徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
09月30日(日)

マスゴミが庶民を語ることの愚かしさ 

29日付けの朝日新聞デジタルの記事から

〈ニュースQ3〉カツカレー、自民総裁選で脚光
2012年9月29日03時00分
 洋食の定番メニュー「カツカレー」が、にわかに脚光を浴びている。そのきっかけは、自民党総裁選だ。

 「カツカレーにこの金額は出せない」「カレー食べたくなった」。ここ数日、インターネットのツイッター上で検索すると、刻々と人々がつぶやいている。

 26日にあった自民党の総裁選。安倍晋三元首…

 全文が見れるようになるには会員登録が必要で、それには名前とメールアドレスどころか、生年月日に性別、住所や電話番号、更には職業と会社の規模や役職などの個人情報が無料会員であってすら必須であり、おまけに任意という形にしてはいるものの世帯年収とか購読している新聞なんて馬鹿げた質問まであって、最後には自社からダイレクトメールなどを送り付けるのに了承しろという呆れ返る同意命令があるんです。

 希望するかしないかをチェックボックスで選ぶんじゃなく、強制的に送りつけるのに同意しろって言うんですよ?

 さすがにそのままではマズイと思ったのか、それらが不要な場合は登録後にログインして変更手続きができますなんて書いてありますけど、最初の登録段階で何処にどれだけ個人情報がばら撒かれるか、朝日みたいな詐欺集団の弁なんて信用できませんからね。

 まぁ、のっけから話が逸れましたが、日刊スポーツが極々僅かなマスゴミの安倍バッシングに乗った阿呆どもを声が広がっているなどと取り上げるや、親会社とも言うべき立場の朝日が更に同じように記事化して話題にさせようと動き出す…マスゴミお得意のマッチポンプです。

 騒動の発端はMBSのバカ記者がたかだか3500円のカレーを食べたことを批判的に取り上げたもので、それに反応して批判をしたバカの記述を更に日刊スポーツだの朝日だのとマスゴミが取り上げて煽り立てると。

 でも、先日の読売記事の時にも書いた通り、庶民感覚からの乖離という点なら議員に勝るとも劣らないのがマスゴミであり、その筆頭を行くのが朝日と毎日なんですよね。

 今回もこの記事を書いた途端に朝日の本社内にあるレストランが出しているカレーが、カツが載っていないのに3500円以上すると取り上げられており、本当に庶民感覚から乖離しているのが誰なのかを自ら知らせる切っ掛けを提供してしまう始末。

 いやはや、ブーメラン政党を後押ししただけあって、この連中もまたブーメランバカなようですね。

 特に、毎日新聞本社のレストランはランチのカレーがカツ無しでも5000円以上もするだとかってのに至っては、よくもこれで系列のMBSが政治家批判をできたものだと、私もその恥知らずっぷりに驚嘆しました。

 実際に話題になっている朝日本社内にあるレストラン『アラスカ』のHPを見てみましたが、平均予算3000円と書かれていて、ランチメニューも1000円以下のものって「パスタランチ」945円だけでした。

 もっとも、安倍さんが食べたホテルのレストランと一緒でこちらもサービス料として10%を別途請求されるため、パスタを頼んでも結局1000円を超えるわけで、少なくとも一般企業の社内にあるレストランでこんなに高い、それもサービス料を請求するなんて店を入れているところはそうそう有り得ないと思いますがねぇ?

 でも朝日はそんな事実はおクビにも出さず、コメントを取り上げる時もまずは「カツカレーにこの金額は出せない」と批判のものからやり、それだけでは物足りぬと、わざわざ記事に衆議院の議員食堂の1000円以下メニューが並ぶショーケースの写真を添付してこっちのカツカレーは945円だのとコメントを付し、中道を装いながら意識誘導をやるという相変わらずの偏向思想と悪意をばら撒いているんです。

 因みに、大阪朝日では特別料理コースとしてカツカレーが6300円で出されており、そういった庶民から乖離したマスゴミの実態に、むしろそんな安すぎるものを食べているなんてって意味で庶民感覚がと叩かれているんだなんて、マスゴミを揶揄した書き込みも見受けられましたね。

 ま、平均年収1200万円だ、1300万円だなんて、サラリーマンの平均年収の3倍からそれ以上も貰っている連中に庶民の金銭感覚とかが分かるわけないですよね。

 築地レストラン『アラスカ』 朝日新聞本社
 http://www.alaska-net.co.jp/
asahi/index.html
スポンサーサイト
09月30日(日)

恥知らずの変態ヤクザ 

29日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

横峯参院議員、政党交付金でさくらさんの車購入
 民主党を離れ、新党大地・真民主に加わった横峯良郎参院議員が昨年、三女でプロゴルファーの横峯さくらさんに対し、公費で賄われている「政党交付金」から自動車購入費として200万円を支出していたことが分かった。

 28日に公表された民主党参議院比例区第57総支部(東京)の2011年分の政党交付金使途等報告書から判明した。

 横峯事務所によると、さくらさんが所有していた自動車を、11年7月に同支部名義に変更したという。親族への支出を政党交付金で賄ったことについては、「できるだけ避けた方が良いとは思ったが、法的には問題ないと考える」としている。自動車は、以前から横峯議員が使っていたもので、新車を購入することと比較し、「経費削減の思いから行った」という。
(2012年9月29日07時19分 読売新聞)

 あまりの素行不良から民主党にいられなくなって同じ犯罪者の元へと逃げ出した変態ヤクザですが、まだ懲りもせずに悪事を働き続けていたようですね。

 というか、こんな最低のクズ野郎が未だに政治家を続けていられるんですから、議員制度ってやっぱり根本から組み直さないとダメですよねぇ?

 ヤクザ組長と親睦関係を築いて違法賭博を行い、複数の愛人を囲いながら家庭や育児をテーマに取り上げて議員になるなど、素行の悪さは就任直後から暴露されていましたが、その後もこの利権ヤクザの悪事は次々暴かれ続けています。

 複数の愛人を議員になって以降も囲っていた。

 年金問題で違法な虚偽申告を国民に勧めた。

 テレビ番組で違法行為を自白し、問い詰められるとヤクザ口調で恫喝を始めた。

 愛人に包丁を持ち出して恫喝したり、首を絞めるなど殺意を見せた。

 プロレスラーを使って恐喝事件を起こした。

 後方確認をせず車線変更をして車の接触事故を起こした。

 同僚の平山誠とともに大量の航空券不正受給を行い、遊興に用いた。


 とまぁ、本来ならとっくに査問に付されて資格を剥奪、牢屋にぶち込むべきクズ野郎なんですが、未だのうのうと国会議員を続けており、その為にまだこうやって新たな悪事が暴露される事態になるわけですよ。

 車種など詳細は記されておりませんが、コレって政党助成金を用いた家族間でのマネーロンダリングですよねぇ?

 そもそもオヤジがこさえた数千万の借金を肩代わりして返済できるほどの賞金女王である横峰さくらが、200万円の価値の車をオヤジに買い取ってもらうっておかしな話だと思いませんか?

 まして、過去にテレビ番組で毎月300万円も税金を払っているぞと豪語した人間が、自分の乗る車をわざわざ政党交付金にして、しかも中古で娘から買い取る??

 「以前から横峯議員が使っていたもの」と事務所が言っているということは、借金返済と同じく議員として使う公用車を娘に買ってもらっていたという呆れかえるほど恥ずかしい実態があったということであり、しかも政党交付金という税金が入ったから買取の形で娘へ税金を払ったとか、余りにおかしいでしょ。

 結果を見ればわかるように、自家用車を税金を使って安く購入したのと一緒なんですよ?

 それに車種などが明かされていないので判然としませんが、相手がこれまで散々不正・不法行為を行ってきた不倫ヤクザである以上、本当にそれだけの価値があるのかも怪しいですし。

 いやはや、この様子では今年も何か不正行為や違法行為をやらかしていそうですねぇ…

 ホント、民主に票を投じたバカどもにこの現実を直視して責任をしっかり感じてもらいたいものですね。
09月29日(土)

早くも始まったマスゴミ連合による安倍潰し 

28日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

安倍総裁、また「お友達」起用…甘利氏ら要職へ
 自民党の役員人事で、安倍総裁に近い甘利明元経済産業相らが要職に起用される見通しとなり、2006~07年の首相在任時と同じ「お友達人事」との批判が出る可能性がある。

 「お友達」の代表格は、安倍内閣の一員だった甘利氏や塩崎恭久元官房長官、菅義偉元総務相だ。3氏は今回の党総裁選でも陣営の参謀役となった。山崎派の甘利氏は、総裁選で石原伸晃前幹事長の支持を決めた派の意向に従わず、安倍氏を支持した。安倍内閣の官房副長官だった下村博文衆院議員と、首相補佐官だった世耕弘成参院議員らは今も、安倍氏の側近だ。

 こうしたメンバーは、党内で「安倍氏にお追従しか言わない『お友達』だ」と批判を浴びた。安倍氏は26日の記者会見では、安倍政権時の批判を踏まえて「周りの者だけを配置している、との誤解を招いたことは反省すべき点だ」と述べたが、「結局は『お友達』に影響されるのではないか」との見方もある。
(2012年9月28日07時48分 読売新聞)

 凄いですよねぇ、早くもマスゴミが仲良く安倍バッシングを開始ですよ。

 まだ総裁になっただけで政権を取り戻していないどころか、卑劣な野豚が何時解散総選挙をするのか、そもそも本当にする気があるのかさえ分かっていないのに。

 たかだか3500円のカレーを食ったから庶民感覚がどうだとか言い出したかと思ったら、今度は近しい人間をそのまま側近として起用する人事を安倍さんに対してだけ、「お友達人事」と蔑称するんですから、読売も含めて本当にマスゴミって品性下劣ですよね?

 例えばルーピーが最初に組閣した時には自らのグループ員である平野博文を内閣官房長官という女房役とまで言われる側近中の側近に起用し、3つの大臣をそれ以外に兼務させていましたし、それ以外にもグループから小沢鋭仁を環境大臣に起用しました

 それ以外のメンツも寄せ集め集団民主党のグループのトップまたは要職者を、そしてくっついていた金魚の糞、社民党と国民新党のトップらを能力及び適性の有無を無視して満遍なく閣僚に配置する、まさに宥和第一のお友達人事で内閣を作りましたが、それを読売らマスゴミは真正面から批判などしませんでした。

 その結果はご存知の通り、国交大臣の前原や防衛大臣の北澤など全く門外漢のド素人が失言や失策を繰り返し、金魚の糞には噛み付かれて逃げ出されるなど醜態を晒し続けて瞬く間に国情を悪化させる迷走劇を披露し、僅か8ヶ月でルーピーが逃亡宣言

 まぁ、そもそも安倍さんや麻生さんらを苦労知らずだのボンボンだのと避難していた連中がルーピーを総理大臣にすることには何の非難もしていなかった時点でおかしいんですがね。

 両氏ですら霞むくらいのバカボンぶりはこの3年間で詳らかになった通りですが、総理時代に食事をした店を見るとそれがよく分かります。

 特に驚くのは2009年12月12日にルーピーが行った北青山の『uraku青山』で、ここは個人会員になるのに「1,575,000円」の入会金入会者2名の推薦を受けた上で面接にパスしなければならないという本物のブルジョワしか通えないところであり、年会費ですら「378,000円」もするのです

 ですが、首相就任中にこんな豪遊をしていてもマスゴミ連中はただの一度もそれを叩いたことはありません

 たった3500円の昼飯が批判材料になるって頭のイカレた連中にとって、入会金だけでその450倍もするクラブに通っているなんて格好のネタであるはずなのに

 実際、麻生さんの時なんて、入会金も年会費もゼロのホテルのバーで適正価格の酒を飲んでいただけで叩いていたんですから、これ以上のネタは無かったはずなのに、大手は元よりスポーツ新聞などゴシップ系ですら黙殺ですからね。

 これが日本を悪くしているゴミどもの実態なんですよ。

 というか、たかだか3500円の昼飯って、ちょっと鰻屋やまともなレストランに入ればランチであっても普通に飛ぶし、東京駅や銀座、赤坂や溜池山王など政治家がよく活動する界隈では別段珍しくもないどころかちゃんとした店なら逆に安すぎて何も食べられないってことにさえなりかねない値段です。

 試しに食べログで銀座のランチでも調べてもらえばわかりますけど、上位なんてランチなのに最低予算が軒並み5000円超えどころか1万円以上行ってる店ばっかりですよ?

 因みに、銀座にある『資生堂パーラー』には10500円する伊勢海老とアワビのカレーなんてものがあります。

 むしろこんな阿呆な批判を繰り広げ、しかも平均年収が一般国民より遥かに勝るマスゴミの方こそ庶民感覚なんて丸っきり理解できていないと思いますよ?

 何せ最も高給取りとして知られる朝日新聞なんて社員の平均年収が1300万円超ですし、今回使っている読売にしても平均を非公表にしていますが、20~40代の平均で700万弱という話があり、それでも一般的なサラリーマンを十二分に上回る稼ぎです。

 記者クラブというお仲間制度による談合なども外国メディアやフリーの記者などに批判をされていますが、未だに改善するつもりがないのも有名な話であり、安倍さんへマスゴミがやっている批判って、実際には自分たちこそされるべきものなんですよね。

 「「結局は『お友達』に影響されるのではないか」との見方もある」なんて自分達の陰湿な願望を書き連ねて世論にしようとする小賢しさは本当に下卑てると思いますが、庶民のソレにウンザリしていることや自分たちに向けられた蔑視の眼差しを、庶民感覚からかけ離れたところにいるゴミの皆さんにはちっとも理解できていないから、まだまだ続けるんでしょうねぇ…
09月28日(金)

やっぱり砲艦外交の道具じゃないか 

27日付けのMSN産経ニュースの記事から

空母を対日圧力に 中国学者ら威嚇効果期待「過ち認めなければ自業自得に」
2012.9.27 08:37
 中国人民解放軍系の学者らが中国メディアを通じ、25日に海軍への配備が発表された空母「遼寧」は、沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)をめぐり対立が激化している日本への圧力になるとの発言を続けている。中国は公式には「空母を保有しても、防御的な国防政策を堅持することに変わりはない」(軍機関紙、解放軍報)との立場を取るが、本音では日本への威嚇効果を期待しているようだ。

 中国メディアによると、国防大教員の李大光氏は「この時期に空母を見せつけることは、釣魚島を防衛する中国の強い決意を表明することになる」と指摘。「過ちを認めなければ自業自得になると日本政府に告げる」意味があると訴えた。また国家安全政策研究委員会副秘書長の喬良少将や、中国軍事科学学会副秘書長の羅援少将も空母の「威嚇効果」を強調している。(共同)

 先頃、軍事白書を発表し、色々と数百年前の古書などから記述を抜粋した形で自国の尖閣領有の正当性をご丁寧に日本語でまでアピールしだし、日本を不法だ違法だと罵倒する中国ですが、そこまで証拠もあると自信満々なのにあら不思議。

 自ら国際司法裁判所にこれを問題だと提訴することは絶対にしない

 臆病で卑劣な朝鮮人や中国と違い、日本は強制管轄権を受諾しているので、ここに訴えられた場合には応訴する義務があり、提訴されれば逃げられないというのに

 むしろ暴力、威嚇、恫喝、人質、嫌がらせなどなど、直感的な蛮行に訴えるのが常であり、結局は自国の防衛のために使うから他国には脅威じゃないと手前勝手な屁理屈を捏ねていた空母さえ完成した途端に恫喝材料として用い出す始末。

 空母を見せつけることの意味を、「過ちを認めなければ自業自得になると日本政府に告げる」と言ってる時点で、他国に脅威を与えて自らの望む結果を力づくで得ようとしているのですから、完全に主張が破綻していますし、自らが散々非難してきた帝国主義や軍国主義、そしてファシズムそのものなんですがね、砲艦外交って。

 ナチスは、瞬く間に回復させた圧倒的な軍事力を背景にして周辺国に領土割譲させました。

 日本が保有しない空母による威嚇で尖閣諸島を日本に割譲させようとしている中国のソレは、ナチスのやったことと一体何処が違うのでしょう?

 もっとも、空母とは名ばかりのスクラップに、それも運用経験も無ければ使い物になるのかさえ怪しいような代物に日本が驚異を感じるかという点でそもそも疑問ですが。

 おまけに中国ってソ連からの兵器輸入が主体だからか設計思想もよく似ていて、攻撃超偏重の駆逐艦やフリゲートばっかりで、艦隊護衛として使えるような船がろくすぽないんですよねぇ。

 ま、何れにしても日本に驚異を与えたいと言うのならそのポンコツで、まずは搭載機の発着艦を出来るようにしてみろという話ですね。

 ただ浮かんでいるだけじゃ、洋上を航海しているタンカーとなんの違いもありませんもの。

 ましてや日本は現在、X舵を持つAIP潜水艦『そうりゅう』を量産している最中(既に4隻が竣工し、建造中または建造予定が5隻ある)ですし、艦隊護衛用に『あきづき』が竣工しており、こちらも現在量産中(現在3隻が建造中)なので、正直たかだか中古の空母程度じゃ驚異でも何でもないんですよねぇ…

 例えマトモに運用できたところで、イージス艦やあきづき級の攻撃を掻い潜り、中国軍機が護衛隊にミサイルを撃ち込めるとは到底思えませんし、逆に潜水艦の襲撃から耐えられるとは思えないんですもの。

 と言うより、驚異を与えようと思うのなら、まずはその失笑もののダサすぎるフォルムをどうにかしてくれって感じなんですがね。

 見た目の不格好さに加えてスクラップから劣化品をかき集めて完成させましたという惨めな経歴は、失笑を誘うばかりで威圧感なんて微塵も感じませんね。

 MSN産経ニュース『中国初の空母は「遼寧」』
 http://photo.sankei.jp.msn.com/kodawari/
data/2012/09/0926aircraftcarrier/
09月26日(水)

テロリズムの継承者 

26日付けの朝鮮日報の記事から

独島:「日本の測量船に衝突・撃沈せよ」盧武鉉前大統領が指示
2012/09/26 10:19
 2006年4月、独島周辺海域の水路測量という名目で、日本が海上保安庁所属の測量船2隻を派遣しようと試みた際、当時の盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領が日本の測量船を撃沈してでも独島を防衛しようとしていたことが関係者の証言から明らかになった。テレビ朝鮮が25日に報じた。

 2006年4月14日に日本政府が独島周辺水域に測量船を派遣するとIHOに通告。これに対し、韓国の海洋警察は西海と南海の警備艦を独島沖に派遣、合計18隻で第3次海上防衛線を敷いた。この際、盧武鉉大統領は、日本の測量船が韓国の領海内に侵入した場合は警備艦と衝突させ、撃沈せよと命じた。この命令には、海中に落ちた日本人を安全に救助せよとの指示も含まれていたという。

 テレビ朝鮮は実際に警備に当たった海洋警察幹部らの証言を交えながら、「実際に実行されなかったが、独島守護に対する意志を込めた命令だった」と報じた。

 何か、一番忙しい時期を過ぎたはずなのに、忙しくて中々時間が取れないんですよね…

 流石はテロリズムを礼賛し、テロリストを英雄として記念館まで各地に設けて讃えるキチガイ民族、チョウセンヒトモドキですね。

 先頃あった台湾の海岸巡防署の巡視船による領海侵犯と海保巡視船への放水攻撃に対して日本は抗議をしました。

 その理由として領海侵犯はそのままですが、放水については国連海洋法条約などの国際法で他国の公船への立ち入り検査や航路規制などの実力行使はできないことが定められており、それに違反したからというものでした。

 ま、そりゃ当然ですよね。

 他国の公船への権力行使は、他国の保有する権利や独立性そのものを否定するも同然の行為ですし、攻撃に至っては戦争の切っ掛けになっても仕方がない。

 ですが、無能大統領は当時対馬へのミサイル攻撃など侵略戦争そのものを目論んでいただけあり、キチガイそのものの命令を出していたようですし、海洋警察幹部とやらの弁を見るに、連中もそれを受諾して平然と実行するつもりだったようですね。

 それが違法な海賊行為であることを理解しているはずなのに

 いやはや、こんな異常者が大統領になり、しかもそれに犯罪だからと非難するどころか唯々諾々と従う下っ端連中とくるのですから、怖いですよねぇ。

 テロリストの子孫が今尚その思想や生き様を継承し、隣国として存在しているんですから。

 毎日jp『尖閣:公船への放水に抗議…日本の窓口機関、台湾側に』
 http://mainichi.jp/select/news/
20120926k0000m010105000c.html
09月24日(月)

恥知らずのゲス野郎、仙谷 

22日付けの時事ドットコムの記事から

総裁候補「親の七光」=民主・仙谷氏
 民主党の仙谷由人政調会長代行は22日、徳島市内で講演し、自民党総裁選候補者について「全員、親の七光で、二世、三世、ひどいのは四世までいる。地元に巨大なお屋敷、利権、会社が全部付いている人が、国民や地域が抱える問題を解決できるとは思わない。大変情けない」と批判した。

 また、エネルギー政策も取り上げ、「核燃料サイクルや(使用済み核燃料の)中間貯蔵、最終処分も全部先送りにしてきたのは自民党だが、今になって口を拭っている」とも非難した。
(2012/09/22-21:19)

 相変わらずこのペテン師の頭は相当にユルいままみたいですねぇ…

 親の七光りで、四世なんてひどいもので、しかも地元に巨大なお屋敷、利権、会社が全部付いている人が、国民や地域が抱える問題を解決できるとは思わないし、大変情けないんですか。

 じゃあ、そんな酷いどころではない四世以上の経歴を持って、しかも地元どころか田園調布にも家があり、軽井沢には別荘まであってブリヂストンの莫大な株を始めとした会社と利権が全部ついていて、更には毎月1500万円と言う一般家庭の平均年収3年分近くものお小遣いをママから貰っていた世紀の愚物、鳩山由紀夫を総理大臣にした場合、マニフェストの実行が絶対に不可能だったこと、政権運営が失敗することを最初から分かっていたのに嘘をついてやっていたわけですか、仙谷は

 それも自らもまたそんな酷い輩の下で行政刷新大臣など閣僚に入るという真似までしていたのですから、これって詐欺というかもう国民に対する意図的な背信罪で極刑に処すべき悪行じゃありません?

 エネルギー政策がどうのって話にしたってすべてが上手くいく、国民にバラ色の未来を提供してみせると豪語したのは民主党なのですから、自民がどうとか言い訳をするのは見苦しいにも程がありますよ。

 他人がどうではなく、何でやる、やれると言った事ができないのかの説明と、大法螺を吹いたことへの謝罪が先じゃないのかって普通は思うところですが、上記のように自らの犯罪行為には何ら呵責を覚えないクズ弁護士殿にはどうでもいい事なんでしょう。

 何せこうも悪辣非道極まりない詐欺行為を働いても、それを処罰する法律は存在しないんですから、この悪徳弁護士にしてみれば違法でないから問題ないって認識なのでしょう

 いやはや、汚沢という最低のゲス野郎が消えた今の民主党においてはもはやコイツ以上のゲス野郎はいないんじゃないでしょうか?

 バ管やルーピーなどを筆頭にゲスには事欠かない民主党ですけど、ここまで露骨で悪質な変態ゲス野郎は流石に私も思いつきませんよ。

 犯罪やセクハラ、差別などなどゲスっぷりを示すエピソードも事欠かないブサヨであり、こんなのが未だに議員を続けていることは恥以外の何物でもありません。
09月23日(日)

同じバカにしか理解は不可能 

22日付けの毎日jpの記事から

IAEA:日本の「原発ゼロ政策」、理解得られず
2012年09月22日 19時25分
 【ウィーン樋口直樹】「30年代の原発稼働ゼロ」を打ち出した日本の新エネルギー戦略に、国際原子力機関(IAEA)の加盟国から「情報不足で分かりにくい」と指摘する声が相次いでいる。日本はIAEA総会で新戦略を説明したが、直後の閣議決定で見直しの可能性を強く打ち出すなど迷走。原発の売り込み先に不透明感を与えるなど、21日までの総会では十分な理解を得られなかった。

 「日本の決定(新戦略)にコメントするのは時期尚早。状況は極めて不透明だ」。バルト諸国のリトアニア代表として総会に出席した外交官は、毎日新聞にこう答えた。リトアニアには東京電力福島第1原発事故後初めて、日本メーカーの原発が輸出されることになっている。

 日本が原発の輸出を目指すフィンランドも「まずは日本の国民が答えを出してから、国際社会に説明してほしい。私たちには(新戦略を)判断できるだけの情報はない」と話す。日本の原発輸出が決まっているベトナムの代表団は「多忙」を理由に取材に応じなかった。

 一方、原発政策の転換がただちに日本の民間企業による原発輸出に重大な影響を与えるとの見解は聞かれなかった。「政府と企業の役割は別」(リトアニア)、「国内外の市場にどんな戦略で臨むのかは企業側の判断にかかっている」(フィンランド)といった見解だ。日本が原発技術の輸出を目指す中東のヨルダンやトルコも同様に答えた。

 日本の説明不足は日程上やむを得ない部分もあった。新戦略が決まったのは14日。総会開幕(17日)の3日前だった。初日に政府演説を行った山根隆治副外相は、会場の国連ビルに2時間しか滞在せず、他国とは全く接触しないまま帰国。関係国との協議は原子力関連の実務家を中心に水面下で行われた。

 IAEA加盟国を最も戸惑わせたのは、総会期間中の19日に行われた日本政府の閣議決定だ。新戦略の「検証と見直し」を強調し、「原発ゼロ」に言及しなかったため、新戦略の重要性が低下。加盟国に先行きの不透明感を与えた。

 日本の脱原発方針には産業界だけでなく、核燃料サイクルの継続によるプルトニウムの蓄積を懸念する米国なども反対。新戦略の後退につながったとの見方が有力だ。

 思い付きで行動しているとしか考えられないんですよね、昔から民主党って阿呆どものやることは。

 票獲得のため、要求をあれもこれもと際限なく大盤振る舞いで放り込んだのが民主党マニフェストであり、ルーピーらの公約でしたが、ご存知の通りいざ実行段階になってみれば完全破綻という大失態。

 野党時代に農家への保証金問題の際、10兆円も掛かるなどとバカげたことを言い出して詳細な説明を求められるや、実は何の裏付けもないどんぶり勘定でやってて、実際にはそんなものじゃ済まなかったと明らかになったことがありました

 財源の裏付けが全くないマニフェストそのものについても叩かれて出したのは、ありもしない埋蔵金だの、出来もしない資産運用での捻出だのと、愚にもつかないバカげた妄想の羅列で、案の定実際にやってみたらそんなものは半分どころか数分の一すら出てこず、結局は税の名前を書き換えて誤魔化したり、額を引き下げた上に増税をやって元よりマイナスにしたりと、見事なまでの改悪でこれまで長年かけてやってきた社会システムを次々破壊しただけ。

 予算圧迫の原因だのと人件費を上げながら、丸っきり自分達議員定数は削減しないし、公務員に至っては高級の中高年層を囲い込んで、新規採用を削るという将来どうなるかを全く無視した暴挙に出るわ、わざわざ外に出たOBまでを呼び戻して天下りを政府がさせるわというデタラメぶり。

 こんな連中が、原発問題だけでもマトモな対応が出来ると思う方がそもそもの間違いってものです。

 野豚の予想通りな迷走によって、結局は各国から呆れ返られて、日本そのものの評判を落としたわけです。

 当人は先日記した通り意味不明な強弁をしてどうにかなっているとか思っているのでしょうが、記事に書かれている各国の反応が現実です。

 そりゃそうですよねぇ?

 情報公開がどうの、自民は隠蔽体質でこうのと散々喚いていながら、実際に政府の実権を簒奪してからは都合の悪い事実は須らく隠蔽し、責任は下っ端に押し付けて、やばくなれば平然と放り捨てて逃げ出す何て真似を総理大臣を筆頭にして民主のクズ連中が総じてやっているせいで、国民でさえ本当が何処にあるのか全くわからないのですから、更にその外にいる諸外国からじゃ…

 で、結局は民主のバカどもは放っておいて、日本企業がしっかりやってくれという反応になると。

 尖閣や竹島、北方領土などの領土問題同様、相手のことも自分の現状も何も考えずに思い付きだけで行動し、思ったことをそのまま口にする、まさに戦略どころか戦術すらない口先だけのバカ集団民主党

 これで理解や評価を得られると思っているなら、野豚以下、民主のバカどもは政治家どころか人間を辞めた方がいいですよ。
09月22日(土)

反原発活動の危険な実態 

20日付けの福井新聞の記事から

傷害疑い中核派活動家逮捕 大飯再稼働で警備員にけが負わす
(2012年9月20日午後7時00分)
 関西電力大飯原発3号機が再起動する前日、反対派メンバーが民間の警備員に発炎筒を投げ、けがを負わせていた事件で、小浜、敦賀両署と県警公安課の合同捜査本部は、傷害や器物損壊などの疑いで静岡市駿河区、中核派活動家川崎二男容疑者(60)を逮捕した。

 逮捕容疑は6月30日午後3時半ごろ、おおい町大島の大飯原発ゲート付近で▽警備会社の車両内に、火のついた発炎筒を置いて車両を損壊させた▽福井市の男性警備員(32)の背中に発炎筒を押し当て、左肩に約2週間のやけどを負わせた▽立ちふさがった福井市の男性警備員(39)に、発火した発炎筒を振り回し脅迫した▽警備員室に発炎筒を投げ込み、おおい町の男性警備員(57)のズボンを燃やし暴行した―疑い。

 公安課によると犯行当時、警察官は同町成和のオフサイトセンター周辺で反対派のデモ行進などを警戒していた。原発ゲート付近には数十人の反対派がいたとみられ、民間の警備員が警戒に当たっていた。

 複数の警備員の目撃情報や防犯カメラの映像から川崎容疑者を特定した。現場には複数の中核派活動家がおり、捜査班は組織的犯行の可能性もあるとみて調べている。

 大飯3号機は7月1日夜に起動。前日の6月30日から、おおい町には全国から反対派約650人(主催者発表)が集結し、集会やデモ行進で再稼働中止を訴えた。原発ゲート付近では十数台の車で道路を封鎖し、作業員が出入りできないようにした。

 バカ朝日やブサヨ落合らの言うところの声を出している国民だ、市民だと言った連中の実態がコレです。

 そう言えば、市庁舎へ押し入った山本某も犯罪結社緑豆信者の母親の薫陶を受け、ともに反原発活動をしていた姉はそのストレスが原因だのと戯けた理由から大麻所持で逮捕なんて背景を持っていましたよねぇ?

 今回の件も発炎筒で車両を破壊するどころかそれを投げつけたり、直接人の背中に押し付けて火傷を負わせるなんて異常な振る舞いをし、しかも背景は中核派とくるのですから、如何に反原発なんてものを掲げて先陣を切っている連中がヤヴァイ連中かよくわかりますね。

 何せかつては鉄パイプや火炎瓶で武装して人殺しだって平然とやっている中核派が加わって、またも破壊・傷害を公然と繰り返しているのですから、最初から記しているようにこんな活動に参加しているのは元々勢力拡大を目論む左翼か、それに乗せられているだけのバカどもで構成されていることがよく分かります。

 というか、参加している偽善バカどもにこういう実態であることについてどういう感想があるのか聞いてみたいですよねぇ?

 普段非暴力や対話を求める朝日のようなマスゴミが後押しする活動をしている連中が、実際には破壊や人を傷つけることが大好きで、目的達成のためならどんな非道な真似だって笑ってやるクズなんだってこと、そんなテロリストの活動に加担していることについて、「この場にいることが恥ずかしくないんですか?」

 デモについての記事で記してきたように、労組や9条の会、社民党、共産党など左翼系組織が挙って反原発や反米・反自衛隊活動には参加しています

 しかし、連中の最も特異な点はこういう同類・同志の類が主義主張に反する振る舞いをしてもそれを排斥どころか非難すらろくにしないで黙殺し、反戦平和や平等などを訴えるくせにそれに反する尖閣への中国侵略や北朝鮮の日本人拉致などではデモをしないどころか抗議の声さえ上げないことが普通な点です。

 流石に政党である社民や共産は尖閣や拉致では非難をしないわけにはいかないようですが、だからと言って反米・反自衛隊活動のように具体的な行動を起こすことは一切ありませんし、最終的にその矛先は日本政府に向かうのがお約束です。

 こういう連中をのさばらせるの、いい加減終わりにできないものですかね?
09月21日(金)

原発ゼロは実現の見通し無き努力目標に過ぎず 

20日付けの朝日新聞デジタルの記事から

枝野経産相「原発ゼロは目標」 青森の4市町村長に説明
2012年9月20日22時52分
 枝野幸男経済産業相は20日、原発関連施設がある青森県の4市町村長と経産省で会談し、原発で使い終わった燃料を再利用する「核燃料サイクル政策」を続ける方針を改めて説明した。「2030年代に原発稼働ゼロ」をめざす革新的エネルギー・環境戦略の考え方については、「原発ゼロは目標」などと語ったという。

 会談後にむつ市の宮下順一郎市長が明らかにした。会談で宮下氏らは「原発ゼロと核燃料サイクルの継続との整合性はなぞめいていて、理解できない」と主張した。枝野氏は「(核燃料サイクル継続の)約束を守りながら、ゼロにしていきたい。ゼロにできるか見極めは難しいが、まずやってみる。ゼロは目標である」と答えたという。

 宮下氏は記者団に「ゼロは目標という発言があったので、周囲の状況を見極めながら進めていくことだと理解した」と語った。

 語るに落ちるとはまさにこのことで、野豚が40年経たない原発の廃止も有り得るだのと意味不明の狂言を持ち出して建設再開などでの整合性欠落を誤魔化そうと躍起になっている時に、枝野が見事に暴露しちゃいましたね。

 「(核燃料サイクル継続の)約束を守りながら、ゼロにしていきたい。ゼロにできるか見極めは難しいが、まずやってみる。ゼロは目標である」とのバカ発言から、野豚政権の掲げる「2030年代に原発可動ゼロ」と言う新戦略の実態が何ら中身を伴わぬ空疎なものであること、単なる見通しすら立てていない口先だけの努力目標であることがハッキリとわかりました。

 つまりは民主党マニフェストや普天間県外移設、国債発行30兆円以下、CO2排出25%削減などと同じってことです。

 そこいらの平凡な低学年の小学生が将来プロのスポーツ選手になりたいだの、パイロットになりたいだの、アイドルになりたいだのと20年後の夢を語るのと何の違いも無いレベルの妄想でしかないんです。

 だってそうでしょう?

 枝野のバカが言ってるのて、「ゼロにしていきたい」という単なる願望「ゼロにできるか見極めは難しい」という戦略性と実現性の欠落「まずやってみせる」と言いながら閣議決定さえしない虚言ぶりと、どんなに意地汚く居座り続けたところであとたった1年で命脈が尽きる民主党政権で何をどうやるのかという具体性の欠落が読み取れており、衆院選前に自民党がやった民主党のマニフェスト揶揄のCMそのままの実態を尚繰り返しているだけです。

 現実に政権を奪って国家運営をやってみて、自分達の如き卑賤で非才の愚者には全くそぐわない地位であると、真っ当な知性を持っていたら当の昔に理解しているはずですが、それすら理解が及ばないのか、それともそんなに天下の座り心地がいいのか、この期に及んでもこんな最低な言い訳をして原発ゼロなんて誇大妄想を掲げ続けるとか、何処まで恥知らずなのかと。

 連中の掲げる方針・戦略・目標などは須らく努力目標であり、聞き手にとって耳障りがいいかどうかだけを優先しているので、実現性に乏しいと言うよりもほぼ確実に実現は不可能だと国民や地方自治体もいい加減に理解すべきですよ。

 原発問題と並んでいるはずの震災復興にしたって未だ遅々として進んでいないのに予算ばかり膨らんで、検証してみれば各省庁が丸っきり関係のないものまでそちらの予算に盛り込んでいる有様で、このままこの無能どもにやらせていたら3年で終わるものだって10年経っても終わらず、予算だけは何倍・何十倍と毟られていくことでしょう。

 あと1年…その間に何処までこの国が壊れるか、保つかでしょうね…

 YouTube『【自民党ネットCM】プロポーズ篇 』
 http://www.youtube.com/
watch?v=kZpSfahQ--0

 同『【自民党ネットCM】ラーメン篇 』
 http://www.youtube.com/
watch?v=rAjj1CGxhY8&feature=relmfu
09月20日(木)

自社の犯罪や事実歪曲を有耶無耶にし続ける朝日がよく言える 

20日付けの朝日新聞デジタルの記事から

脱原発政策-うやむやにするのか
2012年9月20日(木)付
 野田政権が、原発ゼロを目指す新しいエネルギー戦略の閣議決定を見送った。

 まことに情けない。

 新戦略は「原発ゼロ」を掲げながら核燃料サイクル事業を容認するなど、矛盾に満ちてはいたが、これでは肝心の脱原発までがうやむやになりかねない。

 閣議決定の見送りは、米国や経済界、立地自治体が原発ゼロに強く反対しているためだ。

 脱原発はきわめて大きな政策転換である。あつれきが生じないほうがおかしい。

 大事なのは、原発に依存しない社会に向けて、政治が原発維持派との折衝を含め、きちんと取り組んでいるか、私たち国民が監視していくことだ。

 折しも、きのう原子力規制委員会が発足した。

 原子力の推進と一体だった業界監視から、国民の命と安全の確保を第一義とする仕組みへ、規制のあり方を根幹から立て直す重い任務を担う。

 さっそく焦点となるのが、原発の再稼働問題である。

 ストレステストの実施や旧原子力安全・保安院が定めた30項目の安全基準、関係閣僚による政治決定といった暫定的な枠組みは、ご破算になる。

 いくつもの原発で、大地震や敷地内外の活断層が及ぼす影響が懸念されている。対象範囲を拡大した周辺自治体の本格的な防災対策もこれからだ。

 規制委は、純粋な科学的見地から、妥協を許さない基準づくりと審査を貫いてほしい。

 気になるのは、野田内閣が原発再開の可否をすべて規制委に委ねるような姿勢を示していることだ。

 たとえ規制委がお墨付きを与えたとしても、「絶対安全」は存在しない。原発のリスクがゼロにならない以上、再稼働は最小限に抑えるべきだ。

 どの原発を動かし、どの原発を止めるか。その判断は、安全性に加えて、電力需給などの観点からも検討すべきものだ。これは規制委ではなく、まさに政治の仕事になる。

 政府は具体的な指標づくりの場を設け、作業に入るべきだ。電力需給の検証のほか、地域を越えた融通の可能性、電気料金への影響などが検討の対象になる。国会議員有志が発表した「原発危険度ランキング」のような仕組みも参考になろう。

 野田政権は、新戦略を踏まえたエネルギー基本計画を閣議決定するという。

 ここで原発ゼロの目標を盛り込めないなら、民主党政権は国民から完全に見限られることを覚悟すべきだ。

 嘘・大げさ・紛らわしいと相変わらずJ○ROに通報できないものかと思えるデタラメ新聞の社説です。

 原発反対の声しかこの国には存在しないかのように公然と「原発ゼロの目標を盛り込めないなら、民主党政権は国民から完全に見限られることを覚悟すべきだ」なんてほざいていますが、自らも記しているように「米国や経済界、立地自治体が原発ゼロに強く反対している」と、原発の維持を推進または容認している人々も当然ながらいるわけで、その一事をもって民主党が完全に見限られるというのは紛れもない大嘘です。

 少なくとも私は、原発による安定供給は維持すべきだと考えますけど、民主党なんて見限るどころか野党時代からただの詐欺師集団だと存在を否定していますし。

 特に、先日記したように経済3団体などは原発の廃止こそ国を滅ぼす行為だと強く非難の声を出しているわけですが、首相官邸前で乱痴気騒ぎを繰り返して、参加者こそが国民だの市民だのとほざいた異常者落合恵子の思考によく似たものの書き方ですが、やはり異常性の強い左翼同士だけあって根底部分から似るんですかねぇ?

 それと毎度の「たとえ規制委がお墨付きを与えたとしても、「絶対安全」は存在しない。原発のリスクがゼロにならない以上、再稼働は最小限に抑えるべきだ」ってバカ発言はどうにかならないんでしょうかねぇ?

 人間のやることに完璧だの絶対だの有り得ないのに、何時まで「絶対安全」だの「リスクがゼロ」だのと実現不可能な妄想を押し付けているのか?

 むしろ逆にどうすればそれが実現できるのか、是非とも朝日新聞に証明して欲しいものですが、口先だけの朝日如きそれは不可能なので代わりに、朝日新聞及びその関連会社やその社員による犯罪を撲滅して市民の絶対安全と朝日による犯罪のリスクをゼロにして見せてもらえませんかねぇ?

 今年もまた、窃盗だの傷害だの飲酒運転だの覚醒剤だのと多様な犯罪者を多数、朝日新聞からは輩出しているようですが、毎度毎度逮捕者が出る度に反省と改善の弁を述べて一向に改善できない、いやしているとは思えない自堕落でいい加減な組織が他人には完璧だの絶対だのを求めるのって実に滑稽千万ですよね?

 自社から逮捕者、つまりは犯罪者を無くす…こんなのはむしろやって当たり前というレベルのことなのに、それすら毎年全く出来ていないでよくも他人には求められるって話ですし、ましてや原発に対してだけソレを求め、代替として稼働量を増やしたために事故が頻発している火力(こちらに至っては過去に爆発や死亡事故も起こしている)や人体に悪影響を及ぼす風力など他の発電システムの問題や事故は一切無視という姿勢に至っては、セコイを通り越して精神そのものがさもしいとしか言いようがありません

 ま、野豚の原発ゼロ戦略が最初から矛盾だらけで見事に迷走中だから批判したいって気持ちだけはわかりますがね。

 党の内部からさえ批判が噴出している人権擁護法案の人権委員会設置関連法案を反対する閣僚がいない間に強引に閣議決定するなどくだらぬというか、発揮しなくていいところでは決断力や行動力を発揮するくせに、IAEAの年次総会で原発を2030年代にゼロにすると外務副大臣が宣言したにも関わらずこちらの新戦略の閣議決定は見送るなんて、腰の定まらぬ態度を示しています。

 その上、その最中に建設中の原発の再開を許可しており、稼働40年の原則から行けば30年代どころか50年代にまで使われるという意味不明な事態を引き起こし、そうかと思えば今度は前倒しの廃炉もあるだのとバカげた言い訳を弄して「30年代原発ゼロの目標は不変だ」と狂言を野豚自ら始める始末

 だから、その点に不満を抱くということだけは理解しますけど、嘘や非現実的な妄想を論拠にした朝日の暴言には到底承服できかねますね。

 MSN産経ニュース『新エネ戦略 原発ゼロ事実上見直し 閣議決定を見送りへ』
 http://sankei.jp.msn.com/life/news/
120919/trd12091900130000-n1.htm

 時事ドットコム『日本、原発ゼロ方針表明=安全向上を協議-IAEA総会』
 http://www.jiji.com/jc/
c?g=int_30&k=2012091700163

 同『40年経過前の廃炉も=「原発ゼロ目標は不変」-野田首相』
 http://www.jiji.com/jc/
c?g=eco_30&k=2012091901152

 YOMIURI ONLINE『人権委設置法案の次期国会提出、異例の閣議決定』
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/
news/20120919-OYT1T01187.htm
09月19日(水)

異常さでは朝日以上?東京新聞の捏造塗れコラム『筆洗』 

19日付けの東京新聞の記事から

筆洗
2012年9月19日
 満州事変のきっかけになった柳条湖事件は、関東軍が仕掛けた謀略だった。中国側が先に鉄道を破壊したと信じ込んでいた国民は、極東国際軍事裁判(東京裁判)を通じて事実を知らされる

▼当時、新聞やラジオは軍部に統制されていた。皇国史観を植え付けられた軍国少年は大本営の発表を疑いもしなかった。反日デモが燃え上がる中国とどこか重なる

▼かつて魚釣島に日本人が住んでいたこと、豊富な海底資源が眠る可能性を指摘されるまで、中国は領有権を主張しなかったことなどを知る中国人は少ない。反日デモが略奪や放火までエスカレートしたことも、ほとんど報じられていない

▼「国恥日」と呼ばれる柳条湖事件から八十一年を迎えたきのうも、中国の百以上の都市で反日デモが繰り広げられた。禁漁期明けの漁船千隻が尖閣沖に向かったという報道もあった。破壊された日系企業の打撃は大きく、国交正常化以来、最大の危機である

▼反日デモに参加したのは地方の若い出稼ぎ労働者や、江沢民時代に強烈な反日教育を受けた世代だ。「愛国無罪」の叫びは貧富の格差を放置している中国共産党の独裁体制への批判に転じる可能性をはらむ

▼制御不能になる前に、反日感情を沈静化させなければ、自らが育てた怪物に内部から食い破られるかもしれない。その恐怖を中国の指導者はよく分かっているはずだ。

 このご時世にこの歴史認識でよくもコラムを担当できるものだと呆れかえる程度の低さなんですけど、所詮マイナーな地方新聞社だから社説と並ぶ新聞社の顔であるコラム執筆者もそこいらの一般人レベルの見識で十二分ってことなんでしょうか?

 「柳条湖事件は、関東軍が仕掛けた謀略だった」「中国側が先に鉄道を破壊したと信じ込んでいた国民は、極東国際軍事裁判(東京裁判)を通じて事実を知らされる」の部分は事実ですが、問題はその後です。

 「当時、新聞やラジオは軍部に統制されていた」と即座に自己弁護の言い訳を始めています。

 当時は治安維持法とで車の両輪に例えられる『新聞紙法』というものがあり、同27条で差止命令を出せる人間として陸相と海相はいましたが、あくまでもそれは軍機に触れるような情報を流出されることに対する危惧からのものであり、立場は外相と同列でした。

 具体的な掲載禁止事項は10項あり、その内直接的に軍に関係しているものは「⑤軍事に関し陸海軍大臣の禁止、又は制限したる事項」だけです。

 実際に憲兵を使って軍による情報統制を確立させた東条英機はこの当時まだ将軍にすらなっておらず、対米戦争時のように気に入らない新聞記者を最前線送りに、なんて真似は当然ながらできませんでした。

 事実、朝日新聞の緒方竹虎などは戦後に毎日などと共闘していればこの時期はまだまだ軍部の暴走を止められたという見解を示していますし、法改正が繰り返されて言論統制が厳しくなっていくのは1937年以降の中国との紛争が本格化しだしてからでした。

 むしろ朝日や読売などは軍部批判をこの時代は公然と行なっていましたし、ラジオにしても肝心のNHKは近衛文麿が握っていたのですから、柳条湖事件の起きた時代に軍が新聞やラジオを統制をしていたなどというのは明らかな歴史の捏造です。

 講談社学術文庫の『太平洋戦争と新聞』によれば、先述した緒方竹虎などは満州事変勃発の3ヶ月前に『行財政整理座談会』という軍制度なども含む論談の司会を務めており、これを欠席裁判だと憤慨して押しかけた樋口季一郎中佐(後に北方軍司令官として南樺太、千島列島を侵略してきたソ連と戦う)とその場で口論を始め、新聞班長に仲裁されるが収まらず、陸軍大臣官邸に直接乗り込んで大臣を出せと猛抗議をして杉山元次官に「あれは、今日うんと叱っておいた。もう朝日新聞にはかれこれ言わん。大臣に会わず帰ってくれ」とまで下手に出てお願いされてもなお執拗に食い下がっていたことが記されており、到底軍部の統制下にあった組織の人間が取れる行動で無い事がわかります。

 ましてや「皇国史観を植え付けられた軍国少年は大本営の発表を疑いもしなかった」などとの妄想に至っては執筆者のイカレ具合を入院レベルだろうと言いたくなりますね。

 大本営は戦争時の円滑な軍活動を行うための組織であり、平時にはそもそも存在しません

 故に、日清戦争と日露戦争の際に設置されており、その次に設置されるのは紛争でも設置が可能と法制度が改正された1937年になってからです。

 つまり、存在もしない機関の発表を聞いていて信じていたのが当時の軍国少年だと、余りにもバカげた嘘を東京新聞は述べているのです。

 当時嘘を垂れ流していたのは大本営などではなく、そうすることで発行部数拡大競争をやっていた、この東京新聞などのマスゴミです。

 だからこそ軍に頼まれてもいない慰問袋や軍用機献納、軍歌作成などを次々と競い合ってやったんじゃありませんか。

 因みに東京新聞の前身である國民新聞は燃料を軍に献納したことが記録に残っています。

 それに、愚かな中国人の場合は中国共産党が知らせないからではなく、中国人自身が知ろうとしない、認めようとしないからでしかないことは北京五輪の折に日本も含む各国で在外中国人が暴れまわったこと、今回もアメリカで中国人が尖閣略奪のためのデモを行っていることなどからも明らかであり、マスゴミ以外からではまず情報を知り得なかった当時の日本国民とでは事情が全く異なります

 まして日本には迎合と金儲けしか頭にない紛い物のマスゴミだけでなく、石橋湛山や桐生悠々など堂々とローカル紙で信念に従った記事を掲載している本物がいました。

 何よりも抗議の名を騙り、破壊活動や略奪を欲しいままにやっているだけの蛮族なんぞと日本人を同列に扱うなど言語道断です。

 以前から執筆者の知識不足、異常さでは定評のある筆洗ですが、ここまでバカだともはやネットをコピペするだけの学生論文と違いがわかりませんよねぇ?

 一体何を参考文献にしたらここまで出鱈目だらけのコラムを、仮にも130年近い歴史を持つ新聞社ができるのか、実に理解不能です。
09月18日(火)

野豚と朝日、世紀のバカタッグが招いた最悪の状況 

18日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

船舶派遣、日本に圧力かけるため…中国外務省
 【広州(中国広東省)=吉田健一】中国外務省の洪磊副報道局長は18日の定例記者会見で、監視船など中国当局の船舶の行動について「日本の不法な国有化に抵抗するための一連の措置」と語り、日本に圧力をかけるために周辺海域に派遣したことを明らかにした。

 また、17日に中国浙江省などから出港したとされる漁船団については「釣魚島(尖閣諸島の中国名)周辺の海域は中国漁民の伝統的な漁場。漁船が操業に向かうのは至極当然」とした。

 漁船団はまだ尖閣諸島周辺には姿を見せていないが、中国系香港紙幹部は「姿を見せないのは日本領海にまだ入らないよう当局の指示があるためとしか考えられない」としている。
(2012年9月18日21時31分 読売新聞)

 かつて、中国によるこの手の横暴な主張や行動が為される度に、中国ではなく日本国政府と与党を攻撃し、自分達なら上手くやると豪語した身の程知らずのバカ集団がいました

 そう、今の民主党です。

 言い掛かり、不法行為、何でもござれな中国に対し、いや中国のみならずロシアや北朝鮮、韓国など特アと問題が起こる度に根本である連中の悪行に目を瞑り、政権簒奪のために政争の具として自民党を面罵してきた民主党ですが、上手くやるどころかどれもこれも問題を著しく悪化させ、いざその局面に経てば何もしない。

 いや、無能&小心故に何も出来ないというのが正しいのか…

 これほどの規模の暴動が実に中国の100以上もの都市で起こり、大使館や日系企業のみならず、何もしていないただの邦人にも被害が出ました。

 そしてここ数日では更にそれは悪化し、日本車に乗っていたというだけで車は破壊され、同胞であるにも関わらず中国人が大勢にリンチされて重傷を負う、欧米や韓国企業等にまで破壊や略奪が広がるというまさに無法地帯となっています。

 しかもこの状況で更に連日複数の海洋監視船による領海侵犯が繰り返され、1000隻もの漁船団が尖閣諸島に向けて出港したなどという戯けた話もあるのですが、野豚がしたのは抗議だけ

 やめさせろよ、邦人や企業を保護しろよと、意味のない戯言を官邸から喚くだけで、逆に日本が悪いのだから責任も賠償も全部日本政府が払えなどと寝言をほざかれる始末。

 小泉政権や安倍政権の時、こういう横暴に対して自民党だから悪いのだと批判していた連中が、自分達なら上手くやれると妄言を吐いていた連中が、実際には先人から何も学ばず、口先だけの大法螺を吹いていたことが実によくわかります。

 朝日新聞などは悪いのは尖閣購入を言い出した石原都知事だなどとお得意の論理のすり替えをやって、バカ民主とその愚行を絶賛した自身の失態を隠そうと躍起になっていますが、朝日の大好きな国際協調や思いやりの心、相手の立場に立った考えをバカ民主やアホ朝日が持っていたら、そもそも9月の頭に国有化するぜなんて愚劣極まりない発表をするわけが無いんですがねぇ?

 現在騒がれているように昨日、9月18日は柳条湖事件の起きた日で、中国においては最も反日感情の高まる日の一つです。

 しかも8月15日に中国の政治団体が尖閣諸島へ不法上陸してからまだ半月を少し過ぎただけの時期であり、連中にしてみれば自らがよくやる、これみよがしの当て付け、報復行動を日本政府がしたようにしか写らなかったことでしょう

 ですが、バカで阿呆な朝日は当初、この野豚の軽薄かつ浅薄、目先のことしか考えぬ最低最悪の国有化発表をよくやったと言わんがばかりに称えました。

 「日中関係改善への転機にしなければならない」「無用の摩擦は打ち止めにし、大局に立って築き直すよう、建設的な話し合いを求めたい」などと社説で夢想を垂れ流していましたが、現実に改善どころか大きく悪化したことに対する先見性のなさを謝罪するでもなければ、建設的な話し合いどころかその為の努力すら野豚がしていないことに対して非難の一言も無いんです。

 不倶戴天の天敵、石原を支援する民主党が出し抜いてやったからという一時だけで、相手がどう感じてどう動くのかろくに考えなしだったんでしょう…主筆が出版記念パーティをわざわざ政府の下部組織に開いてもらえるほど親密な中国のことなのに。

 その後、案の定中国が激怒し、民衆を煽ってデモという名の暴動を起こしたここまで事態が悪化するや、慌てて社説で石原都知事に責任をすべて押し付け、日中双方とも冷静にと毎度お決まりの締め言葉。

 周知の通り一部の間抜けな右翼や過激思想の持ち主でもなければ日本人は誰も今回の件で熱くなど端からなっておらず、むしろその冷静かつこの状況でも親切なことに対して中国人留学生が感謝をネットに記している位で、慌てふためく朝日がまたも間の抜けたトンチキな社説を掲載して民主の擁護と自己保身をしている状態なのですが、それ以上にパニックを起こしているのが野豚なんでしょうね。

 私の予想通り、ジャスコの被害総額は24億円、長沙の平和堂が被害総額10億円にも登ったそうで、侵入して略奪や破壊を行なった連中をすべて捉えたところでそいつらに補償できる額ではありませんし、ジャスコで再開まで2ヶ月だそうですから、機会ロスの額も相当なものになるでしょう。

 破壊された自動車やその工場に至っては幾らになるやらという状況ですが、害無省は大使館の賠償請求だけを中国政府に要求するようですし、そもそも野豚は今頃になって各省庁の人間を読んで今後の見通しがどうだの対策がこうだのと話し合いを始めたというのですから…

 私はあんな蛮族の国へ行って被害に遭うのは自己責任の範疇だとしか思いませんが、それでも野豚の軽率さが被害を出し、悪いのは中国とは言え国が守るべき民間人に政府の迂闊で軽率な行動で多数の被害を出し、関係のない国の企業にまで迷惑をかけたのに、紋切り型の抗議と自分の被害だけ弁済を求めるとか、余りにもですよねぇ?

 こんな有様ですから、実際に大量の監視船だの漁船だのがほどなく押しかけてきても何の対応も出来ぬままに各島に上陸されて、灯台を破壊するなど今度は日本国の領土で好き勝手に暴れられるんじゃないでしょうか?

 そして、結局はこれまた紋切り型な抗議をするだけで現実に何も出来ないまま不法占拠され、民間人保護だどうだのと海軍が出張ってきて海保が蹴散らされ、海自を出すと戦争になるからとそのまま引き下がって領土が奪われる、と。

 こんな下郎どもに一度やらせてみた代価を、支持した愚昧な連中は一体どうやって支払ってくれるんでしょうかねぇ?
09月17日(月)

潜在リスクより目先の利益を追った結果 

16日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

暴徒乱入、無言で破壊・放火…工場再起不能
 「まるで強盗団だった」

 山東省青島で15日、日系のスーパーや工場を襲ったデモ隊を目撃した中国人男性は、こう声を震わせた。襲撃されたパナソニックグループなどの工場は、一夜明けた16日、放火ですすけた建物や、壊された機械類が無残な姿をさらしていた。

 複数の目撃者らによると、15日午前11時ごろ、デモ隊は、郊外にあるジャスコ黄島店内で破壊、略奪を開始。1時間後、リーダー格の男が「次は保税区だ」と叫んだ。外資系の工場が集まる保税区には、パナソニックグループの電子部品工場など日系企業が入居している。

 ジャスコを出たデモ隊はまず2キロ先の日系工場を襲撃した後、午後2時頃、さらに2キロ先のパナソニック工場に到着。3、4階建ての建物数棟が立ち並ぶ工場は、スタッフ全員が避難し、無人だった。群衆は最も大きな建物に乱入、1階に火を放ち、機械類も壊した。火は2階に燃え広がった。

 隣の工場労働者は「3万人はいた。これだけの人間が道路を埋め尽くす光景は初めてで、とても抗議運動とは思えなかった」と振り返った。

 日系企業を狙うデモ隊はさらに、約300メートル先の自動車部品工場を襲撃。警官隊が六、七重の隊列を敷いて侵入を食い止めようとしたが、人数ではるかに上回るデモ隊はやすやすと突破。工員ら数百人には目もくれず、無言で破壊、放火に及び、十数分後には別の工場へ向かった。

 自動車部品工場管理職の中国人男性は「うちは再起不能。ほかの工場も含めて、これで数万人の失業者が生まれるが、中国人がやったことだ」とやりきれない表情だった。
(2012年9月16日22時27分 読売新聞)

 まぁ、別にいいんじゃないですかねぇ?

 経団連などが時の総理大臣に圧力を掛けてまで媚を売ってきた大好きーな中国で、大好きーな中国人に壊されたのですから、バカな日系企業にしてみれば十二分に納得した上での事態でしょう。

 むしろジャスコとかパナの経営者なんて大喜びなんじゃないですか、この不況下で大赤字を出せて。

 規模までは見たことがないからわかりませんけど、恐らくジャスコで建物が無事だったとしても(放火がされたという情報もある)十数億から数十億円、パナに至っては数百億から一千億円以上の損失でしょうねぇ。

 電子部品の生産工場ともなれば、建物も造りに相当な金がかかりますし、加えて導入されている機器も数千万とか数億とか当たり前にするようなものばかりのはず(この手の生産用大型機械は安いものでも一千万超が当たり前で、電子制御を重視したものになると億を普通に超えます)ですから。

 ましてや工場の壊滅に加え、生産ラインのストップによる機会ロスでの損失、復旧又は別所への新設に掛かるコストも考えると、一体どの位の額になるのかなんて考えもつきませんねぇ。

 リスクも考えずに目先の利益だけ追い求め、その為ならば平然と売国活動すらやってのけたバカ商人どもの見事な結果ですね。

 加えていうのなら、経団連などこういう連中が今の民主党政権誕生も後押ししていたんですから、二重の意味で自業自得ですし。

 まぁ、写真を見る限り主要な人間は糞青と呼ばれるイデオロギーしか持ち合わせぬ低能なガキばかりですが、それに混じって子供や女性などが略奪に勤しんでいるのは流石半島の乞食民族の親分ですね。

 ネットにはこの暴動に参加し終えて戻ったら自らの日本車が破壊されて悲壮な顔をしているバカ女の写真などが掲載されて大いに笑われていましたが、実際問題としてチャイナリスクも考えずに店や工場を未だに出し続けている愚かな企業でも無い限り、連中が自国内で暴れまわったところで物笑いの種にしかなりませんからねぇ?

 むしろ潔く、ユニクロのように店頭へ尖閣は中国のものだとか露骨な売国による保身へ走ればいいのに。

 もっとも、ユニクロの場合社長が元々反日・売国の徒というゲスで外国人を雇い入れることにも異常と言える程に熱心でしたから、いざとなればこういう下衆に相応しい行動を取るのに違和感がありませんけどね。

 そういえば、今日はIphone5のデモ機なりカタログなりが見れるかと思って秋葉原に行ったのですが、随所で中国人が大声で会話をしているも、誰も日本人が気に留めていないのはある意味印象的であり、これが連中と我々の民度の差なんだなぁと改めて思いましたね。

 何の恐怖感や危機感も抱かない中国人姿に、この時期に日本で観光や買い物するような富裕層ともなるとその差が彼ら自身にも分かっているから平然としていられるのでしょう。

 それにしてもこれで数万人の失業者と嘆いている中国人がいるみたいですけど、恐れた日系企業が移転を決める、中国とのビジネスそのものを取りやめるという可能性は十二分に有り、下手をすればそれは日系のみならずアメリカなど他国にも拡大する可能性はありますから、数万人程度で収まればまだいい方なんじゃないですかねぇ…

 何せ中国の実に20以上の都市で今回の暴動は起きており、各地で日系企業などが被害を受けるのみならず、欧米の貴金属店や自動車なども襲撃されて被害を出していますからねぇ?

 はてさて、これを日本以外の国際社会がどう捉えていることやら?
09月15日(土)

中身ゼロでも戦略?その場凌ぎの方便だろ 

14日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

「原発ゼロ」政府エネ戦略…示せぬ道筋、矛盾も
 政府は14日、エネルギー・環境会議(議長・古川国家戦略相)を開き、「2030年代に原発稼働ゼロを可能とするよう、あらゆる政策資源を投入する」との目標を掲げた「革新的エネルギー・環境戦略」を決定した。

 使用済み核燃料の再処理事業を継続するなど、原発ゼロと矛盾する方針も盛り込まれた。再生可能エネルギー普及の具体策など、原発ゼロを実現するための道筋は示せていない。

 原発に依存しない社会の実現に向け、〈1〉原発の40年運転規制を厳格に適用する〈2〉原子力規制委員会が安全を確認した原発のみ再稼働する〈3〉原発の新設・増設は行わない--との原則を示した。その一方で、「(ゼロへの過程で)原発は、重要電源として活用する」と再稼働を進める方針を明記した。
(2012年9月14日23時11分 読売新聞)

 そりゃまぁ、どうせ次の選挙ではボロ負けして転落するのが分かりきっているんですから、具体的な筋道なんて考えるわけないですし、矛盾だって平気で放置するでしょうよ。

 政権を奪った前回と同様に、放言を繰り返して議席が、政権が奪えればあとはどうとでもなるさと、そいういう腐った考えでやっていることは、この3年もの無責任政治でマスゴミ諸氏にも理解できているでしょうにねぇ?

 もっとも、思想第一で道筋も見えなければ矛盾も放置、都合の悪い点は全て黙殺なんて真似をしてまでこれを絶賛する朝日新聞なんて醜悪で愚劣な外道メディアもまだまだ跋扈しているんですがね。

 原発は金が掛かるなどとほざきながら、潰すためなら幾ら金を投じてもいいとか、再処理施設や核燃料の処理方法、そしてそれに掛かる莫大な資金、海外輸出をどうするのか、メンテなども必要なのに技術が廃れ、技術者がいなくなるのをどうするのか、こういった問題を須らく無視して廃止だ、廃止だと喚ける愚鈍ぶりは流石朝日です。

 野豚政権の政策方針は決断力があるように偽装すること、であり、だから曖昧だろうが適当だろうが中身が何もなかろうが、とりあえず結論だけを出してそれを官房長官に発表させるといういい加減で無責任なものです。

 何か決まって実行された政策がありますか?

 消費税だって増税だと喚いて法案こそ強行しましたけど、実施は自分達の時じゃありませんとかねぇ?

 例えば、今中国が大騒ぎしている尖閣問題。

 政府が購入するなんてことをすれば暴動が一層激化することも、中共が保身に走ってそれを抑止しなくなることも政府関係者や専門家でない、ただの一般人にも予想できていたことなのに、この事態を引き起こしたことへのケアが何もされておらず、ここ数日では遂に一般人に過ぎない現地の日本人までが襲撃されて何件もの傷害事件が報告されています

 しかもこれに対して政府は何の対応も取っておらず、現地の総領事館が抗議と日本人への注意を喚起しているだけで、政府としての抗議もしてなければ外務省から渡航の禁止や現地在住者への帰国要請など危険回避のための試みがされた形跡が何もない。

 因みに野豚政権による尖閣購入を支持し、実行されたことを絶賛していた朝日は当然のように、襲撃や暴行に関する記事を掲載しておらず、まるで何もないかのようにしています

 これは中国による昨日の尖閣周辺への6隻もの領海侵犯事件についても同様で、これらの原因となった朝日絶賛の尖閣国有化について、朝日は何ら語っていないのですから卑劣ですよね。

 普段なら政府が悪いとボロクソに言い掛かりをつけて叩きまくるくせに、自分もそれを指示した側だとばれているから黙殺しているのであり、かつての諸問題を引き起こした時同様、責任を他者に押し付けて自らは第三者を気取るつもりなのでしょう。

 そしてその態度がこの原発問題でもよく出ています。

 コラムまで掲載して原発推進をやってきたことについて朝日は何ら謝罪も弁解もしておらず、原発絶賛とその輸出を推進してきた民主党と実に言動がソックリです。

 朝日の社説なんて読むと、まるで原発が金食い虫であり、それを無くしても電力が今まで通りの規模でも維持できるだけでなく、料金まで落とせるかのように見えてしまいますから、むしろまた新たなミスリードで国民を死地へ誘おうとしているというのが実態なんでしょう。

 何せ先程記した尖閣国有化でもまた立証されたように、朝日の絶賛する行動、掲げる方針が実行されると国内問題ならば事件が起きたり経済が悪化するし、対外問題なら関係悪化・深刻化という悪い結果を必ず引き寄せるのですからね。

 また、国民の声がどうだのと大声で喚くだけのバカどもを国民呼ばわりする一方で、経済3団体がこの民主党方針を異常だと非難していることや、生産業や商業などで働く国民の生活が圧迫されることには微塵も興味を示さない。

 まさに獅子身中の虫。

 ホント、いい加減野豚どもには消えて欲しいですが、それだけでなく、次の政権与党には害虫朝日の希望の常に正反対へ進む、正しい国家運営が出来る政治家にやって欲しいものですね。

 MSN産経ニュース『「民主党はちょっとおかしい」経済3団体が批判』
 http://sankei.jp.msn.com/life/news/
120914/trd12091422050026-n1.htm

 朝日新聞デジタル 社説 2012年9月15日 『新エネルギー戦略―原発ゼロを確かなものに』
 http://www.asahi.com/paper/editorial.html
09月13日(木)

醜悪なマッチポンプメーカー朝日の犯罪的社説 

11日付けの朝日新聞デジタルの記事から

沖縄県民大会-首相は声を受けとめよ
2012年9月11日(火)付
 日米両政府に対する沖縄の不信と怒りが、大きなうねりとなって広がった。

 米軍の新型輸送機オスプレイ配備に反対する県民大会が、沖縄県宜野湾市であった。主催者発表で約10万1千人が集まり、市内にある普天間飛行場への受け入れ拒否の声をあげた。

 1996年に日米で合意した普天間飛行場の返還は、基地があることによる負担と危険を減らすためだった。

 住宅や学校に囲まれた飛行場の危険さは、変わっていない。そこに安全性で論争が続くオスプレイを持ち込むことを、地元の人たちは受け入れられない。

 「沖縄の青い空は私たち県民のもの」という大会での声は、その思いを伝える。県民らは、米軍基地をめぐって構造的な差別があると感じている。

 たとえば、米国はすべての軍飛行場のまわりに、発着の安全確保のため、建築物を一切建ててはならない「クリアゾーン」をおくと義務づけている。

 ところが、普天間飛行場では危険なクリアゾーンが外にはみ出し、そこに普天間第二小学校など18施設があり、約800戸に3600人がくらす。

 本国では運用できない基地を沖縄では使い、新たにオスプレイ配備も進める米国の姿勢は、命を軽視する二重基準や差別であると、県民には映る。

 沖縄で、米軍機の墜落事故は数々のいまわしい記憶につながる。59年には沖縄本島中部、石川市(現うるま市)の宮森小学校に戦闘機が墜落した。パイロットは直前に脱出して助かったが、児童ら18人が死に、210人が負傷した。

 基地の負担は、県民の受け入れられる我慢の限界を超えている。また、現実の問題として、米軍は住民に嫌われて、基地を円滑に機能させられるのか。県民大会に集まった人たちは、普天間飛行場のフェンスに黒いリボンをくくりつけた。

 計画にこだわって配備し、その後に万一のことがあれば、日米関係を大きく傷つける。

 本土は、沖縄がどんなに苦しい状況にあるかを知らなくてはならない。野田首相はこの声を受けとめるべきだ。そして沖縄の人たちに対して「配備は米政府の方針」という言い方ではなく、自分の言葉で話すべきだ。米国との交渉も必要だ。

 一日も早く、普天間飛行場を返還させる日米合意の原点に戻ろう。そして、名護市辺野古への移設が無理なことも、県民大会の声を聞けば明らかだ。

 現実を認めることから始めなければ、解決策はない。

 自分で事実検証をせずに都合のいい他者の発表をそのまま記事にして垂れ流すだけなら、いい加減新聞社なんて名前は止めて朝日・アジテーション・デマゴーグ・ビラ(株)とでも名乗ればいいのに

 内容はご覧のように、初っ端から「主催者発表で約10万1千人」とは記しているものの、警察発表の数字を黙殺してさも実際に10万人もの人間が集まった、県民の総意であるかのように読者を誘導する姑息で破廉恥な毎度のアジビラです。

 宜野湾市海浜公園の会場はちっぽけな場所であり、とても10万人なんて人間が入れる余地はないのですが、実際の写真を見るとそのちっぽけな会場ですらすっかすかな場所があっちこっちにある始末。

 尖閣諸島購入の際には朝日が敵意を剥き出しにする都知事を野豚が出し抜いたことに欣喜雀躍し、即翌日に確認もしないまま社説で都知事をバッシングをするとともに政府側の一方的な発表だけを垂れ流し、都側のそのような連絡を受けていないという否定する発表は黙殺したのに、今回は前日の記者会見で同じく官房長官が発表した警察発表で2万5千人という数字を逆に黙殺と。

 まぁ、ものの見事に(都合の悪い事実を)「報道しない自由」をこれでもかと使いまくっているわけです。

 ネット上では会場の写真を独自の方法で算出した個々人の話が乗っており、7000~20000人程度とばらつきはありますが、何れにしても4~10倍程度の大幅な事実捏造を今回も主催者側がやったことだけは明らかであり、反米・反日を思想とする朝日はそれに都合がいいからと今回も迎合をしたわけです。

 「住宅や学校に囲まれた飛行場の危険さは、変わっていない」などと述べ、「普天間第二小学校など」が米国の定めたクリアゾーン内にあるとかって馬鹿な主張もしていますけど、そもそも普天間第二小学校なんてのは基地が隣に作られた学校ではなく、基地の傍であることを承知の上で造られた学校なのであって、危険性がどうのというのであらば、むしろそんな場所に設置する許認可を求めたバカどもをこそ非難するべきだと思いませんか?

 普天間小と第二小、そして第二小と大山小は直線距離にして前者が1km以下、後者も2km程度であり、無駄に近場に作りすぎですし、滑走路先端から400m程度先に所在と場所が余りに悪すぎ、最初に場所選定をした人間が余程の阿呆だとしか思えませんが、非難の材料が欲しいだけの朝日はそういう点は一切無視しますし、普天間中の裏辺りに移転をさせられないのかというような問題提起は、自分達の主張及びその根拠が危うくなってしまうから絶対にしません

 人命第一だのとほざきながら、本質は売上第一という腐った根性を昔から持っている闇商人紛いの連中ですので、おまんまの食い上げに繋がるようなことは、それで誰がどんな被害を被ろうとも絶対にしません。

 59年年の米軍機墜落事故は、確かに小学校へ墜落した大惨事ですが、そもそもアカヒが何処の数字を用いたのやら相変わらずいい加減で出鱈目です。

 琉球新報や遺族や当時の教職員、そして同級生らによって設立されたNPO法人『石川・宮森630会』のHPにおいて小学生11名、地元住民6名の計17人が死亡となっており、どこから追加で1名されたのか、資料を明かして欲しいものですね。

 と言うか、3年前に事故から50年だからと特集番組を作ったのが他ならぬ琉球朝日放送であり、そこでハッキリ「児童など17人が犠牲に」とテロップ入りで出だしで述べていますし、その後にはより詳細に「17人(うち児童11人)が死亡 200人以上が けが」をしましたとこれまたテロップ入りではっきり述べている。

 まさか、事故の十数年後に死んだ1名を手前勝手に追加して事実化しようと、自分の系列会社の報道すら無視してやっているんですかねぇ?

 おまけにこの時の米軍パイロットは他の類似事件と異なり、民間人に被害が出ないよう、丘陵地帯へ機種を向けてから脱出をし(無人になってから旋回してしまい、小学校へ突っ込んだそうです)ており、町田米軍機墜落事故や大和米軍機墜落事故とは明らかに実相が異なるのですが、これまた朝日はあくまでも米軍批判の材料として用いているので、折角の色合いが薄まってしまうような話は絶対に記しません。

 記事を読んだだけでは米軍による児童を中心とした虐殺事件であるかのような印象を受けますし、上記した町田や大和の事件のように米軍パイロットが保身しかこの事件でも考えていなかったとしか読み取れないですよね?

 この悪意に満ちた記事の書き方こそが、先述した朝日流(都合の悪い事実を)「報道しない自由」の実態なのです。

 印象操作による世論誘導、そして自らを話題の提供者、正義の体現者であるかのように偽装することで売上を伸ばす、100年以上も続けてきたマッチポンプ報道の正体なのです。

 「沖縄がどんなに苦しい状況にあるかを知らなくてはならない」と事実を知ろうなどと偽善を振りまきながら、集会参加者数が実際には遥かに少ないことも、裏で左翼団体が県外から大勢押しかけていることも、県や市が税金を投じて参加者を募っていることや業務時間に作業をするなど違法行為を公然と繰り返していることも絶対に触れません。

 「計画にこだわって配備し、その後に万一のことがあれば、日米関係を大きく傷つける」などとほざいている部分に至っては願望混じりの恫喝であり、もはややっていることは新聞報道ではなく政治ヤクザの脅迫です。

 もっとも、現実問題として最低でも県外を訴えたルーピーが挫折したのに、辺野古もダメだと喚いて自らが吹聴する危険な状態をそのまま維持させることに危険性も恥じらいも抱いていない時点で性根はバレバレですが。

 「現実を認めることから始めなければ、解決策はない」なんて都合の悪い現実を一切認めず、具体的な解決策を考えもしないでただただ煽って自体を拗らせ、自らの欲望成就に利用するクズ集団朝日が述べるのは滑稽千万ですよ。

 琉球新報『宮森小学校に米軍ジェット機が墜落(1959年6月30日)』
 http://history.ryukyushimpo.jp/
2007/06/27/153.html

 命と平和の語り部NPO法人石川・宮森630会HP
 http://www.miyamori630.net/
09月13日(木)

こんな阿呆が幹事長じゃ誰も支持する気にならないのは当然 

12日付けのMSN産経ニュースの記事から

中国は「尖閣に攻めてこない」 自民・石原氏が断言
2012.9.12 00:25
 自民党の石原伸晃幹事長は11日夜のテレビ朝日番組で、政府の沖縄県・尖閣諸島の国有化に関連し、領有権を主張する中国側が「攻め込んでくるのでは」と問われ、「攻めてこない。誰も住んでいないんだから」と断言した。国家主権に関わる領土問題について認識の甘さを露呈した格好だ。

 同時に「いい漁場だから周辺海域には来る」とも強調。日本と中国の排他的経済水域(EEZ)の中間にあたる日中中間線までは中国の漁業監視船などが航行するとの認識を示し、灯台などの施設の整備が必要と指摘した。

 尖閣諸島購入を目指していた東京都知事で父親の石原慎太郎氏が、地権者側と交渉していた際に「子供として手伝っていた」と述べ、昨年9月から複数回、交渉に同席していたことも明らかにした。そのうえで「契約しましょうという段階まできていたが、先週の金曜日(7日)、『政府に売っちゃいました』と言われた」と打ち明けた。

 元より器は親父に遠く及ばぬものだと理解してはいましたけど、ここまえ阿呆だといっそ清々しいですね。

 現実への認識力が民主党のバカども並に低劣とは。

 西沙諸島、南沙諸島など東南アジア各国の領地である無人島群が中国によってどういう目に遭っているかをこの阿呆はまったく知らないんでしょうか?

 竹島がどういう状況で韓国に略奪されたか知らないんでしょうか?

 むしろ無人島である方が人的被害が出ないため、国際社会からの非難も浴び難く、当事国でなければそこまで騒ぐ必要性も感じないから第三者は殊更に行動もしない

 現実に中国が南シナ海方面でやっていることとそれに対する世界の反応を見れば、尖閣の現状維持こそが連中にとって格好の侵略状況であると分かるんですが、やっぱり頭が花畑みたいですね、このとっつぁん坊やは。

 「子供として手伝っていた」というのなら、何故に父親がそこまで都での購入を試みたのか、港湾設備などの設置を行おうとしていたのかと、普通は考えないのでしょうか?

 また、周辺海域へ中国漁船が来るとか言ってますけど、あの韓国でさえ中国の漁船に手を焼いていることを知っているんでしょうかね?

 不法にやってきて集団で根こそぎ奪っていくために漁場は荒れて水産資源は枯渇するし、逮捕を試みれば武装し、集団で逆に襲い掛かってくるため、既に韓国では負傷者どころか死者さえ出しているんですよ?

 拿捕しようとして逆に集団に襲われ、逃げられるなどの醜態も晒しており、韓国内からは当然強い不満が噴出し、一層の強攻策を求める声が出てしまっており、対中関係を考慮する韓国政府が対応に散々苦労しています。

 日本でも先月不法上陸を行った連中が漁船から煉瓦を使った投石を行っており、海保の船舶がボコボコにされています。

 中国本土でも連日各地でデモが未だに繰り返されており、日本車だから、日本料理を出す店だからなどという理由で所有者や経営者が誰であるかに関わらず破壊活動も展開されており、国家としても民族としても非常に攻撃的で思慮が浅く、危険極まりないのですが、バカ息子は楽観視して大丈夫という認識みたいですね。

 いやはや、総裁も幹事長も阿呆だから民主党がここまで体たらくを晒していても自民党が支持率で民主とどっこいの勝負しか出来ていなかったんですけど、やっぱり当人らは阿呆だからその事にすら気付いていないみたいですね。

 結局この阿呆が自民の総裁になった場合、自民は谷垣の青瓢箪がやってきたこの3年間とそれこそ何にも代わることは無いままなんじゃないでしょうかねぇ?
09月12日(水)

ブーメランは己を知らず、記憶もしない 

11日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

「国防に想定外は許されない」野田首相が訓示
 野田首相は11日、防衛省幹部や自衛隊の各部隊の指揮官が一堂に会する自衛隊高級幹部会同で訓示し、北朝鮮の核開発や中国の海洋進出を踏まえて「国防に想定外という言葉は許されない。責任を毅然きぜんと果たす国家の守護神であってほしい」と訴えた。

 防衛省発注のヘリコプター開発事業を巡る官製談合防止法違反事件について、「関係部署が当局の捜査を受けたことは誠に残念だ。一部の行為が自衛隊全体の信頼を傷つけかねないことを肝に銘じ、一層の規律保持に取り組んでほしい」と訴えた。
(2012年9月11日19時21分 読売新聞)

 何とも民主党のバカが言いそうな阿呆らしい演説ですねぇ。

 そもそも事前の想定も準備もせずに普天間の国外、最低でも県外の移設を訴え、その詐話によって沖縄衆院選で大勝したのって何処の政党でしたっけ?

 で、結局想定通りに行かなかったからと原点回帰した挙句、最後は総理大臣が職務を放り出して逃げたのに、それについて何の責任も取らせずに放置し、その後も無責任な放言を好き勝手させて更に状況を悪化したバカ政党は何処でしたっけねぇ?

 何処が想定外が許されず、責任を毅然と果たしていると???

 総理大臣は無能、防衛大臣は馬鹿なド素人という組み合わせを延々続け、それについて一度だって責任を取ったことのない無責任の権化どもがどの口でほざいているんだっての。

 北方領土、竹島、尖閣、沖ノ鳥島など日本の島嶼に関して周辺国が問題を起こしたことについて、このバカどもが毅然とした態度を取ったことがただの一度でもありますか?

 言い訳をして放置か、腰砕けの対応を形ばかりとってやったぞと言い張るかのどちらかしかしておらず、状況はどれも著しく悪化しただけでした。

 「一部の行為が自衛隊全体の信頼を傷つけかねないことを肝に銘じ、一層の規律保持に取り組んでほしい」などとも豚が述べていたようですけど、そもそもこの豚どもこそ日本の国際信用を自分達がどれだけ傷付けたか理解しているんでしょうかね?

 まして、醜悪な内紛を繰り返して逃亡者や集団離脱などもはや統制すら効かなくなっている有様で何が規律保持だか

 いやはや、流石はペテン師だけあって、口先だけは立派ですけど我が身を振り返るという知性は持ち合わせていないようですね、相変わらず

 こんな鳥頭どもが国を牛耳っているのですから、何時崩壊してもおかしくはないですよねぇ…
09月11日(火)

あぁ赤っ恥…今更過ぎる朝鮮日報のセンス 

9日付けの朝鮮日報の記事から

【コラム】「慰安婦狩り」を告白した日本人
2012/09/09 10:47
 「慰安婦強制連行の証拠はない」と主張する野田首相の発言に憤慨した読者のキム・ウォンテさんが、自身の所有する日本の本を送ってきた。吉田清治という日本人が1972年に書いた手記だった。吉田氏は戦時中、下関で、労働者の徴用機関だった「労務報国会」の動員部長を3年間務めた。吉田氏は、数多くの朝鮮人を強制的に連行して戦地に送ったが、当時の蛮行を悔いて『朝鮮人慰安婦と日本人』と題する本を執筆した。

 吉田氏の証言は、現場を見ているかのように詳細かつ具体的だ。吉田氏は、日本政府の指示を受けて韓半島(朝鮮半島)に渡り、朝鮮人を集めた。警察の護送車を先頭に慶尚北道永川一帯を回り、若い男性を連行したという。当時、吉田氏の一行は朝鮮人を強制的に徴用することを「狩り」と呼んだ。確かに、他人の家に押し入って人を連れていくという行為は、人間狩りにほかならない。

 吉田氏は、朝鮮人男性の「狩り」に対し、さほど罪悪感がなかったと語った。戦争中だったので仕方がないと思ったという。そんな吉田氏も、女性を軍の慰安婦として徴用することには「嫌悪感」を抱き「恥ずかしく汚いこと」と思っていた。戦場の慰安婦がどれほどひどい目に遭うか、吉田氏はよく分かっていた。吉田氏は「(日本軍の)1個中隊が列を作って待っていれば、慰安婦は1人で20-30人の相手をしなければならなかった」と書いた。

 吉田氏に「慰安婦狩り」の指示が下ったのは、1944年の春だった。44年4月3日、「海南島に駐屯する皇軍慰問のための朝鮮人女子挺身(ていしん)隊100人を徴発せよ」という命令書が出された。対象は18歳から35歳まで、月給は30円で、妊婦でなければ既婚者であっても構わないと書かれていた。

 30円といえば安くはない額だが、これが欲しくて慰安婦に志願する朝鮮人女性がいるはずはなかった。だからといって強引に連れていけば、騒ぎになりかねなかった。吉田氏と部下たちは、詐欺を働くことにした。慰安婦ではなく、洗濯・掃除などを担当する雑役婦を募集すると偽ることにしたのだ。最終的に、朝鮮に近い対馬の陸軍病院で1年間働く雑役婦を募集するという「偽の脚本」を書いた。

吉田氏の本には「慰安婦狩り」の手法が4章にわたって記録されている。警察署の刑事を含む4人からなる吉田氏のチームは、下関の朝鮮人徴用者部落を回って「狩り」を行った。月給30円で対馬の病院で働くと宣伝すると、朝鮮人女性が殺到した。誰もが、その金を手にして朝鮮に戻りたいという希望に満ちていた。吉田氏のチームは、割り当てられた100人をわずか1週間で集めることに成功した。18歳未満も10人ほどいたが、指針に従い、年齢を18歳に書き換えた。

 後に吉田氏は「朝鮮民族に対する犯罪を、私は卑劣にも30年間隠してきた」と告白し、謝罪した。吉田氏は、日本メディアにも自分の行為を打ち明けたが、日本政府は事実でないとして取り合わなかった。吉田氏の慰安婦募集は、銃剣の代わりに「わな」を使った、明らかな人間狩りだった。この1冊だけでも、当時の日本による慰安婦強制連行は十分立証されている。「銃を突き付けなかったから強制的ではなかった」と言い張る日本政府の関係者は、この本をしっかり読んでもらいたい。

 吉田氏が募集した慰安婦100人は、4月10日に戦地に向かった。この日、下関港は朝鮮人の女性やその家族で混雑した。「狩られた」女性たちは、自分を待ち受ける過酷な運命も知らぬまま、金を稼いで故郷に戻るという希望を胸に、笑顔の花を咲かせていた。午後1時、2隻の汽船が朝鮮人女性100人を乗せて出発した。目的地は、対馬の病院ではなく、南シナ海の前線にある日本軍の基地だった。吉田氏は埠頭(ふとう)から、いつまでもその光景を見詰めていた。

朴正薫(パク・チョンフン)記事企画エディター

 この朴とやら、一体どんな顔でこの駄文を書き連ねていたんでしょうかねぇ?

 鬼の首でも獲ったかのドヤ顔か、はたまた火病炸裂で悪鬼の如き形相か。

 何れにしてもこんな前世紀の遺物を持ち出してマジな論評とか、痛々しいにも程がありますよねぇ。

 吉田清治なんて、吉見義明ら左翼学者からも当の済州島の島民からも否定され、見捨てられた単なる詐欺師ですよ?

 それを今更持ち出して事実にしようとか、流石はチョウセンヒトモドキの浅はかさですね、滑稽過ぎて腹が捩れそうです。

 そもそも、日本人と同じ徴用の義務が朝鮮人に課せられたのは44年の9月であり、その5ヶ月も前にとか言ってる時点意味不明です。

 「1個中隊が列を作って待っていれば、慰安婦は1人で20-30人の相手をしなければならなかった」との証言も詳細が分からないから確認はできませんが、200人相手で1人20-30人ってことはその慰安所に慰安婦は7~10人しかいないということなんですが…

 一箇所に送るのに100人集めたと言いながら、7~10人で一個中隊を対応って、数字の辻褄が丸っきり合っていないのはどういうことなんでしょうかねぇ?

 まさか、海南島程度の規模の島に10~14箇所も慰安所を設けたとかほざくんでしょうか?

 それと、「30円といえば安くはない額だが、これが欲しくて慰安婦に志願する朝鮮人女性がいるはずはなかった」とかほざいていますけど、当時の貨幣価値を理解しているんですかねぇ?

 以前にも幾度か書いたように、昭和17年11月時点で日本本土の女中の月給が10円って記録があるんですよ?

 通常の給与の3倍であり、兵隊なら下士官クラスが漸く貰える額で、日本本土ですら安くないどころではない額なのですから、朝鮮において慰安婦募集としてその額を聞いた「朝鮮人女性が殺到した」としても別におかしなことではありません。

 もっとも、慰安婦の募集は月収300円以上と謳っている記事が残っており、そちらでは年齢も17歳以上としてますので、年齢を誤魔化してでも絶対に18歳にしなければならないなんてルールがあったとはとても思えないし、30円の看護婦で殺到するんですから、300円の慰安婦募集に朝鮮人女性とやらがどんな反応を示したかなど考えるまでもありませんよねぇ?

 当時日本ではトップクラスの高給取り、朝日新聞社員の主任クラスであっても月収は195円(昭和17年11月時点)であり、その1.5倍と言うのが以下に馬鹿げた額であるかは先ほどの女中の月収などを思い出してもらえれば分かるでしょう。

 ほんの数年前まで合法であり、何万という単位で売春婦がいた韓国

 今尚生存権を返せ、職業の自由を寄越せとデモや記者会見をやっている韓国。

 そんな連中が普通に働いた場合の数年分にもなる月収を目の前に掲示されて無視すると思いますか?

 そんな連中相手にわざわざ嘘をついて、狩りなんて真似をする必要があると思いますか?

 まぁ、既に当人ですら捏造であることを認めているのに、そんな基本情報すら知らずに「「銃を突き付けなかったから強制的ではなかった」と言い張る日本政府の関係者は、この本をしっかり読んでもらいたい」なんて真面目に書いている阿呆どもには理解しろと言っても無理でしょうが(笑

 いやはや、こんな基本的なことさえ確認せずに日本語版まで掲載するのですから、程度の低さがよくわかりますね。
09月10日(月)

李明博の漸くした言い訳 

9日付けのMSN産経ニュースの記事から

天皇謝罪要求は真意でない 韓国大統領が専門家に弁明
2012.9.9 19:06
 韓国の李明博大統領が、日韓関係の専門家らを招いた非公式の朝食会で、天皇陛下の訪韓に絡む自身の発言について、謝罪を求めるのが真意ではなく「日本で尊敬されている天皇が訪韓して言葉を述べれば、歴史問題が容易に解決するという意味だった」と話していたことが分かった。出席者が9日明らかにした。

 大統領は5日朝、韓国人専門家らを大統領府に招き、約2時間にわたり日韓関係について意見交換。「(天皇陛下が)訪問したければ独立運動で亡くなった方たちに、心から謝罪してほしい」との自らの発言について「ねじ曲げられて日本に伝わっているようで残念だ」と話した。

 「歴史問題が持ち上がるたびに韓日関係がぎくしゃくするので、一度きちんと整理する必要がある」とも述べたという。(共同)

 これの何処が捻じ曲げられているって言うんですかねぇ?

 希望などしてもいない訪韓要求があるかのように吹聴していたことは「訪問したければ」などと言う上から目線で述べている時点で明らかですし、テロ屋への謝罪を要求したことも紛れもない事実であるというのに。

 まさかこの後に及んで「日王」との蔑称を用いていないとか、土下座までは要求していないとか言うつもりだとでも?

 それらも確かに日本人を怒らせるには十二分な暴言ではありますが、話の筋から言えば明らかにそれらは枝葉であり、事実の捏造とエゴイスティックかつ筋違いな謝罪要求が幹なんですが、まぁそこは所詮チョウセンヒトモドキ。

 元在日とは言え本質が変わるわけも無いから、理解など及びもつかないのでしょう。

 まして「歴史問題が容易に解決する」などと相変わらず自己の欲望丸出しで言を述べたと言うのですから、まさに天に唾を吐く所業。

 数年前まで自国が合法にしていた売春業を1910~1945年の間のものだけは認めないとかまったくもって意味不明です。

 それに当時の朝鮮半島は日本の国土であり、そこに住んでいたのは朝鮮民族日本人なのですから、国家総動員令に基づいて大和民族日本人と同じ義務を背負うのは何らおかしなことでも違法なことでもないし、戦後に本来何ら必要性のない補償金を100万人分も韓国に支払い、残した資産も全部くれてやったことで両国間の問題は完全かつ最終的に解決されたと国際条約を締結しているのに、何が歴史問題だと言うのか。

 自称被害者が強制性なるものを吹聴しているから?

 日本人の660倍超も嘘吐きなペテン民族の証言なんぞ微塵もあてにならないことは売春婦らの証言が毎度丸っきり別物になっていること、裏付けがどれ一つとして取れないことなどからも明らかで、一顧だの価値もありません。

 嘘も付き続ければ真実になると本気で思って利を得ようと動くんですから、心底乞食根性が染み付いてますよね。

 いやはや、トコトン恥知らずな蛮族です。
09月08日(土)

無責任なパフォーマーの集団ですから 

8日付けのMSN産経ニュースの記事から

「原発ゼロ」提言 これが責任ある政権党か
2012.9.8 03:24
 民主党のエネルギー・環境調査会が「2030年代に原発ゼロを目指す」との提言をまとめた。稼働40年の原発は原則廃炉にし、新増設も認めないという。

 こうした一方で、電気料金の上昇や電力不足などへの懸念には、明確な対策を示していない。政権与党として無責任極まる内容で、問題だ。

 「脱原発」に傾く世論を意識した選挙向けのパフォーマンスだろうか。政府は週明けにも2030年の原発比率を定める戦略を閣議決定する。安価で安定した電力確保という責務を忘れず、現実的かつ責任ある決定をすべきだ。

 提言では、安全性が確認された原発の再稼働は容認しつつ、40年廃炉の原則を厳格適用して30年代末で原発ゼロを目指すとした。前原誠司政調会長は「40年廃炉で2039年には5基が稼働しているが、廃炉を前倒しするよう努力する」とも表明している。

 最大の問題は、議論が「原発ゼロありき」で進められ、国民生活や産業などへの悪影響にきちんと向き合っていないことだ。課題として電気料金の上昇や再生可能エネルギーを飛躍的に導入できるかなどを挙げてはいるが、具体策は示していない。責任ある政権与党の提言とは到底言えまい。

 政府のエネルギー・環境会議でも指摘されたように、原発の代わりに発電コストの高い太陽光などの再生エネ比率を総発電量の35%に高めると、電気料金は2倍に上がる。そうなれば、日本企業の国際競争力は失われて雇用への影響は必至だ。

 また、原発が新増設されないと、核燃料サイクルも中断する。再処理を前提に使用済み核燃料の保管に協力してきた青森県との約束が果たせなくなれば、核燃料が各原発に戻されることになり、30年代を待たずに原発は即時停止に追い込まれる。廃炉にあたる技術者の確保も難しくなるだろう。

 民主党は、この提言を次期総選挙のマニフェスト(政権公約)に盛り込む方向だという。福島事故で国民の原発に対する不安は高まり、政府の世論調査でも脱原発を求める意見が多かった。

 だが、国の将来を左右するエネルギー問題を、国民の間の一時的ムードで決めるのは愚行と言うしかない。重要なインフラである電力供給を、人気取りの道具にすることだけは避けるべきだ。

 基本的にパフォーマーしかいないのが民主党ですからね。

 ルーピーにバ管、権力闘争に敗れて逃げ出した汚沢を始め、前原や原口なども然り、そしてこの野豚も口先ばかり威勢がよかったが、いざ自分がやる立場になればコソコソ裏で卑劣な真似ばかりして、自らの口で説明なんてしもしないまま逃げ続ける。

 稼働40年の原発は原則廃炉とかまたほざきだしたみたいですが、忘れてはいけないのは民主党はこの「原則」という詐欺師用語を用いてこれまで散々マニフェスト破りをやってきたことです。

 例えば、衆院選前に掲げたマニフェストには5原則なるものがあるのですが、「政治主導」「政府と与党の一元化」「省庁の縦割り廃止」「利権社会から絆社会」「地域主権」とまぁ、要約するとこういうものなのですが、言うまでもなくどれ一つとして達成できたものなど存在しません

 因みに、もうひとつ掲げられた5つの約束というものもあり、こちらは「ムダづかい」「子育て・教育」「年金・医療」「地域主権」「雇用・経済」とあり、こっちに至っては達成できないどころか自民党時代など比較にならないほど急速に悪化をしていますよね?

 国家予算なんて、100兆円を超えるとかほざきだしていますし、国債発行額を30兆円以下にしなければ国が滅ぶとかほざいていたくせに54兆円以上と倍近くにするつもりだって言うんですから。

 そんな詐欺師どもが唱える2030年代の原発ゼロが以下にパフォーマンスでしかないかなんて、検討するまでもありませんね。

 火力頼りの現状、電力会社は大幅な赤字を計上しています。

 例えば中部電力は1951年の設立以来始めて2期連続の赤字となったそうで、原因はバ管の恫喝による浜岡原発停止で燃料費が約1.8倍に膨らんでいるからだそうです。

 オイルショック以来の配当減配だそうですし。

 九州電力も2012年9月中間連結決算について、純損益が1650億円の赤字になると発表しており、原発停止を補う火力発電用の燃料費負担が響いて中間配当を見送るそうです。

 記事にもあるようにその上太陽光などの不安定な粗悪エネルギーに頼れば電気料金は跳ね上がりますし、そもそも安定供給が難しいものを当てにするなど正気の沙汰じゃありません。

 ましてや原子力を廃炉にするのに掛かるコスト、使用済み核燃料の処理をどうするのかと言った問題についても言及しておらず、先日のテロ屋どもとの会見同様にまずは形ありきの単なるパフォーマンスでしかないのは明白です。

 恐らく廃炉にする費用や核燃料の処理費用なども電気料金に計上された場合、2倍程度では話にならないでしょう。

 何でも施設も資材も取り扱いが厄介で廃炉にするのが一番お金がかかるそうですから。

 専門技術者の失職、更にはコスト増による廃業やリストラでの失業者の増加はそのまま、自殺者と生活保護受給者の増加に直結して国内経済の更なる悪化、国庫負担の大幅な増加を招くんですが、それも丸っきり頭にないんでしょうね。

 先に記した通り民主党政権になって以来跳ね上がり続けた国家予算とそれを賄うための国債発行はもはや抜き差しならないレベルにまで来ているわけですが、今後こんなバカげた政策を実行されればそれは確実に国家の破綻へと直結します。

 口先だけで、解散を渋って逃げ回る豚に、これ以上政権を、国家を私物化させてはなりませんね。
09月07日(金)

中国崇拝と都知事への憎悪に塗れた朝日社説 

6日付けの朝日新聞デジタルの記事から

尖閣国有化―無用な摩擦打ち止めに
2012年9月6日(木)付
 政府は、沖縄県の尖閣諸島の三つの島を買い上げることで地権者と合意した。

 4月に購入計画を明らかにし、購入費の寄付を募っていた東京都の石原慎太郎知事も、政府の購入を認める考えだ。

 政府が島を買い上げるのは、「平穏かつ安定的に維持管理していく」(玄葉外相)のが目的だ。石原知事が求めていた、漁船が避難できる港の建設もしない方針だ。

 中国政府は、尖閣の国有化には断固反対すると繰り返してきた。今回の合意に、反発は避けられまい。

 それでも、中国を「シナ」と呼んで挑発し、自らの尖閣上陸を公言していた石原氏の主導による都の所有を防いだことになる。その意味でも、国有化は避けがたかったといえるだろう。

 これを、日中関係改善への転機にしなければならない。

 そもそも、東京都による尖閣の購入計画には無理があった。

 石原氏は「東京が尖閣諸島を守る」と語っていたが、外交交渉や領海の警備はもとより政府の仕事だ。

 石原氏は、先日都内であった北朝鮮による拉致問題についての集会で、領土問題でロシアや中国の攻勢に押される日本の姿を嘆きつつ、「この国の活力を失わせたもののひとつは憲法だ。これは捨て去ったらいい」と言い放った。

 石原氏がこうした政治目的のために、尖閣問題をつかってナショナリズムをあおっているのだとしたら、あまりに危険だし、責任ある政治家の行動とは言い難い。

 この夏、尖閣に上陸した香港の活動家を日本の警察が逮捕した。中国ではこれに反発した反日デモが相次いだ。

 さらに、丹羽宇一郎・駐中国大使の公用車が襲われ、国旗が奪われた。あってはならない蛮行である。

 中国政府も、さすがにまずいと思ったのだろう。北京市の公安局が容疑者2人を5日間の行政拘留処分にしたが、これまでにない迅速な措置には、日本への配慮もうかがえた。

 日中両政府は、8日からロシアのウラジオストクで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議にあわせ、野田首相と胡錦濤(フーチンタオ)国家主席の会談を調整している。

 尖閣国有化について、胡主席がどういう態度をとるかはわからない。だが、国交回復40年の節目を迎えた日中関係だ。無用の摩擦は打ち止めにし、大局に立って築き直すよう、建設的な話し合いを求めたい。

 凄いですよねぇ、自分では一切裏をとっていない情報なのに、政府の発表を鵜呑みにして断定口調で「地権者と合意した」と書いちゃってる

 都合が悪いからと山東議員が明確に否定しているのは完全に無視しているんですから、百数十年経とうがこのペテン新聞の根本的な欠陥が治ることはないのでしょう。

 しかも国有化と現状維持という名の放置を両手を挙げて歓迎しているのですから、普段人命が第一だ、国民のためにだと騒いでいるのが如何に建前だけで他社を非難するための口実に過ぎないかよく分かりますね

 漁民の避難所よりも中国に媚び諂う方が重要だというのですから、実に呆れる性根です。

 それに政府は尖閣諸島においては領土問題そのものが存在しないという立場のはずなのに、都知事批判のためだけに「外交交渉や領海の警備はもとより政府の仕事」などとまるで領土問題が存在すると言わんがばかりの記述って、真性のバカなんじゃないですかね?

 一方で中国政府による大使襲撃事件の犯人逮捕と処分が迅速だと褒めていますけど、そもそも写真に撮られていてナンバーさえ控えられている状況で逮捕に何日も掛かるなど時間をかけすぎですし、大使の乗った公用車を襲い損壊させ、国旗を汚すという国辱行為を行なったテロリストが裁判も受けずにたった5日の拘留で済むという時点で、配慮している相手が日本ではなく自国民だというのは明々白々なんですけど、中国崇拝者の朝日にはそうは写っていないみたいですね。

 しかも都知事を口汚く罵る反面、中国やロシア、韓国の増長を招いて領土問題を著しくこじらせてきた民主党政権やその歴代首相に対しては何の非難もしていません。

 もっとも、その民主を後押ししていたのが朝日ですし、売国外交を賛美してきたのも朝日ですから、そんな真似は出来る訳ありませんけどねぇ?

 無用な摩擦もなにも、これぞ好機だと各国が暴れだしたのは民主党の売国・腰抜け外交の結果に過ぎず、自民党政権時代の数十年間にここまで事態が悪化したことの無い事を思えば、何処に責任があるかなど明白じゃありませんか。

 そして何より、侵略に対して何ら有効的な手段を講じてこなかったからこそこうも事態が悪化し、長引き続けているのに、それを是として何時までもこのままでとか考えてる朝日はやっぱり売国・亡国新聞ですね。
09月07日(金)

低劣な知能と狭隘な視野の範疇でしか物事を捉えられないヒトモドキ 

5日付けのMSN産経ニュースの記事から

独島:「韓国が武力で占領」 日本の視点で報じた米誌
2012/09/06 09:56
 米国の時事週刊誌『ニューズウィーク』が、最新号(10日付)に独島(日本名:竹島)問題を扱った「韓国対日本:岩の上の外交」と題する特集記事を掲載した。執筆したのは同誌日本版の編集長で、日本は独島問題を国際司法裁判所(ICJ)で扱おうという立場だと伝えた一方、韓国については「武力で島を占領」「態度が非合理的」と指摘するなど、日本の視点で報じた。日本外務省は先月23日、外信記者を対象にした記者会見で独島を自国領と主張するなど「独島広報戦」を繰り広げている。

 ニューズウィークは、両国が独島を自国領と主張する根拠を説明する中で「1905年に島根県に編入されたため、韓国併合前からすでに日本の領土だった」とする日本の主張を紹介した。一方、韓国については「1952年に当時の李承晩(イ・スンマン)大統領が一方的に海上境界線を設定し、2年後に軍隊を送って島を占領した」と説明。先月の李明博(イ・ミョンバク)大統領による独島訪問に対しては「政治家としての信頼性に疑問を抱かせる」と評した。

 同誌はまた、日本は過去にも独島問題について韓国側に国際司法裁判所への共同提訴を提案したが、韓国は独島と関連のない慰安婦問題や歴史問題を持ち出し、一切応じていないとも報じた。「韓国は国際司法裁判所で自らの主張が通用しないかもしれないと不安を抱いている」という、日本の学者の主張だけを紹介した。第三者の米国も韓日の争いに面食らっているとしながらも「韓国人が非合理的な行動をしている」という元駐日米国大使のコメントだけを伝えた。

 さらに、野田佳彦首相の親書を韓国が書留郵便で送り返したことに触れ「韓国が子どもじみた振る舞いをしている」という山口壮外務副大臣の言葉を紹介した。日本が親書の内容を一方的に公開するという外交的に無礼な行為に及んだこと、親書を返すため日本の外務省を訪れた韓国の外交官が門前払いされたことには触れていない。また、韓国の市民が日本大使館に向け汚物の入ったペットボトルを投げ付けた事件を取り上げたが、日本人が日本大使館前の慰安婦問題を象徴する少女像に「竹島は日本固有の領土」と書いたくいを縛り付けた事件には言及しなかった。

 この記事は、ニューズウィーク国際版の東京特派員で日本版の編集長を務める横田孝氏が書いた。同誌ソウル特派員のイ・ビョンジョン氏は5日、本紙の電話取材に対し「今回の記事について指示を受けたことはなく、関わっていない」と話した。

パク・スンヒョク記者

 日本の視点もなにも、朝鮮併合前の1905年に国際法に基づいて竹島を日本領へ編入したのは紛れもない事実ですし、1952年に他国からの批判の声を無視して李承晩が境界線を設定し、その後に竹島を武力侵略したのもまた紛れもない歴史的事実ですがねぇ?

 これで記事中でチョウセンヒトモドキの歴史捏造による領土要求を連合国から拒絶されたこと、侵略したチョウセンヒトモドキによって日本人漁師が虐殺されたり、拉致されてテロリスト釈放の贄にされたことも触れていたなら満点ですね。

 過去がどうだのと喚いたところで、敗戦のドサマギに乗じて武力侵略をしたのは記録がどこの国にも幾つも残っていますし。

 「韓国は国際司法裁判所で自らの主張が通用しないかもしれないと不安を抱いている」と言うよりも、確実に負けることが分かっているから逃げ回っているんですよねぇ?

 八道総図を始めとして証拠資料が出鱈目なものばかりですし、正当性を立証できなかったからと武力に訴えたのは自らが嘘をついていること、単なる侵略でしかないことを認めたも同然ですから、幾ら半世紀以上統治しているといっても大きなマイナスであるのに違いはありません。

 まして、相手は戦争による問題解決を憲法で放棄している日本ですし、提訴による問題解決という平和的手段もこれまで講じていますからそれだけではまったく役に立たない。

 親書の受け取りを拒絶して郵送で送り返すなんてのも前代未聞の非礼であるのは言うまでもなく、気に食わなければ何をやってもいいんだというチョウセンヒトモドキの幼稚性が実によく現れています。

 北朝鮮という蛮行を繰り返し、誰の言葉にも耳を傾けぬテロ国家が存在している時点で、その同胞・同族である南朝鮮もまた民族の質を疑われているというのに、北と負けず劣らずの蛮行を繰り返しているのですから、チョウセンヒトモドキそのものが人類の同胞に足る資質を元より持ち合わせぬ劣等種、人に達せぬ猿の亜種に過ぎないと示しているようなものなんですがね。

 ま、所詮はその程度の蛮族ですから理解なぞできるわけもありませんか。

 一国の総理大臣が大統領に宛てた親書を否定しておきながら、その否定されたものの内容が公開されるのは非礼だとか言い出すに至っては意味不明ですし。

 韓国の否定によって用をなさなくなったソレは、結局のところ終始日本の所有物に過ぎないのですから、どう扱おうがそれは日本の勝手であり、第三者に口を挟む資格などあるわけないじゃないですか。

 おまけに「韓国は独島と関連のない慰安婦問題や歴史問題を持ち出し、一切応じていないとも報じた」とその卑劣な振る舞いを批判されていることを紹介していながら、「日本人が日本大使館前の慰安婦問題を象徴する少女像に「竹島は日本固有の領土」と書いたくいを縛り付けた事件には言及しなかった」と、結局また関係の無い話を持ち出して摩り替えをやってるし。

 「韓国の市民が日本大使館に向け汚物の入ったペットボトルを投げ付けた事件」は、犯人が過去に竹島問題に絡んで事件を起こしたことがある人間だと韓国自身が報じており、竹島関連の事件ですが、少女像はそもそも竹島とは関連性が無いどころか、単なる違法建築物に過ぎず、それに杭が縛られただの落書きが貼られただのしたところで犯罪でもなんでもないので、記載された内容がどうのとか、わざわざ言及するにも値しません。

 道端のゴミに手を加えたところで、ゴミが増えるという以外にどんな問題があるというのやら?

 というか、むしろ日本大使館に対して韓国の市民が行なったテロであるという意味では違法建築物の設置も同列な批判されるべきものなんですがねぇ?

 そうそう、日本大使館に対するテロと言えば、先日トラックで日本大使館への突入を図った韓国の市民に対する判決が出たそうです。

 なんと、「人的被害がない点や犯行の経緯と動機を考慮するとして、懲役1年の求刑に対し、懲役1年、執行猶予2年の判決」だそうで、身勝手な理由によるテロ行為が愛国無罪で単なる執行猶予となるのが人治国家韓国なんです。

 で、最後には誰からの指示だと執筆者を問い詰めたみたいですけど、ここら辺がチョウセンヒトモドキらしいですよねぇ、実に。

 自分達が南北揃って統制国家であり、手先となる情報テロ組織を持っているから、自国に不利な情報を流すジャーナリストもまた他国の尖兵に違いないって発想に至るところが実に哀れですね。

 結局は猿の浅知恵というか、その低劣な知能と狭隘な視野の範疇でしか物事を捉えられないからこうもトンチキな記事しか書けないんでしょうね。
09月06日(木)

恥知らずの豚は今日も隠れる 

5日付けのMSN産経ニュースの記事から

石原知事「直に説明うけなきゃ納得できない」
2012.9.5 20:50
 東京都の石原慎太郎知事は、尖閣諸島が政府購入で合意したことについて、「(地権者から)直に説明がないと納得できない」などと語った。一問一答は以下の通り。

 --政府購入で合意と

 「そうなっているかどうかわからん。政府からも地権者からも連絡はない。4日に長島昭久首相補佐官が来たが『何も作らず政府が買うことで納得してもらえないか』と言うだけで、買うことにしたとかいくらでとかは一切言わなかった」

 --地権者には

 「電話してくるべきだ。直に説明を受けなきゃ納得できない。山東昭子参院議員には『合意していない』と電話があったそうだ」

 --約15億円の寄付金は

 「政府が購入するなら、政府に渡す」

 --国が信用できないから、と寄付した人も多い

 「ひとりひとりに説明、釈明の手紙を出す。心外だと思うが、地権者が結局国の言うことを聞いて、何もしないでもいい、買ってくれと折り合ったなら、口をはさめる問題ではない。そのうち記者会見ですべてのいきさつを国民に話す」

 何というか、ヤクザの遣り口って感じがプンプンするんですよねぇ。

 相手の同意を得ていないのに勝手に喧伝してしまって既成事実化するという。

 やっているのが民主党というヤクザに詐欺師にとなんでも御座れなクズ集団だから、尚のこと胡散臭さに拍車をかけていますし。

 しかし、何れにしてもこの騙し討ちの如き所業は到底許されざるものですね。

 災害でもないのに(まぁ、ある意味売国政党民主党による政権略取と売国外交の結果ですから、人災という災害ではあるかもしれませんが)14億円以上も寄付が集まった…それだけ国民が政府ではなく東京都に期待を寄せたということに対して民主党政権、野豚は国民に何の謝罪もしていませんし、国が横槍を入れてまで購入に乗り出すことの正当性すら自らの口で説明していません

 野党時代に自民党へ対して説明しろ、責任を取れ、逃げるなと喚き散らしていたのが民主党ですが、自らがその立場になるとどれ一つとして果たさないのですから、つくづく根性が腐りきっているんだなぁと教えてくれますね。

 まして横槍を入れた理由が外交や管理での混乱などを嫌って東京都の妨害をしただけなんて説明が出来る訳ないんでしょう。

 そして何より、裏で中国との軋轢を忌避する害無省の役人どもらに焚き付けられていたのでしょうね。

 事勿れ主義の現状維持、如何にも役人の考えそうなことです。

 何れにせよ、政府がやったのは単なるヤクザ紛いの金にあかせた買い漁りということだけではなく、14億円以上もの寄付金という形で表出した国民の想いを踏み躙ったのです。

 都知事が結局最悪の場合の使い道として国への寄付と国民への謝罪、説明を表明していますけど、本来はそれって政府側が妨害したのですから、提案すべきだと思いません?

 15億円近い寄付が集まっていることを把握していたからこそ20億以上という遥かに高い額を地権者に掲示して揺さぶりをかけたのですから。

 ま、そうは言ってもそういう卑劣で下種な真似を公然とやるようなクズ集団にそのような国民への配慮なんて考えがあるわけないですよねぇ?

 だから私欲第一で動いて、元より国家のため、国民のために動いていた都を蹴落とし、国民の想いをこうも下劣に踏み躙っておきながら無視していられるわけですし。

 何せ買い取っても現状維持で守るためにどうする、航路としての安全はこうするという一切を放棄するというのですから、野豚の売国根性が実によくわかります。

 流石はテロリストを平然と上陸させた挙句にご丁寧に送ってやるだけで済ませるクズです。

 手法も恐らくは未だに国民人気の高い小泉元首相を真似れば自民を始めとして余り強くは言えないだろうというセコイ考えに基づいているんでしょうし。

 「そのうち記者会見ですべてのいきさつを国民に話す」

 これこそ、本来は都知事じゃなく総理大臣が自ら述べ、実行すべき言葉なんですけど、こんな姑息なことをやったのに黙秘のままですからね。

 「人を大切にする国づくり」「中央政府はスリム化し、外交・安全保障などに特化する」…未だ野豚を信任しているという20%ちょっとの馬鹿どもには、こんなことをHPで述べている豚が現実にやっていることをよく見てもらいたいものですけど、これまでのルーピーやバ管の時代も一定数の馬鹿は必ず残りましたから、何を言っても見ても無駄なんでしょうが。

 外交・安保をいい加減にした挙句に周辺国から舐められて好き勝手され、尖閣への不法上陸を経ても一切対策を講じないし、あったことも最初は映像を隠蔽しようとするなど特化どころか鈍化しきっていますし、国民をここまで蔑ろにしておいて人を大切にする国づくりだなど、笑止千万です。

 自らの言葉に責任を持つことも出来ないバカに政治家の資格などなく、総理大臣の地位など言語道断です。

 恥知らずの豚野郎が一日も早く政治の場から消滅することを願うばかりですね。
09月05日(水)

やっぱりやった大幅な水増し 

3日付けのMSN産経ニュースの記事から

重慶爆撃で日本政府に賠償請求へ 中国内で初
2012.9.4 20:19
 【上海=河崎真澄】1938年から44年にかけ、旧日本軍が中国内陸部の重慶で断続的に行った「重慶大爆撃」で被害を受けたとして、15人の中国人が日本政府を相手取り損害賠償を求める訴訟を、重慶高等人民法院(高裁に相当)で10日に起こすことが分かった。

 中国国営新華社通信が原告らの話として4日までに伝えた。それによると、重慶大爆撃をめぐる損害賠償請求は2006年に東京地裁で起こされており現在も審理中だが、中国国内の提訴は初めてだという。被害の内容や賠償請求額などは明らかにされていない。

 日中関係筋は「東京地裁の判断に関わりなく、重慶で賠償が命じられれば、中国各地で日中戦争に関する別の裁判を誘発する恐れもある」と警戒している。

 日中戦争では、南京から重慶に遷都した蒋介石率いる国民政府に旧日本軍が爆撃を加えた。新華社電は中国側資料で、6年10カ月に及ぶ爆撃で1万1814棟の建物が損壊、直接、間接被害合わせ、3万9480人が死亡したとしている。

 いやー、流石は中国人。

 見事に数字が跳ね上がっていますねぇ~。

 産経が誤爆したのでなければ、まず爆撃のあった期間がいつの間にか1年伸びちゃってます

 1938年に始まり、1943年に収束したと言うもののはずなんですが…いつの間にやら1944年までやってたと。

 おまけに倒壊家屋も数千棟増えていますし、死者数に至っては3万人規模で水増しがされている。

 前田哲男の『戦略爆撃の思想』によれば、「慶爆撃の始まりは1938年10月4日、終わりを1943年8月22日」だそうですし、死者数は「1万1889人」と中国側が発表していたというんですね。

 しかも眞鍋かおるも同書の「担当編集者より」「中国側の死者は死者約1万1000人、負傷者は1万数千人、倒壊家屋は約1万5000棟にのぼると言われています」と書き記しており、こちらからも死者数、倒壊家屋数などが大幅に水増しされていることが分かります。

 因みに、わざとらしく「直接、間接被害合わせて」なんて書き方をしているのは大方、単なる誤報パニックで将棋倒しの大規模窒息死が起こった件なども日本軍の仕業に盛り込んでいるってことなんでしょうけど、そっちだって死者数は最小で数百人、最大規模でも1万人程度までだったはずであり、最大値で足しても2万2000人を超えるはずが無いのに、4万人弱の死者とか、相変わらず出鱈目です。

 もっとも、反日日本人が中国人を呼び込み日本で起こした裁判においては、原告の一人(羅漢)が「日本軍国主義の重慶と四川に対する大爆撃は、完全に侵略行行為であり、手に寸鉄も帯びない平和に暮らしている住民に対して、「空中の大虐殺」を行ったのです。ここに、私は大爆撃で殺された父親と六万余りの同胞のために問題をはっきりとさせたいと思います」なんて阿呆な発言を公然としているんですけどね。

 死者数6万人(笑

 今回の新華社による水増しの更に倍近い数を6年も前に反日日本人弁護士らに扇動された中国人が吹聴して回っていたわけで、この調子ならもう10~20年もすれば南京大虐殺と同等かそれ以上の死者数に膨れ上がるんじゃないでしょうかねぇ、ホント。

 以前記していたとおりの余りにもバカげた展開に、呆れを通り越して疲れしか残りませんよ。

 大体、殆どが爆弾搭載量の少ない日本の爆撃機、それも小規模部隊による爆撃が繰り返されたものを無理矢理に総じさせて「大爆撃」とか誇張して、恥ずかしくないんですかねぇ?

 日本のことを小日本なんて蔑称を付けるくせに、その小さな国がやった小規模な爆撃は大爆撃だとか、滑稽過ぎて聞いているこっちの方が恥ずかしいです。

 因みに、この重慶爆撃を2年前の朝日社説(2010年3月11日社説『東京大空襲-「戦略爆撃」という狂気』)では「爆撃のすさまじさはエドガー・スノーら米国の記者によって世界に伝えられた」などと反日弁護士らに同調するかの如き、呆れるばかりの大仰な表現をしていますが、東京は1944年11月以降からの9ヶ月間に106回を数えていますし、1945年3月10日の大空襲に至っては重慶を爆撃した96陸攻の10倍以上の爆弾搭載能力を持つB-29が325機も参加しており、死者10万人以上、被災者100万人以上という重慶なんぞ散々に水増しした数字でさえ比較にもならない被害をたった1回の爆撃で被っています

 というか重慶の場合って、山への衝突と高射砲を喰らう可能性があって危ないからある程度の高度から爆弾を投下する必要があるはずですし、山間で気流が乱れて機体も投下した爆弾も影響を受けまくるし、霧で地上目標も見えないなんて状態で、幾ら精密爆撃をしようとしても民間人に被害が出ないわけがないですよね。

 しかも民間人居住区からも高射砲や機銃座による対空弾幕が張られているとあれば、そこはもはや戦闘域なんですから、敵機が反撃の爆撃を行うのは当然です。

 順番として、日本軍が最初から民間人を虐殺しようと爆撃していたわけじゃない以上、どう考えたって爆撃されることをわかっていながら、都市全体を要塞化して民間人に被害を及ぼす戦い方をした蒋介石にこそ第一の原因と責任があると思うんですがねぇ?

 レコードチャイナ『日本の従軍記者による「重慶爆撃」の写真が初めて公開―重慶市』
 http://www.recordchina.co.jp/
group.php?groupid=31033
09月04日(火)

朝鮮性妄想癖と痴呆が合わさった結果 

3日付けの中央日報の記事から

80代韓国人男性 天皇の謝罪訴え大使館前でハンスト
2012年09月03日17時29分
【ソウル聯合ニュース】80代の韓国人男性が、元慰安婦に対する天皇の謝罪などを訴え、在韓日本大使館前でハンガーストライキを行っている。

 ソウル市に住むソ・ジンソプさん(81)は3日午後2時、日本大使館前で天皇に宛てた手紙を読み上げ、慰安婦を象徴する少女像の横に設置されたいすに座ってハンストを始めた。

 ソさんは手紙で、李明博(イ・ミョンバク)大統領の独島訪問、元慰安婦などに対する天皇への謝罪要求は韓国大統領として当然だとした上で、「(日本側が)言いがかりをつけている状況が非常に遺憾だ」と述べた。

 1931年に京畿道驪州郡で生まれたというソさんは「小学生のころに日本人が村から女性を連行していくのを見て、憤りを覚えた。娘たちを守ろうと、早く結婚させる家庭も多かった」と振り返った。朝鮮戦争を経験し、「日本の植民地支配がなければ南北が分断することもなかった」と考えるようになり、日本の蛮行にさらに怒りがわいたと心境を語った。

 ソさんは、天皇の謝罪を求める手紙を日本大使館宛に郵送する計画だ。

 自称、朝鮮人を慰安婦として日本人が連行した場面の目撃者が出てきたみたいですね。

 でも、その発言を読むとわかるんですけど、簡単に明らかな嘘だとわかるんです。

 「小学生のころに日本人が村から女性を連行していくのを見て、憤りを覚えた。娘たちを守ろうと、早く結婚させる家庭も多かった」

 分かります?

 この発言から分かるのは女性が誰かと一緒に村から出て行ったということだけで、それが日本人であることの証拠が何もありませんし、娘たちを守る手段として早婚が行われていたという部分に至っては、連行して売春婦にするのに、一々既婚未婚を調べ、既婚だったら諦める理由がわかりませんよねぇ?

 では、なんでこんな発言になったのか?

 考えられる答えは簡単で、現実には朝鮮人の仲介業者が村へやってきて、未婚女性を買い漁って連れて行ったということです。

 活動していた業者が朝鮮人なのは当時の記事に出てくる業者が朝鮮人しかいないことからも、日本人業者より可能性は遥かに高いですし、未婚女性だけを連れて行くという点からも、人身売買をしていたということが分かります

 娘を売る親はいても、妻を売る夫はいませんからねぇ?

 また、当時の朝鮮では日本以上に女性の地位が低く、子供を産むための存在であったわけですから、早婚が当たり前で、金持ちの子女でもなければ学校に通い続け、結婚ではなく就職するなんて例はまずないし、乳出しチョゴリなどと呼ばれる子供を生んだ証しとして乳房を露出した民族服姿の女性の写真にも、10代半ばか後半かという若い女性が珍しくないんです。

 ましてや既に軍や警察が現地で女性を連行するなんて真似をしていないどころか、逆に朝鮮人業者によるそういった行為を取り締まっていた事実が明らかになっており、「日本人が村から女性を連行していくのを見て」という発言の信憑性は著しく乏しい。

 『連行』と言う語は「本人の意思に反して連れて行く」という意味であり、だからこそ警察も逮捕した犯人を警察署にしょっぴく事を連行すると言うのですが、村落に突然押しかけて未婚女性を連行するのって、実際にはかなり難しい。

 現在南朝鮮で農家の嫁を、タイやフィリピンなど東南アジアから連れてきていることからもわかるように、元より確保が難しい、貴重な妻候補である村の若い娘を拐おうとする人間を、村の男達が黙って見ていると思いますか?

 親が娘を目の前で連れ去られる状況で何もせず黙って見送ると思いますか?

 先程も記したように行っているのが軍や警察と言った武力を持った人間では無い以上、そんな未婚の若い娘の拉致なんて事態が周辺地域で起きていた場合に取る対策は普通、結婚させることなどではなく、武器を持って自衛組織を造るというものです

 実際、関東大震災の折には朝鮮人によるテロや暴動を危惧した民間人が、地域ごとに自警団を結成して自衛活動に乗り出しています。

 なのに、この痴呆老人の故郷の村では、未婚の若い娘が拐われるのを黙って見ていたというわけですから、実際には売られた娘が出て行っただけと捉えるのが自然であり、老害の妄想と現実が乖離しているだけと考えるべきでしょう。

 まぁ、李明博の元慰安婦などに対する天皇への謝罪要求が当然だとか言っている位ですし、もはや元来の火病に加えて痴呆までが酷くなりすぎて現実と妄想の区別が全くつかないんでしょうね。

 李明博が求めた天皇陛下に対して要求したのは活動家という名のテロリストどもに対する謝罪であって、慰安婦に対するものではなかったのに、この老害の頭の中では既に区別がつかなくなっている始末ですからねぇ?

 いやはや、毎度ながら自己洗脳をやりすぎて何を言っているのか自分でもわからなくなっている辺り、民族的な劣等性が実によく現れていますよねぇ。

 因みに、最近の韓国では売春を非合法化して売春婦の多くを海外輸出してしまったために、アメリカ人をも凌駕する性欲の権化、チョウセンヒトモドキが性欲を発散させる機会を失ってしまい、性犯罪の発生件数が飛躍的に増加をしており、特に未成年に対する発生が増えているだけでなく、未成年による正犯罪も増加の一途を辿っているんです。

 その為、違法な売春業が大繁盛しており、先日逮捕された売春業者に至ってはたった1年10ヶ月の間に1日平均200回、月平均4300回(週末除外)の総計8万8000回も売春斡旋を行なって多額の利益を得たというのです。

 朝鮮戦争の際に自国民を慰安婦にして89人の慰安婦が52年だけで20万4560回の慰安を行ったなんて記録も特殊慰安隊実績統計表に残っている上に、名称も「第5種補給品」とモノ扱い…これがチョウセンヒトモドキの実態であり、自分達が女性を非道に扱うから、性欲の権化だから、日本人もそうに違いないという戯けた妄想なんですよね、結局は。

 蛮族の思考回路にはついていけませんね、ホント。

 東亜日報『売春斡旋8万8000回、国内最大の社交飲食店オーナーに拘束令状』
 http://japan.donga.com/srv/
service.php3?biid=2012090126158

 asahi.com『朝鮮戦争時の韓国軍にも慰安婦制度 韓国の研究者発表』
 http://web.archive.org/web/20020223225519/
http://www.asahi.com/national/
update/0223/028.html
09月03日(月)

歴史のれの字も知らないバカでもなれる韓国歴史財団理事長職 

31日付けの中央日報の記事から

断罪できなかった日本の戦争犯罪、韓日中葛藤の根元(1)
2012年08月31日11時38分
 「韓日中3カ国の葛藤の根元は、日本の第2次世界大戦の責任をきちんと問わなかったことにある。今からでも‘東アジア版歴史和解プログラム’で問題を解決しなければならない」。

 来月3年に任期を終える東北アジア歴史財団の鄭在貞(チョン・ジェジョン)理事長(61)。慰安婦・過去の歴史・領土問題で韓日中が激しく対立する最近の状況について、鄭理事長はこのように診断した。

 ソウル大と東京大で歴史学を専攻し、韓日関係史学会会長、ソウル市立大大学院長などを務めた鄭理事長は09年9月、財団の第2代理事長(長官級)に就任した。東北アジア歴史財団は06年9月、中国と日本の歴史歪曲に体系的に対応するため、政府が設立した。

 --韓日中がなぜこのように衝突するか。

 「葛藤の根は第2次世界大戦戦後の処理をきちんとしなかったからだ。日本の植民地支配被害者である韓国、侵略された中国が、サンフランシスコ講和条約(1951年)の当事者として参加できず、正当な声を出せなかった。責任を取って謝罪したドイツのナチ政権と日本は出発点から違った」

 --米軍政の責任はないのか。

 「崩壊した日本の天皇制を存続させ、戦犯として起訴せず、いくつも後難をつくった。第2次世界大戦の終盤に日本が『天皇制に手をつければ1億人が死を覚悟する』と米国を圧迫し、マッカーサー司令官が恐れて天皇制を維持させた」

 責任を明確にして問題を解決ですか…じゃあすべての問題を歴史的事実に即して解決させねばなりませんよね?

 でも、そんなことになって困るのは捏造と誇張を繰り返してきた中韓の側なんですけど、相変わらずモドキにはそんなことも分からないんですねぇ。

 というか、「日本の植民地支配被害者である韓国、侵略された中国が、サンフランシスコ講和条約(1951年)の当事者として参加できず、正当な声を出せなかった。責任を取って謝罪したドイツのナチ政権と日本は出発点から違った」って、相変わらずバカの極みですよね、チョウセンヒトモドキって。

 ドイツの植民地って何処よと。

 第一次大戦敗北の結果、ドイツは全ての植民地を喪失しており、朝鮮と日本の関係に該当するものは存在しません。

 朝鮮人お得意の捏造です。

 むしろ見習うことを求めるのであれば、武力侵略によって併合されたにも関わらず自らを加害側だと述べて謝罪したオーストリアを韓国こそが見習うべきです。

 日本の韓国併合は国際法に基づいて平和裡に行われたものですし、基本的に参戦した朝鮮人兵士は戦争末期の徴兵制施工の例外を除けば志願制によって軍人になっており、それ故に洪思翊中将のように佐官どころか将官にまで上り詰めた人間が幾人もいたわけです。

 また、ドイツがオーストリア独立に際して賠償金を支払ったなんて話はなく、それは植民地を持っていた連合国側の国々にしても同じであり、むしろ植民地の独立に際しては在外資産の保証や独立費の要求などをしているのが現実で、韓国側には本来何の請求権も存在しないどころか世界を見習うなら逆に日本へ莫大な支払いをせねばなりません。

 まして「当時存在もしていなかった国」を戦争の講和条約を行う場に参加させるなんて、そんなバカげた話があるわけもなく、連合国側から非公式の観覧しか認められなかったのは至極当然の話です。

 ま、こんなことを述べている位ですから、もしも参加権が与えられていたとしたらそれは連合国側ではなく、枢軸国側の協力者として追求を受け、賠償などを要求される側になっていたということすらチョウセンヒトモドキの知能では理解出来ないんでしょうね。

 因みに中国は国民党と共産党による内戦再開中で、どちらを参加させるかの決着が着かなかったために日中で二国間条約を結ぶということで話が纏められ、講和会議の翌年である1952年に国民党との間で日本は条約を結んでいますが、最終的に共産党が勝ってしまったことでまた話がややこしくなっているわけで、このモドキが言うような簡単な話ではないんです。

 「崩壊した日本の天皇制を存続させ」というのも意味不明ですよねぇ?

 まるで壊れきったものをアメリカが立て直したみたいですけど、そんな事実はありませんし。

 いやはや、ドイツ、ドイツと騒ぐくせに相変わらずドイツがどういう歴史を歩んできたのかを、「ソウル大と東京大で歴史学を専攻し、韓日関係史学会会長、ソウル市立大大学院長などを務め」て東北アジア歴史財団なるものの理事長をやっている男でさえ理解していないというのですから、やっぱりヒトモドキなんですよねぇ、何処まで行ってもこのケダモノどもって。
09月02日(日)

猿の妄想・捏造は留まることを知らない 

25日付けの朝鮮日報の記事から

「旭日旗=ハーケンクロイツ」 在米韓国人らが追放運動展開

「日本の軍国主義象徴する旗を追放せよ」

在米韓国人ら「市民の集い」発足宣言
2012/08/25 12:50
 
在米韓国人や韓国系米国人は日本の軍国主義の象徴である「旭日昇天旗」を国際社会から追放するため立ち上がった。

 在米韓国人・韓国系米国人環境団体「1492グリーンクラブ」のペク・ヨンヒョン会長や韓米公共政策委員会のイ・チョルウ会長は23日、ニュージャージー州パリセイズ・パーク市の旧日本軍従軍慰安婦記念碑の前で「日本の戦犯旗を追放するための市民の集い(The Citizens Against War Criminal Symbolism・CAWCS)」発足を宣言、旭日昇天旗を含むすべての戦犯の象徴がなくなる日まで無期限で運動を展開することを発表した。

 これらの団体は「ナチスドイツがハーケンクロイツ(逆かぎ十字)を掲げホロコースト(ナチスによるユダヤ人の大虐殺)という惨劇を引き起こしたように、日本は戦犯旗を翻して2000万人を殺りくするなど、アジアを血に染めた。ドイツが過ちをざんげし、ハーケンクロイツを追放したのとは異なり、日本は過去を反省せずに戦犯旗を自衛隊旗に採用している」と指摘した。そして、今回のロンドン五輪で日本体操代表チームが旭日昇天旗がデザインされたユニホームを着てメダルを獲得したことに言及、日本の五輪精神無視について国際オリンピック委員会(IOC)による速やかな真相調査やメダルはく奪などを要求した。そしてこうした内容の書簡をIOCに発送する一方、日本帝国主義の被害を受けたアジア諸国や米国オリンピック委員会に共同歩調を促す方針だ。

 ペク会長は「すでにインド・オーストラリア・南アフリカなど世界10カ国約100人が我々と同調すると通知してきた。志を同じくする世界の人々と連携し、戦犯の象徴を追放する」と述べた。

ニューヨーク=張祥鎮(チャン・サンジン)特派員

 自衛隊が出来たのは半世紀以上前なんですが、今更になって問題だのと何を言ってるんでしょうかねぇ?

 結局、先日の五輪において自分達バカ民族が晒した醜態を誤魔化すための言い訳に旭日旗批判を用いだしたことで自分たち自身の引っ込みがつかなくなっただけなんですよね。

 頭に蛆の沸いたバカどもはこれだから始末に負えません。

 「旭日昇天旗」だの「戦犯旗」だのとまたも下種な捏造語を生み出してますし。

 「旭日昇天」って中国の四字熟語なんですが、日本では全く使われないものであり、当然ながら旭日昇天旗なんて語を幾ら探しても旧日本軍の資料からは見つけられませんでしたし、私自身聞いたこともなかったし、ネットも検索してみましたが出てきたのは韓国側がそう呼んでいる記事ばかり。

 日本側の資料で見たのは、1日に産経の黒田記者が書いた記事『韓国で“朝日”が大問題に…五輪サッカー騒動の報復』「時には「旭日昇天旗」などといったりする」と主語のないぼやけた記述をしているものだけでした。

 漢字文化を中途半端に捨てたために漢字の持つ価値や意味、他国での使用事例などが全くわからなくなったチョウセンヒトモドキ故の混同、思い込みで、まさに慰安婦を挺身隊と混同させたバカっぷりから何ら脱却できないどころか未だ踏襲を続けて恥を世界中にバラマキ続けているわけです。

 それと、ドイツが捨てたとのたまうハーケンクロイツって元々はドイツの国旗じゃなく、ナチスの党旗(ヒットラー政権誕生後にナチスが国旗にもした)なんですから、ナチス政権が崩壊した時点で変わるのは当たり前なんですけど、所詮猿の亜種に過ぎないチョウセンヒトモドキ如きにはそんな単純な政治の話さえ分からないようです。

 ましてやドイツの場合ナチスの犯罪という形に押し込めることで解決にしているのですから、象徴たるハーケンクロイツを処分するのも当然なんですが、それを反省したからとか言ってる辺り、実態を何も知らないままに日本への批判として使えるからと言ってるだけなのが丸分かりですね。

 「戦犯旗を翻して2000万人を殺りく」というのも阿呆らしい限りで、中国の白髪三千丈の誇大妄想を鵜呑みにし、しかも大戦中の各国国民の死亡原因を全て日本軍による殺害だとせねば達成できないというバカげた数字です。

 世界を相手に全力で大立ち回りをやっているその合間に、年間数百万人もの人間を意味もなく殺していたとか…流石は朝鮮産の猿は妄想力が違いますね。

 大体、ユニフォームがどうだのというバカげた朝鮮猿の妄想は、IOCの会長直々に一顧だの価値もないと一蹴されて終わっているのにねぇ?

 「インド・オーストラリア・南アフリカなど世界10カ国約100人が我々と同調すると通知してきた」というのもお得意の妄想と捏造の産物で、実際の構成は現地在住猿と帰化猿の2種類が数える程度いるだけでしょうし。

 以前サッカーのアジア杯でPKを決めたことで歓喜して本性を表した朝鮮猿や、他国・他民族を侮辱するプラカードや政治を毎回持ち込んでスポーツの精神を汚す自分達への恥じらいも戒めもなく、他人に対しては言いがかりをつけてくるこの下卑たケダモノどもはやはり更生など不可能であり、半島そのものを檻にでもして閉じ込めておくしかないんじゃないですかねぇ?
09月01日(土)

花畑脳で健忘症と救いようのないバカ女 

31日付けのイザの記事から

クローズアップされる「憲法9条」 櫻井よしこ氏、福島瑞穂氏が語る
2012/08/31 12:26更新
 (前略)■福島瑞穂氏「尖閣で自衛権行使は疑問」

 --9条の意義とは

 「9条がなければ戦争ができる国になっていた。韓国の若者がベトナムに従軍したように日本も戦地に若者を送ったはずだ。韓国軍はベトナムで憎まれている。戦後の日本が戦争で人を殺さなかったことは誇ってよい。日本が今後、米国の利害に引っ張られて戦争への加担を強いられたときに、『NO』と断れるのが9条の効用だ」

 ●9条守れば攻撃されず

 --他国からの攻撃にはどう対応するか

 「9条で『世界を侵略しない』と表明している国を攻撃する国があるとは思えない。攻撃する国があれば世界中から非難される」

 --中国政府に尖閣諸島を侵略される可能性はないか

 「尖閣は民間人の所有だ。侵略は所有権侵害にあたり、領土侵犯に当たる。今(7月27)日現在)のように経済的に両国の関係が密接ななか、中国政府は戦争という手段が取れるだろうか」

 --尖閣に自衛隊を常駐させる案が浮上している

 「問題をこれ以上緊迫させるべきではない。尖閣は日本の領土であることは間違いない。日本には海上保安庁もある。自衛隊を置く必要はない」

 ●海外派遣は違憲状態

 --尖閣が攻められたとき、自衛隊を派遣することは自衛権の行使に当たるか

 「刑法で正当防衛を認めているように日本にも個別的自衛権はある。四国や九州が攻撃されれば反撃は許される。しかし尖閣は人が住んでいない。個別的自衛権や9条の問題というより領土をめぐる問題として冷静に対処すべきだ」

 --具体的には

 「国際的な交渉の舞台で解決を図るべきだ。侵略を未然に防ぐ外交努力も必要だ」

 --閣僚時代に自衛隊の憲法上の位置付けについて「合憲」との認識を国会答弁で示した

 「社民党は自衛隊の存在について合憲か違憲か答えていない。外国にまで派遣できる状況は『違憲状態』と考えている。組織改編や規模の見直しは必要だ。ソ連崩壊後の北海道に今ほどの数の戦車を置く必要はあるのか。任務も災害救助などに比重を移すべきだ」

 --村山富市政権時に党は「合憲」と打ち出していた

 「自衛隊、安全保障に関する党の見解は平成18年にまとめた社会民主党宣言で整理した。今もその見解が維持されている」

 --平和への思いを

 「父は特攻隊の生き残りだった。子供の頃、終戦記念日に涙する父の姿を見た。戦争で傷つくのは父のような庶民だ。戦争に負けて手にした平和憲法や、戦争はしないという誓いは大切にしなければならない」(後略)

 櫻井氏の見解は至極真っ当なので、割愛し、ルーピーと肩を並べる日本の恥、花畑脳の福島を今回は取り上げてみます。

 まぁ、記事を読めばわかるように矛盾だらけの出鱈目しかない発言の連発で、まさにルーピーと双璧をなす頭のイカレっぷりと健忘症ぶりが分かるでしょう。

 まずはイキナリ「韓国軍は(ベトナム戦争に参加したから)ベトナムで憎まれている」ときましたよ。

 おかしいですよねぇ、だって南ベトナム側に立って参戦した国って韓国以外にもアメリカを筆頭に、中華民国、オーストラリア、フィリピン、タイ、ニュージーランド、クメール共和国、ラオス王国と一杯あるんですよ?

 でも、韓国以上にどころか韓国以外にベトナムから恨まれ、憎まれている国ってこの中にありますか?

 そう、戦争に参加したからではなく、単に野卑な蛮族が欲望のままに暴れまわった上、未だ人には求めながら自分は犯した罪に対する謝罪も賠償も一切していないから恨まれ続けている、単なる韓国の自業自得に過ぎません

 次の「攻撃する国があるとは思えない。攻撃する国があれば世界中から非難される」というのも福島の低脳ぶりを如実に表すバカ発言ですね。

 その前の発言で自分が挙げた韓国が、現実に竹島を武力侵略して不法占拠しているじゃありませんか。

 民間人を虐殺したり拉致したりしてテロリストの釈放を開放条件にするなど、まさにテロ国家として振舞って連合国が分から非難をされましたが、韓国はそれを無視して現在に至っていますし、北朝鮮も世界中の避難を無視して拉致した日本人のほとんどを未だに返さないままで、9条は守りとしての効力を全く発揮していませんし、むしろ武力行使による奪還を妨げて日本国民の生命や安全を脅かし、国益も大きく損なう足枷にしかなっていません

 「経済的に両国の関係が密接ななか、中国政府は戦争という手段が取れるだろうか」というのも妄想地味た願望に過ぎず、南沙諸島や西沙諸島で東南アジアの国々に対して直接・間接の武力行使をやっていますし、先日も民間人という名目で尖閣諸島への不法上陸をさせており、何ら弁に説得力がなく、こんなのが弁護士だと言うのですから実に笑止千万ですね。

 インド洋で自衛隊に護衛を依頼したピースボートの阿呆どものように、自らの命が危険に晒されでもしない限りこういうお為ごかしの発言を平気で続けて他人を危険へ誘うんですから、本当にタチが悪いですよね。

 尖閣に自衛隊を置くか置かないかについては丸っきり論点がずれていて話になりませんし…むしろそれなら海保は常駐させろってことなのかと。

 「四国や九州が攻撃されれば反撃は許される。しかし尖閣は人が住んでいない」とか言い出すに至っては法律の基礎の基礎、国家構成の3条件(国民・領土・国法)すら理解していないとしか思えぬ暴言であり、金でバッチを買ったのかと真剣に疑いたくなりますね

 挙句には「国際的な交渉の舞台で解決を図るべきだ」などとのたまわっていますけど、だったら大臣だった時に何で不法占拠されている竹島や北方領土の解決を図らなかったのかと。

 まぁ、知能も知識もない猿女なんて、敵にも味方にも最初から相手にもされないのは分かりきっていますが。

 「外国にまで派遣できる状況は『違憲状態』と考えている」というのも大嘘で、このバカ女は大臣時代に自衛隊の海外派遣を合憲だと認めてハイチへの国際緊急援助活動などを自衛隊にさせていました

 後に閣僚としてだのと見苦しい言い訳をしましたが、与党の党首として大臣も勤めていたわけですからそんなのが通じるわけがありません。

 「総理大臣と党首は別物です」「政府と与党は別なんです」なんて言い訳が通じると思いますか?

 そして、上記のように自ら発表した「社会民主党宣言」を破っておいて恥じらいもなく面の皮の厚さを見せつけているから本部ビルの維持費すら捻出できない程の弱体化し、支持を失って内部分裂状態に陥ると分からない辺り、流石はルーピーとタメを張れるバカです。

 「終戦記念日に涙する父の姿を見た。戦争で傷つくのは父のような庶民だ」と、マトモなことを言ってるように見えますけど、そもそもその涙の意味を確認したのかと。

 仲間が死ぬなか、自分だけが生き延びたことへの恥じらいなのか、戦友への哀悼なのか、何れにしても○○が無ければ~というのは一番簡単な責任転嫁と思考停止方法ですよねぇ?

 ソレにすべての罪悪を背負わせておけば、そのために必要なことも、何でそこに至ったのかも一切を無視して無いことだけが最高だ、絶対だと盲目になっていられて本人だけは幸せなのですから。

 いやはや、ルーピーにしてもそうですけど、どういう家庭で育てばここまでトチ狂った恥知らずが出来上がるんでしょうかねぇ?
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果