天間移設の進展に関係なく、5施設等の返還を進めてもらいたい。

 政府は先月下旬、辺野古への移設に必要な「公有水面埋め立て」許可申請を仲井真弘多知事に提出した。知事の判断には10カ月程度かかる。沖縄では、普天間の県内移設に反対する声が大勢であり、知事も県外移設を主張している。辺野古への移設が進む見通しは立っていない。

 5施設等の返還と引き換えに普天間の辺野古への移設を迫るということになれば、沖縄の反発を招くだけだろう。政府は「切り離し」の姿勢を最後まで貫くべきだ。

 また、普天間移設が政府の計画通り進んだとしても、移設までに9年以上かかる。この間、普天間周辺住民の危険性は放置されたままなのだろうか。安倍政権は移設実現までの危険性除去・軽減の対策を示していない。普天間の機能分散を進めるために早急に米政府と協議するよう求める。

 沖縄には在日米軍の施設面積全体の約74%が集中しているが、普天間を除く5施設等が返還された後も、その数値は約72%と、わずか2ポイント下がるだけだ。「過重な基地負担」は変わらない。政府は引き続き、負担軽減策を検討すべきである。

 賢明な人なら直ぐにこの社説が相変わらず政治的イデオロギーに基づいて非常に偏った情報を垂れ流していることを理解できるでしょう。

 「2022年度またはそれ以降」については、ルーピー率いる売国政党民主党が政権を略取し、普天間合意を反故にした経緯がある以上、されたアメリカ側としては例え自民党に戻ったとはいえ、現在のバカ踊りに狂奔する沖縄の現状を踏まえて当然そういう保険を掛けることを要求しますよ。

 交渉事における非礼と言うより詐欺を働いた相手に、トップの首をすげ替えたからトラブル前と同じ対応にしてくれなんて要求すること自体、自分本位極まりない真似であり、相手の信用を一層喪失するだけだってわからないんですかねぇ?

 まぁ、わかる知能があったら最初から書くわけありませんか…

 共産党の脳無しどものように即時・無条件返還だ、なんて自らの利益を求めてそれだけを相手に訴えたって、商売は成り立たないというより、一切相手にもしてもらえません。

 相手の利益を示し、相手がこちらの要望通り動きたくなる、動かざるを得なくなるように導くのがプロってもので、学はあっても知性はない間抜けなブンヤ風情には感情論を訴えるのが精々関の山なんでしょうが、だからと言ってセコイ面積の偽装工作が許されるなんて思っているなら、何処までも国民を、そして何より世の中を舐めくさっていますよ、この変態捏造新聞の下衆どもは。

 最近では朝日さえやらなくなってきた「沖縄には在日米軍の施設面積全体の約74%が集中している」というデマゴーグを未だに平然とやり、更に「普天間を除く5施設等が返還された後も、その数値は約72%と、わずか2ポイント下がるだけだ。「過重な基地負担」は変わらない」などと都合のいい事実だけを書いて悪い部分を一切秘する低俗下劣な真似を公然とやっているのです。

 これまで幾度も記してきたように、73%はあくまでも米軍占有施設だけで見た場合の数字に過ぎません

 在日米軍の使用する全面積は1,027,092千m²であり、その内沖縄は231,761千m²と実際には全体の3/4どころか1/4以下であり、共用施設などを意図的に排除するという事は、そこに米軍がいないと触れ回るのと一緒なわけで、そういうところの周辺住民からしてみたら、沖縄や毎日のような連中こそ差別主義者そのものとして見えることでしょう

 加えて、まるで5施設を返還しても2%しか下がらないからダメであるかのように記していますけど、普天間の面積なんてたったの4,806千m²ですよ?

 沖縄にある米軍施設面積の内の僅か2%に過ぎないのが普天間飛行場であり、仮に国外や海外へ移設をしたとしてもその変動幅は1%にも満たない(上記した在日米軍全面積で算出すると、普天間の面積は全体の僅か0.4%でしかない)のが現実なのに、その事実を意図的に隠して他が少ないかのように装うって、やり口が余りにもみみっちいと思いません?

 仮に、専有施設面積の総計である308,931千m²で計算したとしても、普天間の面積は全体の僅か1.5%です。

 何故なら、北部訓練場、キャンプ・シュワブ、キャンプ・ハンセン、嘉手納弾薬庫地区、嘉手納飛行場、以上の5施設が沖縄にある米軍施設面積の85%弱と殆どを占めているためです。

 である以上、「過重な基地負担」を改善するために数字を大きく変動させたいのなら、上記施設を返還とせねばならないことは明白であり、それでいてその事実には一切触れずに僅かな面積に過ぎない普天間を誤認させて騒ごうと毎日はしているわけです。

 直接的な表現を一切していない以上、誤認するのは読者の誤読なので自己責任であるっていう実に姑息で下劣な思惑が透けて見えますね。

 そんなだから『マスゴミ』の称号を冠したと、反省どころか理解もできぬ辺りが、連中の限界なのでしょう。

 己の馬鹿げた所業の代価に、広告主に片っ端から逃げられ、謝罪と第三者委員会(笑)を作っての検証までするはめになり、『変態捏造新聞』の称号まで得た事件をもう忘れたんですかねぇ、このクズどもは。

 防衛省HP『在日米軍施設・区域(専用施設)面積』
 http://www.mod.go.jp/j/approach/
zaibeigun/us_sisetsu/
sennyousisetumennseki.html

 同『在日米軍施設・区域別一覧』
 http://www.mod.go.jp/j/approach/
zaibeigun/us_sisetsu/
sennyousisetuitirann.html
04月05日(金)

相変わらず短期間で簡単に剥がれ落ちる化けの皮 

4日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

韓国自動車大手、米で187万台大規模リコール
 【ニューヨーク=越前谷知子】米高速道路交通安全局(NHTSA)によると、韓国自動車大手の現代自動車と傘下の起亜自動車が、米国で販売した乗用車など計約187万台をリコール(回収・無償修理)する。

 両社が昨年、米国で販売した126万台の約1・5倍に達する大規模リコールとなる。

 リコール対象は、現代の「エラントラ」など約125万台と、起亜の「オプティマ」など約62万台。ブレーキペダルを踏んでもランプが点灯しない不具合や、エアバッグが膨らんだ時に天井の一部が落ちる不具合が見つかった。

 韓国メーカーは米市場で苦戦しており、今回のリコールが販売に影響する懸念が出ている。
(2013年4月4日18時36分 読売新聞)

 トヨタのリコール騒動の際、在米韓国人による捏造の被害訴訟と並行し、行われたのがこの現代と起亜による露骨な売り込み戦略でした。

 元々反日に対してはとても沸点の低いヤンキーは上から下までトヨタ叩きに熱狂しており、冷静さなど政府も国民も、メディアもどこもかしこもが失っていました。

 下劣なモドキどもはそれを一層焚きつけるために全米のトヨタ車オーナーを代表してなどと僭称して集団訴訟を引き起こし、更には絶好の機会だからとメディアを利用して韓国車が素晴らしいなどと大嘘を触れ回らせた上で現代によるトヨタ車からの乗り換えに限定したキャッシュバックサービスなど、下品極まりない狙い撃ち戦略で販売実績を大きく伸ばしました

 加えてこれ幸いと自国においても日本叩きへと内容を拡大してやっていたんですよね。

 しかし、2010年3月に南イリノイ大学の教授がテレビ局と結託して行った実験結果が捏造によるものだと判明した頃から、風向きが変わりだしました。

 翌年には最終報告がなされ、問題となっていた電子制御装置には一切の欠陥が無かったと断定され、加速ペダルとマットに欠陥はあったものの、事故原因そのものは基本的にドライバーによる操作ミスであったことが正式に発表されました。

 また、この一連の問題を通してトヨタの体質的な問題については改善が進み、経営陣が問題の改善と反省を述べ続けていたことなどもあって米メディアの評価もかなり好意的なものへと変わりだし、売上や株価も回復をし始めていました。

 一方、相手の弱みに付け込んだ乞食民族はと言えば、2010年に現代がリコールを出しました。

 それでも2011年はまだトヨタバッシングが完全収束していなかったことと、モドキによる卑劣な販売戦略が功を奏し、何と前年比で現代が20%、起亜が36.3%の増加と大きく伸ばしたのです。

 しかし2012年には化けの皮が剥がれたのか、トヨタの信頼回復や日本車の販売攻勢に圧倒されたのか、途端に売上の伸び率が落ち込みます。

 米国における新車販売数が1400万台を超え、大きく水準を回復させて各社が売上を伸ばす中、現代の伸び率は5%程度であり、傘下の起亜を加えてさえ10%に満たなかった。

 しかも2013年に入って、遂にはマイナスへと突入しており、2月から3月にかけてその幅が大きくマイナス方向へ伸びているんです。

 1月にデトロイトで開催された北米国際自動車ショーでも元気がないなんて評される始末で、早くも斜陽を見せ始めたかと思っていたところにこの大規模リコールです。

 現代と起亜はどちらもアメリカでの年間販売台数は60万台程度ですから、187万台ってねぇ?

 韓国国内での自動車年間販売台数だって150万台程度なのに。

 因みに、トヨタの場合アメリカで、昨年最も売上の少なかった1月で124万台、最も良かった3月には222万台を売り上げています。

 それにしてもブレーキランプが点灯しないとかエアバック作動で天井が壊れるとか、かなり危険な欠陥だと思うんですが、現代曰く「安全に問題はない」というのですから…恐ろしいことで。

 しかも韓国国内でも16万台がこのリコールの対象になるため、合計で200万台を超えるんですよね。

 こんな状況でこんな大規模リコール…それもほとんど車種のない状況でこれってかなり致命的ですよねぇ?

 ご自慢の日本より優れているの化けの皮、毎度ながらあっさりと剥がれ落ちたみたいですけど、2社合わせても僅か1桁のシェアがこれで致命的なことになるんじゃないですかね?

 中央日報『現代・起亜車、米国で190万台のリコール』
 http://japanese.joins.com/article/090/
170090.html?servcode=800&
sectcode=860&cloc=jp|main|ranking

 朝鮮日報『現代・起亜自、米国で販売8%減』
 http://www.chosunonline.com/
site/data/html_dir/2013/
04/04/2013040400524.html

 同『現代・起亜自、米国で187万台リコールへ』
 http://www.chosunonline.com/
site/data/html_dir/2013/
04/04/2013040400522.html
04月04日(木)

女尊男卑の差別社会にして国を潰したいのか? 

3日付けの朝日新聞デジタルの記事から

新入社員に女性4割「法律で」 野田聖子・自民総務会長
2013年4月3日19時9分
■野田聖子・自民党総務会長

 国が数値目標を決めて、例えば新入社員を雇うときに4割は女性社員にするという法律を作れば、文句はあるだろうけど流れができる。そこが私と高市(早苗・自民党政調会長)さんとの見解の違い。国がセットしてあげて、命令にするのか、4割雇ったところには税制優遇するのか。そういうことをやらないと日本の大企業は動かしにくい。(女性の参加について一定の数値の枠を定める)クオータ制はいずれ検討してほしい。高市さんともしっかり議論し合う。(都内での講演で)

 ここのところ接続障害が著しく、一時は更新が全く不可能になっていたのに、サーバー障害などは一切なかった。

 そしてそれに合わせるようにアクセス日数が急落し、半減した頃から今度は回復と。

 以前にも幾度かあっただけに、嫌な感じですが…

 まぁ、それは兎も角として、どうしてこう自分で女性の立場を悪くするような発言をするんですかねぇ…

 確かに昨今では晩婚化と女性の肉体労働職への進出も大分進んでいますけど、それにしたってこういう頭の足らない主張をすれば、実行しなくてもトラブルの元にしかならないってわからないんですかねぇ?

 例えば海上自衛隊。

 『ひゅうが』などの新しい護衛艦には女性隊員を乗り組むことを前提とした設計がなされていますが、まだ大多数の護衛艦は男性だけが乗り組んでいた時代のものですし、『ひゅうが』などにしても乗り組んでいる人数は精々10数人そこいらです。

 大量の女性を隊員として入れるとなれば、当然ながら乗り込む船の数も乗せる人員数も増やさなければならないので、改修などに莫大なコストと多大な時間を費やさねばならない上、その期間随所で防衛に穴があります

 と言うのも、元々海軍時代には軍艦は女人禁制であり、山本五十六が連れ込んで…なんて話が逸話として残っている位です。

 第一そうでなくたって自衛隊や警察、消防などの女性比率は非常に低く、余りにも非現実的です。

 参考までに記すと最も比率の高い警察ですら僅か6.8%に過ぎず、自衛隊で約5%、消防に至っては2.4%しかありません

 これを強制で4割にしようとした場合どうなるか?

 上記したような公務員が例外扱いされれば、一般企業からの差別待遇に対する不満は凄まじいことになります。

 女性の比率を押し上げるためには女尊男卑を無理矢理推し進めた露骨なまでに差別的な雇用条件の設定を認めるか、逆に女性は全員問答無用で採用、男は比率の整合性が取れるまで採用枠をその都度削るか

 例えば自衛隊の場合は女性の比率を8倍にしなければならないわけですが、自衛隊員になりたがる女性は殆どいないために受験者と言う分母はほぼ変動しないので、男性自衛隊員に本来ならなれる人間を大幅に不採用として削らねばならないわけです。

 それが及ぼす結果は明白で、必要な隊員数の確保が出来ない、質の維持ができないというものであり、組織としての能力が著しく低下し、程なく維持そのものに支障を来すでしょう。

 また、女性の雇用比率を無理矢理引き上げるということは、それだけ企業の特色を無視するということでもあります。

 特に人材育成に長い時間が掛かる職業には致命的でしょうね。

 就職率が低いので確保に手間取る反面、男性のような無理もさせ辛い上、結婚による若くしての離職も多いので、十二分な人材を確保・維持し続けられない。

 となると今度は企業が色々な手段を用いて手放したがらないので、トラブルの種になりかねないし、或いは逆に一旦雇用するだけして難癖付けや嫌がらせによって即座に解雇し、男性だけ残すなんて手段に出ることも考えられます。

 というか、こういう押し付けを公然と主張すること自体が社会主義的思想で吐き気がするんですよねぇ?

 無論、税制優遇にしたって職業によっては上記したように難しいものは幾らでもあるので差別の温床になりかねませんし、入れるだけ入れてその後…というのだって十二分に考えられる。

 何せ問題視しているのは新入社員に占める女性の比率だけ、なんですから。

 毎度ながら何でこういう連中はすっ飛んだ方向性でしかこういう問題への対応策を検討できないんだかと、呆れ返ります。

 政治家は、もうちょっと目を向ける方向や対応の仕方について頭を使えないんでしょうかねぇ?

 日本経済新聞『警察官の女性比率10%に引き上げ 23年目標』
 http://www.nikkei.com/article/
DGXNASDG2400Y_U2A720C1CR0000/

 Career Garden『消防士の仕事』
 http://careergarden.jp/
shouboushi/naruniha/

 防衛省『マモル(情報誌)11月号』
 http://www.mod.go.jp/j/publication/
kohoshiryo/mamor/201111.html
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果